PickUp
スポンサード リンク
667 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:11:50.82 ID:zKlVIC5r0

サザエの苦難

サザエ「・・・そろそろ帰っても大丈夫かしら」

サザエ「これ以上外にいたら風邪を引きそう」

サザエ「・・・優しいサブちゃんに戻ってくているといいわね」

サザエ「電気・・・消えてる・・・」

サザエ「・・・今日はこの部屋で寝ましょう」


保守ありがとうございました


669 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:12:33.18 ID:zKlVIC5r0

―翌朝―

タラオ「ママーどこですかー?」

サザエ「タラちゃーんここよ」

タラオ「ママここにいたですか?」

サザエ「突然いなくなっちゃってごめんね。ちょっとやらなきゃいけないことがあってね・・・」

タラオ「ママ・・・怖い夢見たです」


670 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:13:18.34 ID:zKlVIC5r0

サザエ「ママはここにいるからもう大丈夫よ」

タラオ「ママー・・・ぐすっ」

サザエ「タラちゃん・・・ごめんね・・・」

サザエ(わたしはこのこのために生きていかなくちゃならないのよ)

サザエ(これからは・・・タラちゃんのしあわせを求めていくわ)


671 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:14:02.65 ID:zKlVIC5r0

フネ「カツオもワカメも学校に行ったよ」

サザエ「・・・サブちゃんは?」

フネ「そういえば、今日は姿を見てないね・・・」

サザエ「そう・・・」

フネ「何かのかい?」

サザエ「ううん、なんでもないわ」


672 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:14:47.32 ID:zKlVIC5r0

―サザエの寝室―

サブロー「あの・・・サザエさん・・・話が・・・」

サザエ「ここにいたのね・・・」

サブロー「・・・別れましょう」

サザエ「サブちゃん・・・」

サブロー「ぼく・・・しあわせにするどころか・・・サザエさんを・・・」


673 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:15:28.05 ID:zKlVIC5r0

サザエ「わたしこそ・・・サブちゃんに・・・」

サブロー「いえ!全てはぼくのせいです。本当にすみませんでした」

サザエ「そんなこと言わないで・・・」

サブロー「お父さん、お母さんにはぼくが話しておきます」

サザエ「・・・・・・」

サブロー「今までありがとうございました」

サザエ「ありがとう、楽しかったわ」


675 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:16:09.22 ID:zKlVIC5r0

―その日の夕方―

波平「・・・何?サザエと別れるだと?」

フネ「どういうことですか?」

サブロー「最近サザエさんに傷が多いことは知っているかと思います」

波平「それがどうしたんだ?」

サブロー「・・・それ、ぼくのせいなんです」

波平「何だと!?」


677 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:16:51.02 ID:zKlVIC5r0

フネ「サブローさん・・・サザエに何てこと・・・」

サブロー「申し訳ありませんでした」

波平「誤って許されることか!!」

サブロー「本当に・・・すみませんでした」

フネ「もう・・・顔を上げてください・・・」

サブロー「すみませんでした」


678 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:17:37.44 ID:zKlVIC5r0

波平「サザエとは今後関わらんでくれ」

サブロー「・・・・・・」

波平「お前を許すつもりはない」

サブロー「申し訳ございませんでした」

波平「しかし謝ったところでどうなることでもない・・・」

フネ「みんなにもあいさつしていってくださいね」



間違い多いな・・・


679 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:18:18.64 ID:zKlVIC5r0

―夕食後―

サザエ「わたし・・・サブローさんと別れることにしたの」

カツオ「え!?」

ワカメ「何で?」

タラオ「ママ・・・?」

サザエ「急でごめんね・・・みんなを困らせてばかりで・・・」


683 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:21:32.83 ID:oKBdd7beP

サザエ「わたしたち・・・やっぱりうまくいかないみたいなの」

サブロー「ごめんね・・・」

カツオ「姉さん・・・」

ワカメ「でも・・・もうどうしようもないんでしょ?」

サザエ「・・・うん」

タラオ「もうパパじゃないですか?」


684 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:21:32.08 ID:xh7BNtH30

これ、全てが一週間くらいの内におきてたらどうしよう


685 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:23:59.19 ID:mnMc8ZTc0

>>684
マスオが家を出て行ってからなら下手すりゃ一週間かもな


686 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:24:53.75 ID:oKBdd7beP

サブロー「タラちゃん・・・せっかくパパって呼んでくれたのにね」

タラオ「どうしてですか?」

サブロー「ぼくが悪いんだ・・・タラちゃんのママを泣かせてしまうから・・・」

タラオ「・・・ママを泣かせるひとは嫌いデース」

サブロー「タラちゃん・・・本当にごめんね」

タラオ「サブローさんなんか嫌いデース」

サザエ「タラちゃん・・・うっ」


688 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:27:30.85 ID:oKBdd7beP

サブロー「それじゃあさようなら」

カツオ「サブローさん・・・元気でね・・・」

サブロー「ありがとう、カツオくん・・・。本当に申し訳ありませんでした。それでは」

ワカメ「サブローさん行っちゃったね・・・」

カツオ(どうしてぼくたちは・・・当たり前の笑顔すら許されないんだろう・・・)


690 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:29:39.76 ID:oKBdd7beP

―サザエの部屋―

タラオ「・・・・・・」

サザエ「タラちゃん・・・絵本読もう?」

タラオ「・・・・・・」

サザエ「ママとお話してくれないの?」

タラオ「・・・・・・」

サザエ「・・・・・・はあ」


691 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:30:14.27 ID:zKlVIC5r0

ザサエ「ごめんねタラちゃん・・・」

タラオ「・・・・・・」

サザエ「もう寝ようか・・・」

タラオ「・・・・・・です」

サザエ「タラちゃん?」

タラオ「ママ・・・ひどいです・・・ぼく・・・」

サザエ「・・・・・・」


692 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:30:55.65 ID:zKlVIC5r0

タラオ「ひっく・・・パパと思ってたです・・・それなのに・・・」

サザエ「タ、タラちゃん」

タラオ「ママなんか・・・大嫌いデース・・・ぐすっ」

サザエ「・・・・・・!!」

タラオ「ママなんか・・・ママなんか・・・」

サザエ「・・・・・・」

タラオ「本当のパパに会いたいデース・・・本当のパパに・・・」


693 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:31:37.01 ID:zKlVIC5r0

サザエ「あ・・・ママちょっと用事を思い出しちゃった・・・出掛けてくるわね・・・」

タラオ「・・・・・・ぐすっ」

サザエ「・・・お留守番、していてね」

タラオ「・・・ママ?」

サザエ「いってきます・・・」


694 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:32:17.87 ID:zKlVIC5r0

―近くの公園―

サザエ「うっうっ・・・ごめんねタラちゃん・・・」

サザエ「本当のパパに・・・会いたいわよね」

サザエ「マスオさんはタラちゃんを深く愛していてもの・・・」

サザエ「その愛情は忘れることなんかできないわよね・・・」

サザエ「マスオさんだったら・・・」


695 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:32:58.78 ID:zKlVIC5r0

サザエ「それなのにわたしはタラちゃんを振り回してばかりで・・・」

サザエ「自分の気持ち優先してしまったわ・・・」

サザエ「ワカメが・・・ちゃんと言ってくれたのに」

サザエ「何てひどい人間なのわたしは・・・」

サザエ「サブちゃんまでわたしのせいで・・・」

サザエ「タラちゃん本当にごめんなさい」


696 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:33:39.61 ID:zKlVIC5r0

サザエ「マスオさん・・・」

サザエ「わたしがもっとちゃんとしていれば離婚することなんかなかったのよ」

サザエ「マスオさんを愛していれば」

サザエ「関係が崩れることだってなかった」

サザエ「タラちゃんに悲しい思いをさせることも・・・」

サザエ「わたし・・・ダメね・・・」


697 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:34:33.47 ID:zKlVIC5r0

―磯野家―

タラオ「おじいちゃーん、おばあちゃーん、ママがいないデース」

波平「何?サザエが?」

フネ「こんな時間に何考えてるんでしょう?」

タラオ「用事があるって言ってたデース」

波平「わしが探しに行く。母さんはタラちゃんを寝かしつけてくれ」

フネ「・・・気をつけてくださいね」

波平「なーに。すぐ見つかるじゃろ」


698 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:35:26.83 ID:zKlVIC5r0

波平「サザエのヤツどこに行ったんだ」

波平「タラちゃんを残して・・・こんな時間に・・・」

波平「公園になんていないか・・・」

波平「お?ブランコに誰か乗っているぞ」

波平「サザエか・・・?」


699 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:36:07.67 ID:zKlVIC5r0

波平「なんだサザエじゃないか!」

波平「こんな時間に何考えているんだ」

波平「タラちゃんを残して・・・」

波平「帰るぞ」

波平「サザエ?帰るぞ」


700 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:36:49.10 ID:zKlVIC5r0

波平「返事をせんか」

波平「帰るといっておるだろう」

波平「こんなところで寝ているのか?」

波平「サザエ・・・?」

波平「サ、サザエ――――!!!!!」


701 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/27(木) 00:37:42.27 ID:SW7PjLvg0

!?


703 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 00:38:52.27 ID:H1pV12Hd0

おいィ!?


704 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/27(木) 00:39:30.49 ID:LLBKQW5S0

サザエェ・・・


814 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:44:43.72 ID:zKlVIC5r0

大変待たせて申し訳ない
保守ありがとう


ワカメの受難

ピーポーピーポー・・・

^―病院―

波平「サザエ・・・」

先生「睡眠薬を多量に摂取したようです」

波平「・・・・・・」

先生「命に別状はないようですが・・・」

波平「そうですか・・・」


815 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:45:24.54 ID:zKlVIC5r0

波平「サザエ・・・こんなに思い詰めておったか・・・」

波平「わしが・・・助けてあげられれば・・・」

波平「こんなことには・・・」

波平「わしは・・・なんて無力なんじゃ・・・」

波平「サザエ・・・ごめんな・・・」


816 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:46:05.24 ID:zKlVIC5r0

―翌朝、磯野家―

カツオ「あれ、姉さんと父さんは?」

フネ「ああ、ちょっとね・・・」

タラオ「ママが昨日出て行ったデース。おじいちゃんが追いかけで行ったデース」

ワカメ「えっ、そうなのお母さん?」

フネ「・・・・・・」

カツオ「まだ・・・帰ってきてないんだ・・・?」

フネ(お父さん・・・何があったのかしら・・・連絡もよこさないで・・・)


818 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:46:45.80 ID:zKlVIC5r0

フネ「とにかく学校に行きなさい」

カツオ「やだよ、行きたくないよ」

ワカメ「そうよ・・・心配だし・・・」

フネ「・・・大丈夫ですよ。きっと何か楽しいことをしていて帰ってこなかったんですよ」

カツオ「母さん・・・」


819 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:47:26.69 ID:zKlVIC5r0

フネ(何とか二人とも学校に行ってくれたわ・・・)

タラオ「・・・昨日ママにひどいこと言っちゃったデース」

フネ「タラちゃん?」

タラオ「大嫌いって・・・言ったデース」

フネ「タラちゃん、大丈夫。心配することはないよ」

フネ(サザエはそれで・・・)


820 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:48:07.35 ID:zKlVIC5r0

フネ「あら電話だね・・・」

フネ「もしもし、磯野です」

波平「母さんか!?」

フネ「お父さん!一体何があったんですか?」

波平「・・・と、とにかくサザエが大変な状況なんじゃ!早く病院に来てくれ!!!」

フネ「ええ!?」


822 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:48:48.04 ID:zKlVIC5r0

フネ「タラちゃんこれから出掛けるよ」

タラオ「どこへですか?」

フネ「・・・サザエに会いに行くんだよ。急いで準備をしておくれ」

タラオ「ママにですか?わかったデース」

フネ(サザエ・・・無事でいておくれ・・・)


824 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:49:28.90 ID:zKlVIC5r0

―病院―

フネ「サザエ!」

波平「母さん・・・やっときたか・・・」

フネ「一体何があったんですか?」

波平「昨日。公園でサザエを見つけて・・・」

波平「話し掛けても返事をせんから肩を揺らしたんだ」

波平「そうしたら・・・意識がなくて・・・ブランコから落ちて・・・」


825 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:50:09.98 ID:zKlVIC5r0

フネ「それで今・・・?」

波平「いや、その時はまだ大丈夫だったんだ」

波平「先生は命に別状はないと言っていらっしゃった」

波平「ところが今朝・・・サザエが目を覚まして・・・急に暴れだして・・・」

波平「わしらのこと・・・覚えていないみたいなんじゃ・・・」

フネ「何ですって?」


826 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:50:51.63 ID:zKlVIC5r0

波平「今は・・・何とか眠ってくれたよ・・・」

タラオ「ママー、ぼくデース」

フネ「タラちゃん、サザエは今眠っているからそっとしておいておくれ」

タラオ「・・・はーいデスー」

波平「昨日は心配させまいとして連絡しなかったんだが・・・」

フネ「そうですか・・・学校に電話して・・・カツオとワカメにも来てもらいますね」


829 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:55:23.23 ID:oKBdd7beP

―カツオのクラス―

先生「磯野ちょっと来てくれ。今お母さんから連絡があった・・・」

カツオ「母さんから?」

先生「何だか大事な用事みたいだ・・・今すぐ病院に行ってくれ」

カツオ(きっと姉さんだ!)

先生「どうした、磯野?」

カツオ「えっ、あっ、何でもないです。すぐ行きます」

先生「気をつけて行けよ」


830 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/27(木) 23:57:40.84 ID:oKBdd7beP

ワカメ「大事な用事って・・・きっとお姉ちゃんだわ」

ワカメ「急いで行かなくちゃ・・・」

ワカメ「何かすごいことが起こってしまっているのよ」

ワカメ「お姉ちゃん・・・お姉ちゃん・・・」

ワカメ「早く行かなくちゃ・・・」


831 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:00:04.62 ID:oxaDRJ5F0

イクラってどうなったんだっけ


832 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:00:49.97 ID:VKTSqEhJP

―病院―

カツオ「姉さーん」

フネ「カツオ・・・授業中なのに呼び出してしまってごめんね」

カツオ「いいんだよ。それより姉さんは?」

波平「今は眠っておる。ワカメは・・・?」

カツオ「あっ!」

フネ「一緒じゃなかったのかい?」

カツオ「急ぐことばかり考えていたから・・・」

フネ「カツオがもう来ているのに・・・遅いねえ・・・」


833 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:03:00.88 ID:VKTSqEhJP

ワカメ「早く・・・早く・・・」

甚六「ワカメちゃんじゃないか」

ワカメ「甚六さん」

甚六「どうしたんだい、学校は?」

ワカメ「大事な用事があって・・・早退してきたの・・・」

甚六「そうなのかい?」


837 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:05:34.57 ID:VKTSqEhJP

ワカメ「わたし早く病院に行かなくちゃいけないの」

甚六「病院に?車で送っていってあげようか?」

ワカメ「いいんですか?」

甚六「病院までは遠いし・・・何より急いでいるみたいだしね」

ワカメ「ありがとうございます」

甚六「お安い御用さ」


838 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:05:36.05 ID:S7mwrz9t0

ああ・・・・ワカメ・・・


839 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:06:08.87 ID:9c9gLce20

ワカメ「甚六さんありがとう。助かったわ」

甚六「いいんだよワカメちゃん」

ワカメ「走るのに疲れていたからよかったー」

甚六「そうだったんだ」

ワカメ「・・・?甚六さん・・・?」

甚六「どうしたんだい?」


840 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:06:49.46 ID:9c9gLce20

ワカメ「こっちは・・・病院とは違うけど・・・」

甚六「近道なんだ」

ワカメ「そ、そう・・・」

甚六「早く行かなきゃね」

ワカメ「うん」

甚六「ところでワカメちゃん、トイレは大丈夫かい?」


841 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:06:54.64 ID:TNLvShsf0

ワカメ逃げて!


844 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:07:30.35 ID:9c9gLce20

ワカメ「・・・行きたいわ」

甚六「さっきから行きたそうだったからさ」

ワカメ「・・・すみません、お願いします」

甚六「恥ずかしがらなくていいんだよ」

ワカメ「でも・・・」

甚六「あそこの公園で止めるよ」


846 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:08:11.02 ID:9c9gLce20

―公園―

ワカメ「ちょっといってきます」

甚六「ぼくも行きたかったんだよかったよ」

ワカメ「甚六さんも?」

甚六「・・・うん」

ワカメ「どうしましょう、女子トイレが壊れているみたい・・・」

甚六「男子用を使えばいいよ」

ワカメ「で、でも・・・」

甚六「大丈夫。誰も来ない・・・から」


847 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:08:51.76 ID:9c9gLce20

ワカメ「じゃあそっちで・・・えっ?」

甚六「ワカメちゃん・・・」

ワカメ「甚六さん・・・なんで入ってくるの?」

甚六「ワカメちゃん・・・ずっとこうしたかった・・・」

ワカメ「甚六さん怖い!」

甚六「ワカメかわいいよワカメ・・・」


848 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:09:32.63 ID:9c9gLce20

甚六「ワカメちゃんの体・・・そそるなあ・・・」

ワカメ「やめて・・・!」

甚六「やめないよ・・・」

ワカメ「甚六さんどうして・・・!?」

甚六「どうしてって・・・きみがいつもパンツを見せて歩くから・・・」


850 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:10:12.13 ID:gxrEXpSh0

これはワカメが悪いな


852 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:10:18.81 ID:9c9gLce20

ワカメ「こわいよ・・・甚六さん・・・」

甚六「胸・・・ぜんぜん膨らんでないんだな・・・」

ワカメ「いや・・・っ」

甚六「毛も・・・ツルツルだ・・・」

ワカメ「助けて―誰かー!」

甚六「誰も来ないよ・・・そのためにここを選んだんだから・・・」


853 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:11:11.92 ID:9c9gLce20

甚六「さあ咥えて・・・」

ワカメ「こわい・・・ッ」

甚六「ワカメちゃん・・・」

ワカメ「うっ・・・ふがっ・・・」

甚六「いいよ・・・すごく・・・」

ワカメ「・・・っ・・・ッ!」

甚六「気持ちいいな・・・」


854 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:11:52.62 ID:9c9gLce20

甚六「次はワカメちゃんの下の口に・・・」

ワカメ「いや・・・何するの・・・?!」

甚六「何って・・・とても素敵なことだよ」

ワカメ「素敵なこと・・・?」

甚六「そうさ。魅惑的で・・・神秘的で・・・美しいことだ・・・」


855 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:12:38.50 ID:9c9gLce20

ワカメ「痛い!!」

甚六「さすが・・・キツいな・・・」

ワカメ「やめて・・・痛いよ・・・!」

甚六「やめない・・・こんなに素晴らしいこと・・・」

ワカメ「痛・・・ッ」

甚六「その顔も・・・いい・・・」


857 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:16:04.60 ID:VKTSqEhJP

甚六「全部は入らないか・・・」

ワカメ「痛いよ・・・母さん助けてぇー」

甚六「助けになんて・・・来るはずない・・・はあはあ・・・」

ワカメ「甚六さん・・・怖い・・・」

甚六「怖くないよ・・・いずれはワカメちゃんにもわかるさ」

ワカメ「痛い・・・痛い・・・!」


861 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 00:18:38.43 ID:VKTSqEhJP

甚六「ああッ・・・イイ・・・気持ちいいよ・・・」

ワカメ「助け・・・て・・・」

甚六「ん・・・あ・・・やっぱりこうでなくちゃ・・・小学生は最高だ・・・」

ワカメ「母さ・・・ん・・・お姉ちゃ・・・ん・・・」

甚六「イク・・・」


902 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:38:50.76 ID:9c9gLce20

お待たせwww
保守ありがとう


「マスオさんは今」1

甚六「・・・はあ・・・はあ・・・」

ワカメ「・・・うっ ・・・ひっく・・・ひっく」

甚六「ワカメちゃん・・・このことは誰にも言っちゃダメだよ・・・」

ワカメ「絶対母さんに言うわ・・・」

甚六「そんなことしたら・・・どうなるか・・・な?」

ワカメ「・・・っ」

甚六「いいこだ・・・」


903 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:39:31.63 ID:9c9gLce20

―病院―

波平「いくら何でも遅すぎじゃないか?」

フネ「そうですね・・・学校に連絡してみますか?」

カツオ「あっ、あれはワカメじゃないか?」

ワカメ「・・・・・・」

波平「どうしたんだ?こんなに遅くなって・・・」

フネ「何かあったのかい?そのシミ・・・!」

ワカメ「母さん・・・」


904 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:40:12.96 ID:9c9gLce20

―その前―

甚六「いいかい、ワカメちゃん。道端で変なひとに襲われたって言うんだ」

ワカメ「・・・・・・」

甚六「そうしたらお父さんもお母さんも心配してくれるさ」

ワカメ「・・・・・・・・・」

甚六「ぼくがやったって言ったら承知しないからね?」

ワカメ「で、でも・・・」

甚六「・・・もう二度と家族会えなくなるよ?」

甚六「わかったね。・・・さて、途中まで送って行ってあげるよ」


905 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:40:53.95 ID:9c9gLce20

―病院―

ワカメ「わたし・・・へんなひとに・・・襲われて・・・」

波平「!!」

フネ「何てこと・・・!」

カツオ「・・・・・・」

波平「と、とにかく警察に・・・」

フネ「お父さん落ち着いてください・・・」

波平「何を言っておるんじゃ。ワカメがこんな目にあったというのに」


906 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:41:34.65 ID:9c9gLce20

フネ「今はワカメを安心させる方が先ですよ」

ワカメ「母さん・・・わたし・・・うっ・・・」

波平「ワカメ・・・すまんな・・・父さんが迎えに行っていれば・・・」

カツオ「ぼくが一緒に来なかったから・・・」

ワカメ「怖かった・・・母さん・・・誰も助けに来なかった・・・ひっく・・・」

フネ「ワカメ・・・!ごめんよ・・・」


907 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:42:15.55 ID:9c9gLce20

波平「・・・ワカメ・・・・・・」

ワカメ「もういや・・・助けて・・・怖いよ・・・」

フネ「ワカメ・・・母さんはここにいますからね、もう大丈夫ですよ」

ワカメ「母さん・・・怖い・・・痛かったよ・・・」

波平「ワカメ・・・」

ワカメ「もう・・・わたし・・・」

フネ「落ち着いて・・・ワカメ」


908 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:42:57.25 ID:9c9gLce20

波平「・・・サザエ?!」

フネ「た、大変!!」

波平「サザエが・・・呼吸をしていないぞ・・・」

フネ「サザエ・・・ッ」

カツオ「ナースコールだ!」

先生「どうされました?」


909 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:43:38.07 ID:9c9gLce20

先生「これは大変だ・・・今すぐ何とかしなければ」

波平「サザエは助かりますよね・・・?」

先生「今はなんとも・・・でも手は尽くします」

フネ「どうか・・・サザエを・・・」

看護士「お母さん、大丈夫ですよ・・・」

先生「急いで集中治療室へ・・・」


910 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:44:19.10 ID:9c9gLce20

―集中治療室の外―

波平「サザエ・・・」

ワカメ「わたし・・・怖い・・・どうして・・・」

フネ「ワカメ・・・ごめんよ・・・ごめんよ・・・」

カツオ「姉さんも・・・ワカメ・・・何でこんな目に・・・」

タラオ「・・・わーん」

波平「タラちゃん・・・みんな・・・すまんな・・・」


911 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:45:00.60 ID:9c9gLce20

波平(家族が・・・どんどん不幸になっていく)

波平(わしがみんなを守りきれんかったせいだ・・・)

波平(父親失格だ・・・)

波平(どうしてこんなことに・・・)

波平(もとはといえば・・・あれから全てが始まったんだ・・・)

波平(許せん・・・)


912 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:49:01.02 ID:VKTSqEhJP

―その頃―

マスオ「ああ、しあわせだなあ」

タイコ「わたしもです、マスオさん」

シジミ「すやすや」

マスオ「大好きなひとと、可愛い子どもと・・・まるで絵に描いたようだ」

タイコ「本当ですわ。このアパートも住みやすいですしね」

マスオ「花沢さんも黙っていると言ってくれたし、安心だね」


915 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:51:58.37 ID:VKTSqEhJP

タイコ「マスオさん・・・愛してますわ・・・」

マスオ「ぼくもだよ・・・きみがいれば・・・ぼくはそれでいい・・・」

タイコ「・・・ん・・・は・・・イク・・・」

マスオ「今日は何度でもイかかせるよ・・・」

タイコ「ああっ・・・マス・・・オ・・・さん・・・またイク・・・」

マスオ「タイコの体はあいかわらず敏感だね・・・」


916 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:55:08.24 ID:VKTSqEhJP

タイコ「頭が・・・真っ白に・・・なりますわ・・・」

マスオ「快感を素直に受け入れて・・・」

タイコ「気持ちよすぎて・・・怖いですわ・・・」

マスオ「怖がることはないよ・・・何度でも・・・イこう・・・」

タイコ「・・・ッ!・・・はあ・・・ん・・・あっ・・・あっ・・・」

マスオ「びしょびしょだ・・・」

タイコ「・・・イク・・・・・・」


917 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 14:57:40.22 ID:VKTSqEhJP

マスオ「誰だろう・・・こんな時に・・・」

タイコ「・・・ん・・・わたしが出ますわ・・・」

マスオ「急いで着替えなくちゃ」

タイコ「今出ますわー」

マスオ「早く帰ってもらって・・・続きをしなきゃね」

タイコ「ふふっ、楽しみですわ」


918 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:00:02.00 ID:VKTSqEhJP

タイコ「遅くなってしまってすみません・・・あっ・・・!」

マスオ「どうしたんだい、タイコ?」

タイコ「マスオさん・・・ちょっと・・・困ったことに・・・」

マスオ「誰が来たんだい?」

波平「・・・突然来てすまんかったな・・・・・・」


919 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:00:23.40 ID:9c9gLce20

マスオ「お、お父さん!」

波平「久しぶりだな、マスオくん」

タイコ「どうしたんですか、急に・・・」

波平「いろいろ・・・あってな・・・」

タイコ「おじさん・・・ま、まあ上がってください」

波平「長い話になりそうなんだ。お邪魔するよ」


920 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:01:04.75 ID:9c9gLce20

波平「今・・・うちは・・・ひどい状況なんじゃ・・・」

マスオ「そうなんですか・・・」

波平「まず・・・タイコさん知っておるか?ノリスケのこと・・・」

タイコ「何でしょう?特に聞いていませんが・・・」

波平「少女買春で・・・捕まったんだ・・・」

タイコ「えっ?ノリスケさんが・・・?」

波平「どうやら相手は・・・誰にも言っておらんが・・・カツオの同級生だったみたいなんだ」

タイコ「そんな・・・」


921 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:01:45.85 ID:9c9gLce20

波平「イクラちゃんは・・・うちで預かっていた・・・でもな・・・」

タイコ「イクラ・・・」

波平「今は事情があって裏のおじいさんの家で面倒を見てもらっているんだ・・・」

タイコ「そうなんですか・・・」

波平「イクラちゃんは・・・父親も母親もいなくなって寂しい思いをしておるだろう・・・」

タイコ「そうですよね・・・イクラ・・・」

波平「イクラちゃんは・・・元気にしておるよ・・・」


922 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:02:26.54 ID:9c9gLce20

波平「それからサザエのことだ」

波平「今・・・サザエは・・・危篤状態なんだ・・・」

マスオ「サザエが?」

波平「この前・・・夜に家を出て行って・・・睡眠薬を多量に摂取したようなんだ」

タイコ「サザエさん・・・」

波平「病院に運んだんだが・・・その時は大丈夫だったんだ」

マスオ「それなら・・・」

波平「次の朝目覚めると急に暴れだしてな・・・」


923 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:03:07.18 ID:9c9gLce20

波平「わしらの記憶が全くないようなんじゃ」

波平「何とか眠らせて・・・母さんを呼んだんだ」

波平「その後、学校に連絡してカツオとワカメにも来てもらったんだが・・・」

波平「ワカメが・・・ワカメが・・・」

マスオ「ワカメちゃんがどうかしたんですか?」

波平「カツオとワカメが・・・別々に来たんだ・・・カツオは先に到着して・・・」


924 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:03:48.45 ID:9c9gLce20

波平「ワカメがなかなか来んから心配しておった・・・」

波平「しばらくして・・・ワカメが・・・来たんだ・・・ひどいかっこうで・・・」

タイコ「ワカメちゃん・・・?」

波平「その道中・・・誰かに・・・乱暴されたんだ・・・」

マスオ「そんなひどいこと・・・!」

波平「ワカメは・・・取り乱していて・・・怖いとか痛いとか・・・ずっと繰り返しておる・・・」

タイコ「・・・ワカメちゃん・・・・・・・」


926 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:04:34.31 ID:9c9gLce20

波平「そのあとサザエが・・・」

波平「それまで容態は安定していたんだが・・・」

波平「急に心拍数が低下してな・・・」

波平「呼吸が停止してしまったんだ・・・」

波平「今は集中治療室で・・・」

マスオ「サザエ・・・」


927 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:05:15.12 ID:9c9gLce20

波平「わしがここに来たのは他でもない・・・」

波平「わしらを不幸にした・・・お前が・・・お前が・・・」

波平「憎いんじゃ・・・お前のせいで・・・ッ・・・」

タイコ「おじさん落ち着いてください!」

波平「タイコさん、あんたも・・・あんたも・・・」

マスオ「タイコは悪くありません!みんなぼくが・・・」


929 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:05:55.94 ID:9c9gLce20

波平「お前たちだけがぬくぬくと・・・しあわせになりやがって・・・」

波平「わしらは・・・絶望のどん底に・・・いるというのに・・・」

波平「全て・・・お前たちの・・・」

波平「お前たちが・・・裏切ったりしなければ・・・」

マスオ「お、お父さん・・・!」

タイコ「キャー!助けてー!!」


続く


931 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:09:33.10 ID:9c9gLce20

最終話「マスオさんは今」2

タイコ「おじさん・・・許して・・・」

波平「誰が許すか・・・!」

マスオ「タイコ・・・シジミを連れて逃げろ!!」

タイコ「あなたを置いて・・・逃げるなんて・・・」

マスオ「いいから早く逃げるんだ!!!!」


932 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:13:15.06 ID:VKTSqEhJP

タイコ「シジミ行くわよ・・・」

シジミ「アーンアーン」

タイコ「シジミ・・・お願い・・・暴れないで・・・」

タイコ「マスオさん・・・ごめんなさい・・・」

マスオ「ぼくに構わず・・・早く・・・ッ!」

波平「逃がすものか・・・!」


933 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:16:57.57 ID:VKTSqEhJP

タイコ「ギャ――!!」

マスオ「タイコ―――!!」

波平「捕まえたぞ」

タイコ「おじさん・・・やめて・・・」

波平「やめてだと・・・?よくそんなことが言えたものだな・・・」

タイコ「おじさん・・・もう・・・」

波平「わしらを・・・こんな状況に陥れておいて・・・よくも・・・」

マスオ「タイコ!!」

タイコ「マスオさん!」


935 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:19:54.88 ID:VKTSqEhJP

波平「よくも・・・揺るせん・・・」

マスオ「お父さん・・・!タイコは悪くないんです・・・!」

波平「お父さんと呼ぶな!」

マスオ「す、すみません・・・とにかくやめてください!!」

波平「やめるわけあるか・・・二人とも・・・わしらと同じ目にあわせてやる・・・」

タイコ「助けて・・・!」


936 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:22:52.39 ID:VKTSqEhJP

マスオ「ギャ―!」

波平「悪いなマスオくん・・・きみにはこうするしかない・・・」

タイコ「マスオさん・・・!」

波平「抵抗されると困るからな・・・なーに、手加減はしておいたぞ」

タイコ「おじさん・・・やめ・・・」

マスオ「タイ・・・コ・・・」


937 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:25:52.27 ID:VKTSqEhJP

タイコ「いや・・・いや・・・」

波平「マスオくん・・・どうだ?」

タイコ「助けて・・・助けて・・・」

波平「・・・悔しいだろう?」

タイコ「マスオさん・・・いや・・・」

波平「悔しくて悔しくて仕方がない、そうだろう?」

タイコ「助けて・・・マスオさん・・・」

波平「いい気味だ・・・」


941 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:29:30.26 ID:9c9gLce20

波平「どうだ、目の前で愛するひとを犯される気分は?」

マスオ「タイ・・・コ・・・」

波平「手足を縛られて・・・犯されるのをただ眺めることしかできない・・・」

タイコ「いや・・・やめて・・・」

波平「どんな気分だ、マスオくん?」

マスオ「くっ・・・!」

波平「タイコさん・・・なかなかいいな・・・」

マスオ「タイコ・・・」


942 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:30:19.06 ID:9c9gLce20

波平「無理やり犯されているというのに・・・びしょびしょじゃないか・・・」

タイコ「助けて・・・」

波平「まだ抵抗するか・・・おとなしくしてやるよ・・・」

タイコ「モゴ・・・ふが・・・」

波平「ああ・・・いいぞ・・・タイコさん・・・」

マスオ「タイコ・・・タイコ・・・!!」


943 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:31:00.40 ID:9c9gLce20

波平「ふはは・・・いいぞ・・・いいぞ・・・」

タイコ「・・・ゲホゴホ・・・・・・」

波平「悔しいだろう、マスオくん?」

タイコ「・・・ゲホ・・・モゴ・・・」

波平「そろそろ・・・挿入だ・・・」

タイコ「やめて・・・おじさん・・・」

波平「中に全部出してやるそ・・・嬉しいだろう?」


944 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:31:41.34 ID:9c9gLce20

タイコ「あっ・・・いや・・・助けて・・・」

波平「気持ちいいぞ・・・はあ・・・」

タイコ「おじさん・・・やめて・・・」

波平「セックスなんて久しぶりだからな・・・もうイキそうだ・・・」

タイコ「やめて・・・マスオさん・・・あっ・・・!」

波平「タイコさん・・・ああっ・・・受け止めろ・・・」


948 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:34:13.40 ID:9c9gLce20

波平「なかなかよかったぞ・・・タイコさん・・・」

タイコ「・・・うっ・・・うっ・・・」

波平「どうだった、マスオくん?」

マスオ「・・・・・・ッ」

波平「目の前でタイコさんを犯されて・・・でも助けることもできず・・・」

マスオ「なんて・・・ひどい・・・」

波平「ひどいだと?お前たちのしたことの方が・・・」

マスオ「なんてことを・・・」


>>944の後、>>945の前がこれだったwww


945 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:32:22.68 ID:9c9gLce20

波平「悔しいだろう?」

マスオ「・・・・・・」

波平「ふはは。その瞳・・・なんとも言えん・・・」

マスオ「・・・・・・」

波平「さて・・・」

タイコ「マスオ・・・さん・・・」

波平「マスオくん・・・次はきみの番だ」


946 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/28(金) 15:33:15.25 ID:FYKTVhOM0

アッー!!!


949 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:34:59.16 ID:9c9gLce20

マスオ「やめ・・・やめ・・・」

波平「嫌がるか・・・いいぞ・・・その反応・・・ますます・・・」

マスオ「お、お父さん・・・!」

波平「マスオくん・・・」

タイコ「いや・・・」

マスオ「ギャー!!」


950 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:35:17.14 ID:uXdmYBb20

まさかと思ってたのにやっぱりスレタイのセリフはマスオx波平なのかw


951 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:35:40.56 ID:9c9gLce20

波平「マスオくん・・・アナルセックスは初めてかね・・・」

マスオ「や・・・やめてください・・・」

波平「やめてと言われてやめるバカがどこにおる・・・」

マスオ「痛い!タイ・・・コ・・・」

波平「いいぞ・・・もっと叫べ・・・」

マスオ「・・・くっ!」

波平「ああ・・・」


953 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:36:39.25 ID:9c9gLce20

マスオ「何で・・・こんなこと・・・」

波平「復讐だ・・・」

マスオ「お父さん・・・こんなことするなんて・・・」

波平「わしらがあったことと比べれば・・・まだまだ軽い方じゃろ・・・」

マスオ「お父さん・・・あっ!」

波平「ああ・・・イキそうだ・・・」


954 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:37:21.34 ID:9c9gLce20

波平「・・・マスオくんも感じておるのか?」

マスオ「・・・・・・」

波平「タイコさん・・・マスオさんは・・・わしとのセックスで感じているらしいぞ・・・」

タイコ「マスオさん・・・」

マスオ「・・・・・・」

波平「ますます興奮するぞ・・・」


955 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:40:31.21 ID:VKTSqEhJP

マスオ「タイコ・・・」

タイコ「マスオさん・・・?」

波平「マスオくんも気持ちよくなりたいだろう?」

マスオ「・・・」

波平「わしのアナルに・・・挿入しなさい・・・」

タイコ「なんてこと・・・」

マスオ「タイコ・・・」


956 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:42:25.29 ID:VKTSqEhJP

波平「ほら・・・早く・・・」

タイコ「マスオさん・・・やめて・・・」

マスオ「タイコ・・・」

波平「ほら・・・」

マスオ「タイコ・・・ごめん!」

タイコ「・・・!マスオさん・・・!!」


957 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/28(金) 15:44:44.54 ID:o5m9L3ozO

波平ww


958 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:45:20.90 ID:VKTSqEhJP

マスオ「お父さん・・・気持ちいいです・・・」

波平「そうだろう?ああ・・・マスオくん・・・」

マスオ「あっ・・・うっ・・・」

波平「マスオくん・・・初めてにしては・・・うまいな・・・」

マスオ「お父さん・・・ぼく・・・」

波平「はあはあ・・・」

マスオ「もう・・・イキそうです・・・」

波平「出すんだ・・・中に・・・ッ!」


960 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:46:01.81 ID:RSxSUZ0UO

波平ハッスルしすぎだろ


961 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:46:33.53 ID:S4VAeT0Q0

これ読むと日曜日に楽しく見れなくなるな


962 : [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/28(金) 15:47:18.91 ID:ntWc7Xc2P

>>961
逆なのは俺だけだろうか?


963 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:48:00.94 ID:VKTSqEhJP

マスオ「イク・・・」

波平「マスオくん・・・あっ・・・あっ・・・」

マスオ「出る・・・出ちゃう・・・」

波平「・・・二人とも・・・よかったよ」

マスオ「はい・・・今度は3Pしましょう・・・!」

タイコ「おじさん・・・またお願いしますね」



THE END


964 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:48:31.05 ID:S3x7ckC90

おわ・・・った・・・


965 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:49:14.07 ID:YIfpLX1c0

>>1
面白かった


968 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:49:59.05 ID:9c9gLce20

長い間お付き合いありがとうございました
まだ残ってるって何回言われたらわかんないけどwww

クソSSに保守支援ありがとうございました


969 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/28(金) 15:50:48.21 ID:RSxSUZ0UO

波平「次は新しくできたラブホに行こうか」


970 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:50:57.40 ID:3ytYoLe50

波平以外誰も救われねぇwww
カオリちゃんとかどうなったんだよww


971 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:51:14.97 ID:qJrMlQ0l0

1乙~





973 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/28(金) 15:51:51.35 ID:HwGsJew9P


面白かった
いま思ったんだがカツオはカオリと結婚だよな
磯のかおりだし


974 : [―{}@{}@{}-] 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/28(金) 15:52:04.78 ID:ntWc7Xc2P

男女男
の3Pは理解できるが

女男男
の3Pは理解に苦しむ・・・


976 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:55:47.36 ID:S4VAeT0Q0

なみへい→一人楽しむ
フネ→絶望
サザエ→病院でやばい
カツオ→カオリいなくなる、色々気苦労が・・・
ワカメ→レイプされてショック
タラオ→色々ショック
ノリスケ→刑務所
マスオ→目覚める
タイコ→マスオと最高
イクラ→裏のじじいと一緒
シジミ→バーブー
カオリ→転向
甚六→サイコー
いささか妻→井戸端会議で盛り上がる
サブ→DVに目覚めた

凄い展開だなwwwwwwwwwwwwww
>>1面白かったぞぉぉぉぉぉぉぉっぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉ


979 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 15:59:03.54 ID:9c9gLce20

みんな本当にありがとう
>>1000までに間に合ってよかった
またSS書くのでその時はよろしくね


981 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 16:00:16.38 ID:bqraumux0

今度はうきえさん出してね


982 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 16:01:05.74 ID:3ytYoLe50

とりあえず、甚六を逮捕してくれ


983 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 16:02:54.11 ID:S4VAeT0Q0

甚六がリカちゃんをレイプっていうのもありなんじゃないか?


986 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/05/28(金) 16:04:58.35 ID:o5m9L3ozO

1乙、楽しかった

>>983
リカに磯野家のゴタゴタを吹き込んだのは甚六じゃないか?

つまり、すでに…ゴクリ


987 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 16:05:07.00 ID:9c9gLce20

>>981
>>982
>>983
次回作に乞うご期待!!


989 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 16:06:35.56 ID:3ytYoLe50

>>987
期待してる


1000 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/05/28(金) 16:22:47.79 ID:BBoujK1L0

1000ならアニメ化



元スレ:http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1274686830/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP