PickUp
スポンサード リンク
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:21:03.32 ID:yDmQrR3zO

間違えた>>1 訂正

遊馬「しかも目茶苦茶でかいよな、あのバイブ」
アストラル「おそらく様々な機能を付け加えた為に巨大化したのだろう。その分性能は折り紙付きのはずだ」

遊馬「あれをアナルに入れてかっとんだら気持ち良いだろうな……よし、俺は決めたぜ、アストラル!」

アストラル「やるのか、遊馬!?」


2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:12:19.05 ID:yDmQrR3zO

遊馬「悪いな、アンナ。いきなり呼び出して」

アンナ「気にすんな! 俺もちょうど暇だったからよ」

アンナ(まさか休日に遊馬の家に招待されるなんて……これはひょっとしつひょっとするかもしれねえぞ///)ドキドキ

遊馬「ところでアンナ。お前のバイ、じゃない、何時も跨がってる棒はどうしたんだ?」

アンナ「(倍?)フライングランチャーの事か? それなら外に置いてあるぜ」

遊馬「そうか、ちゃんと持って来てるんだな……まあ、上がれよ。今お茶出すからさ」

アンナ「おう!」

遊馬「…………」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:19:11.84 ID:yDmQrR3zO

…………

アンナ「Zzz……」

遊馬「よし、寝たな」

アストラル「睡眠薬か……また古典的な手を取るな、君は」

遊馬「それにしてもアンナって俺や小鳥と同い年とは思えないくらい性的な体してるよな。
おっぱいもでかくてそれを見るだけで俺の下半身はもうビンビングだぜ」

アストラル「ふむ……下は白か。記憶しておこう」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:27:50.03 ID:yDmQrR3zO

遊馬「とりあえずアンナにもオカズとして協力して貰うぜ」

アストラル「オカズではなくこのまま手を出していいのではないか?」

遊馬「バカヤロー。そんな事したら犯罪だろうが。父ちゃんだって悲しむぜ」

アストラル「仮に手を出されても彼女の方は構わないと思うが……」

遊馬「はあ? 何でそうなるんだよ?」

アストラル「いや、何でもない……全く、鈍いな君は」ヤレヤレ

遊馬「さて、とりあえず外にあるアンナのバイブを中に運ぶぜ」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:33:31.88 ID:yDmQrR3zO

遊馬「おー、すげえ……」

アストラル「色、艶、形……いつ見ても素晴らしいバイブだ。実に興味深い」

遊馬「こいつが今から俺のケツの中に……」ゴクリ

アストラル「遊馬、君の下半身のログポースが凄まじい勢いで道を示しているぞ」

遊馬「その道の先にある未来……掴んでやるぜ、アストラル!!」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:36:19.94 ID:yDmQrR3zO

遊馬「パンツも脱いだ。オカズもある。部屋の鍵もかけた」

アストラル「始めるのだな、遊馬」

遊馬「ああ」

遊馬「俺のアナルとアンナのバイブで……オーバーレイだ!」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:41:51.92 ID:yDmQrR3zO

遊馬「かっとビングだぁぁ、俺ぇ!!」ダッ

遊馬「うぅぅ……」

遊馬「ぐぐぐっ………」

遊馬「oh,oh,oh,over ray!」







遊馬「くそ、でか過ぎて入りやしねえ!」

アストラル「なんと」


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:48:25.75 ID:yDmQrR3zO

遊馬「くそ、俺はこんなにもケツの穴の小さい男だったのかよ!」ユカドン

アストラル「いや、バイブが大きすぎたんだ。君のアナルは平均的な大きさだ、悲観する事はない」

遊馬「でもアナルにオーバーレイ出来なきゃかっとビングは……」

アストラル「遊馬、君はこんな簡単に折れる様な男ではないだろう?」

アストラル「諦めるな、遊馬。かっとビングだ」

遊馬「アストラル……そうだよな。父ちゃんならこんな時でも諦めないもんな」

遊馬「俺はやるぜ、アストラル!」


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:49:08.07 ID:2ztjW2NL0

扉♂は常時君のために開かれる


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:52:49.41 ID:yDmQrR3zO

遊馬「う~ん、とりあえず滑り易くなる様にアナルに油を塗ったけど……」

アストラル「ふむ、まだ入りそうにないな」

遊馬「くそ~、一体どうすればいいんだよ。俺のテンテンテンポは準備出来てるっていうのに」

アストラル「……なら勢いに任せて一気行くか」

遊馬「どういう事だ?」


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 13:58:54.02 ID:yDmQrR3zO

アストラル「つまりだ、このバイブを床に縦に置く」

遊馬「うん」

アストラル「机でも積んで、少し高い所に君が移動する」

遊馬「ああ」

アストラル「そして尻を付きだし、バイブに向かって落下すれば……」

遊馬「はっ!?」

アストラル「そう、落下の力が加わり君のアナルにバイブがスポーアと突き刺さる」

アストラル「空中合体、さしずめエア・エクシーズ召喚という訳だ」

遊馬「すげえ! 見事な勝利の方程式だぜ、アストラル!!」

アストラル「そんなに褒めるな……私だって照れるんだ」

遊馬「よし、全裸急げ! 早速準備するぜ!!」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:04:29.22 ID:yDmQrR3zO

遊馬「高さはこんなもんでいいかな?」

アストラル「ああ、後はバイブに向かって飛び降りだけだ」

アストラル「だが気をつけろ。もし目測を誤れば大変な事になる。股間にでも当たればそれこそ……」

遊馬「皆まで言うな。覚悟ならとうに出来てるさ」

遊馬「父ちゃんから、この鍵を預かった時からな……」

アストラル「遊馬……」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:08:10.55 ID:yDmQrR3zO

遊馬(父ちゃん、母ちゃん……俺に力を貸してくれ!)

遊馬「今度こそいくぜ! かっとビングだ、俺ぇぇぇぇぇぇ!!!」ダッ













ズボッ


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:12:58.30 ID:yDmQrR3zO

遊馬「ぐわぁぁぁ!!」

アストラル「入った! アナルに入った!!」

遊馬「くっ、何だ、これ……腹の中がいっぱいになったような感覚は……」

アストラル「痛いのか、遊馬? だが初めは誰だって痛い! 我慢するんだ!」

アストラル「それに堪えさえすれば見つかるはずだ! 君だけのヌメロンコードが!!」

遊馬「くっ、負けるか……」シコッ

遊馬「負けるもんかぁぁぁぁ!!」シコシコ


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:18:37.79 ID:yDmQrR3zO

遊馬「うわああああ!」シコシコ

アストラル(くっ、遊馬が必死に戦っているのに私は見守る事しかできないのか……)

カチッ

遊馬「ん、何だ今の音……うわっ!?」

アストラル「しまった! オナニーの振動でバイブの起動スイッチが……」

遊馬「なんか変形して宙に浮き出したぞ! うわあああ!!」

パリーン

アストラル「なっ、バイブが遊馬の尻に刺さったまま窓を突き破って外に……遊馬!!」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:24:47.99 ID:yDmQrR3zO

ごおおおおおぉぉぉ……

遊馬「…………」

アストラル「しっかりするんだ、遊馬! まさかこんな事になるなんて……半分は私の責任だ、すまない」

遊馬「……へっ、謝るなんてお前らしくないぜ、アストラル」

遊馬「それに俺のオナルオナニーは……まだ終わってない!」シコシコ

アストラル「君は……飛びながらオナニーを続けるというのか!?」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:28:48.67 ID:yDmQrR3zO

遊馬「だって簡単に諦めるなんて俺らしくないんだろ?」シコシコ

遊馬「それに飛びながらオナニーなんてそう簡単に出来るもんじゃない」シコシコ

遊馬「むしろ全裸だから風も当たって気持ち良いくらいだぜ」シコシコ

アストラル「遊馬、君って奴は……」

ビィービィー

遊馬「なっ、今度は何だ?」シコシコ

アストラル「これは警告音? まさか故障か!?」


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:32:01.37 ID:yDmQrR3zO

遊馬「うわっ、バイブが起動を変えて真上に上がりだした!?」シコシコ

アストラル「まずい、このままではオゾンより上、つまり宇宙に行ってしまう!」

アストラル「そして宇宙には酸素がない……つまり我々に待つのは、『死』だ」

遊馬「何だって! 何とかならねえのかよ、アストラル!?」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:33:42.74 ID:yDmQrR3zO

アストラル「……一つだけ助かる道はある」

遊馬「何だよ?」

アストラル「遊馬、ゼアルだ!!」

遊馬「!」

アストラル「ゼアルの力なら、大気圏を超えても何とかなる!!」


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:36:44.87 ID:yDmQrR3zO

遊馬「いいのか、アストラル? 今ゼアルになっちまったらお前のケツも……」シコシコ

アストラル「君とは一心同体だと前にも言ったはずだ。それに私だってそのバイブの味を知りたい」

アストラル「独り占めはずるいぞ、遊馬」ニコッ

遊馬「アストラル……へっ、ホントにお前にはかなわねーよ」シコシコ


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:40:19.44 ID:yDmQrR3zO

アストラル「いくぞ、遊馬!」

遊馬「おう! 俺は俺自身とお前でオーバーレイ! 俺達2人でオーバーレイネットワークを構築!」

アストラル「遠き2つの魂が交わるとき、語り継がれし力が現れる」

遊馬&アストラル「「エクシーズチェンジ!ZEXAL!」」

じゃきーん


37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:44:43.01 ID:yDmQrR3zO

…………

鉄男「ん、何か今空が光らなかったか?」

画伯「あ、あれを見るにゃ!」

ウラ「鳥ウラか? 飛行機ウラか?」

委員長「違います! とどのつまりあれは……」

小鳥「遊馬が、ゼアルがお尻から火を吹き出しながら天に昇っていく!」


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:45:48.88 ID:JS9YCL+z0

なんだコレ……


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:48:34.77 ID:yDmQrR3zO

…………

遊馬「見ろよ、アストラル……地球がもうあんなに小さいぜ」

アストラル「ゼアルになっていなければ危ない所だった」

遊馬「さて、バイブはまだ火を噴いてる……戻れるかな、地球に?」

アストラル「分からん。だが君は諦めないんだろ?」

遊馬「へへ、勿論さ。とりあえず、月にでも行って考えようぜ」


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:52:44.29 ID:yQ/3SX/A0

アンナ空気杉wwwww


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:53:10.19 ID:yDmQrR3zO

遊馬(そう、俺は必ず地球に戻ってみせる)

遊馬(だって地球にはまだまだたくさんのバイブがある……その全てを尻に納めるまで、俺は戦いは終わらないぜ)

遊馬「かっとビングだ、俺!」


今過去未来も

僕らが願ってる夢の欠片

掴み取るまで

Challenge the game

おわり


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:55:50.37 ID:yDmQrR3zO

読んでくれた人、ありがとうございました。


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/12/22(日) 14:56:12.45 ID:81kld79j0

素晴らしいSSだった
おつん



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1387685163/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP