PickUp
スポンサード リンク
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/31(木) 17:42:15.85 ID:loQx7sAdO

妹「うう・・・耳をしゃぶらないでよう・・・」

兄「はぁはぁ・・・」ペロペロ

妹「んっ!」

兄「なんだ・・・耳で感じるのか?ここ、熱くなってるぞ・・・」ナデ

妹「うう・・・馬鹿ぁ・・・」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/31(木) 13:21:03.67 ID:FkAhDxZj0


さやか「あ、間違えた!なーんだ?」

杏子「……」

さやか「……なーんだ?」

杏子「……」

さやか「……」

杏子「……」

さやか「……」ショボン

杏子「……わかんね。降参」

さやか「!!……正解はパンツでした」

杏子「なるほどねー」

さやか「…………優しいんだね、ありがと」

杏子「おぅ」



まどか「……ほむらちゃん、何でパンツ被ってるの……?」



関連記事
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/30(水) 16:39:15.73 ID:TVj8mS7E0

              ,ィ       _            、__
            八___   ´      、_      ヽ \
              ゝ  /   ´ ̄      \   \   、ヽ
             ア  , /    | 、    ヽ  ヽ\  ヽ\
             / / /      l | l |  |   l   丶ヽ  ヽ ヽ
               / /  ,     ,  ムハ|||      ヽi    l  ',
           l /  /     / /   l/l/     、、 \   l   !
         r  レ  / ,/   ! ' /,. ≦ ̄\_   \\ ―丶 __,レ
         |ー '/ //|、l  l 「/r公テ〒 リ / / ム` ニ=-  、_ヽ
         ゝ__{´厂 、|Aゝ トl〃 ゙='_ノ  丿イノl ハ )||| l || ``
           Ⅵ |  {ィ汚i、!   ´     ´ /' 〈 / 丿 /  ,!/
            `トlゝ _ゝ7 `            r'_/ /  'l′
                ン               | | l   /
                ゝ _ ^              ノ Ⅵ|  l |
                 ヽ  _,,.. -;;ッ'゙          川 | 、ヽ
                  `、`¨二         ___jム_l≧z
                   丶      ┌f‘” ̄           ̄`ヽ
                     ',     _| |                |
              ┌r―……ゝ- < | |                |
              ||        ∧ | |                |
              ||         _」_| |                |
              ||         /ノ | |               /`"ー- ,,,__



久しぶりだなあ、諸君。会いたかった……会いたかったぞ!

本来はIS最終回放送後に立てる予定だったが……相応の理由がある。
男の誓いに、訂正はないはずだったのだがな……


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2011/03/23 04:00:31.30 ID:Nh7Doqino

七月十九日



上条(明日から夏休みだ)

上条(充実した休日……は不幸な上条さんには無縁かもしれないけど、せめて平穏無事に過ごしたいなー)

上条(夕飯は……今日くらいはファミレスでいいか)

上条(さて、どこで食べようか……。ん?)

上条(なんだあの人……)

長髪の男「」キョロキョロ

上条(外国人?)

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/28(月) 17:15:01.75 ID:pjfj03Yj0

ラディッツ「俺はお前に敵対する意思はないぞ。ただ、お前を仲間に引き入れる為に来ただけだ。」

悟空「オラ、おめぇの仲間になんかなんねぇぞ!」

ラディッツ「そう言うな。今はもう血の繋がった、たった二人の兄弟だろう?」

悟空「オラに兄貴なんていねぇさ。オラは地球人、孫悟空だ!」

ラディッツ「まぁ聞けカカロット。」

悟空の兄と名乗るラディッツは、フリーザの事を悟空に話した。この物語は、サイヤ人の結束力がもたらす、あったかもしれない話、である・・・


関連記事
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/03/27(日) 19:54:30.30 ID:deNj6sAC0

鈴「あはは・・・動けないね」

一夏「・・・」

鈴「もう地球があんなに遠いよ」

一夏「・・・」

鈴「ねぇ、返事してよ一夏」

一夏「・・・」

鈴「こっちのエネルギーも、もうすぐ尽きるよ」

一夏「・・・」

鈴「そうしたら・・・空気もなくなって、ふたりいっしょに凍っちゃうね」

一夏「・・・」

鈴「うん・・・それでも、いいかな」ギュ

一夏「・・・」

鈴「おやすみ・・・一夏」


関連記事
4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2011/03/22 22:33:27.11 ID:ITD7vvcYo

 

     ・

     ・

     ・


 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。

 ――ピッ。


     ・

     ・

     ・

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/25(金) 23:22:12.92 ID:PJ6oXmM00

男「家賃。3ヶ月分」

女「………おかしいよ。だって、先月ちゃんと払った」

男「先々々月分な。で、先々月と先月と今月分で3ヶ月」

女「新手のサギ? 家賃家賃サギ?」

男「サギじゃないから。払うもん払え……っていうか、なんだこの部屋は!?」

女「…なにが?」

男「な、なんで……なんで先週来たときより散らかってんだよ! 食器はこまめに洗えって言ったろ! なんでここまで積み上げる!?」

女「だって、大家くんが来てくれないから」

男「ああ、もうっ! 俺が洗い物やっとくから、掃除しろ。ゴミ袋はあるな?」

女「えー……どこ行ったかなぁ…行方不明? 行雲踪跡定まらず?」

男「ゴミ袋が勝手にどっかに行くか! 洗濯機のとこに置いてあるだろ!」

女「え?………あ、あったあった! さすが大家くん! ゴミ袋の場所と言えば大家くん!」

男「…俺がさもお前の部屋のゴミ袋担当みたいなモノ言いはやめてくんない?」


関連記事
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/26(土) 22:19:18.81 ID:RdkWhl5BO


 
2nd.Season  5かいめ


   _ξ゚⊿゚)ξ( ^ω^)
   .|\ ̄旦 ̄ ̄ ̄旦 ̄ ̄\(・ω・`)
  ./( 'A) 旦        .旦\⊂. )
 /(ヽ)\|=================|_ノ
 \⊂_)ヽ./@ @ @ @ @ @\
     /ノ@ @ @ @@ @ @ @\
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


( ^ω^)「暦の上ではもう、春だおね」

(´・ω・`)「まだまだこたつが必要な寒さだけどね」

ξ゚⊿゚)ξ「ここ最近は寒暖の差が激しいわ」

('A`)「段々と暖かくなってくるはずなんだけどね」


前スレ ttp://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298814299/
まとめさん
曇天もとい一応晴れ日 ttp://blog.livedoor.jp/minimini_dreamer/
かぎまとめ ttp://hookey.blog106.fc2.com/

>>1 代理ありがとうございます。
レベル1だから投下速度は遅めかなと。



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/26(土) 17:56:48.51 ID:wRZGPhga0

ぼくはロボットだから寿命がない。死ねない。故障はするけど。
のび太くんも、しずかちゃんも、ジャイアンも、スネ夫もみんな死んでしまった。
人間にはいつか終わりが来る。寿命がくる。
あたりまえだ。
ぼくはどうすればいいんだろう。

ID:ajW4iZ6A0


関連記事
16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/25(金) 01:12:43.47 ID:uk71RobfO

シャル「ん?」

鈴音「……って、あれ?」

鈴音(一夏じゃないじゃん……ま、間違えた!)

シャル「遊びに行く、って……ボクと?」

鈴音「え……あっいや、ちが……」

鈴音(……いやでも待てよ。まさかシャルルと一夏と見間違えた、なんて、バカみたいなことは言えない……)

シャル「?」

鈴音「う、うん!珍しい組み合わせかもしんないけど、よかったらどこか行かない?二人で」

シャル「……」

鈴音(しまった……口が滑って二人で、なんて言っちゃった……!)

シャル「うん、いいよ!」

鈴音(しかも快諾された!やば、今更「ごめんやっぱナシ」とか言えない……!)

鈴音「あはは、よ、よろしくね……」

鈴音(やってしまった……)


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/25(金) 15:56:31.14 ID:XhzreX3/0

放課後 帰り道

ほむら「はぁ……」

ほむら(今日もまどかと話せなかった……)

ほむら(自分で決めたことだけど、やっぱりつらいわね)

ほむら(あんなに近くに居るのに)

ほむら(まどかとお話したい)

ほむら(まどかと遊びたい)

ほむら(まどかに触りたい)

ほむら「はぁ……」


関連記事
1 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 [] 2011/03/25(金) 22:00:47.22 ID:XGJ+kagq0

 休日、俺は暇だったので人気のない歩道を意味もなく一人で散策していた。
そんなありふれた日常が、何気ない出来事によって崩壊する事はよくある。
これもそんなパターンに違いなかった。

「ううう……」

 苦しそうにうめいている老人に出くわした。俺は優しさの成分が九割を占める
バファリンも真っ青ないい男だったので、当然助けずにはいられない。

「大丈夫ですか?」

「ほにゃほにゃほにゃああああああぁぁっ!!!」


関連記事
1 : しょーちゃん ◆QsM9ueLMyk[sage] 2011/03/17 18:50:58.76 ID:08WKiJLDO


両手で肛門を
   突き刺す時
     物語は始まる

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/24(木) 00:09:18.15 ID:alTLcPFi0

俺「ゼロ戦だな」

俺「日本で最も有名な飛行機、ゼロ戦」

俺「正式名称は零式艦上戦闘機」

俺「11型から64型までさまざまなバリエーションを持ち、それぞれの戦局に合わせて進化してきた」

俺「最も有名なのは21型と52型だな」

俺「かつて米軍に『逃げていいのはハリケーンと竜巻だけ』と言わせたほどでもある」

俺「戦局が悪化するにつれ活躍の機会は徐々に失われていったが大戦中を通して奮闘した」

俺「そんなゼロ戦だが……」

俺「60年以上前のシロモノがまだ生き残っているのか…?」

俺「そもそも弾薬や整備はどうする」

俺「……いいや、とりあえずニジニノウゴロド(書きにくい)に行こう」

俺「ゼロ戦はきっとそこにあるはずだ!」


関連記事
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(兵庫県)[saga] 2011/03/24 09:47:42.38 ID:OoBhAuNwo

時系列は、御坂が絶対能力進化実験に気付くよりも前です。

時期的には七月くらい。実験はまだ10000人到達していません。

よって一方通行は全盛期です。打ち止めとも会っていません。さらに、黒翼覚醒していません。

一方通行の衣装は夏服、つまり実験当時の服です。一応。

言うまでもないですが、二次創作なのでいろいろ(SF的な)独自解釈がありますし、東方に関してもコレジャナイ感を覚えた人は精神衛生上閉じることをお勧めします。

追伸。初投稿です。それが免罪符になるとは思いませんが、生暖かい目で見てください。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/24(木) 01:51:11.46 ID:2iHOYiUA0

教師「はい、どうぞ」

男「お、俺からすか」

教師「ウン」

男「え、えっとー名前は○○です。えーと」

教師「あ、立って」

男「え?あっ、す、すいません・・・
  えーと名前は○○です。中学はテニス部でした・・・」

教師「ウン。・・・ウン?終わり?ほら何部入るかとか色々あるでしょ」

男「あっスイマセン・・・えーと部活は>>3部に入ろうと思ってます」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/22(火) 18:08:37.31 ID:FuwZVomm0

懲りずにここにも投下に参りました。

時系列はISの4巻と5巻の間です。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/21(月) 12:52:07.36 ID:SeKfU5IE0

弾「はぁ?いきなり何言い出すのオマエは」

一夏「いや、やっぱIS学園ってさ、多国籍だから色んな国の女性が集まるじゃん」

弾「羨ましいじゃねーか、コンチクショウ!何が不満なんだ!」

一夏「いやな、オマエにはわかるまい。この俺の気持ちは」

弾「そりゃ、俺は普通の高校だしな、わかんないだろ」

一夏「俺も普通の高校ライフ、エンジョイしたかったぜ」

弾「他の専用機持ち?からモテまくってるという噂を鈴から聞いたが」

一夏「俺は俺で色々と悩みがあるんだよ…やっぱ普通の日本人女性がいいよな…(ボソッ)」

弾「(コイツ…自分の胸に手を当てて考えてみやがれ!)」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/22(火) 14:07:46.74 ID:o79ghYD70

運転手「私に任せて!」

シャキッドフウン!

ドッガァァァァン!

俺「あ、パトカーが吹っ飛んだ」

運転手「ね!俺君のためならなんだって出来ちゃうよ!」

リア充「おい!俺は人質なんだぞ!なんかお茶ぐらい出せよ!」

俺「おい、黙るか海か玉を無くす。どれがいい?」
チャキッ
リア充「黙ります」

俺「・・・かくして順調に沖縄を飛びたててしまった。三つも懸念を抱えていたのにあっさりとクリア・・・」

俺「そんな上手い話があるものだろうか」

俺「・・・・・・いやな予感がする」


関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP