PickUp
スポンサード リンク
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/31(火) 01:00:07.84 ID:e4Hhf5hE0

幼馴染「……ど、どうかな?」

男「……ブラ、してんだ」

幼馴染「そ、そりゃそうだよ!」

男「A?」

幼馴染「……うん」

男「なんかごめん」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/31(火) 19:48:26.11 ID:g64bo0vS0


編集者「マジですか?」

綾辻「ああ、既に構想は出来ていて、現在細かなプロットの構築中だ」

編集者「館シリーズ最終章、デビューからの集大成となる記念すべき作品ですよ……」

綾辻「イカ館の殺人、ふむ、ピッタリじゃないか」

編集者「ピッタリ…?」

綾辻「そうだ。僕は予てから宣言している通り、館シリーズは全10作の予定だ」

編集者「デビュー作である『十角館の殺人』から始まり、今年出た『奇面館の殺人』が9作目ですね」

綾辻「ああ、だから次は10作目となる。ほら、ピッタリじゃないか…いや、じゃなイカ?」


編集者「……どういう意味でしょう?」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/31(火) 12:31:27.02 ID:FKlIO8cA0

結衣「えっ?」

あかり「聞こえなかったかな、ならもう一回言うけど」

結衣「い、いやハッキリ聞こえたけど」

あかり「そっかぁ…」ズズッ

結衣「…」

あかり「お料理が上手いといわれがちだけどレパートリーが少ないしね」

結衣「うっ…」

あかり「ま、まぁ運動神経はいいと思うけど?」

結衣「そりゃどうも」

あかり「あーあ、結衣ちゃんと2人きりなんて退屈だなぁ…」

結衣「…あかりの気持ちはよく分かったよ」

あかり「…ふーんだ」

結衣「とりあえず私の膝の上から降りてくれ、あと正面からハグするのもやめてくれるかな」

あかり「…」ギュッ


関連記事
1 : 2012/01/31(火) 16:36:13 ID:yGC621tg


幼馴染み「これはわたしのだ」

男「この箱にはいってる合計10コのドーナツがすべてあなたのものなわけがない」

幼馴染み「わたしが買ったの」

男「うそつきなさいこれはもらいものです」

幼馴染み「むむむ」

男「ぐぐぐ」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/31(火) 16:05:53.27 ID:xg8dB30dO

ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」

ほむら(これで何度目の自己紹介なのかしら?)

ほむら(もう数えるのも嫌になるくらい…なのかしらね)

ほむら(でも、私は絶対に…何があっても諦めない)

ほむら(まどか…あなたを守る)

ほむら(これが私に残された道標なのだから)




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/31(火) 11:06:54.42 ID:rE6uIHNlO

さやか「え…そりゃないよ…せっかく友達になったのにさ」

ほむら「友達じゃないわ。特にあなたとは」

さやか「そんな、ほむら…」

ほむら「やめてって言ってるでしょ?」

さやか「…じゃ、なんて呼べば」

ほむら「…転校生、でいいわ」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/29(日) 12:39:55.26 ID:i9Ncmr+cO

ザワザワ… ワイワイ…

ギシギシッ…

美少女『ぁっ……んっ…』

男「声は圧し殺さない方が良いですよー」

美少女「は、……はい…んっ、ぁんっ!」

ギシギシッ

美少女「ぁっ……も、もうっ…んっ」

男「はいっ検査薬いきます!」
ビュッ!ビュルルルルル!!

美少女「ふぁっ……おなかの中、あったかい…」

男「……では、数ヵ月後に受胎したかどうかの検査にきますのでそれまで普段通りに過ごしていて大丈夫ですよ」ニコ

美少女「あっ、ありがとうございました」ペコッ

男「はい次の方ー」

美少女「……」ビク

男「大丈夫、怖くないから安心してくださいね」ニコ

美少女「は、はい……」ウル


関連記事
1 : ◆a/kVfvST9o[sage saga] 2012/01/29 21:51:41.86 ID:AfS6iwS10

※注意
・百合ですレズです
・エロちょろっとですがあるです
・書き溜め投下

↓前スレ↓
姉「好きだよ、妹」
委員長「好きよ、女」

遅くなってすみませんでした…
しかもいつもより長くなってしまいました…
ちなみに酉をキレイに忘れたので新酉を。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/30(月) 19:40:04.26 ID:RIYkJH9n0

あれは、俺がまだ小学生の頃だった…

友達仲間と富士急に行ってな

その中の「戦慄迷宮」に忍び込んだんだよ

そしたら、仲間の一人だったゆきという女の子が迷子になってな

結局、ゆきを見つけられないまま、俺たちは警察に連れていかれたんだ


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/30(月) 22:30:48.98 ID:kGLYxuYd0

「起きて、ほむらちゃん」

ほむら「……」

「ほむらちゃんっ」

ほむら「ん……」

「もー……起きてってばっ」

ほむら「もう……ちょっと……」

「ほーむーらーちゃんっ!」


関連記事
1 : 2012/01/30(月) 20:59:26 ID:Y3ZGRS1I


幼馴染み「これからどうされてしまうのでしょうか」

男「さあどうしてやろうかな」

幼馴染み「なんも考えずに羽交い締めにしたのかてめー」ジタバタ

男「ふふふ」



関連記事
1 : 1です 2012/01/30(月) 14:19:31 ID:q6BkrQRU


幼なじみ「進行はわたくし、貧乳の会会長の幼なじみです。宜しくお願いします。他の参加者は」ペターン

妹「貧乳の会会員No.1、妹です。宜しくお願いします」ツルーン

後輩「貧乳の会会員No.2、後輩です。頑張って貧乳差別を無くしていきたいと思います」ストーン

幼なじみ「以上が今回の会議参加者です」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/29(日) 16:15:54.34 ID:mgbtdf560

さやか「…えっ、何でそれをあたしに言うのさ?」

ほむら「あなた達が普段どんなことをしてるか聞きたいのよ。まどかと一番仲が良いのはあなただし」

さやか「どんなって…フツーよフツー」

ほむら「その普通が知りたいの。…その、前の学校とかではあんまりそういうこと、出来なかったから…」

さやか「あぁ、あんたそういえば前は体弱くて病院とか行ったり大変だったんだっけ…」


関連記事
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/30(月) 10:34:08 ID:2J5zIM/A


幼馴染み「最近寒いし」

男「雪国だからな」

幼馴染み「何食べたい?」

男「うーん、ロールキャベツで」

幼馴染み「おっけー♪」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/29(日) 23:51:38.24 ID:hwHLtPjS0

 マミホーム
まどか「皆魔女を倒しに出てっちゃったけど…そろそろ帰ってくる頃かなあ…」
ガチャ

まどか「!」

まどか「み、皆!大丈夫だった?ってあれ?…さやかちゃんが居ない…?」

杏子「あ、ああ。いや、さやかが…」

まどか「さやかちゃん!?さやかちゃんがどうかしたの!?」

杏子「それが…」

まどか「も…もしかし…て…魔女の戦いで…そんな…」ポロ…

ほむら「いえ違うわ。美樹さやかは無事よ」

まどか「え?じゃあさやかちゃんは何処?」

ほむら「心配しなくてもここに居るわ」

ヒョコ…

幼さやか「ま…まどっ…かあ…」ヒックヒック

まどか「」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/29(日) 21:25:02.55 ID:rIKnk8xX0

私はイビルジョー。
物心ついた時からずっと独りだった。
両親の顔も知らない。
友達は…
 
友達は出来たことがないわけじゃない。
けど、今はいない。これからもずっといないと思う。
 
私は、一生独りなんだろうな。
 
まぁいいや。今まで出来た友達についてちょっと語らせてもらうね。
 
初めて私に友達が出来たのは、5年ぐらい前だったかな。
私の体は今みたいに大きくなくて、ちょうどドスジャギィくんと同じぐらいだった。
うん。
私の初めての友達はドスジャギィくん。懐かしいな。
 
あの日は…
孤島を歩いてたんだ。よく晴れた日の朝。
ふと、怪我して倒れてるドスジャギィくんを見つけた。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/29(日) 22:19:11.17 ID:enWpqWe90

女勇者「考えてもみてよ。もう体の作りから違うんだよ」

戦士「いやそれは俺らも鍛えれば・・・」

女勇者「もう限界の位置から違うじゃん。何あいつ等。鱗あったりするよ?」

戦士「しかしこれまで倒してきたじゃないか」

女勇者「そりゃ今は弱い魔物しかいないからね。当然だよ。今後は厳しいと思うんだ」

戦士「厳しいって・・・まだ見ても無いじゃないか・・・。」

女勇者「それでも、今でこう思うくらいだし、魔王とかもう規格外だよ完全に」

戦士「・・・・。」


関連記事
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/01/29(日) 20:46:34.69 ID:bh7Y1evh0

マミホーム

杏子(……)

杏子(いない……か。買い物にでも行ってんのかな)

QB「誰だ!」ガラッ

杏子「おわっ!?」ズテーン


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/29(日) 18:33:05.45 ID:E4y//cxWP

   放課後 軽音部部室

紬「お茶入りましたー」

澪「ありがとう。・・・今日も美味しいな」

唯「それに、このティーセットが良いよね」

澪「確かに。私達は気楽に使ってるけど、本当は結構高いんだろ」

律「そんな事気にしないで、みんなはお茶を楽しんでくれよ」

澪「お前が言うな」 ぽふ




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/29(日) 13:50:35.37 ID:yOhU1JV60

先輩「はよ買ってきて」

後輩「先輩行ってくださいよ」

先輩「やだよクソ寒い」

後輩「あー、また雪強くなってきた」

先輩「さーみーいー」

後輩「ブランケット使います?」

先輩「うん」モゾモゾ


関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP