PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:22:20.36 ID:6vPZ1TFQ0.net

誘拐犯「ククク……」

歩美「うう……怖いよぉ……」

光彦「大丈夫です歩美ちゃん、両手両足を縛られ動けない状態ですが」

光彦「反抗的にならなければ危害は加えてこないはずです」

誘拐犯「なるほど……中々賢いボウヤじゃのう……」

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:23:04.89 ID:mFz0kfoR0.net

犯人はいったい何アガサなんだ…

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:23:11.48 ID:0p8Q+QJu0.net

くそう…
この喋り方では犯人がわからないぞ…

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:24:06.76 ID:6vPZ1TFQ0.net

光彦「携帯電話なら僕らのランドセルの中に入っています……そこから自宅にかければ身代金を要求できますよ」

誘拐犯「ほっほっほ、確かにそうじゃろうな」

誘拐犯「しかしワシの目的は金ではないんじゃよ」

歩美「え……」

光彦「じゃ、じゃあ一体何が目的で……」

誘拐犯「ククク……ワシは所謂ロリコンという奴での……」

誘拐犯「単純に手に入れたかったんじゃよぉ……君のような可愛い子を……ククク……」

歩美「ひっ……!?」

光彦(うっ……顔を覆面で隠しているので見えませんが、酷くいやらしい笑顔を浮かべているのが伝わります……)

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:25:04.63 ID:JGXETZZZ0.net

      ,.:ー-- ..__  ,.-'"`ヽ、
     /      `´     \
    /               \
   /                 〉
  .,'     ,..  ,、_  ,.-; , 、   ,'
  〈     /iノ! i |. `'''´ !!| l:;.,.  /
   `、   ,' !-jノナー   ‐j''!j;゛i! .!/
    `、 .j!.ノ ,.-‐ 、   ,.へ' .!!j,'
     ゝ} .'  9`  ´9   .!,'-、
    {:t、: `ー‐'  ,.〉`ー'  :'.ソ,'
    ヽ.`、 : .:  ___ : :. ,'_,/      ははーん
     `~ \  ヽ  ノ  /        さては鍋の中ですね?
 〔_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕
  ( ̄ ̄ ̄ ̄ι ̄ ̄ ̄ ̄    .:.:.:.:.)
   (     ι 光彦  .:.:.:..:.:.:. )
   (______.:::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.)
    \___ _____/
  ____〔 从从从从从从 〕___
  |            【○】      |
  |__________________|

7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:26:16.29 ID:6vPZ1TFQ0.net

誘拐犯「さぁて何をしようかのう……ククク……」

歩美「い、いやぁっ! 来ないでぇっ!」

光彦「やめてください! 歩美ちゃんには手を出さないでください!」

誘拐犯「ふむぅ、そうじゃな……確かにワシはロリコンではあるが無理やり女の子を襲うのはちと趣味ではない」

誘拐犯「どちらかといえばロリとラブラブいちゃこらセックスを楽しみたい派なんじゃ」

誘拐犯「そういうわけじゃから……君自身にしてもらう形にしよう」

歩美「あ、歩美自身に……?」

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:27:38.65 ID:6vPZ1TFQ0.net

誘拐犯「まず女の子だけロープを解き……」

誘拐犯「そして男の子のズボンとパンツをずり降ろす」

光彦「うわっ!? 何ですかあなたそっちの趣味もあるんですか!?」

誘拐犯「そしてワシのチンポを解放」ボロン

誘拐犯「ククク……さあ君に聞こう」

誘拐犯「この男の子かワシのチンポかどちらかを触れと言ったらどちらを選ぶ?」

光彦「!?」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:29:41.60 ID:6vPZ1TFQ0.net

歩美「そ、そんなの……」

光彦(歩美ちゃんが誘拐犯の汚い陰茎を手にするとは思えない……)

光彦(つまり僕のを触ってくることになる……)

光彦(歩美ちゃんの手を僕の陰茎で汚すことになる……)

光彦(そんなこと……ちょっとしてもらいたいけど決して許されることじゃありません!!)

光彦(ここは歩美ちゃんと一度相談して――)


歩美「誘拐犯さんのおちんちんを触るに決まってるよ?」ニギ

光彦「えっ」

誘拐犯「んほぉおおおおおおwwwwwwwwwwwwwww」

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:31:56.54 ID:6vPZ1TFQ0.net

光彦「ちょ、ちょっと歩美ちゃん何を――ハッ!」

光彦(そ、そうか! ここで僕の陰茎を触ることを選んだらあの誘拐犯は間違いなく怒る!)

光彦(そして僕らに危害を加えてくるかもしれない!)

光彦(それを回避するために歩美ちゃんはあえて誘拐犯の陰茎を――)

誘拐犯「ではワシのチンポをしゃぶるのと」

誘拐犯「あの男の子のおちんちんを触るのだったらどちらを選ぶ?」

歩美「誘拐犯さんのおちんちんしゃぶる!」

光彦「」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:34:30.74 ID:6vPZ1TFQ0.net

歩美「んっ……んちゅ……っ……」ちゅぱちゅぱ

誘拐犯「んほぉぉおおおおwwwwww気持ちいいのぉおおおおwwwwwwwwwwww」

光彦「あ、歩美ちゃんの口があんな男の陰茎で汚され……」

光彦(こ、これも危害を加えてくるのを回避するための行為のはず……そのはずなんです……)

歩美「ぁむっ……」じゅぷ

誘拐犯「んほぉおwwwwwwそんな喉奥までwwwwwwwwwwwww」

歩美「んぅ……」じゅるじゅる

誘拐犯「あひぃぃいいいwwwwwwいやらしい音を立ててしゃぶってくれるのぉおおおwwwwwwwwww」

光彦「」

14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:37:11.15 ID:6vPZ1TFQ0.net

誘拐犯「んふぅううううwwwwww出るぅうううううwwwwwwwww」ドピュルルルドピュンドピュン

歩美「んぐぅううんうぅっ!」

誘拐犯「ふぅ……さあ口の中を見せてみなさい」

歩美「んぁ……」

誘拐犯「おほっwwwwwワシのドロッドロの黄ばんだ精液で口の中がいっぱいじゃのうwwwwwwwwww」

誘拐犯「ほれ君も見なさいwwwwwwwwww」

光彦「ぅ……ぁ……」

誘拐犯「ではそれをよく味わってからごっくんしてもらおうかのwwwwwwwww」

歩美「ん……」くっちゃくっちゃくっちゃ

歩美「んくっ」ごっくん

誘拐犯「んほぉおおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:39:08.82 ID:6vPZ1TFQ0.net

誘拐犯「ククク……場所を移動してきたぞ」

誘拐犯「ここは近くの公園にある汚い公衆トイレの男子トイレじゃ」

誘拐犯「見ての通り小便器も大便器も酷く汚れがこびりついておる」

歩美「うぇ……臭いよぉ……」

光彦(一体こんなところで何を……)

誘拐犯「さあ歩美ちゃんに聞こう」

誘拐犯「そこの男の子とこの汚い小便器」

誘拐犯「キスするとしたらどちらを選ぶ?」

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:41:35.94 ID:6vPZ1TFQ0.net

光彦「なっ――!?」

光彦(さ、流石にこの汚い便器にキスするなんて……歩美ちゃんにはさせられないッ!)

光彦「誘拐犯さん!」

誘拐犯「何じゃ」

光彦「この質問でどちらを選ぼうと、それは歩美ちゃんが選んだ結果です!」

光彦「怒って殴ったりしませんよね!?」

誘拐犯「? そりゃそうじゃろう、ワシはロリを愛でるのは好きじゃが暴力を振るうのは嫌いじゃ」

光彦「だそうです歩美ちゃん! 無理せず汚い方を選んだりしなくて大丈夫ですよ!」

歩美「わかった! 便器にキスするね!」

光彦「何で!?」

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:43:35.15 ID:6vPZ1TFQ0.net

歩美「えっ、だって汚い方を選ばなくていいんでしょ?」

光彦「そうですよ?」

歩美「だから便器」

光彦「……えっ?」

歩美「じゃあキスするねー」

光彦「いやいやいやいや! ちょっと待ってください!」

歩美「何?」

光彦「歩美ちゃんにとって便器と僕だったら僕の方が汚いんですか!?」

歩美「うん」

光彦「」

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:45:46.27 ID:6vPZ1TFQ0.net

歩美「じゃあ小便器にキスするね……」

 ちゅっ

歩美「んっ、んちゅっ」

 チュッ チュッ ペロ

歩美「んぁ……んちゅ……」

誘拐犯「んほぉおおおおおwwwwwww頼んでもいないのに便器にディープな方のキスをするとはのぉおおおwwwwwww」

誘拐犯「せっかくじゃから映像に記録させてもらってもいいかのう?wwwwwwwwwww」

歩美「うん、いいよ!」

誘拐犯「はーい、歩美ちゃんは今何をしておるのかなー?」

歩美「ファーストキスを汚い小便器に捧げてまーす♪」

光彦「」

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:47:59.12 ID:6vPZ1TFQ0.net

誘拐犯「ではそろそろ最後の選択を問おうかのwwwwwww」

誘拐犯「この選択が終わったら君たちを解放してあげてもよいぞーwwwwwwww」

歩美「わぁーい! やったね光彦君!」

光彦「ええ……そうですね」

誘拐犯「光彦君と握手するのとワシとセックスするのどっちがよい?」

歩美「セックス!!!!!!!!!!!」

光彦「知ってた」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:50:45.13 ID:6vPZ1TFQ0.net

誘拐犯「んほぉおおおおおおおお歩美君の膣内は気持ちいいのぉおおおおおおおおおwwwwwwwwww」パンパンパン

歩美「誘拐犯さんのおちんちん膣内どころか子宮の中まで突いてるよぉおおおんほぉおおおおおおおおおおおおおwwwwwwww」

誘拐犯「キツキツぬるぬるトロトロおまんこぉおおおおおおおおおwwwwwwwwww」ズッチュズッチュズッチュ

歩美「んひぃいいいいいこの妊娠させることしか考えてないおちんちんしゅごいぃいいいいいいwwwwwwwww」

誘拐犯「中出しでたっぷり精液を注いでやるからのぉおおおおおおおwwwwwwwwwwwww」

歩美「来てぇえええ歩美の中に誘拐犯さんの子種植え付けてぇええええええええwwwwwwwwwwww」

誘拐犯「んほぉおおおおおおおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwww」ドピュルルルルルルルビュビューッ

歩美「んひぃいいい卵管まで満たしゃれるぅうううううううううwwwwwwwwwwwww」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:52:00.32 ID:6vPZ1TFQ0.net

誘拐犯「ふぅ……気持ちよかったわい」

歩美「あっ、光彦君気を失ってる」

誘拐犯「むぅ、ちょっと刺激が強すぎたようじゃの。よいしょっと」

 ヌギッ

阿笠「やれやれ」

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/01/16 21:53:31.21 ID:6vPZ1TFQ0.net

阿笠「しかし歩美君も変態的なプレイを考えたもんじゃのうwwwwwwwwww」

阿笠「光彦君の前で光彦君を拒絶しながらワシとセックスを楽しむとはwwwwwwwwwwww」

歩美「だってぇ、もう歩美普通のプレイじゃ物足りないんだもんwwwwwwwwwww」

阿笠「まったく淫乱な小学生じゃのうwwwwwwww」

歩美「歩美を淫乱な子にしたのは博士のくせにぃwwwwwwwwwww」

阿笠「さーて光彦君が目覚めるまでもう一発ぐらい楽しむかのwwwwwww」

歩美「わーい、じゃあお尻にもお願ーい」

光彦「」


 おわり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1421410940/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP