PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/11/20 19:31:52.90 ID:dPfg/dp20


「皆は、もう行ったのかしら……」

「ああ……」


ここはもう僕と彼女の二人だけだ。
もうすぐ、彼女の長き旅路は終わる。
僕と歩んだ冒険の終わり。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/11/18 12:17:49.46 ID:b+rvSwB5O

短いです。

インターネットが普及してから長い月日が経った頃、ある男は今日もコンピュータを使って仕事仲間と連絡を取り合っていた。

「全く便利な世の中になったものだな」

男がそう書き込みをいれるとすぐに返事が返ってくる。

「なぁにこんなもの昔からあったじゃないか」


1 : ◆yhsnRYweKL6n[saga] 2017/11/09 09:55:30.44 ID:3t5IG1yqo



ゲームブックをイメージして下さい。

番号に沿って読み進めると穴に落ちたり、14へ行ったりすると思います。

そんな感じのスレです。


デスペナルティは殆どありません。



23 : ◆2ouXelc2C.[saga] 2017/11/01 18:26:42.45 ID:VMlTkza+O


(──えーと、小麦粉と醤油……味醂も入れた)

「くそ、重たいもんばっか頼みやがって……」ブツブツ


「お、卵安いじゃん」ヒョイヒョイ

(『ついでに卵も2パック買っといたから、お釣りほとんど無いわ』……これで残金はポケットインだな)クックックッ

(レシートはうっかり貰い忘れた事にしよう、そうしよう)


(はぁ……青春まっ只中の筈な中学二年……なぜ僕は母のお遣いくらいしかやる事がないのか)ホゥ…

(……とっとと帰って、スプラトゥーンやろ)


「……ん?」


店員「だからね、申し訳ないんですけど未成年者にビールは売れないんですよ」

???「……違う」シュン


(あれって……先週ウチのクラスに来た──)

1 : ◆45SR4r0flud5[saga] 2017/11/13 01:02:18.82 ID:geTjCpXQO

クレーマー「だぁかぁらぁ、すみませんじゃねぇっつってんだろうが!」

店員「申し訳ありません」

強盗「オラッ!強盗だ!金出せ!」

クレーマー「いいから責任者呼んでこいって言ってるだろ?わ、か、り、ま、せ、ん、か?!」バンバン

店員「ですから、店長はただいま本社に行っておりましてそのぉ」

クレーマー「だったら電話でもなんでもあるだろうがぁっ!」ダンッ

強盗「聞けよ!強盗だつってんだろうがっ!!」




1 : ◆jPr03Kti1lbd[] 2017/10/20 19:53:45.61 ID:ZfrfQT9v0




男(隣に住んでる幼馴染が話したいことがあるから、夕方家に来てと言われた)

男(俺の幼馴染は…)

1.真面目で心優しい優奈

2.明るく元気な明美

3.クールで落ち着いてる静子

↓1

のんびりやっていきます



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/10/31 17:31:25.54 ID:CNW/iJoFo

俺「そーれーはー?w」

イチゴ「……」

りんご「……」

パパイヤ「……」

かぼちゃの種「うう……」

レーズン「まったく誰だってんだよーw自分から名乗り出ろよーw」

俺「てめーだよレーズン」

レーズン「えっ……」




1 : ◆AP6PG/QW.rrP[saga] 2017/10/30 18:45:34.61 ID:SK5ktMAr0

貧乏学生である男は買い物に来ていた。

男「うっうー萌やし萌やし」

今萌やしを求めて買い物している僕は大学に通うごく一般的な男の子

強いて違うところを挙げるとすれば少し貧乏ってところかナ―

名前は男

そんなわけで帰り道にあるスーパーにやって来たのだ

ふと見ると棚に若い鶏肉が並んでいた

男(ウホッ!いいお肉…)

そう思っていると突然店員は僕の見ている目の前で値引きの札をつけ始めたのだ…!

鶏肉「かわないか」

昨日鶏肉を食べたので久しぶりに建てました。
前作を知らない?検索かけてください(閲覧注意)


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/22 18:04:09.27 ID:Cey+GFWfO

ある日、美術女子は個展を訪れていた……


美術女子「うわぁ……この風景画、すごく綺麗!」

美術女子「まるで本物の景色みたい。私もいつかこんな素敵な絵が描ければいいなぁ……」

美術女子「よし、決めた!」


そして次の日、学校にて


友人「え、アンタ美術部に入るの!?」

美術女子「うん、決めたんだ! 昨日個展で見た風景画が綺麗で、私もああいうのを描いてみたいなって!」

友人「そうなんだ」


1 : 注 このSSにはブラックジョークが多分に含まれております[sage] 2017/10/15 11:05:20.35 ID:Tbdjafoq0


ケース①
<強欲携帯会社社長の場合>


強欲社長「ひゃはははははははは!」


秘書「いったい、どうしたんです??」


社長「ひゃはははは、天才的なアイデアを思い付いたのだよ!」

秘書「天才的なアイデア?」


社長「名づけて、『電話料金コッソリ値上げ大作戦』だ!!!」

秘書「……あ、だいたい分かりました」


1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/07 00:46:28.66 ID:3b/2udDj0.net

ニート「こんな生活も続けられん」

ニート「今こそ就活の時だ!」

ニート「さあ待ってろ!>>3!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/09/19 15:46:22.80 ID:bUrsetWRO

高速道路を走るバスの中、SS女学園の生徒達は、これから始まる修学旅行に浮き足立っていた。
だが、皆がお喋りに興じる中、A子は一人ソワソワとした心持ちだった。
なぜなら隣りに座っているB澤。彼女が手に持つ物が気になって仕方がなかったのである。
だがB澤との間柄は普段に会話した記憶もない程度よ。しかるにA子は聞きたくても聞けずにいた。

しかし、なにせ移動時間は長い。どうせならば、この機会に仲良くなってバスでの時間を充実させようとA子が思うのも無理からぬ事であった。

A子「ねえB澤さん。さっきから何をしているんですか?」

B澤「ん?ああ、コレ。気になる?不快だったらゴメン」

A子「いいえ。不快ではありません。私はB澤さんの指先で長時間の回転運動をしているソレが単純に気になったのです」

B澤「へえ、知らないんだ。ハンドスピナーって言うんだよ」

A子「ハンドスピナー!?そういえば風の噂で聞いたことがあるように思えます。なんでもメリケンで大流行だとか」

B澤「そんな物欲しそうな顔してからに。なんならちょっとやってみるかい?世界中で一大ムーヴメンツを巻き起こしている、この…ハンドスピナーを……ッ!!」

なんたる僥倖。A子ときたら、ここぞとばかりにハンドスピナーを受け取り指先に置いて回した。
否、回そうとした。

ピコーン!!

その時、A子の頭上に電球走るッッ…!

突然に固まったA子を不審に思うてか、B澤が怪訝な顔で「どうした?」と心配する。
それに対しA子は、ただただ事実を口にした。


A子「どうしましょうB澤さん。私……雲身払車剣を閃いてしまいましたわ………」



1 : ◆K5gei8GTyk[saga] 2017/08/06 23:36:32.07 ID:ao4zzOCX0

一次創作です。
短いかも。


1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/08/04 21:47:07.78 ID:9WU4T9ye0.net

先生「俺君の欝スイッチどこかな~??」

男の子「せんせ~い、俺君が3歳の時から小学校入学までお婆ちゃんの家に預けられてたこと~」

先生「なるほど~~」

みんな「「「「俺君のスイッチポチ~!!」」」」」

俺「・・・」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2017/07/23 23:13:12 ID:Z/bqAvuc



母「ラジオ体操の時間やで。起きて」ユサユサ

ぼく「ええ……眠いし……」

母「あーあ、これやと皆勤賞の賞品も無しやな」

ぼく「まあそれでも……」

母「行け」

ぼく「へいへい、行く行く、行けばええんやろ……ねむ」ポリポリ

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/07/20 23:16:30.26

俺「今日も仕事疲れたなっと」

俺(電気メーターの上にゴミが溜まってんな……)

俺(まぁそのうち風とかで落ちんだろ……)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2017/07/10 18:45:56.07 ID:twcHeQ4L0

思いつきで書いたもの。オリジナル・幼稚な文章
・よくある設定・誤字脱字許せる人向け


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/03/06 22:31:27.86 ID:dY032Hk1o


たまたま立ち寄ったセブンイレブンで、俺はとんでもない商品を見つけてしまった。


「ペヤングやきそばプラス納豆……!?」


フタにでかでかと納豆の絵がプリントされており、
ただでさえ多種多様な商品が並ぶカップ麺コーナーでもひときわ異彩を放っている。

そういえば、インターネットで「ペヤングの納豆味が出る」なんて情報を目にしたことがあるが、
そうか、あれはもう出ていたのか。



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/30 23:26:25.35 ID:4Q6l07Joo


 怒ってばかりの人がいた。
 彼はいつでも怒ってた。
 年がら年中朝から晩まで怒っていたし、多分夢でも怒ってた。



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/28 14:23:42.27 ID:IHwXE0fzO

日曜日。

予定はなにもない。

課題はまだちょっとのこっているけれど、大した量じゃない。

そんなわけで先輩の下宿にいくことにした。

たぶん、そろそろやばいはずだ。

先輩の下宿は大学からほど近い。

私の家からは自転車でいける。


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP