PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 06:33:52.26 ID:0D1Iw4IW0.net

前スレ
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1416331723/

小鳥「うふっ、うふふふ」

P「……」カキカキ

小鳥「いいわ、いいわよ!!」

P「……」カタカタ

P「ふぅ…」

律子「ただいま…って、またトリップしてる…!」

P「ん?ああ、律子か、おかえり」

律子「おかえり、じゃないですよ!小鳥さん!?戻ってきてください!!」

小鳥「え!?そんなとこまで!?だ、ダメよ!!」

律子「……」

P「律子、俺に任せろ」

律子「プロデューサー殿…にぃ?」ジー

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 06:35:24.33 ID:0D1Iw4IW0.net

P「なんだ?信用ないな…」

P「だが、俺も流石にそろそろ現実に戻してやろうと考えてたとこなんだよ」

律子「あ、そうなんですか?珍しいですね」

P「偶にはな、おーい、小鳥さん」

小鳥「うふふふふふ、うひっひ…」

P「小鳥さんの知りたがっていたやよいの性癖ですが…」

律子「ちょっ!!」

P「やよいは>>6です」

小鳥「!」ガタッ

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 06:37:41.92 ID:z7muuV4g0.net

サディスト

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 06:43:42.02 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「ただいま戻りました!」ビシ

P「うむ」

律子「うむ、じゃないでしょ!!プロデューサー殿?どういう事ですか?」

P「小鳥さんを現実に戻すにはこれが一番かなーって」

小鳥「まま、そんなことよりやよいちゃんですよ」

小鳥「あの温厚なやよいちゃんが、サディストだなんて」

小鳥「一体どういう事なんですか!?」

P「ええ、今から説明します」

律子(…これ、プロデューサーの手が止まる分むしろマイナスじゃない)

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 06:56:01.57 ID:0D1Iw4IW0.net

P「やよいって頑張り屋さんで、いつもニコニコ笑ってて」

P「もう四六時中甘やかしたくなるくらい天使じゃないですか」

小鳥「異論の余地もありません」

P「こう、膝に乗せてなでなでしながら、えらいなぁってなでなでしたくなるんです」

P「労いの言葉をこれでもかってかけてやって…」

小鳥「あ~すごくキュンキュンします」

小鳥「えへへ、ありがとうございますーってニコッと笑うやよいちゃんも」

小鳥「あ、あの…そろそろ事務所の掃除をしなくちゃって、慣れてないシチュエーションに戸惑うやよいちゃんも」

小鳥「どっちも見えます!!」

P「事務所の掃除は小鳥さんがするからここにいていいんだぞ?って優しく声をかけます」

小鳥「そんなやよいちゃんが見れるならいくらでも掃除しますよ!!」

律子「掃除はいいですから仕事…どうせ聞いてないんでしょうけど」

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 07:06:30.20 ID:0D1Iw4IW0.net

P「おっと、やよいのあまりの可愛さに話がずれてしまいました…すみません」

小鳥「どんとこいです」

P「やよいは、あの愛らしさでありながらお姉ちゃん属性をもってるんですよね」

小鳥「そこがまたいいんですよね!やよいちゃんに叱られる妄想を何度した事か…」

小鳥「たまに現実でもめって叱られるんですよ、その時のやよいちゃんがまた可愛くて」

P「はは、ダメな大人ですね」

小鳥「えへへ」

律子「……」

小鳥「はっ!?やよいちゃんのサディストって…」

P「ええ、どうやら俺もダメな大人らしいんです」

律子(らしいってかどう見てもダメな大人ですよ)

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 07:13:11.40 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「でも、なんだかきっかけが普通というか」

小鳥「プロデューサーさんらしからぬ入り方というか…」

P「小鳥さんは俺をどういう風に見てるんですか?」

P「考えても見てください、あのやよいがいきなりサドに目覚めたり」

P「もしくは元からサディストな性格で過ごしていたりしたら」

P「俺たちはいままでやよいをちやほや出来ていたでしょうか?」

小鳥「う~ん…どうかしら、やよいちゃんにはそんなイメージが無いに等しいですからね」

P「思わずやよいさんって俺なら呼んでしまいそうです」

小鳥「新しい可能性ですね」

P「ええ、それも一つですね」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 07:19:06.51 ID:6h9GJ7Ijr.net

画像持ってました
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org17341.jpg

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 07:27:51.64 ID:0D1Iw4IW0.net

P「話を進めましょう」

小鳥「お願いします」

P「俺ってこう見えて、結構私生活がだらしないんですよ」

小鳥「よくご飯抜いたり、カップ麺で済ませたりすると聞きますもんね」

P「はい、一人暮らししてるとどうしてもずぼらになってしまって…」

小鳥「分かりますけど、ちゃんとご飯は食べないといけませんよ?」

P「はは、それ、やよいにもよく言われます」

P「で、あまりにも俺の私生活がだらしないもんでやよいがついにこう言うんです」

P「このままじゃプロデューサーはダメになっちゃいます!と」

小鳥「おお!そ、それから!?」

P「部屋が汚いと知れば家まで押し掛けてき、浪費癖があると知ればお金の管理は自分がすると言い」

P「いつの間にか、俺の家と自分の家を行き来するようになりました」

小鳥「まるで通い妻ねやよいちゃん、かわいいわ」

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 07:40:04.43 ID:0D1Iw4IW0.net

P「初めはやよいの負担になるからやんわり断っていたんですが」

P「あの人差し指を前に出しながらめっていうやよいのお姉ちゃんオーラ」

P「小鳥さんと同じくやよいに叱られる心地よさに抗う事が出来ずにずるずると」

小鳥「本当にダメ人間ですね!プロデューサーさんは」

P「はは、褒め言葉ですよそれ」

P「ここまでを見ると、ただの有り触れた妄言に過ぎないんですが」

小鳥「ここからが本番なんですね」

P「ええ、きっかけはやよいからのビンタでした」

小鳥「び、ビンタですか!?あの…やよいちゃんが?」

P「はい、ある日俺とやよいはケンカをしてしまうんです」

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 08:06:05.89 ID:0D1Iw4IW0.net



やよい「プロデューサー…」

P「…すまん」

やよい「どうして、お金…使っちゃったんですか?」

P「いや…その…」

やよい「あのお金は私とプロデューサーで一生懸命貯めた…大事なお金でしたよね?」

P「……」

やよい「どうして使っちゃうんですか?どうして私に相談してくれなかったんですか!?」

P「…ずっと欲しかった限定ものの時計が見つかってな、もたもたしてたら他の奴らに取られるかと思って」

P「あ、だ、大丈夫だやよい!今まで使ってた時計を売れば…」

ペチン

やよい「…そんな事じゃないんです…!!」

P「……」

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 08:19:26.81 ID:0D1Iw4IW0.net

やよい「……っ」ダッ

P「やよい…!」



小鳥「これは100%プロデューサーさんが悪いですよね?」

P「ええ、どう見てもどう考えても俺が悪いんです」

P「ですけどね、小鳥さん」

小鳥「はい」

P「やよいが俺のビンタをした時、すごく悲しげな顔の奥で、微かに笑ってるのが見えたんです」

小鳥「ええ!?」

P「もちろんやよいは一緒に貯めていたお金を勝手に使われて怒っていた」

P「いや、怒っていたというよりは、とても悲しかった、そして悔しかった」

P「お金が無くなってしまったことによって、自分に対する信頼も信用も失ってしまった気がしたから」

小鳥「お金の管理を任せてくれていないことと同義ですもんね」

31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 08:43:47.13 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「今まで、任せてくれていた、信頼してもらっていたという証拠が貯めたお金でしたものね」

P「はい、あのやよいが手をあげる事がもう、どれほどの想いが詰まっていたか分かりますよね」

小鳥「そんなやよいちゃんが笑っていた…と?」

P「…やよいはお姉ちゃんなので、いろいろ我慢することが多い子です」

P「しかもそれをごく自然に」

P「自分よりも歳が上の人の方が多いこの事務所内でだって、我儘を滅多に言うことなく」

P「頑張ってます」

P「ですが、どんな子でもやはり限界はきます」

小鳥「…その限界がきて、プロデューサーさんを」

P「悪いのはこっちなんですけどね」

33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 08:56:19.15 ID:0D1Iw4IW0.net

P「もちろんこれは妄想ですし、俺たちの知らない所でやよいはストレスを発散してるかもしれません」

P「ですが手をあげてしまった時」

P「叩いてしまった罪悪感に襲われて、しかし謝る事は叶わず逃げ出してしまいます」

P「手をあげるなんて悪いこと、悪い事をしたんだと自分を責めるやよいですが」

P「その後ろ側ですっきりしている自分がいる」

小鳥「もやもやした気持ちを怒りに任せてはたく事によって発散されたのね」

P「はい、だからこそ、辛く悲しい顔の奥で微かに笑ってたんです」

P「手をあげる事で負の感情が軽減される事を、おぼろげながらも知ってしまった」

P「それからやよいは少しづつ変わっていきました」

P「と、言っても性格上そこまで変わる事は無いんですけどね!」

小鳥「そこは流石やよいちゃんですね」

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 09:07:45.43 ID:0D1Iw4IW0.net

P「さて、前置きが長くなりすぎました」

小鳥「え?まだあるんですか?」

P「やよいのバックヤードには今のような事があったと、そう覚えていてください」

P「簡単に言うならば、今から話すやよいは少しサドに目覚めてしまった」

P「それだけ分かっていればあとはもう何も要りません」

小鳥「了解しました!」

P「それではやよいとムフフな事をした話をしていきます」

小鳥「やった!」

律子「もしもし警察ですか?」

P「まって」

小鳥「この話をずっと待ってたんですよぉお!!」

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 09:15:21.04 ID:0D1Iw4IW0.net

P「妄想だから!妄想だから許して!!」

小鳥「想像の自由くらい下さい!!」

律子「それを聞かされる身にもなってください」

P「耳栓あげるから!」

小鳥「これが聞けなかったらもう今日は仕事が出来ません!!」

律子「……はぁ」

小鳥「今の溜め息は…」

P「了承とみなす…!」

小鳥「プロデューサーさん!続きを!!」

P「合点承知!!」

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 09:26:59.54 ID:0D1Iw4IW0.net

P「まあ、やよいみたいな子が甲斐甲斐しく世話をしに来てくれて」

P「変な気が起きない方がおかしいですよね」

小鳥「わかります」

P「純粋なやよいを汚すわけにはいかないと思う反面、自分の手で汚したくてしかたない…」

P「理性と欲望の狭間で生死を彷徨ってました」

小鳥「プロデューサーさんの悶えっぷりがよく分かります」

P「部屋で何の警戒もせずに笑うやよいの笑顔を見てたら」

P「無意識ってああいうのを言うんでしょうね」

P「気がつけばやよいを抱きよせていました」

小鳥「おお!」

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 09:36:56.36 ID:0D1Iw4IW0.net



やよい「あ、あの…プロデューサー?」

P「……」

やよい「どうしたんですか」

P「……」スッ

やよい「はわっ!?え…ぷろでゅ…んっ」チュ



P「ここに理性と言う心は存在してませんでした」

小鳥「ケダモノ!ケダモノですよ!!」

P「やよいも戸惑いこそすれ、決して嫌がってはいませんでした」

P「そうして少しずつ唇を重ねる回数も増え…そしてついに一線を超えてしまいました」

小鳥「わくわく」

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 09:55:25.35 ID:0D1Iw4IW0.net

P「もちろん初めてのやよい」

P「涙を滲ませ、それでも笑顔を保とうとするやよいを見ていると」

P「何があろうともこの笑顔を守りたいと、一生かけて幸せにしたいと」

P「そんな想いがとめどなく溢れてただ、ただやよいを抱きしめました」

小鳥「どきどき」

P「その時、電撃を思わせるほどの痛みが肩に走りました」

小鳥「え?」

P「俺も何が起こったのか分かりませんでした」

P「でもすぐに分かりました」

P「やよいが、噛みついてきたんです」

49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 10:11:51.66 ID:0D1Iw4IW0.net

P「抱きしめている俺の左肩をこれでもかってくらい噛みついてくる」

P「それは破瓜の痛みに耐える精一杯の手段でした」

P「俺はこの痛みはやよいの痛みなんだと」

P「するとその痛みすら愛おしくなり、なるたけ優しく、ゆっくりとやよいと交わりました」

小鳥「あわわ」

P「痛みに慣れてきたやよいが、肩の歯形を見て言うんです」



やよい「はぁ、はぁ…んっ…す、すみません…こんなに、強く噛んじゃって…」

P「気にするな、やよいの方が痛かっただろう?」

やよい「あ…血が、出てます…んっ」レロォ

P「ぃつっ…!」ビク

やよい「ふふ…」ニコ



51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 10:27:38.71 ID:0D1Iw4IW0.net

P「今のプロデューサーの顔、ちょっと可愛いかもー…」

P「悪戯に笑うその笑顔は、普段の純真な笑顔ではなく」

P「初めて見せる女の顔でした」

小鳥「いい…」

P「それからやよいは時々痕が残るくらい噛みついてきて」

P「痛がる俺を見て悦ぶようになりました」

P「頬を染め、自分のモノである証かのように、傷痕を舐めながら」

P「無邪気な笑顔で…」

56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 10:43:16.66 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「なるほど…サディスティックなやよいちゃんか…」

小鳥「新しいですね!」

P「あのやよいがサディストという事が異常かなっと思いまして」

小鳥「そうですね、他の子たちよりは正常に見えちゃいますけど」

小鳥「純粋なやよいちゃんからすると大分違いますもんね」

P「はい、SなやよいとドМな千早との3Pはもう捗って仕方ないです」

小鳥「太腿を噛むやよいちゃん、それを嬉しそうな目で見つめる千早ちゃん…」ゴクリ

P「太腿にいくとは流石小鳥さん」

小鳥「任せてください!」

57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 10:50:37.42 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「ふふ、プロデューサーさんには本当いい刺激をもらえます」

P「はは、お互い様ですよ」

小鳥「ではこの勢いで行きましょうか」

P「そうですね!」

律子「……」

小鳥「次は…そうね、響ちゃんはどうかしら?」

P「響ですか」

小鳥「何がきても驚きませんよ~!ばっちこーい!!」

P「響は>>60です」

60 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 10:51:22.29 ID:aaa4dxJ+0.net

羞恥プレイ

64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 11:09:18.42 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「羞恥プレイ…ですか」

P「はい」

小鳥「やよいちゃんでは奇を衒って、響ちゃんでは王道を行きましたね!!」

P「そうですね」

小鳥「分かりますよぉプロデューサーさん!!」

小鳥「響ちゃんといえば羞恥プレイ!!」

小鳥「恥ずかしさで顔をタコのように真っ赤にしつつも」

小鳥「感じてしまう正直な身体…口では違うと何度も呟けど」

小鳥「隠し所から滴る恥液は隠しようもなく…」

小鳥「何より律子さんが静かなのが何よりの証拠!!」

律子「否定は…強くしませんが」

小鳥「ほらぁ!!」

律子「テンションあげないでください!」

67 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 11:20:34.57 ID:0D1Iw4IW0.net

P「小鳥さん、興奮しすぎですよ」

小鳥「すみません…ちょっと深呼吸します」

小鳥「すーはーすーはー」

小鳥「で、プロデューサーさんはどんな羞恥プレイで響ちゃんを辱めるんですか!?」

小鳥「野外で全裸ですか?はたまた事務所で?もしや撮影なんかしちゃって…!!」

小鳥「それとも言葉攻めかしら?何にせよこれは楽しみだわ」

小鳥「プロデューサーさんの事だから獣姦くらいは出るかと思ったんですが…」

小鳥「はっ!?まさか獣姦プレイを羞恥プレイの一環として…!?」

P「はは、小鳥さんはマニアックですね」

律子(あんたが言うか?)

70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 11:43:01.02 ID:0D1Iw4IW0.net

P「小鳥さん、俺はそんなマニアックなことしませんよ」

P「ただ、普通に響の家でいちゃいちゃするだけです」

小鳥「へ?」

P「何も特別な事をしません」

P「普通に、響とセックスをするだけです」

P「いろいろ妄想しましたが、それが響が一番悦ぶ方法だったんです」

小鳥「んん??」

小鳥「ちょっと待ってくださいプロデューサーさん」

小鳥「それって本当にただのセックスなんじゃないんですか?」

小鳥「どこに羞恥プレイの要素が…?」

79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 12:21:14.17 ID:0D1Iw4IW0.net

P「小鳥さん、よく思い出して下さい」

P「響の家と聞いてピンときませんか?」

小鳥「響ちゃん家…あ、ペット」

P「ええ、響の家には響のペット、家族たちがたくさんいるんです」

小鳥「という事は…」

P「はい、ご想像通り、響のペットたちの目の前で自分が乱れていく様を」

P「見てもらいます」

小鳥「……」

P「どうしました?」

小鳥「いえ、少し拍子抜けというか…プロデューサーさんらしからぬというか」

小鳥「そこまで異常な事なのかしらって思いまして」

P「ふむ」

82 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 12:37:31.91 ID:0D1Iw4IW0.net

P「では、小鳥さんは自分のペット…いえ、自分の家族の前で」

P「全裸でよがっている様を見られて平気ですか?」

小鳥「いえ、流石に家族に見られるのは恥ずかしいですね」

小鳥「でも、響ちゃんの場合は」

P「小鳥さん、もう一つ思い出して下さい」

小鳥「?」

P「響は…動物と話せるんですよ?」

小鳥「あ…」

P「まぁ、俺自身は動物と会話が出来ないため、にわかには信じられませんが」

P「響を見ていると、確かに動物とコミュニケーションをとれているんですよね」

P「だからこそ響はペットを家族と呼び、普通の人たちよりも深い絆で結ばれているんです」

P「ああ、もちろんペットを飼っている人は家族の一員とする人が大半でしょうけど」

P「響の場合、普通のそれとは訳が違いますからね」

84 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 12:52:57.21 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「つまり、響ちゃんは自分の家族に痴態を見られて悦ぶ…」

P「変態です」

P「何度も抱きましたが、抱けば抱くほどに激しく乱れ、悶え、よがっていきました」

P「ほら、今にも聞こえてきませんか?」

P「響の悲鳴にも似た嬌声が―…」



響「うぎゃっ…んっ…プロデュー、サー…!」チュゥ

響「だ、ダメ…ダメだぞ」カァ

P「何がダメなんだ?」

響「皆が…見てる…」

142 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 19:03:26.52 ID:0D1Iw4IW0.net

P「気にするな」シュル

響「あっ、あっ!ちょっプロデューサー!?やめっ…んっ」

響「うが…服…返してよぉ…」

P「何を恥ずかしがってるんだ?犬美たちと風呂入ったりしてるだろ?」

響「それとこれとじゃ全然違うでしょ…ってひゃぁあ!?」

P「んっ…」レロ

響「あ、んぅ…!!そこ…だ、めっ…!」

P「響は腋が弱いんだよな」チュゥ

響「はぅ…ん…っ!」

148 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 19:16:36.98 ID:0D1Iw4IW0.net

響「へ、へんたいプロデューサーぁ…っ!」

P「変態はどっちだ?」クチュ

P「ほら…もうここをこんなに濡らして…」

響「うが…っ」ビクッ

P「これだけ…濡れてれば…!」ググ…

響「え?あ、ぷ、プロデュー…ああっ!?」

P「すんなり、入ったな…」

響「あっ、ぅあっ、あっ…!ぷろっ…んっ、ぷろでゅーさぁ…っ!」

153 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 19:35:57.33 ID:0D1Iw4IW0.net

P「響…」ズッズッ

響「んんっ…はぁ、はぁ…っ…あんっ」

P「響」

響「っ…ぷろでゅーさぁ…」

P「なんでもいいが、みんな見てるぞ?」

響「え…?あっあっ!ダメだぞ…っ!!んあ、犬美っ!!、みんなっ見ちゃっだめっ…だ…っあっあっ…くぅ…ぅああっ!?」

P「くぁ…凄い締め付けだぞ…響」

響「あっやっ…そん…っ…ぃ…っ…らめっ…らめらっ!」

P「家族に見られてこんなに感じて…本当に変態だな響は…っ!」パァン!

響「ひぐっ…!んぁっ…そ、…っ…そんなっ…んっ…こと…っはぁっ…んっ」ビクン

158 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 19:57:34.51 ID:0D1Iw4IW0.net

犬美「…わふ」

響「ああっ!ち、違うっあ…はぁ…ちがう…ぞ犬美ぃっんん…あっじぶ…っ!」

P「犬美もハム蔵もオウ助もブタ太もシマ男もヘビ香もワニ子もうさ江もネコ吉ももも次郎も」

P「みんな、お前のスケベな姿を見ているぞ」

響「んっ…うぁ…っ」ゾクゾク

P「響、お前は変態だ」

響「ふぅん…っ!!」ビクッ

P「ほら…みんなに、如何に自分が変態か教えてやれ」

響「…っ…ふぅふぅ…っ!」

P「言わないなら…もう止めるぞ?」

響「…っ!は…ぁはぁ…み、みんな…っ…んっ…じぶん…っ…、自分は…っ」

響「みんなにっ…ぁっ、見られてっ…!感じる…っへ、変態だぞぉっ…!!」

163 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 20:13:24.34 ID:0D1Iw4IW0.net

P「よく言えました」

響「あっ、ああっ!!ぷろりゅ…さぁっ…あああっ!!!」ビクビクッ



P「この後めちゃくちゃセックスしました」

小鳥「ごちそうさまです」

P「いやぁ、ホント響は変態ですよ」

P「どこぞの誰かに見られる事よりも、より密接な家族に見られる方が感じるんですからね」

小鳥「知らない人なら一期一会で、もうそれっきりですけど、家族は一生一緒ですからね」

P「ええ、プレイの一部始終を見られた犬美たちをその後散歩に連れていくのも」

P「響的には恥ずかしいようです」

小鳥「会話が出来ちゃう分、余計に、ですね!」

P「他にも時たま、ペット達からの言葉攻めを受けている事もありましたが、口では嫌がりつつも」

P「口元は緩ませ、涎を垂らしながら、だらしなく悦んでました」

166 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 20:25:43.91 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「ふむふむ、響ちゃんならではの性的嗜好で大変興味深かったです」

P「響はどんな妄想でもだいたい合ってしまうのも魅力ですよね」

小鳥「分かってしまうのが悲しくない不思議!」

小鳥「幅広くカバー出来ちゃう響ちゃんに比べ、貴音ちゃんとくれば…」

小鳥「プロデューサーさんならどう料理するんですか?」

P「貴音は…」

P「>>168です」

168 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 20:26:43.49 ID:HQCVlrzo0.net

拡張異物挿入

185 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 20:49:16.72 ID:0D1Iw4IW0.net

小鳥「拡張異物挿入ですか…」

P「はい」

小鳥「プロデューサーさん、攻めますね…!」

P「任せてください」

小鳥「して、どのようにしてそのような経緯に至ったのですか?」

P「ああ、それは簡単です」

P「ただ、貴音が激しく乱れ狂う様を俺が見たかったからです」

小鳥「なんと!」

P「貴音は普段から妖艶な雰囲気を出す子ですけど」

P「行為の時もそれは同じで、涙を滲ませながらも、凛とした態度は依然として保ったまま」

P「そうですね、いうなれば大人のセックスをしてくれるんですよ」

小鳥「見えます」

195 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 21:15:16.24 ID:0D1Iw4IW0.net

P「でね、そんな貴音ももちろんいいんですけど」

P「どうしても、貴音が、あの貴音が、顔を歪ませて」

P「身をよじって快楽に溺れる所が見たかったんです」

小鳥「ほほう、プロデューサーさんも大概の変態ですねぇ」

P「ええ、もちろん俺のエゴではありますが、貴音の誰にも見せない顔を」

P「俺だけが見ることが出来る、逆にいえば、貴音は俺にだけは、その顔を見せてくれるんです」

小鳥「という事はつまり、貴音ちゃん自身も…」

P「ええ、何処かで、それを望んでいたのでしょう」

律子「……」

P「これは今まで積み上げてきた信頼の証であり」

P「懇意してる相手だからこそ見せる、貴音の素顔なのかもしれません」

小鳥「おお、なんだか分かりませんがワクワクしてきましたよ」

198 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 21:25:57.38 ID:0D1Iw4IW0.net

P「小鳥さん、異物挿入と聞いて真っ先に思い浮かぶのは何ですか?」

小鳥「うーん…ローターとか、ディルドでしょうか」

P「なるほど、所謂大人のおもちゃというやつですね」

小鳥「はい」

P「もちろん、最初のころは道具を使って開発することもありましたし」

P「異物挿入のポピュラーなモノでもありますね」

P「しかし、今回貴音はただの異物挿入ではありません」

P「拡張異物挿入なんです」

小鳥「ええ、だから道具を使って拡張を…」

P「小鳥さん、貴音の大事な部分の拡張を、心なき道具に任せられると思いますか?」

小鳥「え…?」

201 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 21:38:31.27 ID:0D1Iw4IW0.net

P「大人のおもちゃ、確かに今の世の中、全く知らないという人の方が少ないでしょう」

P「ですが、ローターやディルドよりも、もっとも身近にある異物…」

小鳥「ああ!あまりにも身近過ぎて、逆に見失っていたわ…!」

P「ええ、お気付きのように、指…いえこの手ですね」

P「貴音の陰部を優しく、それでいて激しく、思うままに動かせる」

P「このゴッドハンドこそ、まさに至高の異物」

小鳥「何故かしら…プロデューサーさんの右手が光ってるように見えるわ…!」

P「もちろん貴音も初めは抵抗してきました」

P「膣内に指でも陰茎でもない…比喩でも揶揄でもない本当の拳が侵入してくるんですから当然ですよね」

P「ですけど、少しずつ、少しずつ慣らしていくことで…ついに」

小鳥「あわわ」

210 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 21:52:10.12 ID:0D1Iw4IW0.net



貴音「ふっ…あ、貴方様…っ」

P「貴音、分かるか?お前の中に俺の手が…」

貴音「は、い…っ…ん」

P「それじゃ動かすぞ?」ググ

貴音「お、お待ちください!!おぐっ…!!?」

貴音「おっ、おっぁ…くっ、あなっ…!!あなたさ…っ、まっ…ぉっああっ…っ!!」

P「いいぞ貴音、その表情…すごくいい」グッパグッパ

貴音「おっおまちっ…く…っんん、んぐっ…はっ、はぁ…っ!ひぐッ…っ」

P「はは、だらしなく涎垂らして…んちゅるるるっ…!」

貴音「ふぅん…んちゅっ……ぅあっ、あ、あなた…しゃま…っ…はぅ…」フーフー

220 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 22:22:04.93 ID:0D1Iw4IW0.net

P「スピードあげるぞ?」

貴音「あっああっ!?いぎっ…、はぁっい、いけませっ…んんぅっ!!」

貴音「おっ、おぐ、ぅあっ…あっ…あ、あっはぁっあなたさっま…!!」

貴音「おっ、おっ…あっ、ふっ…あっ…ああああっっ…っ!!!」ビクビクッ!!

P「…ふぅ」グポ

貴音「ぁ…っ…っ」

P「あぁあ、貴音のここ…広がっちまったな」



P「痛みと快感が交互に押し寄せてくる感覚に」

P「流石の貴音も、意識を手放してしまいました」

小鳥「あの貴音ちゃんがマジアクメを決めるなんて…!」ハァハァ

P「まあもちろんこれで終わるわけはないんですが」

小鳥「流石です!愛してますプロデューサーさん!!」

225 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 22:32:46.49 ID:0D1Iw4IW0.net



貴音「あ、貴方様…」

P「ん?」

貴音「ほ、本当にするのでしょうか?」

P「ああ、当たり前だろ?」

貴音「ですが…お尻にそのような面妖なもの…」

P「指は入ったんだからこれだって余裕で入るって」

貴音「しかし…」

P「いいから、一個ずつ入れてくぞ」

貴音「ひうっ…!」ビク



小鳥「まさか…お尻まで…!」

P「前も後ろもがばがばにしてからが本番ですよ」ニコ

237 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 23:02:33.39 ID:0D1Iw4IW0.net



貴音「…ふっ…はぁはぁ…」

P「大分いい感じにゆるゆるになったな」

貴音「ん…ぅ…」

P「それじゃ、そろそろ野菜でも突っ込んでいくか」

P「まずはキュウリをお尻に…」ツププ

貴音「はぁあ…っ……んっ」

P「おお、余裕で飲みこんでいくな…すげぇ」

P「前は…ナスでもいこうか」スッ

貴音「あっ…ん…ふぅふぅ…」

P「大丈夫か貴音?」

貴音「ああ、貴方様…」

P「なに?もっと欲しいって?」ズプッ

貴音「っ!!はぅんっ…!!おっく…っ!…ぁふっ…っ」

245 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 23:28:36.10 ID:0D1Iw4IW0.net

P「さぁ、貴音、前にはナスにニンジン、それから一度尻に入れたキュウリもはいってぎちぎちだな」

貴音「はぁはぁ…」

P「それの尻にはゴーヤが入って苦しそうだな」

P「野菜がたくさん入る身体になって…貴音は上の口も食いしん坊だが」

P「下も食いしん坊だったんだな」

貴音「はぅ…ん…あ、貴方様…も、もう…っ」

P「なぁ、貴音、尻の穴と恥部をかき回されてどんな感じだ?」グリグリ

貴音「はっ…んぎぃっ…あ、ああっ…はぁっ…」

貴音「ふぐっ…おっ、おおっんぅ……っああっ!あな、っあなた…っさま…!」

P「ん?どうした?」グチュ

貴音「ああっ!!?あぐ…あっ、あっ…き、気持ち…はぅっ…いい…!いいですっっ…!」

P「すごくエロい顔してるぞ、貴音…」

貴音「あ、はぁっ…あ、あなたさま…っ!おっ…あ、ん…あぁああっ…!!」

252 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 23:36:31.88 ID:0D1Iw4IW0.net



P「前も後ろもがばがばにゆるめて、肩で息をする貴音…」

小鳥「全身汗をかいて虚ろな目でプロデューサーさんの名前呼ぶ貴音ちゃん…」

P「もちろん、使った食材は適切に調理して美味しく頂きました」

小鳥「食材プレイの基本ですね!」

P「はい!」

小鳥「さて、響ちゃん、貴音ちゃんとくれば…!もちろん美希ちゃんですね!」

P「ふむ、美希ですか」

小鳥「プロデューサーさんラブの美希ちゃんは一体どんな顔を見せてくれるのかしら…!」

P「美希は>>256です」

256 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/24 23:38:08.03 ID:73rDkVIl0.net

Pに見られながら他人に犯されると異常に興奮するん

303 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 06:16:52.82 ID:+wWsuC6W0.net

小鳥「ほほう…つまり、NTRですか…!」

P「どうなんでしょう、そこら辺はよく分かりませんが」

P「美希に関してNTRは非常に重要なキーワードではありますね」

小鳥「私的にはプロデューサーさんが他の子、例えば春香ちゃんを抱いてるのを」

小鳥「美希ちゃんに見させて、嫌なのに、興奮しちゃうの…!見たいな展開かと思いました」

P「そんな妄想も当然辿る道ですよね!」

P「美希の想いが届かないのと、何より同じ事務所のアイドルに自分の好きな人を」

P「取られている絶望感、交わる二人と残される自分」

P「それでも掻き立てられる情欲…」

小鳥「誰に感情移入するかによってもまた違ってきますよね」

P「ええ、流石小鳥さん、よく分かってますね」

小鳥「えへへ、もっと褒めてくれてもいいんですよ?」

306 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 06:31:22.71 ID:+wWsuC6W0.net

P「更にいうなれば、美希が一方通行の恋をしているか」

P「俺と美希は両想いで付き合っているか」

P「はたまた俺が美希に片想いをしているか…状況によってバリエーションに富みますからね」

小鳥「プロデューサーさんが美希ちゃんに片想いですか…ふふ、捗りますね」

P「ええ、自分の好きな子が知らない男に好き勝手されてるなんて知ったら」

P「動悸と供にあそこも元気になっちゃいます」

小鳥「まあ!」

P「悔しくて、それでも止める事の出来ない無力感」

P「何故、そこにいるのは自分じゃないのか、情けなくなって」

P「でも美希の悦に染まる顔に欲情してしまう…」

小鳥「プロデューサーさんに感情移入したら私までドキドキしてきました」

308 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 07:02:23.98 ID:+wWsuC6W0.net

P「様々なNTRシチュエーションが胸を高鳴らせますが」

P「美希で妄想していて行き着いたのが、俺に見られながら美希が他人に犯されているという状況ですね」

小鳥「これはプロデューサーさんが寝取られた側になるんですかね」

P「状況的にはそうですね」

P「そして俺と美希の関係ですが、相思相愛で妄想しています」

小鳥「つ、つまり他人に犯されてる美希ちゃんは嫌々犯されてる状況ですか!?」

小鳥「プロデューサーさんが縛られていて、美希ちゃんは強姦されて…」

小鳥「はわわ」

P「なるほど、アリですね…!」

312 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 07:23:07.53 ID:+wWsuC6W0.net

P「アリなんですが、少し違うんですよね」

小鳥「違うんですか?」

P「はい」

小鳥「えっと…どう違うんですか?」

P「実は、お互い同意の上なんです」

小鳥「えぇ!?という事は…寝取らせですか!?」

P「うーん、そう言われるとまた違う感じがするんですが」

小鳥「ふぅむ…状況をいろいろ考える事が出来るせいでまどろっこしくなってますね」

P「そうですね…ですから出来るだけ、分かりやすく説明していきますね」

小鳥「よろしくお願いします」

314 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 07:40:30.58 ID:+wWsuC6W0.net

P「まあ、美希は、ね…俺にすごく懐いてくれてるじゃないですか」

小鳥「ハニーってよく言ってますもんね」

P「俺もやんわり制止してますけど」

小鳥「律子さんが強くいわないと止めませんもんね」

律子「美希はプロデューサー殿にスキンシップが過剰すぎますからね」

律子「アイドルとしての自覚をちゃんと持ってもらわないと」

P「ああ、もちろん律子の言っている事は正しい」

小鳥「そうですね」

P「でも、やはり俺もまんざらじゃないというか」

小鳥「仕方ありません、美希ちゃんみたいな子に迫られて嫌なはずないですもんね」

P「ええ、今まで手を出してないのが自分でも不思議です」

315 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 07:51:42.24 ID:+wWsuC6W0.net

P「でね、当然妄想の中では美希を受け入れて」

P「もうやりたいことなんでもやっちゃってるんですよ」

小鳥「もうプロデューサーさんがしたい事はなんでもやってくれそうですもんね!」

P「はい、ですが代わりに美希の我儘もちゃんと聞いてあげないと不機嫌になっちゃうんですよね」

小鳥「でもそこがまた可愛いんでしょ?」

P「分かりますか?」

小鳥「もちろんですとも」

P「で、まあやる事はあらかたやりつくしたというか」

P「もう美希を抱きすぎてお互いマンネリになるとこまで来てしまったんですよね」

小鳥「妄想でそこまでいってしまったんですか!?」

P「プロデューサーとしては当然ですけどね」

317 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 08:02:57.70 ID:+wWsuC6W0.net

P「いえ、もちろん気持ちいいんですよ?それは美希も同じだと思うんですけど」

P「同じものをずっと食べてたら別のモノが食べたくなるみたいな感覚ですか」

P「つい浮気をしちゃったんですよね」

小鳥「うわ~、最低ですね」

P「その時の浮気相手は小鳥さんだったんですけどね」

小鳥「ぴよっ!?」

P「まあその時の?スリルというか背徳感がヤバくてですね」

P「いつもより激しく燃え上がれたんですよ」

小鳥「え…あ、あの…?プロデューサーさん…?」ドキドキ

律子「あの小鳥さんが挙動不審に…」

P「すると今度はですね、美希の方が俺の元からいなくなってしまったんです」

小鳥「なんと!そそ、それで!?」

律子(復帰早っ!!)

320 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 08:24:02.15 ID:+wWsuC6W0.net

P「美希からすれば俺が浮気したんだから美希だってしちゃうんだから!」

P「という反発心が働いて、他の男を引っかけに行きました」

小鳥「どきどき」

P「アイドルですし、あの美貌ですからね…まあ普段からよくナンパされるような子ですし」

P「簡単に男を捕まえます」

小鳥「肉食系なのがここで活きてきますね」

P「俺からすれば、浮気したんだから、悪いのはこっち…必要以上に美希を責める事は出来ない」

P「かといって、美希が俺の元から去るなんて嫌だ…」

P「悔恨と独占欲で頭がぐるぐるしてました」

小鳥「後悔先に立たず…ですね」

P「しばらく美希とは微妙な関係が続きました」

322 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 08:36:58.61 ID:+wWsuC6W0.net

P「一緒に住んでたんですが」

P「会話のほとんど無い生活でしたし」

P「美希はいろんな男をとっかえひっかえしてました」

小鳥「そんな状態なのに一緒に住んでるってことは」

小鳥「美希ちゃんもまだプロデューサーさんの事が好きなんですね」

P「美希的には引っ込みがつかなくなったんですね」

P「もちろん謝ったんですけど、簡単に許せるような事でもないですし」

小鳥「こればっかりは難しい問題ですねぇ…」

P「そんな日が続いてる中、ある日事件が起きました」

P「仕事の忘れものを取りに家に帰った時…」

小鳥「こ、この展開は…!」

325 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 08:57:03.17 ID:+wWsuC6W0.net

P「ええ、ご想像通りなんですけど」

P「靴が多いんですよ、しかも男物…」

P「心臓の音が外に聞こえてるんじゃないかと思うほど鳴っていたのを今でも覚えてます」

小鳥「…」ゴクリ

P「玄関の向こうから聞こえてくる、聞き覚えのある声…それも喘ぎ声」

小鳥「ああ…美希ちゃん」

P「頭も心も混乱して訳が分からなくなっているはずなのに」

P「何故か、冷静に、その声の違和感を感じていました」

小鳥「違和感…?」

P「死ぬほど抱きまくったせいですかね」

P「その喘ぎ声が、演技であると確信できたんです」

小鳥「!」

328 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 09:22:52.96 ID:+wWsuC6W0.net

P「だからといって、それについて安堵することも、今の状況を良しとすることも」

P「出来るはずもなく」

P「恐る恐る、ゆっくりと、それでも確実に…普段であれば5秒とかからない玄関を」

P「何十秒もかけて、歩いていく」

P「心を乱す声が近づいていく」

P「切れる息を抑え、汗でいっぱいになった震える手が扉のドアにかかり…」



「はぁはぁ」ギシギシ

美希「あ、ぅん…気持ち、いい…」

P「……」ギィ

美希「え…?」

美希「は、ハニー…?え?ハニ…あっ!なん…でハニー!?あっ、ダメ!!」

「くっ…ぁ」

美希「え、あっ、なんで…!ダメだめっ…んはにっ…ああっ!!はにぃっ見ちゃだめなのぉおっっ!!」ビクン

332 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 09:59:52.63 ID:+wWsuC6W0.net



P「あの後、美希を抱いていた男はばつが悪くなってすぐにその場を立ち去りました」

P「美希は何度も俺に謝ってきました」

P「ごめんなさい、ごめんなさい、と」

P「涙交じりに話す弁解の声など何一つ頭に入って来る事は無く」

P「ただ、ただ、他人に抱かれてる美希の絶頂に達した顔が何度も浮かび、消えていくだけでした」

小鳥「はぁはぁ…」

P「その日は、赦そうにも、何をしようにも、どうにも冷静に判断できる精神じゃなかったので」

P「気持ちの整理が出来るまで、美希には自宅に帰ってもらいました」

P「美希も最初は嫌がってましたが、罪の意識からか、最後は大人しく帰ってくれました」

334 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 10:18:41.83 ID:+wWsuC6W0.net

P「しばらく経って、気持ちの整理が出来た時」

P「沸々と沸き上がってきたものは、他人に美希を好き勝手にされた怒り」

P「嫉妬心が身を支配していきました」

小鳥「…分かります」

P「そうなればすぐさま美希を呼び出し」

P「他人に触れられ、穢れた身体を消毒するかのように」

P「男の痕跡など跡形も拭い去るかのように」

P「激しく、強く、そして乱暴に美希を抱きました」

P「何度も、何度も」

P「お互いマンネリしていた事も忘れ、快楽のままに身体を動かしました」

P「それは、付き合った頃のように、無我夢中に相手を欲しました」

337 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 10:33:56.63 ID:+wWsuC6W0.net

小鳥「おお、それで円満解決ですね!」

P「いえ、小鳥さんなら分かってくれると思うんですけど」

P「確かに、いつもよりも熱く燃え上がれたんです、が」

P「心に、しこりが残っているというか」

P「引っかかるモノがあったんです」

P「それは流石に俺の彼女というべきか、美希も同じく思っていたようで」

P「行為が終わって汗だくになったままベットで横になっていた時」

P「美希は俺に言ってきました…」



美希「ハニー…怒らないで聞いて欲しいんだけど―…」

339 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 10:55:02.62 ID:+wWsuC6W0.net

・・・・・・・
・・・・

美希「あっ…はぁっ…!ハニー、んっ、あはっ…!」

美希「みてぇ、っ、はにぃ…ミキをっあっ、あっ…見ててぇっ!」

美希「あ、やっ…!ハニっ…ぃ…あ、あっ…いくっ…ミキ…イっちゃう…っ!」

美希「イっちゃうのっ…!あ、…はぅんっっ…~っ!!」ビクビク



P「他人に抱かれる美希の嬌声は何より扇情的で」

P「顔をくしゃくしゃにしながらよがる様は、知らない男に抱かれていた美希を初めて見てしまった時と」

P「同じか、それ以上に淫猥で、一時も美希から目が離せませんでした」

小鳥「二人の心に引っかかっていたものは…それだったんですね」

P「美希も俺に抱かれている時よりも、他人に抱かれている方が異常に興奮するようになってしまったんです」

小鳥「ここまでの背景を知ってしまったら…もう納得の一言です」

341 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 11:05:35.24 ID:+wWsuC6W0.net

小鳥「プロデューサーさんと美希ちゃんの、少しアブノーマルな関係…しかと聞き届けました」

P「少し語り過ぎましたかね?」

小鳥「いえいえ、素晴らしかったですよ!!」

P「はは、そういってくれるのは小鳥さんだけですよ」

小鳥「プロデューサーさんの話を聞いていたら、私も頑張らなきゃってなります!」

P「お互い妄想ニストとして高みを目指しましょうね!」

小鳥「はい!!」

P「少し休憩しますか」

小鳥「そうですね、仕事も全然進んでませんし、休憩がてら仕事をしますか!」

律子「逆ですよ逆!仕事を優先のが正しいんですよ!?」

344 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 11:15:53.50 ID:+wWsuC6W0.net

小鳥「分かってますって律子さん!」

P「冗談に決まってるだろ?」

律子「はぁ、全く…ちゃんとしてくださいよ」

小鳥「ところでプロデューサーさん、律子さんはどんな性癖をもってるんですか?」

律子「ふぇあ!?ちょちょ、こ、小鳥さんっ!?」

P「律子か」

律子「あー!!あーっ!!言わなくていいです!!」

P「律子は…」

律子「言うなっていってるでしょ!!」ドゲシッ!!

P「かは…っ!!」ドサ

小鳥「プロデューサーさん!?」

律子「ふぅ…」

P「律子は>>347です」

律子「!!」

347 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 2014/11/25 11:18:40.38 ID:YvIlufeH0.net

既婚Pとの事務所不倫SEX

359 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 12:26:08.98 ID:+wWsuC6W0.net

小鳥「不倫ですか」

小鳥「これまたいいのが飛び出してきましたね!」

律子「意味不明な事を言う口はこの口ですね~!」ガシ

P「もがっ」

律子「二度と開かないように閉じちゃってもいいですか?いいですよね!」ギリギリ

P「んーっ!んーっっ!!」

小鳥「律子さん」

律子「なんですか?今こっちは忙しいんです」

小鳥「妄想です」

律子「分かってますよ!ですけど、妄想だろうがなんだろうが」

律子「目の前で自分をあれやこれやされて喜ぶ人はいないでしょう!!」

律子「ましてや…その、ふ、不倫とか!変なこと…!」ギュゥウ

P「むぐぅーっ!!」ジタバタ

361 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 12:54:01.22 ID:+wWsuC6W0.net

小鳥「律子さん!落ち着いてください」

律子「これが落ち着いてられますか!」

小鳥「律子さんは他の子たちがあれやこれやされる妄想を」

小鳥「ずっと聞いていたじゃないですか…!」

律子「それは…お二人が勝手に話していたんでしょう」

小鳥「そうですけど、自分の時だけ聞かないのはアンフェアじゃないでしょうか」

律子「む…」

小鳥「それに、プロデューサーさんがどんな妄想をしているか気になりませんか?」

小鳥「この話が聞けるのは、事務所内のアイドルの中で律子さんだけなんですよ?」

律子「…いえ、プロデューサー殿の妄想にそれほど魅力を感じませんが」

小鳥「あ、そうですか…」

律子「確かに他の子たちのを聞いておきながら、自分だけ阻止するのは…なんだか悪い気がします」

P(というか、よく今までずっと聞いてたよな…)

367 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 13:26:09.81 ID:+wWsuC6W0.net

P「さて、解放された事ですし、話していきますか」

律子「手短にお願いしますよ」

小鳥「あ、その前にいいですか?」

P「なんでしょう」

小鳥「今回の妄想はプロデューサーさんは既婚ですが…お相手は誰なんですか?」

律子「……」ピク

P「そうですね、別に妻の存在を明確にしていてもいいんですが」

P「ここでフィーチャーするべきなのは律子なので、敢えて伏せさせてもらいます」

小鳥「なるほど、自由に妄想しろってことですね」

P「流石小鳥さん、話が早い」

小鳥「妻もすでに決まりましたよ!あ・な・た!」

律子「小鳥さん…」

370 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 13:50:57.16 ID:+wWsuC6W0.net

P「小鳥さん、小鳥さんは律子で妄想する時どんな感じですか?」

小鳥「そうですね…私は、もっぱらギャップ萌えですかね」

P「ほう」

小鳥「公私の区別をしっかりつける事が出来る律子さんは」

小鳥「仕事中は、普段通りの厳しさで…というか皆と接しているように振舞うんですが」

小鳥「二人っきりになった時は甘えてきてくれるんです…!!」

小鳥「更に新密度を上げた暁には、なんと律子さんとご飯を食べさせ合いっこが出来るんです!」

小鳥「あ~んをしてもらえるんですよ!?あの律子さんが…!!くぅー萌える!」

小鳥「ああ、あと口調が砕けるのも高ポイントです!」

小鳥「いつもは固い言葉を使う律子さんが猫撫で声でダ~リンッ!なんて」

小鳥「もうおじさんなんでも買ってあげるよーっ!!ってなります」

P「小鳥さんはおばさんですけどね」

律子(っていうかこれ完全に羞恥プレイじゃない)カァア

470 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 22:01:53.53 ID:+wWsuC6W0.net

小鳥「あとあと、詰めの甘い律子さんとか妄想して楽しんでます!」

律子「……?」

P「ええ、よく分かります」

律子「どういう事ですか?それ」

小鳥「事務所で二人っきりだと思って、思わず甘えてしまう律子さん」

小鳥「そうですね、例えば膝枕を要求してきてくれるんです」

P「要求してくるじゃなくて、してきてくれる、というところが」

P「してきてくれて嬉しいと思っている事が丸分かりですね」

小鳥「律子さんが甘えてくれるんですよ?当たり前ですよ!!」

律子「わ、分かりましたから!前のめりにならないでください」

小鳥「少し休憩しませんか、とソファーへ促す律子さん」

小鳥「そして座ったかと思えば膝に頭を乗せてきて」

小鳥「驚いていると、つ、疲れてるんですから、少しくらいいいじゃない」

小鳥「と、少し照れた顔でいう律子さん」

477 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 22:22:20.10 ID:+wWsuC6W0.net

小鳥「断る理由なんてないので好きにさせてあげます」

小鳥「ここで軽く頭を撫でると喜んでくれるんです」

律子「私はペットか何かですか?」

小鳥「ずっとこうしていたいと願うも束の間、ここは事務所」

小鳥「完全に油断していた律子さんの前に、仕事から帰ってきた伊織ちゃんが…」

P「ああ、顔を真っ赤にさせてどうすべきか悩む伊織が見えます」

小鳥「もちろん、あんたたち何してんの!?という声で二人の世界は現実に引き戻されます」

律子「……」

小鳥「その時のテンパった律子さんがすっごく可愛いんですよ!!」

小鳥「ち、違うのよこれは…えっと…いつもならよく回る口が全然回らず」

小鳥「言い訳一つ絞り出すのにも時間がかかってしまう…ああ愛おしい」

479 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 22:36:18.81 ID:+wWsuC6W0.net

P「冷静さを装っていながら、やることなすこと動揺しまくりな律子もいいですよね」

小鳥「プロデューサーさん!」スッ

P「はい」

小鳥「たーっち!!いえい!」

律子「も、妄想ですから!私はそんな事にはなりません!」

P「んっふっふ~、どうかな?」

小鳥「意外とこんな感じだったりして…」ニヤニヤ

律子「…しばきますよ?」

484 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 22:55:23.73 ID:+wWsuC6W0.net

P「なるほど、小鳥さんはデレデレ律子タイプですか」

小鳥「普段見せてくれない一面なんで、より甘くいってみました」

P「いいですね」

律子「私はあんまりよくないんですが」

P「もちろん、デレ律子も素晴らしいんですけど」

P「俺がよくするのは律子に尻に敷かれる妄想ですね」

小鳥「でた!」

P「律子に叱られたいんです」

小鳥「実現してるじゃないですか」

P「いえ、確かにそうなんですが、私生活にまで介入して叱られたいんです」

小鳥「分かります」

488 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 23:11:28.94 ID:+wWsuC6W0.net

P「律子の説教ってなんていうんですかね、愛を感じるんですよ」

律子「なっ…!」

小鳥「分かります!分かりますよプロデューサーさん!!」

P「ダメにならないように怒ってくれるんですが、それが心地良くて更にダメになっていく…」

小鳥「ああ…」

P「ああ、律子に養われたい…怒られながらも、なんだかんだで身の世話をしてくれる律子かわいい」

律子「ふざけたこと言わないでください」

小鳥「でも律子さんってダメ人間好きそう…」

P「ダメ人間が好きというか、好きになる人がダメ人間だったパターンが多いですね」

律子「何勝手に決め付けてるんですか!!」

P「相手がダメ人間だと分かっても冷めないのが律子のいいところです」

小鳥「私がいないとこの人はダメだ精神が働くんですね」

P「貧乏くじ引いても文句言いながらもちゃんとやるタイプですしね」

491 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 23:23:22.27 ID:+wWsuC6W0.net

律子「って全然関係ない話になっていってませんか!?」

P「おっと、確かに…本題に行こう」

小鳥「まさか律子さんから本題に戻すなんて…欲しがりさんですね~」

律子「な、は、話さないなら私はその方がいいに決まってます!!」

律子「ただ、余計な妄想話までされたらたまったもんじゃないってことですから!!」

P「かわいい」

小鳥「かわいいですね」

律子「あ~!!もういいですから進めてください!!」

P「分かったよ、まあ、律子で妄想も老後までいくくらい何度もしましたが」

小鳥「律子さんとはいい老夫婦生活が送れそう」

P「その中で一際光っていたのが不倫なんです」

律子「……」

496 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/25 23:57:24.73 ID:+wWsuC6W0.net

P「律子は誰が見ても真面目な性格をしています」

小鳥「はい!」

P「妥協を許さず、時には融通が利かない事もありますが」

P「その仕事ぶりは周りから信用を得るには十分な働きです」

小鳥「私たちなんかより全然働いてますもんね!」

P「はは、そう思うならちゃんと働いてください」

律子「あなたもですよ?プロデューサー」

P「そんな律子ですが、まだ二十歳前の少女ですからね」

P「失敗をすることもあれば、恋をすることもあります」

P「こればかりは性格云々は関係ありません」

小鳥「年齢も関係ないですよ!」

律子「……」

500 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 00:23:42.30 ID:qGvTuKyD0.net

P「同じプロデューサーであり、他の子たちよりも過ごす時間が多い俺に」

P「想いを募らせるのに、そう時間はかからなかった」

律子「ちょ…」

小鳥「律子さん静かに!これからいい所です」

P「ただ、すでに俺には妻がいた」

P「物事の分別がちゃんと分かっている律子」

P「相手がいる人に想いを伝えるわけにいかない、それは分かってる…でも」

P「胸に秘め続けた想いは増すばかり、それを押し留めるにはあまりにも若過ぎた」

P「二人きりで残業…もうこれから誰も来ない事務所」

P「少女を止めていた正しい心は恋心に押しつぶされた」

小鳥「あわわ」

505 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 00:37:50.86 ID:qGvTuKyD0.net



律子「…プロデューサー殿」

P「どうした律子?何か聞きたい事でもあるのか?」

律子「……い、いえ…なんでもありません」

P「そうか、何かあったら何でも聞いてくれよ」

律子「は、はい…」

P「……」カタカタ

律子「……」

律子「あ、あの、プロデューサー…」

P「ん?」

律子「あ、いえ…」

507 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 00:48:21.82 ID:qGvTuKyD0.net

P「どうした律子?体調でも悪いのか?」ガタ

律子「あっ、ちょ…!」

P「顔が少し赤いな…熱は」スッ

律子「ひぁ!?だだ、大丈夫です…から…」

P「ん~、少しあるな…今日は大事を取ってもう帰った方が…」

律子「……」ギュゥウ

P「…律子?」

律子「……と……し…たのに…」

P「え?」

律子「プロデューサー殿…」

P「……」

律子「…好き」

517 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 01:06:16.41 ID:qGvTuKyD0.net

P「…律子、俺には…」

律子「分かってます…分かってますよ!」

律子「こんなこと言ったらダメだって、頭では分かっているんです!」

律子「でも…もう抑えられないんです」

律子「プロデューサーぁ……どうしたらいいんですか?」

律子「私は…どうしたらプロデューサーに振り向いてもらえるんですか…?」

P「律子…すまない」

律子「…!」

律子「あ、はは…わかってますよ、初めから期待なんて…っ…してませんから」

律子「―…っ」



519 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 01:22:06.07 ID:qGvTuKyD0.net

P「震える声、動かない二人、沈黙…」

P「沈黙を破ったのは律子でした」



律子「…プロデューサー殿……抱いてください」

P「なっ」

律子「馬鹿なこと言ってるのは分かります…でも」

律子「お願いします…そしたら、何もかも忘れますから…」

P「でもな、律子…それは」

律子「プロデューサーが少しでも悪いと感じているのなら…」

律子「少しでも私の事を気にかけてくれているなら…」

P「……」

522 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 01:35:34.77 ID:qGvTuKyD0.net

律子「勝手を言って迷惑…かけてますよね」

律子「あ、じゃあこのまま振りほどいて拒絶してください」

律子「プロデューサー殿に嫌われた、何とも思われてなかったんだって」

律子「逆にすっきりするかもしれません」

律子「私からは離れなれないので…プロデューサー殿お願いします」

P「…律子」

律子「っ…!」ビク

P「ずるいよ、律子…そんなこと言われたら…」ギュゥ

律子「!」

律子「す、すみません…ホント、ずるいですよね…でも…嬉しい」

P「律子…」

律子「プロデューサー…殿…んっ」チュゥ

529 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 02:07:42.47 ID:qGvTuKyD0.net



P「薄暗い事務所で男女の声が響く」

P「普段働いている職場でのまぐわいに更に高まる興奮、しかも相手は律子…いけない関係を結んでしまった」

P「今までは仲のよい同僚、しかも年下、しっかり者の妹のような感覚だった」

P「でも今は―…」

小鳥「一人の…女になってしまったんですね」

P「ダメだと…思いつつも、ずるずると不倫関係は続いていくことになります」

律子「……」

小鳥「律子さんが凄い微妙な顔で見てますよ」

P「なんだ律子、何か言いたい事があるのか」

律子「いろいろありますが…一度きりじゃなかったんですか?」

P「ああ、妄想の律子もそう言っていた、だが好いた相手に求められてまんざらでもない状態で」

P「断固として断るほど、出来た人間は少ないという事だ」

律子「……」

532 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 02:19:36.94 ID:qGvTuKyD0.net

P「不倫の醍醐味は何だと思います?」

小鳥「ん~、やっぱりいけない事をしている背徳感かしら」

P「ですね、人はやってはいけない事をやってしまうと、興奮する性質があります」

小鳥「理性をもってしまった人間の業ですね」

P「また、秘め事である事も大きいですね」

P「二人だけの秘密を共有している、それも不倫を不倫たらしめる要因でしょう」

P「不倫関係が続いているうちに、俺の気持ちは、妻よりも律子に向いていきます」

小鳥「ああ…!あなた…いかないで…!」

律子「まだその設定生きてたんですか…」

534 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 02:28:49.38 ID:qGvTuKyD0.net



律子「んっ…はぁ、はぁ…」

P「律子…律子…!」

律子「あっ…んっ…プロ…デューサー…っ」

律子「んぅっ…はっ…あぁ、んっ…だめっ…」

P「律子…そろそろ…!」グッグッ

律子「はぁ…んっ…!んっ、いい…っ…はぁ…いいですよっ…」

P「はぁ…はぁ…律子!律子…!!」

律子「んっ…はぅ…ん…っ!」ビクッ

P「はぁはぁ…」

律子「はぁはぁ…」

536 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 02:35:48.82 ID:qGvTuKyD0.net

P「なあ…律子」

律子「ダメです…」

P「……」

律子「こんなことしといて、言える立場じゃありませんけど」

律子「あなたには…奥さんがいるじゃないですか」

P「律子…」

律子「さっ、早く着替えて下さい!」

律子「私はまだ少し残業が残ってますので、済ませるまで帰れませんけど」

P「手伝うよ」

律子「ダメです、プロデューサー殿は早く帰ってください」

律子「あんまり遅くなると奥さんが心配しますよ?ほら、早く!」

P「あ…ああ、じゃあ先に帰るよ、じゃあな律子」

律子「はい、お疲れ様です」

律子「……」カタカタ

538 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 02:45:21.34 ID:qGvTuKyD0.net

律子「……」

律子「…はぁ」

律子「ダメなのは…私…よね」ボソ



小鳥「律子さーん!」ガバ

律子「わあ!?」

小鳥「辛いですね、切ないですね!!」

律子「ちょっと…私は不倫なんてしてませんから…!」

P「この辺りから律子と少し距離が出来るんですが、それはまた別のお話」

小鳥「あ~、律子さんには幸せになって欲しいです!」

P「この律子は例え俺が離婚したとしても罪悪感から一緒になる道を選んでくれませんからね」

小鳥「こうなったらとことん甘い妄想で律ちゃん幸せ計画を…!!」

律子「しなくていいです!」

539 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 02:51:20.97 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「はぁ、少し苦い大人の恋でしたね」

P「ええ、律子はこういう妄想が意外と合う事に気付いた時はもう仕事どころじゃなかったですね」

小鳥「今も仕事してませんけどね」

律子「仕事…」

P「律子も今まで手止まってただろ」

律子「くっ…」

小鳥「律子さんが怯んだ隙に次の子に行きましょう!!」

P「もう残り少ないですが、誰にしましょうか」

小鳥「残り少ない…?後はあずささんくらいって…まさか!」

小鳥「亜美ちゃん真美ちゃんまでプロデューサーさんの妄想の餌食に…!?」

P「って小鳥さんもしてますよね」

小鳥「ばれましたか」

律子「本当に早く捕まってください」

543 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 03:08:08.33 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「全く…とんでもないですよプロデューサーさんは」

小鳥「中学1年生の女の子を相手に妄想を繰り広げるなんて」

P「では話すのをやめておきましょうか」

小鳥「亜美ちゃんから聞いていきましょう」

P「はは、そう言うと思いました」

小鳥「言わせたかったんでしょう?」

P「ふふふふ」

小鳥「うふふふ」

律子「……」

P「亜美からですよね」

P「亜美は>>547です」

547 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 03:13:16.85 ID:F5hCOefJ0.net

ボディピアス

557 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 03:58:43.21 ID:qGvTuKyD0.net

律子「ボディピアス…ですか」

小鳥「ダメよ亜美ちゃん!自分を大切にしなきゃ」

P「まあ、自分の身体に穴を開けることに抵抗感を持つ人は多いと思いますが」

P「実際俺自身も開けたいとは思いません」

P「ですが、亜美や真美の普段の振舞いやファッション嗜好、流行に乗る傾向からみて」

P「今はアイドルをやっていますから過度な事は出来ませんが」

P「もしアイドルをやっていなければ、開けそうな子たちだと思ってます」

小鳥「あ―…亜美ちゃんと真美ちゃんで対になる場所にピアスをつけたりしそうですね」

律子「亜美は右耳に、真美は左耳に…って感じですか…むぅ、確かに強く否定できないかも」

P「まあ、ピアスを開けることを強く咎めることなんて出来ないし」

P「別に悪いことというわけじゃないですしね」

律子「加減によりますけどね」

P「ああ、まあな、それに亜美くらいの年齢の子でファッションに興味のある子たちなら」

P「普通にピアス開けてる子もたくさんいるしな」

小鳥「昔じゃ考えられないですね」

559 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 04:13:48.80 ID:qGvTuKyD0.net

P「まあ、耳だけなら可愛らしいもんなんですけどね」

小鳥「アイドルの衣装でアクセサリーとしてかわいいイヤリングとかすることありますから」

小鳥「憧れちゃう気持ちは分かります」

P「ただ、今回は亜美ですか、亜美のチャレンジ精神は俺の常識を超えていました」

小鳥「その結果がボディピアス…」

律子(正直、ボディピアスも絶対しないとは言い切れない感じが何とも言えないわね)

P「初めは耳にちょこんとつける感じで、なんて言うんですかね、すごく魅力的だったんです」

P「衣装でイヤリング姿の亜美を何度も見てるはずなのに」

P「小さな耳に僅かに光るピアスが、妙にアクセントが効いていて」

P「普段は子供らしい可愛さでしたが、その時は大人っぽい可愛らしさだったんですよ」

P「思わず、褒めてしまいました、いえ、褒めたことは悪いとは思ってないんですけど…」

小鳥「亜美ちゃんの中でエンジンがかかっちゃったんですね」

561 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 04:25:09.19 ID:qGvTuKyD0.net



亜美「兄ちゃーん!見て見て→」

P「亜美…お前っ!!」

亜美「どう?いいっしょ?」

亜美「友達も皆可愛いって言ってくれたんだよ~」



P「亜美はそれから少し経って、耳に新しく3つピアスを開けました」

小鳥「ファッショナブル!」

律子「ちゃんと注意しないと」

P「もちろん注意したさ」

P「アイドルが滅多矢鱈に穴を開けるなって」

小鳥「あ!今のなんか少しえっちぃですね!」

律子「小鳥さん?」

566 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 04:59:43.60 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「それで、亜美ちゃんはどうなったんですか?」

P「ええ、最初はぶーぶー文句を言ってましたが」

P「アイドルの仕事も好きな亜美はしぶしぶでしたが言う事を聞いてくれました」

小鳥「ほっ」

P「ま、言葉での抑制など、好奇心旺盛な年頃の女の子にはあまり意味をなさなかったようで」

小鳥「なんと!」

P「ファッション雑誌に載ってるモデルが臍ピアスをしてたんです」

小鳥「あー」

P「それがまあ確かにかっこよく写ってるんですよね」

P「すぐにマネをして俺に見せてきました」

P「どう兄ちゃん?かっこいいっしょ→、と胸を張る亜美」

P「ここでまた注意しても良かったんですが、あまり抑圧し過ぎると」

P「いつ、どんな感じに暴走するか予測不能だったので」

P「ピアスそのものを禁止するのではなく、もうピアスの穴を増やさない約束をする代わりに」

P「好きなピアスをつけていい事にしたんです」

568 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 05:15:48.02 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「なるほど、考えましたね、プロデューサーさん」

P「正直に言うと、臍ピアスをしてる亜美が想像以上によかったんです」

小鳥「あらま、でも想像してみると…確かに可愛いですね」

P「ええ、亜美は臍を出した衣装や服をよく着る事がありますからね」

P「ちらっと見えるジュエルが眩しいんですよ」

小鳥「おへその穴に指を入れてこちょこちょしたくなりますね」

P「実際その衝動に駆られてやったらけらけらとこしょばがってました」

律子「やったんですか…」

P「妄想でな」

律子「そうですか」

571 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 05:30:57.60 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「でもよかったです、全身ピアス化する亜美ちゃんはいなかったんですね」

P「ピアスの種類は増えましたけどね」

小鳥「それくらいなら…もうファッションの一部でしょうから、仕方ないですよ」

律子「でも、本当にピアスしてしまわないように、一度注意しとこうと思います」

P「ああ、俺もその方がいいと思う」

律子「はい、亜美は平和に終わってよかったです」

律子「流石のプロデューサーもあの子たちには変な事をしないようで安心しました」

P「でね、小鳥さん、亜美がピアスに抵抗が無いってことはですよ?」

小鳥「まさかっ!!」

P「はい」

P「そりゃやりますよね、ニップルピアス」

小鳥「わっほい!」

律子「こらこらこらこら!」

573 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 05:39:52.24 ID:qGvTuKyD0.net

律子「え!?終わりじゃないんですか??」

P「一言も言ってないだろ?」

小鳥「本番はこれからですよ」

律子「完全に犯罪ですよ…」

P「律子、脳内ではな何をしても自由なんだよ」

小鳥「今の時代に生まれてよかったと思う今日この頃です」

律子「その妄想を外に表出した時点でアウトです!」

P「アウトラインならもうすでに超えている」

小鳥「最初っから超えてましたよね」

P「それに…俺は律子を信じている」

律子「くっ…どうせまた適当な事を言って」

P「これは本当だが、止められても話すことには変わらないんだよな」

小鳥「例え檻にぶち込まれようとも聞きたいです」

律子「どれだけの覚悟なんですか!?もっと時間を大切にしてください!!」

575 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 05:50:51.66 ID:qGvTuKyD0.net

P「戻りますけど、小鳥さん」

P「俺は一度でいいから両乳首にリングピアスをつけて、それぞれに紐をつけて」

P「胸を持ち上げてみたかったんです」

小鳥「乳首が引っ張られて、胸が上を向いていくんですね」

律子「生々しく続けないでください」

P「その通りです小鳥さん」

P「少し強めに引っ張った時の、痛そうな、でも気持ちよさげでもある」

P「顔をしかめた表情がたまらないんです」

小鳥「なるほど、なるほど、趣がありますね…!」

小鳥「でもそれってドМな千早ちゃんならやってくれそうですけど…」

P「千早は乳首が上を向くだけですよ、まあそれも可愛いんですけどね」

小鳥「くっ」

579 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 06:17:06.75 ID:qGvTuKyD0.net

P「まあとは言っても亜美もまだ子供ですし」

P「大きいとは言えないんですけど、確かにある小さなふくらみが」

P「二点を軸に右往左往、形を変えて踊るんですよ?」

小鳥「…いい」

P「でしょう」

P「四つん這いにさせて錘をつけるのもアリです」

P「初めの頃の亜美は乳首の異物感になれない様子で」

P「もじもじするんです」

P「それを見てるとついつい悪戯心がわいちゃうんですよね」

小鳥「あわわ」

581 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 06:25:22.37 ID:qGvTuKyD0.net



亜美「うー…兄ちゃん、変な感じだよ~」サスサス

P「耳とか臍とかは平気なのにか?」

亜美「おへそも最初は違和感あったよ?もう慣れたけど」

P「じゃあこれもその内慣れるさ」クイ

亜美「うぁっ!兄ちゃん引っ張り過ぎ!ちょっと痛い」ビク

P「悪い悪い」

亜美「って全然ゆるめてくれないじゃん!」

P「だって、亜美そんなに嫌そうな顔してないからな」クイクイ

亜美「んっ、そんなこと、んっ…ないもん」

P「どんな感じだ?」

亜美「分かんない…先っぽが熱くてじんじんする」

P「そうか」クイー

亜美「にゃー!?バカバカ!!兄ちゃん引っ張り過ぎだってばーっ!!」



585 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 07:08:57.32 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「亜美ちゃんトップレスなのに、いつも通りね」

P「最初は流石に恥ずかしがってましたが、慣れたらあんな感じでしたね」

P「それに今はあんな感じですが、だんだんと性の悦びを感じ始めます」

小鳥「おお!」

P「上で感じ始めてら、もちろん下ですよね」

小鳥「という事は」

P「はい、クリちゃんにピアスを」

小鳥「へんたーい!変態がここにいまーす!!」

P「全く、クリにピアスをつけて悦ぶなんて亜美はとんだ変態ですよね」

律子「あなたですよ!」

589 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 07:34:48.65 ID:qGvTuKyD0.net



P「よし出来た」

亜美「うあ…にいちゃ…!」

P「ほら亜美、見えるだろ?」

P「乳首とクリのピアスに結ばれた紐が」

亜美「…はぁはぁ」

P「この紐をまとめて引っ張れば…」クイ

亜美「あっあっ!うあっ…にぃちゃあっ!?」ビクン

P「亜美の身体を底辺とした三角錐が出来るんだぞぉ」

亜美「にいちゃ…んぅ、はぁ、はぁ…っにいちゃんっ…っ!」

P「そして、ピンと張った紐を弾けば…」

亜美「うぁっ、あんっっ!!」

P「はは、亜美という楽器の完成だ」

亜美「ぅあ…にいちゃぁん」

593 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 07:43:31.27 ID:qGvTuKyD0.net

P「弾く強さで色んな音を奏でてくれます」ピンピンピン

亜美「あっ…ふぁっ、…ぁんっっ!」

P「ホント感度良くなったよな亜美は」ナデナデ

亜美「んぅ…兄ちゃんの、せいっしょ?」

P「ああ、そうだな」

P「じゃあ俺は責任を取って、もっと亜美を気持ち良くしないとな」

亜美「あ、兄ちゃん…っ!そこはダメ…!」

P「ん~、クリにつけたリングピアス…俺の小指がぎりぎり入るくらいなんだよな」クリィ

亜美「うぁあっ!?、あふっ…んっ、んんっ…!!」

P「なぁ、亜美、今度もう少し大きくしようぜ」クニクニ

亜美「あっあっあっ…!にいちゃっ…!らめっ…ぅっ…あっ…それらめっっ!!」

595 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 07:59:13.41 ID:qGvTuKyD0.net

P「いい顔だ亜美、我慢しないでイっていいんだぞ」

亜美「あっ、にいちゃっ…はぁ、あっ、ああっ…!」

亜美「んああっっ…っ!!!」ビクッビク



P「果てた亜美はぐっすり眠ってしばらく起きませんでした」

小鳥「ふふ、天使の寝顔ですね」

P「汗だくなのがまたいいですよね」

律子「風邪引きますよ…」

小鳥(突っ込みどころが違う…律子さんも大分毒されてきたわね)

P「しかしピアスのいい所はアレですね」

P「耳とか臍では全くそうは思いませんが、胸部や陰部にするピアスは」

P「自分の所有物な感じがして独占欲が満たされます」

小鳥「そのピアスが見れるのはプロデューサーさんだけですもんね!」

律子「亜美なら見せびらかしそう…いや、ないか」

596 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 08:06:51.77 ID:qGvTuKyD0.net

P「律子…?」

律子「はっ、あ、亜美ならって話です!」

小鳥「プロデューサーさん、律子さんも」

P「ああ、妄想の才能がありそうですね」

律子「ないです!そんな才能ありません!!」

小鳥「ふふ、これから、という事ですね」

P「楽しみですね」

律子「あ~、真美は!真美はどうなんですか!?」

小鳥「おお、律子さんから話を振ってくれましたよ!!」

P「律子…成長したな」ホロリ

律子(くっ、話題を逸らしたかっただけなのに失敗したわ…!)

600 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 08:13:47.46 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「律子さん」

P「律子」

律子「あ~、もうその変に温かい目やめてください!!不愉快です!!」

小鳥「ひゃぁ!怒られましたよ、プロデューサーさん」

P「今はそれすら心地いいですね」

小鳥「そうですね」

律子「あ~~~っ」

小鳥「おっと、これ以上やるのは得策じゃないですね」

P「はい、引くときはしっかり引く、大事なことです」

小鳥「若干手遅れ感は否めませんけどね」

604 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 08:17:25.41 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「ところで真美ちゃんは亜美ちゃんと同じ性癖って事は…」

P「充分にあり得る事だと思いますが、妄想ニストの小鳥さんなら分かるでしょう」

P「双子といえど、一人の女の子」

P「個性はそれぞれなんですよ」

小鳥「さすが、さすがですプロデューサーさん」

小鳥「となると…真美ちゃんの性癖は…」

P「>>607です」

607 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 08:19:26.05 ID:pfjxqlI10.net

おもらし

629 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 11:34:55.19 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「きた」

小鳥「プロデューサーさん…きたんですよね」

小鳥「夢じゃありませんよね?」

P「ええ、夢じゃありません」

小鳥「うぉおおおおお!!お、も、ら、しー!!!!」

律子「……」

P「そんな目で見てやるな、人はそれぞれさ」

律子「いえ、あなたに対してもなんですが…」

小鳥「はぁあああ、真美ちゃんのおもらしとか、これ、え?」

小鳥「現物があれば即、換金ですよ?売れます、間違いなく!!私も欲しい!!」

P「まあ売れるでしょうねぇ…」

635 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 12:04:39.96 ID:qGvTuKyD0.net

P「小鳥さんになら共感をもらえるとは踏んでましたが」

P「そこまでテンション上げられるとは思いませんでした」

小鳥「あ、すみません…でもおもらしと聞けばテンション上がらざるを得ないでしょう」

小鳥「真美ちゃんはもちろん、やよいちゃんでも、雪歩ちゃんでも、響ちゃんでも」

小鳥「ああ、もう…!どの子だろうと一度は妄想してしまうジャンルじゃないですか!!」

P「分かります」

律子「うわぁ…」

小鳥「おもらしの反応が皆違って皆いいんです!!」

P「なんだか標語みたいになってますね」

P「では小鳥さん、真美のおもらしにはどのような妄想を?」

小鳥「真美ちゃんですか?真美ちゃんは、尿意の我慢からのおもらし、ですね!」

P「流石小鳥さん…よく分かってらっしゃる」

637 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 12:15:59.33 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「正直どの子でもやるんですけどね」

P「ですよね」

小鳥「アイドルという仕事をしてる以上、あり得ない話じゃないじゃないですか」

小鳥「ほら、この業界って時間に縛られないというか、予想以上に収録時間が延びたり」

P「ええ、逆に撮影する時間が遅れるパターンもありますね」

小鳥「その日の体調によりますし」

小鳥「誰が起こってもおかしくないおもらしだからこそ、妄想が捗るんですよね!!」

P「小鳥さんは大丈夫ですか?」

小鳥「オムツはいてますから!!」

律子「え?」

640 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 12:30:32.03 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「冗談は置いときまして、真美ちゃんですよね」

小鳥「テレビの収録のある日に、真美ちゃんは事務所でジュースを飲んでました」

小鳥「プロデューサーさんが数を間違って多く買ってしまったジュースだったので」

小鳥「真美ちゃんはいつもより少し飲みすぎちゃうんですよね」

P「いいですね」

小鳥「で、収録前に律子さんに言われるんです」

小鳥「トイレ行っときなさいよ、と」

小鳥「でも、真美ちゃんはその時は尿意の欠片も無かったですし」

小鳥「そこまで長い撮影でもない事もあってトイレに行かなかったんです」

P「この後の情景が目に浮かびますね」

641 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 12:47:28.01 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「ご想像通り、収録が長引いてしまうんですよね」

小鳥「周りは自分よりも大手の人たち、自分の都合だけでカメラを止めるわけにもいかず」

小鳥「まだ、まだ我慢できる、と押しては引いて、引いては押してくる尿意の波に耐える時間が続きます」

小鳥「身体から冷や汗が滲みでてくる、膀胱に意識を向けていないと漏れてしまう」

小鳥「収録中にもかかわらず、笑顔が消えてしまう真美ちゃん」

P「あわわ」

小鳥「そんなこんなありましたがなんとか収録は終わり、あとはトイレに向かうだけ!」

小鳥「出来るだけ早く、けれども慎重に歩を進める真美ちゃん」

小鳥「あと少しでトイレだ、もうすぐこの苦しみから解放される…!」

小鳥「あと数分後には排尿しているであろう未来を感じ、僅かに表情が緩む」

小鳥「ですけどトイレの前には清掃中の看板が」

P「アーメン」

644 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 13:07:10.59 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「別のトイレは上の階、気を緩めていた真美ちゃんには、そこまで辿りつけるわけもなく」

小鳥「我慢の限界、そしてついに…」

小鳥「止めたくとも止まらない」

小鳥「真美ちゃんのおしっこ…いえ聖水は下着を濡らし、すらっと伸びた細い脚を伝い、床に水溜りを作っていく」

P「その時の真美の心境を思うと胸が熱くなります」

小鳥「ちなみに、おもらしの時に脚に聖水が伝う様を、私は女神の涎と呼んでます」

P「だらしない女神様もいたもんですね」

小鳥「床に溜まった水は極楽の泉、濡れた足で歩き、出来た尿の軌跡をミルキーウェイと呼んでいます」

P「初めて聞きました」

律子「小鳥さんは一度頭を診てもらうべきだと思います」

650 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 13:16:52.63 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「律子さんに怒られ、亜美ちゃんにからかわれ、泣いちゃうまでが」

小鳥「一連の流れです」

P「様式美ですね」

小鳥「他にもおもらしのジャンルはおねしょも含みますし」

小鳥「おしっこだけでなく大の方もおもらしに入るんですよね!」

P「ええ、着衣失禁がおもらしの本来の意味ですからね」

小鳥「このようにおもらしには無限の可能性があるんです!」

律子「そんなドヤ顔されましても…」

P「大変素晴らしい話でしたが小鳥さん」

小鳥「なんでしょう?」

P「今、小鳥さんが語った妄想は所謂事故、今から俺が語る妄想とはまた違ったものなんです」

小鳥「!!」

652 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 13:26:24.49 ID:qGvTuKyD0.net

P「小鳥さんの真美は、不本意で、仕方なく漏らしてしまった真美です」

P「ですが今回語るべきおもらしは、性癖としてのおもらし」

P「自らおもらしをし、それを悦んでしまう真美なんです」

小鳥「おお…おもらしに夢中で私は大切な事を見失ってました!!」

小鳥「どうか、この未熟な私におもらし真美ちゃんの真髄を…!」

P「いいでしょう」

P「小鳥さんはマッサージ器を使ったりしますか?」

小鳥「あのブィィイインって振動するやつですか?」

P「はい、見る人が見れば大人の玩具に見えてしまうマッサージ器です」

小鳥「理解しました」

654 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 13:44:59.63 ID:qGvTuKyD0.net

P「本来は肩や腰にあて、コリをほぐすものなんですが」

P「どこで覚えたのか、真美は股間にあてがうんですよ」

小鳥「あれなんなんでしょうね?動物の本能なんでしょうか」

律子「小鳥さん…」

P「心地の良い振動が陰部を刺激する」

P「まだ性的な快楽を知らない真美は、何故だか分からないけど、気持ちのいいこの感じの虜になっていた」

P「おしっこが出そうな衝動に駆られる、が同時に別の何かもきてる気がする」

P「何かは分からない、でもこのまま続けたら更に気持ちよくなる気がする」

P「真美は更に強くマッサージ器を股間にあてがった」

655 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 13:48:57.54 ID:qGvTuKyD0.net



真美「んっ…はぁ…っ」ブィィィィ

真美「うぁ…っ…あっ…」

真美「あっ、あっ…やばっ…出ちゃ……うっ、あ、うあ…ぅんんっっ!!」ジュワァアア



P「少女の初めての絶頂だった」

P「この時真美は快楽に身を委ねるとともにおもらしもしてしまったんです」

小鳥「おお」

P「この経験から真美はおもらし=気持ちがいいものになってしまいました」

小鳥「最高です」

658 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 14:18:33.32 ID:qGvTuKyD0.net

P「もちろん、中学生にもなっておもらしなんて言語道断」

P「誰にも知られるわけにいかない、そうそれが例え血を分けた亜美であろうとも」

P「しかし…おもらしの快楽は忘れがたきもの」

小鳥「いいわ、いいわよ」

P「真美は密かにおもらしをして、誰にも知られないように努めました」

P「誰かに知られるかもしれないスリルは、おもらしを更に増長させるには充分でした」

律子「……」

小鳥「それからどうなるんですか?」

P「ある日、真美の仕事が終わり楽屋へ迎えに行って事務所に帰る時でした」

P「真美が忘れ物をしたというから、真美の代わりに俺が取りに行きました」

P「無事忘れ物を取り、戻ろうとしたんですけど、ふとさっきまで真美が座っていた椅子に目が行きました」

P「少し濡れてるんですよね、でも水か何か冷たいものでも置いててついたのかもしれないと」

P「初めは気にも止めませんでした」

660 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 14:29:48.28 ID:qGvTuKyD0.net

P「ですけど、車の座席がや事務所のソファーが若干湿ってる事が時々あって」

P「どれも真美がいた時に起こるんですよ」

P「流石に怪しく思い、真美を注意深く見ていると」

P「皆と楽しそうに談笑してるときに一瞬真美の顔が強張ったんです」

P「で、皆が去った後確認してみると濡れている…これで確信しました」

P「真美はおもらしをしている…と」

小鳥「どきどき」

P「それを知ったらもうアレですよね」

P「おもらししてる所がみたいですよね」

小鳥「わかります!!!」

663 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 14:39:07.74 ID:qGvTuKyD0.net



真美「ねぇ兄ちゃん!久しぶりに二人だね!」

P「ああ、今日は小鳥さんも出ているからな」

真美「真美も今日はもうお仕事終わりだしさ、たくさん遊べるよ?」

P「俺は仕事があんの」

真美「んっふっふ~、何して遊ぶ?ゲーム?かくれんぼ?」

P「だから…」

真美「いいじゃん!お仕事なんか後回しにしてさ、真美と遊ぼうよ」

真美「兄ちゃんがやりたい事でいいから」

P「ホントか?」

真美「うん!」

P「じゃあ真美のおもらしが見たい」

真美「へ?」

667 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 14:46:04.98 ID:qGvTuKyD0.net

真美「あ、あは…兄ちゃん何言ってんの?するわけないっしょ!!」

P「真美のおもらしが見たい」

真美「うあうあ~!兄ちゃんが壊れちゃったよ→!!」

P「まあ別にしなくてもいいけど…」

真美「だ、だよね…はぁ、よかった、兄ちゃんが警察のお世話にならなくて」

P「お前がこっそりおもらししてる事を亜美たちに教えようかな」

真美「!!」

真美「え…兄ちゃん?」

P「どうした?」

真美「なんで知って…ううん!真美がそんなことするわけないっしょ!?」

669 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 14:55:37.37 ID:qGvTuKyD0.net

P「そうか、してないのか」

真美「当たり前っしょ?真美もう中学生なんだからね!」

P「ソファーたまに濡れてたぞ」

真美「うそ!?そんなはず…!」

P「ん?」

真美「……兄ちゃん、真美を騙した?」

P「いや、事実」

真美「……うあ」カァア

P「おもらししてたこと、認めるんだな?」

真美「兄ちゃん、誰にも言わないで!!お願いっ!」

670 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 15:03:30.43 ID:qGvTuKyD0.net

P「どうしようかな~」

真美「お願い!!兄ちゃん!!亜美に知られたら何言われるか分かったもんじゃないよ!」

P「でもなぁ、いたるところにマーキングされても困るんだよな」

真美「うぅ…お願い…兄ちゃん…お願い…!」ウル

P「真美が何かしてくれたら考えようかな」

真美「する!なんでもするから…っ!!」

P「そうか、なら黙っといてやる」

真美「ホント!?」

P「ああ、プロデューサーに二言はない」

真美「絶対だよ!?」

P「分かったって」

672 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 15:08:12.42 ID:qGvTuKyD0.net

真美「で、真美は何をすればいいの?」

P「え?だからおもらし」

真美「え?」

P「最初に言っただろ?真美のおもらしが見たいって」

真美「うあ…確かに言ってたけど…」

P「出来ないのか?出来ないなら…」

真美「う、あ、やる!やるってば…!」

P「えらいぞ」

真美「うぅ…」

674 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 15:12:39.98 ID:qGvTuKyD0.net

真美「に、兄ちゃん…ホントに、するの?」

P「それが条件だからな」

真美「…っ、うう…恥ずかしいよぅ」

真美「あ、兄ちゃん後ろ向いてて!」

P「それじゃ意味ないだろうが」

真美「むぅー、ケチ!」

P「早くしないと、誰か帰ってくるかもしれないぞ?」

真美「うぁ…わ、分かったよ兄ちゃん」

真美「じゃ、じゃぁ…するよ…?」

P「ああ」

676 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 15:20:00.12 ID:qGvTuKyD0.net

真美「ふぅふぅ………」

真美「……」チラ

P「……」ジー

真美「うあ……」

真美「……っ」

真美「…んっ……んぁっ」ジワァ

真美「っ…っ…うぁっ……ふぅんっっ!!」ポタポタ



P「口をだらしなく開き、目に涙を浮かべ、トマトのように顔を真っ赤にしながら」

P「おもらしをする真美は、今まで見た中で一番可愛かったです」

P「股を抑えて膝から崩れるのを見るや否や」

P「力いっぱい抱きしめてました」

小鳥「真美ちゃんのおもらしに、乾杯!!」

677 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 15:25:27.04 ID:qGvTuKyD0.net

律子「……」

P「律子?」

律子「いえ、今までの会話を社長とかに教えたらどうなるんですかねぇ、って思ってるだけです」

小鳥「やめてください、なんでもしますから!!」

P「社会的に死んでしまう!!」

小鳥「おもら死はいや!!」

律子「じゃあ、ちゃんと仕事してくれますか?」

P「まだ諦めてなかったのか」

律子「自分の負担を減らすためでもあるんです」

小鳥「うぅ…ちゃんと働きますからぁ」

小鳥「でもあと一人、あずささんだけ、あずささんだけ聞かせてください!!」

小鳥「最後なんですぅ!!」

律子「はぁ…ホント仕方のない人ですね」

679 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 15:31:20.41 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「やった!プロデューサーさん、OKが出ました」

小鳥「待ちに待ったおおとり、あずささんですよ!!」

小鳥「おっとりどたぷーん迷子のあずささんは」

小鳥「いったいどんな性癖の持ち主なんでしょうかぁ!!」

P「最後はあずささんですか」

P「あずささんはですね」

P「>>682です」

608 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 08:19:27.60 ID:NDYKLh99a.net

鬼畜子宮責め

682 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 15:32:58.16 ID:PcBO18UG0.net

>>608

751 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 21:41:36.94 ID:qGvTuKyD0.net

小鳥「鬼畜子宮責めですか…」

P「はい」

小鳥「最後にとんでもないのが来ましたね」

小鳥「その言葉を聞くだけでもうすでにどきどきしちゃうんですけど」

小鳥「一体どんな妄想の末そこに行きついたんですか?」

P「そうですね、やっぱりあずささんと言えば胸、おっぱい、乳、ですね」

P「もちろんあずささんの魅力は胸だけではありませんが、どうしても外せないワードである事は間違いないでしょう」

小鳥「はい」

P「授乳に搾乳はもちろんのこと、乳という乳をこれでもかというくらい弄り倒して俺はここに立ってます」

P「時に幼児退行してその母性の塊にむしゃぶりついたり」

P「逆に幼児退行させて、風呂やら飯やらなんでもお世話してみたり」

P「語れば朝が来るくらいにはあずささんで妄想しています」

小鳥「素晴らしいです」

756 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 21:53:51.35 ID:qGvTuKyD0.net

P「どうしても性的な妄想を真っ先に思い浮かべてしまうんですが」

P「これは男の悲しい性でしょう」

P「ああ、あずささんに包まれていつまでも寝ていたい」

P「あずささんを抱きしめて一日中過ごしたい」

小鳥「分かります!!」

P「もちろん普通の妄想もしますよ?」

P「あずささんと手をつないでくだらない事を話しながら散歩したり」

小鳥「気がつけば見知らぬ土地に来てるんですよね」

P「はい、また迷いましたねって笑いながら帰り道を探し、また迷う」

P「それでも楽しいんですよね、いえ、それが楽しいんです」

P「あずささんといるだけで落ち着くんですよね」

P「安心するというか、自然と穏やかになるというか」

小鳥「あの聖母のような微笑みに何度癒された事でしょう」

760 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 22:12:18.35 ID:qGvTuKyD0.net

P「公園のベンチに座って、いい天気ですねぇというあずささんの声を聞いて」

P「そのまま2時間会話もなく、ただぼーっとするだけで、一日の仕事の疲れが取れた事もありました」

小鳥「沈黙が苦しくないって本当いいですよね」

P「はい、無音すら心地良くて、気がつけばあずささんの膝の上で眠っていたり」

小鳥「膝枕…!いいですねぇ」

P「目が覚めた時の無言の微笑み…あれは反則です」

小鳥「んぁあ、萌えますねぇ~っ!!」

小鳥「そんな柔らかな妄想をしてしまうあずささんですが」

小鳥「これから鬼畜な責めに行っちゃうんですよね…?」

P「そうですね、穏やかな妄想があれば、その逆もあるという事です」

小鳥「ああ、あずささんがめちゃくちゃにされちゃうんですね」

P「あのおっとりとしたあずささんの余裕の無くなった顔は」

P「今思い出しても、胸を強く絞めつけてきますね…性的意味で」

小鳥「聞くのが楽しみな半面、怖さもありますが…お願いします」

765 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 22:36:21.56 ID:qGvTuKyD0.net

P「あずささんはあの性格ですから」

P「こっちのお願いをほとんど二つ返事できいてくれるんです」

小鳥「本当にダメな事は優しく諭してくれますしね」

P「はい、で、妄想で何度も抱くのはもちろんなんですけど」

P「どんなプレイも付き合ってくれるんですよ」

P「あまりにハードなのは少したじろぐんですが、どうしてもってお願いすると最後には了承してくれるんです」

小鳥「あずささん…人が良過ぎます、分かりますけど」

P「こんなあずささんですからね、ふと気になるんですよ」

P「一体、どこまでやったら怒られるのか、むしろどこまで出来るのだろうか、と」

P「好奇心が勝ってしまった俺は、あずささんにお願いするんです」

P「ポルチオセックスさせてくださいって」

小鳥「……!」ガタ

772 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 22:57:08.33 ID:qGvTuKyD0.net

P「もちろんすぐに開発ではないので」

P「了承をもらってから、少しずつ、膣奥で感じるようにしていきました」

小鳥「あわわ」

P「そして…」



あずさ「あっ…!ふぅ、ん……っ!」ビクン

P「感度が良くなりましたね」

あずさ「はぁはぁ…はい、気持ち良かったです」

P「可愛かったですよ」

あずさ「ふふ、ありがとうございます」

P「それじゃ、そろそろ本番と行きましょうか」

あずさ「え?まだあるんですか…?」

P「これくらいはまだ序の口ですよ、これからですよ」

あずさ「あら~」

778 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 23:12:20.34 ID:qGvTuKyD0.net

P「指…入れますね?」ツプ

あずさ「は…ぃんっ…!」

P「指が奥に入っていくのが分かりますか?」

あずさ「は…っ…はぃ…」

P「……っと」クニ

あずさ「はぅんっ」ピク

P「あずささん、どんな感じですか?」

あずさ「はぁ、はぁ…プロデューサーさんの…んっ」

あずさ「指が…奥まで…ふんっ…きてます」

P「はい、ここでイクのが今まででしたね」

P「でも、これからは…」クニクニクニクニ

あずさ「あっ…はぁ…ふぅ…んっ…」

P(一定のリズムでポルチオと膣壁を刺激していく…)

P「どうですか?あずささん、気持ちいいですか?」

あずさ「あっ、はっ…はぃんっ…はぁっ…きもちっ……んんっ、…いいでっ、すぅ…」

780 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 23:20:26.08 ID:qGvTuKyD0.net

P「すごくやらしい顔してますよ」クチュクチュ

あずさ「あっ、やっ…はっ…はずか、…しいっ…です…っ…んっ」

P「イきたくなったら、好きにイってくださいね」

あずさ「んっ、あっ…はぅっ…ふっ…ぅんっっ」ビクン

P「お、軽くイきましたね…」

あずさ「あっあっ、ぷろでゅっさ…っさぁ…んっっ…あっ」

あずさ「あ、あぁっ…イったばか…っ、り…っっだから…っ!!」

あずさ「だめっ…はぁんっ…だめですっ…んぅっ…んっ……っ…あぁあっ…・っっ!!」ビクビクビク

P「いいですよ、あずささん、すごくエロいです」クチャァ

あずさ「はぁはぁ…」

P「次はこれを使いましょう」ヴィィィィイン

あずさ「えっ…あっ…ま、まって…っ!」ビクン!

784 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 23:34:15.33 ID:qGvTuKyD0.net

あずさ「んんっ…!!」

P「結構太めのバイブなのに、簡単に飲み込みましたね」ズププププ

あずさ「あっあっ…あっはぁっ……っ…ふぅん……はぁ、はぁ…んぁっ…」

P「お、奥まで届きましたね、分かりますか?」

あずさ「んぅっ……は…い……っ…っ…」

P「軽くイき続けてるようですね、じゃあ振動を強くします」ヴヴヴヴヴヴ

あずさ「はぁああんっあぁっあっあっ!!んぁっ…っはぁ…あっ…あんっ…!」

P「はは、やっぱりあずささんは激しめの方が好きなんですね」グリグリ

あずさ「んぁああっっあっぁっ…ぷろでゅ…さ…っっ…ぁあんっ…っっ!!」

あずさ「あっあぁああっ…!きちゃうっきちゃっ!おっ…っくっ…らめっ…あっ、あっ、あっ、あっ」

あずさ「……っ!!…っ――っっっ!!」プシャァア

788 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/26 23:45:51.17 ID:qGvTuKyD0.net

あずさ「ぁ……はぁっ……っ…はぁはぁっ…」ピクピク

P「あずささん…あずささん」

あずさ「んぁっ」ビク

P「肩に触れただけで軽くイきましたね…痙攣もしてるし」

P「いい感じですよあずささん、それじゃその状態で俺のモノを入れちゃいますね」

あずさ「ふぁ…っ?」

P「いきますよぉ?」ヌプ、ヌププププ

あずさ「んぃいいっ!!?あっはぁあああんっっ……っっ!!!」ビクビクッ

P「くぁあ…凄い締め付けですよあずささん…!」ヌヌヌ

あずさ「らめっ…らぇれすっ…ぷろりゅ~さぁさぁぁあんっっ」

P「ゆっくり、奥まで…入れる…ついた」コツン

あずさ「はぁあんっっ…!!あっあっ…っこわれっる…はぁあっん…こわれちゃうっっ…っ!!」

P「亀頭を中心にぐりぐりと攻めていけば」グリグリ

あずさ「んぁああああっっっ!!?!!!??」ビクビクビク7

862 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 14:21:20.72 ID:XDMtSHqf0.net

P「うぁ…すごい締め付けだ…っ!」グリィ

あずさ「あああっ…あっはぁあっ…んぃっっくぅっ…っっ!!」

P「今度は激しくいきますよ…!!」ズッズッ!!

あずさ「あんぁっっ!!?はぃんっんっんっ…!!あぇっ、あええふっ…んんんっ!!」

P「っはぁ…何言ってるか、はぁ…っ、分かりませんよ…っ!あずささん」

あずさ「うぃっ…っっ!!ういえしゅっっ…はっ…ぁああああっ…っっ!!」プシャ

P「あずささん…そろそろイきますよ…っ」ズッッズッッズッッ

あずさ「あぁあっあっ…んっんんぅっはぁっんんっ、はっはっんぅんぁああっっっ!!!」ビク、ビク、ビク!!

P「くっ…ぁああっ!」ドク、ドク、ドク

P「はぁ…はぁ…」

あずさ「あっ…あっ…」

867 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 14:39:13.92 ID:XDMtSHqf0.net

P「やりましたね、あずささん…初のポルチオアクメですよ」サワ

あずさ「ぁ、んっっ!」ビクン



P「涙と鼻水と涎で顔をぐしゃぐしゃなのにもかかわらず」

P「あずささんは、とても綺麗で、その濃艶な姿は、果てた端から情欲を掻き立てました」

小鳥「あわわ…あのあずささんがとんでもない事になってますけど…」

P「言いたい事は分かります、小鳥さん、子宮責めですよね?」

P「それはこれからですよ」

小鳥「ええ!?この状態のあずささんに…ですか?」

P「ええ、あずささんには子宮責めに病みつきになってもらいたくて」

小鳥「鬼畜…本物の鬼畜だわ…プロデューサーさんは」

P「俺はただ純粋にあずささんに気持ち良くなってもらいたいだけですよ」

869 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 14:56:17.11 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「ふむぅ…聞くのが少し怖いですけど、ここまで来ましたからね」

小鳥「是非お聞かせ願いましょう!!」

P「分かりました」

P「今のあずささんは、ポルチオ性感による快楽で、普段の何十倍も敏感になってます」

小鳥「少し触れるくらいでイってしまいますもんね」

P「はい、で、子宮を責める道具はいろいろあるんですけど」

P「俺はどうも道具で責めるのはあんまり好きではないようなんです」

小鳥「という事は…」

P「貴音の時は拳まででしたが、あずささんには…腕まで入れさせてもらいました」

小鳥「はぅ…聞いただけであそこがキュウってなっちゃいます」

小鳥「はっ、この感覚が俗にいう玉ひゅん…!!」

P「かもしれませんね」

872 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 15:15:23.86 ID:XDMtSHqf0.net

P「イき過ぎて抵抗できないあずささんの恥部に手を触れます」

P「それだけでまた軽くイくあずささん、手に力を込めて、じっくりと時間をかけながら、膣内に侵入していきます」

P「聞こえるのは激しい息遣い、そして喘ぎ声とも悲鳴ともつかない叫び声」

小鳥「はぁはぁ…」

P「拳が子宮口にとどく頃には意識を混濁させ、小刻みに痙攣していました」



P「あずささ~ん?」

あずさ「ぁ…っ、…っ、…ぅ…っ」ビクッ…ビクッ

P「あずささん、これから子宮に手を入れますよ?いいですか?」

あずさ「…っ…はぁ、はぁ、…っ……っ」

P「手首の締め付けは同意と取りますね」グヌヌ…

あずさ「んぉおっっ!!??!はぁぁああんぁあっ?!!?」ガクガク

874 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 15:36:09.21 ID:XDMtSHqf0.net

P「まだ入り口を少し通過したくらいですよ」グッググッ

あずさ「あぁぁあああぁっっっ!!!!」

あずさ「んぎぃいいぃいいっっ!!!っ…いぁっっん゛っん゛ん゛っっっ…!!」

P「はは、すごい声だ…ああ、あずささんの膣内…本当に温かいですね」グププププ

あずさ「あ゛っはぁあぁっぁあ゛っぁあああっっっっ!!?!?!?」プシ

P「腕が半分くらい入りましたよ…あ、ここが子宮内かな…あずささん分かりますか?」グニン

あずさ「―~っ…―~~っ……―っ」ガクガクガク

P「あずささ~ん…ダメだ聞いてない…じゃあ好き勝手動かしますよっ」グィ

あずさ「おほぉぉおおおっっっ!!?!??」バンバン

P「ほら、あずささん分かりますか!?子宮の内壁を持ち上げて、お腹が盛り上がってますよ!!」グィイ

あずさ「お゛っ、お゛っ、お゛、んぉぉおお゛っっっっ!!!!」プシャァアアアア

880 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 16:05:53.42 ID:XDMtSHqf0.net



P「身を捩るという言葉がこれほど合う瞬間は他にはなかったですね」

P「手を、足を、頭を、激しくばたつかせ、悶え狂うあずささん」

P「彼女が感じているのは苦痛か快楽か、俺には分かりませんけど」

P「何かから逃れようと藻掻く様はとても哀れで、何より愛おしく感じました」

P「それ故、子宮を掻き混ぜる腕を止める訳にはいかなかった」

P「腕を止める頃には、白目を向いて、舌をだらしなく垂らし、声ともならない声で啼きながら痙攣していました」

P「その姿は、普段のあずささんの見る影もありませんでした」

小鳥「ぴよ…」

P「それからのあずささんは、もう普通のセックスではイケない身体になってしまいました」

小鳥「これだけされれば仕方のないですよね」

P「そう言えば律子が静かですけど…」

律子「あ、終わりました?」

小鳥「あれ?律子さん聞いてなかったんですか?」

883 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 16:25:59.50 ID:XDMtSHqf0.net

律子「流石にヤバそうなワードが聞こえてきましたからね」

小鳥「ええ!?もったいない…!」

律子「それに…」ドン

律子「お二人に、今日中に仕上げてもらいたい書類をまとめていましたので」

P「は…?」

律子「仕事、妄想が終わったらするって言ってましたよね?」ニコ

小鳥「あ…あはは…」

P「一日で終わる量じゃないぞ…」

律子「ぜ~んぶ終わるまで帰らせませんからね~!!」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん…これは本気の目ですよ」

P「こ、小鳥さん…今こそ妄想で現実逃避を…!」

小鳥「はっ…!ナイス判断ですプロデューサーさん!!」

887 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 16:35:51.04 ID:XDMtSHqf0.net

律子「させると思いますか?」スッ

小鳥「ああ!プロデューサーさん!律子さんの最終兵器、ハリセンですよ!!」

P「どんな妄想も一瞬で現実に戻す鋼鉄製のハリセン…くっ、ここまでか」

律子「ちゃんと仕事すれば、少しくらいの妄想は赦してあげますから」

小鳥「律子さん…!」

P「律子…!」

律子「分かったらさっさと仕事に移る!!」

P・小鳥「はい!!」

※妄想は中毒性がございますので、用法用量にご注意ください


第一部  P「アイドルがそれぞれ異常性癖をもっている」
第二部 小鳥「アイドルがそれぞれ異常性癖をもっている」

                               姦!!

894 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 16:47:02.97 ID:XDMtSHqf0.net

―おまけ

律子「そう言えばプロデューサー殿」

P「どうした」

律子「アイドルたちでアレだけめちゃくちゃな妄想をするのに」

律子「小鳥さんでは妄想しないんですか?」

小鳥「!!」ガタ

律子「いえ、ふと疑問に思っただけなので、別に答えなくていいですけど」

P「小鳥さんか…」

小鳥「…!…!!」ガタガタッ

P「もちろんするに決まってるでしょう!」

小鳥「うぇえええええええええいい!!!!」

小鳥「流石プロデューサーさん!!信じてましたよ!!」

律子「本当、どうしようもない変態ですね」

小鳥「さあ、プロデューサーさん!話して下さい!!さあ!遠慮なく!!」

P「小鳥さんは…>>898です」

899 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 16:48:57.77 ID:msk+p0Vm0.net

短小包茎チンカス好き

904 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 17:00:38.66 ID:XDMtSHqf0.net

P「短小包茎チンカス好きです」

律子「……」

小鳥「ふふふ、そうそう、処女の私には短小くらいがちょうどいいんですよ!」

小鳥「皮被ってた方がズルむけより可愛いですもんね!」

小鳥「チンカスはお姉さんが綺麗に舐めとってあ・げ・る…!!」

小鳥「って誰が処女やねーん…!私はビッチですよ!男を毎日のようにとっかえ引っ返してます」

P「……」

小鳥「ホントですよ!?処女かけてもいいです…!!」

小鳥「はぁはぁ…」

P「満足しましたか?」

小鳥「はい」

908 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 17:19:23.38 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「まあ、汚れは私の分野みたいなもんですし」

小鳥「ある程度は予測してましたが…」

小鳥「プロデューサーさんの中で私をどう妄想したらそこに行きつくんですか!?」

P「え?小鳥さんならではだと思ったんですけど」

小鳥「ええ!?」

P「いや、そりゃ普通の妄想もしますよ?」

P「小鳥さんだって他の子に負けないくらいの魅惑のボディをもっていますからね」

P「何より絶対領域、ミニスカにニーソの組み合わせ、しかも太腿の肉が少し余ってるという」

P「これはもう誘ってますよね」

P「ニーソに指を入れて優しく撫でる愛撫を何度した事か」

小鳥「あぅぅ」ドキドキ

P「それに涙もろい所も頂けませんね、小鳥さんの涙を見るたびに抱きしめてしまいたくなりますから」

912 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 17:31:38.47 ID:XDMtSHqf0.net

P「あと、なんと言ってもお酒ですね」

P「居酒屋で酔い潰れた小鳥さんをお持ちかえりして」

P「めちゃくちゃセックスする妄想は鉄板中の鉄板です」

小鳥「それは私もやりました!!」

P「分かってますよ」

P「そんな妄想をしつつ、現実に起きないかなと、妄想で上手くいったシチュエーションを」

P「実際に居酒屋で試してみる小鳥さんを妄想して送り狼になる俺を妄想してる事も分かっています」

小鳥「ちょっと妄想がゲシュタルト崩壊してきました」

P「妄想ニストの職業病ですね」

P「そもそも小鳥さんは俺と同じく妄想壁が過ぎるじゃないですか」

小鳥「はい」

P「するとね、大抵の事がかぶってしまうんですよ」

914 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 17:41:43.98 ID:XDMtSHqf0.net

P「小鳥さんの異常性癖は行き過ぎた妄想壁で終わってるんですけど」

P「それじゃあ俺の中の小鳥さんは満足してくれないんです」

小鳥「…なるほど」

P「浣腸プレイ、拘束プレイ、凌辱、スカトロ」

P「他のアイドルにした妄想、どれをとっても小鳥さんなら異常じゃないかもって思ってしまうんですよね」

小鳥「それは言い過ぎじゃないですか?」

P「すみません、俺も異常と正常の違いが分からなくなってきてます」

P「が、結局何が言いたいかって言いますと」

P「小鳥さんが妄想しなさそうな性癖にするのが一番だと思った、ということです」

小鳥「理解しました」

915 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 17:47:57.26 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「確かに何かをされる妄想より何かをする妄想の方が圧倒的に多いですし」

小鳥「される妄想にしたって、やっぱり自分のされたい願望が先に来ますからね」

P「はい」

小鳥「納得したら、さっそく詳細が知りたくなってきました!」

小鳥「プロデューサーさん、お願いします」

P「……」

小鳥「プロデューサーさん…?」

P「実はですね」

小鳥「はい?」

P「小鳥さんの性癖は、俺のコンプレックスだったとしたら」

P「どう思います?」

小鳥「ぴよ!?」

918 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 17:59:06.28 ID:XDMtSHqf0.net

P「俺が、短小包茎で、チンカスがすぐに溜まるような奴で」

P「自分の分身じゃないかと思うくらい仲のいい同僚、それも女性である小鳥さんに」

P「舐めとってもらいたい、そんな願望が口をついて出たんだとしたら、どうします?」

小鳥「えぇ!?も、妄想ですよね!??」

P「試してみます?」カチャカチャ

小鳥「ぷぷぷぷぷプロデューサーさん!!?!?」

小鳥「なな、何してるんですか!?律子さんのハリセンが飛んできますよっていない!?」

P「……」スッ

小鳥「ああ!?だ、ダメですよプロデューサーさん…!」

小鳥「こういう事は妄想の中だけでするのがお約束のはず…!」

P「本当に妄想だけでいいんですか?本当は実際にやってみたいと思ってるんじゃないんですか?」

小鳥「それは…」

921 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 18:05:14.73 ID:XDMtSHqf0.net

P「小鳥さん、目を開けてください」

P「貴女の目には何が映りますか?」

小鳥「あ…あぁ」カァア

P「どうです?小さいでしょう…」

小鳥「え?あ、あの…は、初めてみたので…分かりません…」ドギマギ

P「やっぱみっともないですよね…こんなの」

小鳥「あ…いや私はき、気にしないです…!それに…可愛いと思います」

P「いえ、無理しなくていいんです、すみません、完全にやり過ぎました」

P「セクハラで訴えられてもおかしくないですよね」

小鳥「あ、仕舞わないでください!!」

P「…え?」

924 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 18:18:05.90 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「プロデューサーさん…私も…ですね」

小鳥「妄想だけで満足…しなくちゃいけないと思い込んでましたが」

小鳥「やっぱり現実で、見て、触って、舐めて、感じたいと…ずっと思ってました」

P「小鳥さん」

小鳥「それにセクハラなんてあんな妄想語ってる時点でアウトですよ」

P「はは…」

小鳥「プロデューサーさん、私たちって似た者同士じゃないですか」

小鳥「そんな二人がここまで同じ事を考えてて、そして今現実でチャンスが巡ってきたんです」

小鳥「掴まないと損だと思いませんか?」

P「小鳥さん…でもいいんですか?俺のは…こんなんなんですよ?」

小鳥「そりゃプロデューサーさんのナニはもっと大きなものを想像してましたけど」

小鳥「そんなこと関係ありません、今は妄想じゃなくて現実にいるんですよ?」

小鳥「それに最初に言ったじゃないですか、処女の私には短小くらいがちょうどいいんです」

P「小鳥さん…!」

925 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 18:22:27.37 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「更に言うとですね、プロデューサーさん…のなら」

小鳥「チンカスくらいいくらでも舐められますよ!」

P「ぅあ…っ」ピン

小鳥「え…あ…」カァ

小鳥「おっきく…なるじゃないですか」

P「はは、そんなこと言ってくれるのは小鳥さんだけですよ」

小鳥「えっと…どうしたらいいですか?」

P「そうですね…それじゃ…触ってみてもらえます?」

小鳥「はい…」サワ

P「うっ…あ」

928 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 18:30:38.84 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「わぁ…妄想よりも…ぐにぐにしてます…温かい…」ニギニギ

P「お、俺も…小鳥さんの手が冷たくて…妄想なんかより全然っ…気持ちいい…です」

小鳥「……あむっ」パク

P「ぅああっ!?こ、小鳥さん」

小鳥「んっ…ふぅ…っ、すごい…こんな味なんですね…っ」レロ

P「ふっ…くぁ…っ」ハァハァ

小鳥「初めて…んむ…っ…ですから…むちゅっ…下手かも……ちゅるっ…しれませんが」

P「あ、はぁっ…いい、っ…いいですよ、小鳥さん…!」

小鳥「ぷはっ…皮…むいてみてもいいですか?」

P「…はい」

小鳥「……」グイ

P「…っ」

929 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 18:36:12.38 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「…わぁ、ホントにチンカスが溜まってますよ?」

P「すみません…昨日は風呂に入る時間がなくて」

小鳥「仕方ないですね、お姉さんが綺麗にしてあげます…んっ」レロォオ

P「ああっ…!き、汚い…ですよ…!」

小鳥「んむ…んむ……ん」

小鳥「でも舐めて欲しかったんですよね?」

P「……はい」

小鳥「ふふ」

P「どうしたんですか?」

小鳥「いえ、私ったら本当にプロデューサーさんが妄想した女だったみたいです」

P「え?」

小鳥「短小包茎チンカス好き…かもしれないって言ってるんです…!」

小鳥「もちろん、プロデューサーさん限定ですけどね!!」

P「小鳥さん…!」

937 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 18:46:31.59 ID:XDMtSHqf0.net

P「小鳥さん…俺、もう我慢できません」

小鳥「プロデューサーさんは…私で、いいんですか?」

P「当たり前じゃないですか」

小鳥「私みたいなおばさんより、若くて可愛い子が周りにはたくさんいますよ?」

P「小鳥さん…いや、小鳥」

小鳥「は、はい!」ドキ

P「俺は他の誰でもない小鳥が…お前がいいんだ」

小鳥「!」

P「妄想だろうが現実だろうが関係ない」

P「小鳥…お前を、抱きたい…お前はどうなんだ?」

小鳥「……私も…私もプロデューサーさんと同じです」

小鳥「抱いて…!プロデューサーさん!!」

P「小鳥!」ギュウウ

944 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 18:53:32.72 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「でも…あの、初めてだから…優しくお願いしますね?」

P「いや、俺も小鳥を満足させられるかどうか…」

小鳥「……」

P「……」

小鳥「ぷっ」

P「あはははは」

小鳥「プロデューサーさん」

P「小鳥」

小鳥「私たちには他の人にはないスキルがあるじゃないですか!」

P「ああ、予行練習から非現実なことまでなんでもござれ」

小鳥「妄想の力を借りれば気持ち良くなる事なんて造作もないわ!」

P「妄想と現実の一体化が起こるなんて考えもしなかった」

小鳥「私たちだから、出来る事ですね」

P「ベストパートナー、それ以上の言葉は無い」

946 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 19:02:58.50 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「ですけど、最初はやっぱり、優しいキスから…がいいわ」

P「小鳥…」スッ

小鳥「プロデューサーさん…ん~

―さん

…と…さん!

律子「小鳥さん!!」バシィイン

小鳥「ふべらっ!!」

律子「ったく、しっかりしてください」

小鳥「え?あれ…!?夢?現実…?妄想!?」

律子「何言ってるんですか?訳分かんないのはいつもの事ですけど」

律子「仕事はちゃんとしてくださいよ」

小鳥「あ…はい、すみません律子さん…」

P「はは、全く小鳥は仕方ないな」

小鳥「えっ!?」

948 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/11/27 19:13:21.82 ID:XDMtSHqf0.net

小鳥「プロデューサーさん!い、今なんと…!?」

P「え?仕方ないですねって言ったんですよ」

小鳥「その前ですっ…て、あれ?」

P「どうしたんですか?寝ぼけてるんでしたら顔を洗ってきたらどうです?」

小鳥「え、あ…はい、そうですね、そうします」

小鳥「…?」

小鳥(アレは一体何だったんだろう)

小鳥(妄想だったのか現実だったのか…)

小鳥「……」

小鳥(ま、いっか!)

小鳥(夢だろうとなんだろうと素敵な体験が出来たんだから)

小鳥「よし、今日もいっぱい頑張るぞーっ!!」パァン

どこまでが現実で、どこまでが妄想か…それは想像にお任せする

                                    了


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1416778432/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP