PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/24 15:00:24 ID:idOnMS.w



  4兄弟の家



ジャギ「駄目だ!! 例えラオウの兄者の頼みとは言え、この手に持っている『最近BS11で放送してるアニメの世界にはいれーる君』のスイッチを押す訳にはいかねぇ!!」

ジャギ「非現実なアニメの世界に入っちまえば、二度とこの現実に戻って来たくなくなるんだからよ!!」


トキ「……」ガシッ

ジャギ「ッ!? なぜ俺の体を掴むんだトキの兄者!?」ビクッ



ケンシロウ「……」ガシッ

ジャギ「ケンシロウ!? お前も止め……」


ラオウ「そぉぉぉれい!!」ポチッ

ジャギ「だめだぁぁぁぁぁっ!!!」ギュワーン

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/24 15:15:43 ID:idOnMS.w




 某所


ジャギ「ぐええっ!?」ドサッ

ジャギ「こ、ここはどこだ? 家の中のようだが……」キョロキョロ



リト「姉妹で喧嘩なんてヤメるんだララっ!!」



ジャギ「んっ? あれは結城リト!?」

ジャギ「と言う事は……ここは、とらぶるダークネス(再放送)の世界か!!」



ラオウ「ぬぅぅぅん!! 結城リトは、このデビルーク三姉妹の長女、ララが貰ってやる!!!」クワッ

トキ「否ッ!! リトはデビルーク三姉妹の次女、ナナにこそ相応しい!!!」キッ

ケンシロウ「メインヒロインはモモ……三女のこのモモだ。リトさんは渡さん!!」スッ

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/24 15:33:13 ID:idOnMS.w



ジャギ「ま、待て兄者っ!!」タッ

リト「呼んだかみかん?」


ジャギ「お前じゃねぇ!!」

ジャギ「てか、俺がみかんなのかよっ!?」



ファルコ「困っているようだな結城リト」ザッ

リト「えっ?」クルッ


リト「あ、お前は金色の……」

ファルコ「この場は俺に任せておけ」コクリ

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/24 16:31:57 ID:idOnMS.w



ファルコ「デビルークの者達よ。結城リトを奪うと言うのなら、この宇宙一の暗殺者……金色のファルコが相手になろう!!」

ラオウ「フッ……最強を暗殺拳を体得している我らを相手に、暗殺者を語るかファルコよ!!」ギロリ


リト「あわわっ、たいへんだー!! いったい今日は、どんなとらぶるに巻き込まれるんだよぉ!!」アタフタ

ジャギ「暴力沙汰じゃねぇか?」



シュレン「待つのだ!! お前らが暴れるから、クラスメイトの結城君がお困りなのだぞ!?」ザッ

ヒューイ「なのだぞっ!!」バッ


ジャギ「くそっ、変なのまで増えやがった!! このままじゃ収集はつかんか……仕方ない」スッ

ジャギ「次のアニメの世界に移動だ!!」ポチッ

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/24 16:42:45 ID:idOnMS.w




  某所2


ジャギ「げひゃっ!?」ドサッ

ジャギ「こ、ここはどこだっ?」キョロキョロ


ジャギ「……」

ジャギ「目の前の学校……し、知っているぞ!!」



ジャギ(やったぜい、ここはラブライブの世界だ!!)

ジャギ(兄者達やケンシロウのバカはアイマス信者で、ラブライブを目の敵にしてるからな。隠れラブライバーだった俺は形見の狭い思いをして来たが……これでミューズの皆に会えるぜぇ!!)ドキドキ


ラオウ「ジャギ、ここは何の世界だ?」

ジャギ「えっ? ここはラブライ……」クルッ

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/24 16:50:34 ID:idOnMS.w



ラオウ「……」

ジャギ「あ」


ジャギ「ま、待ってくれ!! せめてミューズに合わせ……」

ラオウ「……」スッ



トキ「……」ガシッ

ジャギ「ちょっ!?」


ケンシロウ「……」ガシッ

ジャギ「まっ!?」



ラオウ「そぉぉぉれい!!」ポチッ

ジャギ「あんまりだぁぁぁぁぁっ!!!」ギュワーン

11 : >>9ageてもいいよ[] 2015/01/24 19:30:35 ID:idOnMS.w


 某所3

ジャギ「ぐへあっ!?」ドサッ

ジャギ「今度は体育館か? バスケットゴールが見えるぞ……ま、まさかっ、奇跡の世代にっ!!?」キョロキョロ



シュレン「奇跡の世代の一人、炎のシュレン!!」バッ

ヒューイ「同じく奇跡の世代の一人、風のヒューイ!! 我がパスは風を友とし、その中に真空を走らせる!!」バッ



ジャギ「……」

ジャギ「……」チラッ


ラオウ「……」コクリ

トキ「……」コクリ

ケンシロウ「……」コクリ


ジャギ「……」

ジャギ「……」ポチッ

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/24 19:38:46 ID:idOnMS.w



 某所4


ジャギ「よっ。へへっ、馴れて来たぜ」スタッ
ジャギ「あー、ここの世界はっ、と……んっ!? あそこで歩いているのは!!」キョロキョロ



P「アイドルになりませんか?」スタスタ

ラオウ「ほぉ、このラオウちゃん様をスカウトするつもりか?」ドスンッドスン



P「はい」コクリ

ラオウ「して、その理由を何と述べる?」


P「貴方の……笑顔です」

ラオウ「フッ」ニタリ

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/24 19:51:22 ID:idOnMS.w

前の
読まなくて大丈夫だけど、ここからちょっとだけ設定流用するよ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1421918764/

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 10:31:36 ID:bn.hLQG.




 346プロ事務所


P「皆さんに、シンデレラプロジェクトの要となる三名を紹介します」

P「では、島村さんから自己紹介を」



ケンシロウ「島村卯月です」ザッ

トキ「トトキンです」

ラオウ「世紀末覇者、拳王だ」



みく「おっふ……キャ、キャラが濃いニャ」タジッ

みく「あ、あのっ、前川みくですっ!! よろしくにゃー」

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 11:02:13 ID:bn.hLQG.



トキ「前川……」

ラオウ「みくにゃん」


かな子「次は私、三村かな子ですっ!!」

かな子「クッキー、食べますか?」ニコリ



ケンシロウ「ぐはぁぁぁぁぁッ!!!」ドサッ

ラオウ「ケンシロオォォォォッ!!!!???」


ケンシロウ「む、胸がっ……」ドキドキ

トキ「どうやら、あの者の暗殺拳は、ケンシロウに取って脅威と成るようだな」

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 11:17:45 ID:bn.hLQG.



美波「えっと、新田美波ですっ」

美波「この中だと、ちょっとだけお姉さんになるのかな?」



ケンシロウ「……」スクッ

トキ「……」

ラオウ「はい」



蘭子「次は、我の出番か?」ニコリ

ラオウ「ッ!? ぬっく!!?」ガクッ

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 14:12:54 ID:bn.hLQG.



蘭子「我が名は神崎蘭子」

ラオウ「蘭子ちゃんッ!!?」ガクガクッ


蘭子「集いし魂を共鳴させ」

ラオウ「ぬああああああああああん!!!」ビクビクッ


蘭子「共にルシファーの調べを奏でようぞ」

ラオウ「ん゙あ゙ッああああああああああああアア!!!!」


ラオウ「我が人生に一片の悔い無し……あふぅ」ドサァッ

トキ「ラオウ!? シンデレラガールズの力は、我ら北斗神拳の力をも上回ると言うのか!!?」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 14:18:43 ID:bn.hLQG.



美波「だ、大丈夫ですかっ!?」

ラオウ「……」


ラオウ「……」スクッ

ラオウ「はい」



P「紹介の途中に申し訳ありませんが、これから皆さんには、合同レッスンを受けて頂きます」

P「有名なトレーナーをお呼びしましたので、これをアイドルの第一歩にしてください」


ケンシロウ「島村卯月、がんばります」

ラオウ「へぇ、うぬがプロデューサー? ま、悪くないかな」

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 14:27:51 ID:bn.hLQG.



 レッスン場


みく「トレーナーは、あの超人気男性デュオ!! ブルーレッドの二人らしいニャ!!」

李衣菜「ブルーレッドってマジ!?」ビクッ


ケンシロウ「ブルーレッド?」

トキ「なんだ、そのトイレの芳香剤のような名は?」



杏「これは頑張らないとかもっ」

きらり「がんばろぉねぇ!!」


蘭子「ブルーレッド、様」

ラオウ「ぬっく……」ピキピキ

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 15:23:26 ID:bn.hLQG.



ガチャッ

シュレン「静まれい!! 我らの将は、お前達に多大なる期待を寄せているのだぞ!!」ザッ

ヒューイ「寄せているのだぞ!!」ザッ


みく「来たにゃ!!」ピシッ

李衣菜「来た」ピシッ



ヒューイ「我がダンスは風を友とし、その中に真空を走らせる!!」

蘭子「ヒューイ、様……」ドキドキ


ラオウ「ぬくっ、ぐうっ!!」ギリギリ

トキ「抑えるのだしぶりん!!」

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 15:31:27 ID:bn.hLQG.



ラオウ「……」

ラオウ「安心せい、少し……汗を拭いてくる」


ラオウ「……」ドシンッ ドシンッ

ラオウ「ヒューイよ、このラオウが汗をぬぐってやろう」ニタリ



ヒューイ「いや、まだ汗を掻く事は何も……」ビクッ

ラオウ「グハハハハハッ!! 遠慮はするな」スッ


ラオウ「おぉっと、手が滑りおったわぁっ!! 北斗剛掌波ァァッ!!!」ズドォォッ

ヒューイ「うぎゃあああああああ!!!?」メギャメギャッ

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 15:37:38 ID:bn.hLQG.



蘭子「ヒューイさまぁぁっ!!」タタッ

ラオウ「ぬっく……」ポロポロッ


ケンシロウ「ラオウの拳に……」

トキ「愛と悲しみが宿るか!?」



ラオウ「そぉぉぉぉれい!! 回頭捻首断ッ!!」ゴキャッ

シュレン「なんで俺までぇっ!!?」ボキボキッ


ラオウ「このラオウ……」

ラオウ「悲しみを経て、ついに無想転生を身に付ける事ができたわ」ポロポロッ

24 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 15:42:44 ID:bn.hLQG.



ラオウ「しかし、こんなに苦しいのなら、こんなに悲しいのならっ……」

ラオウ「愛(マス)など要らぬっ!!」クワッ


ジャギ「兄者……」ポンッ

ラオウ「ジャギか?」クルッ



ジャギ「戻ろう、現実へ」スッ

ラオウ「……」


ラオウ「フッ」ニコリ

ラオウ「戻るか……」ポチッ

25 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/01/25 15:46:46 ID:bn.hLQG.



ジャギ(こうして、俺たちは現実世界へ戻って来た)

ジャギ(スイッチも破壊したが、分かった事が有る……)


ジャギ(それはやはり、シンデレラガールズは人を荒ませると言う事だ……その点、sideMは素晴らしい)

ジャギ(ジェンヌ人気は勿論、男がプレイしても可愛いと思えるアイドルもたくさん居る)



ジャギ(水嶋咲は勿論、ピエールや神楽麗のヘソ出しS+も可愛い。ショタ枠のもふもふえんも最高だ)

ジャギ(それに、今やっている温泉イベントの彩も良い。湯けむり弁天のS+の色気は、是非とも見て欲しい)


ジャギ(だが、アクティブユーザーは三万以下……シンデレラガールズに及ばない。だがだが、逆に言えばヌルイ!! 今から始めてもすぐトッププレイヤーになるまで強くなる事も可能だ)

ジャギ(同じモバゲーのアイドルマスター。さぁ、お前達もシンデレラガールズだけで無く、sideMをプレイしてみよう!!)

26 : ◆uC4PiS7dQ6[] 2015/01/25 15:48:09 ID:bn.hLQG.




ちょっとステマだったね

誰か湯けむり弁天ください

おわり


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1422079224/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP