PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[sage saga] 2011/04/16 03:12:29.78 ID:QJzJFNXt0

一方通行が絶対能力進化に真剣に取り組む話ですの
時系列は原作三巻に相当するSSで、キャラ改変注意
基本、原作に沿った登場キャラクターで進んでいきます

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/30(土) 06:54:28.42 ID:g2yA1dS20

ほむら「ここまでね後は任せたわまどか」

まどか「ほむらちゃんお疲れ!後は私が受け継ぐね」

ほむら(7回2/3 4安打1失点2アウト満塁)

ほむら(また完投できずにまどかを休ませることができなかった)

ほむら(でもまどかならこのピンチきっと抑えてくれる)

「バッター打ちあげたーセンターフライになる」

まどか「よしっ!」

ほむら「ナイスよまどか!」

ほむら(残るは最終回)

ほむら(この回もお願いねまどか)


関連記事
1 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 [age] 2011/04/29(金) 21:22:39.52 ID:2VEIzgYaO

中居「あー今日もジャニーさんのレッスン終わった終わった」

草なぎ「僕ら歌手に近づいてるのかなー」

岡村「まあお前ら二人は近づいてるでしょ?」

草なぎ「そうですか岡村さん」

中居「ははは!俺も歌手目指して頑張るべ」

草なぎ「そうだね」

この時はまだ、僕らがあんな戦いに巻き込まれることをまだ知らない・・・


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/29(金) 19:58:54.41 ID:ZZlUwFQM0

ほむら「今日も晩御飯はもやしの炒め物とご飯だけだわ……」

ほむら「いただきます……」

ほむら「……」モシャモシャモシャ

ほむら「……」モッシャモッシャ

ほむら「ごちそうさま……」






おわり


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/29(金) 20:25:41.70 ID:5ESu4oPG0

翠星石「ふぅ…夢でしたか…変な夢見ちまったですぅ。ん?」

ジュン「おはよう翠星石」ぺろぺろ

翠星石「ひぃぃぃ!翠星石の大事な所舐めてんじゃねえです!早くやめるです!」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/30(土) 00:15:45.93 ID:ljHJtoexP

―とらうま高校―

山田さん「~♪」

??「そこのキミ……ボクと契約して魔法少女になってよ!」

山田さん「え?何?」

??「そう、僕と契約して魔法少女に……!」



きゃあああっ!!


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/29(金) 18:14:15.43 ID:33xHUp9Q0

杏子「さやかは!?」

マミ「逝ってしまったわ…円環の理に導かれて…」

杏子「…え?」

ほむら「…」

杏子(なぁ…)ボソ

ほむら「?」

杏子(今の何?wwwwww)

ほむら「くっ…wwwww」プルプル


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/29(金) 09:40:02.79 ID:sklDB4HuO

鈴「おはようセシリア」

セシリア「おはようございます鈴さん。これから朝食ですか?」

鈴「セシリアも?」

セシリア「えぇ、一夏さんをお誘いしようと思ったんですが」

鈴「一夏ならシャルロットとラウラが連れてったわよ」

セシリア「むぅ、抜け駆けなんて許せませんわ」

鈴「あんただって人のこと言えないでしょ」

セシリア「ま、まあ・・・それにしても、なんだか一夏さんはあの二人ばかり構っている気がしますわ!」

鈴「確かにね・・・でもあんたはまだいいじゃない・・・」

セシリア「どういう意味ですの?」

鈴「あたしなんて2組よ2組・・・なんであたしだけ・・・」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/28(木) 22:59:27.26 ID:Eo+bm34I0


まどか「……ほむらちゃん?」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/28(木) 00:43:35.28 ID:Co9l0HnI0

兄「妹さん、妹さん」

妹「何?」

兄「お菓子はいらんかね?」

妹「いらない」

兄(不可思議。昔はお菓子といえば飛び付いたものだが)

兄「で、では、ジュースでも」

妹「い・ら・な・い!」

兄(なにゆえ)

妹「急にベタベタしてくるな、きもい」

兄「今日はそのような気分なのでございます」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/27(水) 22:54:10.99 ID:2Xw/rV+m0

まどか「……えっ!?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/27(水) 20:16:25.16 ID:LdGDAvCj0

山村「こんばんは。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?群馬県警の山村です。
  
   解決編にあたりまして事件の概要の説明を…って、いやー、やっぱりこれですよね!暗転にスポットライト!

   TVドラマとかではよく見るんですけど実際の現場では初めてですよ。僕、感激しちゃいました!

   え?事件の説明?

   …えぇ…今回の事件…非常に狡猾な犯人に骨が折れました…しかしながら…犯人は決定的なミスを犯した…
  
   どうです?似てました?僕あのドラマの大ファンなんですよ。イチローとの対決しびれましたよねぇ

   あ、じょ、冗談ですよ~、そろそろ真面目にやりますから。だから、警部さんたち、銃を収めてください!」


※コナン「でも怪盗紳士って絵画専門の泥棒だよね?」の解決編です


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/26(火) 23:56:46.57 ID:FAMRmSRc0

妹「ねえお姉ちゃん、私のこと好き?」

姉「うん・・・す、好きだよ・・・」

妹「じゃあ、キスしてくれるよね?」

姉「え・・・と、そ、それは・・・」

妹「してくれないの?」

姉「だって、私たち女同士だし・・・おかしいよ・・・」

妹「して、くれないの?」

姉「・・・うん」

妹「そう。キスしてくれないなら私死ぬ。お姉ちゃんに愛してもらえないのに生きてる意味なんてないもん」

姉「そ、そんな・・・」

そういって妹は懐から取り出したカッターをその白い首筋に当てた。
カッターの刃はゆっくりと妹の柔肌にもぐりこんでいく。首許から血が滴った。

姉「ま、待って!もうやめて。キスするから」

妹の手が止まる。そして

妹「お願いして」

姉「え?」


関連記事
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/26(火) 21:26:55.71 ID:SVRh/6R40

姉「こっ これは……違……」

妹「何が違うの?」
妹「ソファーで眠ってる小学生の妹に何度も顔近づけて」
妹「あげくキスしちゃってさ」
妹「それで何がどう違うの?」
妹「言ってみてよ お姉ちゃん」

こんな
スレかと
思って


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/25(月) 23:12:34.40 ID:ZA7RQKyF0

灰原「……え」

コナン「ほら、オレ高校生じゃん。性欲がヤベェんだ」

灰原「……くすっ」

コナン「な、何がおかしいんだよ」

灰原「名探偵さんも性欲には勝てないのね」

コナン「しゃーねぇだろ。ヤりたい盛りなんだからよ」

灰原「私で良かったら…手伝ってあげようか?」

コナン「……え?」

灰原「なーんてね。。。もしかして本気にした?」

コナン「だ、誰がするかよッ! つーかオレには蘭がいるしwww」

灰原「……そうね」

灰原「じゃあ私寝るから。おやすみなさい」

コナン「お、おい! オナホールの件は!?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/24(日) 22:30:17.88 ID:i1OHAwDM0


唯「ん~」 カチッ カチッ

唯「さすがに多くなってきたなぁ」 カチッ

唯「パソコンが重いよ……」

唯「どれ、そろそろ整理しよっかな」

唯「フォルダ分けと削除をすればいいのかな?」

唯「んーでもどれ削除しようか迷うなぁ」

唯「とりあえず中身見てきめるしかないよね」

唯「えーっとじゃあ一番古いファイルから」 カチッ

唯「あ、なんか恥ずかしいな……」

唯「まぁいいや! 再生!」


カチッカチッ!




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/25(月) 21:28:48.50 ID:JDxvq0iw0

のびママ「のびちゃん?ねぇ、のびちゃん?入るわよ?」

そう言って僕の断りも無くママが部屋に入って来た。
いつもそうだ。イチイチ頭にくる。

のび太「・・・おいババァ!勝手に入るなっていつも言ってるだろ!!!」

僕は手元にあったテレビのリモコンを投げつけ叫んだ。
毎度毎度、なぜこのババァは理解できないんだろう・・・。

のびママ「ご、ごめんなさい・・・。次は気をつけるから・・・。のびちゃん、
     学校・・・行かないの?もう高校2年生でしょ?・・・そろそろ進路の事も・・・。」

のび太「学校なんて行く必要ないよ。意味ないじゃん。今時さぁ学歴なんて関係ないの。
    僕は運でのし上がるタイプだから。・・・って訳で退学届け出しといてくれる?」

のびママ「でも・・・。」

のび太「うるさい!!!僕みたいな情強が言うんだから間違いないの!ネットで
    情報収集に忙しいから出て行け。出口はそっち。あと腹減ったからご飯ね。OK?」

糞ババァが・・・僕に逆らうな。僕は神だ。僕は神だ。僕は神だ。僕は神だ。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/25(月) 20:07:43.90 ID:I7WsppbE0

男「どうしたら良いと思う?」

友「てか、それ俺に言うか?」

男「友達なら相談に乗ってくれてもいいだろう」

友「いや、俺、女と付き合ってるし」

男「そんなものは知っている」

友「じゃあ何でだよ」

男「お前が女の事一番良く知ってるからだ」

友「なんかおかしくね?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/04/25(月) 21:09:30.73 ID:HmL+4L9g0

ほむら「今日も赤字……」

ほむら「全くお客さんがこないわ……」

ほむら「あら? だれか来客……?」

QB「やあ、暁美ほむら」

ほむら「帰ってちょうだい」

QB「待ってくれ。今日は君にいい話を持って来たんだ」

ほむら「いい話?」

QB「ボクとフランチャイズをして加盟店になってよ!」


関連記事
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/04/25(月) 02:38:49.24 ID:fVYNfelgO

立った…まあのんびり書く


ドラえもん「何かあるの? のび太君」

のび太「ふふふ」

ドラえもん「気持ち悪いなあ」

のび太「今日、出来杉君がかわいい女の子に会わせてくれるんだって!」

ドラえもん「また君は……。でも出来杉君がそんなこと言ったの?」

のび太「言ったよ。よし、準備出来た。行ってきまーす」

ドラえもん「行ってらっしゃい……」


関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP