PickUp
スポンサード リンク
1 : ◇3huFv1638Q[] 2014/09/28 22:08:30.45 ID:ndR1sA4n0


-夕方

モバP(以下P)「ぬぅぅぅ・・・」カリカリカリ・・・

ちひろ「むぅぅぅ・・・」カタカタカタ・・・

P「ぬぉぉぉ・・・」カリカリカリカリカリ・・・

ちひろ「むぇぇぇ・・・」カタカタカカタカタタ・・・

P「うぉぉおおお・・・!」カリカリカリカリカリ・・・

ちひろ「ふぅぅううう・・・」カタカタカタカタカタカタ・・・


2 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/28 22:10:32.94 ID:ndR1sA4n0



ちひろ「・・・・・・Pさん」カタカタ

P「どうしました?」カリカリ

ちひろ「・・・今夜、久し振りに二人でご飯にでもに行きませんか? 私が持ちますから」カタカタ

P「とても魅力的なお誘いです。ぜひとも」カリカリ

ちひろ「やった」カタカタ

P「本当なら『いやここは自分が』って言うべきなんでしょうけども、今月は少々危ういので有難く甘え

させて貰いますね」カリカリ

ちひろ「いえいえ、普段が普段ですから。お気になさらず」カタカタ

P「おぉ。なんと優しいお言葉。これは夜が楽しみです」カリカリ

ちひろ「じゃあ、頑張って”コレ”、やっつけませんとね」カタカタ

P「そうですね・・・」カリカリ

ちひろ(・・・第一段階、完了)



3 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/28 22:16:12.79 ID:ndR1sA4n0


--

P「・・・終わらないっ! このままでは・・・! このままではッ!」カリカリカリ

ちひろ「諦めてはいけません! まだ希望はあります!」カタカタカタ

P「そ、そうは言っても・・・」カリカリカリ

ちひろ「では! そんなPさんに、これを!」つスタドリ瓶

P「これは、スタドリ?」

ちひろ「正確には新開発のスタドリの試供品です。良い機会なので、Pさんにと」

P「ありがとうございます。頂きます!」パキッ ゴクゴク


4 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/28 22:20:30.36 ID:ndR1sA4n0


P「・・・・・・」

ちひろ「ど、どうですか?」

P「うぉぉお! 漲る! 力が漲ってくる!」カリカリカリカリカリィッ!!

ちひろ「よしっ! 実験成功!」

P「なんかヤバ気な感じがしますがありがとうございます! この分ならちひろさんの作業も少し手伝えるかもしれません!」カリカリカリカリカリ

ちひろ「おぉ! それは頼もしい限りです」カタカタ

ちひろ(・・・第二段階も、完了)



20 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/29 20:21:04.63 ID:lSd70HKm0


-しばらくして-

P「ふんっ!」カリッ!

ちひろ「はぁっ!」ッターン!

P「終わったー!」

ちひろ「こっちも完了しましたー!」

P「やりましたねちひろさん!」

ちひろ「はい! 成し遂げました!」

P「ふぅーっ! では、仕事も完了した事ですし、ちょっとお手洗いに・・・」イソイソ

ちひろ「あっ、Pさん!」

P「は、はい? どうかしましたか?」


21 : ◆3huFv1638Q[sage] 2014/09/29 20:26:03.73 ID:lSd70HKm0



ちひろ「体、ムズムズしてませんか?」

P「!!」ギクッ

P「や、やっぱり何かヤバ気なモノでも入れてたんですか!?」ドキドキドキドキ

ちひろ「違法なモノは入れてませんよ、私だってムショ暮らしは嫌ですから」

ちひろ「でも・・・」

P「で、でも・・・?」

ちひろ「そんな状態では、ご飯どころではないですよね?」

P「えぇ・・・なのでちょっと・・・」

ちひろ「じゃあ、鎮めてあげないとですね・・・?」

P「・・・ぇ?」



23 : ◆3huFv1638Q[sage] 2014/09/29 20:36:52.11 ID:lSd70HKm0


フワリ

P「うわぁっ!?」

ちひろ「このまま、仮眠室まで一直線ですっ!」

スイーッ

P「と、飛んでる!? 一体、どうなって!?」

ちひろ「何の事はありません」

ちひろ「ただの魔法ですよ。もう日が暮れているので使い放題ですっ」

P「え、ま、魔法!?」

ちひろ「はい。種も仕掛けもありませんよ?」

P(にわかには信じがたい・・・しかし実際宙に浮いている以上魔法としか考えられないし・・・)

P「一体何を!? 仮眠室で何をしようって言うんです!?」

ちひろ「Pさんのご飯の前に、私もちょっとご飯を頂こうと思いまして♪」


29 : ◆3huFv1638Q[sage] 2014/09/29 20:57:34.44 ID:lSd70HKm0


-仮眠室-

トサッ

ちひろ「ふふ・・・生の精なんて久し振り・・・それがPさんのだなんて・・・♪」

P「むっ、ぬうぅっ! 動かない!?」

ちひろ「ドリンクが効いてきたみたいですね。しばらく手足は満足には動きませんよ」

P「な、何が目的ですか!? 金、それとも命ですか!?」

ちひろ「Pさんを殺したりはしませんよ。みんなの、大事な大事なPさんですからね」

ちひろ「ただの食事、日用の糧です。そんな大層なものじゃないですよ」

P「いや食事って!」

ちひろ「もぅっ! 鈍いんですから! 仮眠室ですよ? そこでする食事ですよ?」

P「・・・・・・まさか・・・・・・」

ちひろ「やっと気づきました?」

P「ま、待ってください! いくらなんでも・・・」

ちひろ「待ちません♪ では失礼して・・・」ジー・・・



31 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/29 21:15:14.32 ID:lSd70HKm0


P「うわっ! わわわっ!!!」ボロン  ギンッ!

ちひろ「おぉ、元気一杯ですね!」

P「み、見ないでください・・・」

ちひろ「はーい♪」パクッ

P「グッ!?」

ちひろ「んちゅ・・・はぁ・・・べろっ・・・」ジュポジュプ・・・

P「うわあああっ!?」

P(ちひろさんが! ちひろさんが俺のアレを!!)

ちひろ「どうです? 加減は?」レロレロ

P「ちひろさん! 駄目っ、です! これ以上、続けると!」

ちひろ「出そうですか? では・・・」パクッ


32 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/29 21:59:47.56 ID:UTjyqpvA0


--ベロッ! ジュッ、ジュチュッ、ジュジルュッ!!

P「あっ、ああああああっ!!」

--とびゅっ! ドビュルルルルルルル!!!

ちひろ「んぐっ! ぐっ・・・」コクッコクッ・・・

ちひろ「ぷはっ、あぁ~! なんて美味しい精! みんなが惚れるのも分かりますね」

P「はぁっ・・・はあっ・・・なんだ、今の量・・・」

ちひろ「さっきのドリンクの混ぜものには、対象の精力を増強し精液を大量に増産させる効果があるんです」

ちひろ「今のPさんは稀代の絶倫王ですよ! おめでとうございます!」

P「全然嬉しくない・・・」

ちひろ「それは残念です」ニギッ

P「なぁっ!? まだ続けるんですか!?」

ちひろ「それは勿論。たった一回じゃあ満足できませんよ♪」シュッシュッ

--ニュックニュック・・・クニッ、キュッキュッ!



33 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/29 22:20:54.67 ID:UTjyqpvA0


P「うわぁ、あっ、あああ!!」

ちひろ「気持ち良さそうですね・・・ではそろそろ私も」パッ  スッ

--ズッ・・・

P「まっ、待った!」

ちひろ「待てませんってば♪」

--ズプッ!

P「マズいですそれは、ああああっ!!」

ちひろ「んんっ! おぉ、耐えるなんて。流石はPさん、凄い胆力です」

P「ぐぐっ・・・褒め言葉、ですか?」

ちひろ「えぇ、今まで出会った人は皆入ったらすぐ出ちゃいましたから。でも・・・」グニュッ

P「っい!?」

ちひろ「動き出したら、どうでしょうねっ!?」パンッパンッパンッ!!

--ぐちゅっ! ごちゅっ! ズリュリュッ! ぐちゅっ!

P(ま、まずい! このままだと・・・!)

ちひろ「あっ、んっ、ふあああっ!!」

--ドプッ! どくっどくっどくっどくっドクッ・・・!!



41 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/30 20:52:13.62 ID:iwOj7t/N0



ちひろ「~~~っ!! 来た来た来たぁっ! Pさんのが、来たあっ♪」

ちひろ「・・・っあぁっ! やっぱり美味しいっ!!」

ちひろ「ふふっ。流石に動いたら耐えられませんでしたか。まぁ仕方ないですよ」

P「あ・・・あぁ・・・やって、しまった・・・」

ちひろ「あれ、Pさん? どうしたんですか?」

P「・・・ちひろさんの、中に・・・すみません・・・」

ちひろ「まさかこの状況で謝ってくるなんて・・・流石にそれは予想外でしたね・・・」

ちひろ「私になら、幾ら出しても大丈夫ですよ?」

P「えっ・・・?」

ちひろ「これが本来の食事法ですから。自力で防ぐくらいどうって事ないですよ」

P「じゃ、じゃあ・・・」

ちひろ「Pさんの心配は無用って事ですよ♪」



42 : ◆3huFv1638Q[sage] 2014/09/30 21:04:49.28 ID:iwOj7t/N0



ちひろ「では! 心配事も無くなった事なので!」ガバッ

P「!?」

ちひろ「続きと行きましょうか♪」ダキッ

ちひろ「もう、心置きなく、出せますよね?」ズッズッズッ!!

--ジュッ! グチュッ! ゴチュッ! ごりゅっ! ぐりゅっ!

P「っあっ・・・駄目だ・・・堪え、られない・・・!」

ちひろ「っん・・・こらえる、必要なんて・・・はぁっ・・・無いですよ!」

--ジュップ、じゅっぷ! ごっ、ずぷっずぷっ!

ちひろ「んっ、ああ!、くっ、うぅんっ!」

--グニュッ、ぐにゅっ! ぐにゅっぐにゅっぐちゅっ!

P「ちひろ、さん・・・もう・・・」

ちひろ「ふぅっ・・・ご遠慮、なく! どうぞ!」



44 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/30 21:28:28.60 ID:iwOj7t/N0



--ビュクッ・・・びゅるっ! びゅーっ!! びゅーーーっ!!

ちひろ「んんっ、来てるぅぅぅぅぅぅぅうっ!!!」ビクッビクッ

--どくっ・・・どくっ・・・

ちひろ「くぅっ・・・ふぅぅっ・・・・・・心なしか、さっきよりも、多かった様な?」

ちひろ「我慢、しなくなったって、ことですか?」

P「ゼエッ・・・かも・・・しれないですね・・・ハアッ・・・」

ちひろ「良い傾向です♪」ズ・・・

--じゅぷっじゅぷっじゅぷっ! グリッ! ぐぷっ! ぐりゅっ!

P「ま・・・まだ・・・やるんですか・・・?」

ちひろ「まだまだ! まだまだですよ!」ハァハァ

ちひろ「ぅっ・・・がまん、せずに・・・いっぱい、出して、くださいね!」

--ずりゅっ! ぐりゅっ! ゴッ! ぐちゅっ! ぬちゅっ!

ちひろ「あひっ! ひぃっ! ふぅんっ! おっおぉっ!!」

--グニュッ、ぐにゅうっ! ぐぷっ、ずぷっ! ズプッ、ずぷっ! ずぷっ!

ちひろ「あぁっ! ・・・そろそろっ、わたっ、しもっ!」

--ドクッ! びゅるるるっ!! どびゅるるるるるっ!!!!

ちひろ「うあああああああああっ!!!!♪」ガクガクビクビク



45 : ◆3huFv1638Q[] 2014/09/30 22:10:23.72 ID:iwOj7t/N0



--

--どくっ・・・どくっ・・・ゴポッ・・・

ちひろ「んいぃいっ!!」

ちひろ「はあっ・・・はあっ・・・いいっ♪」



--ビュクッ! びゅるっ、びゅるるっ!

ちひろ「ふぅぅぅうっ! んんんぅっ!」



--ドプッ・・・ドプッ・・・ドプッ・・・

ちひろ「またイクっ! くぅぅぅぅぅううううんっ!!」



P(おぉ・・・何という事だ・・・)

P(ちひろさんは・・・世間で言われている様な鬼でも悪魔でも、まして天使でも女神でもなかった・・・)

P(何かの冗談かとも思ったが、もはやこれは・・・間違いない・・・)

P(魔法を使い、男と交わり、その精を糧とする・・・)

P(ちひろさんの正体は・・・淫魔だった・・・!)ガクッ



46 : ◆3huFv1638Q[sage] 2014/09/30 23:18:25.41 ID:iwOj7t/N0



--

ちひろ「・・・あぁ・・・おなかいっぱい・・・♪」

ちひろ「物理的にも、なーんてっ」

P「・・・・・・」グッタリ

ちひろ「あれ、Pさん? Pさん?」ユサユサ

P「・・・・・・」ゲッソリ

ちひろ「・・・ご馳走様でした♪」



47 : ◆3huFv1638Q[sage] 2014/09/30 23:47:33.04 ID:iwOj7t/N0



--

「・・・さん・・・P・・・ん・・・」

P「ん・・・」

ちひろ「あ、目が覚めましたか?」

P「あ・・・ああっ・・・・・・うおああっ!!!??」ドンガラガッシャーン!!

P「あ痛たたた!?」

ちひろ「ど、どうしたんですか、急に!? 怪我ないですか?」

P「はぁーっ、はぁーっ・・・あ、あれ? 俺、どうして・・・」

ちひろ「仕事が完了したすぐ後、寝てしまってたんですよ。多分あのドリンクの副作用ですね。すみません」

P「・・・そうだっけ・・・?・・・あれ、どんな夢だったか・・・思い出せない・・・」

ちひろ「あぁ、モヤっとしますよね、そういうの。まぁ、今は夢よりご飯ですよ! そろそろ行きましょう!」

P「え? あ、あぁそうですね。支度します」



48 : ◆3huFv1638Q[sage] 2014/10/01 00:03:09.68 ID:2gJRezDF0



ちひろ(本当なら術なり何なり使えば、Pさんの心も体も一瞬でオトせる・・・でも、)

ちひろ(それじゃあ面白くないし。それに・・・)

ちひろ(”みんな”とも、そういう約束ですしね♪)






おわり




元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411909700/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP