PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/11/19 17:05:16.81 ID:LZpikn/+0

パチ


真姫「今何時かしら……」

真姫「午前1時半……まだまだ朝には遠いわね」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2017/11/17 11:34:18.77 ID:P7sQ/ihD0




絵里「みんな、今日はいきなり集まってもらってごめんなさいね」

凛「何かあったの?」

ことり「次のライブの話?」

海未「それでしたら問題はありません。私と絵里とで入念に────」

絵里「ライブの話じゃないの」

海未「っ!」

凛「え、絵里ちゃん何か……顔怖いよ……?」

穂乃果「絵里ちゃん、何があったの?」

にこ「突然みんなを招集するくらいだから、くだらない件じゃないのは確かよね」

花陽「な、何だろ……緊張する……」

希「…………」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga sage] 2017/11/17 11:22:31.91 ID:3tbzuSBU0

悪い魔女「私より綺麗な姫など、この世界にいらない!深い眠りについてもらったのだ!」


王子「なにっ!?貴様…我が愛する姫になんてことを!」


悪い魔女「この呪いは貴様の愛ある口付けなどでは解けない…。あははっ!もう姫が目を覚ますことはないだろう!春色バレンタインが発売しない限りね!」


王子「春色バレンタイン!?」


家来ども「あ…あぁ、あの春色バレンタインだと!」


悪い魔女「せいぜい角ラインやあの大先生に掛け合ってみるといい!あはははははっ!」


王子「待て悪い魔女!!くそ…なんてことを」


1 : ◆b4ctJeXiv2[saga] 2017/11/15 08:45:57.54 ID:j+9Asr0a0

花陽「ちょ、ちょっと凛ちゃん!」

凛「どうしたにゃ?」

花陽「あ、えっと……あの……」

真姫「ち、ちゅーってどういうことよ!///」

凛「え?ちゅーはちゅーだよ?」

真姫「いやだから、あの」

花陽「真姫ちゃん、あとでわたしが説明するから」

凛「?」

花陽「凛ちゃん、とりあえずあとでね?」

凛「えー!?凛は今ちゅーしたいのー!!」

花陽「凛ちゃん!///」

真姫「ヴェェ///」

花陽「ダレカタスケテ-!」

―――

――




1 : ◆/dCcy0t.c.[saga] 2017/11/13 21:39:20.84 ID:Cd+JuzIR0


よう「えーっと……」

ちか「……」ワクワク

よう「ろ、ろて……く………」

ちか「はやくー」

よう「……っ!ろくぶて!」

ちか「あ、いっちゃったねー、よーちゃん」ススッ

よう「え……どうしたの、ちかちゃん」

ちか「いくよー?いちにーさんしーごーろくっ」ポテポテ

よう「ふぇ……」

ちか「ひっかかったね、よーちゃん」フフン

よう「……うっ」

ちか「え?」

よう「うえぇぇぇぇえええん!」ビーッ



1 : ◆gVE.n6M5Dg[sage] 2017/11/12 00:52:16 ID:EH3v4eiY

真姫「ねぇ、にこちゃん」

にこ「ん?」カタカタ

真姫「今日…な、なんの日か分かる?」

にこ「んー、さぁ?」カタカタ

真姫「ちょっと!真面目に聞きなさいよ!!」ドンッ

にこ「!!いきなり大声出さないでよ…びっくりした…」ハァ

真姫「にこちゃんが話をちゃんと聞いてないからでしょ!」

にこ「はいはい、ごめんって」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/11/04 02:24:22.72 ID:w8FvIxooO

千歌「ほへぇ……すごいなあ、曜ちゃん。明日、東京で……か」

ミト「バカ千歌! 仕事遅れてるよ!」

千歌「は、は~い……」

千歌(曜ちゃんに比べて……私はいつまでも普通のまま)

千歌(奇跡なんて……起きなかった)



2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga sage] 2017/11/01 23:44:19.57 ID:Nysx3wPR0

凛「えーっと、毎朝かよちんにキスするの?」

花陽「そういうことかなぁ?」

凛「毎朝…か。朝練のない日曜日くらいはゆっくりお昼まで眠ってたいにゃー」

花陽「もう、凛ちゃんってばー」くすくす

法律を決める子「…」
法律を決める美「…」


次の日

凛「かーよちん」

ちゅっ

花陽「ぴゃあ!」
凛「今朝も法律通りにゃー」

花陽「うんっ!ありがとう、凛ちゃん!」
凛「こんなことならお安い御用だよ!」

花陽「けど、明日が問題の日曜日だね」

凛「はぁ…早く起きれるかな?凛心配だよぉ」

花陽「大丈夫!私が起こしに行ってあげる」

凛「本当に?やったぁ!これで日曜の朝問題も解決にゃー…でも、それだとかよちんがお昼まで寝れないよ?」

花陽「お昼までは寝ないよぉ…」

凛「じゃあ!おでかけして起こしに来れない日は?」

花陽「あっ!そこは盲点だったね」
凛「どうしよう…」

ピロリロリン

凛「あれ?誰からだろう」

2 : ◆HUg149YDMA[sage saga] 2017/10/30 03:31:14.74 ID:aRg3u8HG0

「こ、ことり!ぁ・・・あの、あ、あの!貴女の事が、すっ、すっ、すっ、好きですっ!」

ある日の夕方、弓道場に響き渡った海未ちゃんの告白。

「ダメじゃないの。ダメじゃないんだけど・・・ちょっと、時間をください・・・。」

「は、はい。いつまでも待ちます!」

顔を真っ赤にしながら、カクカクと頷いていた海未ちゃんが、少し可笑しかった。


2 : ◆6cZRMaO/G6[] 2017/10/09 18:58:41.73 ID:yBu5KLrf0

ーーーーーー




ルビィ「…………」




季節は夏。
まだまだお日さまはかくれてなくて。
だから、夕暮れももうちょっとあとになりそう。

そんな、練習終わりの帰り道。
いつも通りの道を、いつものように。
けれど、いつもと違う人と歩く。



「ルビィちゃん、着いたよ」

ルビィ「ピギッ」



ぼけっとしてたせいで、変な反応しちゃった。

大丈夫?
なんて、顔を覗き込まれて……。

うぅぅぅ。
恥ずかしいよぉ……。



「今日はなにがいいかな? まだ暑いし、氷のやつ? それとも、ルビィちゃんの好きなクリーム系?」



って、ルビィが恥ずかしがっている間にも、話を進めてる。
え、えっと!
答えなきゃ!



ルビィ「あ、えっと……えっとぉ……」

「っと、ごめんね。焦らなくていいよ!」

ルビィ「う、うんっ」



ルビィが頷くのを待ってから、隣にいるその人はーー




曜「なんでも好きなやつ、選んでいいからね!」




ーーにこりと微笑んだ。




ーーーーーー

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/10/29 01:10:26.57 ID:L6mIiv0/0

ことり「え。なにこれ。コンビニのおにぎりの袋の中に真っ黒い何かが詰まってる」

ことり「……うわ。凄い臭い」


穂乃果「ことりちゃんお待たせ! ジュースとお菓子持ってきたよ!」

ことり「ほのかちゃん。これなに?」

穂乃果「え? あー。おにぎり……だね」

ことり「中身が真っ黒だけど……」

穂乃果「賞味期限……2012年だね」


ことり「5年前……なんだね」

穂乃果「よくある事だよ」

ことり「よくはある事じゃ……ないと思うけど……」


1 : ◆V2J9lvBO6Y[sage] 2017/10/23 22:03:36 ID:aCjpmaG6


ダイヤ「あなた達……μ‘sに関する知識が足りてませんことよ!? 」

ダイヤ「と、いうわけで」

ダイヤ「μ‘sに関するクイズ大会を開催します! 」


ダイヤ「最も正解数の多かった回答者には こちらの景品を! 」バンッ


鞠莉「果南とゆく、温泉旅行ペアチケットでーす♪」


果南「訴えるよ! 」

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

1 : ようそろ ◆FR8sJj9Emc[sage] 2017/10/19 21:51:40 ID:808JMSTQ

曜「え?」

梨子「?」

千歌「どうしたの?10年以上の付き合いの親友に名前を間違えられたような顔して」

曜「いやいや…」

曜「ちょっと待って?今私のことなんて言った?」

千歌「そうろうちゃん」

曜「それだよそれっ!なに!?ふざけてるの!?」

千歌「え?え?」オロオロ

梨子「こんな朝っぱらからそんな叫んだら喉に響くわよ?そうろうちゃん」

曜「…聞き間違えかな?ごめん、もう一度私の名前を言ってくれる?」

梨子「別にいいけど…。そうろうちゃん」

曜「ああああああッ!!」ガッ!!

千歌「ひっ!なんでカバンを地面に叩きつけたの…?そうろうちゃん…」

下ネタ注意です

1 : ◆V2J9lvBO6Y[sage] 2017/10/13 20:40:21 ID:vcNjspLw

#1

午前6時…


ジリリリリリリリ!!

絵里「ふわぁ……」


ジリリリリリリリ!!

絵里(うるさわいね…あと五分くらい……)


ジリリリリリリリ!!

絵里(分かった分かった、もう起きるから…)


バンッ!ガシャンッ!


バンッ!

ピタッ しーーん



絵里「やっと止まった……」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/10/15 21:55:54.80 ID:HZgbJxBF0


*某映画のパロディ……というか、設定の一部を少しだけ借りて創ったお話です。

*映画は未視聴でも全く問題ありません。



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/10/05 15:32:22.60 ID:q1iynsrRO

これから作る曲について、調べ物をしていて1つ知ったことがあります

フラメンコという言葉は古くは差別用語だったという説がある、と

荒くれもの、乱暴なものという意味らしいです

流浪の民が日々の生活を憂い、裸足を晒し、周りを鑑みず踊る

憂いのこもった悲痛な叫びの舞が今日まで続いてきたのでしょう

そんな悲しいダンスに私は…強く惹かれました


1 : ◆pozbQyoPDo[] 2017/10/01 22:27:49 ID:mGvOlX2A

「スクールアイドルと放課後」

──穂乃果の家

穂乃果「…」チラリ

海未「…」ペラッ

ことり「…」スッスッ

穂乃果「ねぇ」

海未「はい?」

ことり「うん?」

穂乃果「恋人ってさ…どうやったらできるのかな」

海未「…」ムクッ

海未「そりゃ、放課後の教室でですね、一人残ってプリントを配ってる女子がいるでしょう?」

海未「あそこにほら」スッ

ことり「」バァ──ン

仁王立ちをすることり

穂乃果「女子!?ていうかシュミレーションするの!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/10/01 01:20:40.99 ID:/zESL2O40

ことり「いっけなーい! 遅刻遅刻~!」

ことり(私、南ことり! 夢だったファッションデザイナーの道を日々邁進中の社会人!)

ことり(昨日夜中までお仕事してたのがたたって、今日はついつい寝坊しちゃったの! ことり、うっかり~!)

ことり(やんやんっ遅れそうです! 急げ急げ~!)



梨子「はっ……はっ……これ間に合うかな……っ」スマホポチー

梨子(私の名前は桜内梨子、音ノ木坂中学校に通っている美術部の二年生、なんで今走っているかというと……)

梨子(昨日遅くまで絵を描いていたせいで、朝目覚ましで起きれなくて授業に遅刻しそうだから。時間ぎりぎりだけど、頑張らないとっ)

梨子「あそこの曲がり角を……」ヒュッ

ことり「えっ」

梨子「えっ?」








キキィィィィィィーー!!


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/09/27 23:24:42.12 ID:dgJU41800

ヒデコ「只今より、絢瀬絵里ポンコツ疑惑裁判を開廷します。検事及び原告団入廷してください」

ガチャ

検事 東條希

希「……」テクテク

原告団

高坂穂乃果 星空凛 矢澤にこ

穂乃果「……」テクテク

凛「……」テクテク

にこ「……」








1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/09/20 20:38:26.00 ID:rNLS01Ir0

「大人の階段」


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP