PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 21:52:46.38 ID:hJHr5U0lo

モバP「ペロは可愛いな」
モバP「ハナコは可愛いな」
モバP「ヒョウ君は可愛いな」

の続きです、前の話は読まなくても大体大丈夫です、飼い主達がたまに出るくらいです


2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 21:55:22.47 ID:hJHr5U0lo

ブリ「ブモッ」

P「ふんふんふーん」
ガシガシガシ

ブリ「ブルルルルル」

P「全くでかい背中だ、ブラッシングしがいがあるぜ」
ガシガシ

ブリ「ブモッ」

P「ははは気持ち良いか?よーしよしよし後で野菜を奢ってやろう」

ブリ「ブモブモ~」
グリグリグリ

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 21:59:46.91 ID:hJHr5U0lo

P「お、おおっと…ブリッツェンのグリグリ(猫が額を擦り付けてくるアレ)はパワーがあって気合入れないと押されてしまうな」

ブリ「ブモ」

P「え?背中に乗っていい?いいのか!?ふふふそう言うなら遠慮なく!」
ノソッ

ブリ「ブルルルルッ」
ノッシノッシ

P「おお………感動だ…この景色はブリッチャンが協力してくれるからこそだよなあ…」

ブリ「ブモ~」

P「ソリに比べれば軽い軽いって?全くたいした奴だよお前は」

ブリ「ブモッ!」


4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 22:07:12.99 ID:hJHr5U0lo


しばらく後



P「ふぅ…堪能した」

ちひろ「随分楽しそうでしたね」

P「ええとても、大きな動物も可愛いものです」

ちひろ「しかしトナカイをあやすのも上手だったとは」

P「いえいえ手探りですよ流石にトナカイと交友をはぐくんだ経験はありませんし」

ちひろ「その割りには仲良しじゃないですか、自信持っていいですよ」

P「うーんでもブリッツェンは凄くお利口さんですから交流しやすいというか」

ちひろ「確かにこっちから見ると言葉が通じてるくらいに見えますからねー」

P「え?ブリッツェン普通に日本語通じますよ?」

ちひろ「おいちょっと待て」

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 22:12:13.97 ID:hJHr5U0lo


P「はてどうしました」

ちひろ「いやいや何を言ってるんですか?ファンタジーやメルヘンじゃ無いんですよ?」

P「ではあちらをご覧下さい」
スッ

ちひろ「?」
チラッ


イヴ「ブリッツェンさっきは何してたの~?」

ブリ「ブモブモ」

イヴ「ふんふんPさんにお世話して貰ってたんですねぇ」

ブリ「ブモッ」

イヴ「え?それ本当?いいな~」


P「ね?」

ちひろ「えぇ…」

6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/08/29 22:23:48.45 ID:6g3Zf7K7o

ブリッツェンは人並みの知能がありそう

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 22:27:03.37 ID:hJHr5U0lo


P「お利口ですよね」

ちひろ「いえ違います、アレは会話とかじゃなくて飼い主特有の動物に話しかけるコミュニケーションです」

P「意外と頭固いですねちひろさん」

ちひろ「常識的と言ってください常識的と」

イヴ「あの~ちょっといいですか~」

P「おっイヴの方から来てくれるとは都合がいいな、ここは一つイヴからも聞かせてやってくれ」

イヴ「はい~?なんでしょうか~?」

ちひろ「いえ大丈夫よイヴちゃん、それよりどうかしたの?」

イヴ「えっと今ブリッツェンからPさんにお世話してくれたって聞いてですね~お礼を言いに来たんですよ~」

ちひろ「…そ、そう(毛並みとかで解るんでしょうねきっと)」

P「なーに俺も楽しんでるから機にしなくていいさ」

ちひろ「(それにプロデューサーさんの動物好きは有名ですし、これくらいは普通の事で)」

イヴ「ブリッツェンったらPさんにご飯をご馳走してもらえるって喜んでて~」

ちひろ「」

8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 22:40:37.12 ID:hJHr5U0lo


ちひろ「(落ち着けクールになるのよ千川ちひろ)」

P「口が軽いなブリッツェンめ、立派な髭がある癖に」

ちひろ「髭関係あるんですかソレ」

イヴ「お髭は大事ですよね~私もサンタとして出来ればお髭が欲しいですよ~」

P「だが髭って生えてくると結構面倒だぞ?しかしサンタみたいなふさふさの髭の生えたイブ………っぷ」

イヴ「む?何想像してるんですかぁ~?」

P「なんでも~」

イヴ「も~♪」
ペチペチ

P「どうどう~」
パシパシ

ちひろ「うふふ~」

9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 22:44:20.27 ID:hJHr5U0lo

ちひろ「(っは!いけない、ついふんわりムードに流されそうになってしまったけど…!)」

ちひろ「あ、あのイヴちゃん…ちょっといいかしら」

イヴ「はぇ?」

ちひろ「その…ブリちゃんから聞いたというのは…ど、どういう意味で」

P「そういやブリは何処に居るんだ?さっきまで一緒にいたよな?」

イヴ「ブリッツェンでしたら~」


ジャアアアア  ガチャ


ブリ「~♪~♪」

イヴ「お手洗いですよ~」

P「相変わらず蹄で器用にドアを開けるもんだ」

ちひろ「」

10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 22:58:05.10 ID:hJHr5U0lo


ちひろ「おりこうさんですねぶりちゃんはかわいいなぁ」
ナデナデ

ブリ「ブモ~」

イヴ「どうしちゃったんでしょ~?」

P「さあ?ま、二人とも楽しそうだしいいさ」

ちひろ「うふふ~」
ナデナデ

ブリ「ブモ…?」

イヴ「はい~幸せそうです~…あ、そういえばまだお礼言ってませんでしたね、ブリッツェンのお世話ありがとうございました~」

P「だからたいした事じゃ無いって、それよりイヴこそ飯は平気か?」

イヴ「え~?」

P「自分の腹具合は平気かって事よ、クリスマスプレゼントの貯金とかで無理な節制とかしてないだろうな?」

イヴ「大丈夫ですよ~ここだと皆がお菓子をくれたりロケ弁とか貰えますから~それに倒れたら大変だからそれくらいには食べたりしてますし~」

P「よし俺のおごりでいい、飯食いに行くぞ」

11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 23:05:02.51 ID:hJHr5U0lo

イヴ「も~平気ですってばぁ~」

P「服を質に出されても困るからなー」

イヴ「む、幾ら私だってそんな事しませんよ~」

P「元ダンボール全裸が何を言う…それとも嫌だったか?」

イヴ「いえいえまっさか~ご飯ご馳走してくれるなんてすっごく嬉しいですよ?ごはんごはんっ♪」

P「ご飯くらいで心からの笑みを浮かべる純粋さが眩しい」

ちひろ「…ふぅ、もういっかな」

P「お、ちひろさんどうかしましたか?ブリッツェンを愛でるのはいいんですか?」

ちひろ「一つだけ聞きたいんですけど…………ブリッツェンってなんなんでしょうか?」

イヴ・P『トナカイ(ですよ~)』

ブリ「ブモ」

ちひろ「そう…」


13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 23:16:17.08 ID:hJHr5U0lo

P「さ、それじゃ丁度お昼時だし飯と洒落込むか」

イヴ「行きましょ~♪」

P「ちひろさんもどうです?」

ちひろ「ええご一緒しましょうもうお仕事とかそんな気分じゃないです」

イヴ「じゃあ皆で出発ですねぇ~」

P「ブリッツェンも一緒に行くか?」

ちひろ「あははトナカイOKなお店を探しませんとね」

ブリ「…ブモッ」
ゴロン

イヴ「『暑いからここでお留守番してる』って言ってます~」

ちひろ「おっさんですかアンタは」

15 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 23:34:39.45 ID:hJHr5U0lo

P「毛皮だしまだまだお前には暑いよなこの季節…だがな」
ズイッ

ブリ「ブモ?」

P「無防備に俺の前で腹を見せるって事は………俺に腹を揉まれていいという事だな!オラオラオラオラァ!!」
ワシワシワシワシ

ブリ「ブモ~♪」
ゴロゴロ

イヴ「あはは~ブリッツェンたのしそ~♪」

ちひろ「とことん動物好きですねえ」

P「ふはははは…・…ん?」




凛「……………」


雪美「……………」


小春「……………」


16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 23:42:28.82 ID:hJHr5U0lo


P「さ、それじゃ出発という事で」

凛「待った」

P「待たない」

凛「え?ここは私達も一緒に連れてく所でしょ?」

P「もうどっからお前ら沸いて出てきたとか突っ込む気もしないし連れてきもしない」

雪美「………意地悪……」

小春「小春達もおなか空きました~」

P「うーんでもなーお腹を丸見えにしてる少女を引き連れてご飯食べに行く趣味は無いんだよなー」

凛「でも撫でる趣味はあるんでしょ?しょうがないにゃあ、いいよ」

P「よくねえよ」

17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/29 23:51:35.67 ID:hJHr5U0lo

イヴ「皆~?暑いからってもそんな事したらお腹壊しちゃいますよ~?」

P「この光景でブレないお前が救いだよイヴ」

小春「Pさん遠慮しなくていいんですよ~?小春は撫でるじゃなくてペロペロされてもへーきで」

P「それ以上いけない」

雪美「……P……私……」
プルプル

P「…顔真っ赤にするくらいならぽんぽん隠しなさい」

凛「甘いよ雪美───そんなんじゃ愛は掴めないっ…!」

P「掴むかそんな愛」

18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/30 00:32:16.89 ID:7S4rGPaEo

雪美「……でも……Pお腹好きだから………」

P「好きなのはもふもふしてるお腹限定だから」

小春「え~ヒョウ君も小春もツルツルなのに~」

凛「あ、もしもし奈緒ちょっといい?唐突だけど普段どんな物食べてる?ちょっと参考にしたいから教えて欲しいんだけど」

イヴ「あの~ほんとに皆どうしちゃったんでしょうか~?」

P「どうしちゃったんだろうな…ふふふ…ふふ…」

ちひろ「ぶりちゃんはかわいいですねー」
ナデナデ

ブリ「………ブモブモ」









………
……



しばらくたった事務所


ブリ『………………』
ゴロゴロ

ブリ『…ん?もう皆なら出かけちゃったよー』

ブリ『プロデューサーさんはあの後どーにかこーにか説得してー皆でご飯って事で手打ちにしたんだー』

ブリ『でもさー僕を始め人間以外には好き放題にするのにさー人間にはしないってなんでだろうねー』

ブリ『ほんと人間は面倒臭いっていうかー』

P「ブリッツェン約束の野菜買ってきたぞ!」

ブリ「ブモォ!」
ドーン

P「オウフ」
ドカン




おしまい

21 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/08/30 00:40:24.55 ID:GhmXyrcho

おっつ

次はなんだろ?

25 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 2014/08/30 03:17:50.98 ID:mi9sfgsy0

ペロ・ハナコ・ヒョウ君・ブリッツェンと来たら、次はわんこ(聖来)かアッキーか猫(拓海)辺りかな?


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409316756/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP