PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆FFa.GfzI16[saga] 2017/11/19 16:20:22.86 ID:hU0139efO

・俺ガイルSS
・とある曲を基にしたSSです
・少し鬱展開あり



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/11/13 05:47:04.33 ID:jSnZpyIz0

――部室――

八幡「…………」

雪乃「…………」

八幡(ダメだこいつ……早く何とかしないと。いや、待て)

八幡(これは由比ヶ浜渾身のボケなのかも知れない。ボケなら当然つっこみをいれてやるのが人情というものだが)

八幡(いかんせん、由比ヶ浜のことだ。本当に文明の利器である電池の存在を失念してしまったとも考えられる)

雪乃(由比ヶ浜さん……いきなり何を言っているのかしら)

雪乃(電池とは何か、彼女はそんな簡単なことまで分からなくなってしまったというの?)


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/19 22:04:55.90 ID:M8hK68eP0



いろは「あっ、先輩」

八幡(うげっ)

いろは「ちょうどいいところに。今から探そうと思ってたんですよー」トコトコ

八幡「……こちらスネーク、潜入する前に発見された。逃亡を開始する」

いろは「逃がしませんっ♪」ガシ

八幡(こちらスネーク。死んだ)

いろは「明日なんですけど、生徒会のほうでちょこーっとだけ手伝ってもらいたいお仕事がありまして」

八幡「絶対ちょこっとじゃないやつでしょそれ…」

いろは「そんなことないですよー」

八幡「つーか明日学校ねぇだろ、祝日だぞ」

いろは「土日でも祝日でも学校はありますよ?」

八幡「違う、そんな小学生なぞなぞがしたいんじゃない。授業が無い以上登校する義務も無いってこった」

いろは「そうですかー……あれ? こんなところに戸塚先輩が部室で着替えてるときの写真が」サッ

八幡「で、どこに何時だ?」





1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/10/14 06:53:30.85 ID:rWwUT+Bv0

【破滅への輪舞曲】



カラオケ 個室



八幡「イクセンコウネンーノー ユーウーウーツーガー♪」


モニター「82点」ババーン


八幡「ふぅ……」


八幡(やはりカラオケは一人で来るに限るな。思い切り歌えるし、他のやつらに合わせる必要もないし)


八幡(……せっかくだし電波ソングでも歌ってみるか)


八幡(たぶん自力で歌いきるの無理だからガイドボーカルも入れて、と……)ピッ


スピーカー<デーッ デーッ デーデーデデッデー


八幡「アサアサモーニンヨルヨルナイナイ ヤッバイ ペッラペラー♪」


八幡「ワンツースリーフォーファイ イロハニホヘト ヒー フー ミツ……ドモ……エ」


八幡(やだこれ一人でもめちゃくちゃ恥ずかしい! 聞くのは好きだけど歌うのは無理!)


八幡「……消すか」ガタッ


八幡「……いや、次の曲決まってからにしよ」スッ


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/10/12 23:04:22.70 ID:y0RnULtA0

・ギャグです
・12巻のネタバレ含みます
・いきおいです




陽乃「君たちの関係って共依存なんだよ」

八幡「…」(悔しい…だが言い返せない)

「ちょっびと待った!」

陽乃「なに…この声は?」

陽乃(ウソ、今この場には私と比企谷くんしかいないはずなのに…)

八幡「この声はもしかして…」

「愛はいつでもそこにある、人が気づかないだけで」

陽乃「………だれ?」

八幡「あ、あなたは…まさか」

マッカン様「人はそうよぶ、いつどこで誰がつけたか、マッカン様と」

マッカン様「ちゃお!」

八幡「本物だ!!本物のマッカン様だああ!!!」

陽乃「ひ、比企谷くんこの人?知ってるの?」

八幡「はあ!?あんた何いってんだよ!!マッカン様だぞ!?あのマッカン様だぞ!?知らねえのかよ!!真の千葉県民なら常識だろ!!」

陽乃「な、なにそんなにムキになってるのかな…さすがのお姉さんもひいちゃうよ」

八幡「マッカン教の教祖様でマックスコーヒーをこよなく愛する人々にとって生き神様同然である!偉大で素晴らしい崇高な尊敬する存在…」

八幡「おお…まさか本人に会えるとはありがたや!ありがたや!」ポロポロ

陽乃(しらねえよ…つーか泣くな!!)

マッカン様「話は聞かせてもらったよ。ようするに君は八幡くん達に共依存をやめさせたいんだね」

陽乃「えっ?は、はあ…まあそうですけど」ゾクッ

陽乃(なんなのかなこの人?人の事情に首突っ込んでこないでよ!
今大事な話してる途中なのに)

マッカン様「なら3人の依存先を別の物に変更しちゃえばいい」

陽乃「えっ?」

陽乃(なにする気なのこの空き缶(マッカン)ボディ男
っていうか比企谷くんいつまで拝んでいるの!?)

八幡「ありがたや…ありがたや」

マッカン様「君、これを飲みたまえ」

八幡「こ、これは飲んだ人が3人しかいない…あの伝説のマックスコーヒー!?」

マッカン様「さあ~たんとお飲み!!」

八幡「びゃあ¨ぁ¨¨ぁうまひぃ¨ぃぃ!!!」

陽乃「ちょ!ひ、比企谷くん…マスオさんみたいな奇声やめて!!お願いだから!」


八幡「マックスコーヒー最高おおおぉぉぉぉぉ!!!」プリニー踊り

マッカン様「これで解決だね」

陽乃「どこが!?」

マッカン様「彼の依存先はマックスコーヒーに変わった」

陽乃「…………はあっ!?」



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/09 15:34:44.39 ID:SSc+v0it0

12巻出て嬉しいので書いたけど原作はガン無視
ややいろはす寄り


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/10/05 00:20:42.83 ID:Jbd9jAoy0

キャラ崩壊注意



幼女「びええ」

八幡(いつものように高校までの道を歩いていると、泣いている幼女に出くわした)

八幡(人気のない道で、数少ない通行人も朝の忙しさにかまけ、幼女を視界に入れないように歩いていた)

八幡(俺は、平塚先生に遅刻する旨のメールを送った)

八幡「・・・ちょいとそこのお嬢ちゃんや。お母さんお父さんはどうした?」

幼女「びええ」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/10/06 16:02:54.81 ID:7KQMx8D50

八幡「急になんだ、喧嘩売ってんのか?」

いろは「わたしってかなり可愛いじゃないですかー」

八幡「容姿、ビジュアル、見た目、顔の作りという点ではそうだな」

いろは「……個人的には学校でもトップ3に入るくらいだとは思うんですよー。……雪ノ下先輩には勝てないですけど」

八幡「まぁあいつは顔の作りだけはいいからな。顔の作りだけは」

いろは「でも先輩ってよくて平々凡々じゃないですかぁ」

八幡「俺は目が腐っている点を除けばそれなりにイケメンだと自負しているぞ」

いろは「そこが大幅なマイナスポイントですけどね」

八幡「まぁそれは否定できん」

いろは「……まぁわたしは先輩の目嫌いじゃないですけど」ボソッ

八幡「なんか言ったか?」

いろは「なんでもないですよーだ」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/09/25 00:30:36.31 ID:ET6kqK0y0

八幡「…………」ガラッ

雪乃「あら比企谷君、こんにちは」

八幡「…………」スタスタスタスタ

雪乃「……あなた、目だけでなく耳まで腐ってしまったのかしら? 私がせっかくあいさつしたというのに――」

八幡(一回)


チュッ


雪乃「」

八幡「…………」スタスタスタスタ、ガタッ

雪乃「」

八幡「…………」ペラッ

雪乃「……っっっ!?///」ガタッ


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/09/22 14:24:49.51 ID:FTpaEBzU0

八幡「はぁ……」

小町「どしたのお兄ちゃん。陸に打ち上げられた魚みたいなため息ついて」

八幡「それは俺が暗に死にかけてると言いたいのか? いや、まぁな……」

小町「まーたそうやって思わせぶりな言い方する。なんでもいいからとりあえず言ってみそ?」

八幡「……そうだな。またお前と冷戦状態になるのは勘弁だ」

小町「私もお兄ちゃんとお話しできないのはやだよ……。あ! 今の小町的に超ポイント高い!」

八幡「へいへい……」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/24 22:45:25.76 ID:Fg1bvv560

鈴音「おにぃ ....いつまでだらだらとオタニート生活続けてんの...]


鑑「んー?いや、俺YD病だから。」

鈴音「.....わい、でぃー?」

鑑「そう、自分のやりたい事しか出来ない病、略してYD病。ポテトモグモグ)」

鈴音「....]ヴウン!」

鑑「おい、俺の宝物のフィギュアハートマン軍曹に傷をつけるな!俺の宝物なんだ!」

鈴音「だったらいい加減、どっかに勤めなさい! 友達に「鈴音のお兄さん、昔凄かったよねー。今何してるの?」
って聞かれて「警備員だよ、自宅のw]って笑いながらごまかすのも気まずい雰囲気になってるんだからね!」

後これは一年間という期限付き!終わったらお兄が欲しいアニメのブルーレイでも何でも買ってあげるから!」

鑑「マジ!?よっしゃああああ!ガンソのブルーレイ買えるううううう!行きます行きます!んで、何処?」


鈴音「あー、えーと...ココ。」

~千葉駅~ 

鑑「ここが千葉駅か...前に俺妹の観光に来た時以来だなあ...あー、家でネトゲとかプログ更新してー..えーと総武高校は此処か..]



1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/08/22 21:21:20.17 ID:0akRQJmV0.net

比企谷「…」

雪ノ下「…」ペラッ

由比ヶ浜「やっはろー」ガラッ

雪ノ下「こんにちは」

比企谷「うっす」

由比ヶ浜「うー」

雪ノ下「珍しいわね由比ヶ浜さんマスクなんかして」

由比ヶ浜「花粉症がひどくてさーもう最悪…」ズビッ

雪ノ下「そう…目も真っ赤ね…」

由比ヶ浜「目薬も差してるんだけどあんま効果なくて…ヘックチッ!!」

比企谷「…」ギュッ

由比ヶ浜「……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「…比企谷くん?なんで由比ヶ浜さんに抱きついているのかしら?」

由比ヶ浜「ひひひひひヒヒッキー!!?///」

比企谷「……ッ!!??」

比企谷「すすすすすすまんっ!!///」サッ

雪ノ下「…比企谷くん短いお付き合いだったわね面会には行ってあげるわ」

比企谷「おい待ってくれまだ俺は社会的に死にたくない」

雪ノ下「塀の中にいる人はみんなそう言うのよ」

比企谷「違うんだ気づいたら体が勝手に動いて…由比ヶ浜に抱きつくつもりなんかこれっぽっちもなかったんだって!」

由比ヶ浜「ななななにそれ!それもそれで…ヘックチッ!!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/19 10:41:20.31 ID:T/F2E+WP0


八幡「別に嫌いじゃあないが」

由比ヶ浜「ほ、ほんと!?ヒッキー///」

八幡(なんで顔が真っ赤なんですかねこの子は)

八幡「ってか、嫌いな奴なんているのか?俺は聞いたことないが」

由比ヶ浜「そ、そうなんだ・・・・」

由比ヶ浜(やっぱ好きなんだ///)

由比ヶ浜「やっぱり男の子はそうなのかな?」

八幡「まあ、男は大体好きだろうな。嫌いな奴はまずいないと思う。特に、男子高校生なんて飢えてるといってもいいぐらいだからな」

由比ヶ浜(う、飢えてる///)



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/16 15:33:43.39 ID:CZ3E5ga70



材木座「ふえっ!?」

いろは「ですから、手つないでもいいですか?」

材木座「えっ? なっ、て、てて手って、手? この手…?」

いろは「その手以外にどの手があるんですか」

材木座「ハムッ、す、すまない…」

いろは「それでー、いいんですか? ダメなんですか?」

材木座「だ、駄目というか…………どうして我と…?」

いろは「理由は聞かないでください」

材木座「えっ、そ、そう……」





1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/07 23:06:54.16 ID:m60a5kLz0

俺ガイルssです。

これは八幡と雪乃の未来のifストーリーになります。

※このssに出てくる二人が童○と処○です。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/07 19:36:12.52 ID:Au1ELDWL0

『この夏新発売!○○の○○味!』



八幡(夏の夜。テレビからアイスのCMが流れる。それを小町が食い入るように見ていた)

小町「・・・」

八幡「・・・」

小町「えっ、買ってきてくれるの?」

八幡「何も言うとらんがな」

八幡(しかし、可愛い妹にねだられたら、絶対に断れないのが千葉のお兄ちゃんというもの。俺は俺の重い腰を上げた)スック



1 : ◆kh6j.ZZqSk[sage saga] 2017/07/01 20:05:02.80 ID:4JutK+cUo

 私の名前は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん。

 ただのセールスマンじゃございません。

 私の扱う商品は『心』。人間のココロでございます。

 この世は老いも若きも男も女も心の寂しい人ばかり。そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

 いいえ、お金は一銭も頂きません……お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

 さて、今日のお客様は――。


静「なっ………そんな! ちょっと待って………っっ!!」

静「はぁ……またフラれた…………」


<平塚 静(ひらつか しずか) 30代 女 高校教師>


「色眼鏡」

 ホーッホッホッホッホッホ……


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/06/22 04:05:37.43 ID:uKo32jjg0

イムヤがいろはすに入れ替わったら、と言うだけの短編です。
ギャグ書きたかったのに何故かシリアス寄りに…


1 : ◆A95oCT.s2k[saga] 2017/06/18 17:59:32.89 ID:/+LAMdvF0

・設定と注意点・

細かい部分は省略し、高校3年生の6月18日を舞台に原作3巻の結衣の誕生日パーティーのメンバー+αで彼女の誕生日を祝福しようというお話です。

クラス替えは無し、2年から全員そのまま同じクラス(F組とJ組)へ進級しています。
小町は総武高校1年生として奉仕部へ入部、部員は雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣、比企谷八幡、比企谷小町の計4名。

途中、八幡と海老名の両名とで視点が交互に切り替わる箇所あり。

無茶苦茶長いです。

多少無茶な展開があったり、出て来ないキャラがいても気にしない点をどうぞご理解ください。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/06/16 22:17:53.09 ID:NRLhzd33o

注意点

・地の文たくさんあります
・another→去年書いた「雨に咲く花」の延長線上の話ですが読んでなくても平気だと思います
・後半いちゃこら成分マシマシです


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP