PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 01:36:21.22 ID:8+wpDI7oO

男「確かに頭にウサギの耳ついてるけど。」

兎娘「ウサギ娘ですから!」

男「でもそれアクセサリーでしょ?」

兎娘「本物の耳ですよ、ちゃんと動かせますから!」ピコピコ


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 01:52:32.28 ID:8+wpDI7oO

男「本当だ、動いてるね。」

兎娘「これで私が兎娘だって事分かりました?」

男「分かったけど僕の部屋にいるの?」

兎娘「寂しかったので上がり込んじゃいました。窓も開いていたので。」

男「あ~、戸締まりちゃんとしておけばよかった。」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 02:10:55.96 ID:8+wpDI7oO

兎娘「という訳なので相手してください!」

男「はぁ、じゃあ耳触らせてよ。」

兎娘「なっ!いきなり耳を触るんですか?それは心の準備がまだっていうか‥その‥恥ずかし過ぎます!」

男「それって恥ずかしい事なんだ。」

兎娘「恥ずかしいに決まってるじゃないですか!」



9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 02:21:14.14 ID:8+wpDI7oO

男「兎なのに恥ずかしいとか思うんだ‥。」

兎娘「兎なのに、ってどういう事ですか?心外ですよ!」

男「だって兎って万年発情期なんでしょ?」

兎娘「そうかもしれませんが恥ずかしいものは恥ずかしいんです。」

男「万年発情期って本当なんだ。じゃあもしかして今も?」



11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 02:28:19.56 ID:8+wpDI7oO

兎娘「んな!なに聞いてるんですか!?あなたは真面目な顔して、えっち過ぎると思います!!」

男「そんな事ないと思うけど。」

兎娘「えっち!変態!ムッツリスケベ!」

男「だいたい僕は変態じゃないよ。」

兎娘「ばーかばーか!」

男「聞いてないし。」




12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 02:32:35.06 ID:8+wpDI7oO

男「先に言っておくけど、僕は君を襲う気なんてないし。」

兎娘「私の事もえっちな目で見て‥って、え?」

男「どうしたの?」

兎娘「襲わないんですか?」

男「襲わないよ。」

兎娘「え?」

男「え?」


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 02:40:25.94 ID:8+wpDI7oO

兎娘「なんで襲わないんですか?」バン

男「なんで怒ってるの?」

兎娘「怒るに決まってますよ!なんでですか?なんで私を襲わないんですか?」バン

男「えー」

兎娘「自分で言うのもなんですが、胸だってそれなりにあるしスタイルもいいと思いますよ!それに‥」

男「だってボク小学生位の娘しか興味ないし。」

兎娘「それに、処女ですよわたし‥って」

兎娘「は?」

男「え?」



14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 02:46:00.01 ID:8+wpDI7oO

兎娘「おまわりさんこっちです!ここに性犯罪者がいます!」

男「襲って来いっていう人に言われたくないかも。」

兎娘「仕方ないじゃないですか!発情期なんですよ私!」

男「ていうか処女なんだね。」

兎娘「」///

男「顔真っ赤だよ。もしかして赤面症?」


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 02:53:12.89 ID:8+wpDI7oO

兎娘「うっうるさい!あなたのせいですよ!」

男「僕のせいなのかな?」

兎娘「あなたのせいです!この変態!」

男「そういえば最初に狐娘がどうとか言ってたけど‥。」

兎娘「狐娘は私の友達です。」

男「狐って兎を食べなかったっけ?まぁいいけど。それでどんな娘なの?」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 03:00:13.98 ID:8+wpDI7oO

兎娘「普段は偉そうですが厚揚げをみると子供のようにはしゃぐような娘ですね。」

男「見た目は?」

兎娘「小学生にしか見えないです。」

男「かわってきてよ。」

兎娘「いやです!」

男「えー」

兎娘「話を戻しますが私は襲わないんですか?」

男「襲わないって。」



19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 03:07:06.13 ID:8+wpDI7oO

兎娘「こうなったら、私は貴方を襲わせます!」

男「襲わないってー。」

兎娘「私が本気をだせば貴方なんてイチコロです!」

男「はぁ。まぁ頑張って」

兎娘「という訳で暫くここに住ませてもらいます。」

男「えー‥まぁいいけど。」



21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 03:29:36.97 ID:8+wpDI7oO

兎娘「住ませてもらって何もしないのは悪いので、私がご飯をつくってあげます。」

男「別にいいよ。飯くらい自分でつくれるし。」

兎娘「いーいから!あなたは休んで、私がご飯をつくってあげます。」

男「なんか心配だなー。」



22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 03:33:17.78 ID:8+wpDI7oO

兎娘「できた!あとは男のご飯にこの媚薬をまぜてと。」

男「なんかぶつぶつ言ってるな。」

兎娘「男さんできましたよ!」

男「見た目はすごい美味しそうだね。」

兎娘「見た目だけじゃないですよ!食べてください!」

男「いただきます。」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 03:37:52.76 ID:8+wpDI7oO

兎娘(おかしい、あの薬は即効性のはず‥。今頃、性欲お化けになってもおかしくないのに。)

男「どうしたの?」

兎娘「!!」

兎娘「なっ、なんでもないですよ。」

男「薬は効かない。鍛えてあるから。」

兎娘「!!」

兎娘(この男何者なの?)


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 03:43:34.26 ID:8+wpDI7oO

男「ごちそうさまー。」

兎娘「お粗末様です。あ!お風呂沸かしてありますよ。」

男「そう、じゃあ入ろうかな。先に入ってもいいの?」

兎娘「もちろんです。」

男「じゃあお先ー」ヌギヌギ

兎娘「ちょっ、ここで脱ぐんですか?」///

男「あぁごめん。向こうで脱ぐよ。」

兎娘「あぅ‥。」



25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 03:48:19.92 ID:8+wpDI7oO

兎娘「よし!男さんはお風呂に入りましたね。」

兎娘「後から私も入って男さんをびっくりさせてやります。」

兎娘「そして私の裸をみた男さんは私を襲わずにはいられなくなるはずです!」

兎「ではさっそく作戦開始です。」ヌギヌギ


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 03:57:19.31 ID:8+wpDI7oO

男「ふぅ‥身体洗うかな。」

兎娘「男さん背中流してあげます!」ガララ

男「本当かい?じゃあお願いしようかな。」

兎娘「!!」
(動揺すらしないなんて。)




27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 03:58:59.60 ID:8+wpDI7oO

男「どうしたの?」

兎娘「なんでもないです!」

男「でも、すぐ恥ずかしがる兎娘がタオルも巻かないで入って来るなんてびっくりしたよ。」

兎娘「ッ!!」カァ///

男「また顔が真っ赤になってるよ。大丈夫?」

兎娘「先にあがります!」ガララ



男「恥ずかしいなら最初からしなきゃいいのに。」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 03:59:15.47 ID:mIN8b0w50

さすが鍛えられたロリコンは違うな


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 04:05:13.61 ID:8+wpDI7oO

兎娘「あぅ~また失敗しちゃいましたよぉ。」

兎娘「私の魅力じゃあ男さんを襲わせるのは無理なんでしょうか?」

兎娘「はぁ~。」



30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 04:08:06.53 ID:8+wpDI7oO

男「タメ息なんてついてどうしたの?」

兎娘「あっ、男さん。別に大したことじゃないですよ!気にしないでください。」

男「そう‥。」

男「‥‥」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 04:15:51.99 ID:8+wpDI7oO

男「兎娘は、狐娘以外に友達はいないの?」

兎娘「急ですね‥。どうしたんですか?」

男「気になったからね。」

兎娘「犬娘と猫娘がいます。」

男「へー。どんな娘なの?」

兎娘「犬娘は忠実で、猫娘は気まぐれですね。」

男「見た目は?」

兎娘「小学生です。」

男「呼んできてよ!」

兎娘「嫌です!!」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 04:22:04.83 ID:8+wpDI7oO

男「えー」

兎娘「どこまでロリコンなんですか?まったく。」

男「僕はロリコンじゃないよ。小学生が好きなだけだよ。性的に。」

兎娘「それをロリコンっていうんですよ!」

男「でも兎娘は見た目は高校生くらいだよね。」

兎娘「私は発育がいいんです!」エッヘン

男「万年発情期だから?」

兎娘「うるさいです!」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 04:30:54.96 ID:8+wpDI7oO

男「でもいいよね。」

兎娘「なにがですか?」

男「兎娘が友達の事を話してる時の顔、可愛くて」

兎娘「んなっ」///

男「ため息なんかつかないでさ。ずっとそんな顔をしといてよ。」

兎娘「ううううるさいです!だっ、だいたい誰のせいでため息ついてたと思ってるんですか?」

男「ごっ、ごめん。」



35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 04:39:29.98 ID:8+wpDI7oO

兎娘「べつに謝らなくてもいいです。」

男「はい。」

兎娘「あと襲わせるのはやめです。」

男「うん。まぁ、小学生みたいな娘しか興味ないからね。襲う事はないよ。」

兎娘「男さんを私に惚れさせてみせます。私は男さんに惚れましたから」ニコッ

男「!!」

男(やばい、高校生もありかもしれない。)



おわり

読んでくれた人いたら有難う。
おやすみ。


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 05:11:39.59 ID:8+wpDI7oO

数日後


狐娘「兎娘!遊びにきたぞ。」

兎娘「あ、狐娘ひさしぶりです。でもいきなりどうしたんですか?」

狐娘「ちょっと近くを通ったからな立ち寄らせてもらった。」

兎娘「そうですか。」

狐娘「ところで一緒に住んでいる、男という奴ははいないのか?」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 05:16:56.71 ID:8+wpDI7oO

兎娘「男さんは出掛けてますがもうすぐ帰ってくると思いますよ。」

狐娘「そうか。兎娘が惚れた奴がどのような奴か会ってみたかったのだよ。」

兎娘「ちょっと狐娘さん!からかわないでくださいよ!」///

男「ただいま~!」

兎娘「あ!帰ってきました。」


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 05:21:29.27 ID:8+wpDI7oO

男「ふぅ‥。今日も疲れ‥‥」

男「!!」

狐娘「お前が男か。お邪魔してるぞ。」

兎娘「男さん。紹介しますね。私の友達の狐娘です。」

狐娘「よろしくな。」

男「‥‥」ジー

狐娘「なんだ?私になにかついてるか?」


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 05:25:58.82 ID:8+wpDI7oO

男「カワイイ」ボソ

狐娘「なんだって?聞こえないぞ。」

男「あぁぁぁあああアアア!カワイイー」ギュー

狐娘「ちょっ!苦しい!いきなり抱きつくな馬鹿者!」



44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 05:35:36.93 ID:8+wpDI7oO

男「なんだよこいつ!人形か?いや、人形よりかわいい‥はぁはぁ」ムニムニギュー

狐娘「むにに、はーなーせー!このたわけ!」

男「はぁはぁ‥小学生にしか見えないのにたわけとかいう狐娘ちゃんかわいいよ‥はぁはぁ」ギュー

狐娘「貴様いい加減にしないと‥」

男「はぁはぁ‥狐娘ちゃん尻尾もふもふしていい?っていうかもうモフモフしちゃう~!」モフモフギュー

狐娘「うぐぐ、尻尾をさわるな馬鹿者!」


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 05:42:14.10 ID:8+wpDI7oO

兎娘「いい加減にしないさい」ゴツン

男「」バタン

狐娘「はあはあ‥なんなんだコイツは‥?」

兎娘「説明すると難しいのですが、ロリコンです。」

狐娘「うぅ‥尻尾がぐしゃぐしゃになったではないかぁ~。」グスッ


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 05:45:30.45 ID:8+wpDI7oO

兎娘「災難でしたね。」

狐娘「こんな男に惚れるお前はどうかしているぞ!」

兎娘「だからからかわないでくださいよ~。」///
狐娘「ダメだコイツ‥。」



50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 05:50:40.12 ID:8+wpDI7oO

兎娘「でもしばらくは目を覚ますことはないと思います。」


狐娘「なら今のうちに私は帰r‥」
男「狐娘ちゃん!!」ガバ


狐娘「ひっ!」

兎娘「あらら、もう起きちゃいましたね。」



52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 06:02:40.12 ID:eErEn9et0

男が揺るぎねぇwwww


53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 06:02:42.22 ID:8+wpDI7oO

男「あれ?狐娘ちゃん怯えてる?」

兎娘「あんな事されたら怯えますよ。」

男「狐娘ちゃん、厚揚げあげるから怯えないで。」

狐娘「厚揚げ?」ピク



54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/12(日) 06:13:32.99 ID:8+wpDI7oO

狐娘「厚揚げくれるのか?」

男「厚揚げと聞いて尻尾をふる狐娘ちゃんかわいいよ~‥はぁはぁ」

狐娘「はやく!厚揚げ!」

男「確か冷蔵庫に‥」

兎娘「あっ、それ私がこの前食べちゃいました。」

男「な!?」

狐娘「厚揚げないのか‥?」シュン

男「うおお!厚揚げ買いにいってくる!」バタン



55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 06:36:32.98 ID:eErEn9et0

これはダッシュで買いに行かざるをえない


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/12(日) 07:07:50.21 ID:qYGvpv4Q0

もう男は帰ってこんよ



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1328978181/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP