PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/09/16 00:16:21.19 ID:niMQ5m3Xo

キークローゼットがサギサワを連れて部屋を出た後に間の抜けたアトモスフィアが残った。

聞こえるのはモバPの下で涙を流している男の時折しゃくりあげる音だけだ。

センカワ・チヒロは立ち上がり、出口に向かいながら言った。 1


2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/16 00:22:27.50 ID:niMQ5m3Xo

「さて、用も済んだのでそろそろモバP=サンも仕事に戻って下さい。また徹夜で事務所にカンヅメなんてごめんでしょう」

チヒロの先ほどまでの嗜虐心はどこへ行ったのか、いつものような調子でモバPに語りかけた。

破滅させたマケグミのことなど眼中にないようだ。 2

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/16 00:29:09.40 ID:niMQ5m3Xo

「こやつはどうする」

「適当に路地裏にでもマルナゲすればいいでしょう。社会の底辺なんて実際すぐ死にます」

「内通者とやらの件はいいのか?こやつからのインタビューは?」

「大方の目星はついています。追って詳細を話しますので、まずはその薄汚い薬物中毒者を事務所から捨ててきて下さい」 3

4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/16 00:34:43.56 ID:niMQ5m3Xo

モバPは男の始末をマルナゲされた格好だが、珍しくチヒロの言葉をすぐに承服しなかった。

男の背に馬乗りになったまま、何かを言いたそうに金魚めいて口をぱくぱくさせていた。

「モバP=サン?どうしましたか?何かわからないことでも?」

「いや……」 4

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/16 00:39:26.50 ID:niMQ5m3Xo

「なら、早く仕事を済ませてくださいね。タイムイズマネー、ですよ?」

「よ、ヨロコンデー……」

チヒロは最後ににっこりと笑うと部屋から出て行った。

後にはモバPと男だけが残されたが、モバPは動かない。

男の上に馬乗りになったまま、険しい顔で虚空を睨んでいた。 5

6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/16 00:45:39.79 ID:niMQ5m3Xo

やがてモバPは、意を決したように顔を上げ、男から降りた。

マグロめいて転がっている男を揺すりながら声を発した。

「おい、おい。起きろ。起きてくれ」

モバPが体を揺すり続けるが起きる気配がない。

それはまごうことなきツキジのマグロであった。

「お前に教えて欲しいのだ。頼む」 6

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/16 00:48:59.68 ID:niMQ5m3Xo

モバPは男にドゲザして懇願した。

「教えてくれ。お前と、サギサワ・フミカの物語を」 7

8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/09/16 00:52:03.44 ID:niMQ5m3Xo

アイドルマスターシンデレラガールズ
×
ニンジャスレイヤー

第1部「ネオプロダクション炎上」より:
「ザ・パーフェクト・デイ・フォー・ブックフィッシュ」

11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/16 02:54:44.55 ID:niMQ5m3Xo

(これまでのあらすじ)

(シンデレラガールズプロダクションに所属するモバPは、事務所に入り込んだ侵入者の排除するために応接室へと急行した)

(そこではかつてサギサワ・フミカのプロデューサーが彼女を奪取しようと目論んでいるのを発見、すんでのところでこれを阻止した)

12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/16 02:55:50.55 ID:niMQ5m3Xo

(だがモバPは知らなかったのだ。2人の間にいかなる絆があり、それがいかに踏みにじられてきたかを)

(そしてまた知らなかった。チヒロや他のプロデューサーが移籍してきたアイドルをどのように邪悪なジツを持ってして従えているのかを)

前スレ
【モバマス×ニンスレ】「ライク・シング、ライク・ダンス」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409664042/

13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/16 02:56:21.62 ID:niMQ5m3Xo

―――――


8

16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/23 23:59:34.00 ID:sknLUlNGo

事務所の自動昇降機には隠されたコマンドがある。

回数表示のボタンを定められた順番でタップすると、存在しないはずの地下階へと降りてゆくのだ。

えも言われぬ浮遊感を味わう暇もなく高速で地下数十メートルまで降りていく。 9

17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/24 00:01:12.48 ID:an/KGsyJo

カーボンフスマがベルの音と共にしめやかに開くと、LEDボンボリに照らされた薄暗い廊下が続いている。

その廊下を歩いて行くと、数m先にノーレンが視界を遮るように垂れている。

そこには蛍光ペイントで書かれた警告文が薄闇にぼんやりと浮かんでいる。 10

18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/24 00:06:36.95 ID:an/KGsyJo

「警告する」「秘密重点区域」「見つけたら囲んで棒で叩く」「死ぬがよい」

恐怖感を催すオスモウフォントがペイントされたノーレンを何枚もくぐると、

「御吸血部隊様専用秘密談合会議室」の大きな看板が掛けられた巨大な扉が現れる。 11

19 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 00:11:59.42 ID:an/KGsyJo

申し訳程度にひっそりと添えられた「5時―8時貸し切り」の小さな看板を無視し扉の前に立つと、音もなくオブツダン開きにゆっくりと開いていく。

「シタニーシタニー」

電子マイコの声がしめやかに訪問者を知らせるが、廊下と同様に灯の落とされた部屋の中は薄暗く、中にいる者たちは気付かない。 12


20 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 00:18:43.57 ID:an/KGsyJo

ここに集まっているのは事務所の中でも特に精鋭であるグレータープロデューサーたちだ。

彼らは200人近いアイドルの中でもトップクラスの人気を誇るアイドルをプロデュースする立場にある。

その彼らが今事務所の運営方針を決める秘密会合に参加するために集合している。 13

21 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 00:26:40.76 ID:an/KGsyJo

彼らの通称は「レッドショルダー」。

シンデレラガールズプロダクションを牛耳るチヒロの手足となるべく集められた者たちだ。

チヒロが彼らを組織した理由は、かつて一介の営業担当者が地位と権力をほしいままにしていた反省によるものだ。 14

22 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 00:35:56.93 ID:an/KGsyJo

彼はある日唐突にいなくなってしまった。

カロウシした、とか他事務所の襲撃を受けた、とかクルセイダーらのゲコクジョに敗れた、とかあらゆる噂が流れた。

真相は闇の中だが、TV局や広告代理店とのパイプを失った事務所は次々とアイドル活動に支障を来たし、大混乱に陥った時期があった。 15

23 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 00:43:35.70 ID:an/KGsyJo

チヒロは二度と同じ失敗を繰り返さないために、息のかかったグレータープロデューサーに職能と権限を分け与えて編成、「レッドショルダー」を組織したのだった。

彼らの中には事務所のプロデューサー以外にもヤクザクランの一員やTV局から出向してきたプロデューサーもいるという。 16

24 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 00:49:23.99 ID:an/KGsyJo

おお、見よ!議長席に座り時計を睨んでいるのはサエ・コバヤカワ担当プロデューサーのシャチョウだ!

その近くで輪になって情報を交換しているのはクソラップ!シャコーシン!セッション!

それぞれが油断のならないアトモスフィアを漂わせている実力派プロデューサーたちだ。 17


25 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 01:00:01.97 ID:an/KGsyJo

たった今入場してきた男――モバPもレッドショルダーの1人だ。

彼はアイドルプロデューサーとしての実力は低くはないと自負している。

それでもトップアイドル32人のうちどのアイドルを担当しているわけではなく、内心何故自分がこのメンバーに選ばれたのか不思議に思っていた。 18

26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 01:11:39.37 ID:an/KGsyJo

当然その疑問は他のプロデューサーも持つところであった。

チヒロ自らが組織した体制であるので表立っての批判がされることはなかったが、それでも同僚たちは訝しがる視線を常に投げかけていた。

(それでも構わぬ。全ては……アイドルのためならば)

モバPは暗い顔で呟いた。 19

27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 01:16:56.14 ID:an/KGsyJo

やがてどこかからシシオドシが5回鳴らす音が聞こえた。

定刻が来たことを知ると、議長席のシャチョウが原稿を読み上げた。

「それでは定刻となりました。これより事務所運営に関する定例総会を開きます。会議参加者はご着席を……」

その声に従いプロデューサーたちが各々の席に向かっていく。 20


28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 01:28:40.99 ID:an/KGsyJo

モバPもその声に従い、長机の末席に陣取る。

中には議長を無視して隅のほうで突っ立ったままの者もいるが、シャチョウは無視して議事を進め始めた。

「まず始めに2014年ハロウィンパーティに参加するアイドルについての協議です。御異議ありませんか。……御異議なしと認めます……」 21

29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 01:36:08.29 ID:an/KGsyJo

シャチョウは原稿から顔を上げて周りの反応を見ることなく淡々と議事を進めていく。

彼はロボットなのであろうか?

否。これらの言葉は一種の儀礼的なプロトコルでありアイサツにしか過ぎないのだ。

それが分かっている会議の参加者は退屈そうに手元の端末をいじっている。 22

30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 01:42:16.08 ID:an/KGsyJo

やがて議長に代わり隣に座っていたホシ・ショウコ担当プロデューサー、ソクシンブツが立ち上がり演説を始めた。

「先月末はパッションの属性から1番手に推されるアイドルが出ず、大変残念なことでした」

「そこで今月のハロウィンパーティにはホシ・ショウコ=サンを1番手とし……」 23

31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 01:49:38.21 ID:an/KGsyJo

「あいや待たれよ。先週ニナ=サンやユウコ=サンが新しい絵をもらい今月はずっとパッションが続いているのではありませんか?」

「ヨイデワ・ナイカ。パッション重点!」

「『パッション重点』その通り!」

途端に野次が飛び交い会議はケンケン・ガクガクの喧騒に包まれる。 24

32 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 01:55:51.36 ID:an/KGsyJo

だがこれも事前に打ち合わせて決められたプロトコルに則り、議長は議論をすっ飛ばし強行採決を取る。

「採決を取ります。賛成と思われる方は挙手をして下さい……賛成多数によりホシ・ショウコ=サンを1番手として推していくことに決められました」

「ワー」

「オメデトザイマス!」 25

33 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 02:01:04.75 ID:an/KGsyJo

彼らは大半がチヒロの部下であり明確な序列は存在しない。

しかしアイドルプロデューサーカラテのワザマエ、アイドル同士の友好関係、チヒロへの献金額、

様々な要素が絡み合った複雑怪奇な社内政治力学によって目に見えない序列が確かに存在し、

その力によって会議は進められるのだ。 26

34 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/24 02:09:08.83 ID:an/KGsyJo

「次の議題と致しまして……ヘゴ=サン、メサイア=サンの退社に伴うシマムラ・ウヅキ=サンとホンダ・ミオ=サンの担当引き継ぎについて……」

「……御異議なしと認めワンダフルマジック=サンに引き継がれることに可決致しました」

「ワー」

「スゴイネェー」

疎らな拍手! 27

35 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 02:17:00.72 ID:an/KGsyJo

「次の議題と致しまして……シンデレラガールズアイドルのメディア展開に関して……」

「……賛成多数により、PS4ソフトのアイドルマスター3にカンザキ・ランコ=サン、トトキ・アイリ=サンが参加することを決定致しました」

「ワー」

「オメデトザイマス!」

疎らな拍手! 28


36 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 02:30:11.95 ID:an/KGsyJo

「次の議題と致しまして……新しいタイプのアイドルの発掘について……」

「……御異議なしと認め、スモトリアイドルのデビューは時期尚早とし却下することを可決致しました」

「ワー」

「スゴイネェー」

疎らな拍手! 29


38 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 02:39:42.80 ID:an/KGsyJo

「エー、次の議題と致しまして……ヒノ・アカネ担当プロデューサーについて……」

欺瞞的プロトコルに則ったやりとりを繰り返し、会議の参加者に疲れたアトモスフィアが漂い始めたその時、末席に座るプロデューサーが立ち上がり叫んだ。

「緊急議題を提案いたします!」 30

39 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 02:51:25.55 ID:an/KGsyJo

参加者たちが胡乱な目で見つめる中、そのプロデューサー――キークローゼットは力強く宣言した。

「先日発生した事務所への侵入事件!犯人は私の担当アイドルであるサギサワ・フミカ=サンを拉致しようとした他事務所の刺客!」

「むざむざ重要区画まで入られたことにカメムシ=サンはどのようにお考えか!」 31


40 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 02:55:48.88 ID:an/KGsyJo

なんという勘違いした態度か!

この会議は事前に打合せた筋書きに沿って進められるものであり、このような奥ゆかしさに欠けた言動は即座にムラハチにされてしまうのだ。

上座のグレータープロデューサーたちは忍び笑いを漏らした。

政治力学を理解しない無能な働き者を心の中で嘲った。 32

41 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 03:02:27.37 ID:an/KGsyJo

その中からカメムシと呼ばれたプロデューサーが立って反論した。

「常日頃から重要区画にはベテランクローントレーナーを配置し……警備会社とも契約し守りは完璧です。実際完璧……」

なんたる欺瞞的言説!

だがそれを追求するのはキークローゼットのみで、他は高みの見物を決め込んでいる。 33

42 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 03:08:24.77 ID:an/KGsyJo

何を言ってものらりくらりとかわすカメムシと誰も同調しない会議室のアトモスフィアにキークローゼットはようやく不利を悟り始めた。

(何故だ?何故誰も発言しない?)

だが自分の無能に気づかない者がどうしてその理由を理解できようか。

カメムシはさらに追い立てる。 34

43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 03:17:40.90 ID:an/KGsyJo

「そういえば……サギサワ=サン、今は何をやっても無気力無関心でレッスンにすら出てこないらしいですね?自室に籠もってアイドルとして満足に活動していないとか……」

「な、何故それを……」

サギサワは先日の侵入事件以来、頻繁に記憶の封印が緩くなるのでその度にカギ・ジツを行使してきた。 35

44 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 03:22:17.88 ID:an/KGsyJo

この力はチヒロから与えられたものであり、彼女の許可無くしては使えない。

だが彼は以前邂逅したサギサワが慕い続ける元プロデューサーへの憎悪と嫉妬から、

無断で何度もジツを行使し記憶を封じこめた。

その結果サギサワは本当にジョルリ人形めいて反応が薄くなってしまったのだ。 36

45 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 03:27:29.00 ID:an/KGsyJo

なんたる暴虐!プロデューサーがこのようにアイドルを虐げて良いはずがない!

あえて彼が弁明するならば、彼はジツを何度も連続してかけたことはなく、どのような副作用があるか知らなかったのだ。

失態を隠すためこのことはチヒロにも報告していない案件だったのに、それが何故……? 37

46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 03:36:09.32 ID:an/KGsyJo

何故、何故、何故。疑念で頭がいっぱいになり言葉が出てこない。

その間に野次が山のように飛んで来て、混乱に拍車をかける。

「これはケジメ案件ですなあ」

「いやいやこれはセプクでしょう」

「実際プロデューサー失格な」

上座のプロデューサーたちは口々に囃し立てる。 38


47 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 03:43:38.70 ID:an/KGsyJo

だがその時、喧騒の中からモバPが挙手をし、発言を求めた。

「議論がずれております故発言をさせてもらいます……」

「現在の議題は侵入者への対策が十分であったかどうかについて」

「ですがこれはカメムシ=サンの言い分もキークローゼット=サンの主張も妥当です」 39


48 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 03:48:47.59 ID:an/KGsyJo

モバPは適当に議論をまとめる。

元よりキークローゼットに助け舟を出すつもりはない。

「つまりこれは侵入者を誘い入れた内通者が優秀であったということです」

「この者について現在チヒロ=サンから調査を承っておりますので、近いうちにこの調査結果をこの場でお伝えできるかと思います」 40

49 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/24 03:59:01.11 ID:an/KGsyJo

「……この問題に関してモバP=サンに一任するということに御異議のある方はいますか?」

「「「「「「「異議なし」」」」」」」

チヒロから調査を任されているのであれば彼女の忠実な駒である彼らに異議など出るはずもない。

全員一致で内容を可決した。

そのまま会議はなし崩し的に終了し、解散となった。 41

50 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 04:05:53.44 ID:an/KGsyJo

解散後、キークローゼットは出口へと流れていくプロデューサーの間を縫ってモバPのところへ駆け寄った。

「ドーモ、モバP=サン。先程はすまない」

「ドーモ。礼には及ばない」

モバPはうっそりと言った。

彼は親切心から発言したわけではなく、政治的立ち回りから発言をしたまでのことだ。 42

51 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/24 04:11:04.88 ID:an/KGsyJo

どこまでも無能なオヌシにはわからないだろうが、とモバPは心の中で付け加えた。

「この後、どうですか?少し飲んでいきませんか?」

「いや、シツレイする。例の調査も進めなければならない」

モバPは素っ気なくキークローゼットの誘いを断って、出口へと向かった。 43

52 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/24 04:12:19.72 ID:an/KGsyJo

その時、モバPは頭の後ろに目がなければ気が付かなかったであろう。

別れ際のキークローゼットの顔が醜悪に歪み、モバPを憎悪の目で睨みつけていたことを。 44

53 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/24 04:13:22.46 ID:an/KGsyJo

―――――


 45

59 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 20:48:14.78 ID:kVsNMGmBo

しめやかに降り続いた雨が止み、ひんやりとした空気が街を覆う。

いたるところに作られた水たまりに残る波紋が影も残さず駆ける存在を映し出す。

夜の闇を裂き飛ぶように走るその姿は誰であろう、モバPその人である。

チヒロから特命を受け事務所に潜む内通者の元へと向かっているのだ。 46

60 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 20:57:24.30 ID:kVsNMGmBo

モバPは自身の胸の内で燃え盛る炎をかき消すように駆ける。

それは自らの愚かさへの憤怒の炎であった。

(何故チヒロの命に従う……。何故キークローゼットのような奴と共に働く……。何故奴らとの取引に応じた……。何故、何故……)

自身の心の中を覗く度に炎の勢いは強くなり己を苛む。 47

61 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 21:06:16.72 ID:kVsNMGmBo

(何故自分はアイドルプロデューサーになったのだ!)

ゼンモンドーめいて己に問いかけた時、内なる炎が全身から吹き出して体を包んだように錯覚した。

(全てのアイドルを守るために己はアイドルプロデューサーになったのではなかったか)

モバPは人気のない裏路地に屈み込み、心を鎮めようとした。 48

62 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 21:17:03.70 ID:kVsNMGmBo

原因は元サギサワPから聞いた彼らの過去の話であった。

彼がどのように考えサギサワをプロデュースしていたのか、サギサワがどのようにしてシンデレラガールズに移籍してきたのか。

2人の間にどのような繋がりがあり、それがどのように断ち切られたのか。

モバPはインタビューによって理解した。 49

63 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 21:28:04.70 ID:kVsNMGmBo

チヒロから聞かされていた話と異なるものであったが、どちらの話を信じるべきか。

それは明白であった。

あの事件の日、チヒロに指示されてキークローゼットと共にサギサワを確保するため天井裏に潜んでいた。

そこで見たものと、キークローゼットがサギサワにかけたジツを目にすれば分かろうものだ。 50

64 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 21:37:47.42 ID:kVsNMGmBo

今この瞬間にもキークローゼットのようなアイドルの力を利用し、己の欲望を成就させんと企む人間がいる。

本来は彼女らを導く存在であったはずの人間が、権力と支配の味に酔い自身の邪悪な欲望に負けた結果堕した存在がアイドルプロデューサーの真の姿だ。 51

65 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 21:43:59.21 ID:kVsNMGmBo

ニュービープロデューサー自体は普通のサラリマンと変わるところはない。

ほぼ全ての者が非人道的労働にすり潰され数年で使い捨てられる。

それに耐え切ったほんの一握りのプロデューサーだけが驚異的なカラテを得、何らかのアイドル真実の啓示を閃くことによってユニークジツに目覚めるのだ。 52

66 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 21:51:19.39 ID:kVsNMGmBo

モバPもかつては何も知らないレッサープロデューサーであり、その暴虐にさらされる立場にあった。

アイドルと共に高みを目指す志は、業界に飛び込んだ数日の内に消し飛んだ。

理不尽なまでにマルナゲされた膨大な仕事とネンコによるストレスからカロウシへの道を走り続けていた。 53

67 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 22:01:36.09 ID:kVsNMGmBo

死神の鎌が振り下ろされるのを待つ日々からモバPを救ったのが、765プロダクションから独立したばかりの事務所を立ち上げたチヒロだった。

チヒロの事務所に引き抜かれてアイドルプロデューサーとして覚醒した。

その力を持ってアイドルを導くというモバPの最初に抱いた使命をも蘇らせた。 54

68 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 22:10:15.88 ID:kVsNMGmBo

だからこそどんな汚れ仕事でもチヒロの命であれば逆らうことはなかったし、それが正しいと信じてきた。

だが、今では……。

「バカ」「マヌケ」「スラムダンク」

裏路地の壁に汚らしくスプレー書きされた文字までもモバPの愚かさをあざ笑う。 55

69 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/26 22:24:28.73 ID:kVsNMGmBo

サギサワを、その元担当プロデューサーを、救う方法は?マッポーの世の流れに逆らう方法は?

モバPは人知れず懊悩する。壁に食い込ませた爪からは血がにじんでいる。

今この任務を放棄することは?チヒロへのオンギと己の使命とどう整合性をとる?

ニューロンが焼け尽きるほどに思考する。 56

70 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/26 22:42:10.61 ID:kVsNMGmBo

だがそこに、思いもよらなかった人物がエントリーしてきた。

モバPの後ろにしめやかに着地してオジギをしたプロデューサーは低く抑えた声でアイサツをした。

「ドーモ、モバP=サン。リボンザムです」 57

71 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/26 22:45:37.50 ID:kVsNMGmBo

―――――


58

72 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 00:14:21.51 ID:CawikMdmo

「ハァー…………ハァー…………」

手負いの獣めいてウシミツ・アワーの女子寮を歩く男が1人。

窓の外で明滅するネオンに映しだされたその姿は……。

おお、ナムサン!キークローゼットだ。

男の立ち入りが許されないはずの女子寮を、何故この時間に訪れるのか? 59


73 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/27 00:37:43.28 ID:CawikMdmo

「ハァー……ハァー……ハァー……」

その顔は狂気的なまでに醜悪だ。大きく見開かれた目は血走り今にも零れ落ちそうだ。

蒸気のごとく白い息を荒くつく口はだらしなく開けられよだれが垂れている。

薄暗い中音を立てないように這うように進んでいる姿は、ジゴクの番犬がやってきたと勘違いするだろう。 60

74 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 02:06:56.96 ID:CawikMdmo

(どいつもこいつも……俺を馬鹿にしやがって……!)

醜悪な外面を写しとったかのように、キークローゼットの内面は狂気と憎悪に彩られていた。

彼は他人の心の機微には疎いものの、自分のプライドが傷つけられることには人一倍敏感であった。 61

75 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 02:33:36.88 ID:CawikMdmo

彼は最近何もかも上手くいっていないと感じていた。

自分より格下のプロデューサーには無視された。

先ほどまでの会議も何一つ良いところがなく笑いものにされた。

その原因も担当アイドルが言うことを聞かなくなったせいだ。

さらに言えば元プロデューサーとか名乗るふざけた奴が現れたせいだ。 62

76 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 02:58:13.59 ID:CawikMdmo

奴は卑怯な手段で俺にアンブッシュを仕掛けた。

奴は俺のアイドルをたぶらかして使いものにならなくした。

奴は俺の同僚たちからの信用をなくした。

奴は俺からチヒロ=サンを奪った。

奴は、奴は、奴は……。

奴は俺から何もかも奪っていった! 63

78 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 10:11:48.53 ID:CawikMdmo

「ハァー!ハァー!ハァー!」

キークローゼットは完全に狂っていた。傷つけられすぎた自尊心から妄想と現実の区別がつかなくなっていた。

怒れる猛獣と化した彼が望むのは、自分をコケにした人間全てに復讐することだった。

その矛先は、一番近くにいるサギサワ・フミカに向けられたのだった。 64

79 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 10:31:33.15 ID:CawikMdmo

キークローゼットは4足歩行に近い状態のままサギサワの部屋まで一直線にやってきた。

わずかに残った理性でサギサワ・フミカの部屋の表札を確認すると、ためらいもなくドアノブを回した。

「ハァー!ハァー!」

彼はサギサワをどのようになぶるか想像して醜い顔を喜悦に歪ませた。 65

80 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 11:03:10.72 ID:CawikMdmo

侵入を悟られないよう電気を付けずに部屋に入る。

窓の外のネオンの光が部屋の中を照らし、ベッドの中で丸くなっているサギサワの形を写しだした。

「ヒヒヒ……ハァッ!ハァッ!」

今はウシミツ・アワー。

女子寮に進入する前に警備システムも全て遮断したので自分の存在が露見することもない。 66

81 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 11:35:08.59 ID:CawikMdmo

「ウィヒヒー!……アバーッ!?」

下劣なシャウトと共にサギサワに飛びかかったキークローゼットは、直前で電気ショックを浴びたかのようにのけぞって壁際まで吹き飛ばされた。

一体何が起こったというのであろうか?

ベッドの中から現れたのは……ゴウランガ!モバPである! 67

82 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 13:21:57.88 ID:CawikMdmo

「ドーモ、キークローゼット=サン。モバPです」

モバPは低く押し殺した声でアイサツをした。

「アバッ!ドーモ、モバP=サン。何故貴様がここに!」

「静かにしろ。今何時だと思っている」

そう、何故ここに彼がいるのであろうか?彼は直前まで別のミッションに就いていたはず! 68

83 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 17:42:02.92 ID:CawikMdmo

モバPはキークローゼットを監視していたプロデューサーから連絡を受け、任務を一旦放棄してサギサワを守りに戻ったのだ。

「サギサワ=サンは?ここはサギサワさんの部屋のはずだぞ!?」

「彼女なら隣の部屋だ。空き部屋の表札を入れ替えてオヌシを待ち構えていたのだ」

なんという巧妙なトリック! 69

84 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 17:58:13.69 ID:CawikMdmo

「チィイ!」

キークローゼットは身を翻して逃げようとするが、モバPは跳躍し背後を取った。

「一度ならずも二度までも、私の目の前でアイドルを辱めようとする行為。万死に値する」

モバPはサギサワの寝間着を投げ捨ててジュー・ジツを構えた。

もう二度と目の前の暴虐を許しはしない。彼の目に炎が宿った。 70

85 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/27 18:12:34.35 ID:CawikMdmo

「さあ、ライブバトルの時間だ。私のカラテはアイドルに仇なす者に容赦はせぬぞ」

「アイドルプロデューサー、死すべし!イヤーッ!」

「グワーッ!」

ガードを構える間もなく放たれたモバPのケリ・キックによってキークローゼットは壁に叩きつけられクモの巣状のヒビを作った。 71

86 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 18:25:37.95 ID:CawikMdmo

「アバッ、馬鹿な真似はよせ!俺を倒してしまえばチヒロ=サンが怒る!」

「安心しろ。オヌシの追放はレッドショルダー全員で隠蔽する」

「え、それって……」

「イヤーッ!」

「グワーッ!」

モバPはキークローゼットが考える暇を与えずカラテを叩き込む。 72

87 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 18:37:26.34 ID:CawikMdmo

(考えたところでこの知能無に分かるとも思えんがな)

モバPは倒れ伏したキークローゼットの前に立ち睨みつけた。

恐怖したキークローゼットは助けを求めるように手を伸ばした。

その手を踏みつけてモバPは宣告した。

「ハイクを読め。カイシャクしてやる」

「ヒィッ……ヒィッ……」 73

89 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 18:55:16.68 ID:CawikMdmo

だがキークローゼットは反対の手でモバPの足首を掴みシャウトした。

「カギ・ジツ!イヤーッ!」

相手の記憶を封じる邪悪なジツを行使せんとキークローゼットの手から光が溢れモバPを包んだ。

光が収まった時には……モバPはそのまま傲然と見下ろしたままだ。

「効かぬ」

「ナンデ!?」 74

90 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 19:12:17.13 ID:CawikMdmo

キークローゼットが掴んだと思った足は、一瞬のうちに両手ごと踏みつけにされていた。

「オヌシの惰弱なジツなど、効かぬ」

ジゴクめいた声で宣言され、キークローゼットの心は今度こそ折れた。

モバPが足を振り上げた隙に手を踏みつけていた足を掬い、バランスを崩して逃げ出した。 75

91 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 19:17:20.64 ID:CawikMdmo

「イヤーッ!」

「アバーッ!?」

部屋から飛び出したキークローゼットは扉の影に隠れていた何者かのアンブッシュによってボーリングの玉めいて転がされた。

「いいように俺を……フミカを扱ってくれたじゃねえか。エエッ!?」

怒りの声と共に一歩一歩踏みしめて歩いてくるのは、元サギサワPだ。 76

92 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 19:32:51.67 ID:CawikMdmo

「アッヒヒヒ……ま、待て。話せばワカル」

「ダマラッシェー!イヤーッ!」

「グワーッ!」

「イヤーッ!」

「グワーッ!」

「待て、サギサワP=サン。これ以上はマズい」

「何がだ」

「アバッ……た、助け……」

キークローゼットは最後の慈悲を信じてモバPに助けを求める。 77

93 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 19:42:21.76 ID:CawikMdmo

「オヌシらが争ったせいでアイドルたちが起きてくる。外に行け」

「アイエエエ……」

アワレな子羊めいた叫び声を残して3人は女子寮から街の闇へと抜けだした。

その日、街の何処かから何か打擲する音と悲鳴が絶えることはなかった。

それもマッポーの世のありふれた出来事であり、誰も気に留めなかった。 78

94 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 19:47:43.23 ID:CawikMdmo

―――――


79

95 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 23:41:09.94 ID:CawikMdmo

翌週の定例総会でモバPはキークローゼットを伴って現れた。

事務所内に潜む内通者の報告をするためだ。

「……以上のようにこの者、キークローゼットが先の侵入者騒ぎの手引をした張本人であることが判明いたしました」

「ヤメロー!ヤメロー!」 80

96 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/09/27 23:46:56.03 ID:CawikMdmo

キークローゼットは亀甲縛りにされて長机の上にぶら下げられ、晒し者にされている。

「さらにその怠慢からアイドルとの信頼関係を損なった上、その責任を他プロデューサーに転嫁しようとした許すまじきプロデューサーであります」

「ヤメロー!ヤメロー!」 81

97 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 23:52:34.15 ID:CawikMdmo

長机の上座に座ったプロデューサーたちはいつものように囃し立てながら面白そうに眺めている。

「よってこの者のアイドルプロデューサーとしての権利を剥奪しレッドショルダーから永久追放とすることを提案します」

「……採決を取ります。モバP=サンの提案に御異議のある方は挙手をお願い致します」 82

98 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/27 23:58:15.65 ID:CawikMdmo

シャチョウは定型句で採決を取ると、机に座っているプロデューサー全員が同じタイミングで同じ文句を唱和した。

「「「「「「異議なし」」」」」」

「異議なしと認めます」

「ワー」

「スゴイネェー」

「ヤメロー!ヤメロー!」

キークローゼットは亀甲縛りにされたまま部屋の外へと連れだされた。 83

99 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 00:03:32.94 ID:TZzcwk4No

彼がこの先どんな責め苦を与えられるかは知らないが、今まで気ままに振る舞ってきた報いを受けるのだろう。

それを考えるだけでモバPは胸のつかえが降ろされた気になるのだった。

「エー、次に、ヒノ・アカネ担当プロデューサーについて……」 84

100 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 00:12:40.04 ID:TZzcwk4No

会議はまだ続いていたが、自分の成すことを終えたモバPは部屋から退出した。

そこで待っていたのは、あの日サギサワの危機を伝えに来たリボンザムとその上司のワンダフルマジックだった。

「ドーモ、ワンダフルマジック=サン」

「ドーモ。この度はご苦労だった」 85

101 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 00:19:03.16 ID:TZzcwk4No

機先を制してアイサツをすると、ワンダフルマジックはにこやかにモバPを出迎えた。 

「キークローゼットのことは万事任せられよ。チヒロ=サンもレッドショルダーの決定ということであれば決定を覆してとやかく言う事もあるまい」

「それでは、サギサワ・フミカ=サンのことは……」 86

102 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 00:29:46.32 ID:TZzcwk4No

「それも問題なく取り計らおう。本来であれば会議で採決を取るところだが、君に一時預けるという形にしておけば担当を明確にする必要もなく議題に上げる必要もない」

「重ね重ね、ありがとうございます。感謝の極みであります」

「いやいや……またこういうことがあったら、よろしく頼むよ」 87

103 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 00:43:09.51 ID:TZzcwk4No

モバPが深々とオジギをしたその肩に手を置き、ワンダフルマジックは鷹揚な言葉を残して去っていった。

モバPは達成感と同時にある種の苦々しさを感じていた。

サギサワを救い、悪徳プロデューサーを排除した。

代わりにチヒロだけでなくワンダフルマジックからも首輪を付けられてしまった。 88

104 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 02:51:22.17 ID:TZzcwk4No

恐らくこれからはワンダフルマジックからも良いように便利使いされるのであろう。

あの蛇めいて終始笑わずにいた瞳に己の未来が写っているような気がした。

恐らく隣に立つリボンザムも同じように首輪を付けられたのだろう。

視線がすれ違い、お互いに苦笑を交わした。 89

105 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 02:58:51.42 ID:TZzcwk4No

顔見知りゆえの気楽さが、モバPの暗い気持ちを和らげた。

「これからどうする?一杯飲んでいくか?」

「いや、すまない。これから終わらせなければならないものが残っている」

そう、サギサワ・フミカのことで、一番重要な仕事が待っている。

リボンザムと別れたモバPは携帯端末を取り出し、あの男を呼び出した。 90

106 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 03:01:17.85 ID:TZzcwk4No

―――――


 91

107 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 03:09:57.32 ID:TZzcwk4No

コンクリートに形作られ、過剰電飾が彩るこの街にあって季節感を伝えるものは少ない。

風に乗って幽かに届くバイオスズムシの声が、わずかに秋のワビサビを教えてくれる。

モバPは虫の音に耳を澄ませながら、女子寮の屋上でじっと人を待っていた。 92

108 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 03:18:07.31 ID:TZzcwk4No

指定した時刻を大幅に過ぎている。

もう日付も変わろうかという時間だ。

人を待たせるというのは実際シツレイな行為なのだが、モバPは怒ろうとは思わなかった。

今回ばかりは彼らの好きなようにさせなくてはならないのだから。 93

109 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 03:28:53.98 ID:TZzcwk4No

やがて屋上に通じる階段を登ってくる音と共に、元サギサワPが現れた。

その顔は怒りと悲しみによってノウ・オメーンのごとく無表情に固定され、流し尽くした涙で汚れていた。

赤く充血した目から放たれる視線に射抜かれ、モバPは覚悟していた以上に動揺する。 94


110 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 03:37:12.68 ID:TZzcwk4No

「……まずは礼を言わせてもらう」

男は嗄れ声とともにオジギした。

「あのクソ野郎に復讐するチャンスをくれたこと、そして実際にフミカを救ってくれたこと。感謝の言葉もない」

モバPはそれを無言で受け止める。

「……俺に彼女をプロデューサーすることを認めるというのも、信じていいのか?」 95

111 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 03:46:44.93 ID:TZzcwk4No

モバPは先ほど見たサギサワの姿を思い出し、彼女を元のようにプロデュース出来そうにないことを改めて確信していた。

「ああそうだ。私に彼女をプロデュースする力はない」

「それに先ほども言った通り、オヌシが近くにいればあの忌々しいジツの影響から早く抜け出すこともできるだろう」 96

112 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 04:05:02.32 ID:TZzcwk4No

「これからサギサワ=サンをプロデューサーするのはオヌシだ」

モバPが改めて伝えると、男はむせび泣きを始めた。

(涙も枯れるほど流し尽くした後だというのに、よくよく泣く男だ)

モバPは呆れ、今後の方針について伝えるのをやめた。

チヒロに露見しないようにとか、今はそんな気分ではないだろう。 97

113 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 04:36:04.23 ID:TZzcwk4No

男が泣き止むのを待ってから、モバPはふと思いついたように言った。

「そういえば、オヌシのプロデューサーとしての名前を聞いたことがなかったな」

「名前……」

「前のプロダクションで使っていた名前でもいいが……どんなものを使っていたのだ?」 98

114 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 04:48:52.50 ID:TZzcwk4No

男はしばし思案してから首を振った。

「前のやつはやめておこう。縁起が悪いからな」

「ならば、良い名前があるぞ。セルゲームという名前なのだが……」

男はそれに答えず、モバPの隣に立った。

屋上の縁にある落下防止のための手すりによりかかり、遠くを眺めながら言った。 99

115 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 06:03:21.38 ID:TZzcwk4No

「『ブックメーカー』」

「ほう?」

「それを俺の名前ということにしておいてくれ」

「そうか」

そのままモバPも視線を遠くに遣り、男――ブックメーカーと同じ景色を眺めた。

退廃的なまでに糜爛した街の灯は、澄んだ空気の中でいっそう強く輝いているように見えた。100

116 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 06:07:13.53 ID:TZzcwk4No

やがて時計の針が0時を回った。

新しい一日を運んできた秋の風の中で、2人のプロデューサーはいつまでも街を眺めていた。 101

117 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 06:10:00.22 ID:TZzcwk4No

(第一部「ネオプロダクション炎上」より:「ザ・パーフェクト・デイ・フォー・ブックフィッシュ」)

(終わり)

118 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/28 06:18:34.81 ID:TZzcwk4No

これにてこのSSは終わりです。

なお>>6,7において
モバPが「オヌシ」と呼びかけるところが「お前」となっておりました。

これは担当者の忍殺成分が途切れたためと判断し
担当者をケジメした上で「10月14日発売、物理書籍最新巻『キョート・ヘル・オン・アース(上)』」
を読ませることを決定いたしました。
読者のみなさまに大変に迷惑をお掛けしました。

以上です


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410794171/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP