PickUp
スポンサード リンク
3 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:03:42.33 ID:kgeQlRXI0

一夏「・・・」コツ コツ

セシリア「・・・」

一夏「・・・」コツ コツ

セシリア「・・・あの、一夏さん・・・?」

一夏「・・・」チラッ

セシリア「あ、あの、わたくし、正座って苦手で・・・」プルプル

一夏「・・・」ツン

セシリア「んにゃ~~~~! あ、足、つつかないでください!」ジーーン

一夏「・・・」ツン ツン

セシリア「ああっ! や、やめ・・・!」ジーーン ジーーン


5 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:06:37.97 ID:kgeQlRXI0

セシリア「はぁ・・・ はぁ・・・」ピクピク

一夏「・・・」

セシリア「い、一夏さん・・・?」

一夏「・・・」

鈴「あ~あ、だから前から言ってたのに。 正直に言えって」

セシリア「正直にって、何のことですの?」

鈴「あんたの料理はまずいってことよ!」ビシィ!

セシリア「な、なんですって・・・」

鈴「今回の被害者、織斑一夏さんです」

一夏「ドウモ、オレ、イチカ」

鈴「ただいま、口の中が大変アレな状態なので、ちゃんと話せません」


6 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:08:55.66 ID:kgeQlRXI0

鈴「さて今回、一夏がああなったブツを見てみましょう」

鈴「セシリア、これは何?」

セシリア「わたくしの得意料理の、ビーフシチューです!」

鈴「なるほどなるほど」

セシリア「わたくしの大切なメイド・・・チェルシーから作り方を教えてもらった特製ですのよ!」

鈴「ほほう、本場モノってやつね」

鈴「いつもより、赤が鮮やかよねー」

セシリア「ああ、それはですね」


9 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:11:42.39 ID:kgeQlRXI0

セシリア「いつもはケチャップで赤さを調整するんですが」

鈴「この時点でおかしいよねー」

セシリア「丁度、ネパールからいらした方から、赤い粉の調味料を分けていだだけまして」

一夏「アカイ、コナ」

セシリア「いわく、『ホットになるよ!』と。 色もとってもきれいな赤で・・・」

一夏「ホット、ニ、ナル」

セシリア「たくさん入れたほうがおいしいって教わりましたので、たくさん入れました!」ニコー!

一夏「タクサン」

セシリア「そういえば何という調味料かは、笑って教えてくださいませんでしたわね」

一夏「・・・そりゃ唐辛子だーーーーー!」ガォォ!

鈴「あ、なおった」

セシリア「ひぃっ」

鈴「一夏、落ち着いて? タラコなくちびるが面白いわよ?」

一夏「はぁー、はぁー」ガルルル


11 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:13:58.88 ID:kgeQlRXI0

鈴「では次に、この緑の飲み物は何?」

セシリア「あ、それは用務員の轡木さんにいただきまして、抹茶と仰ってましたわ」

鈴「なるほどなるほど」

鈴「セシリアって、まだ読めない漢字あるわよね?」

セシリア「え、ええ、漢字難しくて・・・」

鈴「実はわたくし、セシリアさんの調理場へ潜入してきましたの」

セシリア「真似されてる・・・」

鈴「セシリアさん、これがその”抹茶”の袋ですね」

セシリア「あ、はい、そうですわ」

鈴「どうぞ、一夏さん」

一夏「・・・青汁」

一夏「青汁かーーーーー!」ギャオーン!

セシリア「ひぃぃっ」

鈴「きっと轡木さんはセシリアが漢字読めないこと知らないのよねー」

鈴「ほんの冗談がこんな惨劇を・・・。 まさに悲劇だわ」プククク


14 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:16:02.93 ID:kgeQlRXI0

鈴「つまり本日のメニューは」

鈴「唐辛子たっぷりビーフシチューと青汁」

鈴「というわけね」

一夏「うむ」

鈴「セシリア、味見した?」

セシリア「いえ、してませんけど・・・」

一夏「・・・」ギロ

セシリア「ひっ」ビクッ

一夏「セシリア、ちょと食べてみろよ」

一夏「まずはビーフシチュー」

セシリア「そ、それは食べた一夏さんが床を転げ回った・・・!」

鈴「そう、顔真っ赤にして「ヒュー」とか言ってたやつね」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/24(日) 22:16:48.59 ID:HDNHj9CN0

どんなメニューだよww


18 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:20:21.24 ID:kgeQlRXI0

一夏「セシリア、あーん」ハイ、アーン

セシリア「・・・」プイッ

一夏「あーん」

セシリア「・・・」プイッ

一夏「セシリアー?」

セシリア「・・・」プイッ

鈴「一夏、一夏」

一夏「なんだよ、鈴」

鈴「ゴニョゴニョ・・・ゴニョゴニョ・・・」

一夏「え、そんなのでいいのか?」

鈴「いいから、やってみて」

一夏「お、おう」


19 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:23:24.84 ID:kgeQlRXI0

一夏「セシリア・・・」キュ

セシリア「な、なんですの、手を握ったりして」

一夏「俺、セシリアに食べてほしいんだ」ジッ

セシリア「一夏さん・・・」

セシリア(こんな真っ直ぐに見つめられたら・・・、わたくし)

一夏「さ、口を開けて」

セシリア「は、い・・・」

鈴(ちょろいわねー)

セシリア「あ・・・ん」

一夏「ほい」

セシリア(あっ!?)パクッ


20 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:26:39.84 ID:kgeQlRXI0

セシリア(ちょっと辛い・・・? でも、食べられないほどでは)

 ゴックン

セシリア「――――――――――――――――― !!!!」

鈴「あ、きたみたいね」

セシリア(辛っ!? いえ、痛い!? な、なんですのこれは!!)

セシリア「ヒュー ヒュー」

セシリア(声が! 声が出ませんの!)

一夏「辛さは味覚ではなく、痛覚だそうだ」

鈴「一夏、物知りねー」

セシリア「ヒュー! ヒュー!」ガクガク

セシリア(なんでそんな暢気なんですか!? 水! 水を!)

鈴「さすがはイギリス貴族、吐き出したりしないのねー」

セシリア(み・・・水を・・・!)ブルブル


25 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:28:53.14 ID:kgeQlRXI0

一夏「さ、セシリア。 これを飲むんだ」スッ

セシリア「・・・! ・・・!」コクコク

セシリア(み、水・・・)ゴクゴク

鈴「セシリア、それ、青汁よ」

セシリア「――――――――――――――――― !?」

セシリア(く、草!? 草を搾った汁ですの!?)

セシリア(な、生臭い! なんですのこれはー!?)

一夏「セシリア、青汁ってのはな・・・、CMで『まずい!もう一杯!』ってやってたくらいなんだ」

鈴「懐かしいわねー。 よくあれで苦情がこないもんよね」

一夏「それだけまずいってこったろ」

鈴「ですよねー」

セシリア(ま、また暢気にお話を・・・! 助けて・・・!)プルプル


27 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:36:00.39 ID:kgeQlRXI0

 セシリア製ビーフシチューについて


 イギリスにいるメイドさんのチェルシーから教わった、問題なく美味しいもの

 だがセシリアさんがなんとなく「赤が足りませんわね」と赤い調味料を追加して台無しに

 見た目にこだわるだけで味は無視したので、惨状を引き起こした


31 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:38:06.33 ID:kgeQlRXI0

セシリア「はぁ・・・」グッタリ

鈴「水、いっぱい飲んだわねー」

セシリア「まだ足りない気分ですわ・・・」

一夏「セシリア」

セシリア「は、はいっ」ビクッ

一夏「ご飯を作ってくれるのは本当に嬉しいんだ」

セシリア「一夏さん・・・」

一夏「でも、それは、やっぱり基本が出来てないとダメだと思うんだよ」

セシリア「はい・・・」ショボーン

セシリア(もう作るな、って言われますの・・・?)

一夏「そこでだ」


32 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:41:21.80 ID:kgeQlRXI0

一夏「セシリア、一緒に料理の練習しないか?」

セシリア「えっ」

鈴「えっ」

一夏「俺も少しなら料理出来るし、教えられることもあると思うんだ」

セシリア「一夏さんが教えてくださいますの・・・?」

一夏「おう」

セシリア「ぜ、是非! お願いしますわ!」コクコク

一夏「わかった、一緒にやろうな」ニコッ

セシリア「はい!」パァァー

鈴「あ、あたしも!」

一夏「悪いな鈴、これはセシリアの初歩の練習なんだ」

一夏「上級者の鈴は、やることないよ」

鈴「そ、そう・・・」ガッカリ


35 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:43:43.06 ID:kgeQlRXI0

一夏「何を作ろうか?」

セシリア「折角ですし・・・、簡単でいいですから、日本の料理を教わりたいですわ」

一夏「そっか、じゃあそんなに凝らない物にしような」

セシリア「はい!」

一夏「じゃあ、また日曜に」

セシリア「はい、おやすみなさい、一夏さん♪」


37 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:45:50.91 ID:kgeQlRXI0

 ―セシリア自室―

セシリア「うふふふ」

チェルシー『お嬢様、浮かれてるようですけど・・・大丈夫ですか?』

セシリア「大丈夫・・・? どういうことですの?」

チェルシー『男が女を誘うという意味・・・。 軽く見てはいけません」

セシリア「・・・ごくり」

チェルシー『織斑様は、何と言われてましたか?」

セシリア「えーと・・・、エプロンだけ持ってきてくれればいい、と」

チェルシー『・・・お嬢様、そ、それは』

チェルシー『エプロン以外はダメ、ということでは・・・!?』

セシリア「ええっ!?」

 モヤンモヤーン(妄想スタート)


41 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:49:41.30 ID:kgeQlRXI0

セシリア『今日はよろしくおねがいします、一夏さん』

一夏『セシリア・・・、どういうことだ?』

セシリア『え・・・? ど、どうかなさいましたか?』

一夏『俺は、エプロンだけ持って来いと言った筈だ』

セシリア『え、ええ、だからこうして』

一夏『何故、服を着ている?』

セシリア『え・・・?』

一夏『脱げ』

セシリア『そ、そんな』

一夏『・・・セシリア?』ジロリ

セシリア『・・・わかりました、・・・脱ぎ、ます・・・』

 シュルシュル パサァ

一夏『・・・』

セシリア(ああ・・・、見られてますわ・・・)プルプル


42 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:52:02.56 ID:kgeQlRXI0

セシリア「・・・なんてことに・・・」ドキドキ

チェルシー『お、お嬢様・・・?』

チェルシー(冗談・・・だったんだけどなぁ・・・)

セシリア「一夏さんったら、いざという時にはとっても強引で・・・」

チェルシー『そ、そんな方には見えませんでしたが』

セシリア「チェルシー! わたくし、やりますわ!」

チェルシー『・・・程々にがんばってくださいね』


45 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:54:47.75 ID:kgeQlRXI0

 ―当日 調理場―

セシリア「い、一夏さん・・・」

一夏「おう、セシリア」

セシリア「・・・」モジモジ

一夏「どうした? 入ってこいよ」

セシリア「・・・は、はい」

   ハダカエプローン

一夏「」

セシリア「よ、よろしくおねがいします」

一夏「せ・・・セシリア?」

セシリア「はい?」

一夏「なんで・・・なんで、裸エプロンなんだ・・・?」ワケガワカラナイヨ

セシリア「だって・・・一夏さんが、エプロン以外は許さないって・・・」ポッ

一夏「言ってないよね!?」ガビーン


48 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:57:29.24 ID:kgeQlRXI0

一夏「・・・」ジー

セシリア(み、見られてる・・・。 ケダモノのような目で一夏さんがわたくしを・・・)

一夏「セシリア・・・」ジー

セシリア「一夏さん・・・」

セシリア「そ、そんな目で見られますと・・・、わたくし・・・!」クルリ

一夏(尻っ!?)ブハッ

セシリア「一夏さん・・・?」

一夏「セシリア・・・!」ムフー ムフー

セシリア「一夏さん・・・」

一夏「セシリア・・・!」ジリ ジリ

一夏「セシリアーーー!」ガバァァ!!

セシリア「きゃー♪」



50 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 22:59:57.17 ID:kgeQlRXI0

箒「目潰し」ブシュ

一夏「ギャーーー!」

セシリア「ほ、箒さん!?」

一夏「目が・・・! 目がぁぁ!」ゴロゴロゴロ

セシリア「一夏さん! しっかり!」

箒「ふん、ただのレモンだ」

箒「お、お前もなんという格好をしているのだ! 服を着ろ!」ガォォ!

セシリア「は、はいー」スタコラサー


54 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:02:18.68 ID:kgeQlRXI0

箒「まったくお前は・・・!」

一夏「いや待て箒、あれは俺がやらせたわけじゃないぞ」

セシリア「え、でも一夏さん、エプロンだけで来いって」

箒「・・・一夏」チャキン

一夏「だから! 他の準備は俺がするって意味で! 刀は仕舞って!?」

箒「だ、だからと言って・・・、あんなにジロジロ見るもんじゃないだろう」

一夏「・・・箒」ズイッ

箒「な、なんだ」

一夏「目の前にセシリアの尻があって! 目を離せるわけがないでしょーー!(血涙)」ゴォォォ!!

箒「アホかーー!」スパーン!

セシリア「一夏さん・・・」ポッ

箒「セシリアも! 感激してない!」


58 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:04:55.97 ID:kgeQlRXI0

一夏「ところで、箒は何をしに来たんだ?」

箒「わ、私は明日の弁当の準備を・・・」

一夏「へえ、弁当かー」

箒「う、うむ、夜は混むからな。 今のうちにと思って」コクコク

箒「また、あの唐揚げを作ろうと思っているのだが・・・、い、一夏も食べるか?」

一夏「いいのか? あれ美味かったよなー」

箒「う、うむ、あときんぴらごぼうと玉子焼きを・・・」

一夏「そうか、楽しみだな!」

箒「う、うむ、楽しみにしていろ」コクコク

箒(た、楽しみって言われた・・・)ニヘラー

セシリア「むぅー」プクー


59 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:07:55.40 ID:kgeQlRXI0

セシリア「そ、そろそろ始めませんか。一夏さん!」

一夏「ああ、そうだな」

箒「何をするのだ?」

一夏「セシリアの料理の練習だよ」

箒「そ、それなら私も一緒に・・・」

一夏「いや、箒は随分上達してるからな。 今日はセシリアの特訓だよ」

箒「そ、そうか・・・」ズーン

一夏「じゃあまたな、箒」

箒「あ、ああ」

箒(・・・同じ調理場にいるのだ。 またチャンスはあるだろう・・・あるといいな)クスン


60 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:10:24.16 ID:kgeQlRXI0

セシリア「それで先生、今日は何を作りますの?」

一夏「まぁ普通の朝ごはんってことで、目玉焼き・キャベツの千切り・味噌汁・炒めたウインナーにしよう」

セシリア「和風でしたら、焼き魚では?」

一夏「焼いた魚と、焼けた魚は違うんだよ。 セシリアにはまだ早いよ」

セシリア「はぁーい・・・」

一夏「それじゃ、始めるか」


65 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:12:53.91 ID:kgeQlRXI0

一夏「お米をとぎます」

セシリア「はい」

一夏「力を入れすぎて、米を割らないようにな」

セシリア「では・・・」スチャッ

一夏「はいそこー、洗剤は置いとくようにー」

セシリア「は、はい」

一夏「水が白くにごったら、入れ替えます」

セシリア「よいしょ、よいしょ」ザッシュザッシュ

セシリア「できました!」ピッカー

一夏(洗いすぎて水が澄んでる・・・。 ほんとセシリアは真面目だな)

一夏「では炊飯スタート」

セシリア「ポチッとな!」ピッ


68 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:15:08.84 ID:kgeQlRXI0

一夏「次はキャベツを刻んでみましょう」

セシリア「むぅ」グググ・・・

一夏「はいストーップ」

セシリア「え?」

一夏「何だよその構えは! 落馬した騎士にトドメ刺すみたいですよ!」

一夏「左手で抑えて、右手を軽く引くように・・・ああ、指を曲げないと危ないぞ」

セシリア「指を曲げる・・・?」

一夏「左手でグーを作って・・・はいセシリア、にゃーってやって」クイッ

セシリア「にゃー」クイッ

一夏「そうそう、それで第一関節と第二関節の間の指の背に包丁を当てて・・・」

セシリア「こ、こうですか?」


71 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:19:59.64 ID:kgeQlRXI0

一夏「ちょっと危なっかしいな・・・後ろから支えてやるよ」ソッ

セシリア「い、一夏さん・・・(///」ポッ

セシリア(う、後ろから抱き締められてるみたい・・・)

一夏「力を抜いて・・・」

セシリア「は、はい(///」

セシリア(こんな耳元で囁かれますと・・・わたくし・・・)

 モヤンモヤーン(妄想スタート)


72 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:22:38.86 ID:kgeQlRXI0

一夏『ただいまー』

セシリア『おかえりなさい一夏さん、ご飯もうちょっと待ってくださいね』トントントン

一夏『・・・セシリア』ギュッ

セシリア『きゃっ』

一夏『・・・』ギュー

セシリア『い、一夏さん・・・?』ドキドキ

一夏『ご飯より・・・セシリアを食べたい』

セシリア『ふぇっ』

一夏『いいだろ・・・セシリア』

セシリア『は、はい・・・どうぞ・・・』


73 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:26:11.18 ID:kgeQlRXI0

セシリア「・・・ぇへへ」ポヤーン

一夏「おぉ、初めてにしては上手いもんだな」

セシリア「へっ?」

セシリア(ぜ、全部切れてるー!?)

一夏「さすがセシリアだ、器用なもんだな」ニコニコ

セシリア「え、ええ、このくらいお安い御用ですわ・・・ほほほほ」ダラダラ

セシリア(い、いつの間に・・・)

箒「な・・・あんなに密着して・・・!」ギリギリ


74 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:29:34.69 ID:kgeQlRXI0

一夏「次は味噌汁」

セシリア「日本のスープですわね」

一夏「具は豆腐とネギで」

セシリア「わたくし、トーフ好きです!」

一夏「そりゃよかった」ニコッ

セシリア「はい!」ニコッ

一夏「豆腐は柔らかいので、手のひらの上で切ります」スッスッ

セシリア「あ、危なくないんですの?」

一夏「包丁は引かないと切れないからな。 こう、包丁の重みで切るように・・・」

セシリア「なるほどなー。 わたくしも・・・やってみたいですわ」

一夏「おう、やってみろよ」

セシリア「ま、また支えてくださいますか・・・?」ポッ

一夏「おう、危ないからな」スッ

セシリア「えへへ(///」ポッ

箒「・・・」ギリギリ


80 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:33:22.56 ID:kgeQlRXI0

一夏「次は目玉焼き」

セシリア「これは簡単ですわね!」

一夏「卵料理を甘く見ちゃいけません。 ではまず卵を割りましょう」

セシリア「(コンコン)・・・割れませんわね」

一夏「もうちょっとだけ強く・・・」

セシリア「ていっ(グッシャアアア) ああ、砕けてしまいました」

一夏「もうちょっとだけ、って言ったのに・・・」

―――――――――――――――
―――――――――――――――――

セシリア「やっとちゃんと割れましたわ・・・」

一夏「この失敗した分はどうするか・・・予想以上に多いな」

セシリア「す、すみません」ションボリ

一夏「練習なんだから、失敗していいんだよ。 これは後で卵焼きを作ってやるよ」

セシリア「はーい」


82 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:35:30.88 ID:kgeQlRXI0

一夏「フライパンが温まったら、卵を入れます」

セシリア「そーっと・・・」ジュワー

一夏「少量の水を入れてふたをします」

セシリア「裏返したり、しませんの?」

一夏「それは次の機会にしよう。 今回は裏返しなしのサニーサイドアップで」

セシリア「はーい」

一夏「蒸し時間で半熟、固めと自在に調整できます」

セシリア「なるほどー」ジー

一夏「はい完成」パカッ

セシリア「熱っ!」

一夏「蒸気が出るから、顔近づけてると危ないぞー」

セシリア「先に言ってくださいっ!」


90 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:37:57.79 ID:kgeQlRXI0

一夏「最後にウインナー」

セシリア「どうしてこんなに赤いんですか?」

一夏「赤いほうが美味しそうじゃないか」

セシリア「そ、それだけの理由で赤いんですの?」

一夏「おう」

セシリア「日本ってすごいんですのね・・・」


93 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:40:19.30 ID:kgeQlRXI0

一夏「このウインナーをふたつに切って、端っこに切れ目を」スッスッ

一夏「そして炒める」ジュー

セシリア「まあ・・・! タコですわ!」キラキラ

一夏「ふふふ、タコさんと呼ぶんだ」

セシリア「タコさん!」

一夏「ここにこう切れ目を入れると・・・」

セシリア「カニですわね!」

一夏「カニさんだ」

セシリア「カニさん!」

一夏「面白いだろ?」ニコッ

セシリア「はい!」ニコッ


95 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:44:22.49 ID:kgeQlRXI0

箒「い、一夏」

一夏「ん? どうした箒」

箒「そ、そのウインナーの切り方・・・、私にも教えてくれないか?」

一夏「おう、いいぞ」

セシリア「箒さん、すごいんですよ! ほらほら!」ニコニコ

箒「あ、ああ、すごいものだな」

一夏「ほら、今度はペンギンさん」

箒・セシリア「「おぉ・・・」」キラキラ

一夏「上手い人は動物園みたいに作るけどな。 切り込みだけで作るならこんなものだろ」

箒「いや、これでも十分に可愛いものだな」コクコク

一夏「子供のお弁当とか、いいかもな」

箒・セシリア「「子供・・・」」

 モヤンモヤーン(妄想スタート)


97 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:47:38.53 ID:kgeQlRXI0

ダンスィ『ただいまー!』

ママ『おかえり』

ダンスィ『今日のカニさんウインナー美味かった!』

ママ『そう、よかったわね♪』

ダンスィ『明日はペンギンさんがいいな!』

ママ『はいはい。 ちゃんと残さず食べたの?』

ダンスィ『当たり前だよ! ママの料理は美味いからな!』

ダンスィ『おれ、ママを嫁にするんだ!』

ママ『まぁ、パパがなんて言うかしらね』ウフフ


100 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:50:30.50 ID:kgeQlRXI0

箒・セシリア「「良い・・・」」

一夏「へっ?」

箒「い、いや、なんでもないぞ、うん」

セシリア「そうそう、なんでもありませんの、ホホホ」

箒(一夏との子供・・・、きっと強い子になるだろうな)ニヤニヤ

セシリア(い、一夏さんと・・・子供・・・きゃー♪)ニヤニヤ

一夏「どうしたんだ、二人とも」

箒「大丈夫だ、私もがんばるからな」

セシリア「わたくしもがんばりますわ、一夏さん!」

一夏「お・・・? おう・・・?」


101 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:53:55.40 ID:kgeQlRXI0

一夏「完成でーす」

セシリア「ひゃっほー」

一夏「では試食です」

セシリア「はーい」

一夏「箒も食べてくれよ」

箒「い、いいのか?」

一夏「ちょっと多く出来ちゃったからなー。 卵焼きとか」

セシリア「そ、それは」カァッ

一夏「さ、どうぞ」

箒「う、うむ、では、ご相伴にあずかろう」


102 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/24(日) 23:58:03.94 ID:kgeQlRXI0

一夏・箒・セシリア「「「いただきます」」」

セシリア「一夏さん、目玉焼きには何をかけますの?」

一夏「・・・セシリア、それは自分で決めるんだ。 そして他の人に聞かない、強要しない」

セシリア「は、はい」

一夏「目玉焼きの争いは・・・、人類滅亡の恐れがある」

箒「ま、まずい」ガタッ

一夏「あかんねん・・・、これだけは・・・、あかんねん・・・」ブツブツ

箒「一夏! 帰って来い! 一夏!」ペシペシ

一夏「・・・はっ お、俺は一体・・・?」

箒「何も聞くな・・・。 何も無かったんだ・・・」ナデナデ

一夏「あ、ああ・・・」ブルブル

セシリア「」ポカーン

セシリア「な、何かつらい思い出でもあるのでしょうか・・・」

箒「昔、少しな・・・」


104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/24(日) 23:59:37.88 ID:x3szjwRD0

いったいなにが…


112 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:03:23.62 ID:Db1jrRvW0

箒「私は醤油派だったんだが・・・」

箒「姉がな、ちょっとアレな味覚で・・・マヨケチャ七味ドレッシングマスタードソースをかけてな」

セシリア「ま、マヨ・・・?」

箒「どこぞの欠番メンバーのように、大量にかけて・・・それを見た千冬さんが激怒してな」

セシリア「・・・ごくり」

箒「竜巻を人間が作れるなんて思ってもみなかった・・・」

箒「姉はあっという間に逃げたのだが・・・小学生だった一夏はその竜巻に巻き込まれて空に」

セシリア「そうでしたの・・・」

箒「素手のたった一撃で家は半壊。 一夏も千冬さんが拾って無事だったが、しばらくは口も利けない状態だった」

セシリア(・・・篠ノ之博士も大概アレですけど)

セシリア(織斑先生って・・・一体・・・)


115 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:07:47.89 ID:Db1jrRvW0

一夏・箒・セシリア「「「ごちそうさまでした」」」

一夏「セシリア、どうだった?」

セシリア「はい、とっても美味しかったです!」

一夏「そりゃよかった」ニコッ

箒「悪くなかった、特に卵焼きは美味しかった」

一夏「あれは俺が作ったんだよな。 気に入ってくれたか?」

箒「う、うむ、あれは私の好みだ。 ・・・す、好きだぞ」ポッ

一夏「おう、ありがとな」

箒「こ、今度、卵焼きの作り方を教えてくれ・・・。 お前のこ、好みを知っておきたいから」

一夏「わかった、また今度な」

箒「う、うむ、約束だぞ」コクコク

セシリア「むぅー」プクー


118 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:12:44.33 ID:Db1jrRvW0

一夏「後片付けまでが練習です」

セシリア「はーい」

セシリア(こんな風に一緒に家事をしてると・・・)

セシリア「ふふっ、なんだか夫婦みたいですわね」

一夏「ああ、そうだな」

セシリア「へっ」

一夏「奥さん、皿洗いはよろしくな」

セシリア「ひゃいっ(///」

セシリア(奥さんって言われた! 奥さんって言われた!)キャー

 モヤンモヤーン(妄想スタート)


120 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:16:15.42 ID:Db1jrRvW0

セシリア『一夏さん、そろそろ起きてください。 朝食も出来ましたわよ』コンコン

セシリア『一夏さん、起きてますか?』ガチャ

一夏『セシリアか・・・おはよう』ムクリ

セシリア『おはようございm・・・、チェルシー!?』

チェルシー『おはようございます、お嬢様・・・いえ、奥様』ムクリ

セシリア『な、なぜチェルシーが一夏さんのベッドに!』

チェルシー『メイドですから』キリッ

セシリア『なっ・・』

チェルシー『旦那様がお命じになれば、ベッドにも椅子にもなります・・・』ポッ

チェルシー『でもその代わり、旦那様には・・・枕になっていただきます』ポポッ

一夏「いい子だ・・・、チェルシー」

チェルシー「旦那様・・・(///」


123 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:19:28.64 ID:Db1jrRvW0

セシリア「おのれチェルシー! 謀りましたわね!」クワッ

一夏「」ビクッ

セシリア「あんの雌狐めぇ・・・!」ギリギリ

一夏「せ、セシリア? どうしたんだ?」

セシリア「・・・はっ、な、なんでもありませんわ、ほほほほ!」

セシリア(な、なぜわたくしの妄想にチェルシーが・・・?)

セシリア「むぅ・・・」

セシリア(前に一夏さんと話したときも、満更でなさそうでしたし・・・)

セシリア(一夏さんも、年上好きみたいですし・・・)

セシリア(チェルシー・・・! 要注意かしら・・・!)


126 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:21:57.28 ID:Db1jrRvW0

セシリア「一夏さん、今日はありがとうございました」ペコリ

一夏「いや、俺も楽しかったよ」

セシリア「・・・また、教えてくださいますか?」

一夏「もちろん、いいぞ」

セシリア「ありがとうございます!」パァァー

一夏「じゃあお休み、セシリア。 また明日な」

セシリア「おやすみなさい、一夏さん♪」フリフリ

セシリア「・・・」フリフリ

セシリア「また明日、かぁ・・・」ウフフ

セシリア「ふんふんふ~ん♪」スキップスキップ


129 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:26:17.50 ID:Db1jrRvW0

 ―セシリア自室―

チェルシー『まさか本当に裸エプロンで行かれるとは』

セシリア「ちぇ、チェルシーが言ったんじゃありませんの!?」

チェルシー『それはそうですが』

セシリア「・・・チェルシー? あなた一夏さんに興味があったりは・・・しませんわよね?」

チェルシー『お嬢様の想い人ですから・・・、全く無い訳ではありません』

セシリア「お、想い人って」ポッ

チェルシー『どんな方なのか、見定めたいと思います』

チェルシー『お嬢様は大変賢明な方ですが・・・ちょっとアホですから』

セシリア「アホって」

チェルシー『ぶっちゃけると、ちょろいのです』

セシリア「ちょろ・・・」

チェルシー『大事な大事な妹をお任せできると確信するまでは、要チェックです』

セシリア「・・・ありがとう、チェルシー」ジーン


133 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:30:45.51 ID:Db1jrRvW0

チェルシー『まぁ個人的にも興味はありますが』

セシリア「わたくしの感動を返して!?」

チェルシー『冗談です』

セシリア「そ、そうなの」

チェルシー『少しだけ』

セシリア「全部じゃないんですのー!?」

チェルシー『・・・とまあ、お嬢様はこんなにちょろいのです』

セシリア「ぐぬぬ」

チェルシー『冗談は置いておいて』

セシリア「うぅ・・・」

チェルシー『第一印象としては、とても良い方と思いました』

チェルシー『ですので、頑張ってイギリスまで連れて帰ってきてくださいね』

セシリア「当然! わたくしと一緒にイギリスに帰ってもらいますわ!」

セシリア「この、セシリア・オルコットと一緒に」


136 : ◆bommVHCpxo [] 2011/04/25(月) 00:35:17.79 ID:Db1jrRvW0

セシリア「わたくし、狙いは外しませんのよ」

セシリア「一夏さん」

セシリア「バーン♪」



おわり



チェルシー『でもちょろい性格はなんとかしましょうね』

セシリア「・・・はぁい」


151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/25(月) 01:08:11.05 ID:5JRj1mEm0

>>1
いいほのぼの空間だった


153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/25(月) 01:52:52.43 ID:OjLztUXO0

お疲れ様!よかったです!http://i.imgur.com/TrOnI.jpg




元スレ:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1303649512/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP