PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆fv0Hu3TKLg[saga] 2016/12/28 08:09:42.89 ID:pIukB3yw0

キャラ崩壊注意


うーちゃん探偵団! の番外編です。短めに終わります。

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475315528/

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478592249/


関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/31 23:23:47.16 ID:TIPxLYaeO


モバP「よーし軍曹!派手にやれ!」


大和亜季「ぞうきん部隊展開でありまぁす!」

島村卯月「わー」

渋谷凛「わー」

本田未央「わー」

姫川友紀「わー」


亜季「拭き方よーい!あっ友紀殿、リードは禁止であります」


モバP「一番遅いやつはプラス5往復だ」


未央「えっ」


卯月「あっ、友紀さんがもうスタートしました!」


凛「汚い!」




モバP「なんで負けるのお前」


友紀「昨日の酒には勝てなかったよ……」



関連記事
1 : ◆WjFOjwLM5I[sage] 2016/12/31 23:07:35.75 ID:AgUl0zY10


SSを書きたい衝動に駆られたので初投稿です。
SSというものを初めて書いたので、至らない点があればなんなりと。

※モバマスSSです
※著しいキャラ崩壊があります。島村Pのかた本当に申し訳ない。
※ゲームネタやパロディが出てきます。元ネタわかんないって人はググると分かるとおもいます。
※もしかしたら鬱だと思う人がいるかも?

以上の点に注意してお読みくださいな


関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/31 18:12:50.92 ID:dvvJflsW0



男 「ついに見つけたぞ一方通行!お前はここで僕が殺す!」

一方通行 「…………」



これはこれからあるかもしれないしあったかもしれない一人の少女に恋をした名前も無い男のお話




関連記事
2 : ◆ksPx5/M7Wg[saga] 2016/12/31 16:39:33.78 ID:SBY97qpG0


~朝


芽衣子「ん…‥んん~……」

芽衣子「ふわぁ……ん~……」

芽衣子「んー……いいにおい~……」

芽衣子「美里ちゃんー……ごはん~?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/12/31 13:57:10.71 ID:8HOi+laUo

輿水幸子「ボクはカワイイ…ボクはカワイイ…ボクはカワイイ…ボクはカワイイ…」ブツブツ

安部菜々「ナナは17歳…ナナは17歳…ナナは17歳…ナナは17歳…」ブツブツ

幸子「ボクはカワイ(ゴツッ うぅ…痛いです…大丈夫ですか?」

菜々「ごめんなさい!菜々は大丈夫ですけど…幸子ちゃんは大丈夫ですか?」

幸子「ボクもなんとか大丈夫です…あ…!用事があるんでした!すみませんが失礼します!」

菜々「行っちゃいましたね…若い子のバイタリティーは見習いたいです!」


関連記事
1 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2016/12/31 13:15:19.44 ID:97kMAaDgO


―――


凛「色々ご迷惑をおかけしまして」

李衣菜「いえいえ」

凛「李衣菜にはいつもいつも元気をいただいて」

李衣菜「ううん、私も凛にいっぱい励まされたし」

凛「今年も李衣菜を心に刻み込むことができたよ」

李衣菜「もうそういうのにも慣れてきたかも」

凛「ふふっ、嬉しい」

李衣菜「褒めてない」


関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/12/31 11:07:19.06 ID:FkTq/r4p0.net

卯月「何?じゃねーだろォ!私が手をこう出したら飲み物出せって事だろうがよォ!!!もう凛ちゃんと大分長い付き合いになるけど、まだそんな事も説明しないとわからないのか?よぉ、凛ちゃん!」

凛「ご、ごめん卯月。私ってほらなんていうかあまり気を利かせられるタイプじゃないからさ…気をつけるよ」

島村「おい凛ちゃん?アイドルが言い訳とかしていい訳?言っておくけどこんなの常識なんだからね?以後こんなミスしたら許さないよ?」

凛「わ、わかったよ卯月、気をつけるよ」

卯月「凛ちゃん、んっ」スッ

凛「ほいきた!飲み物だね卯月!はい熱いお茶だよ!」

関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/12/31 03:36:53.37 ID:jbnZliew0.net

デリヘル嬢「ホテルじゃなくて自宅かぁ…プレハブ小屋みたいだな」

ガチャ

デリヘル嬢「失礼しまーす」

ガッシャーン!!!

デリヘル嬢「ひいっ!?何この音!?」

男「おっ!きたきた!」

マッチョ「ん…あああああッ!!」プルプル

男「早くこっちへきてくれ!まずはベンチプレスからいくぜッ!」

デリヘル嬢「!?」

関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/31 04:58:19.89 ID:FZ2DsGcW0

「奈緒、雨降ってきたよ」

 窓の外の降り出した雨を見て、加蓮が言った。目の前の紙に頭を抱えていたあたしは「それがどうかしたのか」とぶっきらぼうに答えた。

「プロデューサー」
「は?」

 窓の外を見ていた加蓮は、嬉しそうに振り返って、

「プロデューサーに傘持っていってあげなよ」

 傘立てを見ると、まるでそこが定位置といわんばかりに、黒い傘が今日も置いてあった。

 またか……。大体、なんであの人はいつもいつも傘を忘れるんだ。
 仕事のスケジュールとかは忘れたことがないくせに。

 この場にいない、優秀かどうかよくわからないプロデューサーさんに、
 すっかりあきれながら、あたしは一つため息をこぼした。


関連記事
1 : ◆R4LxbbyKhE[saga] 2016/12/31 05:23:46.05 ID:HmFB5jJa0

【モバマスSS】です


――――12月28日、プロダクション、事務室

時子「……もう一度聞くけれど、誰と年越しをしたいと?」

法子「時子さんと! できれば神社にお参りしながら年を越せたらな~って!」

時子「お断りよ」

法子「ええ~!? やっぱり、人が多いところはだめ……?」

時子「それもあるけれど」

法子「とーきーこーさーんー……!」ユサユサ

時子「揺らさないで、躾けられたいの? 最後まで話をちゃんと聞きなさい。せっかちなのは嫌いよ」

法子「ご、ごめんなさい……」シュン

時子「まったく……それに、仮に人が多くない場所で年を越すにしても一緒は無理よ」

法子「どうして?」

時子「まず私は年末年始がとても忙しいわ。年末は様々な仕事で都内を移動して、それが終われば次の仕事の準備もある」

時子「なにせ、元日からヨーロッパの国を巡る海外ロケの仕事が入っているの。だから、大晦日に貴女といる余裕はない。残念ね」

法子「そ、そんなぁ……」ガックリ



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/12/27 06:36:43.85 ID:KXuA2Jaz0

伊丹「こいつがガイシャか」

芹沢「え~っと、被害者は赤羽根…芸能プロダクションに勤めているみたいですね」

伊丹「事務か何かか?」

芹沢「ガイシャの所持品の名刺を見ると、どうやらプロデューサーみたいですね」

伊丹「プロデューサー?フン、そいつは色々とありそうだな」

芹沢「ですね」


関連記事
1 : ◆GWARj2QOL2[saga] 2016/12/31 01:00:45.61 ID:b0kgrFy0O

アニメ準拠もドラマCD準拠もほとんどありません
草が生えてますので、気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありません


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/28 13:11:56.58 ID:GgXdD11U0

提督「この花、知ってるか」


先日─、海域攻略のお祝いをしてる時、貴方が呟いた



「アスター」


花言葉は「信じる恋」


提督「俺さ、好きな奴がいるんだ」


照れくさそうに貴方が笑う、その恋が、自分に向けば良いのにと思うけど



貴方は嬉しそうに花を見る


関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/12/31 00:46:48.11 ID:O1v7p2d20




惠「今年ももう終わり、か……」



百貨店のポスターに仰々しく書かれた翌年の数字を眺めて、ぼそりとつぶやく。



一番星を追うように。

空の片隅に、幾つもの小さな煌めきが映り始める宵の刻。



みちる「はやいですねー」

惠「本当にね」



寒空の下、こぼれる息の白さに、

冬だものね、なんて今更なことを思いながら。



クリスマス、明けて平日。



仕事を終えた私とみちるちゃんは、

事務所へ戻るべく、雑踏の中をほんの少し足早に歩いていた。



騒がしさのピークを過ぎてなお、都会の街はなかなかに賑やかだ。

もう数日もすれば、またカウントダウンで人が溢れるのだけど。



クリスマスイベント。撮影。打ち合わせ。ライブ。

こんなに慌ただしい年末を過ごしたのは人生で始めてかもしれない。

そう思うほどに、この一ヶ月は特に忙しかった。



アイドルになって。いろんな仕事を経験させてもらって。

まだまだ大きなことを言えるレベルにはないけれど、

今の日々が楽しいことは、確かだ。



惠「……ふふ」

みちる「?」



澄んだ空気が少し気持ちいい。

こういう瞬間が、けっこう好きだったりする。




関連記事
1 : ◆foQczOBlAI[saga] 2016/09/05 22:55:26.71 ID:sZJm0y/w0

提督(俺は妙高にケッコンを申し込んだ。妙高はそれを受け入れてくれた。その日から俺たちは夫婦になった)


関連記事
1 : ◆xPAJ6300kj0Y[saga] 2016/12/30 23:57:40.21 ID:z+K4T5dEO


ズァーク「お前たちの望みどおり、我はこの世界に再び降臨した!」

ズァーク「さあ人間どもよ! お前たちの逃げ場はこの世のどこにもありはしない!」

ズァーク「我とデュエルしろぉおおぉおぉぉ!!」 ズァァッ


零児「ついにヤツが復活してしまったか……!」

素良「あれが悪魔の決闘者、ズァークだって!?」

沢渡「けっ! ズァークだろうがなんだろうが、オレが正気に戻してやるぜ遊矢!」

権現坂「そのデュエル、この男権現坂が相手になろう!」


ズァーク「ふっ、最初の相手はお前たちか。 いいだろう、相手にとって不足はない!」

ズァーク「構えるがいい! そして我とデュエルしろぉおおぉおぉぉ!!」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/30 23:54:08.23 ID:Us0qzsOG0

春香「あっ、わかります?ちょっとだけですけど」

オネェP「いいわね~アタシなんてガチガチよガチガチ! もっと揉ませなさいよ~」モミモミ

春香「ん……あっ…せ、セクハラですよセクハラ」

オネェP「アタシは別に胸触ったくらいでどうも……あら、アンタ意外にいいカタチしてるじゃないの!!」

春香「でしょう? まだまだ成長しますよ!」

雪歩「プロデューサー私も確認してくださいっ」

オネェP「いいわよ~。アタシが教えたバストアップ体操続けてる?」モミモミ

雪歩「んっ……は、はい。食べ物にも気をつけてますぅ」

オネェP「まっ、雪歩チャンの方が美乳じゃない! んも~やだぁ~~!」クネクネ

春香「むむむ」

雪歩「やりましたぁ♪」


関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP