PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆KM6w9UgQ1k[saga sage] 2017/01/09 18:30:21.64 ID:fiJYedV+0

 湯船に肩まで浸かり、深く息を吐き出す。

一日の疲労の、最後の一滴までもその呼気に混ぜ吐き出してしまうように念入りに。

一日一日がまさしく光陰矢の如く過ぎ去っていく。昨晩も風呂場で同じことを私は考えていた。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/01/24 18:52:24.82 ID:F+l2qi7k0



奉太郎「まったく、休日だというのに学校に行かなければならないだなんて省エネ主義に反するにも程がある」

える「だめですよ折木さん。今日は古典部の活動についての話しあいなんですから」

奉太郎「だからと言って家まで迎えに来ることはないだろう」

える「迎えに行かなきゃ折木さん来ないと思いましたので」

奉太郎「さいで」

??「あっれー? 折木じゃん! 久しぶり!」

える「?」

奉太郎(誰だ? 見覚えはあるが)

??「いつ以来だっけ? 中学の卒業式以来か?」

奉太郎「あ、ああ、そうだな」

奉太郎(思い出した。中学の同級生だ)



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/06/29 09:59:43.51 ID:BVZ5thB50

三年間という時間は人の内面を変えるには短すぎる。

容姿なら小指の先ほど変わるかもしれないが

生まれてから今まで過ごした日々により形成された人間性が

高校の三年間だけで変わってしまうほど人間は薄っぺらいもんじゃない。

変わったように見えるのは本人が取り繕っているだけだ。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/06/03 09:06:22.91 ID:0EjTu6Bi0

夕闇迫る放課後の教室。中学時代からの友人、折木奉太郎からいきなりの告白をされた。

「どうしたんだい急に? 高校デビューってやつかい?」

「そんなんじゃなくって…ちがくて…」

奉太郎は顔を赤らめてかぶりを振る。その仕草はちょっと…かわいかった。

「うんうん」

僕は、頷いて続きを待つ。

「お姉ちゃんがどうしても入れっていったから、かな」

思わず頬が緩む。なるほどそういうことだったのか。あまり積極的に人と交わろうとせず

しおらしい性格をしたホータローが部活なんて。どうもおかしいと思ったんだ。

まさかお姉さんに命令されたとはね。

はっきり言ってしまうと、ホータローはお姉さんが大好きなんだ。それゆえ、お姉さんには逆らえない。

と、一応念のために言っておくと変な意味ではない。誤解を招くかもしれないので念のため。

「笑いごとじゃないと、思うよ」

そう抗議してきたものの、これもまた遠慮がちだった。

もっと自信もって言ったほうがいいとおもうけどなあ。


1 : Swing ◆VHvaOH2b6w[saga] 2015/02/25 12:17:40.45 ID:ubsnn6FT0

折木奉太郎「……は?」

える「アイドルのプロデューサーを、Pと呼ぶのが今の流行なんだそうです」

奉太郎「さっぱりわからん。つまりお前は、学校をやめてそのプロデューサーとやらになるのか?」

伊原摩耶花「馬鹿ね。そんなわけないでしょ! あんた、ほんとに知らないの?」

奉太郎「……里志。説明してくれ」

福部里志「はいはい。こういうのは僕の仕事だね。最近はアイドルのファンをプロデューサーと位置づけて、Pと呼んでるんだ。そしていいかいホータロー、今この神山市には映画の撮影ロケでアイドルが沢山来てるんだ」

奉太郎「ああ。それなら聞いたな。もっとも俺には、縁の無い話だが」

里志「ふふん。それはどうかなあ」

奉太郎「……なんだ?」


1 : ◆yufVJNsZ3s[saga] 2014/12/27 17:01:21.94 ID:bTDiL5Hz0


氷菓SS、再投稿となります。

なお、本作は第五作「遠回りする雛」との矛盾を孕んでいます。


1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/11/17 22:23:30 ID:nxjjqxjs

奉太郎「そうか、ならかほさん」

かほ「うん?」

奉太郎「なぜあなたは今俺の家の玄関にいるんだ?」

かほ「それは折木君がいれてくれたからでしょ?」

奉太郎「悪かった、言い方を変えよう、・・なんで俺の家に来たんだ。というかなぜ俺の家を知ってる」

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/07/23 22:26:41 ID:AKcLaTww

放課後、部室にて


千反田「お、折木さん…」

折木「…」

千反田「あ、あのですね…えっと…」

折木「…」

千反田「その…なんと言いますか…」

折木「…」

千反田「…折木さん?」

折木「…」

千反田「聞こえてないのですか?もしもし」

折木「なんだ千反田」

千反田「やっぱり聞こえてたんですね。聞こえてたなら返事をしてください」

折木「…はあ」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/05/24 13:24:26.51 ID:pAAXwghI0

奉太郎「高校生活といえば薔薇色、薔薇色といえば高校生活」

奉太郎「しかし、勉強にも色恋沙汰にも興味を示さない」

奉太郎「いわゆる灰色を好む高校生も…」

える「なにわけわかんないこと言ってんのよ」

奉太郎「いや訳わかんない、っておまえな…」

える「あんたの演説聞くためにわざわざ来たんじゃないの」

奉太郎「さいで」


1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/05/19 17:17:31.41 ID:D1ZL94ci0

奉太郎「折木奉太郎です。 今日からよろしくお願いします」

監督「うん。こちらこそ。他の役者さんも来てるから。顔合わせといて」

奉太郎「はいっ!」

マネージャー「折木くん、体震えすぎー」

奉太郎「仕方ないじゃないですか…初主役なんですから」

マネージャー「ほんとにやっと、って感じだよね。このチャンス、掴もうね!」

奉太郎「もちろんです」

奉太郎「…と最初は…福部里志さん」


1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 2014/04/14 14:12:22.88 ID:KuId7wCE0

奉太郎「それでねー やっぱり高校生になったから何かしようかなって」

里志「じゃあ部活なんかどうだい? この神山高校には部活動が目白おしだしさ」

奉太郎「あ、そこなんだけどねー お姉ちゃんから手紙もらってさー」

里志 カサリ フムフム

里志「お姉さんからの頼みかー」

奉太郎「うん、だから古典部にしようかなって」

里志「シスコンもほどほどにしといたほうがいいよ」


2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2013/06/12 17:39:00.46 ID:Sy2hxobt0



ある日の放課後。地学準備室。


古典部の部室にいるのは、俺と千反田だけ。


今日も机を挟んで、向かい合わせで静かに読書をしている。


1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/24(金) 01:21:32 ID:jOhDlT1w


える「……さん」

奉太郎「ぅん……」

える「折木さん! 折木さん!」

奉太郎「ん、ん……」

える「折木さん! 大丈夫ですか!」

奉太郎「ち、千反田か?」

える「良かったぁ。目が覚めました」

奉太郎「あ、頭が痛い」



1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/05/18(土) 00:19:54.56 ID:VabHOEm10

里志「えるたそ~…」

里志「あれ?僕は何を言っtえるたそ~」

里志「あれ?」

える「ふふふ、洗脳完了です。」

里志「ちょっ、千反田さん?なnえるたそ~」

える「すみません福部さん。折木さんを私の"モノ"にするための練習をさせてもらいました」

里志「え、千反田さ…ん…?」

里志「え、え、えるたそ~、えるたそ~」

える「自我は無くなりましたか」


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/14(日) 00:58:32.42 ID:ZADw7bzHO

える「お医者さんごっこ、ですか?」

入須「ああ、そうだ。昔よくやっただろう?」

える「ええ、それは覚えてます。ですが、それは子供の頃の話です。今はとても…」

入須「別に良いじゃないか。女の子同士だ。何を恥じる必要がある?」

える「い、いえ、そういう問題じゃなくてですね。やっぱり人前で肌を見せるというのは…」


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/05(金) 00:14:41.31 ID:A3zll+ey0

奉太郎「ここが古典部の部室か・・・」ガチャガチャ

奉太郎(鍵を持ってきて良かった)ガチャン

奉太郎(ん?誰かいるのか?)

える「こんにちは。折木・・・奉太郎さんですよね?一年B組の」フリムキ

奉太郎「ああ、でもなんで俺の」

える「なんで知っているかですか?そんなくずみたいな目をした人間一度見たら忘れるわけ無いじゃないですか」ニコッ

奉太郎「えっ?」


2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/04/02(火) 16:15:05.98 ID:fRctMuYX0

千反田「正直、叔父の件が解決したあたりから怠い」

千反田「でも折木さんをからかうのは楽しいし・・・」

千反田「ていうかあのチビじゃま」

千反田「あの禿といつもイチャイチャして目障り」

千反田「気になりますって言うか気に障ります」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/23(土) 00:32:55.22 ID:+kbwhemx0

折木「………すまん」

える「グスッ…許しません」ギュッ

折木「今度作ってやるから、プリンくらい」

える「………」グスッ

折木「許してくれるか?」

える「カラメルたっぷりじゃないと許しません……グスッ」ギューッ


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/07(木) 00:49:11.56 ID:+WwUoO1e0

える「今日クラスの方々が言っているのを聞きました!」

える「ぱいずりは男の夢だそうです!」

える「それは折木さんの夢でもあるんですか!?」

奉太郎「千反田…この話は他の誰かにもしたか…?」

える「いえ!折木さんが初めてです!」

奉太郎「なら良かった」


1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/01(金) 22:07:04.66 ID:iqfAMxb50

奉太郎(なんで部室に来た俺への第一声がそんな聞いたこともない料理の話なんだ?)

える「……」

奉太郎(なぜか千反田は机に突っ伏してるし。寝てるのか、これ?)

里志「ああ。知ってるかい、奉太郎?」

奉太郎「いや、ウミガメが食材に使われることも知らなかったよ。

    ツバメの巣のスープなら聞いたことくらいはあるけどな」

里志「予想通りの反応だけど、生憎僕が言ってるのは食べ物の話じゃないのさ」

奉太郎「スープなのに食べ物じゃない?まさか飲み物だとか言い出すんじゃないだろうな。

    それとも俺はなぞなぞでも出されてるのか?」


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP