PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga sage] 2014/05/31 20:23:07.99 ID:RmUNO+Ic0

律子「わわっ!? すすす、すみませんでしたー!」

バタン

P「……」

P「……」ゴソゴソ

P「もーいーよー」

ガチャ

律子「……あの」

P「なにかな」

律子「勢いに釣られましたが、何で事務所のど真ん中で素っ裸だったんですか!?」


関連記事
1 : >>1[saga] 2014/05/05 16:57:45.51 ID:NkxOGtWXo


まずい……


強すぎるな……


強すぎる……今回の魔王……


破壊神の創った勇者ですら全く歯が立たないか……


神が創りだせる勇者は一柱につき一人……


後、残っているのは……


生命の……豊穣の……


ダメだな……


ああ、ダメだ……アイツはまるで戦えない……


この星は終わり……


我々は大いなる存在に……


ああ、見捨てられた……


見ろ、ただの少女だ……


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/05/31 22:46:41.41 ID:8jha7Cyho

卯月「どう? 凛ちゃん」

凛「駄目みたい……返事もしてくれないよ」

未央「うーん、どうしようか」

奈緒「どうしようって言ってもなぁ……」

加蓮「出てきてよ、プロデューサー」ドンドンドン

美嘉「プロデューサー! 返事ぐらいしてよー」ドンドンドン

凛「……これは時間がかかるかもしれないね」

卯月「持ち込んだパソコンの音は聞こえるんだけど」

加蓮「引きこもっても、ちゃんと仕事はするんだね」

未央「まいったね、こりゃ。あはは」


P「……………………」カタカタカタ


関連記事
1 : ◆cZ/h8axXSU[saga] 2014/05/31 21:59:50.04 ID:b1g6uGtC0

戦乱の時代も終わりを告げて早数年
大きな戦が無くなっても人々の欲望は消えない
例えば……なんかよくわからないが色々です!

そんな時代ッ!!一人の妖精さんが立ち上がったッ!!


妖精「いいですか勇者さん。貴方はなんか私より偉い妖精さんから加護を受けた正式な勇者なんです責任をもって……」

ゴリラ「ウホッ、ウホホ」モグモグ

妖精「……」


これが私と勇者さんですッ!!


関連記事
2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2014/05/28 02:21:54.27 ID:eguKirnFO

その日、海未ちゃんと穂乃果ちゃんが付き合ってることを知りました。

海未ちゃんから告白したんだって。それで、穂乃果ちゃんがOKしたみたい。

3人で帰ってる途中にね、突然、海未ちゃんが「ことりには言っておきたくて……」って、切り出して。

その一言の後、海未ちゃんはしばらく黙っていたんだけど。その時にちょうど、海未ちゃんを挟んで向こう側を歩いている穂乃果ちゃんの真っ赤な顔が目に入って、そこで海未ちゃんが次の言葉を言う前にはもう、ことりは全部気付いちゃったの。

ああ、そうか。私は、遅かったんだ、って。

関連記事
2 : 海老天 ◆hBWIIyS/uM[saga] 2014/05/27 22:57:17.25 ID:ThB4Spi1o

咲「……ここは?」

咲(高校入学までの記憶がない……あれ? デジャヴ?)

恒子「ヤッホー。新米殺し屋さん」

咲「え?」

恒子「そこに支給された服と得物。それと指令書があるからね」

咲「ちょっと待ってください!」

恒子「どしたの?」

咲「徹頭徹尾、訳が分からないんですけど」

恒子「……なんとかなるって!」

ーーーー
ーーーーーー

関連記事
1 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/31 22:19:16 ID:Oivny5n27

コナン「あれからもう10年か」

灰原「そうね。あなたとの腐れ縁も、もう10年になるわね」


俺たちは元の体に戻れずに江戸川コナンと灰原哀として10年の歳月を過ごした。


コナン「色々なことがあったな」

灰原「そうね」

関連記事
1 : ◆VJRQu9X6ME[saga] 2014/05/30 17:40:20.60 ID:8QXJrdj/o

~1945年6月、ブリーフィングルーム~


エイラ「あついなぁ、サーニャ」

サーニャ「そ、そうね」

サーニャ(エイラがそんなに寄りかかって来るからじゃ……)

エーリカ「ふふっ」


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/05/29 16:25:41.29 ID:Th3vdlk90

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401186326/
の続編かもしれないです。


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/05/31 18:15:51.27 ID:KuIiX5g1o



   ウロ……

           ウロ……


カイジ「……まいったな」


 役所を出て十五分……伊藤カイジは迷っていた

 本来であれば五分で最寄りの駅につくはずの道程

 暑さに参ってコンビニでアイスを買ったのがいけなかった


関連記事
1 : ◆otejkj8BnbjK[saga] 2014/05/31 00:22:39.38 ID:FaJCsfI20

愛「うぅー、暑いよー!このままじゃ私とけちゃうよぉ…」

愛「あ、あそこ新しくコンビニが出来てる。事務所に行く前に飲み物買っていこっと」

ウイーン

店員「いらっしゃいませー」

愛「涼しいー…っと、いけないいけない。飲み物買わなくちゃ」

『はいさーい!自分我那覇響だぞ』

愛「あれ、響さん?でも声はするけど姿は見えないよね」


関連記事
1 : ◆XGtBsmhr0TnO[saga] 2014/05/31 00:48:48.91 ID:hPpV/+XJ0


ζ*'ヮ')ζ<読む前の注意事項です!どうでもいい人は飛ばしちゃって下さい!

・やよいが色々な事を言います。多少過激なことも言いますがご了承下さい。
・文自体は考えましたが、いろんな人のセリフや四次元殺法コンビAAのセリフを使ってる、パクッてる事をご理解下さい。
・会話形式とやよいの一言形式で進みます



ζ*'ヮ')ζ<それじゃあ、始めます!



関連記事
2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/05/29 02:23:10.68 ID:OPUZkagj0

放課後 教室

絢辻「ふう。これで今日の委員会の仕事は終わり、と」

絢辻「結構、遅くまでかかっちゃったわね...」

絢辻「いつもは橘君が手伝ってくれるんだけど」

絢辻「今日に限って『用事があるからごめん!!』だなんて...」

絢辻「あたしのことを二の次にするなんて、いい度胸してるわ。全く!!」

絢辻「明日から思いっきりこき使ってやるんだから!!」

絢辻「さて、あとは電気を消して... ってなにかしら、この本?」


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/05/23 00:22:23.21 ID:jr9UQRgDO

春香「ニックネーム…ですか?」

P「最近みんな仕事も増えて、アイドルとして順調に売れてきているだろ?」

P「そこで、ここで人気を一気に定着させ、伸ばすにはどうすれば良いか」

P「…それは、アイドルとしての親しみやすさだ!」

亜美「親しみやすさ…?」

真美「兄ちゃんどういうこと→?」

P「親しみやすさ…それはつまり、ニックネーム、愛称なんだよ!」

真「ええと…」

P「たとえば、『き〇らTAKUYA』は『キ〇タク』、『ま〇だあつこ』は『マ〇アツ』と親しみを込めて呼ばれてるだろ?」

あずさ「確かにそうですねぇ~」

P「だから、俺はみんなもニックネームをつけて売り出そうと考えている!」

響「おぉー、名案だな!」

美希「さすがハニーなの!」


関連記事
1 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/31 19:52:59 ID:GZjArVSDp

サトシ「俺セレナとユリーカと三人で旅がしたいんだ」

シトロン「なにいってるですかサトシ!?」

シトロン「僕のこと嫌いになったんですか?」

関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/04/26 00:40:25 ID:qOINlRtk

エル「エルはルドガーとはタイトーなアイボーなのにー!」プンプクリン

ソフィ「アイボー?」キョトンッ

エル「そ!アイボー!」エヘンッ

ソフィ「何だかよく分からないけど、格好いいね」

エル「なのにルドガーってば、エルに危ないからってお皿を洗っちゃダメーとか、包丁にさわっちゃダメーとか言うしー」

エル「エルもお料理手伝いたいし!」

ソフィ「そうだよね。私もシェリアのお料理手伝いたい」

エル「この前だってミラのお料理お手伝いしようとした時、ルドガーが邪魔ばっかりするんだよ!それでミラとケンカしてた」

ソフィ「アスベルも同じ事してたよ。その度にシェリアと大喧嘩」

エル「ソフィもタイヘンなんだねー」

ソフィ「うん」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/05/31 00:55:30.10 ID:zggVgJzDO

和葉「もぉ~!平次ったらあかんっていつもゆうとるやろ!」

蘭「仕方ないよ。和葉ちゃん。服部は、工藤が好きなんだから」

和葉「堪忍なぁ~。蘭ちゃん。でも不思議やな同じ犬でも雌やのうて雄の工藤種のみに発情するなんて」


関連記事
1 : ◆9R1SGsqFyk[saga] 2014/05/31 00:26:37.84 ID:pTB5Fl3j0


モバP「しかし、まだ信じられないな。きらりがウルトラマンだなんて」

浜口あやめ「ですが、変身したきらり殿の姿、確かにウルトラ戦士でありました」

モバP「……あやめもなあ、バルタン星人だもんなあ」



関連記事
1 : モバマスSS[saga] 2014/05/31 01:24:55.41 ID:rG+ILJQc0


卯月「は、はい? 芳乃ちゃんなんて言ったの?」

芳乃「この子はー妖しき力を持っていましてー、国を安んずるためには、抑え込んだ方がよろしいかとー」

こずえ「ちからー…こずえのなかにあるけどー……でも、ふーいんってなぁにー」

芳乃「無垢たればこそーしっかりとー、ご利益を配られる神様になるようにー、祀り上げてさしあげますー」

こずえ「こずえ、かみさまになるのー?」

芳乃「そうですともー」

芳乃「ではー方位を調べてー、気脈と合致させましょうー」ヒョイ

こずえ「わぁ…だっこー?」

芳乃「六壬ではー、ふぅむ、ここですねー」

こずえ「ここですかー」

芳乃「一社作りにしますがーさびしくないようにいたしますのでー。さてでは、囲うといたしましょうかー。紙垂と注連縄も要りますねー」


卯月「…………」

卯月(どうしよう! なんかすごいことしてるっぽいけど口が出せない……!)



関連記事
4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/31 02:11:36.32 ID:jRFHPJNz0

杏奈「…プロデューサーさん。今の、どういう……」

P「いやな?「レジェンドデイズ」の皆を顔合わせさせた時にさ、『どんなユニットにしていきたいか』って話になったんだよ…」







響『……それから、今回は「乙女ストーム!」のみんなのお手本になるようなユニットがいいなっ!未来はリーダーは初めてだし…自分達が引っ張っていかないとね!』

律子『そう。今回は、私達だけのライブじゃないのよね…。少しだけ先輩の私達が、「乙女ストーム!」のことも支えてあげられるといいわね』

やよい『少しだけ先輩、かぁ~。家族が増えたみたいで、とっても嬉しいです!』

伊織『にひひっ♪伊織ちゃんの鬼のシゴキに耐えられるかしら…♪』

亜美『んっふっふ~、いおりん。この前、もっちーができないステップ、丁寧に教えてあげてたのは誰だったっけ~?』

伊織『なっ…あ、アンタ見てたの…?これ以上余計なコト言おうとしたら、承知しないわよ!』







P「……とまあ、こんな感じのやりとりだったかな」

杏奈「…響さん達……そんな風に考えてくれてたんだ…!」

関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP