PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2016/12/28 23:37:22.51 ID:ROJ5+eJL0


プロデューサーのことは初めて見たときから何か特別なものを感じていて、気がつくと目で追ってたりして

まじめで、厳しくて、でも優しくて、アイドルのみんなのことを一番に考えているところも好きで…

いつもプロデューサーのことばかり考えてしまって、夜も眠れなくなって、胸が苦しくなるんだ

この気持ち、どうしたら良いのかな?




凛(・・・いや、自分のスカートに筆談で恋愛相談されてる私の気持ちはどうしたらいいの?)

スカート[あの~~、凛ちゃん?聞いてる?]サラサラ



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/12/30 23:10:33.95 ID:FmtnN3HaO


先に言っとく。プラウザバック推奨。


???「正しく言うと過去と『ほぼ』同じパラレルワールドへ若返って行くんだけどね。一応記憶の保持は基本的に選択制になってる。後ここに来ると今までの人生の振り返りを出来るよ」

男「んお、じゃあ記憶持って過去に行けるのか?」

???「まぁあんまりおすすめしないけどねぇ。例えば君の今の記憶を0歳の子供の君に譲渡すると脳が爆散してすぐ死ぬし、10歳くらいの君に譲渡すると大体障害がでる」

男「ぐぬぬ」

???「まぁ戻らないでずっと1人でいるのもありっちゃありだけど孤独死できない孤独を味わいたいと思うほどのバカではないよね?まぁたまにそういうやついるけど」

男「ふむ」

???「んで、どうするのかい?戻る?ひとりでいる?」

男「……戻るか。11歳の3/18に戻れるかい?記憶は2つ、自身のサッカーの経験則だけ保持して、後は死ぬ前にここにくる事を覚えていることを保持してくれ。まぁ今の俺は22だしそれだけ持って過去に戻ってもパンクしないでしょ」

???「いいでしょう。じゃ、行くよ!」

男「おう!」


関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/29 07:33:09.55 ID:M5BwmglH0

モバP「年の瀬だから忙しいはずなんだけどな」

幸子「昼までに終わらせるとかどういう身体してるんですか」

モバP「スタドリで徹夜したからな」

幸子「徹夜って…そんな生活してたらいつかポックリ逝きますよ」

モバP「怖いこと言わないでくれよ」

幸子「そうなったら困るのはボク達もなんですから、体には気をつけてくださいよ」

モバP「善処します」

幸子「全く…」

モバP「忙しいのは嬉しい限りだけど、たまにはこうやってゆっくりするのもな」

幸子「そういえばちひろさんは?」

モバP「アダルト組が今日は飲むらしいから、買出しに」

幸子「ちひろさんも大変ですね」

モバP「ここで飲まれたら片付け大変だっていっつも言ってるんだけどなぁ」

幸子「お酒は大人に必要だって楓さんが言ってましたよ」

モバP「あの人何言ってんだよ」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/30 22:26:02.78 ID:wKoZgIbnO

提督「頼む! 龍田っ!」


龍田「だーめ」


提督「久しぶりに龍田揚げ作ってくれよぅ。頼むよ~」


龍田「何を言ってるのかしら~。この前の健康診断の結果忘れたの?」


提督「それとこれは別だろ?」


龍田「全然別じゃないんですがそれは~。寝言は寝てから言ってくださいねぇ」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/12/30 22:15:25.36 ID:MQ5jC75uo


落ち着け。冷静になるんだ。この私に乗り越えられなかったトラブルなんてなかったじゃないか

今はこの質問の意図を沈着冷静に解き明かすのだ

まずは質問者の表情をよく観察…、ダメだ。みちるの表情はいつもと変わらない。クリクリした瞳で一切の曇りなきまなざしだ。

いや、もしかしたら私が質問を聞き間違えたのかもしれない。まったく、慌てるとろくなことにならない。

P「すまない、みちる。今なんて言ったんだ?」

みちる「あはは!Pさんが人の言葉を聞き逃すなんて珍しいですね!」

P「ああ、最近忙しいものでな」

みつる「仕方がないですよ!年末は忙しいですから」

P「心配してくれてありがとう。それでなんて言ったんだ?」

あくまでスマートに、出来るプロヂューサーらしく振舞ってそうみちるに尋ねた

きっと正確に、質問の意図が分かるようにみちるは答えてくれるはずだ

みちるは、にこっと笑い、かわいらしい犬歯を見せて、そしてまたあのまなざしで

みちる「ぱんつくったことありますか?」


関連記事
1 : ◆AyvLkOoV8s[saga] 2016/12/30 21:24:57.70 ID:vALSgqmA0


美波(――目覚めたのは、轟々と炎が燃え盛る……暖炉を囲んだ部屋でした)

美波(――その場に寝ころんでいたのは、私とアーニャちゃん)

美波(――最後の記憶は、たしかアーニャちゃんの故郷の北海道でライブをした後の休憩時間)

美波(――着ていたものは、ピュアホワイトメモリーズ……アーニャちゃんとお揃いの、白い衣装)

美波(――襟と帽子は取り外されていて、壁に丁寧に掛けられていたのが見えました。つまり、肩から上は何も着ていません)

美波(――暖炉の他には、カーペットと、水の入ったお皿と、それから一枚の毛布)

美波(――部屋にはドアと窓が一つずつ取り付けられていて)

美波(――窓の外が真っ暗だったことから、今が夜だと言うことが分かりました)


美波(――そして、吹きすさぶ雪の音と微かに入って来るすきま風に頭を冷やされて……私は、大変なことに気付いたのです)



美波(――私も、アーニャちゃんも)

美波(――手を後ろに縛られていたのです)



――――――――――――――――――――



(――そして)

(――吹雪の音に掻き消されて、2人の耳には届きようも無かったことだが)

(――密室、拘束、2人きり)

(――そんな状況のラブライカが山小屋に居て、何も起きないはずがなく―――――)





ゴミクズ「ラブライカだああああ!! 3Pいくぞおおおおおっ!!!」

親衛隊「通すかあああああああああッ!!!」





(――ラブライカの現状を知り、自らも間に挟まらんとするゴミクズの群)

(――ラブライカを拘束した張本人であり、男の介入を決して許さない親衛隊)



(――二つの勢力が、今ぶつかろうとしていた―――――!!)



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/12/30 19:17:51.49 ID:RYV/yNAsO

穂乃果「」

ことり「」

雪穂「」





海未「こんにちわ、園田海未です」

海未「本日はこのような年の瀬に多大なるご迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ありませんでした」

海未「私含め幼馴染共々、今回の事件を重々反省し、二度とこの様な事が起こらないよう、誠心誠意を尽くして勉学と練習に勤しんでいきたいと思っています」


???「園田さん、今回の事件の元凶は一体誰だったのですかにゃ?












海未「……語るも涙、聞くも涙の惨劇です」

海未「あれは……そう、雪の降る夜のことでした」


関連記事
1 : ◆TJ9qoWuqvA[saga] 2016/12/30 16:22:17.98 ID:v5D46HrK0

キャシー・グラハム 「どうも、ERICATHYです!よろしくお願いしまーす!」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/30 13:48:39.51 ID:38q5CTXh0

未央「ねぇしまむー、何か飴ちゃん的なもの持ってなーい?」

卯月「えっ? うーん、飴はちょっと持ってないですねぇ」

未央「あちゃーくっそぉ、ボーカルレッスンの前は舐めたかったんだけどなぁ…」


裕子「むんっ!」


卯月「あ、裕子ちゃん!」

未央「飴くれんの? ありがとうユッコ!」

_人人人人人人人人_
> サルミアッキ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄



関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/12/30 11:43:54.76 ID:x+hwZ5UD0.net

アブドゥル「気をつける承太郎!新手のスタンド使いかもしれん!」

ポルナレフ「怪しい野郎だ.......俺らになんのようだよ」

俺「ククク......スタンド使い......その通りだ」

一同「!!!!!」

俺「おれのスタンド能力は>>5さ........」

花京院「>>5だと!?」

関連記事
1 : ◆TLyYpvBiuw[sage] 2016/12/30 09:58:10.04 ID:HHBrV44ao



ある日、鎮守府の所在するこの地方に雪が降り積もった。


鎮守府の外では加賀さんと電さんが雪掻きをしている。


加賀さんはクリスマスプレゼントであるピンクのモコモコしたコートと、これまたピンクの手袋を身に付けている。


電さんは支給品の紺色のコートと白の軍手であった。


そこへパラリと小雪がちらつく。


電「もう降らなくてもいいよ、早く止んでくれー!」


二人が懸命に雪掻きをしているのにはある理由があった。


 


関連記事
2 : ◆HUg149YDMA[sage saga] 2016/12/30 03:10:57.55 ID:4kIV3RxI0

今日は12月24日、クリスマスイブ。

校内は今日を楽しく過ごす会話で溢れてる。

まったく、イブなんてロクなもんじゃないわ。

放課後の喧騒の中、世間様の楽しそうな空気から逃れるように、私は部室へ駆け込む。



関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/12/30 02:26:23.87 ID:8QHAvzJj0.net

女の子(死神)「ふふふ♡準備できてますかー?♪」

俺「えっえっ、ちょちょちょっとまって、なになに、」

女の子(死神)「あ、すいません、これ読み上げないとなんです…………(ガサゴソ)、あ、ありました、こほん、」

俺「…………」

女の子(死神)「俺さん、享年26、冥界第四寿命法廷の決定に基づき以上を執行します。俺さんには規定の審判の後、死後の世界での市民権が適切な方法により与えられることが約束されておりますのでご安心を。
さて早速始めたいと思います、こちら抜刀の際には祝詞の詠唱が要のですがわたくし新人なのでカンペで失礼します、では。」

俺「いやいやいや何なんですか一体そんなのおかしくないですか、え、え、俺死ぬの?」

女の子(死神)「……………はぁ、面倒な人ですね、ちょちょいと片付いてくれませんかね。」

俺「いやちゃんと説明してくださいだいたいなんだね君は、」

女の子(死神)「……………(めんどくせぇ)」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/12/24 18:36:35.69 ID:wVC82Hl6o

一昨年

サンタ幼女「クリスマスなんてぶっ潰してやるよぉ!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418810304/

サンタ幼女「我はメシア、明日この世界を粛清する」トナカイ「...」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419297207/

去年

トナカイ「メリークリスマ...」サンタ幼女「うるせー!!!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451294535/


関連記事
1 : ◆a4r7B45BeM[saga] 2016/12/15 00:05:19.28 ID:IAYO8bjs0

キャラの喋り方が少しおかしいかもしれませんがご了承ください。
1日1キャラ以上のペースを目標にダラダラやっていきたいです。

↓過去作
ありす「もしも魔法が使えたら」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480253309/

文香「………停電、ですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480432408/


関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2016/12/30 00:41:48.82 ID:UU8rrsKJ0


山風「……ねえ、海風姉」

海風「どうしました?山風」

山風「お昼…食べてからずっと抱っこされてる」

海風「ふふっ♪山風は暖かいですね。海風が作ったお昼は美味しかったですか?」ナデナデ

山風「うん……それで、海風姉。どうかしたの?」

関連記事
1 : ◆YRBTRyyFrA[saga] 2016/12/29 23:28:23.09 ID:WGgYpRov0

艦これの要素だけでなくポケモンの要素が話に含まれています。
キャラ崩壊は割と激しいので苦手な方はご注意ください。



関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/29 15:36:13.36 ID:vItQWoMZO



加蓮「外さっむかったー…なんで冬ってこんなに寒いんだろ?」


美穂「冬だからじゃないかな?」


柚「わぁ、美穂チャンあったまいー!寒いからこそ遊ばなきゃソンだよ!」


加蓮「若い子は元気だね。あ、美穂ちょっとミルクティー取ってくれる?」


美穂「はい、加蓮ちゃん。ドーナッツとミルクティーって合うんですね」


加蓮「ミストだとお代わり自由なんだってさ、今度行ってみない?」


柚「なになに?奢ってくれたりしちゃうのカナ?」


加蓮「最年長の美穂にお願いしてみたら?」


美穂「えっ、わたしですか?!」


加蓮「ねーねー、美穂先輩!」


柚「アタシ達にドーナッツ奢ってくれたりしない?センパイッ!」


美穂「ま、まだダメっ!」



関連記事
2 : ◆d7WhZqATUs[saga] 2016/12/23 22:39:50.02 ID:1OcMeWWH0

○月×日

龍驤から業務連絡させていただきます。

秘書艦として年度末〆等の仕事が忙しくなってきたので

暫くの間遺失物係りを他の娘に任せたいと思っとります。

正式に決まりましたらまた、御連絡させていただきます。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/12/26 10:55:01.54 ID:oUJzWPUEO



マシュ「……またですか先輩」

ぐだ子「今回はちょっと違うよ?人理修復も終わったし、ここまで付き合ってくれたサーヴァントの皆にお礼をしようと思ってね」

マシュ「なるほど!流石は先輩です!」

ぐだ子「それじゃ早速行こうか。まずは↓3のところへ」

プレゼント…↓5



※一部サーヴァント、人物によっては終局点クリア後のネタバレも含む可能性があります。

※安価ミスは下をとります




関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP