PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:11:44.57 ID:Ksx5vQqm0


ジュン(ん?何だこの臭いは…?)

ジュン「ああ、話してみろよ」

真紅「貴方、この臭いが気になるでしょう?」

ジュン「え?まあ気になるけど、それがどうした?」

真紅「屁が止まらないのだわ」





3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:13:44.37 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「へ?屁?どういう事だ?」

真紅「今言った通りよ、屁が止まらないのよ」

ジュン「じ、じゃあこの臭いの発生源は…」

真紅「私だわ、すかしっ屁を連発しているのだわ」

ジュン「…一体何があったんだ?」




4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:17:53.62 ID:Ksx5vQqm0


真紅「分からないわ、焼き芋は食べてないわ」

ジュン「お前屁なんてするのか?」

真紅「ええ、糞だって毎日ひねり出してるわ」

ジュン「…ゴホゴホ、窓を開けよう、息苦しくなってきた」

真紅「あ…」




6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:20:25.15 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「えっ?ど、どうした真紅?」

真紅「今日1番の1発がくるのだわ」

ジュン「ええっ!?やめてくれよ!僕の部屋だぞ!」

真紅「無理よ、あと数秒で炸裂するわよ」

ジュン「し、しかたない…!!」




7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:23:33.71 ID:Ksx5vQqm0


ガバッ!

真紅「どうしたのジュン?顔にしてほしいの?」

ジュン「せめて窓の外にしてくれ真紅っ!」

真紅「OK、分かったのだわ、顔を離していなさい」

ジュン「え?ち、ちょっと待て…!」




9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:26:08.47 ID:Ksx5vQqm0


バリッドブウウウ!!!

グオオオオオオン……

ジュン「ごうええええ!!」

ポトポト…

真紅「見なさいジュン、お隣の木にいる小鳥が落ちたわ」




10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:29:23.87 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「ケホッ…ケホッ…目が、目がぁぁ…」

真紅「大袈裟ね、そんなに威力があるはずないでしょう?」

ジュン「イヤイヤイヤ!大袈裟じゃないよ!死ぬかと思ったぞ!」

真紅「こら、私を揺らすとまた出るわよ」

ジュン「やめてくれ!早く屁を止めてくれ!」




11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:32:35.04 ID:Ksx5vQqm0


真紅「無理って言ってるでしょ、諦めなさい」

ジュン「ロ、ローゼンメイデンとしての誇りは無いのかぁぁ!?」

真紅「これが運命なら、素直に受け入れるわ、ホウヒメイデン…いい響きじゃない」クップウ

ジュン「どっ、どこがだよ!…ゲホッ!また出したな!」

真紅「ホウヒメイデンが放屁しないのはおかしいでしょう?」プックプク




14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:35:30.73 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「グエホ!ま…また!」

真紅「実は出ないから安心なさい」ボムギッ

ジュン「そういう問題じゃないだろ!…グプッ!」

翠星石「今の爆音は何です!?上からですよ!」

蒼星石「爆発音…まさか、水銀燈!?」




15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:38:41.98 ID:Ksx5vQqm0


雛苺「見に行くのー」

翠星石「ええ、見に行くですよ…何か臭いですねえ」

蒼星石「え?君もかい?気のせいかと思ったんだけど…」

雛苺「臭いの、ゆで卵みたいな臭いがするの」

翠星石「じゃあ板東英二はいつもこんな臭い何ですかねぇ」




19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:41:17.27 ID:Ksx5vQqm0


蒼星石「板東はどうでもいいから!行くよ!」

翠星石「板東は、英二」

蒼星石「そりゃ僕の嫌いなジョイマンだろう!?」

雛苺「板東英二の作った甲子園での奪三振記録はいまだ破られておらず…」

蒼星石「雛苺まで!ホラ!行くよ!」




25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:53:58.95 ID:Ksx5vQqm0


すいません、意外と早く下痢がおさまりました

ジュン「ふう…やっと止まったか」

真紅「違うのだわ、溜めて一気に噴出するわよ」

ジュン「えっ!?ド、ドア開けるから廊下に向かってやってくれ」

真紅「そんなに臭い?私には分からないわ」

ジュン「ああ、ゲロ以下の臭いがプンプンするよ」




28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:56:57.08 ID:Ksx5vQqm0


下痢なので、たまにいなくなるかもしれません…

真紅「スピードワゴン乙だわ」

翠星石「ゴホッ…くっせえです」

蒼星石「やっぱり2階から臭ってくるね」

雛苺「板東英二は現在はバラエティなどで活躍しており…」

翠星石「ジュンの部屋から謎の異臭がするです…」




30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 00:59:43.44 ID:Ksx5vQqm0


蒼星石「間違いないね、この部屋だよ、さっきの爆音がしたのは」

雛苺「ちなみに板東英二は半熟ゆで卵は食べない…」

蒼星石「雛苺、さっきからうるさいよ」

ジュン「じゃ、ドア開けるからな、部屋でするなよ」

真紅「私は準備OKよ、さあドアを開けなさい」




32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 01:02:17.96 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「よし…とうっ!」

ガチャリ

翠星石「えっ?」

蒼星石「え?真紅…」

バンピュルブウウ!!




43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 01:18:31.18 ID:Ksx5vQqm0


ハァハァ…

翠星石「ぎやあああああああ!!!」

蒼星石「すっ、翠星石-!!」

雛苺「ドアの正面にいたからモロにくらったのー」

翠星石「…グホッ!ゲヒゲホゲホ!!」

バタッ




45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 01:21:13.80 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「す、翠星石!何てこった…、運の悪いやつだ」

真紅「不慮の事故だわ」

ジュン「おい!思いっきり白目をむいてるぞ!ヤバイ!」

蒼星石「とっ、とにかく起こさないと!えーっと、えーっと」

雛苺「また、板東英二は黄身と白身を分けて食べるらしい…」




48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 01:23:38.83 ID:Ksx5vQqm0


>>47ありがとうございます…

ジュン「そんな無駄知識はいいから!何とかしろよ!」

蒼星石「ああ…一体何があったんだ…」

真紅「毒をもって毒を…もう一発ぶちかますのだわ」

ジュン「やめろ!リアルに死んでしまう!」

蒼星石「え?今の…屁?は真紅が!?」




49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 01:25:59.03 ID:Ksx5vQqm0


真紅「ええ、私は誇り高きホウヒメイデンですもの」

ジュン「何偉そうにしてんだよ!翠星石を何とかしろよ!」

蒼星石「ホウ…?しっ、真紅!まさか…!!」

真紅「……破ッ」

ブシュウウン…




50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 01:28:32.86 ID:Ksx5vQqm0


翠星石「……ッッッ!!」ビクンビクン!!

蒼星石「わああ!翠星石-!!生きてる-!?」

ジュン「ホントにやりやがった…悪魔かこいつ…」

雛苺「そして、板東はいつも塩でゆで卵を食べる、他は邪道だ」

翠星石「…ギホッ!あれ?どうしたですぅ?」




84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:16:14.33 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「良かった、気がついたぞ」

真紅「だから言ったでしょ、毒をもって…」

蒼星石「…あの、説明してもらえないかな?」

雛苺「ここら一帯ゆで卵くせーのー」

ジュン「そうだな…まあ、簡単に言うとな、真紅の屁が止まらないんだ」




85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:19:36.86 ID:Ksx5vQqm0


真紅「ホーヒミスティカ…いい響きだわ」

蒼星石「…確かにそうかもね、ホウヒメイデン…うん」

ジュン「蒼星石、正気になれ!放屁だぞ放屁!」

翠星石「そうですよ!翠星石はそれで死にかけたんですよ!」

雛苺「ぶっちゃけどうでもいいのー」




87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:22:59.01 ID:Ksx5vQqm0


真紅「ホーリエ…いえ、ホーヒイ、うふふ、いい響きね」

翠星石「やめるですぅ!」

ジュン「やめてくれ真紅、だから不人気なんだぞ」

蒼星石(あ…禁句を…)

雛苺(いいぞもっと言え)




88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:25:17.77 ID:Ksx5vQqm0


真紅「…では聞くのだわ、どうやったら私の屁は止まるの?」ブビッ

蒼星石「臭いに慣れてきたよ…、そうだね、止まらないね」

真紅「止まらないのなら、もう開き直りましょ!」プップブウ~

ジュン「喋りながら屁をこくな!乙女じゃないのかよ!」

翠星石「そうですよ!おかしいですぅ!」




89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:28:56.93 ID:Ksx5vQqm0


真紅「ホウヒメイデンが放屁してないなんて、おかしいでしょ?」プッブブブブ

翠星石「だあー!!何とか止めるですよ!」

ジュン「お前いい加減にしろよ!!」

真紅「そうは言っても、方法が思いつかないのだわ」ピ~ブブブップ

ジュン「お前…恥じらいを捨ててしまったのか」




90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:32:44.10 ID:Ksx5vQqm0


真紅「じゃあ貴方は息をするのを恥ずかしがる?私にとって放屁は、呼吸よ」ヒッピュルル~

蒼星石「な、なるほど…」

ジュン「感心するなよ…」

翠星石「アホな事言うなですぅ!私は認めないですよ!」

真紅「1秒間に10回の放屁ができるようになりたいのだわ」




92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:35:57.69 ID:Ksx5vQqm0


蒼星石「それ名前なんだっけ」

翠星石「そんなこたぁどうでもいいです!!」

ジュン「駄目だこいつ…早くなんとかしないと…」

蒼星石「真紅、屁を止められるなら、止めたいかい?」

真紅「まあ、止められるものならね…」プップッププププ




94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:40:10.99 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「ほっ、そこまで落ちぶれてはいなかったか」

翠星石「止めたくないなんて言ったら、縁を切るつもりだったですぅ」

蒼星石「ねえ、オナラを止めるより、原因をつきとめようよ」

真紅「そうね…しかし、全く心当たりがないのだわ」ブリュリ

真紅「ウッ……」




98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:43:54.97 ID:Ksx5vQqm0


蒼星石「……」

翠星石「……」

雛苺「ブリュリ-?」

ジュン「おい!今実が出たろ!音がおかしかったぞ!」

真紅「なな、何を言ってるの?気のせいよ、…念のためお風呂場に行ってくるわ」




101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:47:13.76 ID:Ksx5vQqm0


蒼星石「出てるね、絶対出てるね」

雛苺「明らかに糞の臭いがするの…」

翠星石「なーにがホウヒメイデンですか、不潔ですぅ」

蒼星石「そうだね、ダップンメイデンだよ」

翠星石「そういう問題じゃねーです」




102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:49:50.37 ID:Ksx5vQqm0


雛苺「不人気はこれだから困る」

ジュン「しかし、原因が分からない事にはどうすることもできないぞ」

蒼星石「やっぱり食生活かな?変な物でもたべたんじゃあ…」

翠星石「でも、真紅は翠星石たちと同じ物を食べてるですよ?」

ジュン「…紅茶じゃないか?誰かが紅茶に何か入れたんじゃないか?」




104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:54:02.52 ID:Ksx5vQqm0


雛苺「きっと水銀燈なのー」

蒼星石「だろうね、まったく許せないよ」

翠星石「…真紅遅いですねぇ、やっぱり出てたんですかね」

ブモオオオオッ!!

のり「きゃああああ…ゴッハァ!!」




105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 10:57:19.32 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「…まーたやっちゃったよ」

翠星石「のりが…可哀想に」

ジュン「おそらく漏らしたのがバレたからだろうな」

翠星石「もはや兵器ですね」

蒼星石「金糸雀でも呼ぼうか?面白そうだし」




106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:00:18.85 ID:Ksx5vQqm0


雛苺「賛成なのーこの地獄を味わえなのー」

翠星石「そうですね、あいつだけ無事なのはおかしいですぅ」

ジュン「…まあいいか」

蒼星石「ああ金糸雀?ジュン君の家においでよ、卵焼きパーティーだよ」

蒼星石「うん、そうだよ、今すぐ…じゃあね」




108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:03:59.52 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「来るみたいだな」

蒼星石「うん、単純だから助かるよ」

翠星石「楽しみですぅ」

蒼星石「今この家で火を付けたら多分爆発するよ」

翠星石「そうですね、危険ですぅ」




111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:07:22.21 ID:Ksx5vQqm0


シュッシュッ

翠星石「ブゥーッ!!チ、チビ苺!?」

ジュン「ちょっ、何してんだ雛苺!」

雛苺「ホントに爆発するか実験なのー」

蒼星石「なっ、何て恐ろしい子何だ…好奇心旺盛というか」




112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:10:26.43 ID:Ksx5vQqm0


翠星石「感心してないで止めるですよー!」

ジュン「うわあああやめろぉぉぉ!!」

ボンッ

水銀燈「うふふっ♪今頃真紅は大慌てね」

めぐ「どうしたの水銀燈、嬉しそうね」




114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:14:26.01 ID:Ksx5vQqm0


水銀燈「あのねぇ、今日、真紅がいつも飲んでる紅茶に通販で買った薬を入れたのよう」

めぐ「薬?どんな薬なの?」

水銀燈「オナラが止まらなくなるらしいのよう、効果は約半日らしいわあ」

めぐ「変な薬ね」

水銀燈「きっと羞恥心に耐えられないはずよ、羞恥心♪羞恥心♪」




115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:19:42.56 ID:Ksx5vQqm0


めぐ「水銀燈、…もしかしてこれ?」

水銀燈「そうそう、それよう」

めぐ「…ごめんなさい!面白そうだから、貴方の飲んでるヤクルトに入れちゃったの!」

水銀燈「…え?めぐ、今何て……」

めぐ「貴方、その薬を飲んじゃったのよぉぉー!」




116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:23:03.59 ID:Ksx5vQqm0


水銀燈「えっ?め、めぐ…悪い冗談はよしなさあい…」

めぐ「ごめんなさい水銀燈…できれば部屋の外でオナラしてね」

水銀燈「何言って…はぐ!お、お腹が痛いわぁ…」ギュルルル

めぐ「早く部屋から出て、私がオナラしたと思われるでしょ」

水銀燈「ひ、ひどいわよめぐ…うう…」プウッ




117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:26:13.97 ID:Ksx5vQqm0


めぐ「ああっ!オナラしたわね!部屋の外でしてよ…」

水銀燈「うっ…止まらないわあ…」プウックルップ

めぐ「くっさ!ヤクルトくせえぇー!」

水銀燈「いやあああ!!誰か!誰か止めて!」ピッリップ

めぐ「ゲッホゲッホ…う、うぐっ…」




120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:29:40.62 ID:Ksx5vQqm0


ピーピーピー

看護婦「ど、どうしたのめぐちゃ…くっさ!」

めぐ「……ゲッホ」

看護婦「き、気絶してる…それにしてもこの臭いは…?」

医者「いっ、いかん!早く処置を…くっさ!」




121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:32:52.53 ID:Ksx5vQqm0


水銀燈「もういやあ!助けてぇ!」ピクルスッ

ジュン「ゴホゴホ…やっと消化できたな」

真紅「全く…とんだ騒ぎね」ヒラピョウンップ

翠星石「翠星石が消化してなかったら、全焼してたですよ」

蒼星石「そうだよ雛苺、気を付けてよね」




123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:36:24.48 ID:Ksx5vQqm0


雛苺「うゆ…ごめんなの」

ジュン「まあ過ぎたことはしょうがないとして、真紅の屁をなんとかしないとな」

真紅「まだ分からないの?私はホウヒメイデン第5ドール…」ビッププ

翠星石「やめるですう!」

蒼星石「真プゥ!まだ止まってないの!?」




125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:40:49.98 ID:Ksx5vQqm0


真紅「真プゥ…それもいいわね」

翠星石「やめろって言ってるですぅ!」

金糸雀「こんにちはかし…くっさ!!!」

翠星石「金糸雀ですぅ、臭いで倒れたですぅ」

ジュン「慣れって怖いな、あまり気にならなくなってきたよ」




128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:43:51.29 ID:Ksx5vQqm0


雛苺「いい気味なのー」

蒼星石「おーい、金糸雀、生きてる?」

金糸雀「…モンコレレディ…ウンババ…」

蒼星石「ダメだ、訳分からない事言ってる」

ジュン「キムは外に出しとけよ、死んじゃうぞ」




130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:46:08.59 ID:Ksx5vQqm0


雛苺「それもいいけどね」

真紅「…あら?あら!?こ、これは!?」

ジュン「どうしたんだ真紅、またでかいのを出すのか」

真紅「止まった…止まった!屁が止まったのだわ!」

翠星石「えっ?本当ですか!?やったですぅ!」




131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:48:42.32 ID:Ksx5vQqm0


ジュン「イィヤッホォーウ!!助かった!」

蒼星石「よ~しよしよしよしよしよし!!やった!」

雛苺「…チッ、つまんねーの」

真紅「…私どうかしてたわ、ホウヒメイデン何て…」

ジュン「よかった、正気に戻ってる…」




134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:52:46.31 ID:Ksx5vQqm0


蒼星石「ジュン君の部屋が燃えたことを除けば、ハッピーエンドだね」

雛苺「全焼するのも見たかったの…」

金糸雀「…グーグー…ドールズ」

翠星石「しっかし、何でオナラなんかがあんなに出たんですかねぇ」

ジュン「さあな、ま、止まったからいいじゃないか」




137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:55:53.77 ID:Ksx5vQqm0


翠星石「それもそうですね」

蒼星石「とりあえず笑っとこうよ」

ジュン「そうだな、笑っとくか」

みんな「あっはっは…」





138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:56:19.21 ID:/TuudJLS0


え?



139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:56:21.35 ID:+ddWiC1j0


ハッピイイイィイィイイエンドオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!イェイ



140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/20(土) 11:56:31.00 ID:Rcu+oVGs0


水銀燈放置wwwww




元スレ:http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1221837104/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP