PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆MUbc0DoiDXVQ[saga] 2014/10/17 22:48:52.88 ID:DCeum1+lO

理科「遊園地、ですか?」

小鷹「今度みんなで行こうと思うんだけど」

小鷹「どうせみんな暇だろ?」

理科「理科は暇ですけど、どこの遊園地ですか?」

小鷹「横浜の八景島ってとこなんだが」

夜空「八景島か……この間トモちゃんと行ったぞ」

小鷹「さいですか」

夜空「しかし八景島は駐車場が狭いぞ?大丈夫か?」

理科「混んでると5時間くらい待たされるって聞きました」

小鷹「電車で行けばいいだろ。7人だし」

夜空「そうだな、そうしよう」

理科「じゃあ遠夜駅集合でいいですか?」

夜空「分かった」

幸村「りょうかいしました」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/10 21:38:38.42 ID:LqDsoi8Z0

星奈「あれ?今日夜空は居ないの?」



部室のドアを開けると、すぐに気が付いた。
この人数の少ない部活では、1人足りないだけで凄まじい違和感がある。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:06:48.26 ID:oRM79lml0



夜空「おい肉、唐突だが少し相談がある」

星奈「なに?アンタがわたしに相談なんて珍しいじゃない」

星奈「ーーーで、要件はなに?」

夜空「あ、あの、えっと、、、」

星奈「早く言いなさいよ、私は暇じゃないのよ帰ってギャルゲしたいのよ」

夜空「あっ、えと、その、下着が、キツくなって、胸が苦しくて、肉ならそういう事、詳しいと思って」


1 : 名無しさん@おーぷん[] 2015/01/18 16:35:08 ID:jSX

星奈「見ないで!肛門見ないで!いやー!」

星奈「肛門見ないでー!」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/08/27(火) 18:48:27.15 ID:Glc0EAL20

星奈「ねぇあんた達、今度の休み暇?」

小鷹「何だ?何かあるのか?」

星奈「このあたしの運転でドライブにでも連れて行ってあげようかと思ってね」

幸村「あの……星奈のあねご……」

夜空「さすが肉だ、道路交通法も知らんとは」

理科「理科でも知ってますよ……」

小鷹「さすがにDQNすぎるだろ……」

星奈「もうっ、なんでそうなるのよ!!」

星奈「無知はあんたたちの方よ!ホラ!!」ガサゴソ

ジャーン

夜空「……なんだそれは?」

星奈「ドライバーズIDよ。もしかして知らないの?」ニタァ

夜空「し、知っているに決まっているだろう!見るのが初めてなだけだ」チッ

※ドライバーズID…年齢による取得制限のないエーアイカーの運転免許


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/22(月) 17:25:15.10 ID:kP1nNRLP0

星奈「早くしないと垂れちゃうでしょ!?いいから早く私のおっぱいを口に含みなさいよバカ!」
小鷹「」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/10(水) 22:44:04.36 ID:4KeTEKh+O

夜空(あいつの体は妙にエロい)

夜空(女の私から見てもエロい体をしている)

夜空(あのデカい乳に目が行ってしまう・・・決して羨ましいとかでは無い)

夜空(今あいつはいつものエロゲをしているからいくら見つめても気づかない。だからエロい目線で私は見つめる)

星奈(・・・)

星奈(ディスプレイが反射して夜空がガン見してるのが見える・・・)

星奈(夜空に見られてると思うとなんかドキドキする・・・)


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/06(土) 08:59:26.06 ID:pSHSk9OyP

小鷹(事の原因を考えてみれば、俺が星奈に告白されたのがすべて悪いんだ)

小鷹(いつまでも逃げ続けられるはずもないし、いっそ嫌われちまえばいいんだ)

小鷹(隣人部にいられなくなるかもしれないが、生徒会に腰掛けしてる状態よりはマシだ)

小鷹「問題は、どうやって嫌われるかだな」

小鷹(ないとは思うが、他の部員――夜空や理科、幸村にまで好かれてたりしたら……)

小鷹(そうだ、全員に告白すればいいんだ!)

小鷹(そうすればもう告白される事もないし、全員に告白する最低野郎が好かれるはずもない!)

小鷹「これだぁ!」

葵「と、突然どうしたんですか、小鷹くん?」

小鷹「あ、いや、ちょっと考え事をしててな」

小鷹(待てよ、葵も俺を好きだったり……するはずないよな。我ながら自意識過剰すぎるっての)


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/05(金) 03:12:16.41 ID:tZKFeLq50

柏崎邸

天馬「ん? 星奈、帰ったのなら挨拶くらいせんか」

星奈「パ、パパ!」

星奈「えっと、ただいま」

天馬「その手に持ってるビニル袋は一体なんだ?」

星奈「べ、別に大したもんじゃないの。じゃあ私、部屋戻るから」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/02(火) 03:54:50.09 ID:ZpA8sgiU0

理科「夜空センパーイ!」
夜空「え?なんだって?」

理科「wwwww」
理科「小鷹先輩の真似ですか?www」

夜空「ん?なんだ?」
理科「2回目はあんまり面白くないですよ?」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/26(火) 01:17:51.83 ID:rehu2IA60

部室

prrrrrrピッ

星奈「もしもし……えっパパ?」

星奈「―――げっ!?」

星奈「うん……ごめんなさい……えぇっ!?あっ、はい……」ピッ

星奈「ヤバい……パパに夜空の写真のことがバレた……」

星奈(しかも学校まで叱りに来るって……どうしよう……)

―廊下―

夜空(小鷹の妹が悩みがあると言うから聞いてみたが肉のことだったか……)

夜空(怖いからやめるよう言って欲しい……か)

夜空(確かに最近やりすぎている節はあるな)

夜空(犯罪者になる前にここらで一発ガツンと言っておかねば)

ガチャ


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/24(日) 13:55:06.88 ID:CAT+nFnLO

小鳩「……」ギュ

星奈「なっ!?小鳩ちゃんが夜空に!?」

マリア「うんこ吸血鬼……じゃ、じゃあワタシも夜空なのだっ!!」

小鷹「じゃあって……」

理科「理科も夜空先輩ですね~。コスプレさせまくります」ウヘヘ

夜空「おいやめろ」

幸村「わたくしもいけめんの夜空のあねごです」

星奈「なっ……何よこれ……!」

星奈(もしかして小鷹がいなかったら夜空って……)

夜空「で、肉は誰なのだ?」

星奈「だっダメぇーーー!!!!!!」ブンブン

星奈「みんな夜空から離れなさぁい!!」

夜空「なんのつもりだ肉……?」



こんな感じでお願いします


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 21:06:08.41 ID:K8hrQds40

難聴物語


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/14(木) 03:29:44.33 ID:mgaWwAUc0

夜空「か、勘違いするなよ。最近は友チョコが流行っているらしいからその練習だ」


1 : ◆GSwKOxm7aw[sage] 2011/12/07 19:03:14.90 ID:hgk7xikv0

小鷹「(隣人部でみんなと過ごした日々も今となっては懐かしいな……今頃みんなどうしてるんだろうな……)」


上司「羽瀬川くん」


小鷹「あ、はい!」


上司「さっき話したことなんだがね」


小鷹「え~と、あ、はい!書類の件でしたら…… (今は仕事に集中しなきゃな)」

4 : ◆OFPPQdZV86[sage saga] 2011/08/15 21:04:13.97 ID:rzRRdxIO0

第一話「明日次郎降臨!」


今年最後の授業を終えた放課後、夜空と並んで部室に向かう。

この学園は二期制なので、終業式は無い。冬休みにどこかに行く計画を相談する友達がいない俺たちは、早々に教室から退散した。

「全く……リア充共め……。スノボだの初詣だの、わざわざ教室で話さなくてもワックとかで話せばいいだろうに……。あれは私達への当てつけなのか?」

「それは考えすぎだろ」

「しかも居座るからってHRのときから教室の暖房を強くしすぎだ。暑くてかなわん」

そう言ってタイを緩める。

「それは確かにそうだったな」

「そう言うわりに平気そうじゃないか」

「俺はカーディガン着てないからな。似合わないし」

「そうか、では私も脱ぐとするか」

そんな益体もない事を話していると、いつの間にか部室の前に着いていた。

2 : ◆BuN14PMvkM [sage] 2011/03/31(木) 19:45:29.72 ID:F/R45jPz0

>>1 代行ありです。

※勢いで立てた。
 書き溜めは殆ど無いので筆の遅さはご容赦くだしあorz


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



放課後、俺たちはいつも通りに部室でダラダラしていた。

そんな中、一番最後に部室にやってきた星奈はデカい効果音と共にドアを蹴破ると、

星奈「お泊りパーティーをするわよ!」

などとのたまった。自信満々に。

夜空「五月蝿いぞ肉、ドアくらい静かに開けられないのか。
   これだから駄肉は困る」

星奈「うっ……」

夜空「それになんだ。連絡も無しに遅刻かとして、やっと来たかと思ったら
   お泊りパーティーだと? その前に言うことがあるんじゃないのか?
   遅れてごめんなさいの一言も言えないのかこの淫乱腐乱無駄乳肉奴隷は」



スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP