PickUp
スポンサード リンク
2 : ◆CPNqm4LsKEhX[saga] 2017/02/20 18:54:36.77 ID:qu8zjDl70

『あやせとUFOキャッチャー』

「お兄さん!もうちょっと右です!右!あ!行きすぎです!もぉ~ほら~取れなかったじゃないですか!」

「お前なぁ…無茶言うなよ…難しいんだぞ…」

「ふんっ!お兄さんが下手くそなだけじゃないんですか?」

「よぉしわかった!あやせ、お前がやってみろ!」

「え…で、でも私こういうのやったことありません…」

「お前…やったことないのにあんな偉そうなこと言ってたわけ!?」

「む…しょ、しょうがないですね…やってやろうじゃないですか!」

「なんでそんな強気なんですかねぇ…」

「まぁまぁ、見ててください!」


1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/08/17 19:42:32.33 ID:cRBtSMUw0.net

桐乃「うはーたまらん!待て待て~!」

小鳩「やっ!!兄ちゃん助けて!?」


京介「すみません…うちの桐乃が」

小鷹「いやいや…星奈で慣れてますんで大丈夫っすよ。小鳩~!仲良くな~!」


小鳩「兄ちゃんの薄情者ぉ!?」

桐乃「うひひ~待て待て~」

1 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/18 14:04:35.52 ID:oXOgfM4WO

・俺妹SS

・期待できない

・設定とか矛盾ある鴨

・かまくらってどう作るの?

以上の点があってもダイジョブな方のみどうぞ


1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/05 16:27:38.73 ID:nNCfnYhY0.net

加奈子「何そんなにびっくりしてんだよ!あ、まさか女子高生になった加奈子にときめいちゃった??」

京介「んなわけねーだろガキが。んなことよりお前…来るなら来るって連絡くらい寄越せよな…」

加奈子「たまたま近くに来たから寄ってやっただけだっつーの!お邪魔しまーす!おっ!なんだよなかなか良い部屋に住んでんじゃん!」ズカズカ

京介「おま…勝手に入んなよな!?」

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報HIPがお送りします[] 2015/12/23 08:17:44.07 ID:RbNtW+Ub0




十二月になろうかというある日の昼前、俺こと高坂京介はラブリーマイエンジェルあやせたんに呼び出されていつもの公園にいた。

京介「デート?いいけど。あ、あと俺はあやせのくれるものならなんだってうれしいぞ?とりあえずうまいパスタの店探すから待ってくれるか?」

あやせ「はい?どうしてわたしがお兄さんなんかにプレゼントをあげないといけないんですか?通報しますよ?」

ハイライトの消えた瞳であやせは当然のように罵倒してきた。

ははは。知ってたさ。どうせ桐乃へのクリスマスプレゼントとかそんな感じだろ

会って早々渡されて嵌めた手錠が空しくジャラジャラと金属音を立てている。

京介「どうせ桐乃へのプレゼントだろ?」

あやせ「わかっているのにどうしてわたしがお兄さんにプレゼントをあげるなんて苦行が思いつくんですか」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/05/22 00:21:43.57 ID:VWWrYmzqo

あやせが作ってくれた晩御飯を一緒に食べ、まったりとした時間を過ごし、
彼女が帰宅するため玄関に立ったタイミングで切り出した。

京介「あやせ」

あやせ「はい、なんですかお兄さん」

京介「キスがしたい」

あやせ「」

あやせ「な……だ、ダメです! 急に何てこと言うんですか変態!」

京介「俺たち付き合い始めてもう四ヶ月だろ? そろそろキスくらい良いんじゃないか」

あやせ「時期とかそういう問題じゃありません! あと『くらい』って何ですか」

京介「駄目か?」

あやせ「ダメです」

京介「どうしても?」

あやせ「どうしてもです!」

京介「そうか……」

あやせ「大体お兄さんはスケベで変態ですから、キ、キ、キスを許したらその次その次って、どんどんエスカレートして行くに決まってます!」

京介「そこは否定できない」

あやせ「ほらやっぱり。だからダメです。結婚するまで清い交際でいましょう」

京介「……」

京介「なら」



1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/11/30 01:04:20.12 ID:vGkNtVgu0


京介「命令がマニアック過ぎんだろ! 初っぱなだぞ!」

加奈子「あんだよ」

京介「あと、オマエ、王様ゲームのルール知らねえだろ!」

加奈子「?」

京介「やる人とやられる人は番号で言うだよ!」

加奈子「なんで?」

京介「そうじゃないと、俺が割り箸を引く意味なくなるだろう?」

加奈子「知らねーよ」

京介「じゃあ、知れ、今すぐ」

加奈子「加奈子が王様なんだろ? だったら、ルール決めんのも加奈子の勝手じゃね?」

京介「王様でも最低限守らなきゃいけないルールが……――あ?」

桐乃「ん」ズイ

京介「桐乃? なんだよ、足を突きだして」

桐乃「あたし、2番」ズイ

京介「いやいや、なに言ってんだ」

加奈子「京介、王様の命令は絶対なんだろ?」

京介「いやいやいやいや」ブンブン

加奈子「やれやれ!」

あやせ「…………」

京介「つーか、桐乃? その体勢だとパンツ見え――うぐっ!」

桐乃「うっさい! 早くしろ!」ゲシゲシ

京介(どうなってんだよ、オイ!)





1 : ◆TJ9qoWuqvA[saga] 2014/09/06 22:10:22.24 ID:HQEI7STJ0

ミザエル「私は高坂ミザエル、どこにでもいるごく普通の誇り高きバリアンの戦士だ」

ミザエル「そして…」

桐乃「それでね…妹にお兄ちゃんとよばれるのがもう!」

ミザエル「この小娘は私の実の妹、高坂桐乃」

ミザエル「かなり前から私に対して反抗的になっている」

ミザエル「しかしあることが原因で今までにないほど私に接している」

ミザエル「あること? それは数時間前のことだが…」


2 : 怒り新党 ◆rUZQC1VTAc[saga] 2014/02/12 22:33:55.82 ID:qD3X4sul0


京介「………うし、持つべきものは全部揃えた。行ってくるかな!」

大介「どうした京介、出かけるのか?」

京介「親父、帰ってきたら話……いや、決闘してくれないか?」

大介「何をわけのわからんことを言っとるんだ。今日は鍋らしいから早く帰って来い。」

京介「5時には帰る。だからリビングじゃなくて親父達の部屋で二人きりで話がしたい。…………出来るなら桐乃が帰ってくる前に。」

大介「………分かった。こっちもそろそろ釘をさしておくべきころだと思っていたところだ。」

京介「けっ、その釘へし折ってやるよ。じゃ、行ってくる。」ガチャリ バタン



4 : ◆.a46lvF.pU[saga] 2013/08/27 17:03:33.04 ID:OnktNF440


皆さん、お久しぶりです。

わたしの名前は新垣あやせ、今は花の女子高生をやっています。
と言っても女子高生をやっていられるのも後1年。
高3になったわたしは目下、進路について悩み中。
大学進学は確定なんですが、肝心の大学や学部についてまだまだ絞り切れておらず、早く決めないと、と焦る毎日です。

っと、いきなり始まってしまったら皆さんがついて来れないですよね。
まずはわたし達が高校生になったあたりを振り返りたいと思います。



―――――――――――――――
――――――――――


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/14(金) 19:36:24.57 ID:8IVHbHEg0


京介「……」

京介「あー部屋から出たくない」ゴロリ

京介「…春休みってもっと忙しいもんだと思ってたのによ」

京介「こうも暇を持て余すとはな」

京介「何処かに出かけるにしたっても、何処行きゃー良いんだか」

京介「……」

京介(俺が行くことろ行く所に……あいつ等、居るだろうしな)



1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sagaa] 2013/05/16 02:27:08.34 ID:yUziY51i0




そう言って涙を流して微笑むあやせはやっぱり綺麗だった


◇   ◇   ◇



あやせ「――そんなあなたのことが好きです」



あやせの言葉が理解できなかった



京介「……ちょっと待ってくれ。意味がわからないんだが……」



あやせ「言葉の通りですよ。わたしはお兄さんが好きです」



京介「いや、だってさ……。お前俺のこと嫌っていただろ?さっきも……」



あやせ「スケベで、シスコンで、変態で、ドMですか?」





1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/05/25(土) 22:19:35.45 ID:9Sgg9PDQ0

兄さんと姉さんとがセックスしてるところを見ました。

正直ショックでした。

うすうす感づいてはいたのですが、見ないようにしていたのかも知れません。

でも、信じたくなかったんですよ。

だって考えてもみて下さい。


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/05/24(金) 19:11:34.54 ID:2x8k6zSJ0

桐乃「あー駄目だ。どっちを選べばいいのかしら」

黒猫「さっきからエロゲの画面とにらめっこしてるところ悪いけど…」

桐乃「もう気が散る!この選択がこの後の展開を左右するのよ」

黒猫「友達を家に呼んでおいて放置はないんじゃないかしら」

桐乃「今週中にクリアしておきたいのよ」

黒猫「お茶のひとつぐらい振舞ったらどうなの」ズイ

桐乃「少しくらい待ったらどう…」クル

2人「!!」

桐乃(ち………近い近い)

黒猫(く、唇が触れるところだったわ///)

みたいな話を


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/05/22(水) 14:14:36.36 ID:YU9kR+f70

あやせがゲームにハマる一週間前

桐乃「ただいまー」

京介「おかえり」

桐乃「……ふん。キモ」

京介「チッ、なんなんだよ」

京介「全く腹立ってくるな……」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/05/21(火) 14:27:50.73 ID:brdjZPFj0

京介「なに?今なんて?」

あやせ「噛んだだけです!なに言ってるんですか!私がそんな呼び方するわけないじゃないですか!」

京介「あ、ああ……だよな……だと思ったよ……」

あやせ「全くお兄さんは変態ですね……通報しますよ」

京介「今の俺悪いとこあった?」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/24(水) 06:19:33.08 ID:o6nB4xYV0

兄「ねーねー妹きゅん!どうしてそんなに可愛いの?結婚して!」

いもうと「べつにかわいくないもん」

兄「ぎゃああああ!可愛いぃっぃ!結婚して!」

いもうと「…うるさいなー」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/23(火) 00:06:10.71 ID:4K3Sh5De0

妹「ドMの変態なの!」

兄「えっ」

妹「てへっ///」

兄「てへじゃない。いきなりそんなカミングアウトされても……」

妹「とりあえず罵って~」ハァハァ

兄「うわ、何興奮してるの気持ち悪い」

妹「あぁん、いいよ///……そのゴミを見るような目///もっと見下してぇ///」キュンキュン

兄(だめだこいつ、早くなんとかしないと)


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/21(日) 22:43:51.14 ID:bm9N0Og00

妹「どうしよ!」

男「何!?いきなり何!」

妹「爆発しちゃう!!!」

男「どこが!?それって僕に言わなきゃいけないこと!?」

男「僕のネットゲームをわざわざ邪魔してまで伝えないといけないことなの?」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/18(木) 18:07:41.84 ID:v1nLvYhW0

ライトノベル「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のSSです

11巻の続きを妄想したもので、終盤にヒロイン2人のルート分岐あり

アニメしか知らん&原作全部読んでねーって人でもたぶん読めます


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP