PickUp
スポンサード リンク
1 : 覗き見牧師[] 2014/12/07 14:42:45.89 ID:kfwtCSgnO

青年「な、なぜ人魚が」アセアセ

人魚「・・・」ピチピチ

青年「とりあえず助けなきゃ」スタタタ

青年「大丈夫かい?」

人魚「・・・」ピチピチ

青年「衰弱している。きっと海水に触れていないからだ」ウンショウンショ

青年「後少しだからな」ウンショウンショ

人魚「・・・」ピチピチ

青年「えいっ!」

ザバーーーンッ!




2 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 14:54:52.65 ID:kfwtCSgnO

青年「ふぅ~、これで大丈夫だry」

人魚「じゃなーーー!」ザップン

青年「ぬわぉーー!」

青年「良かった!元気になったじゃないか!」

人魚「ええ、あなたのお陰でね」

人魚「でもね!女の子を海に投げるってどお言う事よ?投げずに浸からせればいいでしょう!」プンプン

青年「ごめん!君を助けるのに必死だったから」アセアセ

青年「本当にごめん」

3 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:00:16.41 ID:kfwtCSgnO

人魚「まぁ・・・いいけど」ポリポリ

青年「でも、本当に良かったよ!昨日は時化ていたからそのせいなのかい?」

人魚「そうね、秘密基地に行く途中でね。人魚なのにとんだミスだわ」

青年「そうだったんだ。じゃあ気を付けて秘密基地に行ってね?それじゃあね」

人魚「ちょっと待ちなさいよ!」

青年「なにかな?」

人魚「あなた、人魚よ!人魚!ビックリしないの?」

青年「はぁ?何をいって・・・・・・・・・」

青年「あーーーーーーーーー!」

青年「何てこった!人魚だ!知らなかったー!」グワングワン

4 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:04:48.41 ID:kfwtCSgnO

人魚「何もかも今さらよね」クスクス

青年「あばばばば、頼む!助けたのだから僕を海底に引きずりおろしてお刺身にするのはやめてくれ」ワワワ

人魚「とんだ風評被害ね・・・」ジトメ

人魚「ほら!落ち着きなさい!そんなの迷信だから」チカヅキ

青年「おっひょー!こないでくれーー!」

人魚「・・・」テヲニギル

青年「やめてくれ!やめてくれ!」

人魚「・・・」ギュ

青年「へっ!なんだろこれ・・・温かい」

5 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:11:49.47 ID:kfwtCSgnO

人魚「落ち着いた?」ギュ

青年「うん」ギュ

ーーーーーーーーーーーーーー

青年「そうかそうか、人魚が人を食べるのって迷信なのか。良かったー」

人魚「もう、食べるわけないでしょ?」

青年「それもそうだね。でも、とりあえず君が無事で良かった!これからも気を付けてね?」

人魚「///・・・今回はたまたまなの!」

青年「どうかな?もしかしたらまたこうなるかもね?」

人魚「なりません!」

青年「まぁー、なったとしても僕が君を助けるけどね。何て・・・これはちょっと臭いかな」

人魚「バカ///」







6 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:16:56.23 ID:kfwtCSgnO

青年「あははははは」

人魚「はははははは」

ゴーン!ゴーン!

青年「やばい!仕事中だった!」

人魚「えっ」

青年「それじゃ、お美しい人魚さん。今度からは気をつけてね。それじゃあね」

人魚「まって!私の名前は人魚!人魚だから!覚えておいてよ!」

青年「!?僕は青年だ!それじゃあ」ダダダダ


人魚「・・・青年か。いい名前ね」

ドクン

人魚「この気持ちは何だろう」

7 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:25:27.13 ID:kfwtCSgnO

カモメ「この気持ちはなーんーだろー」

クラゲ「この気持ちはなんーだろー!!」

魚の群「目に見ない!エネルギーの」

生き物達「ながーれがー!」

人魚2「それは恋だ!」

生き物達「ちょっと!いいところなのに!」

人魚2「ほら!散った散った!」シッシ

生き物達「チェー!」ササササササ

人魚「こい?これが・・・恋なの?」

人魚2「そうだよ♪あんたさ、あの人にまた会いたいって思ってるっしょ?」ウフフーン

8 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:30:24.18 ID:kfwtCSgnO

人魚「そうね・・・会いたいわ」

人魚2「すっかり女の顔になって」ヤレヤレ

人魚「なによそれ!」プン

人魚2「かわいい♪」

人魚「からかわないでよ・・・でも、これが恋なのね」

人魚2「多分そうだと思うよ。アタシは知らないけどさ。その気持ちは恋だね」

人魚「知らないのに何でわかるのよ」

人魚2「人魚の勘よ」

人魚「当たらなさそう」ジトメ

人魚2「あんたも人魚の癖に~」

9 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:36:38.32 ID:kfwtCSgnO

人魚2「とりあえず帰ろ?皆心配しているよ?」

人魚「そうね・・・」

人魚2「また会えるって♪安心しな。ほらいくよーふザブザブ

人魚「うん(・・・会いたいな。またこよう)」ザブザブ




親方「おせーぞ!何してた!?」

青年「すんません!人魚助けてました!」

親方「人魚だぁ!わっはっはっはっはっ!おいおい!人魚にあったら死んじまうのによ?人魚助けただぁ!わっはっはっはっはっ」ゲンコツ

青年「いたっ!」

親方「もっとましな嘘つけ!仕事すっぞ!」

青年「でも!おやry・・・この話はやめとこう。仕事しなきゃな」

11 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:46:54.46 ID:kfwtCSgnO

カンカンカンカンカンカン

親方「お前、ずいぶんうまくなったな」カンカン

青年「そうですかね?親方のお陰です」カンカン

親方「ふんっ!だがまだまだだな」カンカン

青年「はいっ!頑張ります!」カンカン

親方「・・・すまねーな。安月給で」カンカン

青年「いきなりなんですか?」カンカン

親方「いや、兄弟のために頑張っているお前を見たらな」カンカン

青年「何言ってるんですか、盗人上がりの僕を雇ってくれたのは親方だけなんです」カンカン

親方「それだって、親を戦争で無くして兄弟守るためだろ・・・すまん。何をいってだ俺は」カンカン

青年「親方は命の恩人です。これからも厳しく彫刻のなんたるかを教えてください」カンカン

12 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 15:53:01.50 ID:kfwtCSgnO

親方「ふんっ!クソガキガ!まずはまともな嘘をつけるようになってからだな」ワハハ

青年「ひっでぇー!」ワハハ


ーーーーーーーーーーーーーー

親方「先あがるからな。手入れもちゃんとしたんだ。お前もそれくらいにして、家にかえんな」スタスタ

青年「はい!後少しで!お疲れ様でした!」


ーーーーーーーーーーーーーー


青年「こんなもんか。よし帰るか」

ーーーーーーーーーーーーーー

青年「夜の海はまた一段と綺麗だな」

青年「・・・やっぱりいないな」

青年「帰ろ」

俺「・・・・・・」ニヤリ



13 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:01:40.89 ID:kfwtCSgnO

青年「ただいまー」ガチャ

弟「あっ!あんちゃんおかえり~!」

妹「にぃに抱っこ。おなかすいた」

青年「ほいほい。今用意るからな」

青年「なんと!今日のご飯はだな!」

弟妹「ウンウン」

青年「パンに!シチューがつきました!」

弟「おおお!すっごいぜいたくだ!」

妹「だいじょうぶなのにぃに?」

青年「親方がくれたんだ」

弟「おやかた!かみ!かみ!」

妹「わぉー!かみ!かみ!」

14 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:07:23.65 ID:kfwtCSgnO

青年「今度親方にありがとう言いにいこうな?」

弟「いく!ぜったいく!」ピョンピョン

妹「いく!ありがとうゆいたい!」ピョンピョン

青年「ほらほら、わかったからご飯食べなさい」アハハ

弟妹「はーい!」

ーーーーーーーーーーーーーー

青年「それじゃあ寝よっか」

弟妹「はーい」

弟「おはなし!」

妹「今日のおはなしー」

青年「ふふふ、今日はな・・・とびっきりのお話があるんだ

弟「すっげーたのしみー!」

妹「なになに!」

青年「人魚のお話だ」




15 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:13:30.57 ID:kfwtCSgnO

人魚「・・・」ジー

クラゲ「もう、ここ数日あんな感じだね」

カモメ「そうねー」

魚さん「ふむ、私の計算によりますと」

人魚2「そう言うのいらないっしょ」

魚さん「ショボンヌ」

人魚2「まー、そう会えるわけないよな」

俺「誰にだい?まさか・・・人間とかじゃあ~ないよな?」チラチラ

海の仲間達「うわぁー!」

俺「そんなに驚かないでくれよ~」

人魚2「急に出たら驚くつーの!」

16 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:18:12.88 ID:kfwtCSgnO

カモメ「そうよ!この蛸足お化け」

俺「全く、私のことは魔術師俺と読んでもらおうか」

人魚2「何でもいいわ。でも、あんたに相談すんのもありね」

俺「ほほう、高くつきますぞ?」

人魚2「何をあげればいい」

俺「鱗を一枚剥がさせて」

人魚2「はぁ?ほらよ」ペリ

俺「ノンノン!俺は剥がさせてと言ったの?わかるん?」

人魚2「相変わらずわけわかんない。ほら」

俺「いただきまーす♪」ペリ

海の仲間達「(キモチワルイ)」

17 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:26:02.05 ID:kfwtCSgnO

俺「おっけー♪それでは、お仕事しますぞ」

人魚2「頼むよ。会わせてやりたいんだ。青年って人に」

俺「おっけー!もぅわかっちゃった♪俺に任せてー。ではでは」ドロン

人魚2「おい!顔とかわryいねーし・・・本当に大丈夫なのか」


数日後

親方「先あがるぞ」

青年「お疲れ様です!」

青年「・・・できた」

???「ほほう、小さいがそれは人魚の彫刻だね?ううん?」

青年「誰だ!」

???「おおと、そう警戒しないでくれ」アセアセ

青年「・・・」

俺「俺は俺って言うんだ。ちょっとした占い師さ」ニヤニヤ

青年「なぜここにいる!」


18 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:33:21.99 ID:kfwtCSgnO

俺「占いでここに困っている人がいるから助けてやれとでたんだ。あー!金はとらないよ。今回はあくまでも人助けだ」ニヤニヤ

青年「そう・・・なのか」

俺「にしても、美しく彫刻だぁー。君はセンスがあるね?」

青年「えっ!そうですかね!」

俺「うんうん。特に胸の作りなんて最高だねぇ?美しいこの豊満なオバスト・・・グヘヘヘヘヘヘ」

青年「・・・やめてくれないか。そういうこと言うの」

俺「こう言うのは嫌いかい?」

青年「僕は見たままを造っただけだ。彼女を汚すことになる。やめてくれ 」

俺「ほぉー、君は人魚似合ったことがあるんだね。そしてその人魚に恋をしている。」

19 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:41:48.64 ID:kfwtCSgnO

青年「本当に占い師なんだな。何でもわかるんだな・・・」

俺「ぁあ」ニヤリ

青年「正直恋かどうかはわからないんだ。でも、また会いたいと思っている」

俺「いいかおだ・・・占いによると。初めて会った浜にいくと良いらしいよ?初めて会った浜。私には皆目検討もつかんがry」

青年「ありがとうございます!」ダダダダダ

俺「おやおや・・・ん?」

青年「そうだ!何かお礼をしないと」ダダ

俺「いらんと言ったろ?強いて言うなら君達が成功するのを望んでいるよ・・・禁断の恋をね」ニヤ

青年「はい!」ダダダダダ


俺「そう・・・禁断の恋をね」キヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ


20 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:54:32.67 ID:kfwtCSgnO

人魚「人魚2が今日ここに来れば会えるって言ってたけど」チャプ

青年「はーーっ、はー、はー、はーー」ダダダ

人魚「あっ!?」ニパァ

ザパーーン!

青年「ん?」

そこには幻想的な夜の海の月を霞ませるような人魚が美しくジャンプしていた。

青年「人魚さん!」

人魚「青年!!」

青年「ずっと会いたかった!」

人魚「私も!」

僕は夜だと言うのに海の中に一目散に入り抱き締めた。これから二人で築き上げる世界を創造しながら二人はそっと唇を合わせた。

Fin


21 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 16:58:44.37 ID:kfwtCSgnO

ゴツン!

俺「いたいなり」

人魚2「何かってに下手なナレーションつけてんだよ」

俺「ここで終わればハッピーエンドでしょ?」

人魚2「ここで終わんなくてもこれからハッピーエンドが続くんだよ」

俺「へぇー」

俺「んじゃ、俺は帰るのねん。ではでは」ドロン

人魚2「本当にわけわからんな。まー、良かったな。人魚」

海の仲間達「人魚よかったね」シクシク

22 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 17:10:34.47 ID:kfwtCSgnO


それから数日後

僕達は毎日のように会った。仕事を終えて彼女に会う。そして弟妹に囲まれて。僕の人生は今が最高潮なのではないかと言うくらい幸せだった。


青年「明日は弟妹と会いに来ていいかい?紹介したいんだ」

人魚「いつも楽しそうに話してるもんね。少し妬いちゃうな」

青年「あははは、家では弟妹に言われているよ」

人魚「そうなんだ。困ったさんね」ツン

青年「全くだよ。幸せだ・・・」

人魚「・・・」チュ

青年「あっ・・・」チュ

青年&人魚「・・・・・・」

人魚「はは!変な感じになっちゃったね」

青年「・・・人魚!」ガシッ

人魚「あっ・・・よし!秘密基地案内してあげる!いこ!」

23 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 17:23:17.23 ID:kfwtCSgnO

青年「えっ!ちょっ!人魚」

ザパーーン!

私は今の雰囲気に耐えられそうになかった。だって、何でかわからないけど人魚と人間の違いを、貴方との違いを感じてしまいそうだったから。だから私はそれを振り切るように青年を連れて秘密基地にいこうと、青年は人間。私は人魚。感じたく・・・青年はにんげ

青年「もごもご」

人魚「あっ!急いで戻らなきゃ」シューン

ザパーーン!

青年「ゴホゴホ・・・人魚、僕は人間なんだから。ゴホゴホあははゴホゴホ」

人魚「大丈夫。ごめんね」

この人、下手したら死ぬところだったのにどうしてなの。私の恋が崩れ落ちる音が聞こえた。今まで目を背けてきた。

青年「気にしないで。生きているしさ」

ううん。気にしてなかったんだ。でも、貴方との愛が深くなってきて・・・

青年「僕があんな感じになっちゃって」アセアセ

貴方との愛は、恋は無理なんだと悟らざるをえなかった。

青年「今度は気を付けるね!あはは!」

そう貴方は人間。

私は

ザパーーン!

青年「あれ!人魚!人魚ーーーー!」

人魚なんだから




24 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 19:05:30.40 ID:kfwtCSgnO

青年「・・・今日で一週間か」

あの日人魚が去ってから一週間。毎日いつもの時間に来ているが来ない。この前のことで愛想つかれてしまったのだろうか。

青年「人魚・・・会いたい」スッ

僕は人魚をモデルに造った彫刻を砂浜に置き立ち去った。もしかしたら気付いてくれるかもしれないから。



人魚「・・・」

人魚2「ずっとあの調子だな」

クラゲ「ねー」

魚さん「うむ、ずっと海底に籠りっきりですな」

人魚2「やっぱり、人間と人魚じゃ恋は無理なんかな」

亀「おー、ここにおったか」

人魚2「おっ!じいさん久しぶりじゃないか」

亀「久しぶりだの」

人魚2「何でまたここに?」

亀「あー、浜でこんなの拾ってな?これは人魚じゃないか?」

クラゲ「わー綺麗だな」

魚さん「確かに人魚さんですね」

人魚2「!?これ借りるぞ!」

亀「わわわそんな慌てんでも」

人魚2「おい人魚!これ彼からのメッセージじゃないか?」サシダシ





25 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 19:14:58.30 ID:kfwtCSgnO

人魚「!?」グイ

人魚2「おいおい、慌てるなよ」

亀「お前が言うか」

人魚「・・・」

青年『僕は彫刻を造っているんだ。まだまだだけどね』青年『今度二人の彫刻造ろうかと思っているんだ。それを二個』青年『離れていても寂しくないだろ?』青年『好きだよ。人魚』
青年『人魚』

人魚2「おい!人魚?」

人魚「えっ!なに?」

人魚2「嬉しくてみとれちゃったか」ニシシ

人魚「・・・」ツー

海の仲間達「あっ」

人魚2「おい?人魚」

人魚「わからない・・・もうわからない」ポロポロ

人魚「わからないよ」シューンジャブジャブ

人魚2「人魚!」

亀「今はそっとしておきなさい」

人魚2「ごめん」


26 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 19:30:41.27 ID:kfwtCSgnO

人魚「・・・・・・私が人間だったら」

俺「今なんと?」

人魚「わっ!脅かさないでよ」

俺「心外だな。ここは俺の住みかなんだが」

人魚「そう、ごめんなさいね。それじゃ」

俺「まった」ガシッ

人魚「なに、離して」

俺「いや、離さないね。だって人間になりたいんだろ?俺なら叶えられる」ニヤリ

人魚「!?本当なの」

俺「不可能ではない。だが、いくつか誓ry」

人魚「やって!いますぐやって!」

俺「わかったわかった。やってあげるから。その代わり・・・何か代償をいただかなくてはいかない」

人魚「何をあげればいいの・・・」

俺「そうだな~・・・この豊満なオバストでもいただこうかね?」プルン

人魚「!!触らないで!いや!そう言うのはあの人にあげるの!」




27 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 19:39:00.83 ID:kfwtCSgnO

俺「別に取って喰おうなんて思ってないよ。そのオバストをこの魔法の壺に封印させて頂く」

人魚「どういうことなの?」

俺「まー、細かいことは気にすんな。俺は君自信には用はないんだ。ただペッタン子になるだけだ」

人魚「信じていいの」

俺「もちのろん」

人魚「やって」

俺「はいよー!」

俺「パイ乙・カイデー!ソノダハカワイイ!ココハウミダケニ!ウミミ!」

もわわーん♪

人魚「!?ゴボゴボ」

俺「契約成立・・・では人間の生活を楽しんでね。お前ら送っておやり」ニヤリ

蛸&蛸「おっけー!」シュシューン

俺「後は君の自由さ。まー、うまくいくとは限らないけどね」グヘヘヘヘヘヘ



28 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 19:48:09.07 ID:kfwtCSgnO

人魚「ゴホゴホ・・・はー、はーー。」

蛸「ふん、人間なんかのなにがいいんだか?」

蛸「これは誓約書だよ。読んどけよ?直ぐに持って帰るからさ」

人魚「わかったわよ」

誓約書
1・何かを一つ代償にする事

2・愛する人に己自身のみ愛してもらわなければならない

3・この二つを1ヶ月以内に成立させなければ
結晶になってしまう


人魚「・・・こんなことって」

蛸「しかたないだろ?夢が叶うんだから」

蛸「代償だよ」

人魚「そうね。でも、私は大丈夫そうだわ」

蛸「どうかな?」

蛸「それじゃあね、ペタペタの姉ちゃん」

人魚「ペタペタって・・・そうか。でも、私は人間になった」

人魚「まってて、青年」





29 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 19:57:22.67 ID:kfwtCSgnO

青年「・・・」キュイーン

親方「・・・」クイーン

青年「・・・」キュイーン

親方「ふぅー、お前はもう帰れ。これじゃ仕事にならん」

青年「・・・」キュイーン

親方「青年!!」

青年「はっ!すみません。集中します」

親方「いや、俺は帰れと言ったんだ」

青年「ですが」

親方「やる気のないやつに用はねーんだ!帰りやがれ!」

青年「親方・・・すみません」

親方「そこにあるやつもってけ」

青年「あっ・・・親方」

親方「早く帰りやがれ、仕事に集中出来んだろ。明日は帰れねーと思え」

青年「はい!」



30 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 20:05:42.89 ID:kfwtCSgnO

青年「親方・・・この頃ずっと気をつかってくれている。しっかりしなきゃ」スタスタ

人魚「青年」

青年「えっ・・・君は何処かで会ったことあったかな?」

人魚「私よ。人魚」

青年「えええ!人魚!まって、君は人魚で
アセアセ

人魚「あのね・・・わたし、あれ。うーー、うーーーーん(もしかして誓約書の内容は喋れないようになっているの)」

青年「どうしたんだい?大丈夫?」

人魚「大丈夫。神様がね叶えてくれたの。お願いを」

青年「そんなことが」

人魚「まだ疑ってる?なら貴方との秘密を教えてあげる」




31 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 20:12:20.47 ID:kfwtCSgnO

青年「いや、もういいよ。人魚だってわかったから」ダキッ

人魚「あっ」ダキッ

青年「会いたかった。ずっと」

人魚「私も。ごめんね。ごめんね」

青年「僕の方こそ本当にごめん」

人魚「ううん。私ね人魚と人間の恋は無理なんだと思っちゃって逃げちゃったの。私の方こそ本当にごめん」

青年「もう離さないから」ギュギュ

人魚「うん。もう離れない」ギュギュ

青年「じゃあ家に行こう。一緒にすもう、弟妹も喜ぶ。それに一緒にいたい」

人魚「うん」



32 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 20:24:56.14 ID:kfwtCSgnO

人魚「(あれ?もう誓約内容クリアになるんじゃ、やった。私の生活がこの人との生活が始まる)」

それから2週間位がたったようなある日


弟「ねーちゃん!遊びいってくる」

人魚「気を付けるのよ」

妹「ねぇね、遊ぼ?」ソデツカミ

人魚「はいはい、でも先にお掃除とかしないとね」

妹「うん!」


親方「最近すげーな!毎日がお祭りのようにイキイキしやがってよ」

青年「はい!大事なものがありますから」

親方「いっぱしの口ききやがって」

青年「これからもっと稼ぎますよ!」

親方「わはははは、やってみやがれ」

人魚がきてから生活が変わった。前よりも何倍も力が溢れてくる。家に帰ると弟と妹それに人魚が待っている。僕を愛で受け止めてくれる。僕は本当にしあわせものだ。こんなに愛を貰えるのだから。だから僕はしっかりとするんだ。愛すべき三人の家族のために。

33 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 20:32:12.20 ID:kfwtCSgnO

人魚「おっ買い物♪」

妹「おっかいもの♪」

人魚「どれにしよっか?」

妹「おさかな食べたい!」

人魚「おさかな・・・」

さかなやさん「おっ!姉妹で買い物かな?かわいいねぇー!よし!おまけだ!これもってけ!」

人魚「えええ!そんな悪いです」アセアセ

さかなやさん「きになさんな!これこら贔屓よろしくね」

妹「やったー!おにいさんありがとおー!」

人魚「なんかいっぱいもらっちゃったね」

妹「ぜいたくだー!ぜいたくだー!」

人魚「贅沢だね」クスクス



34 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 20:42:44.73 ID:kfwtCSgnO

人魚「そうだ、帰りにちょっとだけ海によっていこっか?」

妹「いくー!」



人魚「風がきもちいねー」

妹「うん!うみもおっきい」

人魚「うん(・・・皆元気かな)」

蛸「やぁ」

人魚「!?」

妹「蛸さんだぁー」

蛸「安心しな。我々の言葉は人間には聞こえない。お前以外はな。黙って聞けよ」

人魚「(なんなの)」

蛸「誓約期限まで後一週間とちょっと・・・おいおい?大丈夫?結晶になっちゃうよ?」

人魚「(どういうことなの)」

蛸「どういうことなのって顔しているな。誓約書にあったろ?愛している人に己自信のみ愛されることって。わかるだろ?」

人魚「(それって)」

蛸「そうそう・・・なんなら手伝ってやろうか?こいつを海に沈ry」

人魚「ふざけないで!!」

妹「!?ねぇね?どうしたの」





35 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 20:50:34.59 ID:kfwtCSgnO

人魚「何でもないのよ、なんでも。ごめんねいきなりおっきい声出しちゃって」

妹「もしかして、ねぇねはたこさんきらい?」

人魚「うん嫌いかも。行こっか」

妹「うん!」

蛸「さて・・・いつまでもつかな」



青年「ただいまー」

弟妹「おかえりー!」

人魚「お帰りなさい。あなた?なんて」クスクス

青年「良いじゃないかそれ。あー僕はこんなに幸せで良いのだろうか」

人魚「・・・」

青年「どうした?」

人魚「お腹空いちゃったの。ご飯にしましょう」

青年「だな、僕も腹ペコだ」

弟妹「ごはーん!」

全員「いただきまーす!」

36 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 20:58:02.35 ID:kfwtCSgnO

青年「弟妹はもう寝たのか」

人魚「うん。ぐっすりよ」

青年「慣れたか?」

人魚「うん。みんなのおかげ。ありがとう」

青年「愛する人のことだから当たり前だ」

人魚「・・・ねー、私だけを・・・私を愛して」

青年「愛しているよ。もちろんだろ?」

人魚「もっと、もっと愛してほしいの」チュッ

青年「人魚・・・」チュッ

人魚「ねー、しよ」

青年「僕ははじめてだけど。大丈夫かな」

人魚「私もはじめてだよ」



37 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 21:03:47.72 ID:kfwtCSgnO


青年「人魚!」ガバ

人魚「・・・ごめんね。胸小さくなっちゃって」

青年「なにいってるんだよ。お前がいるだけで十分だろ。こうやって抱き締められる」ダキッ

人魚「あっ、うん。ねー、愛してほしいの」

青年「いきなりそんなにどうしたんだ?愛しているよ。愛してる」

人魚「もっと!もっと強く愛して。私は貴方をもっと感じたい。私だけを愛して」

青年「あー」

青年「愛してる」


チュンチュン
(・8・)朝チュンチュン
チュンチュン

38 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 21:13:12.30 ID:kfwtCSgnO

青年「じゃあ行ってくるよ」

弟妹「いってらっしゃーい」

人魚「いってらっしゃい」

人魚「二人とも今日はお外で遊んでおいで、お昼になったら一回帰ってくるのよ?」

弟「はーい!いこうぜ!」

妹「ねぇね・・・なんか大人の人になった」

人魚「えっ!?」

弟「早く行こーぜ」

妹「いってきまーす」

人魚「流石は女って所かしらね・・・///」

人魚「・・・彼の愛は受け取った。いっぱい受け取った。心も体も満たされた」

人魚「それなのに・・・何故」

人魚「何故」

人魚「やっぱり私だけを愛して貰うには・・・」ニヤ

人魚「はっ!私はなんてことを!ばかぁ!」

人魚「掃除掃除」

39 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 21:24:38.92 ID:kfwtCSgnO

それから数日誓約期日まで残り3日

人魚「なにこれ・・・爪の一部が」ポロポロ

青年「どうしたんだ?」

人魚「何でもないわ(後3日で私は結晶になるんだ。どうにかしないとどうにかしないとどうにかしないとどうにかしないとどうにかしないと)」

青年「本当に大丈夫か?」

人魚「もぅ!大丈夫っていっているでしょ!」

青年「あっ、すまない」

人魚「ごめんね。本当に大丈夫だから」

青年「無理するなよ?それじゃ行ってくる」

人魚「いってらっしゃい」

バタン

人魚「・・・」スタスタ

弟妹「ぐーzzzすぴーzzz」

弟「おにぎりにはzz」

妹「チーズケーキzz」

人魚「・・・」シャキン

人魚「・・・」ニヤニヤ

弟「んん、お姉ちゃんすきーzz」

妹「ねぇねzzz」

人魚「!?・・・・・・・・・・・・」

人魚「・・・どうしたら」ポロポロ




40 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 21:32:06.11 ID:kfwtCSgnO

残り2日

青年「人魚」

人魚「なにかしら」

青年「最近疲れてるみたいだしあんまり無理しないでくれ」

人魚「もう、大丈夫だよ」

青年「そうか」

青年「人魚」ギュ

人魚「青年」

青年「明日渡したいものがあるんだ」

人魚「明日?」

青年「ああ」

人魚「なんなの?」

青年「明日のお楽しみさ。行ってくるよ」チュッ

バタン

人魚「明日・・・あした?アシタ、アシタ・・・あはははははは・・・あは、はは、、、ははは」

人魚「何だろう・・・」ポロポロ


41 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 21:45:15.72 ID:kfwtCSgnO

青年「・・・よし。後は仕上げかな」

親方「例のもの出来上がってきているな。仕事の終りによくやるな」

青年「それは」

親方「愛すべきものたちのためとかまた臭いこと言うんだろ?腹一杯だわ!」バシッ

親方「明日、楽しみにしているからな!

青年「親方」

親方「先にあがっからよ!ちゃんと片付けて帰れよ」

青年「はい!お疲れ様です!」

青年「明日が楽しみだな。喜んでくれるといいな・・・」

俺「大丈夫じゃないかい?彼女なら」

青年「!?あんたは・・・」

俺「お久しぶり」

青年「ありがとう。あなたのおかげで僕は幸せいっぱいです」

俺「そうかいそうかい。俺はお◯◯いがいっぱいですよ」ニヒヒ

青年「うん?」

俺「何でもないですよ。こっちの話です」





42 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 21:55:24.76 ID:kfwtCSgnO

俺「そんな君に悲報だ」

青年「ん?」

俺「彼女は人魚だった、でも人間になった?どうしてだと思う?」

青年「神様が叶えてくれたと言っていた」

俺「ぎゃはははははははは!傑作だ!私にふさわしい!称号!ぎゃはははははははは!」

青年「何を言っている!?」

俺「わからないかな?俺がね叶えてあげたんだよ?幾つかの誓約と共に」

青年「どういうことだ」

俺「一つ目は何かを代償にする。これで私は彼女の胸を頂いた。そして二つ目ry」

青年「彼女に何かしたのか」グィ

俺「ハナシタマエ。君は彼女を殺したいのかい?俺が全てを握っているんだ」

青年「くそっ」

俺「おりこうさんだね。そして二つ目の話何だけどね?1ヶ月以内に愛する人に己自信のみ愛されなくてはいけない」

青年「へ」

俺「わかったようだね」


43 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 22:03:24.78 ID:kfwtCSgnO


青年「だからなのか。つい最近の行動は」

俺「そうだろうね。そしてその誓約内容は彼女の口から言えないようにしてあるからね」ニヘヘ

俺「最高だろ?」

青年「最低だ!」

俺「でも、それでも一時の幸せを手にしたのは確かだろ?ぐへへへへへ!」

青年「・・・」

俺「さらにプレゼント!この水晶に映る映像は?なーぁんだぁー?」

青年「は・・・・・・人魚と弟妹。どうしてそんな崖に!あ」

俺「その通り早くいかないと死ぬね?ぐへへへへへ!」

青年「くっ」ダダダダダ

俺「ふふふ、不幸の星が溜まってきている。後少し、後少しで・・・」

俺「最後まで腹一杯喰わせてくれよ」



44 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 22:10:50.96 ID:kfwtCSgnO

青年「くそっ!くそーーー!ダダダダダ




人魚「・・・」

人魚「・・・やっちゃった」

人魚「もう、ふふふふふ」

人魚「あはははははははははははははははははははははははははははははははははははは」

青年「人魚!!」

人魚「はっ!来ないで!」

青年「いく!」

人魚「来ないで!私はもう・・・もぅ」

青年「わかってる!」

青年「愛してる」ギュ

人魚「え・・・なんで?」

青年「弟妹を家に帰してくれたんだろ?全部お前を人間にしてくれたやつにきいた」

青年「本当にごめん。ありがとう」ギュ

人魚「青年。せい、、、ね、ん」ギュ

45 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 22:20:40.78 ID:kfwtCSgnO


青年「やっぱり人魚は最高の人だよ。結局自分の身よりも・・・ごめん。僕はお前を弟を妹を家族を愛しているんだ。本当にごめん」

人魚「良いの。愛してくれているから。でも、誓約ずるいよね。家族愛と恋愛を一緒にするなんて」

青年「人生そう簡単ではないってことなんだろうな・・・悔しいよ」

人魚「ずるした私にバチが当たったんだよね・・・神様からの。私に会わなければ貴方はもっと幸せな」

青年「ふざけるな!お前に、人魚にあえたから幸せなんだよ!僕の幸せを増やしてくれた。だから、悲しいことは言わないでくれ」

人魚「ごめんなさい。ごめんなさい」

青年「帰ろ。家に。明日は大事な日なんだ」

人魚「うん」

青年「大丈夫。僕も一緒だ」

46 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 22:28:57.47 ID:kfwtCSgnO

青年「ただいまー!さぁ!パーティーだ!」

弟「おかえりー!パーティー?」

妹「やったやった!」

人魚「うふふ」ポロポロ

妹「ねぇね大丈夫?」フキフキ

弟「むりするなよ」

人魚「あははは青年のまねかな?」

ワハハハハハハ


その後は皆でおもいっきりパーティーした。
家族だもん。このくらいは当たり前だよね?
明日は人魚とデートすることにしたし。明日が・・・明日が最後の日だ。弟、妹・・・ごめんな。


青年「親方この子達お願いします」ペコ

親方「かわいいチビどもきたな!遊ぶぞーー!!」

弟「でっけーおじさん!あそぼう!」

妹「おいちゃんあそぶ!!」

人魚「お願いします」

弟妹「いってらっしゃい!」

親方「うまいもん作って待ってるからな!家内が」

青年「はい!」

青年&人魚「いってきます」


47 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 22:34:49.03 ID:kfwtCSgnO

人魚「せーいねん♪」ギュ

青年「どこ行こっか」

人魚「何処へでも」

青年「よーし行くぞ!」

俺と人魚は色々買い物したりみたりした。お互い一日の間にこんなに色々するのは初めてなもんだから、一生分楽しんだ気がした。でも、良いんだ。その一生は一生来ないのだから。

青年「・・・ふぅ遊んだな!」

人魚「うん!」

青年「あのさ、見せたいものあるって言ったよな?ちょっと来てくれ」

人魚「うん」

48 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 22:41:27.24 ID:kfwtCSgnO

青年「こっちだよ」

人魚「うわーなんかすごいね、ここで働いているんだ」

青年「そうかな?ささこっちだよ」

人魚「うん」

青年「では、どうぞ!」バーン

人魚「うわーー!すごい!弟に妹それに私と青年の彫刻」

青年「家族の愛だ」

青年「仕上げにほら、人魚もここに名前を彫って?」

人魚「出来るかな」アセアセ

青年「簡単だよ。一緒だっていったろ?」

人魚「うん///」

青年「前もって弟妹には書いててもらったからな。これで完成だ」

人魚「これで家族だね・・・本当の」

青年「いや」

人魚「え?」

青年「つれ回して悪いけど・・・最後に初めて会った砂浜にいこう」

人魚「・・・ありがとう」

青年「お互い様だ。本当の意味で」


49 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 22:47:19.12 ID:kfwtCSgnO

青年「なんかここに来るのも久しぶりな気がするな」

人魚「そうだね」

青年「二人とも変わったな」

人魚「だって幸せなんだもん」

青年「怖くない?」

人魚「怖くないって言えば嘘になるけど。本当に幸せ。だから、大丈夫」

青年「そっか、俺も不思議とそうなんだ」

人魚「一緒だね//あれ?俺って」

青年「なんかたくましくなった気がしないか?」

人魚「いつもたくましいよ」

青年「あはは・・・」

ゴーンゴーンゴーン

青年「後・・・一時間か」

人魚「うん」

青年「よし」



50 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 22:54:02.92 ID:kfwtCSgnO

青年「人魚」

人魚「うん?」

青年「俺は初めて会ったときから君に引かれていたんだと思う。そして今は君を愛している」

人魚「私も!私も貴方を愛しています」

青年「ありがとう。だからこれを」スッ

人魚「これって」

青年「結婚してください」

人魚「・・・」ポロポロ

人魚「ば・・・ぃ」ポロポロ

青年「俺の造ったガラス指環でごめんな?」

人魚「うぅん。どんなものよりも嬉しいよ」

人魚「貴方の思いが私のなかに」

青年「どんなときでも一緒だ」

人魚「はい」



51 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:00:41.33 ID:kfwtCSgnO

俺「えんだぁーーーーーーーーーー!」

俺「じゃーねぇーよーー!」

青年&人魚「!?」

俺「何をつまらないことしてんだよ?これから死ぬんだよ?死ぬの?わかる?」

俺「愛なんてなそれこそ一時の迷いなんだよ」

俺「てか!離れなくて良いの?もう少しで時間だよ?結晶になるのよ?くっついていると君も結晶よ?結晶なんだよ?」

青年「そうか、やっぱりそうか」

人魚「えっ?」

青年「ずっと一緒だって言ったろ?」

人魚「でも」

青年「大丈夫。あの子達なら大丈夫なんだ。なんだか全てがうまくいくきがするんだ」

人魚「青年・・・うん」

俺「くーだらねーー!ぇぇぇえええええ!」

俺「なら、二人で勝手に消えな!くそったれぇい!」ドロン

52 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:05:13.90 ID:kfwtCSgnO

青年「俺達は家族・・・夫婦なんだ」

人魚「夫婦」

青年「本物の家族だよ」

人魚「うん」

青年「何でだろうな・・・清々しい。人間ってさ時折すごい自信がわくんだ。絶対的なさ。しかもそのときは必ず成功する」

人魚「あはは・・・うん」

ゴーンゴーンゴーン

パリパリパリ

青年「始まったな」

人魚「うん」

パリパリパリ

青年「愛してる」

人魚「はい」

チュッ

パリパリパリ



53 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:14:47.62 ID:kfwtCSgnO

弟妹「すぴーzzz」

親方「・・・」

奥さん「あんた大丈夫かい?」

親方「ああ」

奥さん「なんか不思議と大丈夫な気がしないかい?」

親方「・・・・・・まー、信じられねぇ話ばりだからな。人魚なんてよ」

奥さん「もしかしたらあんたの近くにいるかもよ?」

親方「なにいってんだ」

妹「にぃに!!」ガバッ

弟「ねーちゃん!!」ガバッ

親方「!?なんだお前ら!?」

妹「すなはまにいきたい!」

弟「いきたい!いきたい!」

親方「おいおい!こんな朝方によー?」

奥さん「行ってきなさい!!」

親方「おまえ」

親方「おっし!いくぞ!!」



54 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:18:26.16 ID:kfwtCSgnO

バタン

奥さん「人魚と人間ね・・・うふふ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


親方「はぁーー、はーーっ!」

妹「にぃに!!」

弟「ねーちゃん!!」

親方「なっ!?」

青年「ただいま」

人魚「ただいま」

親方「えっ!?なっ?ななななな?」

弟妹「おかえりー!」

55 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:30:05.20 ID:kfwtCSgnO

俺「糞が!全然不幸がたまらねーじゃねーの!折角オバストは手にいれたのによ。不幸がこの水晶に溜まると二次元を召喚できる。そして手元にはオバスト・・・くくくこの二つを使えば最高にhappyだな!ひゃひゃ!」

俺「ん?なんだなんだ!急激に水晶が黒く!そうか!あいつらの身内がか!悲しんでいるんだなあいつらの死に」

おまえか我に不幸をためるのは

俺「あぁん?そうだよ?だから、願い叶えてちょ?」

我は聖なる水晶、幸運をためるものなり

俺「はっ?」

俺「イミワカンナイ!」

罰だ

俺「へっ」

その後彼の姿を見たものは誰もいなかった



56 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:38:57.69 ID:kfwtCSgnO

あれから日が少したった。
あの時、俺達は確かに結晶になった。でも、俺と人魚の間に眩い光が現れて元に戻った。何を言っているかわからねーと思うがそのままなんだ。
二人とも聞いた謎の声
『もう少しで会えるねって』
その事実を知るのはその数ヶ月ことのことになろうとは。


それから数日して、人魚の胸が戻った。多分占い師に何かあったのかもとの言うこと。なんか少しだけ複雑な気持ちだ。

でも、これで本当に俺達の生活が始まる。

キンコーン!キンコーン

今日は結婚式


神父「どんなときも一生愛し続けると誓いますか?」

青年「はい」

人魚「はい」


キンコーン!キンコーン!


俺達の門出を祝うように鐘がなり続けていた



57 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:47:08.77 ID:kfwtCSgnO

それから数十年後

人魚2「あたしらの出番ないうちにこんなに日が立っちまって・・・どうすんだよー!」

亀「ほほほ」

人魚2「すっかり年とっちまったよ!」

三代目クラゲ「イヤー色々っすね」

七代目魚さん「むむむ、そうですぞ?役割もってますぞ?」

人魚2「お前らキャラ濃すぎ!!」

人魚2「たくよ、人魚は元気なんか?人間なってから会ってねーしな」

亀「大丈夫じゃよ。みてみ?」

人魚2「あの彫刻すげーな。崩れねーでずっとあんだもん」

亀「ふぉふぉふぉ、今日も光っておる」

人魚2「だな、幸せの証だな」

サメ隊長「大変だ!プリンセスが昨日から帰ってねぇーらしぃ!」

海の仲間たち「はぁー?」

サメ隊長「時化のせいだなこりゃ、援護を頼む!」

人魚2「たくっ!どっかの馬鹿人魚かよ」ニヤニヤ









58 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:55:45.49 ID:kfwtCSgnO

青年「はぁzzzzz」

人魚「こらーーー!起きなさい!学校でしょ?」

青年「ハイハイあと五分」

人魚「必殺」

青年「ハイハイ!起きますよ!」

人魚「全くあんたは誰に似たんだか!」

青年「確実に母さんだろ」

人魚「この子は」グリグリ

中年「朝から賑やかだな」ワッハッハッ!

人魚「あなたー♪この子ったら」

中年「よしよし」

青年「じじいばばあで何いちゃついてんだか」

人魚「こらーーー!良いでしょう?ダーリンは最高何だから!昔なんかね」

青年「あのね!その話昔からじじいとばばあにおじさんおばさん皆いってっからな!あきました!んじゃ」バタン

中年「いってらっしゃい」

人魚「もぅあの子は・・・」

中年「まぁまぁ良いだろう」チュッ

人魚「もう」チュッ




59 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/07 23:58:48.68 ID:kfwtCSgnO

青年「たくよ~、聞きあきたっての」

青年「昨日は大雨だったからな」

青年「今日はおもしれーことなんかねーかなー」

青年「ん?」



青年「あれは」

人魚「・・・」ピチピチ



おしり


60 : 覗き見牧師[saga] 2014/12/08 00:01:32.29 ID:Ucmqh5IvO

なんとも全体的に磯臭い作品でしたね。
私は人魚と鱗そぎおとしプレイしてみたいと思い書いてみたら全然違うものになりました。誤字脱字多くてすみません。読んでくれた方ありがとうございました。またどこかで。

61 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/12/08 00:10:01.71 ID:jU2hfzkeo


面白かった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417930965/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP