PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 20:20:05.58 ID:9gBWznRx0

深夜、某ファミマ店内――――




同僚「先輩よォ~。知ってますかァ~?」

俺「・・・」

俺「何?」

俺「何だ」

同僚「指をさァ。関節の部分を~、鳴らすじゃないっスか」

同僚「こう、ポキっと」

俺「・・・」

同僚「あれって間接の間のォー、空気が破裂してる音なんですってェ~~~」

同僚「知ってました?ねぇ」

俺「・・・いや」

同僚「なんですかぁ~~?その気の抜けた返事ッ!」

同僚「『どうでもいい』って顔しないでくださいよォー」


関連記事
2 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] 2010/06/27 18:37:44.82 ID:skRrM.DO

一方通行「コーヒー切れちまった。……11時かァ。打ち止めェ。ちょっと俺コンビニ行って来ンけど何か欲しいもンあるかァ?」

打ち止め「ファミチキが食べたいな、ってミサカはミサカはお言葉に甘えてみたり!」

一方通行「ンじゃ行ってくるわァ」

打ち止め「行ってらっしゃい!ってミサカはミサカはゴロゴロしながら手を振ってみたり!」

ガチャ バタン



一方通行「しっかし最近暑くなってきたなァ」スタスタ

上条「あれ?一方通行か?」

一方通行「あァ?」

関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 03:58:36.91 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「なにしてんの?」

白猫「は?」

黒猫「だからなにしてんのって」

白猫「見たらわかるだろう?」

黒猫「あぁ、悪い。覗き見の最中だったか」

白猫「猫聞きの悪いことを言うな。僕は人間のメスには興味ない」

黒猫「その横のメス猫には興味あるんだな」

白猫「その通り!」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/30(月) 19:34:38.29 ID:8lqJtv4AP

某海の家にて


イカ娘(もういい加減働きたくないでゲソ…)

栄子「おい次これ頼むぞー」

イカ娘(だいたい私は侵略に来たっていうのに…いつまでこんなことをしてればいいんでゲソ…)ブツブツ

栄子「…おい聞いてんのかー?注・文・だ!」

イカ娘「だああもうっ!今いくでゲソっ!」

イカ娘(…こうなったらなにか画期的な作戦を考えるしかないでゲソね…)


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/30(月) 09:52:26.77 ID:iSdzGiGo0


律「あー……学校行きたくねー」

澪「へ?」

律「だから、学校いきたくねーんだよ」

澪「そりゃまた唐突だな……何でだよ? 何か面白くないことでもあったのか?」

律「ないよ、全然。だけど、面白いことも全然ない」

澪「まーな。学校って楽しみに行くようなところでもないしさ……割り切るしかないのかもな」

律「とか言ってる澪は毎日楽しそうじゃん」

澪「そう見えるか? まぁ、楽しくないと言えば嘘になるかな」

律「文芸部だろ。お前最近文芸部の話ばっかしてくるから」

澪「まぁな。文芸的な活動はあんまししてないんだけど……
  あいつらと放課後の時間を過ごすのが、すっごく楽しいんだ」

律「あんな根暗そうなやつらと?」

澪「そりゃ偏見だ。色んな個性の奴らが居て、一言では括れないんだぞ」

律「へーへー、そうですかい」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/30(月) 16:36:12.29 ID:09Nvfnmv0

VIP「おらおらwww雑魚板が調子乗んなwwww」ゲシッゲシッ

週漫「すいませんすいません;;」

ポケモン「VIPさんマジ勘弁してください><」

VIP「植民地にしてやろうか?wwwwガキ共wwwww」ゲシッゲシッ

週漫「すいませんすいません;;」

ポケモン「お願いゆるして><;」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/29(日) 19:54:34.36 ID:+4uRqMQm0

古泉「想像しただけで素晴らしいと思いませんか?」

長門「…………」

古泉「僕としたことが迂闊でした」

古泉「…貴女に聞いたのが間違いだったようですね」

古泉「素晴らしいと思いませんか?」クルッ

ハルヒ「し、知らないわよそんなの」

古泉「おや?知らない??」

ハルヒ「知るわけないでしょ!!!」

古泉「ほぅ…」スッ

キュルキュルキュルキュル カチッ!!

”なッ…なかッ…”

ハルヒ「なっ」

”キョンの精子!子宮にッ 中に出してぇ!!!”

古泉「えーえーえーえーえーえー」

ハルヒ キョン「…………」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/08/29(日) 20:07:51.31 ID:ZzM6qvjN0

お人形さん。

私はお人形さん。
いつもは人間だけど、二人っきりの夜はお人形さん。

抵抗すれば出来るのかもしれません。
だけど、悲しませたくない、笑顔を奪いたくない
ただ喜んでもらえれば、私は良かったからだと思います。


今日もその時間がやってきました。
慌しく重い音を響かせ階段を駆け上がってきます。


そして勢いよく扉を開けました。



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/28(土) 23:53:04.73 ID:KWUos3bZ0

灰原「何言ってるのよ」
コナン「いくらなんでも事件とか起きすぎだろ」
コナン「そのくせ通り魔とか一回もないし」
コナン「試してみっか」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/28(土) 07:59:20.59 ID:r0K/Upx90

女「うん、マスコミはそう言って騒いでるみたい」

男「うちの町なんだよね、事件が起きてるの」

女「実感わかないね…」

男「うん…」

女「20年くらい前にあった事件と手口が一緒らしいよ」

男「そうなの?」

女「うん、被害者はみんなバラバラにされてるって…」

男「うわぁ…」

女「怖いね」

男「…」

女「こんなときは、いざとなったら女は俺が守る!っ言わないとダメなんだよ?」

男「できるだけ頑張るよ」

女「もう…」


関連記事
1 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 [] 2010/08/27(金) 21:14:04.00 ID:CcGhAh+80

男「久しぶり、だね」

女「…来てくれたのね」

男「元気にしてる??」

男「って言うのも、変か」

女「ええ、おかげさまで、元気よ」

男「あれからもう2年に、なるんだね」

女「早いわねえ」

男「君の好きだった花を買って来たよ」

女「あら、ありがとう」

女「よく覚えていてくれたわね」

女「この香り、大好きなの」




関連記事
1 : ◆QsSJKY1uE. [] 2010/08/27(金) 00:10:27.12 ID:LLnoO6U+0

前立たときは人少なかったけど途中まで書き終わったから載せる


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/26(木) 22:06:44.17 ID:CxV/OYDv0

父「じゃあ、行ってくるから」

母「いってらっしゃい!出張頑張ってね!」

父「…」

母「もう、どうしたの?じーっと見ちゃって…」

父「…お前 浮気するんじゃないぞ?」

母「うふふっどうしようかな~?」

父「おいおい」

母「冗談よ!するわけないでしょ?あなた一筋なんだから…ちゅ」

父「/// じゃ、じゃあいってきます」ガチャ

母「気をつけてね!」

バタンッ

母「…」ピッピッ

母「……もしもし …うん …今行ったわ」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/26(木) 00:06:34.22 ID:iWp7y0t70

憂「どうしたの……?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/25(水) 21:00:25.68 ID:BD1rLp+G0

男「~♪」

女「…こんばんは」

男「~♪」

女「こんばんは」

男「~♪」

女「こんばんは!」

男「~♪」

女「あの……」

男「~♪」

女「うぅ……」グスッ




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/25(水) 21:41:19.38 ID:gJytw0jv0

唯「むしろあんまり好きじゃないみたいな」

澪「……」

律「……」

紬「……マドレーヌ、食べる?」

唯「わーい、食べる食べるー」


関連記事
777 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/23(月) 11:09:36.54 ID:AlMCFb8W0

みんな、書いてる間のさるよけ頼む

【日曜二人】

僕「・・・」

男「・・・」

僕(どうしてこうなった・・・)

男(なんだこの状況)


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/20(金) 02:59:05.76 ID:18EZlbix0

男「?」

少女「すっとぼけた顔しおって…、さっさとそこを退かぬか」

男「こんばんは」

少女「こんばんは、ではないわ!そこは私の席だ」

男「そうなのか、それは悪いことをした」

少女「ふん、分かればよい」

男「……」

少女「まだ何か用か?」

男「中二病?」

少女「聞いたことのない病だが、…私はいたって健康だぞ」

男「そーかな?」

少女「だいたいどんな病なのだ?」

男「頭の」

少女「私を馬鹿にしているのか!」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/22(日) 17:25:04.38 ID:vPM9hell0


こんばんは、中野梓です。

今日は唯先輩の提案でけいおん部のみなさんや憂に純、和先輩たちとバーベキューパーティーをしました。
今はその帰り道、あたりはすっかり暗くなってしまってます。
私は門限までに帰ろうと途中の公園を抜けて近道をすることにしました。




関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP