PickUp
スポンサード リンク
2 : ◆yz988L0kIg[saga] 2014/09/09 22:52:52.43 ID:95ipsC3j0

ちひろ「またですか?」

モバP「はい」

ちひろ「犯罪だけはやめてくださいよ」

モバP「大丈夫ですよ」

ちひろ「それならいいんですけど……」

モバP「雪美帰って来ないかなぁ~」

ちひろ(はぁ……まぁでも仕事はちゃんとやってくれてるからいいか)

モバP「雪美って10歳なのにたまにとても大人っぽくてどきっとする瞬間ありません?」

ちひろ「あ~確かにありますね」

モバP「でも普通に年相応なとこもあって一粒で二度オイシイですよね」

雪美(モバP…………お話…してる…。私の、話……?)

ちひろ(あれ…今柱の陰に雪美ちゃんが居たような……)

モバP「見た目もいいですよね」

雪美(私のこと……いつも……考えて…くれる……)

ちひろ(あ、やっぱり。 恥ずかしくて入っていけないのね)

モバP「吸い込まれるような黒い髪に透き通るような白い肌」

ちひろ「は、はぁ……(モバPさん気づいて!後ろ!後ろ!)」

モバP「それにあの上品でありながらどこかしら幼さを残した服も魅力的ですよね」

モバP「まるでお人形みたいだ」

雪美(うれしい……。でも…………早く…気付いて……私…ここにいる……)

ちひろ「え、えぇ……(いい加減気づいて)」

モバP「な、雪美」


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2014/09/09 21:50:03 ID:SpAlyMCY

勇者「……」

勇者「!」パチッ

勇者「なんだ、ここは……」

勇者「草原か……しかし見た事の無い景色だな」

勇者「一体どうなっているんだ……俺は確か、ボスクラスの魔物と戦っていて」

勇者「そうだ……戦闘中に突然光に飲み込まれて……」

勇者「転移魔法の類だろうか……」

関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/30 21:58:26.59 ID:v8MAt4WIo

・モバマスSS 藍子メインのポジティブパッション


茜「未央ちゃん 藍子ちゃん!この公園どうでしょう!庭園とか競技場とか!なんだかよくわからないけど、豪華ですよ!!」

未央「おーどれどれ?…! いい!凄くいい!ここにこんな良い公園あったんだ!お手柄だよ日野っち!」

藍子「写真の景色も凄く綺麗…じゃあ、今度のお休みの目的地はここに決定ですね!」

未央「異議なし…っとと、うーん、でも歩くにはちょっと駅から遠いね。どうしよっか?」

茜「そこは勿論!燃えたぎる情熱で!走り抜けましょう!!」

藍子「そ、それはちょっと…」

未央「エンリョしたいかな…うーん…お?ちょっとちょっと二人とも、ここ見て!ここ!」

茜「『レンタルサイクル・公園まで、木々に囲まれた川沿いを自転車で気持ちよく走り抜けよう』…自転車で川沿いをサイクリング!しかも目的地は公園!まさに一石二鳥!!」

未央「うむうむ、これで問題は何も無くなったね!じゃあ改めて、今度のお休みはこの公園で」

藍子「……あ、あの…」



関連記事
1 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/09/30 19:27:09 ID:WTiDYvIL9

女騎士「ふふ…良い身体をしているな」

オーク「どんな苦痛でも与えるがいい!儂は何をされても仲間の何所は吐かんぞ!」

関連記事
1 : ◆ZariPvCSCY[sage] 2014/09/30 17:26:03.74 ID:0O9hsZNX0

・Pがざりがにです、深い理由はありません
・ゆるいです
・時系列はばらばらです


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/09/30 16:34:54.97 ID:Y8mMTouY0

遊星「それは本当か?」

龍亞「学校中大騒ぎなんだ!早く来てよ遊星!」

遊星「よし、解った」

ジャック「何かあったのか?」

遊星「実は」

ジャック「何だと!?十六夜の胸から母乳!?」

遊星「急ごう何か嫌な予感がするんだ」

龍亞「ほら早く!」


関連記事
1 : ◆5/VbB6KnKE[saga] 2014/09/30 16:05:11.56 ID:puFjM7o90



女子寮・蘭子の部屋


蘭子「さぁ魔王の軍勢よ!我に付いてくるがよい!!(皆ー!ちゃんとついてくるんだよー!)」


仁奈「気狂みの気持ちになるですよ…」


千佳「魔女の力…見せつけてあげようかな!」


雪美「…」


薫「まおうさまのおおせの通りにー!」


こずえ「ふわぁ…闇の力…だよー?」


千枝「歩みを早めましょう…時は待ってはくれませんよ?」


蘭子「クク決して掟を破るでないぞ?…では、進行を開始する…!!(皆、手つないでいきましょうねー)」




関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/29 19:48:42.09 ID:mb69bSzW0

のんびりと書いていきます

一応続き物です

モバP「伊吹って可愛かったんだな」


関連記事
3 : ◆j9SK9NH//w[saga sage] 2014/09/25 23:48:07.05 ID:clmYnYAJ0

絹恵「末原先輩、何かあったんですか?」

末原「いや、試合終わった直後やったから気にしとらんかったんやけど、ほら宮守の大将にサイン渡したやん」

絹恵「あー、あの大きな人ですよね」

末原「今思うと、あのサイン酷かったな、思うて」

絹恵「そうでした?」

末原「手が震えとったから、なんか蛇みたいになっとった気がする」

絹恵(というか、末原としか書いてないサインってどうなんやろ)

末原「気になると仕方ないわ、ちょっと書き直しに行ってくる」

絹恵「行っちゃったけど、大丈夫かな」

洋榎「今はええことかもしれへん。清澄のプラスマイナスゼロ、結構精神的にくるものがあるはずや」

関連記事
1 : 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします[saga] 2014/03/29 20:55:33.82 ID:UNOSIPuY0


貴音「あなた様、あなた様」

P「どうした貴音。 …ん? なんだ、それ」

貴音「ふふ、さすがはあなた様。お目が高いですね」

貴音「これぞ、名づけて『おひめちんすいっち』です」

P「」



P「いや、どうしろと」



関連記事
1 : ◆X/.huEhU1Q[sage saga] 2014/09/29 21:28:37.02 ID:ZvWS06bv0

今日は久しぶりに街に出て、ぶらぶらとショッピング。

たまにしか来ないし、何か面白いものでもないかなって思ったんだけど・・・。

うーん。

ボクって、こういう所にきてもあんまり見るものが無いんだよね。

妹の鈴谷には、少しくらい流行に気を遣えって言われてしまったし。

同じく熊野には、美容やコスメにもう少し関心を持てとも言われた。

艦隊のみんなには、ボクは航空機にしか関心の無いマニアとして扱われてしまう始末。

一応、ボクなりには気を遣ってるんだよ?

・・・まぁ、提督はその辺ちゃんと分かってくれるから、それでいいと思ってるけどさ。

だって、ボクらが関心を寄せる男なんて、彼しかいないだろう?


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/09/24 16:10:49 ID:WmaQPD3E

【観覧注意】
・スカ有り・かなりのフェチ系。
クールな加賀さんが中盤以降ぶっ壊されてしまいます。感情移入するほど好きな人は見ない事を強くおすすめします。

書いている人は
「赤城のお尻にアナルビーズを入れて5日が経った」と同じ人です。
これはその続きとなります。
一部話題の共有がありますので、そちらも参照を…。

関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/09/29 19:18:56 ID:7niYzTkE

妹「ん……」 ぬ……ぬぬ……にゅるん!

妹「ふぇ? あ……や…ぁ……いやああああああああ!!!」

兄「どうしたマイスイートシスター!」 バッ

妹「やだ! お兄ちゃん来ないで!」

兄「ムッ! トイレだな! 今行くぞ!」 ダッ ガチャッ

妹「見ちゃ駄目ぇっ///」

兄「こ、これは?!」

妹「……お兄ちゃぁん、これ、なんだろ…?」

兄「白く! 太く! 長い! 何故便器にこのようなものが! 面妖なぁ!!」

妹「……///」

関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2014/09/28 05:00:26 ID:9q6r7NMA

ようこそウルトラハイパーエクストリームID腹筋スレへ!


ここはsageずに書き込み、出たIDの0以外の数字の階乗した数だけ腹筋をするという
超硬派なトレーニングスレです。

例1 ID:2hwG1kMs0 の場合は 21の階乗なので51090942171709440000回頑張りましょう。

例2 ID:bicycle0 の場合0以外の数字がないので今日は一休み。
※計算できないという方はこちらで→http://www.kishimo.com/math/kaijou.html


               ∧__∧
              ( ´・ω・` )     
             /::  `ニニ´ .:::\`ー-、_
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...       ̄``ー-、  
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...    r       \ 
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ハ  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ  
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧   
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ   さあ、存分に腹筋するがよい。↓

関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/09/29 19:00:40.92 ID:I3VB5MepO

シルバーアロワナ「…ふ」

シルバーアロワナ「…ふはは」

シルバーアロワナ「…ふはははは!」


ブラックアロワナ「お…おう…どしたいきなり…」



シルバーアロワナ「…どしたいきなりって…お前はもうちょっと嬉しそうな顔しろよ!」

シルバーアロワナ「今までアジアの影に隠れてた俺たちが、ようやく…
         ようやく目を向けられてきてるんだぞ!」


ブラックアロワナ「ん…まぁ、そうかもなぁ」


シルバーアロワナ「昔はつらかった…なんせ俺達って安いだろ?」


ブラックアロワナ「アジアアロワナにくらべりゃあなぁ…」


シルバーアロワナ「だからよ…扱いが雑というか…2mもない水槽でよ…高さもクッソ
         低いところにぶちこんで、餌も金魚ばかり…俺たちは浮いてる昆虫が
         嗜好的で至高だっつうのによ!」


ブラックアロワナ「まぁ、辛かったわ…」


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/29 00:09:53.72 ID:UdEovgN7o

乃々「は、はい……」

モバP「え……えっと、マジで?」

モバP「アイドルだからとかそういうの抜きにして、引っ込み思案なお前に彼氏がいるってことに驚きなんだけど」

モバP「嘘じゃないの?」

乃々「その……嘘じゃないです……」

乃々「早めに報告しておこうと思いまして……」

モバP「……まあなんだ、スキャンダル沙汰にならなければ、俺としては恋愛も自由にしていいとは思うんだが……」

モバP「興味本位で聞くけど……お相手、どんな人?」

乃々「もうすぐ、ここに来ると思います……」

モバP「え、呼んでるの?」

ガチャ

輝子「お、お疲れ様です……フヒ」

モバP「お、輝子お疲れ」

乃々「あ……き、来ました」

モバP「え?」

乃々「か、彼氏です」

モバP「は?」

輝子「あ、い、言ったのか……」

輝子「えっと……乃々の彼氏です、フヒ」

モバP「…………」

モバP「は?」


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/29 01:07:00.73 ID:7UwqJ03/0

ー事務所ー


凛「…………」


凛「そう、彼氏…」


凛「…………」


凛「うん……えと、学校の2コ上の先輩で、こないだ告白されたから付き合うことにしたんだ…」


凛「背が高くてね、うん……プロデューサーよりちょっと大きいくらいかな」


凛「サッカー部で主将やってて……話したら晴も会いたいって言ってたし…」


凛「………うん」


凛「……うん、幸せだよ?」






関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/09/29 11:45:49.37 ID:Cht4SRfZo

P「……」カタカタ

Prrrr Prrrr

P「ん?電話か」

P「えーと、あずささんからか」ピッ

P「はい、もしもし」

あずさ《あ、プロデューサーさんですか?》

P「はい、どうかしましたか?」

あずさ《あの……実はまた道に迷ってしまいまして……》

P「あー、わかりました、近くに何がありますか?」

あずさ《えーと……》

―――
――



関連記事
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/09/29 09:23:56.15 ID:VhPpDlze0.net

被検体俺「…」

ムクムク

マッドサイエンティスト美少女「うふふ…うまくいったわね」

マッドサイエンティスト美少女「もっと…もっとおっきくなりなさい」ナデナデ

被検体俺「…!!」

ムキムキムキ

マッドサイエンティスト美少女「な、なにこれ!?予想をはるかに超えてる!!」

マッドサイエンティスト美少女「だめ!!静まって!!やだ…膨張がおさまらない!!」

マッドサイエンティスト美少女「お、落ち着いて…私はマッドサイエンティストよ」

マッドサイエンティスト美少女「まずは衣服を脱がし直に観察を…」

チンコボンッ

マッドサイエンティスト美少女「きゃぁっ!?なによこれ…こんなの聞いて無い…!!」

ソー… ナデナデ

マッドサイエンティスト美少女「熱っ!!まさか…ここまでの熱と強度と大きさなんて…」

マッドサイエンティスト美少女「ついに…私はイフリートを見つけた…」

関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/09/29 03:00:46 ID:U8doAe9U

みたいなのが見たいんです!
お願いします!

関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP