PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/11/12 01:43:50.73 ID:TRjdmktro

女「今日はあたしの手料理を食べてね~」

女「はいっ、ご飯とお味噌汁!」コトッ

男「お、いただきま~す!」

男「……」モグッ

男「……ん」

男「なんだこのご飯、やけにベタベタしてて、とても食えたもんじゃない!」

男「味噌汁はやたら味が薄いし……どういう舌してんだよ!」

女「え……」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/11/09 00:16:47.65 ID:UOAM2J4Fo

ある森――


キャーキャーッ!

ダンゴムシサーン! カッコイイー! ダイテー! カワイイー!

ダンゴムシ「わっ、みんなあまりきつく抱きつかないで! 丸まっちゃうから!」

キャーキャーッ!





ワラジムシ(いいなぁ……)

ワラジムシ(オレも見た目はそっくりなのに、なんであいつばかりモテるんだろうか……)


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/11/06 21:38:16.89 ID:lgXsj8hpo

強盗「ハァッ、ハァッ、ハァッ……」

強盗「ここまで来れば、もう安心なはずだ」

強盗「とりあえず、一休みするか……。お、ちょうどいいところに自販機があるじゃねえか」


≪あったか~い≫ ≪つめた~い≫


チャリンチャリン…

強盗「こんだけ走った上カイロ持っててもまだ寒いからな……温かいのを」ポチッ

強盗「ん?」ポチッポチッ

強盗「なんも出てこねえじゃねえか、この自販機!」


1 : ◆gqUZq6saY8cj[saga] 2017/10/13 21:02:17.78 ID:dtVbVf21o

吸血娘「って、毛根はもう死んでるか!アッハハハハハハァ!!!!」バンバン

屍男「…」

吸血娘「なんだよしけてんな!お前にはもう湿気なんて関係ないやないかーい!」バシッ

屍男「...」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/26 20:27:00.77 ID:zpd5/GpQo

小学校――

校長「皆さん、おはようございます」

校長「今日は待ちに待った運動会です」

校長「赤組、白組に分かれて、頑張って競い合って下さい」



児童A「へっ、白組にゃ負けないぜ!」

児童B「ほざけ! 赤組なんか返り討ちにしてやるよ!」



校長「しかし――」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/25 22:11:22.28 ID:zQlQVtAgo


??「おい、あんたはこのあたりの海を縄張りにしてるタイじゃないか?」ニュル…

タイ「その通りだが、お前は? ずいぶん赤いが、もしかしてタコか?」

??「ふん……大した洞察力だな」ニュルニュル

タイ「タコがこの私になんの用だ?」

タコ「オレはあんたと勝負がしたい」ニュルルッ

タイ「勝負?」



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/22 10:34:05.68 ID:U2rrNgaqO


  「納豆ってガチで強ェからね」


一月前に友人から聞いた話である。
いわく、納豆菌はガチで強くてヤバい。らしい。

それを聞いて黙っている俺ではない。
そして今日、妹から借りたお金で近所のスーパーから納豆を買い占める。
根こそぎ買い占めて……占有ッ!納豆を個人的占有ッ!!
買い占め納豆を一纏めに置き、それを中心として東西南北にローソクとしめ縄を配置。準備は整った!

「オンキリキリナットーソワカ オンキリキリナットーソワカ。
地の神、火の神、水の神、そして一粒に宿りし七つの米の神。どうか納豆におわす納豆菌なる者を我が前に顕現させ給う。
我が前に立ち塞がりし全ての愚かなる納豆に、我と汝が力持て、等しく滅びを与えんことを祈り奉りそうらう……破ァ!!」


バツっバツン!しめ縄が独りでに切れ落ち、
ボスッポスン!四本のローソクの火も掻き消えた。

ズモモモモモ……!

俺の祝詞に応えたか、納豆は寄り集まり、脈打ち、遂にはヒトのカタチを成して俺と対峙した!


『我ヲ呼ンダのハ貴様か…ニンゲン』


1 : ◆7M0syXftfg[saga] 2017/10/20 21:33:25.54 ID:dM/A2FC+0

~屋敷~

男「ここどこだよ...」

男はここが屋敷であると分かっていてもそう言わざるを得ない

この屋敷がが何処にあるのか、そして自分の家から離れている不安

悪魔「そんな事を気にかける必要は無いわ」

男「大アリだわ!」

悪魔「まだ自分の家に帰る気でいるの?」

男「当然。僕は普通の人間だからね」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/10/21 08:28:19.49 ID:uBs4ql9zO

解説「お辞儀モーション連打でスタミナ消費なしで高速移動が可能です」

幼馴染「えっだれ?」

TAS「オハヨッ!オハヨッ!」シュババババ

幼馴染「あっ!ちょまっ!はやっ!」タタタッ


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/17 00:37:15.90 ID:YpOWg5r90

関連作品
小学生「うわっ、熊だぁーー!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508067333/


ストーリー的な繋がりはないので、読まなくても問題ありません。よければどうぞ。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/15 20:35:33.92 ID:epRvP9I30

ある日、ある小学校にて……


キーンコーンカーンコーン

教師「では、授業を始めます。教科書開いてー」


ザワザワ……ガヤガヤ……


教師「こらこら、授業やるから静かにしないとダメですよ!」


小学生「せ、先生……!」ガクブル

教師「どうしたんですか? そんなに震えて」

小学生「校庭に、熊が!」

教師「えっ」



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/14 19:22:59.09 ID:zhGDjoCAo

少年「いっつも思うんだけどさー」

少年「なんでこんなとこにガードレールがあるんだろうな」

Tシャツ「通学路でここだけにポツンとあるもんな」

眼鏡「ここって車なんかほとんど通らないし、明らかに浮いてるよね」



ガードレール「……」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/11 22:01:57.87 ID:DvDLthvho

<教室>

児童A「先生!」

教師「なんだ?」

児童A「なんだか気分が悪いです……」

教師「む、そうか。では保健室へ行きなさい」

児童B「先生、ぼくもー……」

ボクモー… アタシモー…



少年「…………」


1 : 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします[] 2017/10/10 00:15:34.36 ID:/68huGWg0.net

イケメン「うぅん……」

目覚まし時計「ジリリリリリ……!」

イケメン「朝か……」ムクッ

イケメン「おっと、オープンフィンガーグローブつけないと」キュッ


目覚まし時計「ジリッ!?」

目覚まし時計「キャーッ! ステキーッ!」


イケメン「ハハハ、嬉しいよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/09 22:20:04.55 ID:0+Mnc6Jyo

ヒルA「……」モゾモゾ



男「うげっ、ヒルだぜ! なんでこんなとこにいやがるんだ!」

女「きもちわるーい! シッシッ!」

少女「怖いよぉぉぉぉぉ!」



ヒルA「……」モゾモゾ


1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/07 17:39:03.20 ID:/HRII+0k0.net

博士「ついにタイムマシンが完成したぞ!」

博士「しかし理論上は5年タイムスリップできるはずだが本当にできるのだろうか」

助手「博士!すごいですよ!私はこの歴史的快挙の瞬間に立ち会えて最高です!」

博士「助手くん!君がいなかったら完成していなかっただろう!ただ残念なことに本当に人間でもタイムスリップできるのか検証ができないんだよ」

助手「私で実験してください博士。人類で初めてタイムスリップしたものになりたいのです」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2017/10/04 22:53:04 ID:ZZe.kmu2

<俺の部屋>


俺「はぁー、とうとう俺にも就活の季節が到来……!」


俺「準備期間は充分あるけど、何やかんやで、厳選採用の就職状況!」


俺「奨学金もかなり借りてるし、いいとこに就職できないと、」


俺「ホントにもう、生活がなりたつ気がしない!」


俺「なんて時代に生まれたもんだ、トホホホ……」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/06 01:35:56.66 ID:RHT3WqAP0.net

― 会社 ―

男「課長、なんの用でしょう?」

上司「悪いが、君は今日でクビだ」

男「は?」

男「な、なぜです!? なぜ私がクビに!?」

上司「なぜなら……今日からうちの課の業務のほとんどはAIに任せることになったからだ」

上司「というわけで、荷物をまとめて出ていってくれたまえ」

男「そ、そんな……」



男「AIはとんでもないものを盗んでいきました。俺の……仕事です」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/05 20:44:56.51 ID:V4YYlXZCo


駅内放送『手前にあるのは、滝のおトイレです』





男「!?」ビクッ



1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 00:36:31.08 ID:nE5N1gpj0.net

父「ウイ~……ヒック」

父「おいっ!」

少女「!」ビクッ

少女「な……なに? お父さん……」

父「サケ買ってこいや、クソガキ!」

少女「うううっ……」

父「早く行けやっ!」バリィンッ

少女「分かったよぉ……」

スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP