PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 18:01:15.59 ID:kTgNE4LXO

杏「それで、あの後プロデューサーとはどうなったの?」

イヴ「あ、それ私も聞きたいです~」

ブリッツェン「ブモッフ」

泰葉「あの後は、プラネタリウムを見て、予約してくださっていたレストランで食事をしました」

杏「へー。レストラン予約なんてなかなかやるじゃん」

イヴ「ロマンチックですね~」


4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 18:10:08.68 ID:kTgNE4LXO

杏「それで?その後は?」

泰葉「はい。それからPさんが車で家まで送ってくれて…」

杏「え?それだけ?」

泰葉「はい。あ、たくさんお話は出来ましたよ?」

杏「……はぁ。やっぱりプロデューサーはプロデューサーだったか」チラッ

イヴ「それにしても、よく寝てますよね~」

杏「休日だからって油断しすぎでしょ」

泰葉「普段頑張ってますから、たまにはゆっくりさせてあげましょう?」

杏「んー。って言っても、暇なんだよね…」

泰葉「今のうちにお素麺でも茹でましょうか」

イヴ「あ、良いですね~」

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 18:22:53.63 ID:kTgNE4LXO

イヴ「泰葉さん、お湯沸きましたよ~」

泰葉「あ、じゃあ、どばーっと入れちゃって下さい」トントン

イヴ「は~い」


杏「うーん。杏だけ余計暇になった……。あ。ブリッツェンブリッツェン」

ブリッツェン「ブモッ!ブモッ!」イヤイヤ

杏「なんだよー。まだ何も言ってないじゃーん!」

杏「うむー…」チラッ

杏「あっ!」ティン

杏「泰葉ー。ちょっと良い?」

泰葉「はい。何ですか?」

杏「くっくっくっ」

泰葉「?」

6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 18:45:21.10 ID:kTgNE4LXO

P「zzz…」

P「zzz…」

P「………んむ…」パチッ

泰葉「あ、起きましたか?」

P「…………?………やすは?」ボー

泰葉「おはようございます、あなた」

P「おはよー…………え?泰葉ぁ!?」

泰葉「はい。ふふっ。あなたの泰葉ですよ」


杏「お、起きたみたいだね」

イヴ「朝から元気ですね~。…もう良いかな~?」

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 19:00:29.44 ID:kTgNE4LXO

P「え?なんで?ねぇ、なんで泰葉?」

泰葉「ふふふ」

P「いや、ふふふじゃなくて、ねぇ、ねぇ」

泰葉「……覚えてないんですか?」

P「えっ?まさか……え?いや、でも昨夜は確か…」

杏「プロデューサー起きたー?」

P「……は?」

イヴ「おそうめん茹で上がりましたよ~」

P「……そうめん?」

泰葉「あ、出来たみたいですよPさん。行きましょうか」

P「…………なんだこれ」

杏「プロデューサーはやくー」

10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 20:05:29.17 ID:kTgNE4LXO

P「状況を、整理させてください」

泰葉「あ、Pさん寝癖ついてますよ」チョン

P「うん。後で直す」

杏「そうめんはー?」

P「話を聞けよ!」

イヴ「これ、なんて読むんですかぁ?」

P「希釈。水で三倍に薄めて使う」

イヴ「あ、じゃあお水がいりますね」

P「じゃなくてー!お前らなんで俺んちにいるんだよ!」

泰葉「遊びに来ました」

P「鍵は!?」

イヴ「サンタクロースの必須技能です~」

P「は!ん!ざ!い!」

杏「細かいこと気にしてたら禿げるよ?」

P「禿げてねえよ!」

泰葉「私は気にし…ません」

P「何で一瞬どもったの!?」

P「はぁ。もう良いや。顔洗ってくる…」

11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 20:12:30.38 ID:kTgNE4LXO

泰葉「おまたせいたしましてー」

イヴ「薬味も色々ありますよ~」

杏「待ってました!」

P「それにしても素麺かー…」

杏「どうしたん?」

泰葉「お素麺嫌いでしたか?」

P「いや、好きだけど。出してる俺が言うのも何だけど、コタツで素麺て…」

杏「由緒正しい日本の夏の光景じゃん」

イヴ「何かおかしいんですか?」

泰葉「何もおかしくないですよね」

P「ウン。ソウデスネー」

杏「まあ、あの後しまわなかったのは褒めてつかわそう」

泰葉「Pさんえらいえらい」ナデナデ

P「はいはい」

13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 20:41:53.46 ID:kTgNE4LXO

P「………」ズルズル

泰葉「………」ズルズル

杏「………」ズルズル

イヴ「………」ズルズル

P「久しぶりに食べたら美味いな」ズルズル

イヴ「私すっかりはまっちゃってます~」ズルズル

泰葉「暑くてもつるんといけますからね」ズルズル

杏「夏場はこればっかりになるよねー」ズルズル

P「いや、栄養偏るからちゃんとしたのも食べろよ」ズルズル

杏「ほぼ毎食インスタントのプロデューサーに言われてもねー」ズルズル

P「俺はいいんだよ。成長期終わってるんだから」ズルズル

泰葉「Pさんさえ良ければいつでも作りに来ますよ?」ズルズル

14 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 20:55:06.32 ID:kTgNE4LXO

杏「ぷあー!食べた食べた」ポンポン

P「こら、はしたない」

杏「えー?良いじゃん。今更」

P「はあ…。それにしても、意外となくなるもんだな」

泰葉「よければおかわりありますよ?お茶どうぞ」

P「ありがと。いや、もう無理」

イヴ「じゃあ、戸棚にしまって置きますね~」

P「え?なにその量!?」

泰葉「一夏分ですよ?」

杏「いちいち持ってくるの面倒だからね」

P「え?また来るつもり?」

泰葉「はい」ニコッ

P「うっわ。超良い笑顔…」

17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 23:01:09.30 ID:kTgNE4LXO

P「それで、なんでウチに来たの?まさか本当に暇だからとか言わないよな?」

杏「え?そうだよ?」

P「は?」

泰葉「一日一回はPさんに会いたいですし」

P「お、おう」

イヴ「ご飯食べに来ました~」

P「はぁ…。相変わらずマイペースだな」

杏「うん。それでこの後やる事ないんだけど何かない?」

P「俺は仕事がしたいかな…。次のイベントの予定とか」

杏「流石社畜」

泰葉「ですが却下です」

P「え?なんで?」

泰葉「休日とは休む日だとPさんに教わりましたから」

P「うぐっ…」

18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 23:09:21.61 ID:kTgNE4LXO

杏「プロデューサーそんな事言ってたんだねー。杏には働け働けうるさいのに」

P「言ったような言ってないような…」

泰葉「と言う訳で今日はお仕事禁止です」

P「んー。じゃあどうするん?ライブ映像でも見る?」

杏「は?」

P「ちっちゃいのから大っきいのまでウチのアイドルのなら一通り揃ってるぞ?」

杏「却下で」

イヴ「別の事で~」

P「えー?うーん…」

泰葉「あ、PさんPさん」

P「ん?」

泰葉「プール行きたいです!」ハイ

19 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 23:17:45.65 ID:kTgNE4LXO

P「プール?」

泰葉「もしくは海に。今年はまだ行けてないので」

イヴ「良いですね~。私も泳ぎたいです~」

ブリッツェン「ブモー」

杏「いや、ブリッツェンは無理でしょ」

ブリッツェン「ブモッ!?」

P「ってもお前ら行ったら間違いなくパニックになるしなー」

泰葉「ダメですか?」ウワメヅカイ

P「うむっ。うーん…」

杏「あ。しおみープールは?」

P「いや、あれ一人用だし。しかも多分子供用の」

20 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/20 23:24:28.25 ID:kTgNE4LXO

P「うーん。ダメ元で当たってみるか…」

杏「アテがあるん?」

P「ちょっと待ってな……ケータイ取り出しポパピプペーっと」ピッピッ

泰葉「デート、してくれますか…?」

P「はいはい。………あ、桃華?今いい?」

泰葉「流されました…」

イヴ「よしよし」ナデナデ

P「うん。うん。…え?あるの?大丈夫?おう。うん。サンキュー………」ピッ

杏「桃華ちゃん?」

P「櫻井家のプライベートビーチが開放されました」

泰葉「おおー」パチパチ

イヴ「やりました~」パチパチ

杏「プライベートビーチて…」

26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/22 01:10:31.32 ID:nKwLk8pDO

杏「櫻井家はもう何でもあるよね」

P「俺もビックリ」

イヴ「ブリッツェンも大丈夫ですかぁ?」

P「うん。問題ないって」

ブリッツェン「ブモ~♪」

泰葉「ふふっ。良かったですね」

P「それはそれとして、水着あるの?」

杏「杏は田舎で使ったのがあるよ」

イヴ「貝と昆布があれば~」

P「やめなさい」

泰葉「私も今年は買ってないですし、イヴさん。一緒に買いに行きましょうか」

イヴ「は~い」

P「じゃあ買いに行く?」

杏「あ、杏んちにも寄ってねん」

P「はいはい」

27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/22 01:16:09.37 ID:nKwLk8pDO

P「ほい、到着。じゃあ行っておいで」

泰葉「え?Pさんも行くんですよ?」

P「はい?」

杏「やっぱ男の意見が重要だよねー」

P「マジで」

泰葉「Pさんはどんな水着が良いですか?」

P「何でも良いよ」

杏「じゃあスク水にしよう」

P「なんでそうなる…」

イヴ「よく分からないので選んでください」

P「俺だって知らんよ」

杏「仮にもプロデューサーでしょ」

P「今日はお休みらしいからさー」

杏「なにこいつ…」

28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/22 01:27:29.42 ID:nKwLk8pDO

泰葉「あ、これ可愛いです」

イヴ「私はこれが良いですね~」

泰葉「うーん。迷います…」

イヴ「とりあえず着てみますか~?」

泰葉「そうですね…」


P「結局放置されてるし…」

杏「ま、そんなもんだって」

P「杏はいいのか?」

杏「だから田舎のがあるし。それに、こんな店でプロデューサー一人で待てる?」

P「………無理」

杏「でしょ?」


泰葉「PさんPさん!」

杏「ほら、呼ばれてるよ」

P「はいはい」

29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/22 01:41:22.89 ID:nKwLk8pDO

泰葉「こっちとこっち、どっちが良いですか?」

P「両方却下」

泰葉「えっ!?」

P「んな細いの駄目に決まってんだろ!」

泰葉「でもせっかくですし…」

杏「どうせプライベートビーチなら誰も見ないからいいんじゃない?」

P「そういう問題じゃなくて」

泰葉「Pさんになら構いませんよ?」

P「俺が構うの!もうちょっと普通のにしなさい………イヴも」

イヴ「えっ?」

杏「またしても貝殻水着…」

30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/08/22 01:51:54.61 ID:nKwLk8pDO

泰葉「普通に普通のビキニになりました」

イヴ「なりました~」

P「それで十分。誰だよ。泰葉にいらん情報与えたの…」

杏「本命・周子、対抗・フレデリカ」

P「どっちもありえそうだな…」

杏「大穴・杏」

P「お前か!」

杏「プロデューサー色仕掛けに弱そうだし」

P「いやいやいや」

泰葉「せくすぃー水着で悩殺する予定だったんですが…」

P「しなくてよろしい」

杏「しなくても泰葉にメロメロだって」

泰葉「まぁ!」

P「…………」

31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/22 01:58:49.35 ID:nKwLk8pDO

泰葉「あと、買っておくものはありますか?」

P「いや、食事は用意してくれるみたいだし、特には…。手土産くらいは欲しいけど…」

杏「手土産ねー…」

泰葉「……あ、Pさんあれは?」

P「ん?お。良いな買っていくか」

32 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/22 02:07:33.23 ID:nKwLk8pDO

櫻井さんちのプライベートビーチ

桃華「お待ちしておりましたわ」

P「悪いな、急に」

桃華「いえいえ。他ならぬPちゃまの頼みですもの。皆さんようこそおいでくださいましたわ」

泰葉「桃華ちゃんありがとう」

杏「お世話になるよ」

イヴ「あの~、本当にブリッツェンも大丈夫ですかぁ?」

桃華「ええ。もちろんですわ」

イヴ「だって。良かったね、ブリッツェン♪」

ブリッツェン「ブモモン!」

34 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/23 02:21:19.85 ID:7ozX9ueeO

桃華「あ、それとですね」

P「ん?」

「せんせぇーー!やすはちゃーーーん!」

泰葉「?…あ!」

薫「どーーん!」

泰葉「ぎゅー」

P「ああ、薫も呼んだのか」

薫「せんせぇ、おはようございまー!」

P「はい。おはよう」

桃華「ええ。丁度事務所にいましたので、折角ですもの」

薫「やすはちゃん、うみだよー!」

泰葉「うん。海だね」

桃華「あと二人……あら?薫ちゃん他の方達は?」

薫「あっちにいるよー」

P「あっち?」

35 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/23 02:32:33.13 ID:7ozX9ueeO

乃々「なんでもりくぼはここに居るんでしょう…暑いんですけど。帰りたいんですけど…」

輝子「ふひひ。と、友達と海……リア充の証…」

P「あ、あいつらも呼んだのか」

桃華「ええ。机の下で暇そうにしてらっしゃったので」

杏「うーん。海でも平常運転だねー」

桃華「ちひろさんもお誘いしたのですがお忙しいみたいで…」

杏「今頃事務所で水着着てたりして」フヒヒ

P「あはは。幾らなんでもそれは…」

桃華「とても、悔しがっておりましたわ」

P「…………ないよな?」

36 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/23 02:44:26.07 ID:7ozX9ueeO

泰葉「お待たせしました…」

杏「さー。泳がないぞー」

P「なんだそれ」

泰葉「Pさん、どうですか?」

P「うん。似合ってるよ?」

泰葉「私としてはもう少しこの辺りに欲しいのですが…」ムニ

P「………おう」

杏「相変わらず分かりやすいねプロデューサー」

P「うるさい」

薫「やすはちゃん、いこー!」グイグイ

泰葉「あ、うん。じゃあPさん行ってきます」

P「ん。あんま沖に行くなよ」

泰葉「はい。薫ちゃん待ってー」

杏「じゃあ杏は乃々ちゃん達の方に…」

37 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/23 02:55:29.10 ID:7ozX9ueeO

乃々「…………青いんですけど。眩しいんですけど」

輝子「の、乃々ちゃんは、泳がないの、か?」

乃々「もりくぼは日向に出たら死んでしまうので…」

P「なんだそれ?」

輝子「お、や、やあ親友…」

乃々「プロデューサーさん。もりくぼをお家に帰してください」

P「むぅーりぃー」

杏「うっわ。似てない」

P「………コホン。二人も泳ぎに行けば?折角なんだし」

杏「代わりに杏がここでだらけとくから」

輝子「ど、どうする…?」

乃々「むぅーりぃー」

38 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/24 00:57:01.98 ID:tEeDkfWaO

薫「つめたくてきもちいーね!」

泰葉「うん。そうだね」

桃華「いきなりPちゃまからお電話があった時は何かと思いましたが…」

泰葉「急にごめんね?」

桃華「うふふ。わたくしも丁度退屈していましたし、むしろ有り難かったですわ」

薫「かおるも!やすはちゃんとせんせぇとあそべてうれしーよ!」

泰葉「うん。私も嬉しいよ」ギュー

薫「えへへー」ギュー

泰葉「桃華ちゃんも、ぎゅー」ギュー

桃華「えっ?」

薫「ぎゅー!」ギュー

桃華「///」ギュー

39 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/24 01:06:05.00 ID:tEeDkfWaO

杏「なにあれ?超ほのぼの空間が広がってるんだけど」

P「ほら、二人も混ざってこいよ」

乃々「あんな所に行ったら溶けてしまいます」

輝子「わ、私も、まだ修行が足りない」

P「全くこいつらは……あれ?そういやイヴとブリッツェンは?」

杏「あー。着替えてからこっち見ないね。そう言えば」


「獲ったど~!」

「ブモッフー!」


P「………は?」

杏「あー……」

40 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/24 01:13:43.40 ID:tEeDkfWaO

イヴ「あ、Pさん。見てください~。大漁ですよ~♪」

P「お、すげえ…じゃなくて」

イヴ「?」

P「勝手に獲っても良いのか?」

イヴ「桃華さんには許可いただきましたよ?」

P「あ、そうなんだ。じゃあ良いのか」

イヴ「は~い。そういう訳で、また潜ってきますね~」

ブリッツェン「ブモー」

P「……気をつけろよー!」

杏「これは、しばらく貝三昧になるね」

P「ウニとかアワビまであるぞ、おい」

杏「これが櫻井家のプライベートビーチ…」ジュルリ

42 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/24 01:30:38.93 ID:tEeDkfWaO

泰葉「はぁ。疲れました」

桃華「少し休憩しましょうか」

薫「かおるはまだだいじょうぶだよー?」

P「まだ時間はあるから少し休もうな。あと水分補給と。はい」

薫「はーい!ありがとうございまー!」

桃華「……あら?この貝は…イヴさんですの?」

P「うん。さっき持ってきてまた潜りに行った」

泰葉「お吸物にバター焼き、この辺は生でちゅるっと…」

杏「海だしBBQとかも良いかも」

泰葉「あ、良いですね。ふふっ。楽しみです」

桃華「ふむ…」

43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/24 01:45:19.76 ID:tEeDkfWaO

薫「せんせぇ、もういいー?」

P「ん?そうだな……あ」

薫「?」

P「乃々と輝子も遊びたいらしいから、今度はこの二人と行っておいで」

乃々「えっ?」

輝子「ふひぃ!?」

薫「はーい!」ガシッ

乃々「あ、あの、もりくぼは結構ですから…」

薫「いってきまー!」グイー!

乃々「むぅーりぃぃぃぃ」ズルズル

輝子「ヒャッハーーー!ゴートゥーシーーーー!!!」ズルズル

桃華「少々心配ですからわたくしも行きますわね」

P「ん。よろしく」ヒラヒラ

45 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/26 14:05:25.14 ID:m4XRfTiwO

P「やっと静かになった」

杏「元から口数は少なかったけどね」

泰葉「Pさんは泳がないんですか?」

P「杏が行くなら行こう」

杏「行かない」

P「即答かよ。ま、俺までハメ外したら危ないからな」

泰葉「残念です。Pさんと海辺でキャッキャウフフがしたかったのですが…」

P「キャッキャウフフ?」

杏「ああ。追いかけて、逃げるふりをするあれ?」

泰葉「はい。マーメイドになるあれです」

P「絶対無理!」

泰葉「なんと!」ガーン

46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/26 14:18:58.31 ID:m4XRfTiwO

イヴ「ただいまです~」

P「おっ。…また大漁だな」

イヴ「はい~。お魚やエビなんかもゲットしました~」

泰葉「鮮度抜群ですね」

杏「いやぁ。みくにゃんが居ないのが悔やまれるね」

P「まったくだ」

杏「あれ?ねぇ、イヴ。ブリッツェンは?」

イヴ「薫ちゃん達と遊んでます~。私は休憩です」


薫「ぶりっちぇんはやーい!」キャッキャッ

ブリッツェン「ブモモモモモモ♪」

乃々「むぅぅりぃぃぃぃ!」


泰葉「楽しそうですね」

P「ブリッツェン速くない?」

杏「あれ犬かき?…トナカイかき?」

49 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 14:26:15.71 ID:yx17LfUVO

乃々「ぷ、プロデューサーさん、助けてください…」

P「ん?」

乃々「もりくぼはもう体力の限界です…」

P「そうか。トレーナーさんに体力アップのレッスン増やすように言っといてやるよ」

乃々「ここに鬼がいるんですけど…」

杏「まあ、確かに少し疲れたかな」

P「お前は何かしたか?」

杏「外出してる!」

P「…………そうですか」

泰葉「そろそろ終わりにしますか?」

P「ま、いい時間だしな。おーい!」

50 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 14:44:39.85 ID:yx17LfUVO

薫「せんせぇ、どうしたのー?」

P「うん。肌寒くなってきたし、そろそろ終わりにしようか。腹も減っただろ?」

薫「はーい!おなかすきましたー!」

桃華「あ、因みに別荘の方でBBQの準備をさせておりますわよ」

P「いつの間に…」

イヴ「BBQ!おにく!」

泰葉「イヴさんの魚介類もありますし、楽しみですね」

輝子「き、キノコはあるか…?」

桃華「どうでしょう…?用意させますわね」

輝子「お、おう」フヒヒ

乃々「あの、もりくぼは結構ですので帰らせてください…」

P「BBQ楽しみだな、乃々!」

乃々「やっぱりですか。そうですか…」

51 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 15:23:32.83 ID:yx17LfUVO

輝子「イヤッハーーー!ファイヤーー!キノコ!パーティーーー!」

P「輝子うるさい」

輝子「あ、はい。スイマセン」

杏「にくにくえびにくかいにくにく」モグモグ

P「野菜も食えよ」

泰葉「食べてますよ?」モグモグ

P「泰葉は肉食え」

イヴ「おにくー!」モグモグ

P「イヴは……いいや」

薫「みんなでごはん、おいしーね!」 

桃華「ええ。こういうのも楽しいですわね」

乃々「もりくぼは果して帰れるんでしょうか……いえ、美味しいですけど」

52 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 15:33:02.42 ID:yx17LfUVO

P「はぁ。食いすぎたかな…」

泰葉「ふふっ。イヴさんの獲ってきた魚貝類美味しかったですしね」

杏「肉も良いもの使ってた」

イヴ「いっぱいお肉食べられました・」

杏「あー…帰りたくない」

P「ああ、確かに」

桃華「うふふ。そう言うだろうと思いまして、部屋を用意しておきましたわ」

P「え?マジで?」

桃華「はい。あ、勿論皆さんのお家にはご連絡済ですわ」

杏「手際良いなぁ」

乃々「帰れないのが確定しました…」

53 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 15:43:52.58 ID:tDuk2InKO

薫「みんなでおとまり?」

泰葉「うん。枕投げしようね」フフ

薫「わーい!」

輝子「ふひひ。た、楽しみ…」

乃々「……もりくぼはそろそろ限界なんですけど…」

桃華「因みに、温泉もありますわよ」

イヴ「温泉!」

桃華「ど、どうなさいました?」

イヴ「温泉どこですか・?」

桃華「あっち、ですわ」ユビサシ

イヴ「行くよ!ブリッツェン!」

ブリッツェン「ブモー!」

杏「イヴのダッシュとかはじめて見た…」

P「俺も…」

54 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 15:49:24.06 ID:tDuk2InKO

桃華「イヴさん、温泉好きだったんですの?」

P「うん。放っておいたらずっと入ってる」

杏「しばらくしたら回収しないと…」

P「よろしく」

泰葉「それでは、私達も入りに行きましょうか」

薫「おふろ?」

泰葉「うん。お風呂」

P「しっかり髪洗うんだぞ?海に入ったんだから」

薫「はーい!」

泰葉「Pさんも一緒に入りますか?」フフッ

P「え?」

薫「せんせぇもいっしょ?」

P「無茶言わんでくれ…」

泰葉「えー?」

薫「えー?」

55 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 16:08:59.62 ID:tDuk2InKO

泰葉「あ……こちらにいらしたんですね」

P「ん?……ああ泰葉か。星が綺麗でな」

泰葉「本当に。降ってきそうな程に」

P「な」

泰葉「ふふっ。でも、びっくりですね」

P「なにが?」

泰葉「今朝はPさんの部屋でコタツで素麺食べてたのに、今はこうしてるなんて…」

P「確かに、色々と濃い一日ではあったな」ハハッ

泰葉「楽しかったですよ?」

P「うん。夏の良い思い出になった」

泰葉「はい。Pさんに会ってから、毎日が楽しくて…。昔の私が見ても、きっと信じないでしょうね」

P「……良い事だよ」

泰葉「はい。…………ねえ、Pさん」

P「ん?」

56 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 16:09:41.84 ID:tDuk2InKO


泰葉「月が綺麗ですね」

57 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 16:11:15.30 ID:tDuk2InKO

P「えっ?」

泰葉「………………」

P「………………」

泰葉「………………」

P「………そうだな」

P「月が綺麗だな」

泰葉「はいっ!」エヘヘ

58 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 16:16:00.70 ID:tDuk2InKO

杏「ま、こんなもんかな」コソコソ

桃華「お二人ってそう言う関係でしたのね」コソコソ

杏「ま、プロデューサーがヘタレなせいで今のが精一杯なんだろうけどねー」コソコソ

桃華「なるほど」コソコソ

杏「さって。そろそろイヴ回収して寝ようかな」

桃華「ですわね」


おわり

59 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/08/27 16:17:35.26 ID:tDuk2InKO

以上。読んでくださった方ありがとうございました
気付いたら完全にコタツさんが空気になってました。反省
あと無駄に人が増えてきた感もあったり…
ところで、そろそろ泰葉の再登場はないんですかねぇ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408525275/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP