PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/10/30 22:28:19.60 ID:YpclQ2vH0

小鳥「ちょっとしっかりして」

遊馬「あれ?こいつ」

小鳥「知ってるの遊馬?」

遊馬「ああ、起きろ!おい遊矢!!」

遊矢「」

小鳥「ねえってば」

遊馬「小鳥には話したこと無かったな。こいつは腋コキ騒動の時の出会ったんだ」

小鳥「わ、腋コキ?」

遊馬「今は四の五の言ってる暇はねえよ。しっかりしろ」

遊矢「」


2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 22:34:07.90 ID:YpclQ2vH0

遊馬「どうだ?」

カイト「ただ気絶してるだけだ・・・こいつの名前は遊矢だったのか」

小鳥「カイトも知ってるの?」

カイト「黒咲という男の暴走を止めるため凌牙と共にこいつの世界に行った事がある。その時にな」

遊馬「何で倒れてたんだろな」

遊矢「・・・どこだここ」

遊馬「遊矢」

遊矢「ゆ、遊馬?それに・・・あの時の変な髪型の奴も」

カイト「教えろ何があった」

遊矢「何でもないよ別に・・・」

遊馬「うち開けろよ聞いてやるぜ」

遊矢「・・・」

遊馬「ここじゃ言いにくいよな。ちょっと場所変えようぜ」

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 22:47:33.17 ID:YpclQ2vH0

シャーク「何だ用事って」

カイト「あれだ」

遊矢「柚子の様子が最近おかしくてさ俺ずっと気になってたんだ」

遊馬「うん」

遊矢「そしたらフトシって奴が柚子が黒ずくめの男と密会してるみたいなこと言っててさ」

遊馬「うん」

遊矢「俺はフトシに頼んで柚子を監視させててついに黒ずくめの男と密会してる現場を抑えたから俺もすぐに向かったんだ」

遊馬「うん」

遊矢「俺がついた頃にはそいつがいなくなっててさ・・・俺、俺・・・」

遊馬「大丈夫か?」

遊矢「・・・俺は柚子を怒らせたんだ」

遊馬「うん」

遊矢「悲しくて泣いてたら気づいたらここにいた」

遊馬「よく話してくれたな。カイト」

カイト「それは俺の専門外だ」

遊馬「何でだよ?」

カイト「色恋沙汰はあまりにも厄介な事件だ!思い返してみろ。俺達が遭遇して来たことを」

遊馬「あっ・・・」

カイト「やれ肛門だやれチンポだとそんなのばかりだ・・・恋愛は専門外だ流石にな」

4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 22:54:06.09 ID:YpclQ2vH0

遊馬「専門外か弱ったな」

小鳥「管轄外なら何とかやってくれそうな気がするけど専門外じゃね」

シャーク「面倒くせえから逃げてるだけだろ」

カイト「ならお前は解決できるのか」

シャーク「・・・できねえよ」

遊馬「今日まで俺達はかっとビングや仲間の力で幻魔やF・G・D、破滅の光なんかを倒してきた・・・恋の悩みは」

カイト「遊矢、怒らせた原因はなんだ」

遊矢「それは・・・」

シャーク「ウンコを投げつけたとかなら動けるぜ」

遊馬「チンポで殴ったとか肛門にカードを突っ込んだとかならいけるぜ!」

遊矢「こ、口論しただけ」

遊馬「だってさシャーク・・・どうすんだよ」

シャーク「やべえな・・・こうなっちまったらどうする事もできねえ」

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:05:15.98 ID:YpclQ2vH0

遊馬「いつもなら咄嗟の閃きでどうにかなるのにこんなに悩むなんてな」

シャーク「おいカイトまさか」

カイト「ドン・サウザンドだ間違いない」

シャーク「やっぱりな」

遊馬「小鳥は方法ねえのか」

小鳥「ねえ遊矢ちょっと聞いてもいいかな?」

遊矢「うん」

小鳥「その柚子って子は本当に密会してたの?」

遊矢「フトシの話じゃそうだと思う」

シャーク「フトシってあの時の俺に攻撃したガキか?なら嘘に決まってるだろ!」

遊矢「フトシは正直者だよ」

遊馬「・・・カイト!前に遊矢の世界に行ったって言ったよな?どうやって?」

カイト「それは俺や父さん、Ⅴが作った異世界へのゲートで・・・そうか!」

シャーク「何納得してんだよ!教えろ!」

遊馬「この事件を解決する方法だぜシャーク」

シャーク「は?」

カイト「俺達の土俵に遊矢達を引きずりこむんだ」

6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:11:03.63 ID:YpclQ2vH0

シャーク「・・・そういう事か!」

小鳥「え?何々」

遊馬「カイトは場所を確保!シャークは誰か呼んできてくれ!!」

小鳥「私は?」

遊馬「小鳥は俺と一緒に来い」

カイト「行くぞ遊矢」

遊矢「行くってどこに」

カイト「ついてこれば解る」

遊馬「いいか小鳥、今から俺達は柚子を連れてくる」

小鳥「ついて来てくれるかな?」

遊馬「だから女のお前を連れてくるんだろ?」

小鳥「でもどうやって」

遊馬「そりゃカイトが言ってたゲートだとかいう奴で行くに決まってるだろ!」

シャーク「俺も動くか」

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:16:32.12 ID:YpclQ2vH0

ピンポーン

ツァン「はい?」ガチャッ

カイト「新婚生活はどうだ」

ツァン「何だアンタか・・・その子は見たことないな」

カイト「簡単に言えば遊馬の後輩だ」

ツァン「で?僕に何か用?」

カイト「場所を貸してほしい」

ツァン「何で僕の家なの」

コナミ「好きに使ってくれ」

ツァン「ちょっと!」

カイト「すまんな」

遊矢「誰?」

カイト「元人気AV女優のツァン・ディレだ」

ツァン「今は休んでるだけだよ僕は」

遊矢「へえAV女優か・・・」

ツァン「聞いたことある?僕の名前」

遊矢「いや俺の世界じゃAVはそれほど普及してなくて」

コナミ「何とも悲しい世界だ・・・」

8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:22:34.15 ID:YpclQ2vH0

シャーク「って事だ!」

アリト「熱くなってきたぜ!なあ!!」

ギラグ「おう!」

ミザエル「まさかそのような方法で我らの土俵に持ち込むとは」

ドルべ「さすがは天城カイトと言うべきか」

璃緒「ベクターは?」

ベクター「ま、良かれと思ってやってやろうじゃねえか!」

シャーク「行くぞ!バリアンの結束力を見せてやろうぜ!」

璃緒「あ、凌牙それとお客さん来てるけど」

シャーク「客?」

Ⅳ「俺だ」

シャーク「いいタイミングで居るじゃねえかお前」

Ⅳ「凌牙、話は聞いたぜ?Ⅴ兄とⅢも誘ってやるよ。その戦いにな」

シャーク「悪りいなⅣ」

9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:30:20.33 ID:YpclQ2vH0

アユ「柚子お姉ちゃんお客様だよ!」

遊馬「よっ!」

柚子「えーっと確か遊矢の先輩の十代さん・・・」

遊馬「俺は遊馬!十代さんはもっと毛が無いだろ」

小鳥「大至急来て欲しいの!」

柚子「え?ごめん遊矢探してて」

遊馬「その遊矢の事だよ!」

柚子「遊矢の!?」

小鳥「うん!」

柚子「まさか遊矢が何かに巻き込まれたんじゃ」

遊馬「・・・ドン・サウザンドって悪い奴にボコボコにされちまったんだ。うわ言で柚子の事を言っててな」

柚子「ゆ、遊矢は無事?」

遊馬「・・・」

柚子「案内して!待ってて遊矢!すぐに行くから」

小鳥「いいの嘘ついて」

遊馬「こうでもしなきゃ動いてくれないだろ」

10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:38:48.97 ID:YpclQ2vH0

ピンポーン

ツァン「・・・はあ。どうぞ皆待ってるよ」

柚子「ここに遊矢が・・・って」

アリト「・・・」シコシコシコ

ギラグ「・・・」シコシコシコ

ミザエル「・・・」シコシコシコ

遊矢「柚子」

柚子「遊矢・・・何よこれ」

ドルべ「・・・」シコシコシコ

遊矢「見ての通りもオナニーだ」

Ⅳ「・・・」シコシコシコ

ツァン「コナミ何とかしてよ」

コナミ「いやこれでいい。オナニーとは癒しを与えてくれる効果を持っている。ツァンも経験ないか」

ツァン「確かにオナニーの撮影現場は癒しに包まれてるけど」

コナミ「つまり多人数でオナニーをする事は癒しに包まれ和やかにしてくれる」

Ⅲ「・・・」シコシコシコ

ツァン「そんな意味があったんだ」

遊馬「取り敢えず座ろうぜ二人とも」

Ⅴ「・・・」シコシコシコ

11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:46:29.79 ID:YpclQ2vH0

遊矢「こ、この前はごめんな・・・何ていうか」

Ⅳ「・・・」シコシコシコ

柚子「いいよ別に私だって」

ミザエル「・・・」シコシコシコ

遊矢「・・・黒ずくめの奴って」

ドルべ「・・・」シコシコシコ

柚子「ごめん・・・それは言えない」

Ⅲ「・・・」シコシコシコ

遊矢「そっか・・・いいよ別に・・・それでも俺は」

Ⅴ「・・・」シコシコシコ

柚子「うん・・・きっと私も遊矢と同じ事を思ってるかもしれない」

ギラグ「・・・」シコシコシコ

遊矢「俺は柚子の事が好」

アリト「アア!」ドビュッ

遊馬「アリト!出すなよ人の家で!」

シャーク「馬鹿野郎!何やってんだ!!」

小鳥「もォ!ダメじゃないの!」

ツァン「はあ・・・頭痛くなってきた」

コナミ「これが青春なんだよ。俺達にも覚えがあるだろ」

ツァン「・・・まあ少しは」

12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:54:22.02 ID:YpclQ2vH0

カイト「どうだスッキリしたか」

遊矢「え?ハハハ」

シャーク「もう喧嘩すんじゃねえぞ!」

小鳥「二人とも仲良くね!」

柚子「うん」

遊馬「そうだ!遊矢こいつを受け取れ!」

遊矢「これは?」

遊馬「それなここに居るツァンが出てた世界で六つしかない裏DVDの一つで」

遊矢「家庭教師ツァン・ディレと女教師藤原雪乃のいけない夜のバイトDX・・・」

遊馬「忘れるなよ!かっとビングを!」

遊矢「ありがとう遊馬!」

小鳥「見て二人とも手を繋いでるよ」

カイト「フッ」

コナミ「まさに青春だな」

ツァン「ほらアンタ達は掃除して隅から隅まで」

アリト「マジかよ」

ギラグ「誰に陰毛だこれ・・・汚ねえ」

遊馬「一件落着ってな」

シャーク「ああ」

13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 2014/10/30 23:58:23.39 ID:YpclQ2vH0

数日後

小鳥「二人とも仲良くしてるかな」

遊馬「遊矢とはまた出会うかも知れねえ」

小鳥「でも遊矢って告白しようとしてたよね」

遊馬「まさか」

小鳥「ううん絶対に告白しようとしてた!」

遊馬「なあ小鳥ちょっといいか」

小鳥「え?」

遊馬「オナニーしてたよなみんな?」

小鳥「う、うん」

遊馬「居るか普通オナニーしてる野郎に囲まれて告白なんて」

小鳥「でも」

遊馬「居ねえだろ」

小鳥「・・・そうだよね」

遊馬「何が悲しくてオナニーしてる野郎に囲まれて告白するんだよね。頭おかしいだろ明らかに」

小鳥「・・・うん」





元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414675689/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP