PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:09:14.10 ID:0Z65alQCo

※アイドルマスター シンデレラガールズのSSです
 タイトルにPがついていますがPは出てきません
 あくまでお芝居と捉えて読んでいただけると助かります


2 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:10:38.20 ID:0Z65alQCo


むかしむかし、あるところに美しい娘がいました。

娘は幼いころに母親をなくし、父親は二人の女の子を連れた新しい母親と結婚しました。

娘に新しい母親と二人の姉が出来たのです。

やがて父親も病気でなくなると、新しい母親と二人の姉は娘をイジメはじめました。

娘に家事や辛い仕事を押し付け、灰だらけの屋根裏に住まわせたのです。

母や姉たちは娘を「シンデレラ(灰かぶり)」と呼んで、今日もいじめていました。



3 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:12:04.49 ID:0Z65alQCo

――――――――――――居間

 
礼子「シンデレラ! シンデレラはどこなの?!」

http://i.imgur.com/TvD5LNE.jpg
高橋礼子(31)

美優「は、はいっ!」

http://i.imgur.com/POL7Tog.jpg
三船美優(26)

礼子「何をやっているの! 掃除は済んだの!?」

美優「い、いえ……まだ……」

礼子「本当にグズね! さっさと終わらせない!」

美優「は、はい……」

志乃「シンデレラー! 私の部屋の掃除中でしょ? 早くしないとゆっくりワイン飲めないでしょう!?」

http://i.imgur.com/164vGHR.jpg
柊志乃(31)

美優「は、はい……ただいま」

留美「シンデレラ。それ終わったら本屋に買い物に行ってくるのよ。新刊が出てるはずだから」

http://i.imgur.com/T7wfHFD.jpg
和久井留美(26)

美優「わ、わかりました……」

4 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:13:04.05 ID:0Z65alQCo


礼子「そうそう……あんたたち、今度お城で舞踏会あるの知ってる?」

留美「舞踏会?」

志乃「面倒臭そうね」

礼子「何言ってるの! そこは王子様が結婚相手を探す場でもあるのよ?」

留美「王子様と結婚……なにかピンとこないわ。私は結婚相手はゆっくり見極めたいのよ」

礼子「バカね。王子様と結婚するのは私よ」

留美「……無理があるわ」

志乃「熟女好きの王子様ねぇ」

礼子「おだまり、同い年」

志乃「あら? 今はあなたの娘ですからね。私はなんかパス。家でゆっくり飲むとするわ」

礼子「お城の地下には、古今東西の名品のワインを集めたワインセラーがあるそうよ」

志乃「早く行くわよ。準備しなさい」

礼子「……変わり身早いわね」

5 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:13:48.31 ID:0Z65alQCo


美優「あ……あの……」

礼子「何よ、シンデレラ?」

美優「わ、私も……舞踏会に……」

礼子「何をバカ言ってるの? あなたみたいな汚い娘を王子様の前に出せるわけないでしょ?」

美優「……でも」

礼子「あなたはここで留守番。お風呂の準備しておくのよ」

美優「……はい」

礼子「さあさあ、出発するわよ」

志乃「はーい」

留美「ふぅ……仕方ないわね」

6 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:14:40.57 ID:0Z65alQCo


母親と姉たちはお城へと出かけて行きました。

一人残されたシンデレラは屋根裏で膝を抱えていました。



――――――――――――屋根裏部屋


美優「お城で舞踏会か……私も行きたかったな……綺麗なドレスも着てみたかった」

美優「でも、こんな汚い格好じゃダメよね……」


ちゅーちゅー


美優「ふふふ。ネズミさん……慰めてくれるの?」


ちゅー


美優「ありがとう……私のことをわかってくれるのはあなただけよね」

美優「諦めて……お風呂の準備でもしよう……」

8 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:15:34.76 ID:0Z65alQCo


その時、まばゆい光が屋根裏を包みました。


美優「なっ!……なに?!」


やがて、光の中から一人の老女が現れました。


時子「ちょっと、誰が老女なのよ? 美女と言い直しなさい」

http://i.imgur.com/frsNRCY.jpg
財前時子(21)


……やがてひとりのびじょがあらわれましたー


時子「そのやる気の無さ……あとで覚えてなさいよ」

9 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:16:35.08 ID:0Z65alQCo


美優「あ、あなたは?」

時子「私は魔法使い。アンタみたいな、いじけてる女を見るとイライラすんのよ」

美優「でも……綺麗なドレスもないし……舞踏会になんてとても」

時子「チッ! 本当にイラつくわね。そこに立ちなさい」

美優「え? え? こ、ここに?」

時子「そらっ」


びびびびびび


美優「きゃっ! な、なに?」

時子「それなら舞踏会に行けるでしょ?」

美優「わぁ! 素敵なドレス! ガラスの靴も!!……でも」

http://i.imgur.com/rE1hWXh.jpg

時子「今度はなに!?」

美優「今から歩いて行くには時間がないの……もう始まっちゃうから」

時子「ったく……世話のやける。表に出なさい」

10 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:17:31.32 ID:0Z65alQCo


――――――――――――玄関前


美優「こんなところで……何を?」

時子「黙ってなさい……ああ、あれでいいわね。それっ」


びびびびびびび

ぼんっ


美優「カボチャが……馬車に?」

時子「後は馬ね……ああ、ちょうどいいわ。そのネズミを貸しなさい」


びびびびびびび

ぼんっ


美優「ネズミさんが……あれ?」


愛海「ぷはーっ! な、何が起きたの?」

http://i.imgur.com/wVIpmH6.jpg
棟方愛海(14)

時子「あら? 間違えて人間にしてしまったわね」

11 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:18:19.00 ID:0Z65alQCo


美優「ネズミさんが女の子に……」

愛海「あーーーっ! 美優さんだ!!」

美優「ネズミさん?」

愛海「念願叶った! 今こそ! その胸に! 抱きしめて!」

美優「え? え?……胸?」

愛海「さあさあ、そのお山へ!! トップ・オブ・ザ・まうんてーーーーん!!」バッ

http://i.imgur.com/TrkQBbS.jpg

美優「きゃああああ!!」

12 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:18:56.63 ID:0Z65alQCo



びびびびびびび

ぼんっ


愛海「ひひひひーーーーん!!」

美優「今度は馬に!」

時子「これでいいわ。さあ、馬も馬車も揃ったしお城に行くわよ」

美優「あ、ありがとう! 魔法使いさん!」

時子「それじゃあ、いくわよっ! はいよー! シルバー!!」


ぴしぃっ!!! 


美優「なぜか、お馬さんが涙を流しているようだけど……」

時子「心配いらないわ。しばらくすれば歓喜の涙に変わるから」

愛海「ひひひーん!!(ひどいっ!)」

13 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:19:26.60 ID:0Z65alQCo


――――――――――――城の前

時子「なんとか間に合ったわね」

美優「ここが……お城……」

時子「感傷に浸ってないで、さっさと行きなさい」

美優「あ、ありがとうございます!」

時子「言っておくけど、この魔法は12時まで。城の12時を告げる鐘が鳴り終わったら解けるから」

美優「それだけあれば十分です。本当にありがとう!」

時子「チッ! 感謝されると気持ち悪いわ」

14 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:20:13.69 ID:0Z65alQCo

――――――――――――大広間


美優「ここが……舞踏会場……素敵……」

美優「お母さんと姉さんたちは……いた!」



礼子「ちょっと! 王子様はまだなの!!」

家来A「も、もうしばらくお待ちを……」

礼子「こっちは、婚姻届まで用意してるんだからね!」

留美「母さん、やめて。恥ずかしいわ」

礼子「何言ってるの? 留美の婚姻届もあるのよ。律儀に自分の名前まで書いてるじゃない?」

留美「それは現実の!! どうして? カバンに入れてたはずなのに!!」

礼子「誰に使うつもりだったのかしら?」

留美「関係ないじゃない! 返して!!」

家来B「大変だー!! 城のワインセラーが空っぽになってるぞ!!」

家来A「そんなバカな!? 500本はあったはずだ!!」



美優「近寄らないでおこう……」

15 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:21:04.22 ID:0Z65alQCo


ぱぱぱぱーっ ぱーっ ぱーっ


ちひろ「みなのものーっ! 王子様のおいでだ! 控えよーっ!」

http://i.imgur.com/wHWB655.jpg
千川ちひろ(??)


きゃーっ!!


美優「すごい歓声……あれが……王子様?」


真奈美「やあ、皆。楽しんでいるかい?」

http://i.imgur.com/fW5tTgb.jpg
木場真奈美(25)


きゃーっ!!きゃーっ!!


美優「すごくカッコいい……」

美優「でも……私なんかじゃ……」

美優「ここに来れただけでも、充分だわ。時間もないんだし……」

16 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:21:40.94 ID:0Z65alQCo


女A「王子様! 私と踊ってください!!」

女B「ダメよ!! 私と踊るんだから!!」

礼子「どきなさい、小娘ども。王子は私と踊るのよ」

女A「何よ! おばs」

礼子「なんですってええええええ!!」


わー わー


美優「大変なことになってる……」

17 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:22:26.94 ID:0Z65alQCo


真奈美「失礼、よろしいですか?」

美優「えっ? わ、私……?」

真奈美「美しい方だ。よろしければ、私と踊っていただけないだろうか?」
 
美優「で、でも……私、踊りなんて……」

真奈美「大丈夫」


ぐいっ


美優「きゃっ」

真奈美「安心して。私がリードするので、貴女は身を預けてくれるだけでいい」

美優「は、はい……」


美優(私が……王子様と踊ってるなんて……夢のよう……)

18 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:22:55.38 ID:0Z65alQCo


女A「ちょっと! 誰かが王子様と踊ってるわよ!」

女B「きーっ! くやしいっ!!」

礼子「先を越されたわね……」

留美「でも、あそこで踊ってる人、誰かに似てない?」

礼子「知らないわよ。どこかの王族でしょ?」

留美「……」


19 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:23:32.64 ID:0Z65alQCo


真奈美「素晴らしい上達ぶりだ」

美優「そんな……まだまだです」

真奈美「これからも一緒に踊っていただけないだろうか?」

美優「えっ?」

真奈美「私の生涯のパートナーなっていただきたい」

美優「そ……それって……」

20 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:24:07.89 ID:0Z65alQCo



からーん



美優「はっ!!……12時の鐘!!」

ばっ

美優「ご、ごめんなさい! 私、もう帰らないと……」

真奈美「えっ!?」

美優「さようなら」


たたたたたた


真奈美「ま、待ってくれ!!」

21 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:24:47.34 ID:0Z65alQCo


――――――――――――正面階段


からーん からーん からーん


美優「は、早く帰らないと!!」

時子「何やってんのよ!! 12時までって言ったでしょ!!」

美優「は、はい……きゃっ!」

美優「く、靴が……」

時子「そんなもんいいから!! さっさと乗りなさい!!」

美優「は、はいっ」

時子「よし、帰るわよっ!!」


ぴしいっ!


愛海「ひひひひーーーーーん!(また、ムチで!!)」

22 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:25:34.64 ID:0Z65alQCo


真奈美「はあ……はあ……」

真奈美「どこに行ったのだ?……ん?……これは……」


23 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:26:39.98 ID:0Z65alQCo

――――――――――――翌日


礼子「はぁ……結局、王子様のお目通りはできなかったわ……」

志乃「残念ね……」ヒック

礼子「あなた、城から何本くすねてきたのよ?」

志乃「私にとっての王子様はこのワインだから」クイッ

留美「昨日から飲み過ぎでしょう?」

志乃「一人で飲んでた訳じゃないわよ」

礼子「誰がいたのよ?」

志乃「名前は知らないけど『ワイン飲んでお祝いん』とか言ってたわ」

http://i.imgur.com/ndFKbJx.jpg
知らない人(25)

留美「誰のことか、だいたい分かるような気がする……」

24 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:27:42.68 ID:0Z65alQCo


美優(昨日は、素敵だったなあ……)

美優(ほんの少しだったけど、綺麗なドレスを着て……きらびやかな舞踏会場で……)

美優(素敵な王子様に会えたなんて……)

25 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:28:34.06 ID:0Z65alQCo

――――――――――――数時間後


ばあんっ

留美「大変よ」

礼子「どうしたの?」

留美「王子様が昨日の件で皆に話があるらしく、舞踏会参加者は広場に集まるようにって」

志乃「なにかしらね?」

礼子「ワイン泥棒でも探してるのかしら?」

志乃「……私は行かないわよ」

礼子「仕方ないわね。私と留美で行きましょう」

美優「あ、あの……」

礼子「何よ、シンデレラ?」

美優「わ、私も……ついていっても……いいですか?」

礼子「何の冗談よ? あなたは舞踏会に出てないでしょ?」

美優「……そうですが」

留美「いいんじゃない? どうせ相手にされないでしょうし、遠巻きに眺めるくらいなら?」

礼子「フン……勝手にしなさい」

27 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:30:29.03 ID:0Z65alQCo

――――――――――――広場

広場には多くの女性達が集まっていました。

しばらくすると王子様と家臣が演壇の前にたちました。


ちひろ「みなさん、よくぞ集まってくれた」

ちひろ「今回集まってもらったのは、先日の舞踏会で出会った女性を王子様がお探しだ」

ちひろ「だが、王子はその方を全くご存知ではない。手がかりはこのガラスの靴だけである」

ちひろ「いまから皆にはこの靴を一人ずつ履いてもらう」

ちひろ「このガラスの靴がピッタリ合う女性こそ、王子が求める女性である」

ちひろ「その女性は王子の后として迎え入れることになる」


きゃーーーーーっ!


礼子「きたっ!! 私にチャンスが巡ってきたわ!!」

28 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:31:24.26 ID:0Z65alQCo


真奈美「……」ヒソヒソ

ちひろ「なるほど……えー、ちなみにその女性は明らかに20代とわかるので、30歳以上の方はご遠慮願いたい」


ぶー ぶー


礼子「何よそれ!! おかしいじゃないっ!!」

菜々「そうだそうだーーー!」

http://i.imgur.com/gppSeBU.jpg
安部菜々(じゅうなな)

礼子「えっ」

菜々「えっ」

礼子「なんであなたが怒るのよ?」

菜々「あの、その……ほら、女性を年齢で差別するなんて酷いですよねっ!!」

菜々「ナナは17歳ですけどっ!」キャハ

ちひろ「なお、安部菜々嬢は身分証明書が偽造されたものとわかったので除外する」

菜々「ひどいっ!」

29 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:31:59.88 ID:0Z65alQCo

ちひろ「それでは一列に並ぶように」

留美「シンデレラ、一緒に前に行くわよ」

美優「え? なぜ?」

留美「後ろを見なさい」

30 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:32:50.71 ID:0Z65alQCo


きらり「あんずちゃん! 楽しみだにぃ♪」

http://i.imgur.com/a32gzSz.jpg
諸星きらり(17)

杏「べつにー、っていうかめんどくさい」

http://i.imgur.com/ieNIP3F.jpg
双葉杏(17)

きらり「あれあれ~? あんずちゃんはお姫様になりたくないの~?」

杏「やだよ。なんか大変そう」

きらり「でもでもー、お姫様ならいつでも飴玉食べ放題だにぃ」

杏「アメ!」

きらり「あんずちゃん並ぶぅ?」

杏「やってみる」

きらり「うぇへへー、楽しみぃー☆」

31 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:33:23.64 ID:0Z65alQCo

留美「前の小さいのは別としても、あんな大きな女が先に履かれたら靴が粉砕してしまうわ」

美優「な、なるほど……」

32 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:34:11.50 ID:0Z65alQCo

数々の女性が、ガラスの靴をはくことを試みますが、うまく合いません。

やがてシンデレラの番が近づいてきました。



礼子「なあに? あなた、本当に履く気なの?」

美優「い、一応は……」

礼子「はっ、ムリムリ。茶でヘソを沸かすわ」

留美「逆でしょ。ヘソで茶を沸かす」

礼子「どっちでもいいわ。万が一、あなたが履けたら何でも言うこと聞いてあげる」

美優「ん? 今、何でも……」

礼子「どうせ履けっこないけどねー」

33 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:34:54.31 ID:0Z65alQCo


そして、シンデレラたちの番になりました。

まずは、姉の番です。


留美「いたたたたた。ちょっと靴ずれしたみたい」

美優「えっ?」

留美「シンデレラ、あなた、先にしなさい」

美優「でも……」

留美「いいから早く行きなさい」

美優「は、はい……」

34 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:35:37.49 ID:0Z65alQCo

シンデレラが足を伸ばし、靴に入れます。

靴はぴったりとシンデレラに合いました。



美優「あっ」

ちひろ「おお!」

真奈美「やはり、貴女でしたか……再びお目にかかれて光栄です」

美優「あっ……あの……私も……その……」

真奈美「改めて、貴女に結婚を申し込みたい。私の生涯の伴侶になっていただけないだろうか?」

美優「あの……わ、私でよろしければ……」

真奈美「ありがとう。変わることのない永遠の愛を、今この場で貴女に誓おう」

美優「はいっ……」



こうしてシンデレラは王子と結婚し、幸せに暮らしました。

35 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:36:32.78 ID:0Z65alQCo

――――――――――――数日後

志乃「シンデレラが結婚相手とはねぇ……」

留美「いいじゃないですか。幸せそうだし」

志乃「そう言えば、礼…じゃない母さんはどこなの?」

留美「シンデレラが指示した罰ゲームを実行中」

志乃「何をさせられてるのよ?」

留美「このカレンダーをそのまま撮ってくるってことですって」

http://i.imgur.com/dOS7kXb.jpg
あのカレンダー

志乃「あの子も結構えげつない罰を考えるわね……」

留美「問題は、母さんも結構ノリノリなところよ」

志乃「罰にならないじゃない」



礼子「さあ! 次は「今夜はチュパリコ」よっ!」

http://i.imgur.com/gUui0s6.jpg



おわり

36 : ◆yfWmR9mD4k[saga] 2015/01/03 05:38:09.27 ID:0Z65alQCo

※これで終わりです。
 新年最初のSSなので笑っていただこうと思って書きました。
 たかはし智秋さんファンの方ごめんなさい。
 ここまで読んでいただいてありがとうございました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420229353/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP