PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/03 16:09:15.05 ID:0+vEXeDNO

劉鳳「腹が減ったな…」

カズマ「仕方ねぇ。何か作るとするか」

劉鳳「ふむ、いいだろう。ではまず、この具材を切ってみろ」

カズマ「誰に命令してんだ?!」

劉鳳「シェルブリッドのカズマにだ」

カズマ「けっ。やってやんよ…絶影を持つ劉鳳さんよォ!!」
トントントトトントン!


カズマ「オーケィ。刻んだぜ!今度はお前がこのキャベツを刻めッ!」

劉鳳(あの男の包丁は、ただ闇雲に振り回してるだけじゃないようだ。
具材を均等に切りそろえる技だ。前とは違う。 刻むしかないな…このキャベツをッ!)

カズマ「ところで、何を作るつもりだ?」

劉鳳「俺が言えば、お前は従うのか?」

カズマ「冗談っ!俺は『お好み焼きのカズマ』だ!それ以外の物を作るなんて出来ねぇ!」

劉鳳「なるほど。ちょうど俺もお好み焼きが食いたい所だった」

カズマ「反吐が出るぜ!…だが、乗った!作ってやるぜ…俺の……自慢の……お好み焼きィ!」

劉鳳「ちなみに今まで作ったことは?」

カズマ「無い。大体いつもかなみが作ってくれる!」

劉鳳「無謀だぞ……!?」

カズマ「出来る出来ないじゃねえ!やるんだよ!!」


1 : パリカール[saga] 2015/12/12 02:26:23.19 ID:CLx4P0Py0

DIO「ああ。彼らとはちょっとした因縁があってね...きみ達に彼らと戦って貰いたいんだ」

カズマ「んなもん、あんたが自分でやればいいだろ」

君島「おい、やめろってカズマ!相手は依頼人だぞ!」

DIO「いや、カズマくんの言うことは最もだろう。しかし、私にはそれが出来ない理由があるんだ」

カズマ「理由だぁ?」



2 : ◆do4ng07cO.[saga] 2015/05/15 02:14:52.26 ID:j/66ZD1v0

*************************


「お~い、カズマぁ~!」

今日の俺の気分はハイ!

なぜかって?報酬のワリには簡単な仕事が入ってきたんだよ!

こんな不景気の中、めったにないんだぜ?こういうこと

ルンルン気分で、俺はいつもみたいにあいつの家のドアを開ける。

1 : ◆do4ng07cO.[saga] 2014/05/19 01:44:33.17 ID:rDu2MnII0

クーガー「カズヤのところのお嬢ちゃんか。こんな朝っぱらから、どうしたんだ?」

かなみ「カズマです。カズくんを連れて来てくれた人...ですよね?」

クーガー「ああ」

かなみ「カズくんを連れてきてくれて、ありがとうございました。えっと...」

クーガー「ストレイト・クーガーだ。なあに、大したことじゃないさ。なんたって、俺は最速の男だからな」

かなみ「そ、そうですか...」

クーガー「お嬢ちゃんの名前は?」

かなみ「かなみ...由詫かなみです」

クーガー「かなみか...いい名前だ」



スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP