PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 20:49:52.67 ID:RGndtvih0

サクラ「・・・」

サスケ「驚いたか?」

サクラ「驚きはしないよ。サスケくんの事だからできそうだし」

サスケ「だから今日はお前と一緒には・・・」

サクラ「一人より二人だよサスケくん!」

サスケ「だがこれは俺の問題で」

サクラ「サスケくんの力になりたい!」

サスケ「・・・そこまで言うなら俺について来い」

サクラ「うん!」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 20:53:03.62 ID:RGndtvih0

サスケ「まず肛門に手裏剣を挟む・・・そして」プスッ

サスケ「屁の勢いで飛ばすんだ・・・と言ってもまだ飛びもしないがな」

サクラ「なら私はサスケくんの肛門に手裏剣を挟む役ね」

サスケ「すまないなサクラ・・・いつもお前に」

サクラ「気にしなくてもいいよサスケくん!だって私達」

サスケ「そうだったな」

サクラ「じゃあ挟むからね」

サスケ「ああ」

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 20:56:11.23 ID:RGndtvih0

サスケ「飛べ!」プスッ

サスケ「くっ・・・まだ飛びもしないか」

サクラ「そう?」

サスケ「何かわかったのか!?」

サクラ「ち、違うけどさっきより距離は縮まってるよサスケくん」

サスケ「そういえば」

サクラ「まずは刺さる事よりも距離を縮める修行でいいと思うけど」

サスケ「何事も焦りは禁物か・・・」

サクラ「そうだよ!」

サスケ「わかった・・・挟んでくれ」

サクラ「うん」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 21:00:12.82 ID:RGndtvih0

サスケ「・・・」プスッ

サクラ「いい感じよサスケくん」キュッ

サスケ「心無しか飛んでる気がする。距離も」プスッ

サクラ「頑張れサスケくん」

サスケ「挟んでくれ!」

サクラ「はい」キュッ

サスケ「・・・行け!」プスッ

サクラ「うん!飛んでる!」キュッ

サスケ「これなら早い段階で次に進めるかもしれない」プスッ

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 21:03:50.05 ID:RGndtvih0

サクラ「す、少し休憩にしない?」

サスケ「いやまだやれる・・・お前は疲れたか?」

サクラ「・・・そんな事は」

サスケ「正直に言え」

サクラ「・・・少しだけ」

サスケ「なら休憩するか」

サクラ「ごめんサスケくん・・・足引っ張って」

サスケ「お前が居てくれて助かった」

サクラ「挟んでるだけで?」

サスケ「それだけで俺は十分だ」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 21:09:31.67 ID:RGndtvih0

サスケ「なあサクラ」

サクラ「ん?」

サスケ「やっぱり屁の勢いが大切だと思わないか?」

サクラ「確かにおならの勢いで飛ばしてるからね」

サスケ「そうだな・・・これだけじゃあいつに」

サクラ「あいつって?」

サスケ「いや何でもない。もう疲れは取れたか?」

サクラ「サスケくんは?」

サスケ「俺は平気だがお前は」

サクラ「私は大丈夫よ。ごめんね中断させて」

サスケ「気にするな。くれぐれも強がるなよサクラ」

サクラ「サスケくんもね!」

サスケ「ああ!」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 21:23:28.11 ID:RGndtvih0

サスケ「チィ…屁が出ない」プッ

サクラ「どうする?」

サスケ「日も暮れてきたし帰るか」

サクラ「・・・うん」

サスケ「家まで送って行く」

サクラ「疲れてない?」

サスケ「一応お前を送って行く体力ぐらいある」

サクラ「でも悪いよ」

サスケ「いいから俺に送らせろ」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 21:30:07.22 ID:RGndtvih0

サスケ「・・・サクラ」

サクラ「?」

サスケ「父や母の事は好きか?」

サクラ「嫌になる時もあるよ。でもねナルトやサスケくんの事を聞いて」

サクラ「家族は大切にしなきゃって思うようになった」

サスケ「・・・そうか」

サクラ「あ、ごめん・・・何か」

サスケ「聞いたのは俺だ・・・それに謝らないといけないのは俺の方だ」

サスケ「お前を巻き込んだりしてばかりでお前の事をうざいって言ったりな」

サクラ「そんなの別にいいよ」

サクラ「あの時は私がサスケくんとナルトの環境を知らないで軽率な事を言ったんだから」

サスケ「・・・」

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 21:33:55.66 ID:RGndtvih0

サクラ「ここまででいいから」

サスケ「ああ」

サクラ「明日もやる?」

サスケ「勿論やる」

サクラ「私もいいよね?」

サスケ「頼む。一人ではできそうにない」

サクラ「うん!また明日ね!」

サスケ「ああまた明日だ」

サクラ「明日はお弁当作っていくから!」

サスケ「わかった。楽しみに待ってる」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 21:38:04.41 ID:RGndtvih0

サスケ「・・・」プスッ

サクラ「あー!先に始めてる!」

サスケ「悪いな待ちきれなかった」

サクラ「どんな調子?」

サスケ「飛ぶようになった。見てろ」プスッ

サクラ「凄い!あともう少しで木に!」

サスケ「やれる・・・これなら」

サクラ「はい手裏剣」キュッ

サスケ「今日中には距離は縮まりそうだ」

サスケ「後は威力と連射だけだ・・・待ってろよイタチ!」

サスケ「あんたの挑戦を受けてやる!」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 22:08:19.39 ID:RGndtvih0

サスケ「・・・よし!距離は届いた」

サクラ「次は勢いよく飛ばした木に刺す修行だね?」

サスケ「そうだ」

サクラ「何か方法は?」

サスケ「いや・・・それが」

サクラ「やっぱりそうなると思った」

サスケ「何かあるのか?」

サクラ「おならと言えば芋よ」

サスケ「!?その手があったか」

サクラ「だから芋を沢山買ってきたよサスケくん!」

サスケ「サクラ・・・このまま第二段階に進むぞ」

サクラ「うん!」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 22:12:55.63 ID:RGndtvih0

サスケ「・・・」モグモグ

サクラ「そんなに勢いよく食べたら喉詰まるよサスケくん」

サスケ「いや沢山食った方が」

サクラ「また強がって・・・本当は苦しいでしょ?そんなに食べて」

サスケ「・・・苦しい」

サクラ「ほら」

サスケ「・・・」

サクラ「一個ずつ食べた方が効率も上がると思うけどなァ」

サスケ「そ、それもそうか」

サクラ「一個ずつ食べてよく噛まなきゃね。おなら出そう?」

サスケ「・・・出る」ブスススススス

サクラ「出た!」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 22:17:13.77 ID:RGndtvih0

サスケ「行くぞサクラ」

サクラ「まずは肛門に手裏剣を挟んで」キュッ

サスケ「行け!」ブスススススス

サクラ「飛んだ!」

サスケ「チィ…外したか」

サクラ「大きな一歩よサスケくん!」

サスケ「挟んでくれ次々と飛ばして行く」

サクラ「頑張れサスケくん」キュッ

サスケ「行け!」ブスススススス

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 22:25:20.59 ID:RGndtvih0

ナルト「サスケェ・・・サクラちゃん・・・」

いの「ねえあれ」

シカマル「何やってんだあいつは」

チョウジ「ナルト!」

ナルト「シカマル・・・サスケとサクラちゃんが」

シカマル「まさかまたか?」

いの「ちょっと何よあれ!サスケくんとサクラ!何で二人で」

シカマル「落ち着けよあれは」

いの「噂は本当だったのね・・・イチャイチャして」

チョウジ「あれは幻術だよ。そうだよね?」

シカマル「幻術だ・・・深入りするのもめんどくせぇ」

いの「何だ幻術か・・・そうよね白昼堂々サスケくんが肛門丸出しでサクラが・・・」

チョウジ「何もかも幻術なんだよ・・・何もかもね」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 22:33:14.89 ID:RGndtvih0

シカマル「さっさと退散しようぜ」

いの「そうね・・・幻術で良かった」

チョウジ「ナルトも一緒に来なよ」

シカマル「アスマが任務完了祝いに食わせてくれるから一緒に来いよ」

ナルト「俺ってば・・・どうすりゃいいんだ」

いの「だからあれは幻術だから気にしなくてもいいって」

ナルト「あれは幻術なんかじゃ」

シカマル「おいナルト!それ以上は俺とお前とキバだけの秘密って言ったろ」

ナルト「・・・」

チョウジ「幻術だからナルトは何も考えなくてもいいから・・・ほら行こうよ」

ナルト「・・・悪いってばよ」

チョウジ「ナルトにもいつかいい事があるよ!」

ナルト「ああ・・・」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 22:54:06.21 ID:RGndtvih0

サスケ「行け!」ブスススススス

サクラ「刺さったよ!」

サスケ「これで第二段階は終わりだ」

サクラ「やったねサスケくん!」

サスケ「お前が芋を持って来てくれなければ長引いていた」

サクラ「違うよ。サスケくんの実力が」

サスケ「いやサクラのお陰だ」

サクラ「ううんサスケくんだって」

サスケ「サクラ」

サクラ「じゃあ二人のって事にする?」

サスケ「そうだな・・・腹減ったしお前の弁当食べるか」

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:00:58.62 ID:RGndtvih0

サクラ「美味しいかな?」

サスケ「美味い」

サクラ「肛門の調子は?前みたいに入院するほど酷使してない?」

サスケ「今回は突っ込んでないから大丈夫だ」

サクラ「よかった・・・私思うんだけどさ」

サスケ「?」

サクラ「いきなり硬いものを入れるからじゃない?」

サスケ「確かに」

サクラ「だ、だから・・・肛門の表面と中をヌ、ヌルヌルしたあれで解して」

サスケ「ヌルヌルって・・・お前」

サクラ「ち、違うよ!変な意味じゃ」

サスケ「・・・」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:07:15.35 ID:RGndtvih0

サクラ「・・・」

サスケ「・・・」

サクラ「サスケくん・・・私そんな意味で言ったんじゃないから・・・」

サスケ「わかってる。恥ずかしい事を言わせて悪かったな」

サクラ「・・・恥ずかしかった」

サスケ「でもそれなら酷使しないで済むな」

サクラ「で、でもあれっていやらしい宿場で使うあれなんじゃないの?」

サスケ「いや何処かで売ってるはず・・・それ専門のところで」

サクラ「そ、そう・・・」

サスケ「石鹸はどうだ?あれなら専門のところに行かなくて済む」

サクラ「うん・・・」

サスケ「今度試してみる。肛門の事は俺が先にやるからお前は無理をするな」

サクラ「うん」

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:17:00.52 ID:RGndtvih0

サスケ「修行の続きだ・・・肛門の中に手裏剣を6個挿れろ」

サクラ「え?中に!?」

サスケ「クナイみたいに長くは挿れない」

サクラ「手裏剣なら大丈夫か・・・私も挿れたし」

サスケ「6個だ」

サクラ「6個ね」ズブッズブッズブッズブッズブッズブッ

サスケ「そして連続で飛ばす!」ブスススススス

サクラ「連続!?」

サスケ「くっ・・・!中で4個引っかかった」

サクラ「でも2個は刺さったね?」

サスケ「やはり連射は無理なのか・・・」

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:23:22.15 ID:RGndtvih0

サクラ「待ってサスケくん」

サクラ「中に挿れて発射・・・肛門に強弱をつけて飛ばせば」

サスケ「!」

サクラ「飛ばすのは苦戦した。でも刺すのは簡単にできた」

サクラ「おならの勢いを最大限まで高めれば・・・サスケくん!」

サスケ「肛門を一瞬だけ緩めて屁の勢いに託せば」

サスケ「サクラ!」

サクラ「見えたねサスケくん!」

サスケ「また6個だ」

サクラ「できるよサスケくんなら」ズブッズブッズブッズブッズブッズブッ

サスケ「飛べ!」ブスススススス

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:26:08.26 ID:RGndtvih0

サスケ「・・・全て刺さった」

サクラ「やった!」

サスケ「これなら何個挿れても発射できる」

サクラ「これで修行は終わり?」

サスケ「ああ・・・そしてこれで俺の決着もつけれる」

サクラ「決着?」

サスケ「そうだ・・・俺の野望の一つ」

サクラ「ま、まさか」

サスケ「兄・・・イタチとの決着を」

サクラ「!?」

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:31:32.06 ID:RGndtvih0

サクラ「そ、そんな・・・また復讐を」

サスケ「・・・」

サクラ「確かにサスケくんのお兄さんは一族を全滅させた・・・でも」

サスケ「お前は来るな。あいつが待ってる」

サクラ「ダメ!言っちゃ嫌!」

サスケ「俺の話を聞け」

サクラ「家族が居ない気持ち・・・ナルトとサスケくんを見て理解できた」

サクラ「お兄さんに復讐したい気持ちはわかる!私もサスケくんの立場なら!」

サスケ「聞けサクラ」

サクラ「でも行かないでサスケくん・・・今はなれないけどいつか私がサスケくんの家族に」

サスケ「落ち着け!俺は復讐のためにイタチの所へ行くわけじゃない」

サクラ「ほ、本当に」

サスケ「約束する」

25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:36:17.71 ID:RGndtvih0

サスケ「イタチが何故一族を全滅させたか俺には聞く必要がある」

サスケ「それは俺が一族の生き残りであいつの弟だからだ」

サクラ「ううっ・・・でも」

サスケ「頼むから泣くな。俺は必ず戻ってくる」

サクラ「うん・・・!」

サスケ「ついて来るな。いいな?」

サクラ「待ってるから・・・私」

サスケ「それとさっきお前が言った家族の事」

サクラ「うん・・・」

サスケ「いつか・・・俺の口から言う。それまで待っててくれ」

サクラ「・・・うん」

サスケ「・・・行ってくる」

サクラ「いってらっしゃい・・・サスケくん」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:41:10.06 ID:RGndtvih0

イタチ「来たか」

サスケ「待っていたのか」

イタチ「お前に手紙を出してからずっとだ」

サスケ「・・・あんたが一族を全滅させた時、俺は怖かった」

サスケ「でも今は怖くない・・・」

イタチ「聞いたぞお前の肛門の噂を」

サスケ「あんたには聞きたい事が山ほどある」

イタチ「ならどうする」

サスケ「あんたを倒し真実を聞き出す!」

イタチ「俺に勝てるのか」

サスケ「勝つ!俺には帰るべき場所がある!」ズブッズブッズブッズブッズブッズブッ

イタチ「なるほど・・・あえて手裏剣で俺と戦うか」

サスケ「ああ、もうまた今度なんて言わせねェ!勝負だイタチ!!」

27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:47:42.31 ID:RGndtvih0

サスケ「見ろイタチ!これが肛門手裏剣術だ!!」ブスススススス

イタチ「肛門・・・!そう来たか!」

イタチ「だがサスケェ!それでは俺には勝てんぞ!」

サスケ「いや勝つ!今のイタチからは恐怖心を感じない!」

サスケ「今のあんたにはあの頃のクナイのごとき鋭さも豪火球のごとき威力も感じない!」

イタチ「サスケェ!肛門が丸出しだぞ!!」

サスケ「あえてそうした!」

イタチ「ならその肛門を破壊させてもらう!」

サスケ「やはり来たか・・・この一撃にかける!」

イタチ「肛門手裏剣を発動させ合計6個の手裏剣を発射した。最早、肛門に手裏剣は無い」

サスケ「いいや7個だ!俺は7個目の手裏剣を挿れていた!!」ブスススススス

イタチ「よ、よけ切れない!?」

サスケ「イタチィ!!!」

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:51:48.31 ID:RGndtvih0

イタチ「見事だ弟よ・・・」

サスケ「・・・兄さん」

イタチ「俺にトドメを刺すか?」

サスケ「いや俺には約束がある」

イタチ「俺が一族を全滅させた理由か・・・うちはの家紋の秘密を知ってるか?」

サスケ「いや」

イタチ「あれは浣腸だ。うちはには稀に肛門に関連する性癖を持つ者が生まれる」

サスケ「それが俺なのか?」

イタチ「そうだ・・・それと俺の暴挙の理由を教える。耳を貸せ」

サスケ「・・・」

イタチ「・・・って事だ」

サスケ「そうだったのか・・・兄さんはそんな重荷を」

イタチ「ああ・・・すまなかったなサスケ」

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/01 23:56:21.85 ID:RGndtvih0

サクラ「・・・!」

サスケ「ただいまサクラ」

サクラ「サスケくん!!」

サスケ「だ、抱きつくな・・・俺は無事だ」

サクラ「お、お兄さんは」

サスケ「安心しろ。兄は旅に出た自らの所業を償うためのな」

サクラ「良かった・・・」

サスケ「うちは一族がそんな事を考えていたなんて・・・そして兄さんも」

サスケ「父さん、母さん・・・」

サクラ「サスケくん?」

サスケ「いや・・・帰るぞ」

サクラ「うん」

30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/01/02 00:34:55.76 ID:WGPWDsiP0

数年後

サラダ「この家紋ってどういう意味なの?」

サスケ「浣腸だ」

サラダ「浣腸?」

サクラ「ふふ、サラダにはまだ早いかもね」

サスケ「それを俺に教えてくれたのは兄さんだった」

サラダ「イタチおじさんが!?」

サスケ「兄さんは俺の知らない所で苦労してた・・・一族の」

サクラ「サスケくん」

サスケ「いや・・・一族の真実は俺達の心に止めておこう」

サスケ「・・・サラダ」

サラダ「?」

サスケ「パパとママの事は好きか?」

サラダ「うん!」

サクラ「家族っていいよねサスケくん!」

サスケ「ああ!」








元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420112992/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP