PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆AyvLkOoV8s[saga] 2015/07/31 21:09:56.65 ID:OekbEwNj0

誘拐犯7「今こそ魔族の高峰を蹂躙せし時!」

誘拐犯8「血塗られし御身を沼の賢者にて、さあ清めようぞ!」

誘拐犯9「我が白き闇で汝に天の祝福を!」


ちひろ(などと供述した誘拐犯たちによりRosengurg Engelの蘭子ちゃんが仕事先で捕まり)

ちひろ(そのまま手足を拘束されてしまいました)


ちひろ(しかし有能なプロデューサーさんは、事前に犯人の動向を『ほぼ』掴んでいたため、今回は攫われる前に駆けつけることが出来ました)

ちひろ(そして、そのまま誘拐犯たちを無力化し、蘭子ちゃん達の安全を確保)

ちひろ(三度目にして、ようやくプロデューサーさんは誘拐から自分のアイドルを守り抜くことが出来たのでした)



ちひろ(…まあ、駆けつけたのは蘭子ちゃんが縛られてしまった後なので、ギリギリアウトとも取れますが)



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 16:23:01.14 ID:COcLqokn0

伊58「夏休みが一日しかなかったからてーとくに『ブラック鎮守府として労基に訴えてやるでち!』って言ったら2週間ほど皆に夏休みくれたでち!」

伊168「わぁお!凄いわねー!これで久々に羽が伸ばせそうね」

伊19「なのー!」

伊8「ダンケ…いえ、ありがとう」

伊401「でも、イベ前だよ?」

呂500「休みが無いとやってられねぇ、ですって!」

まるゆ「ま、まるゆも一緒でいいのでしょうか…?」

伊168「同じ潜水艦の好じゃない!良いに決まってるでしょ!」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 22:25:56.94 ID:2MKTRLTL0

シンデレラジオの続編です
例によって、今回だけでも見れるのでよければどうぞ


本編
杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第129回」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437831033/


外伝
杏「アサリの柚子胡椒蒸し 杏の甘煮を添えて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436102384/


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga] 2015/07/31 18:06:02.12 ID:0VqSc8vS0

提督「いつも無邪気に懐いてくれる夕立」

提督「太陽のような笑顔で飛びついてくる夕立」

提督「まるで尻尾をブンブン振っている犬のようだ」

提督「俺のためなら、どんな困難も乗り越え」

提督「そして精一杯頑張る可愛い夕立」

提督「夕立・・・うん、とても可愛い」




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/07/31 20:04:52.01 ID:Sx7hGSE80

酒場

遊び人「何言ってんの?」

僧侶「そのままの意味ですよ、遊び人さん」

遊び人「そのままって言われても、勇者は魔王討伐に行ったきりでしょ。ねえ、魔法使い?」

魔法使い「あなた、新聞読んでないの?先週討伐を果たしたわ」

遊び人「マジで!?」

武闘家「号外って無料で配ってたよな!あたしも知ってるぞ!」

商人「ただどちらにしても、凱旋に各地への挨拶で当分は会えないと思いますけど…」

狩人「そうね、討伐時点でのパーティーならまだしも、リストラ組の私達じゃね…」

僧侶「そういうと思って、色々調べたんです!結果、会えると分かりました!」


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/07/31 20:07:57 ID:ghscN1n6

魔王「タラタララララ ラララ タララララ」

国王「まさか、我等の初対面がこうなろうとは」

魔王「タララッタ タラララ ランランラン」

国王「貴殿にとっても意外であったろう?」

魔王「タラタララララ ラララ タララララ」

国王「ふ、今考えることではないな」

魔王「タララッタンッ タラララ タンタンタン」

国王「互いにこの時を楽しむとしよう」

関連記事
1 : ◆C2VTzcV58A[saga] 2015/07/31 01:15:21.96 ID:/vlSF97r0

武内P「ネオ童実野シティで、ニュージェネレーションズによるライブが行われることが決まりました」

凛「ネオ童実野シティって、ライディングデュエルの本場だよね」

未央「私一度行ってみたかったんだ! モーメントっていう機械がなんかすごいらしいよ」

卯月「わあ、楽しみですね」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 14:09:53.64 ID:WoJ6vgemo

キャー キャー

冬馬「この輝く舞台へ!」

翔太「長かったね…」

マンソン「こらこら、終わったみたいに言うんじゃない。これからが始まりなんだ」

北斗「そうだみんな。マンソンさんの言う通りだ」

翔太「わかってるわかってる」

冬馬「さぁ、行くぜっ!」

マンソン「みんな! いつものリズムを忘れるなよ!」

翔太「マンソンクンこそ、ピアノちゃんとやってよね!」

北斗「生まれ変わったジュピターを、プリンセスたちに見せてあげよう!」

冬馬「楽勝! だぜ!」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/16 22:02:55.77 ID:iHynlysW0

スタジオジブリ

鈴木P「イカ娘?」

駿「うん。イカ娘。知らない?」

鈴木P「いやまあ…知ってますけどね。一応」

鈴木P「こういった大衆漫画を宮さんがやるっていうのはその、珍しいと言いますか」

駿「前にも似たようなことはあったでしょう」

鈴木P「あれは…まあ」

駿「今回は僕が監督しますから」

鈴木P「いやあ、ははははは。…本気ですか?」

駿「企画通しておいて下さい。僕は必要なスタッフに声かけていきますから」

鈴木P(大変なことになったぞ…)


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/07/27 22:59:17.74 ID:UMXIpBpy0

~765プロライブシアター劇場にて~

ワアアアアアアァァァッ――!!

翼「みんな最後までありがとーっ!」

志保「これからも私たちをよろしくお願いします!」

星梨花「二周年記念ライブ、ミリオンスターズがお送りしました~!」



ベテランP「――うんうん、みんな成長したな」

若手P「お、俺……ここまでみんなと一緒に歩いてきたこと、誇りに思うっス!」

P「あぁ……そうだな」

社長「だがこれはまだ終わりではない。むしろ新たなスタートだ。君たちにはこれからも期待しているぞ!」

ベテラン・若手P「ハイ!!」

P「……はいっ!」


ワアアアアアァァァッ――


P「……――」




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2014/12/26 21:19:00.69 ID:WSI1EVPL0

衛宮士郎「慎二!!俺もう我慢できねえ!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/kako/1353311957

衛宮士郎「言峰!!俺もう我慢できねえ!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/kako/1360675408


番外編

衛宮切嗣「言峰!!俺もう我慢できねえ!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/kako/1364222942

衛宮切嗣「聖杯!!俺もう我慢できねえ!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/kako/1368627906



関連記事
2 : ◆JMtHZYT6.E[sage] 2015/07/30 07:11:20.89 ID:VCMRMpTO0


えり「ですから!野依プロの頑張りに胸を打たれたんです!次は是非三尋木プロに!」

恒子「いやいや!次はすこやんのアラフォー飯を!」

P「いあぁ…そんな事言われてもねぇ…」

はやり「はやや~☆じゃあこういうのはどうかな?」

本番当日

はやり「2人で協力!三尋木プロの初めてのおつかい~☆」

恒子「実況は私!ふくよかじゃないアナウンサー福与恒子と!」

えり「…張りつやの無いアナウンサー針生えりがお送りいたします」イラッ

はやり「解説はふくよかで張りつやのあるプロ、瑞原はやりがお送りいたします☆」


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[saga] 2015/07/23 11:31:23 ID:RpViTze6




モバP(以下P表記)「えーと…シュネッケン?聞いたことないお菓子だな」

P「いっぱいあるし、食べてもいいよな」

P「ひとつもーらい、っと」パクッ…モグモグ

P(…さーて、今日も一日仕事がんばr)モグモ

P「」ブフゥッ!!

関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/07/21 22:53:36 ID:TFAizLgQ

「すみません」

後ろから裾を摘まれ振り返ると、小学生だろう女の子が僕を見ていた

男「どうしたの?」

小学生「お母さんたちとはぐれちゃって……」

男「迷子? 携帯の電話番号とかって知ってる?」

小学生「わかりません……」

男「じゃあはぐれたときの待ち合わせ場所とか決めてある?」

小学生「……ううん」

男「そっか……じゃ、お巡りさんにお母さんを探してもらおっか!」

小学生「あ、ちょ、ちょっと待って!」

男「?」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/30 20:05:01.28 ID:xb2fRlPY0

提督「うーむ、今年は特に蒸し暑いな」

提督「こんな日は、いっそクーラーを切って」

提督「艦娘と汗だくックスしたいところではあるが……」

金剛「」ピクッ

榛名「」ピクッ

大和「」ピクッ

提督「こうも蒸すと、脱水症状になりそうだ」

提督「ここは一つ、納涼怪談大会でも開いてみるか」

艦娘「チェッ」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/30 17:47:21.14 ID:j+JeHKIlo


翼「ねえねえ美希先輩~、お堀なんかに何しに来たんですか?早くカラオケに行きましょうよ~」


美希「んー。ここにはね、美希がすごいなーって思ってる先生がいるの」


美希「最近忙しくて会いに来れなかったし…ちょうどいいから翼も会っておくべきだって思うな」


翼「美希先輩の先生…つまり私からすれば大先生ってことですね!」


美希「その理屈はちょっとよくわからないの…あっ、いたいた、カモ先生ー!」


翼「カモ…先生…?あのカモが先生なんですか?さすが美希先輩、なんというか自由ですね~♪」


美希「翼にだけは言われたくないの」


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/07/30 22:02:52 ID:DNl.AyyI

国王「おい大臣、また勇者が戦死したと言うが、真か?」

大臣「ええ。同行していた女騎士が証言しております。加えて…」

国王「神託か?」

大臣「はい。司祭が第10代勇者の到来を託宣したそうです」

国王「もう9人もやられていたのか」

大臣「そうです。今回の魔王は前例のない程に強大な模様です」

関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP