PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆C2VTzcV58A[saga] 2017/10/10 23:35:21.81 ID:IyMoB4KNO

鈴音「………ホモ?」

一夏「違う」

鈴音「え、だって急に男が欲しいとか言い出すから……大丈夫? 弾呼ぼうか?」

一夏「お前、仮に俺がホモだとして弾を生贄に捧げていいのか」

鈴音「んー………そうねえ……」

一夏「迷ってる時点で鈴と弾の友情が疑われるんだが」

鈴音「いや、ほら。一夏がホモだとすれば、もう弾もホモでいいと思うのよ」

一夏「よくないだろ!」

鈴音「あはは、冗談よ~。中学の時に女子の間でひそかに『一夏×弾』のカップリングが盛り上がってたからってさすがに暴論よね。じゃあ気を取り直して」

一夏「ちょっと待て。気を取り直す前にちょっと待て」

鈴音「え?」

一夏「聞き捨てならない部分があったんだが」

鈴音「心配しなくても、一夏がホモだって本気では思ってないわよ? 思ってたらアンタの頭叩きなおしてでもノーマルにするし」

一夏「いや、そっちじゃなくてだな。いやそっちも大事ではあるんだが……え、なに? 俺と弾が、カップリング?」

鈴音「あ、そのこと? だってアンタたちいっつも一緒にいたじゃない。数馬もいたにはいたけど、あっちは女っ気が結構あったしね~」

鈴音「なまじ顔がいいから、そういう妄想が捗るんだって。クラスの子が言ってたわ」

一夏「知りたくなかったぞ、そんなおぞましい事実……」

鈴音「いいじゃない、中学の頃の話なんだから」

一夏「俺も弾も普通に女の子が好きなのに……」

鈴音「24時間365日彼女募集中?」

一夏「おう」

鈴音「にぶちん」

一夏「え? なにが」

鈴音「そういうところが! まあ、はっきり言えないあたしにも責任はあるけどさ……」

一夏「?」

鈴音「なんでもない!」





1 : ◆y7//w4A.QY[] 2017/08/03 01:19:06.21 ID:E7dKsAj+0

【学食】

セシリア「え、えぇっ⁉︎」ガタッ

一夏「……? どうしたんだ?」

セシリア「今なんとおっしゃいまして⁉︎」

一夏「いや、[ピザ]は嫌いだって」

お相撲さん(TV)「どすこーい! どすこいどすこーい!」

一夏「見てみろよ。あれ。暑苦しいったらありゃしないよな」

セシリア「そ、そうだったんですの。テレビに映ってらっしゃる力士の方の」

一夏「女の子だって太ってるのは嫌だけどさ」

セシリア「……!」ガタッ

一夏「おわっ⁉︎ さっきからどうしたんだ? 様子が変だぞ!」

セシリア「い、一夏さんっ! 女子に軽はずみな体重の話は厳禁ですわ!」

一夏「いや、でもセシリアはそんな心配」

シャルロット「なんの話?」ヒョイ

一夏「ああ、なんだ。シャルも昼飯か」

シャルロット「うん。ボクもご一緒させてもらっていいかな、えへへ……セシリア、どうしたの? 座ったら?」

セシリア「けっこうです! ちょっと、その、食欲がありませんので失礼します!」ガチャン コツコツ

シャルロット「え、まだ半分も食べてなかったのに……一夏、セシリアになんか言った?」

一夏「いや、思い当たる節はなにも」

シャルロット「ほんとかなぁ」

一夏「なんだよ。テレビを見ながら、[ピザ]は嫌いだって言っただけだって」

シャルロット「はぁ……。いちかぁ……女の子の前でそんなこと言っちゃだめだよぉ~」

一夏「どうしてだめなんだ?」

シャルロット「体重は気にするからね。それで? 一夏は痩せてる子がいいの?」もぐもぐ

一夏「あぁ、[ピザ]は嫌だな。でも、シャルも――」

シャルロット「ごちそうさま」カチャ

一夏「お、おい。まだちょっとしか」

シャルロット「な、なんだか今日はお腹いっぱいになっちゃってさぁ~」

一夏「体調でも悪いのか?」

シャルロット「心配してくれるの……?」

一夏「ああ、もちろんだ」

シャルロット「え、そ、それって、どして……?」

一夏「もちろん! シャルは大切な仲間だからな!」

シャルロット「な、仲間……。そ、そうだよね……あは、あはは……」ショボン

一夏「悩みがあったらなんでも聞くからさ!」ポン

シャルロット「ありがとう」

一夏「それで、体調は本当に平気なのか?」

シャルロット「うん。大丈夫。問題なのは、恋する病、なんちゃって」

一夏「……?」

シャルロット「もぉ! どうして聞いてほしいときに聞こえてないんだよぉ!」バンッ

一夏「おわぁっ⁉︎」


2 : ◆OtODHasxz.[saga] 2017/05/21 06:46:15.87 ID:G0/f5lCP0

一夏「理想の彼女?」

シャル「うん」

セシリア「一夏さんの理想の彼女像が気になりまして」

鈴「例えば酢豚が上手な方がいいとかそんな感じでいいのよ?」

一夏「うーん...」

ラウラ「強い軍人とかでもいいんだぞ嫁よ」

一夏「この中で軍人ってラウラだけだぞ?」

箒「鈴もラウラも少し黙っていろ。私たちは一夏にきいているんだ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/05/11 07:09:10.24 ID:uInqS71a0

クラスメイト「デュノアさんってさ、前は織斑くんと同じ部屋だったんだよね?」

クラスメイト「あー、あったね。シャルちゃんがシャルくんだった頃が」

シャル「ああ、黒歴史時代の話かな?」

クラスメイト「黒歴史扱いなんだ!?」

シャル「うーん、まあ、今から考えると男装して全寮制の学校に入学とか、無理筋にも程があるし…ね?」


2 : ◆C2VTzcV58A[saga] 2016/03/20 01:32:34.22 ID:9KVo4kYAO

鈴「いちかー、いちかー」

一夏「どうした?」

鈴「この漫画、読み終わったから次の巻とってー」

一夏「人様の部屋で人様の漫画読んでおいて、その上俺をこき使うか」

鈴「だってアンタのほうが本棚に近いし」

一夏「はいはい。しょうがないな」

一夏「ほら」

鈴「サンキュ」ニコニコ

一夏「女の子は笑ったら許されるからずるいよなあ」

一夏「こればっかりは、女尊男卑の世の中になる前から変わらないらしいし」

鈴「ただの女の子じゃないわ。かわいい女の子だから許されるのよ」

一夏「自分で言うか」

鈴「下手な謙遜なんて必要ないでしょ」

一夏「昔から、鈴はそういうタイプだよな」ハハ


1 : ◆SEFvaK53B6[saga] 2015/09/26 03:39:35.17 ID:zmxlB/K40

山田「それじゃ、自己紹介お願いします」


シンジ「えっと……碇シンジです」


シンジ「……」


山田「あ、あの…他には?」


シンジ「あ…よ、よろしくお願いします」


ザワザワ アノコガウワサノ


シンジ「うう……」


シンジ(半年前、偶然ISに触れたら起動させてしまった)


シンジ(そしたら十年以上、音信不通だった姉さんから突然連絡があった。そしてわけもわからない内にこのIS学園に入学させられた…)


シンジ(何なんだよもう…あんなのただの偶然なのにわけかんないよ…)



1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/24 00:15:59.69 ID:tcIPaIi00.net

シャル「その壁ドン?っていうのは何?」

ラウラ「萌えシチュエーションの一つらしい」

ラウラ「男が女を強引に壁に押さえ込んで、手と壁で女の逃げ場を塞ぐ」

シャル「うーん、ちょっとよくわからないかな」

ラウラ「なら実際にやってみよう。シャルロット、壁に背中を預けてくれ」

シャル「う、うん……」

ラウラ「やるぞ。……シャルロット……」ドンッ

シャル「!」

ラウラ「……好きだ」

シャル「!!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/23 17:51:11.42 ID:CO6XPd3X0.net

弾「鈴一人で俺の家に来るなんて珍しいな。何の用だ?」

鈴「ちょっと一夏のことで相談がね」

弾「あぁ、恋愛相談か。なるほどな。しかしまた急になんでだ?」

鈴「それが最近ライバルとの一夏争奪戦が激化して……何とかリードしたくて」

弾「ほぁー……IS学園はとんでもないことになってんなぁ」

鈴「まぁそういうことだから、男目線で女の子のドキドキする仕草とかシチュエーションとかを教えて欲しいのよ」

弾「オッケーわかった。まかせとけ!」

鈴「ありがと、弾」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/10 19:32:52.39 ID:xVYECq9f0.net

一夏「ああああああ・・・もう・・・でるッ・・・」

千冬「ああヤメテェ・・・もう排卵日過ぎてるんだよおおおお」

1 : ◆/X.qgBLki2[saga] 2015/08/19 12:49:10.56 ID:yp0Ms1UjO

立て直し


http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira084974.jpg
更識楯無


1 : ◆fV/glxsvwY[saga] 2015/08/16 02:21:31.08 ID:8oWPj3Nn0

更識姉妹は不仲とあったんで、原作より拗れてる感じの設定で書きます。
一応原作で和解した後という態です


http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira084721.jpg
更識簪

http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira084722.jpg
更識楯無



1 : ◆Vf7KndwiMg[saga] 2015/08/14 22:20:18.78 ID:MPxB97nHO

 ーー食堂ーー


一夏「うー、腹減った腹減った…。今日の昼飯は何にしようかなー」


ラウラ(久し振りに嫁と二人っきりで昼食だ)ウキウキ


一夏「ラウラは何にするんだ?」


ラウラ(しかし浮かれてはならない。この数少ないチャンスをものしなければ…)


一夏「おーい?ラウラー?」カオヲノゾク


ラウラ「ひゃ!?な、な、なんだ?!わたしと二人きりだからって浮かれるんじゃないぞ!」


一夏「お、おう?そうだな?それでラウラは何にするんだ」


ラウラ「わ、私か?私は…そうだな。今日はかき揚げうどんにしようか」


一夏「お、いいな。寒い日はやっぱうどんだよな!俺もそれにしようかな…」


ラウラ「そ、そうだな!それが良い!それにしろ!」グイグイ


一夏「わ、分かったよ。そんな急ぐなって」


ラウラ(嫁と二人っきりで同じものを食べる…これでは夫婦みたいではないか)テレテレ


一夏 (ラウラの奴嬉しそうな顔をして。そんなに腹が減っていたのか…)カキアゲウドンフタツオネガイシマス



1 : ◆wIGwbeMIJg[saga] 2015/08/06 01:43:46.40 ID:lQbsQsoK0

参考画像

http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira083784.jpg



1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/07/22 00:24:55.30 ID:PQwkCsoZ0.net

一夏「漏れる漏れる漏れる漏れるトイレトイレトイ……どおずぎるうううううう」

一夏(そ、そこらへんでやるか?駄目だ、土の地面ならまだしも屋内でやるのは流石に……)

一夏(なら女子トイレ……見られたらヤバイ……いや、というか)

一夏「もう……無理……」

箒「どうした一夏?顔が真っ青だぞ」

一夏「ほ、箒!!」

一夏(も、もうこれしかねえ!!)

一夏「箒!俺の小便を飲んでくれ!!」

箒「……は?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/05/03 15:30:42 ID:/JZXls56


ラウラ「日本にとって一大事だというのに……」

ラウラ「ネットに流出してしまって、もう手がつけられない状態になっている!」

一夏「???」

ラウラ「ともかく、私の部屋に来い! 一夏!」

一夏「……よくわからないが、分かった」

―――――――――――

ラウラ「これを見ろ、一夏」

一夏「PCか……どれどれ」

一夏「えーっと、海上自衛隊の機密情報が大量流出……」

一夏「…………」

一夏「ともかくソース元を……」 クリック☆

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/05/01 12:53:45 ID:x70/DeGQ


弾『ああ』

弾『この前、何かでアンケとってランキングしてあったんだ』

一夏「ふう~ん。 それで?」

弾『でよ、お前に試して欲しいんだ』

一夏「ちょっと待て」

一夏「何で俺なんだよ? 自分で試せばいいだろ?」

弾『俺に親しい女の子なんて居ないしさ~』

弾『それにほら、以前お前言ってただろ?』

一夏「言ってたって……何をだよ?」

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/04/29 19:49:55 ID:TJ.O7Hd2


一夏(風邪をひいてしまった……)

一夏(最近、流行ってたからな……)

一夏(…………)

一夏(ポ○リでも飲もう……) ムクリ

一夏「グビグビ……ぷはっ」

一夏「ふう……」

一夏「…………」

一夏「あ」

一夏(連絡……しておかないと……)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/19 02:24:00.89 ID:41KzKiQQO

一夏「やべぇ、もう限界かも」

シャル「どうしたの?」

一夏「ここに入って早3ヶ月」

一夏「未だ出せてないんだ」


1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/03/21 17:04:30 ID:1VNiwtFs

千冬「貴様、ホモなのか?」

一夏「なあっ・・・!?」



後は頼む

1 : ◆xQt2FKAeb52J[saga] 2015/03/11 03:05:47.56 ID:HCt9oJTf0


※キャラ崩壊注意


―――


千冬「一夏、入るぞ」

一夏「織斑先生?どうしたんです?こんな遅くに」

千冬「二人の時は千冬姉と呼べ。ちーちゃんでも可」

一夏「薬でも盛られたのか?」


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP