PickUp
スポンサード リンク
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/04/29 19:49:55 ID:TJ.O7Hd2


一夏(風邪をひいてしまった……)

一夏(最近、流行ってたからな……)

一夏(…………)

一夏(ポ○リでも飲もう……) ムクリ

一夏「グビグビ……ぷはっ」

一夏「ふう……」

一夏「…………」

一夏「あ」

一夏(連絡……しておかないと……)

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/04/27 22:11:34.53 ID:mQDgjFWj0

~キタローの部屋~

キタロー「…」むくっ…
キタロー「んっ…」

キタロー「ダメだ…止まらない」

僕はペルソナという特殊能力を使えようになって様々な人たちと触れ合う機会に恵まれた。
僕にはどうも人に好かれやすいカリスマ的魅力を持っているようで様々な人に好感を得ることに成功した。

僧侶…社長…女の子…病人…担任の先生などこの町に来て様々な人達と接してきた。
中でも女子とは多くの交流を持った。



関連記事
2 : >>1[saga] 2015/04/29 15:44:23.66 ID:2wmDsijC0



346プロダクション内 レッスン終了後


島村卯月「凛ちゃん、未央ちゃん、お疲れ様です!」


渋谷凛 「お疲れ卯月」


本田未央「おつかれー、今日は午前のレッスンだけで終わりだよね?」


卯月「そうですね、明日も日曜日なのでお休みです」


凛「そうだね、時間あるし遊びにでも行く?」


未央「いいねー!行こ行こ!」


卯月「あ、あの!」


凛「どうしたの?」


卯月「二人が良ければなんですけど・・・」


卯月「私のお家に来ませんか?」



関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/29 13:20:44.60 ID:4Ze56BRr0NIKU.net

妹「あぁぁぁぁぁぁぁ!!!!なにゲロぶちまけとんじゃ!!」

僕「助けて...お腹いたい...」ゲロゲロゲロ

妹「死ね!!このゴミ!!」

僕「苦しい...」ゲロゲロゲロ

妹「ちょちょ...本当にやばいの?」

僕「うっ...おえっ...」ゲロゲロゲロ

妹「救急車!!」ぴぽぱ

救急車『はい救急車です』

妹「お兄ちゃんがカニ食べてゲロを!!」

救急車『これはまさか...!!』

関連記事
1 : ◆WnJdwN8j0.[saga] 2015/04/29 13:46:57.49 ID:8Q1QErHF0

魔王「ぐあああああぁぁぁ」ダンダンッ

魔王「あのアバズレ!クソビッチ!死ね!」ダンダンッ

側近「どうしたんですか魔王様、そんなに魔力を滾らせて」

魔王「これを見ろ!」

側近「魔法の鏡…ですか」



悪魔『クッソォ、覚えてろよぉ~!!』バッサバッサ


側近「おや、悪魔が敗走ですか。これは由々しき事態…」

魔王「そっちじゃねぇ!!」

側近「?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 19:07:37.48 ID:913HPIcLO


未央「おお!?プロデューサーってそういうのに無頓着かと思ってたけど……」

凛「知ってたんだ、卯月の誕生日」

武内P「はい。皆さんのプロフィールを把握しておくことは、プロデューサーとして基本ですから」

武内P「それに―― 」



莉嘉「飾り付けってこんな感じかなー?」

みりあ「うん!あとはこっちのデコレーションだけだね!」

きらり「高いところはきらりに任せて☆」


かな子「卯月ちゃんの誕生日をお祝いするために、ケーキを焼いてきました!」

智絵里「か、かな子ちゃん、凄い……!」

杏「あーあ、かな子ちゃんが嫁に来てくれれば杏が食事に困ることはないんだろうなー……」


みく「違うにゃ!まずはケーキ、ありきのプレゼントにゃ!ケーキの火を消してからプレゼント!」

李衣菜「違うね!誕生日おめでとうってことを伝えてプレゼント渡して、それからケーキだね!プレゼント渡してからケーキ!」


アナスタシア「自身の誕生日でなくても、誕生日というのは……ワクワク、しますね?」

美波「ふふっ、そうね。卯月ちゃん、きっと喜んでくれるわ」

蘭子「遂に根源の依代を祝福の闇へと誘うときがきたか……(私も精一杯お祝いしたいです!)」



武内P「――プロダクション内がこの様子ですから、どなたでも気づくかと」

未央「確かに!」

凛「じゃあさ、プロデューサーも何か持ってきたの?卯月に誕生日プレゼント」

武内P「その件なんですが……」



関連記事
1 : ◆li7/Wegg1c[saga] 2015/04/29 12:09:56.59 ID:jxzUprNZ0



2015年4月24日午前X時


那智「艦これも、皆様のお陰で二周年を迎えた」

那智「これまで我々を支えてくださった提督には、感謝の意を表明せねばならん」

那智「と言うわけで、今年も我等がbob父上の手がけた艦娘のみんなに集まってもらった・・・!」


川内「えー? 今日は夜戦じゃないのー? みんなで夜戦しよーよ!!」

那珂「今夜は那珂ちゃんの深夜ライブでしょー!?」

那智「・・・お前ら」ハァ


利根「おー! 今年も記念撮影かー! 無事2周年を迎えられてめでたいのう!」

筑摩「利根姉さんと一緒に2周年・・・、素敵です!」




関連記事
1 : 名無しさん@おーぷん[] 2015/04/29 09:20:03 ID:h7n

少女「そうなんですよ!!」

少女「今、村で大騒ぎになってるって噂です!!」

巫女「ふーん…」

少女「早く退治に行きましょう!!」

巫女「イヤよ」

少女「え!?何でですか!!」

巫女「何でもクソもないわよ」

巫女「今までどんだけアンタに騙された事やら…」

少女「だ、騙した覚えなんか…」

巫女「あー、誰だったかしらねー。池に浮かぶ皿を河童に見間違えて私を呼んだり」

巫女「提灯を火の玉に見間違えたりしたのは…」

少女「あ、え、えーと…誰でしょうね~…」

巫女「…」

関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/28 09:16:51.54 ID:xJD0XzyV0.net

俺「すみません」

超絶美人女上司「謝罪じゃなくて理由を求めてるの、わかる?早く説明してもらえない?」

俺「えっと…」

超絶美人女上司「君さ、ここに入ってもう一年になるんだけどまだまともに仕事できないの?」

俺「…ごめんなさい」

超絶美人女上司「謝らなくていいからちゃんと仕事して欲しいんだけど」

俺「…これから頑張ります」

超絶美人女上司「それ何回も聞いたよ。今ので何回目?」

俺「…わかりません」

超絶美人女上司「168回目よ。自分のことも覚えてられないのね」

俺「…ごめんなさい」

超絶美人女上司「ハァ…全く世の中にどうしてこんな無能がいるのかわからない」

俺「……ごべんなさい」

超絶美人女上司「うわ、泣きだした。泣けばいいと思ってるの?幼稚園児と同レベルね」

俺「…………ごべんなさい」

関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/29 01:34:26.49 ID:4BJRx8DIO



・事務所 PM1:30


P「僕は死にましぇん」

ちひろ「キモいから早く仕事しろって」

P「今のモノマネ分かんねえの?」

ちひろ「おう」

P「ださ(笑)」

ちひろ「撃ち殺すぞ」

P「銃持ってからほざけよ」



ちひろ「あんだとゴラァァァァアアアア!!!!!!」ババババババ!!

P「ぎゃぁぁぁああああああああ!!!!!」


関連記事
1 : ◆PiqUzW26Xw @\(^o^)/[] 2015/04/10 05:59:58.82 ID:7ZObay2o0.net

男「何の事?」

幼馴染み「と、と、惚けないで」

幼馴染み「わ、わ、私、見たんだから」

男「もしかしてバイトの話か?」

幼馴染み「!」コクン

男「ただのバイト仲間だよ」

幼馴染み「う、嘘・・・だって仲よさそうにしてた」

男「というか何でバイト中の事知ってるんだ?」

幼馴染み「そ、それは・・・その」

関連記事
1 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/04/28 17:06:46.69 ID:8gPI4/adO


真「プロデューサーは、結婚式は和風がいいですか?それとも洋風ですか?」


P「……真が選んだ奴がいいな」


真「むっ……プロデューサー、適当に決めてません?」


P「い、いや、真が選んだやり方でするのが嬉しいんだよ」


真「そうですか?じゃあボク、洋風でやりたいです!」


真「やっぱり、ウェディングドレスを着てみたいんですよね……ボク」ホクホク


P「そ、そうか……わかったよ」



関連記事
1 : ◆ypefUVIhnM[saga] 2015/04/28 22:20:02.89 ID:qFGdm9020


見切り発車です。

告白成功確率は低いものの、告白が成功する度に成功確率は拡大予定。

コンマによっては修羅場になることもあります。

初対面での告白が多いので成功確率は低いです。




関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/28 21:52:02.75 ID:v/yIbAnIM.net

俺「ちょっと高いけど、部屋の気分を変えるために買ってみるかあ」

俺「さっそく貼ってと・・・おお、いい感じじゃん」

俺「・・・」

俺「もう少し大きめの欲しいな」

関連記事
1 : ◆li7/Wegg1c[saga] 2015/04/28 21:02:52.63 ID:oekffFfr0



最初に言っておく! なのです。

こちらは艦これ公式四コマと仮面ライダー響鬼のコラボSSです。前4作とはまったく世界観等は無関係で続編でも何でもないです。
あと、か~な~り~響鬼さんがおかしい!

です。
一人前のレディーにはか~な~り~早すぎるかもしれないのでご注意ください。
・・・ハラショー


前作

祥鳳「私が轟沈・・・?」 剣崎「ウゾダドンドコドーン!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425207826/

弦太朗「俺は全ての艦娘と友達になる男、如月弦太朗だ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425986661/

比叡「カレーができました!」橘さん「これ食ってもいいかな?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427537012/

睦月「私は最強だー!」 上城睦月「艦娘?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428572159/



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/28 13:18:18.99 ID:BXP9LX3AO


大事なことなので何度でも

…そう、ボクはカワイイ

鏡に映るボクを様々な方向から見つめ

一分の隙もないカワイさに微笑む

ボクは神様が選んだ存在

…いえ、ボクは神様よりもカワイイのです!!




関連記事
1 : 名無しさん@おーぷん[] 2015/04/28 18:53:19 ID:w1E

おじさん 「それはね、おじさんが肉便器だからだよ」

男の子 「にくべんき?」

おじさん 「うーん、生きてるトイレってことかな」

男の子 「そうなんだ」

関連記事
2 : ◆sSG7v7hQUpU3[] 2015/04/01 23:45:29.70 ID:Kd+hGTXBO

提督「だから、もうその呼び方はやめろって言ったろ?」


早霜「フフ…いまいち、慣れませんね」


提督「まあ、呼び方は何でもいいがな」


早霜「なら、司令官、でも良いですね?」


提督「うう…」

関連記事
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/28 12:19:00.37 ID:NWenYq8+0

ガチャ

にこ「はい、もしもし」

絵里「もしもし?私だけど」

にこ「………名前を言いなさい」

絵里「私よ私。かしこいかわいいエリーチカ」

にこ「それ電話に出たのがうちのちび達だったら相当恥ずかしいからね?」

絵里「私は声を聞いた瞬間ににこだって分かったわよ。恋人だもの」

にこ「そう」

絵里「そっけないわね」

にこ「…そんなことないわよ」

絵里「…もしかして私が昨日電話しなかったからかしら?」

にこ「…毎日するって言ってたくせに」

絵里「それは本当にごめんなさい。昨日は少し忙しかったのよ。ただ…」

にこ「ただ?」


関連記事
1 : ◆C2VTzcV58A[saga] 2015/04/28 17:31:51.65 ID:05O5Nt8v0

P「今日はいいところに連れて行ってあげよう」

梨沙「いいところ?」

P「そう、とても楽しいところ。夢のような場所だ」

梨沙「ふーん。なんか面白そうね。で、どこ行くの?」

P「お城だ。ぐふふ」

梨沙「お城?」



関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP