PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/31 22:34:55.39 ID:jq0mL/6u0

シンデレラジオの続編です
例によって、今回だけでも見れるのでよければどうぞ


本編
杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第134回」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440509265/


外伝
杏「アサリの柚子胡椒蒸し 杏の甘煮を添えて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436102384/


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/05/25 22:25:00.67 ID:0EKnFdFy0

卯月「えぇっ!?」

みく「ぴ、Pチャン急に何を言い出したんにゃ!?」

美波「キ、キスって…///」

みりあ「どうして女の子同士でチューするの?」

P「…………」ポリ…

凛「困り顔してないで説明を…」

ちひろ「説明は私からさせていただきますね」ニッコリ

皆「!!」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/25 22:25:46.64 ID:1tBCqDb40

提督「二位じゃ駄目なんでしょうか?」

白露「えっ?」

提督「二位じゃ駄目なんでしょうか?」

白露「いや繰り返さなくていいよ!」

提督「本当に一番が好きだなお前」

白露「うん!」

提督「なんでそんなに一番が好きなんだ?」

白露「なんでって……一番は一番だから一番なんだよ!」

提督「なるほどわからん」

白露「提督だって一番が好きじゃないの?」

提督「まあそりゃな……お前ほどこだわりはないが」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/26 20:28:27.48 ID:kJcruyIQ0

艦これ短編SSです。

前作 提督「夏がやってきた」と微妙につながっています。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/31 19:15:24.34 ID:PisuKbHbo


春。

せっかくの入学式だというのに、町は白銀一色に染められていて、
はぁ、と吐いた息は白く曇ったと思うと、次の瞬間には儚くも消えていく。

仕舞われないままのマフラーを首にまいて家の外に出ると、
桜色のもふもふを揺らしながら一人佇む、少女の姿が目に入った。

あかりは少女にフリフリと手を振りながら「おはよ、ちなつちゃん」と挨拶すると、
少女もそれに答えるようにして「おはよう、あかりちゃん」と挨拶を返してくれる。

こうして二人きりで登校するようになったのは、いつ頃からだったか。


関連記事
1 : ◆iRWA5sK.9D6X[sage saga] 2015/08/31 16:30:28.53 ID:R+g3+b9r0

「…それで、本当なのか?今日この学校に例のアレが…」

「ああ。2組のコバヤシに運ばせてある。今日の昼休みに中庭で取引を行う予定だ」

「それとこのことは軽々しく口外するな。万が一誰かに聞かれたら取引が台無しだからな」

「もちろん分かっているぜ。昼休みに中庭で封筒に入れて持ってくるんだよな?」

「お前には人払いを頼みたい…フフ…とうとう手に入るのだ…あの"薄い本"を!」


男「…という話をトイレで聞いてしまったんだが」
男「薄い本ってなんだ?」



関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/08/31 17:50:14.33 ID:kg6MjSIs0.net

お嬢様「私のお父様の開発した薬の治験ですわ、特別危険な成分は含まれていないので安心してください」

女「その給料は魅力的だけど不安だわ…具体的には何をするの?」

お嬢様「薬を1日3回食後に服用しながらこちらが用意した施設で3日間過ごしてもらいますわ、食事はこちらで用意します。自慰についてはこちらで規制をさせていただくことがありますが…」

お嬢様「それと私だけで全て進めるのでおかしなことをされる心配はありませんよ」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/08/30 19:06:08.17 ID:A1QP/cT40

フリーザ「結局再び孫悟空にやぶれてしまいました」ミノムシ状態

セル「フリーザよ、まだこんな所でふてくされていたのか」

フリーザ「セルさん、ほっといてください!今の私の気持ちは誰にもわかりませんよ!」ブラーン


関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/08/31 13:37:51.34 ID:Vlp/HPL50.net

パパ「じゃあ少しの間こいつを頼むよ」

叔父さん「あぁ」

パパ「パパな、お仕事で外国に行っちゃうんだ。だから一ヶ月は帰ってこれないと思うんだ」

俺「え!!」

パパ「でも大丈夫、お前にはパパのお兄さんがついてる。それに男だろ?パパがいなくたって一人でやっていかなきゃ」

俺「うん....」

叔父さん「宜しく」なでなで

俺「う、うんっ...!」

関連記事
1 : ◆99skM4/jE2[sage saga] 2015/08/31 13:07:12.87 ID:ptI6hsoX0

P「いやー、それにしても卯月は可愛いなあ。」ナデナデ


卯月「プ、プロデューサーさん…///」


P「うむ!その照れた顔が実に可愛いぞ!!」ナデナデ


卯月「も、もう、恥ずかしいですってばぁ…///


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/08/04 21:19:05 ID:GttdptqU

-CASE1 傘拾った-

友「はー、雨が降っても涼しくなるどころか蒸し暑くなるだけだなぁ」

男「ほんとに」グッショリ

友「わあお前ずぶ濡れじゃん。傘持ってこなかったのか?」

男「いやあ、持ってきたんだけど途中でアサガオになっちゃって」

友「あーあ」

関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/08/31 05:40:54 ID:aQJlRI8.




~事務所~



みく「うーん......凛チャンは太陽丘が発達してるにゃ」ムニムニ

凛「太陽丘?」

みく「そうにゃ!太陽丘が発達してる人は 成功を収めたり 富や名声を手に入れる人が多いにゃ」

モバP「おや?前川さんに渋谷さん 手なんか取り合ってどうしたんですか?」

みく「あ、Pチャン!今凛チャンの手相を見てあげてたのにゃ」

P「ほう......手相ですか......」

関連記事
1 : ◆ekZfrjcd.fgD[saga] 2015/08/31 01:41:30.52 ID:Sb9w5Ldco

飛鳥「こんな良い夜に出歩くのは、もっとオトナになってからでないといけないよ、ありす」

ありす「……いや、飛鳥さん。貴方、私と二つしか違いませんよね?」

飛鳥「おっと、こいつは一本取られたね」

ありす「それに、確かにもうすっかり夜も更けてますけど、別に寮の外を出歩いている訳じゃないですし……貴方にどうこう言われる筋合いはないはずです」

飛鳥「こんな夜遅くに起きている、という点については咎められて然るべきだと思うけどね──……体調管理だって、アイドルにとっての大切な仕事の一つなんだから」

ありす「まあ、それはそうですが……」

飛鳥「…………」


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/08/31 01:33:36 ID:6DbBrDf.

司会「子供の頃の将来の夢は、なんだったんでしょうか?」

俳優「ぼくはねえ、昔はプロ野球選手になりたかったんだよねえ」

司会「ほう、プロ野球!」

俳優「だけど、やっぱりプロ野球ってのは厳しい世界だし、軌道修正して」

俳優「中学の頃は、弁護士になりたい、なんて思ってたなぁ」

お笑い芸人「軌道修正しすぎとちゃいますか!?」

ハハハ……

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/08/30 01:00:45.27 ID:ztk0dE0o0

中学生の時に出会った謎の高校生ジョンの痕跡を求めて進学した高校に彼がいた。

キョン「----以上で自己紹介を終わります」

入学式の後の教室での自己紹介を終えた彼は、そう言って着席した。

あたしはというとジョンに似た、ストライクゾーンど真ん中の彼に驚いて暫し呆然としていた。

キョン「どうしたんだ?お前の自己紹介の番だぞ?」

その彼に声をかけられて我に返ったあたしは慌てて立ち上がった。

ハルヒ「ひ、東中学出身涼宮ハルヒ。この中に……いえ、なんでもないです。よろしくお願いします」

あたしはそれだけを言うとすぐに着席した。

本当は宇宙人や未来人や異世界人等を募集するつもりだったが彼を意識した途端に恥ずかしくなり中止してしまったのだ。

こうしてあたしの高校生活はスタートした。






※SSをあんまり書いたことがないので、変だったらごめんなさい


関連記事
1 : ◆l9FYay8wGo[saga] 2015/08/31 01:02:59.54 ID:qmLgsnSBO

http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira086392.jpg
参考画像




ホープレイ「…………」

ホープレイV「…………」

ホープレイヴィクトリー「………」

ホープONE「………」

ホープルーツ「………」

ビヨンド・ザ・ホープ「…………」

ホープドラグーン「………」

ホープ・ザ・ライトニング「……」

未来皇ホープ「………」

ホープゼアル「………」



ホープ「いやいや……増えすぎだろ」





関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/31 00:35:54.66 ID:7/S9jOPWO

末原「なぁ…すけべしようや…」

咲「なぁんだ、末原さんかぁ」ホッ

末原「なんでや」




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/08/30 09:43:38.39 ID:CTtnKOXB0

全員腐女子
が、腐女子の生態・会話は知らない


関連記事
1 : ◆/BueNLs5lw[saga] 2015/08/28 21:21:46.94 ID:eEhKDdlx0

百合 エロ
なんでもこい人向け
短い
ヒーロー系


とある研究室


博士「できたぞ! これで奴らに勝てる!」

熟女レッド「これで私たちもう戦わなくて済むんですね」

熟女グリーン「最近四十肩がひどくてねえ」

熟女イエロー「あら、でも慶子さんもうすぐ60でしょ? じゃあ五十肩だわ」

熟女グリーン「正代さん、年齢を口にするのは失礼じゃないのかい。あんただって、もう50だろ?」

熟女レッド「まあまあ」

熟女グリーン「千鶴さんはまだ30代だものねえ、閉経だってまだ迎えてないでしょう。大変なことで」

熟女イエロー「そろそろ更年期に差し掛かる頃かしら」

熟女レッド「い、いえ私も最近腰痛がひどくて……」

博士「ええーい! お前ら! 時給1,500円もやっとるのに少しは大人しくせんかい!」

熟女イエロー「博士、そろそろ子どもお稽古の時間だから帰っていいかしら」

博士「ダメじゃ!」

熟女イエロー「ピアノのレッスンに遅れると、他の子達から引き離されてしまうのよ。そうなったら、博士責任とって頂ける?」

博士「こ、これから新たにブラックとホワイトを見つけにいくのじゃ! そやつらの雇用に成功したら、お主らは晴れて引退できる」

熟女レッド「え……クビってことですか」

博士「うむ」

熟女レッド「こ、困ります……。うちは生活がかかってるんです」

博士「し、しかし世間一般のエイリアン退治の重要は徐々に若い者に移行しつつある……30代以上のヒロインは経験豊富ではあるが……体力がない」

熟女レッド「そ、それは……」

博士「最近のお主らの戦闘時間を知っておるか? 徐々に長引いておる。その分だけ、街や人に被害が出てしまうんじゃ」

ぴこーん!
ぴこーん!



関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/08/30 20:13:00.49 ID:HgWXB1kDM.net

馬鹿「カバって実は足速いんだぜ」

俺「速いって言ってもどうせ『あの巨体にしては~』とかいうかませ理論だろ」

馬鹿「牙もあるし」

俺「俺が飼ってる柴犬ですら牙あるんだが?」

馬鹿「とにかくカバは強いんだよ!」

俺「そんなわけねーっての。あんなの俺でも勝てるわ」

馬鹿「それならガチでカバとケンカして勝って見せろよ」

俺「いいぜ、別に。目の前にいたら素手で殺してやるよ」

馬鹿「OK。じゃあウチに行こうか。庭でカバ飼ってるんだ」

関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP