PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/01/28 07:54:23.92 ID:w1vqBFGDO

(終末の谷にて)

サスケ「俺の目的が達成されればそれでいい」

ナルト「だからなんで大蛇丸みたいな雑魚のとこなんだってばよ!?」

サスケ「なに?」

ナルト「あいつこの前今の火影のばあちゃんにボコボコにされてたってばよ!」
サスケ「……え?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/01/28 07:58:42.41 ID:w1vqBFGDO

ナルト「薬で弱ったエロ仙人とトラウマもちのばあちゃん相手に苦戦してたってばよ」

ナルト「つーか、大蛇丸って、全盛期過ぎた三代目のじいちゃんにも負けてるじゃねえか」

ナルト「そんなやつの下について倒せるぐらいお前の兄貴は雑魚なのか?」

サスケ「いや、しかし呪印で俺の力は確かに強く」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/01/28 08:04:04.29 ID:w1vqBFGDO

ナルト「さっきゲジマユが応援に来たってばよ」

ナルト「そしていまだにチョージたちは来ない。けど、お前の仲間も来てないってばよ」

サスケ「何が言いたい?」

ナルト「少なくともチョージたちはお前の仲間たちと互角には渡り合ってるってことだってばよ」

サスケ「それが、」

ナルト「つまり、その呪印は大蛇丸が自ら集めた才能あるやつの力を高めてもせいぜいチョージだっつってんだよ」

ナルト「お前の兄貴はチョージで倒せるのかよ!!」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/01/28 08:10:27.46 ID:w1vqBFGDO

ナルト「お前は兄貴に復讐したいんじゃないのかよ。なのに何で雑魚のとこに行くんだってばよ」

サスケ「だが、カカシの下では俺は」

ナルト「それだったらエロ仙人のとこで修行すればいいんだってばよ」

ナルト「そういや、お前の兄貴とその仲間はエロ仙人見て逃げ出したんだってばよ」

ナルト「俺がエロ仙人に頼んでやっから。カカシ先生なんてほっとけばいいんだってばよ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/01/28 08:22:45.68 ID:w1vqBFGDO

サスケ「そんな事ができるのか?」

ナルト「俺に任せろ」

サスケ「ナルト、すまなかった。俺はどうやら焦っていたらしい」

ナルト「全部お前みたいな天才を強くできないカカシ先生が悪いんだってばよ」
サスケ「ナルト」

ナルト「サスケェ」

木の葉の危機は去った。
ナルトはサスケを力ではなく心で制したのだ。
このことこそ、後の世を平和へと導く第一歩である。
物語は続き、「終末の谷」は「始まりの谷」へとその名を変えることになるが、それはまた別の話。

「NARUTO -ナルト- 説教伝」(完)



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422399263/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP