PickUp
スポンサード リンク
1 : か ◆aDRXZRX9R2 [] 2017/03/31 23:54:05.50 ID:tPW40vYe0.net

ヴィーネ「大丈夫? 確か絆創膏があったはずだけど」ガサゴソ

ガヴリール「いやいや大丈夫だって」

ガヴリール「こんなの舐めれば治る治る」パク

ヴィーネ「そう? ならいいけど」

サターニャ「え? ケガって舐めたら治るの!? 凄い! 私もやりたい!」

関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 2017/03/31 22:33:20.61 ID:y3mrt7ck0.net

ヴィーネ「♪ガヴリールが1人、ガヴリールが2人……むにゃむにゃ……」

???(とてとて)

ヴィーネ(…………だれか……いる?)

???(ガバァ)

ヴィーネ(だ、誰かが私の上に乗って!?……この感じ、ガヴリール?)

ガヴリール?(すりすり)

ヴィーネ(ちゅ、注意しなくちゃ……)

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/03/27 22:55:21.73 ID:Pv/T8vBC0











ガヴリール「────」

サターニャ「……………え?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/03/23 02:52:20.01 ID:4w97umof0


ゲーム仲間A『あー、俺もハーレムラノベ主人公みたいな生活送りてぇなー』

ゲーム仲間B『ちょwwAさんwwww願望ダダ漏れかよwwww』

ガヴリール『ハーレムラノベ主人公?』

ゲーム仲間A『そういえばガヴさんって、アニメとかそっち系はあんま知らないんでしたっけ』

ゲーム仲間B『えwwそうなんすかwwww』

ガヴリール『ああ、私はゲーム専門だ』

ゲーム仲間A『ハーレムラノベっていうのは、複数人のヒロインが主人公に惚れてるって設定のラノベ……小説のことです』

ゲーム仲間B『そりゃもうww不自然なくらいにwwww』

ガヴリール『ほう、そうなのか』

ゲーム仲間A『つまりハーレムラノベ主人公っていうのは、美少女に囲まれ言い寄られる裏山しくも妬ましいヤツのことですね』

ガヴリール『なるほど。だが別に羨ましくはないな、私もリアじゃ美少女に囲まれてるし』

ゲーム仲間B『出たwwJK設定wwww』

ガヴリール『設定言うな』

ゲーム仲間A『まぁガヴさんJK説は置いといて、やっぱ自分に好意を持ってくれる女の子囲まれるってのは憧れですよ』

ガヴリール『へぇ。例えばどんなだ』

ゲーム仲間A『まず外せないのは、主人公を甲斐甲斐しく世話する娘ですね。ぐーたらな主人公に文句を言いながらも、炊事洗濯掃除etc……家事の多くをしてくれるんですよ』

ガヴ「ヴィーネみたいだな……」

ガヴリール『物好きなヤツだな』

ゲーム仲間B『二次では軽率に変態やヤンデレにされるしたまに原作でもそうなるけどwwwwそのレベルの深い愛が無いと甲斐甲斐しく世話を焼くなんて出来ないwwwwww』


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/03/31 23:04:34.02 ID:GXJGIoln0

安部菜々「藍子ちゃんに動物キャラの座を奪われるううううううううううううう!!!!!」

高森藍子「ひゃああああああああああああ!?」

北条加蓮「……動物キャラの座?」


※ほぼ単発


関連記事
2 : ◆v.dj1DxwXc[saga] 2017/03/31 22:20:33.58 ID:PHZgsmfs0


 「ここでオレは今日、担当アイドルの一人、上条春菜の実家へ向かっている。
 高速を下りてしばらく走ってからは助手席に座る春菜がナビをしてくれている。

 「Pさん、そこを左です。」
 左折する時にちらっと見えた春菜は懐かしむような表情をしていた。
 
 

 「桜がきれいに咲いていますね!」
 「ああ、天気もよくてあったかい。もうすっかり春だな。」
 
 閑静な住宅街にあるパーキングエリアに車を停めて話ながら春菜の家を目指す。ときどき野良猫とすれ違うと、春菜は手を振って挨拶をしている。
 
 「上条家へようこそ!」
 オレを先導する春菜が一軒家の門を開け、そう叫びながらドアを開けようとしたが鍵が閉まっていたようで、勢いが止まった。
 春菜が苦笑いしていると、解除音がしてドアが開いた。
 
 出てきたのは春菜の母親だ。明るい笑顔で出迎えてくれた。
 
 「遠いところからありがとうございます。さぁさぁ、中へどうぞ。」


関連記事
1 : ◆ULuwYLs/ds[saga] 2017/03/31 18:43:21.00 ID:rtm5qR+ho


アイドルマスターシンデレラガールズ。藤原肇のssになります。


一応アイドル一人につきプロデューサーが一人ついてる設定です。




関連記事
1 : ◆45SR4r0flud5[saga sage] 2017/03/14 00:03:31.92 ID:J7HxjluBO

沙織『ちょっとゆかりん何やってるの?』

沙織『今日は戦車祭りだよ!』

沙織『いやっふぉお!西住サイコーッ!!』

沙織「え?だから何?」

優花里「戦車です、木彫りの」

麻子「元ネタがわかりづらい」

華「あ、あの、そろそろ現実を見て、みほさんをどうするか考えるべきではないでしょうか?」

みほ「わーい!たーのしー!」




関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/03/31 19:52:15.61 ID:oOWO5bBr0.net



ガヴリール「………」カチッカチッ

ガヴリール「…っち、これくらい堪えろよ、雑魚タンクが…」カチッ

ガヴリール「…こいつこのレベルでなんでこんなに低火力なんだよ、舐めてんのか…」カチッカチッ

ガヴリール「……………」イライラ

ガヴリール「しかたない、ここは私がビシッと指示してやるか…………っ!?」


『インターネットとの接続が切断されました、タイトル画面に戻ります』


ガヴリール「………んなっ……!!はぁぁぁぁぁぁぁ!?おいおいおい!!ふざけたこと言ってんじゃ…」


ブチッ


ガヴリール「………!?」

ガヴリール(部屋の明かりが消えた……停電か…!?)

関連記事
1 : ◆MzjpW3hvrA[sage saga] 2017/03/30 18:53:23.00 ID:kOHpk5dp0

----------2017年2月上旬----------



デレP(以下P)「運営会議の雰囲気だけでも一度体験しておくようにとのことです」

ちひろ「黙って座っているだけとは言え運営会議に出席できるって凄いことですよ」

P「3日徹夜して発表資料も作成しました」

ちひろ「下っ端のPさんが発言を許されるなんて絶対に有り得ませんよ」

P「でも万一指名されて「何もありません」じゃ格好がつきませんからね」





注意:オリジナティの欠片も有りません。丸パクリです

『 』はスクリーンに映された文字です



関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[saga] 2017/03/31 20:51:07.37 ID:a6gC70Pv0.net

ヴィーネ「ガヴとサターニャがルームシェアしてから数日…」

ヴィーネ「ガヴの世話をしなくなったのはいいけど」

ヴィーネ「…やっぱり気になるのよね」

ラフィエル「なら侵入してみます?」

ヴィーネ「ラフィ!?いつからそこに!?」

ラフィエル「すいません、ヴィーネさんが面白そうなことを呟いてたものでつい」

ヴィーネ「…で?侵入するってどういうことよ」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/03/31 12:31:08.59 ID:YFnzPjFfO

沖田「サーヴァントセイバー推参。あなたが私のマスターですか?」

士郎「…な、なんだ」

ランサー「なるほど、俺の読みは当たってたってことか。本当に7人目とはな」

沖田「早速対サーヴァント戦ですか。…その槍、ランサーですね」

ランサー「おおよ、そういうお前はセイバーだな。その腰の得物…刀か」

士郎「お、おい待て、あいつはヤバイ!」

沖田「心配いりませんマスター、私の剣技、徳と見ていてください!」ザッ!

ランサー「来るかよ!オラァ!」ガキィン!

沖田「甘い!」ブン!

ランサー「チッ!なかなか早えじゃねえか!」


関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/03/31 17:42:50.58 ID:hdcb5A0z0.net

ヴィーネ「それCMでやってるやつよね?ガヴもそういうの興味あるんだ」

ガヴリール「いや、適当に買ったんだけど」

サターニャ「(なんで適当に買ったやつが私と同じになるのよ!)」

ヴィーネ「そういえばサターニャも同じやつ持ってなかった?」

ガヴリール「え、まじか」

サターニャ「そそそそんなわけないでしょ!なんであんたと同じやつなんか」

ガヴリール「ならよかった」

ヴィーネ「まだ開けてないじゃない、塗ってあげようか?」

ガヴリール「いやリップくらい自分で塗れるわ!」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/03/31 17:08:44.44 ID:WU5T1h2Io

大臣「おお、教頭」

教頭「おう、大臣」

大臣「元気しとる?」

教頭「なんとかな。そっちこそどうよ?」

大臣「なんとかやっとるわー」

大臣「ところでさ……最近ふと気づいたことがあるんだけど」

教頭「なに?」

大臣「ワシらっていつも悪役だよな」

教頭「あー……分かる」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/03/31 16:01:01.30 ID:Fl4FMjN20

提督「ウチの艦娘にはどう考えても向いてないと思うんだが」

「不向きでも命令ですので」

提督「はぁ…、確かに指令書は受領した」

「では、よろしくおねがいします」


※駄文、キャラ崩壊注意

すぐに終わります


関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/03/31 16:29:27.64 ID:8QKPkGaw0.net

ゼルエル「私は、嘘を見抜く能力を持っている」

ゼルエル「あの時……ガヴリールが地上に残りたいと言った時」

ゼルエル「ほとんどのことが嘘ばっかりで心底あきれたが……友達、友達のために地上に残りたい」

ゼルエル「ガヴリールのその言葉に、嘘はなかった」

ゼルエル「はぁ……友達……か」

関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/03/31 17:07:39.89 ID:JWgA1YUh0

ガチャッ


P「ただいま戻りましたー...」

P「あー、今日もスカウト全然ダメだったなぁ...」

P「せめて名刺だけでも受け取ってほしかったけどそれもダメだった...」

P「なにも目の前でクシャクシャにして捨てることないだろうに...」

P「その上ハッキリと『キモッ!って...』

P「それに...警察に電話するのはいくらなんでもやりすぎだろ...」

P「あそこまで露骨に嫌がられるのは、さすがにヘコむ...」

P「はぁ~...」


「フヒ...」


P「んっ?」


輝子「や、やぁ...親友...」

関連記事
1 : ◆5N2znl.vwk[saga] 2017/03/31 15:53:24.32 ID:cCWWWdx80

Fate/Grand Orderの二次創作ssです。

キャラ崩壊などが苦手な方は気を付けてください。

今回は地の文無しでいきます。

前回 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489675189/


関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/03/31 13:55:17.43 ID:AwzWwYGa0.net

ガヴ「おかし食べてゲームしてるだけで年収○億!?」

ガヴ「これはまさに私にぴったりの職業じゃん!」

ガヴ「簡単にできそうだしやってみるかな」

関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/03/31 12:50:34.64 ID:VNkonIr+0.net

この物語はフィクションであり実在の人物団体とは何の関係もありません

天真家

ピンポーン ガチャ

ヴィーネ「ガヴー、起きないと遅刻するわよ~」

ガヴ「ふわぁ~…ヴィーネか…遅刻くらい見逃してくれよ」

ヴィーネ「またそんなこと言って…ほら、さっさと着替えて」

ガヴ「んー」モゾモゾ

ガヴ「あ、そうだ学校行ったら宿題見せてくれよ」

ヴィーネ「はあ…たまには自分でやりなさいよ」

ガヴ「わかってるわかってる、次はちゃんとやるから」

関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP