PickUp
スポンサード リンク
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 18:31:08.11 ID:dpsqrImi0

DAIGO「え?ポケモン?何すかそれ」

オーキド「図鑑作ってよ」

DAIGO「マジっすか。ちょっと面倒臭そうっスね」

オーキド「いいから早くいってきてよ」

DAIGO「わかりました、おじいちゃん。じゃあちょっと行ってきます」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 18:36:36.22 ID:dpsqrImi0

オーキド「早まるなDAIGO」

DAIGO「何すか。早く行けって言ってたじゃないっすかおじいちゃん」

オーキド「ここに3つのポケモンがおるじゃろ?」

DAIGO「え?あ、これっすか?これがどうかしたんスか?」

オーキド「好きなのを一つ選んでいきなさい」

DAIGO「えっくれるんスか?ガチ太っ腹じゃないっすかおじいちゃん」

オーキド「いいから早く選べ」

DAIGO「じゃ3つ全部もらっていきますねおじいちゃん」

オーキド「え?ちょ、ちょっと待つんじゃDAIGO」

DAIGO「行ってきますおじいちゃん、俺ガチでポケモンマスターになっちゃうんで」

オーキド(全部持っていきよったあのバカ孫…)


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 18:42:02.24 ID:dpsqrImi0

DAIGO「ここがニキビシティか~。マジハンパねぇなぁ」

DAIGO「あ、ここがジムってところか~」

DAIGO「ちょっと入ってみますかぁ」

ガチャ

DAIGO「ガチお邪魔しまぁーす」

タケシ「何だおまえは」

DAIGO「ポケモンマスター(仮)のDAIGOです、ガチよろしく」

タケシ「ふんったわけ!まずはこの俺を倒してから言え!」

DAIGO「え?やっちゃっていいんスか?」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 18:46:09.27 ID:dpsqrImi0

DAIGO「じゃ、やっちゃっていいみたいなんで、カメックスさんお願いします」

タケシ「えっ」

DAIGO「えっ」

タケシ「…ま、まぁいいだろう、行けっイワーク!」

DAIGO「効果はいまひとつのようっスね、タケシさん」

タケシ「くっ…」

DAIGO「じゃガチで反撃しちゃうんで、そこんとこよろしくお願いします」


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 18:53:02.79 ID:dpsqrImi0

タケシ「こ、この俺が負けただと…!」

DAIGO「結果はそうであったとしても、タケシさんもなかなか良かったっスよ」

タケシ「おまえ…」

DAIGO「タケシさんの岩ポケモン魂、ガチかっこいいと思いますよ俺は」

タケシ「D A I G O さ ん ! !」

DAIGO「何すか」

タケシ「俺を弟子にしてください!」

DAIGO「マジっすか。別にいいっすよ」

タケシ「一生ついて行きますDAIGOさん!!」

DAIGO「マジっすか。いや、一生ついて来られても困りますね~。まいーや、行きましょう」

タケシ「はいっ!!」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 18:54:14.57 ID:19JENXsy0

カメックスどっから出したんだ


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 18:56:52.98 ID:dpsqrImi0

>>18
トキワの森で鍛えた


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 19:03:19.90 ID:dpsqrImi0

DAIGO「ここがオツキミ山か~」

タケシ「マジハンパないっすね、DAIGOさん!」

???「ふふふ」

???「ははは」

タケシ「だ、誰だ!!」

ムサシ「ムサシ!」

コジロー「コジロー!」

タケシ「あっロケット団!DAIGOさん、あいつらすっげえ悪いやつらっすよ!!」

DAIGO「マジっすか」

ムサシ「お前のカメックスをいただく!」

DAIGO「いただかれるのはマジ嫌っスねぇ…つかその格好何すか、いい大人が恥ずかしくないんスか?」

ムサシ「」

コジロー「」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 19:05:40.54 ID:dpsqrImi0

ムサシ「う、うるさいうるさい!行け、ニャース!!」

DAIGO「じゃあこっちも本気出しちゃっていいっスか?」

タケシ「DAIGOさん、まさか…!」

DAIGO「じゃあ行っちゃってください、ミュウツーさん」

タケシ「マジばねぇっす!!!!!」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 19:13:36.27 ID:dpsqrImi0

DAIGO「いやぁ~悪いやつらを倒した後は気持ちいいっスねぇ」

タケシ「DAIGOさんマジすごいっすよ!俺、俺…!!」

DAIGO「あっ、ここがハナダシティかぁ~」

タケシ「マジ港町っすね!!」

DAIGO「じゃ早速ジムに行きますかぁ」



風呂入ってくる


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 19:32:32.55 ID:dpsqrImi0

カスミ「何あんたら?挑戦者?」

DAIGO「へぇ~こんな可愛い娘もジムリーダーやってんすか」

カスミ「えっ…///」

DAIGO「こんな美少女相手にガチで戦えそうにないっすねぇ~」

タケシ「何いってんすかDAIGOさん!こんなビッチさっさとやっちゃってください!!」

DAIGO「いや、マジで可愛いなぁ~」

カスミ(やだ…なにこのイケメン///)

カスミ「あ、あの!」

DAIGO「何すか」

カスミ「バッチは差し上げます!そ、その代わり…私もお供させてください!」

DAIGO「マジっすか?え、いいんすか?やったぁ~ラッキー」

カスミ(DAIGOさん…///)


37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 20:39:52.34 ID:dpsqrImi0

DAIGO「さてマチスさんも倒したことだし、次行きますかぁ、みなさん」

タケシ「DAIGOさん!自転車引き換え券、ここで使えますよ!」

DAIGO「マジっすか。じゃあ使っちゃいましょう」

カスミ(DAIGOさんと二人乗り…///)



DAIGO「タケシさん本当に走って行くんすか?」

タケシ「はいっ!自分にはいいトレーニングっす!!」←本当はカスミに睨まれた

カスミ「じゃあDAIGOさん、行きましょう///」

DAIGO「オッケーカスミちゃん!ガチにつかまっててくださいなぁ」

カスミ「は、はい!///」ギュウッ


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 20:44:53.06 ID:dpsqrImi0

DAIGO「ひゅ~~こりゃガチで気持ちいいわ~」

カスミ(幸せ…///)ギューッ

ガールスカウト「!」

ガールスカウト「あなたポケモントレーナーね!勝負よ!」

カスミ「…」ギロッ

ガールスカウト「ひぃっ?!す、すみませんでしたーーー」

DAIGO「?なんだったんだぁ?」

カスミ「ほっといて、先に行きましょう、DAIGOさん」

DAIGO「オッケーカスミちゃん」


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 20:51:22.90 ID:dpsqrImi0

DAIGO「ここがシオンタウンですかぁ~」

カスミ「何か怖い…」

タケシ「DAIGOさん、こんなところに地下通路が!」

DAIGO「えっマジっすか。ちょっと入ってみます?」

タケシ「マジぱねぇっす!!」

カスミ(カッコイイ…///)

DAIGO「あれぇ~なんだここぉ」

タケシ「DAIGOさん、ここタマムシシティっすよ!」

DAIGO「えっマジっすか。へぇ~ここが…」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 20:57:30.74 ID:dpsqrImi0

タケシ「あっ!DAIGOさん!ここロケット団のアジトっすよ!!」

DAIGO「えっマジっすか。じゃちょっとお邪魔しましょう」

タケシ「さすがDAIGOさん!!そう言うと思ってましたよ!!!!」

DAIGO「あれぇ~?誰もいないんですけどぉ?」

タケシ「あれ?本当だ」


サカキ(あいつがブラックリスト第1位の男か…ここはトンズラじゃい!)


DAIGO「あれ?なんだこれ?何か落ちてんスけど」

タケシ「DAIGOさんそれシルフスコープっすよ!!」

DAIGO「じゃかっぱっちゃっていいっすよねぇ」

タケシ「マジぱねぇっす!!!!」


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:02:10.63 ID:dpsqrImi0

ガチャ

DAIGO「どーもDAIGOって言うんスけどぉ、ジムリーダーさんとかいますぅ?」

エリカ「ここのジムリーダーは私ですけど?」(やだイケメン///)

DAIGO「へぇ~カスミちゃんの他にも女の子が…」

カスミ「DAIGOさん!ここは私に任せてください!!」

DAIGO「えっいいんすか?じゃお願いします」

カスミ(この女…私のDAIGOさんに色目使いやがって)

エリカ(なにこの女邪魔)


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:07:06.58 ID:dpsqrImi0

エリカ「ふんっ口ほどにもないのね、アナタ」

カスミ「そ、そんな……」

DAIGO「カスミちゃん…エリカちゃん、今度は俺が出ちゃってもいいっすか?」

エリカ(出ちゃう?)

エリカ(…)

エリカ( DAIGO「エリカ、俺もう出る!」
     私 「いいわ!私の中にいっぱい出して!」
     DAIGO「うっ」
     私 「いっぱい…出たね///」 )

エリカ「///」プシュー

DAIGO「どしたんスかこの娘」

タケシ「さ、さあ…」


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:11:01.14 ID:dpsqrImi0

DAIGO「なんか不戦勝ってことで勝っちゃったなぁ」

カスミ「DAIGOさんさすがです///」

警備員「あーのどかわいたー」

DAIGO「マジっすか。あ、これ飲みます?」

警備「えっいいの?ありがとう!お礼にゲート開けるよ」

DAIGO「えっマジっすか。ハンパないっすね、それ」

タケシ「DAIGOさんの優しさ、まさに無限大じゃないっすか!!パねぇ!!!」


53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:15:26.91 ID:dpsqrImi0

DAIGO「で、ここがポケモンタワーかー」

タケシ「DAIGOさん、ここでシルフスコープっすよ!」

DAIGO「えっそーなの?あほんとだ。マジよく見えるんスけどぉ」

カスミ(私のことももっと見て…なんてねなんてねっキャー)

DAIGO「あ、あそこにいるのは俺のライバル的な人じゃないっスか」

タケシ「え!DAIGOさんのライバル!?」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:17:35.81 ID:dpsqrImi0

DAIGO「タモさん」

タモリ「おお、DAIGO。お前も来てたのか」

DAIGO「はい、そーなんスよぉ」

タモリ「どうだ。一戦、やるか?」

DAIGO「いいっすねぇ、やりましょう」

タケシ「なんか知らんがすげぇ!!!!!」


58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:21:11.87 ID:dpsqrImi0

DAIGO「すみませんタモさん、何か倒しちゃって…」

タモリ「あはは、いやいや私も楽しめたからいいさ」

DAIGO「マジっすか」

タモリ「じゃこれから俺生放送あるから、これで」

DAIGO「あ、そういやもうお昼かぁ」

タケシ「あ、DAIGOさんあそこ見てくださいよ!」

カスミ「あれは…ロケット団!?」

DAIGO「ちょっとちょっと、何すかあれ。ご老人を寄ってたかって…」


61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:24:12.38 ID:dpsqrImi0

DAIGO「ちょっと、君たちやめなさい」

団員1「お、お前は…」

団員2「ちっずらかるぞ!」

団員3「くそっおぼえてろっ」

DAIGO「まったくガチしょうがない奴らっすねぇ~」

タケシ「DAIGOさんすげぇ!有名人じゃないっすか!!」

老人「おおサンクス青少年、これあげるよ」

DAIGO「何すかこの笛?まいいや、もらっときますおじいちゃん」


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:27:49.91 ID:dpsqrImi0

DAIGO「で、ここがヤマブキシティかぁ~。ガチでけぇ町じゃないっすか」

タケシ「ほんとですねDAIGOさん!すげぇ!でけぇ!」

DAIGO「あ、俺実はこのシルフカンパニーってとこに面接応募したんスよぉ」

タケシ「DAIGOさんすげぇ!ここ一流企業っすよ!!」

DAIGO「ってことで面接に行きましょう」


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:31:19.47 ID:dpsqrImi0

カスミ「何か変じゃない…?様子がおかしいわ……」

DAIGO「マジっすか」

タケシ「!!DAIGOさん、やべぇっす!ここロケット団に占拠されてますよ!!」

DAIGO「え~それ困るよぉ~これから面接なのにぃ~」

カスミ「あれ?何か気付いたら誰もいなくなってる…」


サカキ「皆の衆、撤退じゃーい!」(何であのお方がここに!)


DAIGO「あれぇ~?」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:33:51.94 ID:dpsqrImi0

社長「ありがとう君たち!おかげで助かったよ」

DAIGO「マジっすか。じゃ入社させてくださいよ入社」

社長「…あ、そうだ、これをやろう」

タケシ「すげぇ!DAIGOさん、これマスターボールっすよ!!」

DAIGO「入社…」


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:38:06.83 ID:dpsqrImi0

DAIGO「入社は失敗しちゃったけど、とりあえずジムに行きますかぁ」

カスミ「DAIGOさん…」

タケシ「大丈夫っすよ!DAIGOさんならもっといい就職先がありますよ!!」

DAIGO「おっここがヤマブキジムですかぁ…」

ガチャ

ナツメ「あなたが来るのはわかっていました…」

DAIGO「マジっすか。ハンパないっすねお姉さん」


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:40:41.33 ID:dpsqrImi0

ナツメ「いけ!ユンゲラー!」

DAIGO「よぉしならこっちは…行っちゃってくださいキャタピー!」

 キャタピーのいとをはく攻撃!

タケシ「すげぇ!!キャタピーでユンゲラーを一撃で倒した!!!!!」


77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:49:21.62 ID:dpsqrImi0

タケシ「そういやDAIGOさん、ポケモン全然つかまえてないみたいっすけど…」

カスミ「ポケモン図鑑完成させなくてもいいの?」

DAIGO「あ~やべぇ~ガチ忘れてた…ま、いいや」

カスミ「えっいいの?」

DAIGO「いや、実はこの前図鑑落としちゃったんすよぉ~」

タケシ「ええー!探しに行きましょうDAIGOさん!!」

DAIGO「いや、いいでしょー」

タケシ「えっいいんですか?」

DAIGO「俺は別に図鑑なんて興味ないんスよぉ。むやみに捕まえても可愛そうじゃないっスかぁ」

カスミ「DAIGOさん!」(何て優しい人…)

タケシ「DAIGOさんマジぱねぇっす!!俺マジ惚れちゃいそうっす!!!!」


79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:53:06.88 ID:dpsqrImi0

DAIGO「とか話してる内にセキチクシティに着いちゃいましたよ、みなさん」

カスミ「あっ本当だ!」

タケシ「DAIGOさんの時間と距離を感じさせない話術、マジぱねぇっす!!」

DAIGO「さふぁりぞーん?」

カスミ「いろんなポケモンがいるみたいですよ」

DAIGO「へぇ~サファリパークみたいなもんスか?」

タケシ「はい、多分!」

DAIGO「じゃ今日はここで遊びましょう」

カスミ「はい♪」


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 21:57:18.00 ID:dpsqrImi0

DAIGO「おっなんだこれ…キンピカの歯があるんスけどぉ」

タケシ「パクりましょうDAIGOさん!バレやしません!!」

DAIGO「いやそう言う訳にはいかないでしょ~、後で園長にガチ渡しておくわ」

タケシ「すみませんでしたDAIGOさん!!!!」

DAIGO「いやいいっスよ別に。ところで…」

DAIGO「なんかさっきからあのケンタロスが俺についてくるんスけど…」

カスミ「ふふっ。DAIGOさんになついちゃったみたいですね」

DAIGO「マジっすか。うーん…じゃあ連れて行きますかぁ」


81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:05:59.95 ID:dpsqrImi0

タケシ「ところでDAIGOさん、ここらで主力メンバー整理しませんか?」

DAIGO「そうっすね。ちょっとポケモンセンター行ってきますわ」



DAIGO「ん~マジ悩むなぁ…ガチでどうしよう…」

 ポッポ
 キャタピー
 カラカラ
 ポニータ
 ガラガラ


DAIGO「おおー!我ながら好メンバーだ…よし、これで行きますかぁ」


83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:14:10.64 ID:dpsqrImi0

DAIGO「ここがグレンタウンかぁ~」

タケシ「早速ジムですねDAIGOさん!!」

DAIGO「おっわかってるねぇ~タケシくん」

ガチャ

DAIGO「ごめんくださぁーい」

カツラ「ふむ、いいだろう勝負じゃ」

DAIGO「おおー熱い男じゃないっスかぁ」


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:17:11.57 ID:dpsqrImi0

カツラ「行けガーディ!」

DAIGO「えぇ~炎系きちゃいますぅ?対炎系のメンバーなんて揃えてないっスよぉ…」

DAIGO「じゃとりあえずカラカラでいっちゃいますかぁ」

 カラカラのほねをなげる攻撃!

タケシ「すっげぇ!!ほねを無限に投げ続けてる!!!!!」


87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:20:23.65 ID:dpsqrImi0

DAIGO「ここがトキワシティかぁ…」

カスミ「いよいよ最後の町ですね、DAIGOさん!」

タケシ「ああ!サカキと対戦だ!!」

DAIGO「そういや俺サカキにまだ一度も会ってないんスよぉ。早く会いたいっスねぇ」





サカキ(来ちゃったよとうとう来ちゃったよ)ガクブル


92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:27:03.31 ID:dpsqrImi0

タケシ「あっそういえばキョウって奴もいましたね、DAIGOさん!!」

DAIGO「あ~セキチクの忍者さん?いたねぇ~あれは苦戦したなぁ…でも何で今それを?」

タケシ「いえ、なんとなく言ったです!!」

DAIGO「そういやサカキさんは?」

カスミ「見て、地下があるみたい!」

DAIGO「あ、ほんとだ。行くっきゃないでしょ~」


95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:33:38.11 ID:dpsqrImi0

団員「サカキさん大変っす!DAIGOさんがこのジムに来られました!!」

サカキ「しっとるわい!今どうやって逃げようか考えとるんじゃ!静かにせい!」

団員「はい!静かにします!!」

サカキ「うーん…やばいのぉ~これはやばいのぉ~」ウロウロ

サカキ「そうだ!」

サカキ「おい!そこのドアを塞げ!バッチを外に置いておけばすぐ帰るじゃろい!」

団員「はい!ドアを塞いでバッチを外に置いときます!!」


97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:36:24.81 ID:dpsqrImi0

ガチャガチャ

DAIGO「あれぇ~?開かないぞぉ~???」

カスミ「留守なのかな?」

タケシ「あ!!DAIGOさんこんなところにバッチがありますよ!!!」

DAIGO「えっマジっすか。あほんとだ」

タケシ「ラッキーじゃないっすかDAIGOさん!これパクりましょう!!!!」

DAIGO「え~泥棒はよくないよぉ~」


99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:39:33.91 ID:dpsqrImi0

DAIGO「サカキさんが帰って来るまで待ちましょう、みなさん」

カスミ「意義なし!」

タケシ「DAIGOさん俺が間違ってました!!俺も待ちます!!」


サカキ「えー待つのー?いいよ待たなくてさー」


100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:43:03.95 ID:dpsqrImi0

サカキ(くっそぉ~これじゃ埒があかん!)

バンッ

DAIGO「うわっ…ガチびっくりしたぁ~」

タケシ「あっ!DAIGOさんあいつがサカキっすよ!!悪の親玉っす!!!」

DAIGO「あ、はじめまして」

サカキ「あ、いえいえこちらこそ」

DAIGO「いきなりでマジ申し訳ないんスけど、勝負しませんか?」

サカキ「断る」


103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:49:13.96 ID:dpsqrImi0

DAIGO「えっマジっすか。何でですか?」

サカキ「わしとて人間じゃ。わしには娘がおるんじゃがな…」

カスミ(何か語りだした…)

サカキ「その娘が余命一ヶ月なんじゃ」

タケシ「なんだって!?」

サカキ「その娘がわしに言ったんじゃ。もうポケモンで争うことはやめて、と…」

DAIGO「マジっすか…」

サカキ「だからわしはもう戦わん。ほれバッチは貴様にやる」

DAIGO「マジっすか…あ、そうだ、これ」

サカキ「?なんじゃいこれは」

DAIGO「昔タモさんがお世話になったって言う医者の住所です」

DAIGO「娘さんの病気がその医者に治せるかは分かりません」

DAIGO「でも、娘さんのために行くだけ行ってみてください」


104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:53:10.64 ID:dpsqrImi0

サカキ「お、お前…」(心が痛い…なんじゃいこの好青年は…)

カスミ「DAIGOさん…」(さすが私の旦那///)

タケシ「DAIGOさん俺…俺…ッ」(号泣)

DAIGO「あと、俺の持ち金全部置いて行くんで、支払いはこれ使っちゃってください」

サカキ「ウッ…ありがとう、ありがとう、DAIGOさん!」(号泣)


109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 22:57:36.12 ID:dpsqrImi0

DAIGO「じゃ俺はこれからチャンピオンロードへ行って来ます!娘さんにガチよろしく言っといてください!」


サカキ「DAIGOさん!!」

団員1「DAIGOさん!!」

団員2「DAIGOさん!!」

団員3「DAIGOさん!!」

サカキ「決めた、わしはこれから医者になる。医者になって不治の病の子供たちを救うんじゃい!」

団員たち「サカキさん!俺たちもついていきます!!」


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 23:03:09.13 ID:dpsqrImi0

DAIGO「おーここがチャンピオンロードか~」

タケシ「あ、ほらDAIGOさん、セキエイ高原が見えてきましたよ!!」

カスミ「あそひに四天王がいるのね…」ゴクリ



カスミ「カンナよ!」

DAIGO「いけポッポ、ガチつっついちゃえ」

タケシ「すげぇ!!ラプラスを氷ごと突っついて打ち砕いた!!!!」


115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 23:06:55.69 ID:dpsqrImi0

タケシ「すげぇ!あのカイリキーが糸に巻かれて手も足も出てねぇ!!!」


タケシ「すげぇ!ポニータの炎の渦があのゴーストさえ燃やし尽くしてる!!!」


タケシ「すげぇ!ガラガラのはかいこうせんがワタルごと吹き飛ばしてる!!!」


117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 23:09:47.11 ID:dpsqrImi0

タモリ「ついにここまで来たか、DAIGO!」

DAIGO「タモさん!!」

タケシ「あの人はDAIGOさんのライバル的な人!そうかあの人が最後の相手か!!」

DAIGO「あ、タモさん来週のMステお邪魔するんでガチ宜しくお願いします」

タモリ「おおこちらこそ」


118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 23:12:12.78 ID:dpsqrImi0

タモリ「それよりDAIGO、そろそろ…」

DAIGO「はじめますか、タモさん…!」


DAIGO「いけ!ポニータ!」

タモリ「ゆけ!コイキング!」


120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 23:14:37.24 ID:dpsqrImi0

タケシ「す、すすすすげぇ!コイキングの波乗りすっげぇ!!!!」

DAIGO「さすがタモさん、ガチハンパないっすねぇ…」

DAIGO「いけ!カラカラ」

タモリ「ゆけ!トランセル」


121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 23:17:34.36 ID:dpsqrImi0

タケシ「すげぇ!トランセルが固くなってる!!!!!」

DAIGO「…甘いっすよタモさん。いけ、ガラガラ!」

タモリ「何!?」

タケシ「うおお!すげえ!!固くなったトランセルが木っ端微塵!!!!!」


125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/10/14(木) 23:21:27.51 ID:dpsqrImi0

タモリ「私の負けだ、DAIGO」

DAIGO「タモさん、それじゃあ!」

タモリ「ああ、約束通り来週のMステ、トップバッターで歌ってもらう」

DAIGO「っしゃあぁ!ガチハンパないっスね!」

タモリ「頼んだぞ、トップバッターくん」

DAIGO「ガチ任せちゃってください!最高のステージをお届けしますよ!!」

タモリ「楽しみにしておこう」

DAIGO「じゃ帰るか」




おわり



元スレ:http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1287048425/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP