PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:25:57.41 ID:PBiFwQ5k0.net

アシタカ「これなら誰にも見られずにすむ。おいで、モロ」

モロ「アシタカよ。本当に、やるのか?」

アシタカ「怖いのか?」

モロ「恐れなど無い。貴様のような人間に、何を恐れる必要があると言うのだ」

アシタカ「ならばそう警戒しないでくれ。力を抜いて、そこに横たわるといい」

モロ「……少し待て、泉で汚れを落とす」

アシタカ「待てない」

モロ「だが」

アシタカ「汗臭いのではないかと気にかけているのだろう? 私は気にしない」

モロ「知ったような口を……! 私はそのようなことなど気にかけてはいない」

モロ「小僧、私を導くつもりでいるなよ。私から見れば、貴様など赤子も同然なのだからな」

アシタカ「そなたは幾百という年月の中であらゆる知見を得ているだろうが、色事についてはまだまだ未熟だろう」

モロ「我が息子がふたりいる、その意味がわからぬほど愚かではあるまい」

アシカタ「単なる交尾と、愛のある交わりは違う。さあモロ、少し撫でるよ」サワッ

モロ「ン……っ///」

2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:26:33.92 ID:TWGg+jKS0.net

マニアックすぎる

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:27:11.24 ID:PI5Itz7n0.net

さんかと思ったら‥

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:28:18.02 ID:tqDHcPjE0.net

(美輪明宏の声ってことを忘れてるのか)

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:28:19.19 ID:JulBxUBt0.net

美輪ボイスで喘がれても戸惑う

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:29:17.24 ID:cdZmgR6W0.net

舐めろ!小僧!!

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:32:41.45 ID:PBiFwQ5k0.net

アシカタ「気分はどうだ? 私の感触は、悪くはないが」

モロ「フン、何も感じぬ……」

アシタカ「そうか。ならもう少し、強く触ってみよう」

ナデナデ

モロ「ふぅん///」

アシタカ「森が静かだ……モロの声がよく響く」

モロ「悦に浸っているのか……? 私の乳房を撫で回し、よがり声をあげさせたと?」

アシタカ「そんなつもりはないさ。ただ、モロが喜んでくれるのなら、私も嬉しいよ」

モロ「アシタカ……」

アシタカ「良い毛並だ……月明かりを反射している……美しい」

モロ「だ、黙れ小僧……///」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:34:19.83 ID:3Ec84oxc0.net

名言でましたー

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:34:24.05 ID:7uoL04nt0.net

エロいのにエロくない

31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:36:56.50 ID:PBiFwQ5k0.net

アシタカ「顔を埋めても構わないかな」

モロ「……好きにしろ」

ポフッ

アシタカ「……ん、ふぅー」

モロ「…………アシタカよ」

アシタカ「大丈夫だ、汗臭くなんかない。今日はたくさん走ったから、気にしているのだろう?」

モロ「フン……人間は獣の匂いを嫌うからな」

アシタカ「私は違う。モロ、そなたの匂いが好きだ」

モロ「……っ!」

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:39:35.90 ID:00rxRZWx0.net

なんだこれ脳内再生余裕なんだけど
俺疲れてんのかな

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:42:59.45 ID:PBiFwQ5k0.net

アシタカ「………はぁ、はぁ」

ツンツン

モロ「……小僧! 何かが当たっているぞ……!」

アシタカ「私の張りつめた弓は限界のようだ……弦が震えてしまっている……!」

アシタカ「ここ数日、自慰行為を慎んでいたからな……!」

モロ「欲を抑えこんでいたのか……この時のために」

ギンギン♂

モロ「その白き矢を、私へ解き放つのか……?」ドキドキ

アシタカ「モロが……それを許してくれるのであれば」

モロ「…………私は……」

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:44:30.53 ID:LSKMwkZ/0.net

文章力すごい

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:44:57.55 ID:Mvi9F8tn0.net

クソッ、BGMに米良が流れてきたわwww

43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:44:34.57 ID:u6bQwuTj0.net

モロの大きさじゃ人間のものなんて小さすぎだろ

49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:46:53.77 ID:mTBmqVhZ0.net

>>43
アシタカは立派なモノを持ってそうだがな

50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:47:31.69 ID:u6bQwuTj0.net

>>49
これがタタリ神の呪いかっ!

53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:50:34.76 ID:PBiFwQ5k0.net

モロ「今日は……今日は、中には出させん」

アシタカ「……そうか」

モロ「……アシタカ」

アシタカ「いや、良い。最後に及んだのは遥か昔のことなのだろう。急いてすまなかった」

アシタカ「今日は外へ出そう。そうだ、モロの毛にかけてはどうだろう」

モロ「それでは、人間の匂いが染みついてしまう……! サンが感づく」

アシタカ「それも、駄目か……?」

モロ「……! ……構わん。小僧、好きにしろ」

アシタカ「ありがとう。では、私の弓に白き矢をつがえる手伝いをしてくれるか?」

モロ「……舐めればよいのか?」

アシタカ「先っちょを、優しく包み込んでくれ」

59 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:52:51.69 ID:cdZmgR6W0.net

牙が…

63 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/12 23:53:42.41 ID:u6bQwuTj0.net

犬歯はひっかかって気持ちいいらしい…ごくり

71 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:00:42.39 ID:a7xiAUTP0.net

ペロペロ

アシタカ「っく……!」

モロ「……なんと小さく、醜く、そして…………」

アシタカ「森の神々には到底及ばぬ。ふぅ、見たことはないが、大きいのだろう?」

モロ「かつて連れ添った者(乙事主)は、人の男ほどの大きさの得物を持っていた」

アシタカ「人ほどか……それに比べたら、私のは……うっ、はぁん……小さいか」

モロ「小さい……が、これで良い……」

チロチロ

アシタカ「……そろそろ出そうだ」

モロ「早いな……まるで人の一生のように」

アシタカ「そなたの美しき毛並へ、放ちたい……!」

モロ「こい、小僧!」

72 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:01:00.40 ID:J/ttYhsI0.net

         _z| ::::::::ヽヽ;;;;;;;;;|   ' ^ l:::  |''7;;;:::;::::: |ム,,
      ,,_z'''  |ヽ、;;;;;;-'''''''             '''''~~L,,<_,,
      >'''   从'''                     ><,
   ,,,-彡                           ''>\,,
   >'''                              ''\<_,,
  彡'''                               ''\,,<
 彡::                     , ,           ミ \
>:::     彡               ;; ;;     ,,,;      \ ミ
::::::..:    从::          ` 、   '' `  ,,/´ ,,     ト <_,,
:::::::::: .  从::::::     ,,ヽヽヽ、  ヽ、 ( ) ノ  ノ''/^|   ヾ  <
::::::::::彡  /::::::::::::   ''、\((n\   ), )/ ( /、n))/    ミ;;,, ミ
::::::::彡 ..::и/:::::::::::....::::::::::::::...ミ三\'''' ':;;ノ;;;;ゞ `´//彡⌒   ヾ  ミ
:::::::/イ::::::::^从:::::::::::/⌒ヽ:::::::_ ̄\ ヾヽ,,(//ン;;;;、     ミ 、从
::::::::7;:::::::::::::::::'''w::::::::::::(⌒::::::::::::: ̄>   V ' //,-ー;;  '´):. 从  ヽ ,|
:::::::7::::::::::::::::::::::::::'''z::::::::::::::,i,::::::::::⌒   \   / -^   lll.:::从   | |
::::彡::::::::::::::::::::::::::::::''''z;;;;;;、:'lii:::::::::  ,   )::、(  ,..、  lll::w^::|   N |
:::从::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::''\:|::::;:::::::... '';;--------;;、  〈/::::::::::ミ   ミ ,|
:::|:|:::::::::::::::::::::|/::::::::::::::::::::/:::〈:|:::;:::::::::::(llll;;;:::::;i:::::::;;,,/  ; |:::::::::::::ミ   '| |
::从:/::::::::::::::/::::::::::::::::::::':i:i:::::\::::::::::::::`''';;llllll|llllll;;''   '/::::::::::::ミ   '|| ヽ
::::从:::::::::::::::::从/::::::::::::::::::':':l::;;;;;\;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;,   _/:::|:::::::::ト    .∧、∧、∧、∧、∧、
::::::从::::::::::::::::::И/|::::::::::::::::::::::;;;;;l;;||lll|--,'''''''''、 '''''''''-'''|::::i|l::::::::从 . : :┌´
::::/::::/::::::::::::::::::://::i::::::::::::::::::::;;;;;;|,,||ll|. λ || λ |lノ'| |/:i从:::::::从...::::<
::(:::イ::|::::::::::::::::::i:/从:::::::::::::::::::;;;;;;;;;l||l|λ^',::V;;|/::;λ/|ノ'':::::::::::从::::::::<  挿れろ小僧!!!
:::::::::::从::::::::::::::从:|l:|N:::::;:::;;:;:;;;;;;;;;;;;;|lll||.ヾ;;::::::|:::::;;ノ ||l|:::::::::::::::|:|:::::::::::<
:::::::、wv\|ヽ:::::::|;;;|;;从;i;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ll|> | V^V^l/ト'//:::::::::::|::从::::::::/|:ム
        ~~''''::;;|;;;;从从|;;;;;;;;;;;;;;;;ヾミミ^-^-^ 彡'/::::::i:::/|/::::::::从::::::::∨^ ∨^ ∨^ ∨^ ∨^
             '''--;;;l;l;;;;;;;;;;;;;;;;;^w,,≡≡;w^::::::::ノノ:::::::::::从ゝ--;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::
                  ̄'''---;;;;;;ii;;;''^'''^:;:::/::从:::::::::::::::|:::'''    ヾ::::::::

73 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:01:35.36 ID:IQ3F8Df+0.net

スタジオズブリ

80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:04:56.58 ID:6X7ZpPgb0.net

くっそwwwwww

85 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:08:56.07 ID:a7xiAUTP0.net

アシタカ「……ん、っぐ!」

モロ「………!」

アシタカ「出るぅ……! 出る!」

モロ「……」

アシタカ「駄目だ! やはり出せない!」

モロ「!? 何故だ!? 何故、出さぬ、小僧!」

アシタカ「そなたの美しき毛並を、汚したくない……!」

モロ「……! ならば! その溜まった白き矢を、どこへ放つ!?」

アシタカ「森へ……草木の上へ……!」

コダマ「……」カラカラカラカラ

アシタカ「コダマたち……!」

コダマ「……」カラカラカラカラ

アシタカ「いけない……! 森を汚す様をコダマに見られたら……! シシ神に……!」

93 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:16:47.94 ID:a7xiAUTP0.net

モロ「……!」

アシタカ「……! あれは!」

デイダラボッチ「……」ジー

アシタカ「見られてしまった……!」

コダマ「……」カラカラカラ

モロ「夜の姿から昼の姿へ戻るのだ……! まさか、ここがその場所だったとはな……!」

モロ「小僧、いまここで白き矢を放てば、森を汚した罪人として命を吸われることになる……!」

アシタカ「だが、もう……! 矢が放たれるまで数秒ともたない……!」

モロ「……! 小僧! 口だ! 私の口の中へ出せ! 白き矢を隠す!」

アシタカ「モロ……! すまない、なんとかとめようとしたんだが……!」

ドッピュ

モロ「んむっ」

94 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:17:52.71 ID:dmjLVptj0.net

口内発射wwwwwwwwww

103 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:25:28.44 ID:a7xiAUTP0.net

モロ「~~~~~~~っ!」

アシタカ「モロ!」

モロ「……ごっくん」

アシタカ「の、飲むことができたのか……!?」

モロ「フン、貴様ごとき、身体ごと飲み込むのも造作ない……おえっ」

アシタカ「気分は悪くないか?」

モロ「……構うな。私は平気だ……。美味しかった(ボソッ」

アシタカ「……そうか、よかった」

シシ神「……」ジー

アシタカ「シシ神よ! 私たちは、そなたの森を汚すつもりなどない! ただ、愛を育んでいただけなのだ!」

シシ神「……」プイッ

タッタッタッタ

アシタカ「去っていく……」

モロ「アシタカよ……少し、疲れた……背中を撫でろ」

アシタカ「ああ、すまなかった」ナデナデ

106 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:34:11.24 ID:a7xiAUTP0.net

アシタカ「モロ……私は、お前の虜だ」

モロ「戯けたことを」

アシタカ「嘘ではない。モロ、ふたりで暮らそう」

モロ「……それはできない。私は山犬、貴様は人間だ。所詮は相容れぬ存在……」

アシタカ「そんなことは関係ない。モロ、そなたが私のことをどう思っているかだ」

モロ「私は……貴様が……嫌いでは、ない。他の人間たちと比べてだが……」

アシタカ「ならば共に生きよう」

モロ「……」

アシタカ「ヤックルは捨てる。モロも、二匹の息子とサンを捨ててくれ」

モロ「………」

アシタカ「モロ。答えてくれ」

ナデナデ

モロ「わ、わかった……///」

107 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:35:00.87 ID:SBdyH6LA0.net

ん?



ん!?

108 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:36:11.89 ID:ipBIqtPmi.net

え?

109 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:36:56.36 ID:QbCTZFYB0.net

おいwwwww

111 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:39:59.08 ID:Phec9BtE0.net

ヤックルwww

114 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:42:15.34 ID:a7xiAUTP0.net

モロ「お前たち、サンと共に生きていくんだよ」

山犬A「えっ」

山犬B「サンと?」

モロ「そうだ。私は、ここを離れる」

サン「母さん! どうして!?」

モロ「アシタカを愛しているからだよ」

サン「アシタカを!?」

アシタカ「サン、私はモロと共に生きる。ヤックルを頼む」

ヤックル「……」

サン「ア、アシタカ!」

アシタカ「サンはヤックルと、私はモロと共に生きよう。会いに行くよ、モロに乗って」

118 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:49:13.73 ID:a7xiAUTP0.net

乙事主「モロの娘が失恋したらしいね。モロも旅に出たらしいし、ちょっと顔を覗きに行ってみようかね」

乙事主「傷心のモロの娘に頼めば、口でしてくれるかもしれないね」

乙事主「おーい、モロの娘ー。わしとイイことしないか」


サン「ヤックル、口でするよ?」

ヤックル「……」

サン「はむっ、ぺろぺろ」



乙事主「……悲しいことだ。先を越されてしまった」




123 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 00:54:13.34 ID:SBdyH6LA0.net

乙www

126 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 01:07:13.95 ID:yQvi6GXL0.net



127 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/07/13 01:12:42.82 ID:2Nsbb9Vu0.net

___    ,,,,,,,,         ,,,,,,,,,,,,    ___
\ヾ'''''''ヾ     '''',,,,    ,,,,''''     /ノ''''''''/
  \ヽ___ヾ,,,,,,,,,,   冫   〈  ,,,,,,,,,, /;;;;___//
      彡   "゙゙'''''' ;;  ;; ''''''゛゙゙゙   ミ
     彡,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ミ
      ノ |<( )>\ /<( )>| ヽ
      ノ  | ー一  | | ー一 |  ヽ
      ノ 彡|ー―'  | | ー一  | ミ ヽ
    ノ  彡  | // / ▼ \/// |  ミ  ヽ
   ノ  彡   |  ー- ⊥ -一   |   ミ  ヽ
 ノ   彡   \    --    /    ミ   ヽ
           \__∧__/


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1405175157/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP