PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆ngWd7Nh2mI[saga] 2015/09/29 23:03:36.62 ID:etTDXHq5O

穂乃果「え、なんでって……希ちゃんが入れてくれたんじゃん」


希「まあ…そうなんやけど…」

希「いやそうじゃなくてな」

希「最近やけにうちの家に来るな?と…」


穂乃果「だってあの日、また来てな?って言ってくれたし…」


希「いやいや!ああいうんは…ほら、社交辞令やん!」


穂乃果「ええ?、そんなぁ?」



関連記事
1 : ◆C2VTzcV58A[saga] 2015/09/25 20:50:58.80 ID:lnAmgpip0

前々作:モバP「アイドル達にモテてつらい」(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435723686/)
前作:モバP「アイドル達にモテてつらいと言えないこんな世の中じゃ」(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442669569/)

過去作を読まなくても話は理解できます
パッションアイドル達とあれこれくっちゃべるだけの話なので




関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/29 22:45:57.57 ID:OtqBDccd0NIKU.net

先輩『○○くんにメールするのは何年ぶりでしょうか。もしかしたら、電話帳から私のアドレス消してたりして。』

先輩『もしそうなってたら○○くんも困ると思うので、今のうちに言っておきます。高校の頃○○くんの入ってた部活の部長をしていた××です。覚えててくれてたかな?』

先輩『いきなりメールなんてしてごめんね?驚いたかもしれないけど、許してください。なにしろ、ちょっと急ぎの用だったので。』

先輩『まあそれはおいおい話すとして、ちょっと昔の話をしたいと思います。昔の話というのは、私と○○くんの高校の頃の話です。』

先輩『たしか○○くんとの出会いは、○○くんの入学式のあとの部活の勧誘で、私が○○くんを誘ったときだったよね。』

先輩『あのとき○○くんはちょっと面倒くさそうな顔をしてたけど、私は一瞬で「この子と一緒に部活がしたい!」って思ったんだよ?』

先輩『はじめはちょっとズルい手も使った(かも?)だけど、なんやかんやで○○くんは部活に入ってくれたよね。あのときはすっごく嬉しかったなぁ。』

先輩『でも○○くんったら凄かったよね。もともと才能があったのかもしれないけど、どんどん上手くなっていって。教えてたはずの私よりも上手なんだもん。あのときはビックリしました。』

先輩『それから○○くんは、私と同じ電車通学ってこともあって、結構いっしょにいたよね。部活がない放課後には、寄り道して甘いものを食べたりして。』

先輩『いつだったか、○○くんといっしょに行ったゲームセンターで撮ったプリクラ、まだ大切に持ってるよ。○○くんはどうなのかな。持ってくれてると嬉しいけど。』

先輩『本当に本当に、○○くんと作った思い出は私の宝物です。目を閉じると、あのときの光景が浮かんでくるほど、私の大事な大事なものです。』

先輩『でも、そんな日常も終わるときがきました。私の卒業です。』

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/28 14:23:42.27 ID:IHwXE0fzO

日曜日。

予定はなにもない。

課題はまだちょっとのこっているけれど、大した量じゃない。

そんなわけで先輩の下宿にいくことにした。

たぶん、そろそろやばいはずだ。

先輩の下宿は大学からほど近い。

私の家からは自転車でいける。


関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/29 22:28:11.00 ID:L9XW889yHNIKU.net

お嬢様「あの男は中学生時代には大層な問題児だったそうね」

執事「はい、数多の暴力事件を起こし少年院に入ってた時期もあるとかですね」

お嬢様「容赦の無い暴行により障害を残した相手もいるとか」

執事「意識のなくなった相手をも執拗に殴る残忍性をもっていたとかですね」

お嬢様「…それが、なんなんですかコレは」

男「…本当にお恥ずかしい限りで、あの頃の私はどうかしていました。これからは過去の過ちを気づかせてくれたお嬢様に一生尽くして生きていきます」

お嬢様「何故このように温厚になっているのですか!!!!!!!!!!!!」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/29 22:05:29.57 ID:ITH0T3h80

黄色いまん丸な満月が大きい秋夜。

人通りもまばらに、街灯もぽつぽつと暗がりを挟み込む路。

空母水鬼は揚々と鹿爪らしく歩いていた。

「深海棲艦も陸上歩行ができるのですか」と浜風が聞く。

当たり前である。足が歩くためにあるというのは艦娘だろうと深海棲艦だろうと同じである。

「なるほど。私たちは一致しています。私たちは椅子や机なんかよりかは近い存在なのでしょう。彼ら道具は歩きませんから」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/09/29 21:00:06.53 ID:JNWIb/RV0

世界最強の強化系念能力者「強化系の俺が、自らの体を鍛えに鍛え続けはや40年」

世界最強の強化系念能力者「強化系を極めんとしているある盗賊は、パンチに核ミサイル並みの威力を込めようとしていると噂を聞いたことがあるが、俺はその域に達してしまったようだ」

世界最強の強化系念能力者「一度、核実験が極秘に行われている土地にて、全力の拳を試してみたところ、かの《薔薇》に匹敵する攻撃範囲、威力があるとの計測がでた」

世界最強の強化系念能力者「ただひたすら己の肉体を強化するだけに重心をおいて精進すると、ここまで人間は到達できるのか。自分のことながら恐ろしい」

世界最強の強化系念能力者「しかし、これからどうしようか。噂の男が目指したとされる破壊力を手に入れた今、強化系である俺は限界にきたんではなかろうか」

世界最強の強化系念能力者「何を目標に生きようか」


関連記事
1 : carP[saga] 2015/09/27 21:50:18.87 ID:/tpXNcaA0


諸注意


・車を題材にしたモバマスSSです。

・劇中劇の設定になります。

・舞台は1992年頃の東京になります。丁度、漫画湾岸ミッドナイトの1~3巻辺りの世界観です。

・モチーフは、福野礼一郎著『バンザイラン』です。

・各キャラクターの搭乗する車両は、個人的な主観が多々含まれています。似合っているかどうかは、ちょっと解りません。

・この作品の演出の様な走行は、絶対に真似しないで下さい。捕まりますし、下手したら死にます。


最後に。

日本全国フェラーリ党のプロデューサーの皆様、及びヘレンさん大好きのプロデューサーの方々。お待たせいたしました。

では、お楽しみください。





関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/28 21:33:16.41 ID:3CgUgJaaO


少年「僕暫く大会でやれないからそれまで頼んだよ!」

爺「任せんしゃい」

少年「デイリー任務だけでいいからさ!」

爺「デリ?よくわからんがじいちゃんがやっといてやるから安心しなさい」

少年「わかった、じゃあね!」ダッ





関連記事
1 : ◆R1OJ1Fo.YQ[saga] 2015/09/28 15:34:53.63 ID:RCUg510j0


提督「もう、我慢できない」


長門「提督…」


長門(そうか…ここの所深海棲鑑との戦闘が苛烈を極めたから…疲弊しきってしまったか…)


長門「なぁ、提督。少し──」


提督「セックス」


長門「やす……ん?なんだって?」


提督「聞こえなかったのか?セックスって言ったんだよ」


長門「…提督。やはり疲れて──」


提督「俺が疲れてる?訳ないだろ。もう我慢できねぇ、セックスさせてくれ」


長門「なっ…!わ、私は…まだ…!」バッ


提督「なにしてんの…?…まぁいいか。というか艦娘の代表の長門に聞くけど」


長門「えっ……くっ……何だ?」


提督「どうやったら艦娘達とセックス出来ると思う?」


長門「頼むから一回死んでくれ」


***************




関連記事
2 : ◆Hnf2jpSB.k[sage saga] 2015/09/23 23:38:03.65 ID:pUKT4bXuo


夏の暑さも和らいできたある日、社長より直々に呼び出された。
こういった形で呼ばれるのはあの件以来だ。
苦々しい思いが駆け上がってくる。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/09/29 16:59:30.05 ID:SEfeNZUKO

提督「気持ち悪いんじゃボケ メスとガキに提督が勤まるかってんだよ 消え失せろ」

提督「ただただ艦娘共とイチャイチャしながらごっこ遊びしやがって… [ピーーー]ぞコラ」

提督「それに比べ俺は成績は優秀だと言うのに艦娘共から微塵も尊敬されている気がしない……何なんだこれは」

大淀「そんな性格だから皆にもキモがられるんですよキモオタ[ピザ]提督」

提督「うるさい!それに別にキモオタではない!太ってはいるが!」

大淀「明らかに見た目がもうキモオタ何ですよ…それに汗臭いですし」

提督「え?そんな臭うか……?」スンスン

大淀「とにかく痩せてもっと身嗜みとかに気をつけ見たらどうですか?別に顔自体パーツごとで見ればそんな悪くは無いんですし」

提督「なるほど………よし決めた。ライザップ通うわ」

大淀「は?」

提督「じゃあ俺は今日から1ヶ月くらいここ開けるんでよろしく」

大淀「ちょ、みんなのことはどうするんですか!?」

提督「別に俺がいなくなっても皆きがつかないだろ、任務とかはお前が全部やっといてくれ」

大淀「冗談もいい加減に…!……はぁ…ホントに勝手な提督です…」


関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/29 17:13:51.96 ID:v84UFuR30NIKU.net

男「さて、今日は焼きサバだ……」

男「たっぷりの大根おろしと一緒になァ!!」

男「どうだ?俺に食われるなんて嬉しいだろう?なぁ……ダイコンさんよぉ」

ダイコン(な、なんて粗暴でいけ好かない男なのっ……!こんなやつに食べられるなんて……!)

男「あ?んだその不服そうな顔は?」

ダイコン「……」

男「なんとか言ってみろや!!」

ダイコン「……」

男「こ、この野郎……!」

男「……ハッ、まぁいい。どうせ何も抵抗できずにおろされるだけなんだからな」

ダイコン(いやっ!いやよ!そんなのいやっ!)

男「じゃあ、いくぜ……?」

関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/29 14:29:48.68 ID:FOhGngWw0NIKU.net

男「お前…実は女なんじゃないか?」

友「な、何言って」///

男「だって、こんなにかわいいし…」クイッ

友「や、やめてよ…」

友「ぼ、ボクは男だよ!!」

男「そんな…でも、それでも俺はお前が…」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/09/29 13:05:47.33 ID:yurIMYmro

未央「えぇっ!?プロデューサー変わるの!?」 

きらり「初耳だにぃ!」 

武内P「申し訳ありません……CPの大成功でみなさんにたくさんの仕事が入るようになってから私一人では手が回らなくなってしまって……」 

武内P「全体のプロデューサーとしては私が引き続きやっていくつもりですが、みなさんの仕事の円滑化のため、一人一人に新しくプロデューサーを配属することになりました」 

未央「えぇーっ!?」 

みく「どんな人なんだろう」 

杏「杏を休ませてくれる優しい人がいいなぁ」 



関連記事
1 : ◆Rk6aixPdwI[saga] 2015/09/29 11:29:26.76 ID:IK8xRrlc0


・モバマスss

・短い

・下記作品のオマケになります(今更)

前川みく「のあチャンが深刻な顔してる……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443061793/


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga sage] 2015/09/29 04:37:30.61 ID:lPGY3mc00

海未「へえ、風俗にはたくさんの営業形態があるのですね……」

海未「あいにく手元に1万円もありません。安く済ませるにはどうすれば……」

海未「20分2500円……? これです!」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/28 22:41:21.42 ID:qP76+XHs0


前作 神崎蘭子「光に呑まれよ!」 ウルトラマンゼロ「闇を切り裂く光だ!」 の続編です

一応のあらすじ

ババルウ星人バリアンを追ってアイマス次元の地球に訪れたウルトラマンゼロ。

前回の襲撃で頭を打って気絶した蘭子とも融合し、蘭子と共に活動をするゼロ。

シャプレー星人とピット星人を倒したゼロと蘭子だったが、シャプレー星人の口から『あのお方』なる存在を知る。

アイドルのエネルギーを利用し、強大な存在を復活させようとしているバリアンと戦う為、ゼロはアイドル達と共に戦う!

後、蘭子はウルティメイト蘭子となって、別の宇宙に行ってご満悦になった。



関連記事
1 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/29 00:50:20.76 ID:onngy7opo



―――事務所


P「…………」カタカタ…

凛「…………」

李衣菜「…………」


凛「ねぇ李衣菜」

李衣菜「うん、なに?」

凛「お腹すいた」

李衣菜「うん。そっか」

凛「…………」

李衣菜「…………」

凛「ロールキャベツ食べたい」

李衣菜「作らないよ?」

凛「!!」ガーン


関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/28 20:58:12.46 ID:hsXbT1vd0.net

P「事務所が精液の海となってしまう!」

関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP