PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/10/31 22:27:31.41 ID:z/28asry0.net

ハルヒ「!?」

ガタッ
俺「玄界灘中出身、涼宮ひろし。ただの人間には興味はない」
 「この中に『組織』について有力な情報を持った奴がいたら俺のところに来てくれ・・・以上だ」

ハルヒ「」

~休み時間~

ハルヒ「ちょっとアンタ! さっきのどういうつもり!?」

俺「さっきの・・・俺の自己紹介のことか?」

ハルヒ「そうよ!組織がどうとか・・・説明しなさい!」

俺「アンタ、『組織』について何か知ってるのかい?」

ハルヒ「知らないから聞いてるんじゃないの!」

俺「(やれやれ・・・付き合ってられないな・・・)ほりゃっ」ブゥゥ~

ハルヒ「!? 屁!?」

シュゥゥゥゥ・・・

ハルヒ「ケホケホ・・・ちょ、ちょっとアンタ!一体どういう・・・」

ハルヒ「消えた!?」

関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/10/31 20:27:32.51 ID:tbO5RSih0

アリト「ふーん」

璃緒「・・・」

アリト「なあ何かねえのか?」

璃緒「何が」

アリト「面白い事」

璃緒「そんな事ぐらい自分で考えなさい」

アリト「・・・」

璃緒「・・・」

アリト「ギラグも何処か行っちまったんだよな。暇じゃねえのお前は」

璃緒「別に」

アリト「・・・」

璃緒「・・・」


関連記事
1 : ◆L0dG93FE2w 2014/10/31(金) 14:55:33 ID:I9coa73I


ガチャッ

ゾンビ「……」
ユラユラ

お化け「う、うわぁっ!?」

ゾンビ「……」
ユラユラ

お化け「えっ?何その顔……」

ゾンビ「……!」
ズリッズリッ

お化け「ちょ、その顔で、無言で近づいて来るのやめてよ!」



関連記事
1 : ◆ybc8meXZ/Q[saga] 2014/10/31 19:29:05.58 ID:5PzD0OT+0

モバマスのssです。

輝子が吸血鬼になってます。特に人に戻らず、最後まで吸血鬼なので許せる方のみどうぞ。


関連記事
2 : ◆WnJdwN8j0.[saga] 2014/10/31 19:38:31.55 ID:sgWc7EID0

賢者「何を言っているんですか勇者様!」

勇者「シッ!魔王に聞こえる」

賢者「魔王は武闘家さんと盗賊さんとの戦いに集中しています」

勇者「とにかくもうそれしかないんだ」

賢者「どうしてそうなるんですか!」


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 2014/10/31 20:28:24.43 ID:vsOJljUf0

ポッター「闇の魔術とか弱くね?」

ハリー「魔法省でのダンブルドアとヴォルデモートの決闘を間近で見たときに何か違和感を感じたんだ」

ロン「うん?」

ハリー「あのとき、ヴォルデモートの死の呪文は金の像に阻まれた」

ロン「呪文はどこまででも届くわけじゃないからね」

ハリー「それは常識だよね。でも同時に、死の呪文が反対呪文や防御術で防げないのも常識じゃん?」

ロン「うん…あっ」

ハリー「そう。丈夫な遮蔽物を置けば、呪文を使うまでもなく死の呪文への防御策となる」




関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/10/31 17:51:46.48 ID:tbO5RSih0

カイト「!?」

ハルト「前も兄さんに言ったよね?僕はもう大丈夫だって」

カイト「だが俺はお前が心配なんだ」

ハルト「それは解るよ。でもね僕だって一人でできる事だってあるんだよ」

フェイカー「カイトよ弟離れのできないお前にⅤが一人の男を紹介してくれたぞ」

カイト「一人の男?」

フェイカー「うむ、お前と同じく弟を持つデュエリストらしい。ここへ行きなさい」

カイト「そんな奴の頼るなど俺はできん!」

ハルト「あれも嫌これも嫌と駄々をこねる兄さんは嫌いだ」

カイト「」


関連記事
1 : ◆5/VbB6KnKE[saga] 2014/10/31 15:20:53.55 ID:KmswGJ8N0



幸子「そんな…」


輝子「…ご、ごめん」


小梅「しょ、輝子さんは…悪くない、よ…?」


幸子「でも、見た感じ変化は無いような…」ジッ


輝子「…フヒ」ソワソワ


小梅「ど、どれくらい伸びたの…?」




関連記事
2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/30 17:21:00.29 ID:/PSuN90y0

ハッ! ヤァッ! アイヤッ!


亜季「ふむふむ...なるほど...」

P「亜季、またカンフー映画見てるのか?」

亜季「ええ、実に興味深く、おもしろいであります!」

P「香港での撮影のために参考として見せたけど、もう終わったんだぞあれ」

亜季「確かに撮影自体は終わってしまいましたが、後学のためと思いまして」

P「まあ、勉強熱心なのはいいことだけどな」

亜季「そういえばこのカンフー映画のDVDはP殿の私物なのですね」

P「おう、結構好きで集めてたからな、亜季はあんまり見たことなかったんだっけ?」

亜季「私もアクション映画は大好きですが、どちらかというとドンパチ賑やかな方を見てましたので」

P「亜季の見てる映画にはマシンガンが常に出てくるもんな...」

亜季「もちろんそういう映画には肉弾戦もありますが、下手な小細工などしない真っ向からの殴り合いでしたので、こういうのは新鮮です!」

P「なるほど」

亜季「でもたまには蒸気抜きみたいな変化球もあるので退屈しませんよ!」

P「変化球か?あれ...」

関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/10/31 04:40:41.47 ID:k5GfjwVv0.net

リツコ「あなたのお尻の護身用に作ったの。でも、使用は慎重にね」

シンジ「ありがとうございます」

関連記事
1 : ◇KM6w9UgQ1k[sage saga] 2014/10/30 22:59:55.25 ID:fRCLOoOR0

「この物語はフィクションであり実在する人物、団体、事件、その他の固有名詞や現象などとは何の関係もありません。嘘っぱちです。どっか似ていたとしてもそれはたまたま偶然です。他人のそら似です」

 ……ねえ、キョン。何でこんなこと言わないといけないのよ。あたりまえじゃないの。


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga sage] 2014/10/31 00:36:18.27 ID:KOwEP+150


未央「はい」

凛「えっ?」

未央「はい、しぶりんさん、どうぞ!」

凛「何が?」

未央「言ってみて、今の」

凛「急にどうしたの」

未央「いいからいいから!」

凛「言わないよ」

未央「え~っ……」

凛「何その反応。言わないよ」


関連記事
1 : 5409PRO ◆9G12fmecqU[saga] 2014/10/30 23:16:55.59 ID:OuSxMKaC0

モバP(以下P)「余興だ」

P「さてイヴを呼ぶか」

P「イヴー!イヴはいるか~!」

イヴ「はぁ~い♪」ヒョコ

P「可愛いなぁ~」ナデナデ

イヴ「いきなりどうしたんですか~///」

ガチャ

凛「ただいま」

P「イヴ天使!大天使!」

凛「」


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/10/30 22:28:19.60 ID:YpclQ2vH0

小鳥「ちょっとしっかりして」

遊馬「あれ?こいつ」

小鳥「知ってるの遊馬?」

遊馬「ああ、起きろ!おい遊矢!!」

遊矢「」

小鳥「ねえってば」

遊馬「小鳥には話したこと無かったな。こいつは腋コキ騒動の時の出会ったんだ」

小鳥「わ、腋コキ?」

遊馬「今は四の五の言ってる暇はねえよ。しっかりしろ」

遊矢「」


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/10/30 22:49:14 ID:1b/QAV4o



ほむら「転校初日なのにうっかり寝坊してしまったわ」

ほむら「急いで走っているけど間に合わなそうだわ」

一方通行「ベクトル操作」

ほむら「あっ、急に加速したわ」

ほむら「イチローのレーザービームくらいの速度が出てるわ」

ほむら「これならHRに間に合いそうだわ」

ほむら「ありがとう一方通行さん」

関連記事
1 : ◆b2/ys3/tgw[saga] 2014/10/30 09:05:14.71 ID:knXNpVTeo


  何時からでしょうか、貴女が泣かなくなったのは

  何時からでしょうか、貴女が此方を振り向かなくなったのは

  何時からでしょうか、貴女が私を必要としなくなったのは

  貴女の残した暖かさに、遠く小さくなるその背中に

  一抹の寂しさを、覚えるようになったのは



関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/10/30 22:20:40.54 ID:+D8pj+oKo

P(トレーナーさんからまゆがレッスンに来ていないと連絡があった)

P(まゆは無断で休むような子じゃない、何かあったかもしれない)

P(というわけでまず女子寮に来てみたんだが……)

P(どうやら部屋にいるみたいなんだよな)

トントン

P(さて、出てくるかな……)

P(まさか部屋から出られないようなことになってないだろうか)

ガチャ

佐久間まゆ「あら、プロデューサーさん。まゆに会いに来てくれたんですか?」

P(普通に出てきた)


関連記事
1 : ◆L0dG93FE2w[] 2014/10/30 19:56:14 ID:.lvsmcLY

幼「あ、あ……」

男「……」ゴシゴシ

幼「な、な……」

男「あな?」クルッ

幼「ち、ちがっ…あ、あ……」

男「…………」

幼「ぎゃーーーーーーー!」
ピシャッ
幼「あんたが!なんで!ウチのお風呂にいるのよっ!!」

関連記事
1 : 女エルフ[] 2014/10/30 17:39:04 ID:VMf7xzIBK

屈辱……でもお姉さまが人質……っ

何よ悪魔、その眼は! ……ぐっ、>>5を踊れですって!?

関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP