PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:08:20 ID:mrrNAreM



謁見の間にて

王「勇者よ」

勇者「はい」

王「近頃、魔物が活発に動き、人々も不安な日々を過ごしている」

王「そこで、勇者には元凶となる魔王を討ってもらいたい」

勇者「なるほど、わかりました」

王「そこで、旅の助けになる物を用意した。大臣!」

大臣「はっ」サッ



2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:12:29 ID:mrrNAreM


勇者「これは…?」

大臣「ピストルです、勇者殿」

勇者「えっ、剣くれるかと思った」

王「これは、隣国の機密情報をもとに造られた、最新兵器…」

王「そして、その武器と、大臣!」

大臣「はっ!…私めが、勇者殿の旅のサポートを致します」

勇者「えっ、ついてくるの?」



3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:14:56 ID:mrrNAreM



大臣「ご不満ですかな?」

勇者「いえ、とんでもない」

王「大臣は案内兼補給役…その武器の使用法も教わるとよい」

王「では、行くがよい勇者よ」



4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:23:10 ID:mrrNAreM



城下町にて

勇者「さあ、まずは酒場だ」

大臣「なりません、勇者殿」

勇者「どうして」

大臣「勇者殿はまだ未成年です」

勇者「何も頼まないよ、仲間探しだけだって」

大臣「私めがいるではありませんか」

勇者「いや僧侶とか必要…」

大臣「私、これでも魔法、剣術、素手格闘をマスターしていますので」

勇者「そ、そう、じゃあいいかな」



5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:29:05 ID:mrrNAreM



勇者「じゃあ、よろず屋に」

大臣「なりません」

勇者「僕泣いちゃうよ?」

大臣「補給すべきものは揃えてありますので」

勇者「そう…わかったよ」グスッ



6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:35:21 ID:asv1k0d6


楽しさの欠片もなさそうな旅だな…



8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:47:27 ID:mrrNAreM



フィールドにて

勇者「久々に街の外だ、草のにおいと風がいい気持ち」
大臣「それでは勇者殿…」

勇者「うん」

大臣「武器の使い方をお教えしましょう」

勇者「そうだった、剣の方が良かったんだけどね」

10分後…

大臣「そして、トリガーを引きます」

勇者「えいっ」

パァァン

勇者「~~~!!」ビリビリ

大臣「だから言ったではありませんか」

大臣「気を取り直して…おお、手頃な怪物が」

ゴブリン「」キョロキョロ



9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:53:27 ID:mrrNAreM



大臣「さあ、勇者殿、さっきのやり方で」

勇者「手が痛いよ…」

大臣「平和のためです。経験を積んで下さい」

勇者「わかったよもう…」チャキッ パァン

ゴブリン「カッ」バッシャア

勇者「うえぇっ、頭砕けた!エグぅ!」

大臣「なるほど…少しの時間で会得でき、充分な威力、と」メモメモ

勇者「ねえ、大臣、ヤバいよ、オーバーキルどころじゃないよ!やっぱり剣がいいよ!」オロオロ



10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 01:57:17 ID:mrrNAreM



大臣「こほん…勇者殿。魔王討伐の道中、苦悩や困難はつき物…」

大臣「この程度でうろたえてどうします」

勇者「ご、ごめん」

大臣「さあ、村に着くまで装填のやり方を教えましょうかね」



11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:03:55 ID:mrrNAreM



村にて

大臣「着きましたよ」

勇者「街からあんまりでないから、初めて来たよ」

大臣「ここは我々の生活用品を作る職人の村です」

大臣「あなたの服や武器、食品、雑多なものを作り…」

勇者「それぐらい知ってるよ、学校で教わったから」

大臣「そうそう、そのピストルですが、他人に見せないで下さい」

勇者「わかった、危ないからね」サッ

大臣「では、宿をとって参りますので、後はご自由に」

勇者「うん」



12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:11:27 ID:mrrNAreM



宿にて

勇者「大臣!情報を集めたんだ!聞いて!」

大臣「左様ですか」

勇者「どうやら、鉱山に」

大臣「山賊が出たんでしょう?」

勇者「なっ、なんで知ってるの」

大臣「ここは王国の領土内」

大臣「配属している兵に聞けば分かります」

勇者「そんな、結構聞いてまわったのに」

大臣「まあ、その行動力やよし」

大臣「明日、すぐに討伐に向かいましょう」

勇者「わかった」グス



13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:14:46 ID:mrrNAreM



フィールドにて

勇者「ふわぁ~」

大臣「まだ寝たりないのですか」

勇者「うん、だって日も登ってないよ」

大臣「山賊の不意を突くためです」

勇者「ふわぁ~…」



14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:20:42 ID:mrrNAreM



鉱山にて

勇者「この洞穴にいそうだね」

大臣「間違い無いでしょう、この生臭さといい…不潔な」

勇者「で、どうするの?」

大臣「これをピストルに装着して下さい」ゴソッ

勇者「筒?」

大臣「発射時の音を抑制するはずです」

勇者「どれどれ」バスッ

勇者「本当だ」

大臣「無駄撃ちはご遠慮を」

勇者「ごめんごめん」

大臣「随分と手慣れたものです」

勇者「怒ってる?」



15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:26:20 ID:mrrNAreM



大臣「いいえ…では、お好きな様に攻め込んで下さい」

勇者「あれ、来てくれないの」

大臣「ええ、勇者殿の旅ですから。戦闘には参加しません」

勇者「ええー…わかったよ、行くよ」ザッザッザッ

オマエタチ、セイバイシテクレル!
ワー、ナンダ
ゾクノシュウライカ
パァンパァン
イテェヨー

大臣「奇襲するために早く来たんですが…やれやれ」

勇者「終わったよ、悪は滅びた!」

大臣「悪は魔王です」

勇者「そっか」



16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:31:29 ID:mrrNAreM



大臣「ふむ…数人の完全武装者も瞬殺…」メモメモ

勇者「なにか言った?」
大臣「いいえ…。勇者殿、村に戻り、報告しましょう」

勇者「うっし」



17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:36:01 ID:mrrNAreM



村長に報告し…
フィールドにて

勇者「良いことすると気持ちがいいね」

大臣「ええ、まあ」

勇者「お礼ももらったし」チャリンチャリン

大臣「勇者殿、次は山登りですよ」

勇者「わ、ハイキング?」

大臣「竜の棲む山ですから、バーベキューなるとよろしいですよ」

勇者「そんなに怒らないで」シュン



18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:39:08 ID:mrrNAreM



竜の巣、山頂にて

竜「グルル…」

勇者「わっ竜だ!絵本で見た竜だ、本物の竜だー!」

大臣「はしゃぐと絵本の村人Aのように襲われますよ」

勇者「うっ…じゃあ、そーっと歩いて…」

大臣「いいえ、討伐します」

勇者「えっ」



19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:42:00 ID:mrrNAreM



大臣「これを」サッ

勇者「これは?」カチャッ
大臣「ライフル、という物です」

勇者「ピストルに似てるね」

大臣「ええ、造りはほぼ同じです」

大臣「では、やってください」

勇者「なんで!!」

竜「ゴアアァァア!」



20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:47:11 ID:mrrNAreM



大臣「ほら見なさい、竜の逆鱗に触れてしまいました」

竜「ガァッ」ドシッドシッ

勇者「うわっこっち来た」ガクガク

大臣「さあ、ライフルを構えて」

勇者「こ、こうかな」スチャッ

大臣「違います。まあ、後で教えるので、トリガーを」

ドンッ

竜「ゴァッ…」ドシャア

勇者「はあ、はあ、もう一丁!」ドンッ

竜「」

大臣「勇者殿、すでに息絶えております」

勇者「」ヘナヘナ



21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 02:53:37 ID:mrrNAreM



下山後、港にて

大臣「勇者殿」

勇者「はぃ」

大臣「元気がありませんね」

勇者「はぃ」

大臣「だいぶお疲れでしょうから宿をとりました」

勇者「はぃ」

大臣「まずは休みましょう」

勇者「はぃ」フラフラ



23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:03:57 ID:mrrNAreM



宿にて

勇者「すやすや」

大臣「ライフルは竜にも効果あり、と」メモメモ

大臣「…これでいいのだろうか」

大臣「……勇者殿…いや、勇者…」

大臣「君は純粋過ぎる…」

大臣「私は……」ギリッ



24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:15:02 ID:mrrNAreM



早朝、船上にて

勇者「すやすや」

大臣「おぶると重いですねー…」ポイッ

勇者「ぐえっ」ドサッゴロゴロ

大臣「ああ、申し訳ございません」

勇者「ら、乱暴な…」

大臣「いつまでも起きないので」ニコ

勇者「ここは?」

大臣「船です、魔王城のある辺境の島まであと5分といったとこでしょう」
勇者「早っ」



25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:17:47 ID:mrrNAreM



辺境の島

勇者「ここに魔王城が…」

大臣「ええ、行きましょう」

勇者「あっ魔物」

大臣「ふむ、この距離ならばピストルで充分でしょう」

パァン

魔物「ギャッ」パタッ

勇者「上手い鉄砲数撃たず!」エッヘン

大臣「何を言っているのでしょう」



26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:19:38 ID:mrrNAreM



魔王城にて

勇者「着いたね」

大臣「ええ」

勇者「結構早かったね」
大臣「そうですね」

勇者「門…開けるよ」

ゴゴォォン

勇者「いざ!覚悟!」

大臣「…」



27 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:22:01 ID:mrrNAreM



魔王城内部にて

勇者「誰もいないね」

大臣「そのようです」

勇者「まあ好都合かな」
勇者「この扉…!奥にいるなっ」

ギィィッ・・・

魔王「誰だ?来客か」

勇者「やい、魔王!成敗してくれる!」

勇者「くらえっ」パァンパァン



28 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:26:02 ID:mrrNAreM



魔王「ひどいよいきなり」ゴフ

勇者「まだまだ!ライフルとピストル同時攻撃!」パァンパァンドパァン

魔王「」バタッ

勇者「あれっ」

大臣「お見事」

大臣「結果的に、魔王も3発で絶命」メモメモ

大臣「さあ帰りましょう、王が待っています」

勇者「あれっ」



29 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:35:11 ID:mrrNAreM



謁見の間にて

勇者「戻りました」ザッ

大臣「」スタスタ

王「勇者、大臣。この度は御苦労であった」

王「して、勇者よ、魔王討伐の褒美は何を望む」
勇者「えと、お金!家はスラムにあるんだ、だから、家族と、友達の生活に困らないくらいの…」

パァン

勇者「お、か…」ドサッ

大臣「勇者殿、すまない…」カチャッ

王「大臣、御苦労であった」

大臣「…はい。一般人が銃を使った際の戦闘データも充分に」パラッ

王「うむ、ではそのデータを活用し、兵を訓練するのだ」

大臣「御意のままに」

王「フフッ…隣国より先に銃を造り、戦闘の情報も充分に得てから攻め込む」

王「これで世界は我が手に…フフッ、フハハハッ」



30 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:43:27 ID:mrrNAreM



スラム生まれの勇者は、学校に数日しか通えず、魔王が世界を滅ぼすことが嘘という事実を教わらなかった

王はスラムの一般人である勇者を、勇者に仕立て上げ、銃の威力を確かめる役として、大臣と旅をさせた。充分に情報を得て、事実を悟られないうちに勇者を殺害。そして隣国を攻め、次々に国を落とし、やがて王は、魔王として世界中から畏怖される存在となった……







33 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:50:22 ID:asv1k0d6


うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!

(;´Д`)



31 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:47:01 ID:mrrNAreM



大臣ルート書きます



32 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:49:09 ID:mrrNAreM


宿にて

勇者「すやすや」

大臣「ライフルは竜にも効果あり、と」メモメモ

大臣「…これでいいのだろうか」

大臣「……勇者殿…いや、勇者…」

大臣「君は純粋過ぎる…」

大臣「私は……」ギリッ



34 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:51:48 ID:mrrNAreM



大臣「勇者殿、起きてください」

勇者「ふえっ」

大臣「勇者殿に伝えなければならないことがあります」

勇者「なーにー」ボー

大臣「それは…」

大臣は、王の策略を全て話した



35 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 03:56:19 ID:mrrNAreM



勇者「そんな…」

大臣「今まで…申し訳ない事を」

勇者「いいんだよ」ニコ

大臣「えっ」

勇者「正直に言ってくれて嬉しいよ、大臣」

大臣「勇者殿…」

勇者「それで、どうするの?」

大臣「秘密を語ってしまった以上、大臣ではいられん…」

大臣「今をもって、勇者を護衛するただの傭兵だ!」

勇者「カッコいい…」



36 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 04:01:27 ID:mrrNAreM



傭兵「さあ、勇者、真の魔王を討ちに行こう」

勇者「う、うん。随分雰囲気変わったね」

謁見の間にて

王「勇者、大臣、御苦労であった」

傭兵「すまない、私はただの傭兵だ」

王「なっ、なにを…」

傭兵「王よ、貴様の他国侵略は、民にも大きな負担となる」

傭兵「それにより重税、重労働、民のことなぞ考えずに」

傭兵「何が王だ!笑わせる!貴様なぞ勇者にも劣るクソッタレだ!!」

王「貴様、血迷ったか」
傭兵「覚悟しろ」チャッ



37 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 04:08:44 ID:mrrNAreM



勇者「僕より劣るって、僕は下に見られてたんだ」

傭兵「死ねっ」
パァン
傭兵「がっはぁ」ドサッ

王「ふん、呆気ない」カチャッ

傭兵「なぜ…っ」

王「防弾服だよ、大臣…いや、傭兵くずれのカスが…」パァン

王「こうなると思い用意したのだ」パァン

傭兵「」

勇者「やめろぉぉぉ!」ダッ

王「ふん」パァンパァン

勇者「うおおぉおお!!」ダダダダダ

王「なぜ倒れん!」パァンパァンパァン
バキッ
王「ごふっ」
勇者「許さない、許さない!」フーッフーッ

王「待て、よせ!」



38 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 04:13:01 ID:mrrNAreM



パァン


一発の銃声が響き、しばらくは泣き咽ぶ声だけが城内に響いた…

しばらくし、スラム生まれの人間が王になったと、全世界に知れ渡った…その国は、どの国よりも栄え、民、そして竜を含む魔物も保護する、慈愛に満ちた国となった…



39 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 04:15:27 ID:mrrNAreM



 「勇者」

王「やめてよ、今は王だ」

「フッ、そうでした」

王「さて、大臣、今日も頑張ろうか…平和のために」






40 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 04:18:17 ID:rBP2lf3o






41 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 04:24:55 ID:mrrNAreM



途中疲れて急ピッチで終わらせたのを反省

細かい描写や設定がないのも反省しつつ

見てくださった方に、感謝します

それではまた



42 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/18(月) 06:12:46 ID:LpIupKUo







元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1363536500/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP