PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/27(日) 22:14:01.87 ID:9BY2YKPo0

唯「…」

澪「…」

唯「ねぇ澪ちゃん」

澪「何?」

唯「何で地面に埋まってるの?」

澪「分からない。けど何故か埋まらないといけない気がする」

唯「そっかー」

澪「うん」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/24(木) 19:25:09.84 ID:lqkZcndIO

上条「なっ!?おい、ちょーっと失礼じゃないですかぁ?流石の俺も傷つくぞ!!……ま、暇だけどな…はは…は…はぁ…」

美琴「ほらっ、やっぱり暇なんじゃない♪」

上条「……なんでお前は嬉しそうなんだよ…」

美琴「ね、ね、暇ならクリスマスイブ…その…買い物にでも付き合って欲しいんだけど…」ゴニョゴニョ

上条「はぁっ!?俺が?お前と!?……ふ、不幸だ……」




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/26(土) 10:45:20.41 ID:1sjn3RHm0

そういってトナカイさんは身をよじりますが、既に下のトナカイさんは真っ赤なお花のトナカイさん。
「フォウホホ、お前にもたっぷりプレゼントをくれてやらねばのう」
サンタさんの白いおヒゲがトナカイさんの生肌を撫で回します。まるでとろりと甘い生クリームのよう。
「ヒヒィン!」
おやおや、いつの間にやらトナカイさんの股間にクリスマスツリーが!
どうやらサンタさんの年季の入った愛撫の前に、トナカイさんも野生の本能をくすぐられてしまったようですね。かわいらしいこと。



関連記事
165 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/23(水) 07:24:15.06 ID:PZG/GsPhO

美琴「上条美琴かぁ……」
上条「……? なんだ、薮から棒に」

美琴「なッ!? あ、ああぁあんた、いつからそこにいたのよ!?」

上条「上条美琴かぁ……のあたりから」

美琴(うあぁ~、よりによって一番聞かれたくない奴に聞かれたぁ)

上条「で、なんなんだ、上条美琴って?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/23(水) 14:41:14.46 ID:JnLcKiox0

男「・・・んぁぁ、もう10時かぁ・・・・・」

幼馴染「おはよう男くんっ」

男「んあ・・・」

幼「はいはい朝ごはんですねっ」

男「うー・・・」

幼「~♪」

男「・・・・・」

幼「はいコーヒー。砂糖三杯です」

男「ん、あんがと」

幼「はい朝ごはん」

男「ん」

幼「はい新聞」

男「んー」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 19:36:51.43 ID:J+bWtGen0

ルル「俺の記憶が戻った事が知られれば……!」

ルル(――ナナリーが危険に晒される!)

ルル(……演じきってみせる……ブリタニアの学生を!)

ルル「――!?」

ルル「お……」

ルル「オナニーも監視されながらしなければならないのか!?」


関連記事
37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2009/12/22(火) 13:28:45.15 ID:O15vRk7DO

朝倉「キョン君ってば!」
キョン「……お? 朝倉か、おはよう」

朝倉「あ……。お、おはよう」

キョン「何か、朝倉がこんな時間に登校なんて、イメージに合わないな」

朝倉「そ、そうなのよ。ちょっと、遅めに家を出てね」

キョン「そうか」


関連記事
1 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 [] 2009/12/22(火) 17:40:50.20 ID:Jcy+BlCp0

ロボ「君のパパを殺したい」

少女「…なに言ってるの??」

ロボ「君は、パパのせいで傷ついている。そうだろう??」

少女「…」

ロボ「だから、なぜかそう思ったんだ」

ロボ「僕が君を守るから」



関連記事
1 : ちぢれ@冬コミ三日目参加 2009/12/19(土) 18:47:06.07 ID:lolm06+U0


妹「またそんなに飲んで帰ってきて…」

姉「飲まないでっ……いられるかってー!」

妹「はい、水」

姉「妹は気が利くなぁーやさしーなぁー。あいつとは大違い!!」

妹「…あいつって…彼氏さん?」

姉「そうそう…って違うの!元彼なの!!!」

妹「また別れたんだ」

姉「もう…わたしには妹しかいなぃいい……妹だいすきぃいーー!」ギュッ

妹「…わっ……」

姉「えへへーっすきすきぃ…」ゴロゴロ

妹「……」

 お姉ちゃんは、無邪気に甘えてくる。お酒を飲んだときにはよくあることだ。抱きつかれたりするのはもう慣れた。
 でも…やっぱり、「好き」って言われるのにはどうしても慣れない。

 だって私は……お姉ちゃんが好きだから。




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:36:21.23 ID:t20QoTCH0


妹「もしもし」

兄「おう」

妹「おれおれ。おれだよ妹だよ」

兄「わかった。今すぐ振り込むから待ってろ。で?」

妹「ねえお兄ちゃん、今いいかな?」

兄「いいよ」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:00:06.73 ID:50LBYYXs0

憂「朝から何言ってんですか。あと私、憂です」

和「あらごめん。で、何色」

憂「帰ってください」

和「私は黒よ」

憂「興味ありません」

和「相変わらずツンデレね」


関連記事
1 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 2009/12/20(日) 10:22:01.24 ID:kJ6dyqcP0


?「こんばんは、お嬢さん」

女「??」

女「こんばんは、どうしたの??あなたもここの患者さん??」

?「僕は、神です」

女「はえ??」

神「僕は、神です」




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/19(土) 21:15:17.68 ID:MIXbCzJT0


古泉「ええ、そうです」

キョン「メチャクチャ?」

古泉「メチャクチャです」

キョン「メチャクチャと言われてもいまいちよく分からんな」

キョン「そもそもあいつの能力は、それこそ世界を作り変えちまうほどのものだろ?」

キョン「それよりもさらに強力って、どういうことだよ?」

古泉「そういう強力とはちょっと違うんですよ……おっと、続きはまた後で」

ハルヒ「やっほー! みんな揃ってる?」バァン

キョン「でかい声を出すな。相変わらず騒々しい奴だな」

長門「……」




関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/16(水) 23:28:17.45 ID:B/d/w8aR0

兄「だってお前…うっ」


妹「はいはい。でも皮かぶりすぎだよぉ。足じゃうまく剥けないし」


兄「ううう…」


妹「わーーなんか汁がでてきたwははw」


関連記事
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/17(木) 21:17:34.00 ID:eIjp2EMyO


長門「乾布摩擦」

キョン「は?」

長門「乾布摩擦」

キョン「……えーと」

長門「」ゴシゴシ

キョン「なぁ長門」

長門「?」

キョン「下は……脱がなくてもいいんだぞ」

長門「なぜ?」

キョン「なぜときたか」



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/13(日) 18:16:01.35 ID:/BEU59nQ0

 黒子は考えました。お姉さまが欲しいと。

 お姉さまがたくさんいれば、一人くらいは自分を愛してくれるお姉さまもいるはずだと。

 だから黒子は願いました。たくさんのお姉さまが黒子のまわりに来てくれますように。

「うふふふ、分裂して黒子に優しいお姉さまになあれ!」

「私はアメーバか」

 翌日、御坂美琴が分裂しました。

 アメーバでした。


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/13(日) 11:16:07.48 ID:pQ+RlwS3O


美琴「あぁ、やすい寿司がくるくる回ってる所ね」


上条「く、庶民のささやかな贅沢はお嬢さまにはわかりませんでしたね
そうでした上条さんが悪かったです…」


美琴「なに、怒った?
アハハー ごめんごめん
まあアレよ、行くんだったら贅沢してきなさいよ
なんなら今度本当のお寿司奢ってあげるわよ~アハハー」テクテク


上条「…行っちまった
結局御坂妹を回転寿司に連れていくのは上条さんですか………不幸だ…」


上条「はあ…金を下ろして……」ガシ

上条「ん、誰だ?
人の手を……御坂?」


美琴「ねえ……今なんて言ったのよ……」




誰かまか…



関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/13(日) 17:14:18.58 ID:gcxkeptXO

イカ娘「侵略者はやめて破壊者になるゲソ!」

栄子「は?」


関連記事
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/12(土) 11:52:47.62 ID:bOumKUoLO

大佐「今回は東京に潜入してもらう。両津という男は新型メタルギアへの対抗手段に成りうるという噂だ。」


スネーク「生身の人間がか?それはないだろう。」



関連記事
スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP