PickUp
スポンサード リンク
1 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:06:02.43 ID:lsGN3PGb0


僕「脇役のいないストーリーを考えたんだ」

私「ふーん」

僕「聞いてくれる??」

私「聞いてなくても話すんでしょう??」

僕「まあね」

私「ほら、話してみて」




2 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:08:59.72 ID:lsGN3PGb0


僕「僕がいるだろ、そして君がいるだろ」

私「うん」

僕「で、子どもはいないけど、二人で幸せなんだ」

私「もうちょっとわかりやすくまとめなさい」

僕「家は大きくて」

私「うんうん」

僕「庭も大きくて」

私「うんうん」




3 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:10:36.69 ID:lsGN3PGb0


僕「君は働きに出ていて」

私「君が働くんだろう??君の方が力持ちなんだから」

僕「まあどっちでも良いけど」

私「良くないよ」

僕「朝は珈琲とパンで」

私「君珈琲飲めないじゃないか」

僕「もうすぐ飲めるようになるの」

私「はいはい」




7 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:12:42.25 ID:lsGN3PGb0


僕「お昼には僕がパスタを作ってあげる」

私「この間盛大に失敗したよね」

僕「今度はうまく作るから」

私「はいはい」

僕「で、まったり時間が過ぎるのをぼんやりと眺めてさ」

私「時間は見えないよ」

僕「気分だよ、気分!!」

私「はいはい」




10 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:15:25.16 ID:lsGN3PGb0


僕「時々膝枕とかしてさ」

私「私が??君が??」

僕「どっちでも良いかな。どっちも好きだし」

私「君の膝は少し固いから、私の膝を貸してあげる」

僕「うん」

私「頭とか撫でてね」

僕「そうそう」

私「窓の外の空は夕焼け」

僕「いいね」




14 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:18:07.86 ID:lsGN3PGb0


私「他には??」

僕「他にはね、うん、街の明かりが少しだけ点いててね」

私「うんうん」

僕「ネオンがきれいでね、夕焼けからネオンに変わる瞬間を楽しみにしてるの」

私「ネオンね。見たことあったっけ??」

僕「ううん。君の話でしか知らない」

私「見てみたい??」

僕「ううん、想像してるのが楽しいから良いの」

私「そっか」




19 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:21:39.82 ID:lsGN3PGb0


僕「あ、でも脇役欲しいな」

私「隣の家の人とか??子どもとか??」

僕「いや、ペット飼いたいな」

私「犬??猫??」

僕「うーん、猫かな」

私「そっか。私は犬の方が好きだな」

僕「なんで」

私「犬は忠実で、気まぐれじゃなくて、私の邪魔しないからかな」




20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 23:21:42.68 ID:YvUURHts0


http://www.youtube.com/watch?v=2CBRfDB1CeM&videos=Jkn5tzFdjY0&playnext_from=TL&playnext=1
いいよねー



21 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:24:20.25 ID:lsGN3PGb0


僕「そっか。じゃあ犬が良いな」

私「君は猫の方が好きなんじゃないの??」

僕「君が犬を好きだから、僕も犬が良いの」

私「なるほど」

僕「僕たちがもし喧嘩をしても、犬が間に入って止めてくれてさ」

私「うんうん」

僕「お互い気まずそうにしながら、でも仲直りするの」

私「うんうん」


貼ろうと思ったら・・・>>20



22 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:27:16.95 ID:lsGN3PGb0


僕「で、その日は犬にちょっとだけ特別なエサをあげて、一緒に寝るんだ」

私「ご褒美だね」

僕「喧嘩したら、謝るのはどっちが先かな」

私「私は謝らないな、きっと。頑固だからね」

僕「そうだね。僕が先だろうね」

私「でもすぐに許すだろうね。喧嘩なんてしたくないし」

僕「僕もだよ」




23 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:30:11.48 ID:lsGN3PGb0


私「ね、寒くない??」

僕「寒くないよ」

私「まだ火、焚かなくていいかな」

僕「君が焚きたいなら、どうぞ」

私「まだいいや。もったいないしね」

僕「そうだね」

私「また寒い季節が来るね」

僕「僕は暑くても寒くても結構平気だな」

私「・・・羨ましいよ」




24 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:34:13.38 ID:lsGN3PGb0


私「もっと話ないの」

僕「全然違う話しようか」

私「うんうん」

僕「無人島にね、難破して流れついた二人がいます」

私「うんうん」

僕「例えば僕と君、だとしてね」

私「うんうん」

僕「でもね、二人とも記憶喪失で、言葉がうまく喋れないの」

私「ほうほう」

僕「なんとか意志を伝えようとするけど、うまくいかない」

私「うんうん」




26 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:38:43.80 ID:lsGN3PGb0


僕「お互いが誰かも分からない、生きていくのも苦労する」

私「うんうん」

僕「食べ物も水も少ないし、何より助かりそうにない」

私「うんうん」

僕「どっちが先に、死のうって考えるかな」

私「・・・」

僕「仮定の話だよ、もしその流れ着いたのが、僕と君だったら」

私「・・・私だろうな」




27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/30(土) 23:40:43.46 ID:YvUURHts0


http://www.youtube.com/watch?v=5s5XGhhF78M&feature=PlayList&p=2708F2DAA9748463&index=2




28 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:42:39.85 ID:lsGN3PGb0


僕「なんで??」

私「これでも私は繊細なんだよ」

僕「そっか」

私「それに君は、あんまり死について考えたことないだろうし」

僕「それはそうだな。死んだら、どうなるのかな」

私「どこに行っちゃうのかな」

僕「君もあんまり考えたことないだろ」

私「・・・まあね。まだ死にたくないしね」




29 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:48:58.93 ID:lsGN3PGb0


私「でも記憶喪失ってちょっと憧れるな」

僕「どうして??」

私「たいていの人には忘れたい過去とかあるし、生まれ変わる気分を味わえそうだから」

僕「君は何か忘れたい過去があるの??」

私「どうだろうね」

僕「僕のことも忘れちゃうの??」

私「それはいやだな」

僕「記憶喪失なんかにならないでね」

私「わかってるって。ただ言ってみただけ」




30 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:53:25.75 ID:lsGN3PGb0


僕「ね、お腹すかない??」

私「大丈夫だよ」

僕「なんか作るよ??」

私「今日はもういいかな」

僕「いいの??」

私「明日に、残しとこう」

僕「そうだね。もったいないもんね」

私「うん」




31 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:56:05.65 ID:lsGN3PGb0


僕「あ、また別の話」

私「うんうん」

僕「僕がね、映画館に行くと、君はまだ来てない」

私「うんうん」

僕「待ち合わせしたはずなのにね」

私「うんうん」

僕「で、仕方ないから待ってるんだけど、もう上映時間になっちゃう」

僕「だから先に入って待ってる」

私「うんうん」

僕「他にお客さんはいなくって、僕一人」

私「うんうん」




32 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/30(土) 23:59:39.16 ID:lsGN3PGb0


僕「で、君が来ないまま映画が始まっちゃう」

私「うんうん」

僕「幕が開いてスクリーンが出てきて、映画が始まるよね」

私「うんうん」

僕「そうするとね、君がスクリーンに映ってる」

私「私が??」

僕「そう。君が一人っきりで、スクリーンの中で動いてる」

私「うんうん」

僕「すごいきれいな映像で素晴らしいのに、なぜか僕は寂しくなっちゃう」

私「どうして」

僕「その映画を君と一緒に見れないから」




33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 00:01:38.42 ID:bUGYSEnd0


http://www.youtube.com/watch?v=9KOvZq6AuVY




34 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:04:22.87 ID:/5eVDkaD0


私「そっか」

僕「うん」

私「私のこと大好きなんだね」

僕「うん」

私「私も寂しいな」

僕「ん??」

私「一人で映画に出ても、きっとつまらないから」

私「私も映画に出るなら、君と出たい」




37 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:09:12.51 ID:/5eVDkaD0


僕「そっか」

私「うん」

僕「僕のこと大好きなんだね」

私「うん」

僕「それでね、僕が寂しく思ってると、いつの間にか君が隣の席に座ってる」

私「うんうん」

僕「僕がびっくりしてまたスクリーンを見ると、もう君は映ってない」

私「おー」

僕「風景だけが映ってる。そんな話」

私「いいね。なんかいいね」




38 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:12:27.89 ID:/5eVDkaD0


僕「僕がスクリーンの中に入るのと、どっちがいいかな」

私「んーどっちでも」

僕「どっちでもいいの??」

私「一緒ならそれでいい」

僕「・・・うん、僕もそうだな」

私「でしょ」




39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 00:13:01.43 ID:ozDSmjCiO


胸のポケッ~トに~♪



40 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:16:40.77 ID:/5eVDkaD0


僕「ね、腕ってなんで2本あるか知ってる??」

私「いや、知らないな」

僕「誰かを守るためなんだって」

私「へー」

僕「1本じゃ、抱きしめられないもんね」

私「それは知らなかったな」

僕「もし腕の長さが10メートルあったら、遠い人も守れるのにね」

私「この長さが、守れる限界ってことなのかな」




41 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:20:22.75 ID:/5eVDkaD0


僕「僕は君を守れるかな・・・」

私「腕、届く??」

僕「・・・届くようになるの!!」

私「はいはい。期待してるよ」

僕「・・・」

私「怒った??」

僕「怒ってない」

私「本当に??」

僕「・・・」




43 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:25:47.63 ID:/5eVDkaD0


私「守りたいって言ってくれるだけでうれしいよ」

僕「・・・僕の腕、長くできない??」

私「そんなことできないよ」

僕「届くようになるかな・・・」

私「それまでは、私が守ってあげよう」ギュ

僕「うん・・・僕頑張るね」

私「うん」




44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 00:27:32.33 ID:bUGYSEnd0


http://www.youtube.com/watch?v=lXv4PqCbekQ&translated=1
この流れならこの曲かな




47 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:33:39.20 ID:/5eVDkaD0


僕「そろそろ夕焼けの時間だね」

私「うん」

僕「今日も西の空はきれいなんだろうね」

私「うん」

僕「今日も見に行こうか」

私「今日はやめとこう」

僕「どうして??」

私「今日は君の話を聞いている方が楽しいから」

僕「そっか」




48 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:37:12.65 ID:/5eVDkaD0


私「私も色々話できるといいんだけど、お喋りは苦手なんだよね」

僕「その分僕が喋るから、いいじゃない」

私「うん」

僕「お話を考えるのは結構好きなんだ」

私「君といると退屈しないな」

僕「へへ・・・そう言ってもらえるとうれしいね」




49 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:43:05.81 ID:/5eVDkaD0


僕「どんな話が聞きたい??」

私「うんとロマンチックなやつとか聞きたいな」

僕「じゃあ・・・星の話」

私「うんうん」

僕「ある人が空に輝く星を手に入れたくなって、夜空に手を伸ばす」

私「うんうん」

僕「でも、星に手は届かない」

私「うんうん」

僕「屋根に上ったり、網を振り回すけど、星は取れない」

私「うんうん」




50 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:49:57.80 ID:/5eVDkaD0


僕「ある人がそれを見て、星がほしいなら譲ってあげましょうか、と囁く」

私「うんうん」

僕「その人は流れ星を拾って、集めている人だったんだ」

私「うんうん」

僕「でも流れ星じゃなくて、空に輝く星が欲しかったから、いらないって言ったんだ」

僕「落ちた流れ星は、もう輝いていなかったから」

私「うんうん」




52 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:54:29.42 ID:/5eVDkaD0


僕「君なら、流れ星の落ちたものでもいいって思える??」

僕「それとも、空に輝いてる星に手を伸ばしたい??」

私「うーん、難しいね」

私「でも私なら、空の星も手に入れた瞬間に輝かなくなるんじゃないかって思うな」

僕「うんうん」

私「だから、その人から素直にもらって、大事にするよ」

僕「そっか」




53 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 00:59:09.20 ID:/5eVDkaD0


私「その話はそこで終わり??」

僕「いや、君の言った予想で、終わりだよ」

私「星に手が届くけど、輝かなくなってしまうの??」

僕「そう」

私「それって悲しいね」

僕「うん、悲しいね」




55 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:05:00.48 ID:/5eVDkaD0


僕「でも、これが在るべき終わりなんじゃないかな」

私「そっか」

僕「僕なら・・・もしかしたらずっと」

僕「綺麗な星が手に入るまで、空に手を伸ばしてるかもしれないな」

私「・・・うん、それが君らしいかもね」

僕「もしかして馬鹿にしてる??」

私「してないしてない」

僕「2回言うと嘘っぽいよね」

私「本当にしてないよ」




56 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:11:35.79 ID:/5eVDkaD0


僕「ねえ、星ってなんで輝くんだろうね」

私「昔は、死んだ人は星になるって迷信があったらしいよ」

僕「じゃあ死んだ人が、ここにいるよって残された人たちに伝えるために輝くのかな」

私「そうかもしれないね」

僕「あ、でもそれ迷信か。本当は違うの??」

私「いや、それが本当。で、いいんじゃないかな」

僕「そっか」

僕「でもさ、君はそういう迷信の類を信じちゃいけない人間なんじゃないの??」

私「いいんだよ」




58 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:16:37.55 ID:/5eVDkaD0


私「ちょっと暗くなってきたね」

僕「うん」

私「そろそろ中に入ろうか」

僕「うん」

私「明日も晴れるかな」

僕「晴れるよ、きっと」

私「そうだといいね」

僕「僕にはわかる」

私「そっか。じゃあ信じてみようかな」




59 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:22:35.38 ID:/5eVDkaD0


私「てるてる坊主って知ってる??」

僕「てる・・・??なにそれ」

私「次の日がお天気になりますようにって、おまじない」

僕「へえー」

僕「それ、効果あるの??」

私「どうかな。ただの気休めかもね」

僕「気休めかー」

私「気休めを馬鹿にしちゃいけないよ」




60 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:26:07.55 ID:/5eVDkaD0


私「ほら、こういうの」

僕「人形みたいだね」

私「で、ここに顔を書くの」

僕「僕が書いてもいい??」

私「いいよ」

僕「えへへ」キュッキュッ




61 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:30:17.90 ID:/5eVDkaD0


私「書けたら、窓の近くに吊るしておくんだよ」

僕「あー」

僕「なんか効きそうな気がするね」

私「でしょ」

僕「一個でいいの??」

私「どうしても晴れてほしい日の前の日なんかは、いっぱい吊るすんだけどね」

僕「明日大事な用事、あったっけ」

私「ないない」

僕「じゃあ、一個でいいや」




65 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:34:40.40 ID:/5eVDkaD0


私「さ、話の続き、聞かせて」

僕「・・・でも君、毛布にくるまって、もう寝る体勢じゃん」

私「この状態で君の話を聞くの、好きなの知ってるだろ」

僕「珈琲飲みながらね」

私「寝る前の珈琲はまた格別」

僕「珈琲の使い方間違ってない??」

私「私は飲んでから寝るタイプだからね」

僕「・・・」


ありがたい
あと3割くらい 3時には終わりたい




66 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:37:43.61 ID:/5eVDkaD0


僕「ある時人類が滅亡して、地球上の人間が二人だけになりました」

私「うんうん」

僕「一人は、世界で一番幸せだった人」

僕「もう一人は、世界で一番不幸だった人」

私「うんうん」

僕「幸せだった人は考えました。今まで周りにいた人たちはみんな居なくなった」

僕「たくさんの財産も、地位も、名誉も、みんななくなった」

私「うんうん」

僕「ああ、自分はいっぺんに何もかも失って、なんて不幸なんだ、と」

私「うんうん」




68 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:43:23.07 ID:/5eVDkaD0


僕「一方、不幸だった人は考えました。何にもない、生きる希望もなかった自分が生き延びた」

僕「絶望していたはずの自分が、捨てるはずだった命を拾った」

私「うんうん」

僕「ああ、自分は人類が滅亡しても生き延びているなんて、なんて幸運なんだ、と」

私「うんうん」

僕「そして、地球には同じように、世界一幸せな人と、世界一不幸な人が残りました」

私「うーん、なるほど」




69 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:49:45.57 ID:/5eVDkaD0


僕「幸せの定義とかって、結局は自分次第なんだよね」

私「そうだね」

僕「自分が幸せだと感じているなら、他人から見てどうであれ幸せなんだと思うな」

私「うん、確かに」

僕「・・・君は今幸せ??」

私「・・・そうだね・・・幸せ・・・かな」




70 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:52:57.14 ID:/5eVDkaD0


僕「どうして??」

私「君がいてくれるから・・・かな。私一人だったら、きっと不幸だったと思う」

私「何より、一人じゃこんな話もできないしね」

僕「なるほど」

私「君は今幸せ??」

僕「僕も幸せだよ」




71 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 01:56:39.70 ID:/5eVDkaD0


私「どうして??」

僕「そりゃ、君がいてくれるからだよ」

僕「外の世界のことは知らなくても、君が教えてくれるし」

私「最近じゃ、君のほうが物知りになってきたね」

僕「君の本読んだりしてるからね」

私「それでか」

僕「ここには本がありすぎるよ」

私「捨てるのはもったいないからね」

僕「何不自由ない、幸せだと思うな」

私「そっか」




73 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:01:11.21 ID:/5eVDkaD0


僕「残念なのは、いつか来る君の死を僕は看取らなくちゃならないってことかな」

私「私が死ぬまで、きっと君は死なないだろうからね」

僕「難儀だね」

私「私より先に死にたいの??」

僕「だって、君の死を見るのはいやだから」

私「私だって、君の死を見るのはいやだよ」




74 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:05:50.46 ID:/5eVDkaD0


僕「君は人間だから、いつか死ぬ。それは決まっていることだよね」

私「うん」

僕「じゃあ僕は??死ぬの??壊れるの??動かなくなるの??」

僕「僕みたいなロボットでも、終わりは「死」って言うのかな」

私「・・・君はロボットじゃないよ」

僕「じゃあなに??」

私「・・・」

僕「ロボットじゃなかったら・・・僕はなんなの??」




76 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:11:04.81 ID:/5eVDkaD0


私「私の、娘だよ」

僕「娘・・・」

私「私の娘だから、いつか私と同じように、死ぬんじゃないかな」

僕「娘、なんて初めて言ってくれたね」

私「言ったことは、なかったっけ」

僕「うん」

私「その「僕」っていう一人称をやめてくれたら、もっと娘らしく扱えるんだけどね」

僕「僕は僕だよ、生まれたときからそうだろ??」




77 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:16:38.06 ID:/5eVDkaD0


私「言語プログラムに、変なものが混じってたんだよ、きっと」

僕「ひどいなそれ。僕不良品だっていうの??」

私「違うよ。大切な、娘だよ」

僕「でもさ、僕は君をお父さんというよりも、恋人のように思ってたな」

私「恋人、ね。いったいどんな本を読んだんだい」

僕「なんか、最近の新しい小説とかかな」

私「そっか。私はそういうの疎いから、よくわからないな」




78 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:21:18.98 ID:/5eVDkaD0


僕「君こそ、その偉そぶった「私」っていうの、やめたら??」

私「どうして」

僕「なんか距離を感じるな。余所余所しくて、さ」

私「そうかな。でもこれは昔からの癖だから」

僕「そっか」

私「で、君を作ったのは私だけど、それでも恋人同士になれるものなのかな??」

僕「いいんじゃない??ここには、二人しかいないんだし」

僕「僕らの関係は、僕らで決めたら」

私「まあ、そうだね」




79 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:29:15.13 ID:/5eVDkaD0


僕「君はこの島を出るつもりはないの??」

私「どうして??」

僕「僕はここで暮らすことに不自由はないけど、君は不自由じゃないの??」

私「そんなことはないよ」

僕「本当に??」

私「本当だよ」

僕「どこにも行かない??」

私「どこにも行かない」




80 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:34:30.34 ID:/5eVDkaD0


僕「眠い??」

私「そうだね、そろそろ寝ようか」

僕「ねえ、どこにも行かない??」

私「行かないったら」

僕「起きたら、そばにいるよね」

私「君寝ないじゃないか」

僕「あ、そうか」




82 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:39:46.80 ID:/5eVDkaD0


私「明日は、何しようかな」

僕「ねえ、その前にさ」

私「ん??」

僕「僕も、一度で良いから君と一緒に寝てみたかったんだけど」

私「うんうん」

僕「無理かな??」

私「やってみようか」

僕「うん」




84 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:44:33.78 ID:/5eVDkaD0


私「こっちおいで」

僕「うん」

私「そうそう。で、目をつぶってみて」

僕「うん」

私「そのまま、朝までずっと、そのまま」

僕「うん」




85 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:48:41.28 ID:/5eVDkaD0


僕「こうしていたら、寝れるの??」

私「どうかな。でも、寝ている気分にはなれるかもね」

僕「そっか」

私「話しながら、寝ようか」

僕「うん」

私「ほら、じゃあさっきの続きでも、違う話でも」

僕「うーんとね」


★おしまい★



87 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/05/31(日) 02:52:46.81 ID:/5eVDkaD0


最後にスペック


小さな無人島でロボットを作り研究している
研究を終え、今はそのロボットとのんびり暮らすことに満足している
性別は男、年齢不詳


「私」に作られたロボット
ある程度高性能で、痛覚もあるし、食事もする
性別は女、年齢は1歳、見た目は10代
あまり知識はない

長々とありがとうございました
>>83 こないだ途中で落ちましたorz



88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 02:58:31.24 ID:XthqDCbT0






89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 02:58:42.25 ID:9hJ3z8gAO


すごいすきだ



90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 03:00:18.22 ID:P41bI3bnO


おつ
ありがとう、癒された



91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 03:01:30.52 ID:oof0P7fUO



すきだ
いつも読めるようにしたいくらいだ



94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 03:32:55.28 ID:bUGYSEnd0


http://www.nicovideo.jp/watch/sm1627649
http://www.nicovideo.jp/watch/sm950404
http://www.nicovideo.jp/watch/sm339253
http://www.youtube.com/watch?v=E4FbLpOsWKY
ニコ動がけっこう揃ってるんだよね



96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/05/31(日) 04:04:02.68 ID:xc5GUf6IO


俺の車の音楽GOINGしか入ってないわ





元スレ:http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1243692362/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP