PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/02/10 21:54:05.54 ID:eQOOTfs10

黒王「………」

ケンシロウ「黒王…おまえ…」

ケンシロウ「む!胸の傷が……!ユリア……!!」
ピシャァァァン!


ケンシロウ「……どこだここは……」

トンパ「おや、兄ちゃん新人だね。ここまで来るのは疲れただろ?これは差し入れだ」

ケンシロウ「……あぁ、ありがとう」

ケンシロウ「…待ってくれ、ここはどこだ?」

トンパ「ええ?何しに来たんだい兄ちゃん!ハンターになりたいんじゃないのかい?」

ケンシロウ「ハンター?」

ケンシロウ「何だハンターというのは…」

トンパ「もーやだな~冗談キツイぜ?じゃ、俺行くから頑張れよー!」

ケンシロウ「…この水…どうやって飲むんだ?」

ケンシロウはとりあえず缶を握ると缶は潰れ中からジュースが出てくる

ケンシロウ「何だと……」

ケンシロウ「なんだこの水は…」ペロッ

ケンシロウ「む!これは…微かに毒が… おい」

トンパ「何だ?兄ちゃん。まだなんかようかい?」

ケンシロウ「さっきから見ていると毒入りの水を配っているな」

トンパ「毒??」

トンパ(こいつ…気づきやがった!?)

ケンシロウ「あたぁ!」

ケンシロウはトンパの腹を殴りとばす

ケンシロウ「経絡秘孔の一つをついた。お前はその水を永遠に飲むことしか出来ない」

トンパ「…え?うわっ…手が勝手に…止めてくれ!」

ケンシロウ(そうやって開けるのか…)


ケンシロウ「子供もいるのか…ハンターとは…一体…」

受験生「うわあああっ!俺の…腕がァ…」

ヒソカ「人にぶつかったらちゃんと謝ろうね?」

ケンシロウ「あの男…ジョーカー?…いや…違うな」

ケンシロウ「待て」

ヒソカ「ん…?何??」





1 : 男[] 2016/08/09 18:49:47 ID:2WRki3Uk

ユダ「拳王はまだ居城に戻らぬのか?」

ダガール「は!依然として行方をくらませたまま。この機を逃す手はないかと」

ユダ「拳王を侮るな。迂闊に動けば墓穴を掘る事になるぞ」

ダガール「はっ。それともう二つ程お伝えしたき事が。あのレイが拳王と対峙したとの事」

ユダ「レイ…。もう一つは?」ピクッ

コマク「その場にマミヤも居りました。あれ程の美しい女、見間違えようもありません」

ユダ「レイとマミヤが同じ場に?フッ、それはなかなか面白い報告だ」

ダガール「マミヤにはユダ様の焼印がございます。それを見ればレイは必ず此処を突き止めましょう」

ユダ「ふむ…」

ダガール「トキやケンシロウもレイに助力する可能性も十二分にございます。如何致しましょう」

1 : 男[] 2016/07/30 23:55:13 ID:..HMwiBs

レイ「ケン、次男トキとはこうして再開を果たし、三男のジャギは倒したのだろう?一先ずマミヤ達の待つ村へ戻ってはどうだ?リンやバットもお前に会いたかろう」

ケンシロウ「うむ…。その事についてお前に言わねばならぬ事が一つある」

レイ「何だ?」

ケンシロウ「俺はジャギと闘い、そして勝った。だが…殺してはいない」

トキ「…」

レイ「…そうか」

ケンシロウ「レイ、すまぬ。ジャギはお前の両親の仇。そしてアイリの幸福を奪った男。だが、そんな男でもやはり俺の兄であった」

レイ「もう過ぎた事だ。俺はお前に言ったな。例え命をくれと言っても拒まぬと。お前がそうしたのなら、俺は何も言わぬ」

ケンシロウ「レイ…」

1 : 男[] 2016/07/25 21:34:35 ID:7C1C09oc

ガシャン!

ユリア「宝石やドレス…。物では私の心は変わりません。しかもこれは暴力で奪い取ったもの」

ユリア「人の血が流れた物で私の心が開くと思っているのならシン、むしろ貴方を軽蔑します」

シン「俺にケンシロウと同じ生き方をしろと言うのか」

シン「出来んな」

ユリア「貴方には貴方の、ケンにはケンの生き方があります。貴方にケンの真似をして欲しいとは思いません」

ユリア「ただ、昔のシンに戻って欲しい。ケンや私と共に笑ったあの頃の貴方に」

シン「フッ…ユリア、見ていろ。今度はこんなチンケな物ではない!女王だ!お前を女王にして見せる!」

シン「そうすればお前も変わる。…絶対にな!」カツカツカツ…

ユリア「…シン。貴方はどうしてしまったの…」

1 : 男[] 2016/07/21 15:09:10 ID:uolJEwmg

サウザー「拳王の消息が途絶えただと?」

ブル「はっ。報告によりますれば、北斗の兄弟及び南斗水鳥拳のレイと一戦を交えたとの事にございます」

サウザー「北斗の兄弟?トキとケンシロウか。そこに南斗六聖拳の一人まで加わっては、さしものラオウとて無傷で済まなかったという事か」

サウザー「ヤツがくたばったとは思えぬ。…となると、身を隠して傷が癒えるのを待っているのであろう」

ブル「しかし一時的にとはいえ、最大の障害が取り除かれたのは事実にございます。この気を逃す手はございませぬ」

サウザー「フン、解っておる」

サウザー「聖帝十字陵の完成を急ぐ。子供狩りの範囲を拡大しろ。ラオウの息が掛かった土地であっても構わぬ」

1 : 男[] 2016/07/07 21:48:27 ID:MULTe6Eo

ラオウ「兄者のやり方では天は握れぬ!天の覇者はこのラオウただ一人!」

ラオウ「このままこの国を修羅の国とするならば、いずれこの国は俺が奪う!」

カイオウ「ほう、今から攻め入るか?」

ラオウ「いや。俺にはまだかの地で倒さねばならぬ敵が二人居る!その二人の敵を倒さねば天は握れぬ!」

ザッザッザッ…

カイオウ「流石はラオウ。あくまでラオウ流の生き方を貫くか…」

カイオウ「我が心に残った最後の想い…」スッ

カイオウ「さらばラオウ!」ドガッ!

ブシュウッ!

カイオウ「これで俺の中のラオウは死んだ!」

男「死んではおらぬ。ただ、見てみぬ振りをするものがまた一つ増えただけだ」

1 : 男[] 2016/07/06 09:31:10 ID:YasRn5lQ

ハブ「トキ様」

アミバ「なんだ…」

ハブ「旅の男がトキ様にお会いしたいと来ております」

アミバ「何の用で…かな?」

ハブ「医師を志す者として是非ともトキ様の教えを乞いたいと。如何致しましょう?」

アミバ「ほぉ。この世紀末にそんなバカな…いや奇特な者が居ったとはな。よかろう通せ」

ハブ「ハッ!おい、連れて来い」

男「お前がアミバか」ズイッ

アミバ「そうだ…。で、何の………何を言ってるのかな君は」ヒクヒクッ

ハブ「おいお前!トキ様の眼前で無礼であろう!このお方はアミバなどという者ではない!」

男「この男がトキに成り済ました偽者だという事は解っている。そしてトキを恨んでいると見せ掛けて、本当はトキに憧れている事もな」

1 : 男[] 2016/07/03 23:08:03 ID:YwqxlSq.

ジャギ「おいお前。俺の名を行ってみろ!」

男「ジャギだろう?北斗神拳の」

ジャギ「何ィ!何故本当の名を知っている!」

男「名前だけではない。弟のケンシロウに強くコンプレックスを持っている事も、それ故に勝つ為には手段を選ばん事も」

ジャギ「なっ!?テメェ!死にてぇか!!」ガチャッ

男「お前はケンシロウに勝てぬ!」

ジャギ「うぐっ!」

男「お前は戦う前から既に負けている!例えケンシロウを倒せても、ケンシロウに勝つ事は叶わぬ!」

ジャギ「…もういい。テメェは死にやがあ…」

男「勝ちたくはないのか?」

ジャギ「れっ!?」

男「ケンシロウに勝ちたくはないか、と聞いているんだ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/07/02 13:58:07.82 ID:HBPWVcum0.net

ジャギ「お、おい! たまに飲みに誘ったと思えばいきなりどうした!」

ケンシロウ「最近気付いたが戦った奴らがクズだらけなのだ、ジャギよ」

ジャギ「ああ、モヒカン連中とか修羅とか……でもそんな事今更だろうが」

ケンシロウ「違う!」クワッ

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/04/10 23:10:44.14 ID:vdnZlxYB0



※北斗の拳 最終話より


リン「ねえ、ケン」


ケンシロウ「ん?」


リン「やはり私は、バットの死と引換に幸せにはなれません。一生バットのお墓の側にいてあげたい。そうでしょ?」


ケンシロウ「……いや。そうでもないんじゃないか?」


リン「えっ」




1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/04/09 23:12:12.33 ID:/zJCkbAZ0.net

ドラルク「試合? この私がですか?」

フクマ「その通りです」

ドラルク「ちょっと待ってください。確かに私は誇り高き高等吸血鬼ですが、生憎戦闘方面のステータスは……」

フクマ「ああ、勿論存じてますよ。ご安心ください。いい勝負なんて雀の涙ほども期待してませんから」ニッコリ

ドラルク「」スナァ… ジョン「!?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/24 15:44:23 ID:9xqJNdrk




  パチンコ屋



ラオウ「グハハハハハハハッ!! うぬがスロットで出したメダルは、このラオウが貰ってやるわあ!!」ガシッ

客「俺のメダルがぁ!? か、かえせー!!」


ラオウ「クワッ」ギロッ

客「ひいいいいいいいい!!?」ガクガク ジョボジョボ



トキ「……」

ケンシロウ「……」


トキ「流石は長兄ラオウ、何と言う剛風。しかし、我らも負けられん!! 行くぞケンシロウ」チラッ

ケンシロウ「うむ……」コクリ

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/11 02:09:00.57 ID:nOB750RQr.net

ケンシロウ「…………」

バット「どうしたんだよケン」

リン「あ、ああ! バット! あれを見て!」

バット「何だよリン……っ! あれは!?」

>>3

1 : 名無しさん@おーぷん[] 2015/11/28 11:57:08 ID:NPl

店長「ええと……アルバイトの面接に来たんだよね?」

ラオウ「……」コクリ

店長「履歴書なんだけどさ……前職にある、この“世紀末覇者”ってのは?」

ラオウ「……世紀末は終わった。これまで十数年、城にて傷を癒やしていたが……我も、そろそろ資金が不足していてな」

店長「……ってことは、もしかして15年引き籠もってたの?」

ラオウ「……それがどうした?」ギロリッ

店長「ひぃぃ!」ビクッ

ラオウ「採用するのか?しないのか?」

店長「さ、採用採用!採用します!させていただきます!」

ラオウ「うむ……では、明日から来るとしよう」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/14 13:21:27 ID:MTbjlx7c


  北斗四兄弟の家 庭



トキ「ラオウよ、貴様がその野望を捨てぬ限り……」
トキ「私は鬼神となって戦おう!!」スッ

攻め
キュート[北斗史上最も華麗な技を持つ男]トキ+
Lv:70/70 コスト:20
攻:25000
守:55000


ラオウ「落ちたな……」

ラオウ「如何にお前と言えど、ライブバトルで俺に勝つ事などできぬわぁ!!」スッ

守り
パッション[世紀末覇者]拳王+
Lv:70/70 コスト:20
攻:60000
守:20000



ジャギ「お、おいっ、何か喧嘩が始まったぞ!? 兄者達を止めるんだケンシロウ!!」アセアセ

ケンシロウ「最早……二人の間には、なんびとも入る事はできぬ」

1 : ◆IChdy0b67U[saga] 2015/05/22 20:04:08.47 ID:5/ONChtW0

☆注意☆
・このSSは「アイドルマスターシンデレラガールズ」
と「北斗の拳イチゴ味」要素を含みます
・キャラ崩壊


・前回までのあらすじ↓
神谷奈緒と北条加蓮が入社したのはいいけど、渋谷凛ちゃんがいないから、
サウザーの独断で大食いタレントとしてデビューさせるぞ、みたいな☆



1 : ◆IChdy0b67U[saga] 2015/05/21 21:13:55.70 ID:TfujcwcP0

☆注意☆
・このSSは「アイドルマスターシンデレラガールズ」
と「北斗の拳イチゴ味」要素を含みます
・キャラ崩壊


1 : ◆IChdy0b67U[saga] 2015/05/19 17:36:36.07 ID:YKuYJ1x40

☆注意☆
・このSSは「アイドルマスターシンデレラガールズ」
と「北斗の拳イチゴ味」要素を含みます
・キャラ崩壊

前作↓
サウザー「シンデレラガールズ 7610プロ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430637631/
サウザー「渋谷凛奪還作戦」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430726692/
【安価】サウザー「モバマスアイドル獲得に向けて制圧前進あるのみ!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430813563/


1 : ◆IChdy0b67U[saga] 2015/05/05 17:12:53.09 ID:n81YzDa70

☆注意☆
・速度は非常に遅い。だらだらと制圧前進姿勢でSS完成を目指します
・「アイドルマスターシンデレラガールズ」及び「北斗の拳イチゴ味」要素を含みます
・前作あり↓
サウザー「シンデレラガールズ 7610プロ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430637631/
サウザー「渋谷凛奪還作戦」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430726692/



1 : ◆GJenck4cmw[saga] 2015/05/08 17:30:26.95 ID:JEYVALRzO

※ほぼ全員キャラ崩壊


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP