PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2017/09/07 01:21:54.96 ID:+EtVRVLso

夏本番を控え、ピークはこれからだというのに連日猛暑が続き、蒸し暑くてなかなか寝付けない、とある夜。

目を閉じて身体を休ませ、まどろみの中に溶けていこうとする私の耳に、LINEの通知音が入ってきた。

鳴った瞬間は、確認する気はなかった。

時刻は夜11時を過ぎている。一般的には遅い時間だ。何が送られてきたのかはわからないが、送ってくる相手も「もしかしたらもう寝てるかもしれない」ということくらい考えているはず。それなら今は通知を聞かなかったことにして、明日の朝に確認すればいい。

じわり汗ばむ熱帯夜、やっと体温も下がり始めて睡眠に適した環境が整いつつあるのに、わざわざ身体を覚醒させることはない。まだギリギリ夏休みではないため、明日も学校があるのだ。早く寝ないと、ただでさえ低い寝起きのテンションが底値に達し、朝から櫻子に煙たがられてしまう。私にとって、この寝付くまでの時間というのは意外と大切な意味を持っていた。

……でも。


向日葵(…………)


なんとなく感じる、胸騒ぎ。

もしかして、あの子から? という直感。

私が寝ているかどうかなんてお構いなしな、あの子が送ってきたんじゃないかという予感。

目を閉じている私の胸の中で、いくつもの思考がぐるぐると渦巻く。考えれば考えるほど、あの子かも、たぶんあの子だ、あの子くらいなものだ、あの子で決まりでしょうと、予想が強く固まっていく。

一息ついて、閉じていた目を薄く開ける。身体はもう少しで眠ろうとしていたけど、心はどんどん物事を考えてしまって落ち着かなくなっていた。

せっかく寝付くところだったのに。つまらない用事だったら明日怒ってやる。楓を起こさないように静かにベッドを降りて、机の上のスマホを確認した。


向日葵「……?」


画面に表示されたのは私の予想通り、櫻子からのLINE通知。けれど私が思い浮かべていたような、明日の学校に持っていく荷物の確認などではなく、通知ダイアログからは内容がわからないよう改行が重ねられたメッセージだった。

トークルームを開かないと主要部分が読めないようになっている。通知だけで内容を知られてスルーされたら困るのだろう。もともと私はあまりメッセージを無視しない方なので、櫻子は私に対して滅多にこういうことをしない。

こうまでして私に見てほしい何かが、ここには書かれている?

一瞬の間を置いて、私は櫻子から送られてきたメッセージの全文を表示した。


1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2017/09/03 09:42:05 ID:00v05w2U

向日葵「すみません、仰る意味がよくわかりませんが」

あかり「だーかーらー、朝起きたら入れ替わってたって言ってるじゃん!! なんでわかんないんだよ!!」

向日葵「えぇっと、赤座さん。そんな無理して櫻子に付き合うことないんですのよ?」

あかり「無理とかじゃなくてっ!? もう、おっぱいばかりに栄養がいって頭に回ってないんじゃないのか!!」

向日葵「なっ!? あ、赤座さん!?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/08/12 02:24:05.92 ID:+VlRQl4kd.net

赤座あかりちゃんはニートに成り果てていた

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/07/31 21:00:42.77 ID:t6sJph4Uo


(放課後、生徒会室)


綾乃「さーて、プリントは全部あるわね」

千歳「今日は、珍しくスムーズに揃ったなぁ」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/07/17 19:03:26.27 ID:Q8XYQLlgo



TV「・・・吸血鬼とは、人の首すじに噛み付いて」

TV「血を吸う恐ろしい化け物なのです」

櫻子「・・・」

花子「・・・」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/07/01 15:25:26.56 ID:BOwCUDw2o


(ごらく部)


ガラ

京子「おーっす」

結衣「おー京子」

あかり「今日はー、京子ちゃん」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/06/07 23:54:49.91 ID:bixo2te4o


私は、休みの日にはたまに映画館に映画を観に行く。

そこには普段の日常とは違う、色んな世界が広がっているから。

いい映画を見終わったあとは、私はさっぱりとしたいい気分になる。



1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/06/03 01:16:45.39 ID:pku9T/jw0.net

櫻子「これって病気だよね・・・私死ぬのかな・・・」

向日葵「この前保健体育で習った事覚えてます?」

櫻子「寝てた!」

向日葵「はぁ・・・」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/05/27 10:24:05.57 ID:NSj/AMGRo



向日葵「へー、奇遇ですわね、こっちも全く同じ意見ですわ」

櫻子「むー・・・」

あかり「ま、まぁまぁ・・・」

ちなつ「な、仲良くしようよ、ね?」




1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/05/10 13:12:00.81 ID:Yoqh61pe0.net

ごらく部部室

京子「あーあ暇だなぁ」ゴロゴロ

結衣「そうだな」

ちなつ「結衣先輩!お茶どうぞ!」コトッ

結衣「ありがとうちなつちゃん」

あかり「あ、あかりおやつ買ってきたんだよぉ」ゴソゴソ

京子「マジ?食べたい食べたい!」ガバッ

キャッキャッ

コンコン

京子「なんだ?」

ちなつ「誰か来ましたね」

結衣「綾乃たちかな」

俺「失礼しまーす」ガラッ

京子(……誰?)

結衣(……男?)

ちなつ(……おっさんじゃん)

あかり(でもうちの制服着てる……)

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/03/11 02:32:09.39 ID:kiw1tXJk0.net

向日葵「うぅ・・・最近また胸が大きくなってきましたわ」

向日葵「ということで先生 どうにかならないでしょうか・・・」

西垣「大きめのブラをつければいい話だが」

西垣「今日私が作った薬を飲むといい」

西垣「カイメンターイという薬だ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/03/10 20:57:58.70 ID:cKhqWb/do


(教室)


京子「よー千歳、今日誕生日なんだって?」

結衣「おめでとう、池田さん」

千歳「わぁ、二人ともウチの誕生日覚えててくれたんやぁ」

綾乃「・・・」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/09/25 13:03:11.93 ID:E2J/SyMr0


~通学路~

向日葵「あら、道端にノートが落ちてますわ」


向日葵「真っ黒の表紙に、題名が・・・」

向日葵「ですのート?」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2017/01/20 00:22:17.84 ID:b4qt7MSMo

気が付くと、そこはいつもの観覧車乗り場だった。


私の目の前で、色とりどりのゴンドラが音もなくゆっくりと右からやってきては左に動いていく。


もやついていた視界がだんだん晴れてくる。私は顔ごと上を見上げた。


大きな大きな観覧車が、静かに確かにそびえ立っていた。



一体何本あるのかもわからない、綺麗に組まれた白と赤のスポーク。自転車のタイヤのようなそれは、近づいて見ている分には動いているのを感じさせないくらい、ゆっくりゆっくりと回っている。


右から赤いゴンドラがやってきて、私の前ですっと止まった。


私の番がやってきたのだ。もう何度乗ったか知れないのに、観覧車に乗る前のこのドキドキというものは、いつまでも薄れることなく胸を高揚させてくれる。


きぃ、と開いた大きなガラス張りの扉。まだ静止せずにちょっとだけゆらついているゴンドラに乗り込み、赤いシートに腰掛けた。


クッションがちょっと硬めのシート。昔から変わらないこの感じが、とてつもなく懐かしい。


ゴンドラの中には、ほんのり甘いにおいが漂っていた。これは……キャラメルシュガーの香り。きっと前に乗った子供が持ち込んだポップコーンか何かの匂いだろう。今私が乗ろうとしたときは、誰も降りてこなかったけれど。


この観覧車のゴンドラは、いつだって甘い匂いがしていた。


閉まる扉の外で、発車のベルがじりじりと鳴る。そっと胸に手を当て、扉とは反対側の窓の外を眺める。


ゴンドラの天井部から、オルゴール調のメロディがかかる。


音色は綺麗なのに、どこか曇っていて古っぽくなっている音。これがこの観覧車が動き出した合図だ。外の景色もゆっくりと動いていく。



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/04 23:48:56.72 ID:GmU+Uba/0







ふとした時に思う。








ある時は夕飯の前。




撫子「櫻子ー、ご飯できてるよ」


櫻子「あ、待って! 今行く!」




どたどたとせわしなく階段を降りてきたかと思うと、私のすぐ横を櫻子は走り抜けていく。




ふわっ




撫子「!」




私の目の前でたなびいた櫻子のくせっ毛は、通り過ぎた場所にシャンプーの甘い香りを微かに残す。




……あんなに背、高かったっけ。




撫子「家の中を走るな!」




戸惑いを取り繕うように大声を出した。




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/03 13:07:34.29 ID:l6cz0WMdo


(あかりの家)


ピンポーン

あかり「はーい」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/25 13:35:55.79 ID:3KFJOdgpo


(ごらく部)

京子「いやー、この前テレビのニュースで見たんだけどさ」

結衣「何をだ?」

京子「茶碗だよ茶碗。世界で3つしかなかった茶碗がもう1つ見つかったんだって!」

あかり「あー、やってたねー」

ちなつ「ああ、曜変天目が見つかったってニュースになってましたね」



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/17 17:16:34.91 ID:EitA1HUQo



あかり「さーて始まりました、ゆるゆりショートコント集でーす」

ちなつ「司会はゆるゆりのアイドルこと、吉川ちなつと」

あかり「ゆるゆりの主人公、赤座あかりでお送りしまーす」

ちなつ「ウソはだめじゃない」

あかり「何が!?」

ちなつ「それでは早速行ってみましょう、まずは、こちらから!」

あかり「ちょっと!?」




1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/12/07 23:34:20.43 ID:9OIK6YPV0.net

あかり「わぁいガルパン あかりガルパン大好き」

ちなつ「ガルパン面白いよね。私もう10周はしちゃった♪」

結衣「でも京子、どうして急にガルパン観賞会しようなんて言い出したんだ?」

京子「いや~、たまにはみんなでアニメ観るのも良いと思ってさ。この前最終章の情報出たばっかだし、何よりめっちゃ面白いから盛り上がるっしょ!」

結衣「また京子の変な思いつきか…でも、良い考えじゃないか」

京子「だろう?」(ミカ風)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/12/07 20:51:18.59 ID:JzU/1s7ao



(教室)

櫻子「・・・ほぉーう」




スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
275位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP