PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:27:21.34 ID:uf8mJNhN0

オーキド「心して選ぶのじゃ」







レッド「……」


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:29:26.03 ID:uf8mJNhN0

レッド「まだ結婚なんて全然考えてないんだけど」

オーキド「嫁も持たずに草むらに入るなんてなんて危険じゃ!」

レッド「……」


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:32:26.12 ID:uf8mJNhN0

レッド「(見合いだし断れるんだよな)」

レッド「じゃあ水でいいや」

グリーン「じーさん俺にも見合いさせてくれんだろ。お、レッド水を選ぶのか。俺は草にしようかなwwwww」

レッド「……!?」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:34:22.65 ID:uf8mJNhN0

レッド「草、で」

グリーン「レッド草なら俺火にするわwwwwwww」

レッド「うん」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:36:16.69 ID:uf8mJNhN0

オーキド「もう相手来てるからすぐに見合い開始じゃ」

レッド「……」

グリーン「まじかwwwwwwwww」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:40:37.22 ID:uf8mJNhN0

グリーン「ご趣味は……////」

カツラ「遺伝子ポケモンの研究を少々/////」

グリーン「それはそれは知的な趣味をお持ちで///」

カツラ「グリーンさんはどんな趣味をお持ちですか?////」

グリーン「恥ずかしながらポッ、ポケモンマスターになること……////」

カツラ「きゃーすごーい///////」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:44:23.71 ID:uf8mJNhN0

グリーン「ははっ、私なんてまだまだ駆け出しで、モンスターボールさえまともに握ったことないんですよ」

カツラ「でも大きい夢を持つことはすごいことですし、大事なことだと思いますよ///」

グリーン「……でも一人ではなかなか難しいと思うんです、一人では」

カツラ「え……?」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:47:46.95 ID:uf8mJNhN0

グリーン「ぼっ、ぼぼっ、僕とパートナーになって夢を手伝ってくれないでしょうか!!!////」

カツラ「えぇぇぇ……あ、あぅぅぅ……////」

グリーン「カツラさん……」ギュッ

カツラ「ひゃっ、ひゃいっ!?/////」


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:48:31.64 ID:p1bvUxOOO

まさかのグリーン視点


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:50:44.67 ID:y0PfLZ/c0

ええ子やな


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:54:50.62 ID:uf8mJNhN0

グリーン「キザなセリフですが、僕、あなたを一目見た時にもうゲットされました。あなたの頭はまるでモンス……いえ、マスターボールです!!!!」

カツラ「えぇぇぇぇぇッッ/////」

グリーン「あなたの属性で私を燃やし尽くしてくださいッッ!!!」

カツラ「あぅぅぅぅぅぅぅううううう/////// よ……喜んで……/////////////」

グリーン「カツラさん!!」(唇を奪う)


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 21:56:14.11 ID:p1bvUxOOO

カスミ「……」


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:03:12.66 ID:uf8mJNhN0

レッド「(あ~あ、ガチホモのグリーンに花を添えるためだからといってお見合いなんてするもんじゃなかった)」


レッド「(ナナ島の戦いが終わってのんびりしてたのに急に呼び出されてなんのことかと思ったら見合いなんて……)」


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:04:07.49 ID:uf8mJNhN0

書き忘れてたけどポケスペの設定な


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:10:08.60 ID:5Ss7Whw70

グリーンのどこがポケスペ設定なんだよwwwwwwwwwwww


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:10:12.56 ID:uf8mJNhN0

エリカ「レッドさん……もういらっしゃいますか?」コンコン

レッド「あ、あぁ……」

ガラッ

エリカ「お久しぶりです……」

レッド「そ、そうだっけ?」

エリカ「ブルーさんからあなたの無事を聞いたとき、思わず泣いてしまいました。あなたが行方不明になってから想わない日はなかったんです……」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:12:08.51 ID:uf8mJNhN0

グリーンはババア恐怖症から発展して女恐怖症になって男に走った


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:17:27.34 ID:uf8mJNhN0

レッド「……心配かけたな」


エリカ「お恥ずかしい……。今も気を抜くと涙が出てきてしまいそうです。あなたの声を聞いて、あなたを見ているだけで切ないけど嬉しくて……」


レッド「……街の復興はどうだ?」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:22:56.41 ID:uf8mJNhN0

エリカ「順調です。街のみなさんのご協力もあって順調に進んでいます」


レッド「いいのか、そんな大事なときに街を離れて」


エリカ「……街のみなさんがこのことについても協力するとおっしゃっいまして」


レッド「そ、そうか」


エリカ「そして是が非でもゲットして来いとも……」


レッド「へ、へぇ……」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:24:54.65 ID:NHcI0o350

レッドは普通に当たりだな


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:27:08.51 ID:uf8mJNhN0

エリカ「カントーを二度も救った英雄ですから、レッドさんは。街のみなさんからとても信頼されています」


レッド「こっ、今回の主役はイエローだったけどなあ」


エリカ「イエローさん……? あぁ、あの方ですね。私もすっかり騙されていました」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:30:30.66 ID:uf8mJNhN0

エリカ「少年のようなあどけない顔をして大胆なことをするものですねぇ」


レッド「そうなんだよ、結構前にトキワの森で会ってたんだけどさまさかあのワタルをなあ」


エリカ「ふふふ、ブルーさんから聞きましたよ。なんでも……」


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:37:01.15 ID:uf8mJNhN0

エリカ「赤い糸を結んだとか」


レッド「……え……あ……」


エリカ「本当に大胆不敵ですねえ。みんながあなたを探し回って心配で心配で夜も眠れないでいるというのにそれを差し置いて赤い糸を物理で結ぶなんて」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:43:13.06 ID:uf8mJNhN0

エリカ「勝負はフェアに行うものです。ポケモンバトルにしろなんでもです。それを破ったら罰則がありますよね。モンちゃん(モンジュラ)を大量に送っておきました」


レッド「ちょっと待て!! も、モンジュラだってぇっ!?」


エリカ「うふふふふ、冗談ですよ。プレイヤーアタックなんてしちゃいけないですよ。レッドさんのエッチぃー」


レッド「ア、アハハハハハハ……ふぅ……」


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 22:57:30.23 ID:uf8mJNhN0

エリカ「そうそう、ところでトキワのジムリーダーを辞退されたとか」


レッド「あぁ、氷漬けにされてから体が本調子じゃなくてね」


エリカ「それは仕方ないとはいえ残念です。レッドさんがジムリーダーになってくれたら、ジョウトとのジムリーダー対抗戦で心強いのに」


レッド「とりあえず体を治してからだな」


エリカ「シロガネの秘湯で湯治してらっしゃるとか」


レッド「そうそう、さっきまでその湯に使っていたんだよ。いや~とても効くんだ。
はじめは麓の方のに入ったんだけど、入ってる時にばったりナツメと会ってさ。
頂上の方にあるほうが効能があるって教えてもらってさ。いやー効くってなんのって――」


エリカ「入っている時に会った?」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:07:42.85 ID:uf8mJNhN0

レッド「……あ」


エリカ「入っている時に会ったとはそれはとりもなおさずお互い生まれた状態でということですか?」


レッド「そそそっ、そうだけど俺はなにもやましいことはしてないぞ!! それに大事なところは湯気に隠れて見えなかったし!!!」


エリカ「大事なところ以外は見たということですか? 肩、背中、太もも、足の付け根」


レッド「あぁぁぁぁあああみみみっ、見ようとして見たわけじゃない!!」


エリカ「ある程度は見たんですし、あのロケット団はレッドさんの少なからずは一部をその目に刮目して収めたということですね。だってお互い裸なんですから」


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:13:56.95 ID:uf8mJNhN0

エリカ「一部ということは大事なところもという可能性がありますよね」


レッド「絶対見せてない!!!」


エリカ「その慌てようからいえば通常時ではなかったんですね、それは。通常時ではないものをウォッチングしたかもしれないと」


レッド「ああああああああああああああああああああああ!!!」


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:20:09.60 ID:uf8mJNhN0

エリカ「整理します。お互いスッポンポンだった。あのロケット団はおっぴろげた。レッドさんの大事大事な一部は起動した。それをあのロケット団は穴があくほど凝視した。れ、レッドさんも彼女を穴があくほど穴を開け……」


レッド「ちがああああああああああああああああああああうううううううううううううううう!!!!!!!!!」


エリカ「だったらどうしたってんですか!!」


レッド「どうもしとらんわああああああああああああああああ!!!!!!」


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:26:59.98 ID:uf8mJNhN0

エリカ「ダウト。年頃の男女がどうかしないわけがない」


レッド「俺はしないししてない!」


エリカ「ではここは百歩譲ってどこまでしたんですか? メガドレイン?」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:33:54.18 ID:uf8mJNhN0

レッド「本当になんもしてない!! ばったり不可抗力的に会っただけ!!!」


エリカ「あぁなるほどからではさむまきつくさけぶ 大・爆・発ッッ!!!」


レッド「うるさいッ!!!!」


エリカ「やどりぎのたね!!!!」ビシッ!


レッド「だまれえええええこんちくしょおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:39:18.91 ID:uf8mJNhN0

さけぶ→ほえる


エリカ「ずるいです。勝負はフェアがとっても大事です。フェアプレーでプレイしましょう」


レッド「ほんとなんにもなかったんだよぉ……信じてよぉ……」


エリカ「えぇ、仕方がないので許しますとも。私にもフェアにしてくだされば」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:46:57.05 ID:uf8mJNhN0

レッド「しない!!」


エリカ「レッドさん考えてみてください。万々が一プレイしていなかったとします」


レッド「してないけどな」


エリカ「そうなったら私のせんせいこうげきになることができます。プレイしてたら私とあのロケット団とはフェアになる」


エリカ「つまることろ真実がどうであろうがするべきであろうということ!」グッ


レッド「う、う~ん……?」


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:51:29.67 ID:uf8mJNhN0

エリカ「とまれかくまれお風呂に行きましょう」


レッド「いっ、行かない!!」


エリカ「バトルしようぜポケモンバトル☆!!」グイグイ


レッド「あああああああああああああああ!!!!」












ナツメ「まったく……なにをやっている」


53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:57:12.95 ID:uf8mJNhN0

エリカ「出たなロケット団おっぴろげ女」


ナツメ「おい、なんだこいつトチ狂ってんのか?」


レッド「どーどーどー……」


エリカ「グルルルルルルル……」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/01(日) 23:58:36.64 ID:N4ydoPTj0

エリカ可愛過ぎだろ


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 00:04:02.57 ID:+kXLuNdF0

エリカ「しょうこりもなく現れおって。私が退治してくれる!!」


ナツメ「トキワのジムリーダーについて協会からの通達だ。グリーンで決まりだ」


レッド「さいですか……」


エリカ「用件はそれだけですかロケット団。またサカキの尻を追い回したらどうですか?」


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 00:14:59.72 ID:+kXLuNdF0

ナツメ「用件は終わった。それにその気はない」


エリカ「だったらどの気ならあるんですか。気が多い方ですね節操無いですね。売女、アバズレ、ばーかばーか!!」


ナツメ「そうだな、今気に入ってるといえばこいつだ」ギュッ


エリカ「モンジャラだいばくはつだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


モンジャラ「むり」


レッド「あ、あう……」


59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 00:21:13.55 ID:+kXLuNdF0

エリカ「最初から選べるのは火、水、草のどれかです!!」


エリカ「火はガチホモだし、水は淫売なんです!!! だったら草しかないんです!!!!」


ナツメ「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


エリカ「草生やすんじゃねえッッッ!!!!!!」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 00:34:53.38 ID:+kXLuNdF0

悪い間違え


>>60



ナツメ「エスパーだって捨てたもんじゃない。私自身レッドと相性が抜群と思っているしな」


エリカ「レットさんはポケモンレッドの主人公!! ポケモンレッドはリザードン、リザードンは炎、炎は草に相性抜群!!!」


ナツメ「草から見ればレッドは相性悪いということだな」


エリカ「あーいえばこういう。ほんとロケット団は性悪ですね!!!」


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 00:42:48.77 ID:+kXLuNdF0

ナツメ「でもロケット団の制服かわいいだろ? レッドが望むんならあれ着てもいいんだぞ」


エリカ「うぅぅぅぅレッドさぁぁんんん、私とお見合いじゃないんですかぁぁぁぁ……。二人っきりでぇぇぇええおしゃべりしてええええううううううううぅぅぅぅ……」


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 00:52:58.71 ID:+kXLuNdF0

ナツメ「埒があかない。テレポート」クルクルクルクル~



レッド「ちょ、ちょっ、とまてナツメッ!?」



エリカ「あああああああレッドさあああああああああんんん!!!!!!」


68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 00:57:26.67 ID:+kXLuNdF0

シロガネ山


ナツメ「ほら、戻してやったぞ。湯治中に無理やり呼び出されたんだろ」


レッド「あ、あぁ……」


ナツメ「レッドが使っていた温泉はすぐそこだ。療養頑張れよ」



レッド「助かった……のか?」


70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:00:42.40 ID:+kXLuNdF0

レッド「ふぅ……疲れた……」チャポン


レッド「お見合いなんてやっぱりするもんじゃないな。断るに断れなくなるもんな」


レッド「俺はまだまだ未熟者だしたくさんやることがあるんだ。結婚なんてまだまだ先の話だ」


レッド「でもゆくゆくは誰かと身を固め……相手は……あの……ゴボゴボゴボゴボ……」


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:03:57.79 ID:+kXLuNdF0

レッド「……ちょっと待て、おかしくないか?」


レッド「テレポートって最後にいた場所に戻る技だよな」


レッド「ナツメが使っていたのはもっと下の方のだろ、なんでここにテレポートできるんだ?」




ナツメ「……私もここにいたからだろ」


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:08:10.30 ID:+kXLuNdF0

レッド「ちょ」


ナツメ「あのあとレッドのことが気になって気になってしかたがなかったんだ」チャポン


レッド「待て、近い近いッ!!!」


ナツメ「お前とは色々とあったからさ、シルフカンパニーでのこととかさ。話しかけられなくて……」


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:12:52.58 ID:+kXLuNdF0

ナツメ「諦めてジムに帰ったらさ。お見合いするって聞いたんだ。
気が気じゃなかった。自室へのワープを何度も間違えて間違えてジムのトレーナに笑われてしまった
ロケット団の幹部として鳴らした私だぞ、こんなお間抜けなことをやらかしたのは誰のせいだと思う?
答えてくれよレッド」(レッドの背中を抱きしめる)


レッド「」


76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:17:14.79 ID:+kXLuNdF0

ナツメ「スオウ島に私もいたのを覚えてるか。ワタルを一泡吹かせてやろうとマチスたちと集まったんだ。もちろんそれが目的なのは確かだ。
でもな……ひょっとしたら……おまえに会えるかなんて……思っても……うん……すまない……思ってたよ」


77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:22:35.29 ID:+kXLuNdF0

ナツメ「あぁぁぁもぅぅぅぅぅ馬鹿みたいだ私。知ってるか知ってるでしょ、私冷徹な女だったりしたのよ。
それがこんなんだお前が行方不明と聞いてから素知らぬ顔でレッドレッドレッドレッドレッド
自室にいた時なんか酷い。枕に顔突っ込んで足バタバタ。酷すぎるわ、笑って、レッド」


82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:25:58.14 ID:+kXLuNdF0

レッド「な、ナツメ……」


ナツメ「好きなの……レッド……あなたのことが。あなたに敗れてからあなたを考えない日はなかった」ギュッ


ナツメ「ロケット団でもあなたが好き……お願いレッド、私を……」


83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:27:29.75 ID:+kXLuNdF0

いつからポケモンは一匹しか持てないと錯覚していた?


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:31:29.32 ID:qGK74VmVO

ま、まさか…


85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:34:38.12 ID:+kXLuNdF0

エリカ「ひどい……ひどい……あんまりだわ……レッドさん」ザバンッ!


ナツメ「えぇっ!?」


レッド「え、エリカぁっ!?」



エリカ「私だって私だって……」ザブザブザブザブ


86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:39:38.51 ID:+kXLuNdF0

エリカ「私だってレッドさんが好き、誰よりも好き」(レッドを正面から抱きしめる)


レッド「」


87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:49:38.50 ID:+kXLuNdF0

エリカ「どうして追いかけても追いかけても離れていくんですか。どんどん強くなって、街を救って、チャンピオンになって……あなたがだんだんと離れていくんです。
強くなっても、行方不明になって、傷ついて、自分を犠牲にて人々を救う……私から遠いところで。どうして私を置き去りにするんですか、私も一緒に連れて行ってくださいよ
平穏無事のまま遠巻きにしか見れない。
ひどい人です。一番残酷な方法で私を苦しめている。酷い酷い……」


90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2013/09/02(月) 01:51:50.03 ID:km1spWpm0

かわいい
ハーレムしかない


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 01:53:35.51 ID:+kXLuNdF0

エリカ「もう離しません、絶対に離しませんから。傷ついたってかまわない。あなたと一緒に傷つけられるならとても幸せです……」


エリカ「好きですレッドさん、どうしようもなく好きなんです……」


ナツメ「私も……レッドが好きだ、心が張り裂けそうなくらい好きだ……」


94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:08:38.17 ID:+kXLuNdF0

レッド「……俺は……俺は」


レッド「強くなることしか考えてなかった。エリカに勝ちたい、サカキに勝ちたい、チャンピオンになりたい。それだけを考えていた」


レッド「俺は街を救ったかもしれない。救いたかったんだ。それで救えたかもしれないんだ。でも、心のどこかでは……強くなりたいって考えていた」


レッド「俺は自分自身が強くなることしか考えていない独りよがりな男なんだ」


レッド「こんな俺を……ここまで……こんな俺よりここまでずっと強く想ってくれる人がいる」


95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:14:49.68 ID:+kXLuNdF0

レッド「俺だって好きだって考えているさ。今だって抱き返したい。だけどダメなんだ、独りよがりな俺だから、好きでい続ける自信がない……」


レッド「俺はまだまだまだ情けないくらい弱いんだ。強くなりたいと考える自分に勝てないんだ。弱い、弱すぎる男だ」


レッド「ごめん。だから二人の気持ちに応えられない。応えちゃダメなんだよ、こんな独りよがりな男じゃ……」


エリカ「レッドさん……」
ナツメ「レッド……」


97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:20:14.16 ID:+kXLuNdF0

レッド「……でも、でもな。待ってくれるなら、俺が強くなるまで待ってくれるなら、俺は必ず応えるよ」


レッド「違う、今また自分に負けた。ごめんな、本当に」


レッド「待ってて欲しい。情けないくらい弱いけど言わせてくれ。待っててくれ、俺が応えられるまで待っててくれ、見放さないでくれ」


レッド「お願いだ……頼む……」


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:27:55.53 ID:+kXLuNdF0

エリカ「レッドさん……私は待てないです。今すぐに、この場で抱き返して欲しい。弱くたってかまわない、強くならなくたっていい」


エリカ「レッドさんがレッドさんであればかまわない。レッドさんであればなんでもいい」


エリカ「不幸にするかもしれないなんて……そんな……ふふっ……あなたと一緒に不幸になれるなら……私は最高に幸せです……」


101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:39:14.87 ID:+kXLuNdF0

ナツメ「私は……待つ。待つわ……でも……待ち続けられる自信がない」


ナツメ「お前を無理やりにでも抱きしめそうだ。でも、その時はまた私に勝ってくれるよな」


ナツメ「それなら安心だ。お前は私なんかより強いんだからな」


ナツメ「だから、心置きなく、行くからな……覚悟しろよ……」


102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:46:48.49 ID:+kXLuNdF0

レッド「いいぜ……いつでもかかってこいよ……返り討ちにしてやる……」


ナツメ「……今からでもいいのか?」


エリカ「私は今だってなんだってかまわない……」


レッド「俺に勝って不幸になってもいいならな………」


ナツメ「私はお前を信じてるから……」


エリカ「一緒にいさせてください……」


レッド「…………好きにしろ、エリカ、ナツメ」


103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:48:03.19 ID:+kXLuNdF0

終わり


110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:54:23.22 ID:rGCYDcns0

イエローパートはないんですかね


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:56:46.95 ID:+kXLuNdF0

>>110
イエローは今度別にスレ立てて書こうと思ってるから


111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 02:54:29.74 ID:NUtgabwW0

とりあえず乙


113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/02(月) 03:12:41.37 ID:KKbm5t3L0

全部見てしんみりした後スレタイとグリーンの事思い出してわろた



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378038441/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP