PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 22:38:21.59 ID:UZcAR1kB0

ちひろ「というワケで今夜も始まりました“突撃、隣のシンデレラ(仮)”のコーナー!」

P「正直、始まってほしくなかった」

ちひろ「何言ってるんですかPさん。プロデューサーたるもの、アイドルを売り出すためには
たとえ火の中水の中、どんな苦労もいとわず馬車馬のごとく働かなくてどうするんですか」

P「それについては同意しますが、アイドルの相手は俺じゃないほうがいいと思いますね」

ちひろ「そうですか? アイドルの子たちはかなりノリ気ですよ」

P「はぁ……」

ちひろ「自信をもってください。ほら、景気つけにこのエナドリを……」

P「いりません」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 22:56:12.86 ID:G0RAHR6T0

鳴「ハロウィンは知ってるよね?」

恒一「トリックオアトリートの奴?」

鳴「そう。それで三組にはね、決まりがあるの」

恒一「決まりって?」

鳴「お菓子を用意して、求められたら渡す。渡さなかったら罰ゲーム。名付けて『現象オアトリート』」

恒一「へぇ、面白そうだね」

鳴「悪戯されたくなかったら、お菓子用意しなきゃ危ないよ」

恒一「大げさだな」

鳴「ま、気を付けた方がいいよ。もう、始ってるから」

恒一「え?」


関連記事
2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/10/31 22:47:40.13 ID:m2jMiKLO0


◇住宅地

まどか「わあ、かわいい猫ちゃん!」

ゆま「にゃー」

まどか「何か書いてある……『拾ってください。名前は千歳ゆまです』、かあ」

まどか「あなた、飼い主さんに捨てられちゃったんだね……」

ゆま「にゃー……」コクン

まどか「そっか……よし、決めた!」

まどか「ゆまちゃん、貴女は私が責任持って育ててあげる!」

ゆま「にゃー♪」

まどか「私はまどか。よろしくね?」



ゆま(……えへへ、上手くいったねキョーコ!)

関連記事
1 : [sage] 2012/10/31(水) 11:53:06.99 ID:jPbpY69H0

P「はいはい、お菓子あげるからあっち行ってて」

亜美「んっふっふ→、甘いな兄ちゃん!アダルトな亜美はお菓子じゃなくてイタズラがしたいのだ→」

P「いつもやっているだろうが」

亜美「昨日食べたプリンよりも甘いよ!こういう日にやるから意味があるんだYO」

真美「あ、兄ちゃん!トリックオアトリート☆」

P「狼男の衣装似合っているな、冷蔵庫にケーキがあるから一つ持って行っていいぞ」

真美「わ→い☆あ、あと兄ちゃん。狼男じゃなくて、プリチーな狼女だよ!」

亜美「あれ?真美一緒にイタズラしようって昨日約束したじゃん」

真美「もちろんこの後でするYO?え、いつもみたいにするんじゃなかったの?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 18:08:37.11 ID:oGhzcDk+0

P「……あれ?」

小鳥「あれならあそこに置いてありますよ」

P「ありがとうございます……あったあった」





春香(あれ? これ? どれ?)

真(さあ?)


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 12:59:46.54 ID:3nYlbJKZO

える「そうですね。この3年間あっという間でした」
まやか「もうセンターまで1ヶ月しかないもんね」

まやか「それが終わったら自主登校でその一ヶ月後には卒業式だもんね」

里志「ところでさあ皆はどこの大学受けるの?」

まやか「私は漫画の専門学校」

奉太郎「オレは神山大学かな。近いし」

里志「ははっ奉太郎らしいや」

里志「千反田さんは?」

える「東京大学です」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 17:32:43.73 ID:cu7AAXs20

雪歩「・・・うーん・・・」カキカキ

春香「ゆーきほ!そんな隅っこで何してるの?」

雪歩「!?春香ちゃん!!これは・・・その・・・なんでもないです!!」サッ

真「へへっスキあり!!・・・これは・・・なんだノートか・・・」

雪歩「!?ま、真ちゃん!!ダメ!!返して!!」

真「雪歩は大げさだなぁ・・・どれどれ・・・・」

雪歩「だ・・・ダメぇ!!!!」

真「・・・『ゆきポエム』・・・?wwww」

春香「ブフゥwwwwwwwwwww」

真「wwwwwwwwえーとなになに・・・」



関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/31(水) 06:23:41 ID:89CT3Bsw




ミサト「ホントに?」

マリ「はい」

ミサト「シンジ君にも?」

マリ「はい、シンジ君にも」

ミサト「アスカはともかくシンジ君もとは……ちょっち意外ねぇ……」

マリ「シンジ君はアスカ程ではないけど、私の事を避けてる」

ミサト「そう……分かった、こっちで確認してから対処させてもらうわ」

マリ「どうも、私はエヴァにさえ乗れればみんなと仲良くできなくてもいいんだけどね」

ミサト「駄目よそんなの、パイロット同士の交流も作戦のひとつよ?」

マリ「ま、お任せしますわ、中間管理職サマ」

ミサト「あいよ」

ミサト(ふぅ……面倒ね……)



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 00:58:24.09 ID:8+QMeCjxO

冬馬「いやマジで」

アレトウマクンジャナーイ

P(何言ってやがんだコイツ)ビキビキ

冬馬「本当羨ましいわ」

トウマクンサインシテー

P(喧嘩売ってんのかよコイツ)プルプル

冬馬「ああ、モテてぇー」

ダイテートウマクーン

P(なんなのコイツ、本当なんなのコイツ)シクシク


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/31(水) 01:40:27 ID:yXLgBxCc


魔王「こんなにも想ってるのにどうして勇者くんはあたしを見てくれないのよ!」

勇者「これ以上なく監視してんよ」

魔王「死姦してほしいのに!」

勇者「視姦すらせんわ!」



関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/13(木) 23:29:13 ID:/5Xk7yIg


地球---カラバ本拠地

ハヤト「ああ、今月に佐川で届く予定だったディジェが遅れてな。生憎今こっちにはMSは出払ってるんだ」

アムロ「まあそれはいい。で、そのザクタンクとやらはどこだ?」

ハヤト「格納庫においてある。こっちだ」
  
スタスタスタ

アムロ(ザクタンクというぐらいだからガンタンクみたいなもんかな?あんまりいい思い出はないなあ、タンク・・・)



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 02:11:45.77 ID:fU6j39DIO

シンジ「お断りします」

アスカ「へぇーいい度胸じゃない。このアスカ様の悪戯を舐めたらどうなるか教えてあげるわ」
シンジ「お断りします」

アスカ「覚悟しなさい!」ガバッ
シンジ「断るって言ってるだろ!!!!!!!」

アスカ「っっ!!??」ビクッ

アスカ「なっ、なに大声出してんの!?バッカじゃない!」

シンジ「なんで僕がアスカにお菓子あげなきゃいけないの!?あげく断ったら悪戯!?馬鹿なのはそっちだろ!民主主義舐めんな!」

アスカ「誰が馬鹿よ!」

シンジ「アスカだよ!!!!!!!!!」
アスカ「ひっ!!」ビクッ

シンジ「悪戯されたくなきゃお菓子よこせ!?そんなのただの恐喝だよ!!断ったら悪戯!?傷害と強盗で刑事事件じゃないか!!!」

アスカ「だっ、だってハロウィンだもん!!」

シンジ「日本にそんな文化はない!!!!!ハロウィンがしたきゃドイツ帰れよアメリカン!!!!!」

アスカ「なによ・・・なによそれ!!!」

シンジ「うるさいよ!!!!!!!!!!!」
アスカ「っ!」ビクッ



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 01:52:52.84 ID:NZVVToUj0

居酒屋

健夜「ごめんね、待った?」

良子「ノーウェイノーウェイ。私もさっき来た所です」

健夜「私から誘ったのに、遅刻なんてごめんね。美容院がなかなか終わらなくてさ」

良子「髪型変えたんですね。ベリーグッドです。女子大生に見えます」

健夜「えっ!ホント!お世辞でもうれしいなー//」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 00:11:22.47 ID:RIeNUpeJO

剣心「それが拙者が見出した答えでござる!」


剣心「……三度目でござる!」


剣心「まずは>>5をするでござる」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 01:26:35.53 ID:vHyzoiLO0


女「押入れで発見した」

男「やだよ、やりたくない」

女「いいじゃん、やろうよ」

男「煙草吸ってる。今暇じゃないし」

女「人生は暇してんじゃん」

男「おいこら」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 01:49:41.36 ID:VooHjHJf0

P「やいゆえよ」

やよい「やゆゆえお?」

P「やいゆえお」

やよい「やいいえよ!」

P「……」

やよい「…うぅっ。「や」の段、むずかしいです~…」

P「(かわいい)」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/10/31(水) 01:11:45.21 ID:kvmsonLg0

京太郎「え?みんな今日の遊園地に急に来られなくなったんですか!?」

久「ええ、せっかく須賀君が全国行きを決めて私たちの為に企画してくれたんだけど…」


咲『すす、すいません…どうしても家庭的な事情で行かれなくなってしまいまして…』

まこ『悪いんじゃが、パートさんが急に休んでしもうて家の手伝いをせんといけなくなってのぉ』

優希『商店街のタコス屋の新作フェアがあるんだじぇ!』

和『父の仕事先のパーティに出席しないといけなくなりまして…』






関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/31(水) 00:06:39.67 ID:wiKH8sQ9O

貴音「あなた様あなた様」クイクイ

P「なに?」チラッ

貴音「アイスクリームが美味しそうです!」ニコニコ

P「そうだな」カタカタ、カチカチ

貴音「あなた様あなた様」クイクイ

P「なに?」チラッ

貴音「あれ…食べてみたいです」

P「どうして?」

貴音「美味しそうではありませんか」

P「じゃあ食べておいで?」

貴音「…むぅ」

貴音「あなた様とでなければ…味など致しません」プイッ


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/30(火) 21:51:32.12 ID:dw6D0b4DP

あずさ「すみません、いつも迷惑をかけて……」

P「いえいえ、いいんですよ。そこまでがお仕事というか、あずささんを迎えに行くときのお約束と言いますか」

あずさ「そうですか……?」

P「むしろそれがなくなったら物足りなくなるという感じで!」

あずさ「私は、迷った方がいいんですか?」

P「あ、いやそういうわけじゃないんですよ? でも気にしなくていいんです、仕方ないですから」

あずさ「はい……」


あずさ「はぁ、本当に困ったわねぇ……」

律子「どうかしたんですか?」

あずさ「あ、律子さん。いえ、そのこの方向音痴がどうにか直らないものかと思いまして……」

律子「あー……でも、気にしなくていいんじゃないですか? あずささんのはその、いい方向に行くときもありますし」

あずさ「自分で迷う分には構わないんですけど、他の人に迷惑をかけてしまうのが、どうしても……」

律子「まあ、確かにそうですね……目的地に着くまでは頑張ってそのことだけ考える、とか?」

あずさ「なるほど……やってみますね。ありがとうございます、律子さん」

律子「いえいえ、頑張ってくださいね。逆に言ってしまえば、あずささんの弱点はそれくらいなんですから」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/30(火) 21:15:53.36 ID:n2tpJagB0

杏子「どういうことだ?」

ほむら「例えばここで私が先攻をとってあなたにトリックオアトリートと言うわ」

杏子「あぁ」

ほむら「そうするとあなたはお菓子を出さなくてはイタズラをされるわよね?」

杏子「そうだな」

ほむら「それを回避するためにあなたはポッキーを1本私にくれるとするわ」

杏子「あぁ」

ほむら「その後あなたが仕返しに私にトリックオアトリートと言うと…」

杏子「まさか!」

ほむら「そう、あなたがくれたポッキーを返すだけになってしまうのよ」

杏子「そ、そんなのずりぃじゃねぇかよ」

ほむら「でもお菓子を返されたとはいえお菓子を渡したのは事実」

杏子「クソッそんなのおかしいだろ…」


関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP