PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆KtMbIwgEJU[saga] 2017/11/17 16:38:35.57 ID:f7EZD4KR0

『逆転裁判』と『アイドルマスターSideM』のクロスSSです。
時系列としては
・劇場版アイマスでは合宿後ミニライブ前
・逆転裁判では成歩堂龍一が弁護士バッジを返却したあと
の8月となります。

またアイマス側は本家765、ミリマス、デレマスのキャラも登場します。
なお、被害者・犯人はオリキャラですのでご安心を。

内容は探偵パート法廷パート一日ずつです。
システムは1のシステム+大逆転の共同推理となっています。

SS書くのは初めてなので、気軽に読んでいただければと思います。
注意点として
・どこかで見たようなトリックや展開となっています
・少々カオス展開があります
以上となります。
それでは、次スレから本編となります。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/09/28 12:52:41.14 ID:21JHSrbW0

961冬馬「いきなり表れてなんだてめぇ!俺のそっくりさんか?悪趣味なヤローだぜ」


315冬馬「信じらんねぇのも無理はねぇな、俺は未来のお前だ」


961冬馬「なんだと?」


315冬馬「俺は961プロをやめて、仲間の力がどれほど素晴らしかったのかを理解したお前なんだ」


961冬馬「仲間の力?ハッ、未来の俺はとんでもねぇ甘ちゃんになってたんだな」


315冬馬「なんだと!?」


春香「なんか面白いものに出くわしちゃった!写真写真!」カシャ!


1 : ◆SESAXlhwuI[saga] 2017/07/09 22:45:41.46 ID:FKC1DgQL0


天ヶ瀬冬馬(以下、冬馬) 「ったく、翔太の奴……今日来れないってなんだよ」

冬馬 「人の事待たしといて何言ってんだ……」ガックリ

冬馬 「しゃあねぇな、帰るか」トコトコ

冬馬 「……お?」チラッ


春日未来(以下、未来) グテーン


冬馬 「……見なかった事にするか」サッ

未来 「……おなかへった」グゥウウ

冬馬 「…………」

冬馬 「……あー、もう!」ダッダッ



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/03/14 21:58:47.50 ID:A5Z+DZmJ0

※これはCafe Paradeに水嶋咲が入る前のお話です
※時折口調がおかしい点があるかもしれませんがご了承ください

アスラン「どの子もいい子であったな」

巻緒「難しいですね」

荘一郎「眼鏡かけてた子は真面目そうでしたね」

アスラン「ちゃんとした業務をしそうだな」

荘一郎「ボーイッシュな子もよかったですね」

巻緒「元気いっぱいって感じしましたね」

荘一郎「あとこの胸の大きかった子もね…」

アスラン「巨乳であったな」

巻緒「確かに巨乳の子もよかったですけど、最終的に一人に決めないといけませんしね」


1 : ◆7F/YYgK6TM[sage saga] 2017/03/02 23:50:51.44 ID:4MT/4qEj0

※木星SSです。女の子要素一切ゼロです。

夜。この時期はまだまだ夜の冷え込みがつらい。
早く暖房が効いた場所に行きたくて、タクシーを降りて看板を確認してから
すぐさま店のドアを開けた。
待ち合わせ場所になっていた飲食店は、受付カウンターも寒かった。
外との出入りが多いからだろうか?早く奥のスペースに行きたい。




1 : ◆9l4AYHuEsQ[sage saga] 2017/02/22 22:09:27.74 ID:77xNrP7Z0

※デレア二~デレステの世界線をゆるく意識しています
※モバPと木星は事務所は違うが仕事を通じての友達という設定
※真面目にプロデュース方針を考えるというより、こんなピンチェが見たいっていう妄想です



‐都内某飲食店‐

冬馬「またなんで俺たちにそんな事を…」

翔太「ていうかそれ、他事務所の僕たちにして大丈夫な相談なわけ?」

モバP「いや確かにそれはそうなんだけどさぁ・・・頼むよ、お前らくらいにしか相談相手がいないんだよ・・・」

北斗「急に俺たち3人そろって呼び出されたと思ったら…どうやら何か、それなりの理由があるみたいですね?」

モバP「あぁ…実はな、ちょっと前にうちの上司がな…」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/02 16:14:18.31 ID:hdhCjt+y0

冬馬「三人一緒にトップアイドルになれますようには去年もやったから今年は>>3にしたんだ」


北斗「俺も違う願いにしたな」


翔太「僕も」


冬馬「なんだお前らもかよ。それじゃあ今年はトップにはなれないかもな」


北斗「じゃあそうならないように今年は祈っておこうか」


冬馬「だな!」


「今年もトップになれますように」



数日後


冬馬「叶っちまったよ…>>3


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/12/24 19:45:36.58 ID:MI/WFhCi0

冬馬「この家は俺一人だけしか住んでねぇ」


冬馬「玄関や窓の鍵は閉めてある」


冬馬「誰かが入った形跡はない、そして当然だが昨日まで枕元に>>3なんてなかった」


冬馬「だが朝起きたら>>3があった」


冬馬「つまりこれは間違いなくサンタが俺のために届けてくれたプレゼントってことになるんじゃねぇか!」


冬馬「ちょうど俺>>3が欲しかったんだ!プレゼントって歳じゃねぇのに届けてくれるなんてマジで嬉しいぜ!」


冬馬「どうやって入ってきたのかは知らねぇがサンキュウな!サンタ!大切にするぜ!」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/11/28 14:59:12.58 ID:qKzF7GUe0

翔太「どうしようこのプラモ…」


北斗「壊しちゃったんだから謝らないと」


翔太「やっぱそうだよね…でもこれ前に冬馬君が自慢していた奴だよね」


翔太「もしもものすごく怒って解散とか言ったりしたら…」


北斗「流石にそれはない、いくらプラモが壊れたからってそう簡単にジュピターが終わるとは思えない」


北斗「ただ、しばらく関係は悪くなりそうだと思うけどね」


翔太「だよね。それにしても、ちょっと興味本位で触っただけなのにこんなに簡単に壊れるなんて…」


北斗「とりあえず冬馬が御飯を作っている間に応急処置しないと…、どこかに接着剤あるかな?」


翔太「ここにあったよ!製作キットって書かれた箱の中にあった!」


北斗「でかした!これならしばらくバレずに済む!」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/11/27 11:35:12.09 ID:2zX5eqV00

冬馬「初めて見た時からずっと好きだった」


冬馬「これって一目惚れってやつなのかな、正直大したことはないと思っていたんだが…」


冬馬「まさかここまで頭がどうにかなりそうになっちまうほどお前のことで頭いっぱいになっちまうなんて…」


冬馬「いつもお前のことばかりで頭いっぱいになってライブに集中できないこともあった」


冬馬「この俺としたことが情けねえぜ」


冬馬「…おっと、すまねぇな。いきなりこんなつまんねぇ話をして」


冬馬「だから回りくどい話はなしだ。単刀直入に言う」


冬馬「……」スゥー…ハァー…


冬馬「初めて会ったとき、ずっと好きだった…。だから、俺と……その……」モジモジ


冬馬「付き合ってくれ!」







こずえ「ふわぁ…」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/11/07 14:32:53.05 ID:zgFJW/BE0

冬馬『どうなっているんだ!?何で俺が苺になっちまったんだ!?』


冬馬『つい昨日までは人間だったはず…、なのに何でこんなことに』


冬馬『クソッ!夢かどうか確かめたいのに手がねぇから頬を抓れねぇ!』


冬馬『チッ…なっちまったもんはしょうがねぇ…。どうせここで喚いても何も解決しねぇんだ』


冬馬『今は状況を整理するほうが大事だ。一応全方向に眼があるっぽいから周囲を見渡せられるぜ』


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/11/05 23:06:25.64 ID:DBQnyQKe0


※シンデレラガールズ×sideMのクロスオーバーです。

※ほんの少し恋愛的描写含みますが、基本ダベってるだけです。

※デレステのカード[つぼみ]一ノ瀬志希のセリフの一部を引用しています。

※このSSを読み、気分を害しても>>1は一切責任を取りませんのでご了承ください。



上記のことを納得できる人のみ、お進みください。








315プロ 休憩スペース




伊瀬谷四季「なんで、ここにいるんすか?」


一之瀬志希「ん~なんとなく?」


四季「相変わらずスーパー適当っすね~」


志希「それ褒め言葉?」


四季「褒めてはないっすww」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/10/12 16:10:12.00 ID:NLRhEDmS0

ざざーん…


冬馬「青い空、白い雲、広がる水平線…」


冬馬「これ夢なら覚めてほしいぜ」


俺は確か昨日までは豪華客船で船上ライブをやっていた


だが今俺がいるところは船の上じゃなくて誰もいない島の上だった


冬馬「確か急に波が強くなったせいで転覆しそうになって…」


冬馬「それで逃げようと救命ボートに乗ろうとしたら足を滑らせて…」


冬馬「海に落ちて気を失って…目が覚めたらここに流れ着いたわけか…」


冬馬「はぁ……何で俺がこんな目に……。ついてねぇぜ」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/10/04 15:22:18.77 ID:vH96umlA0

冬馬「↓2」


冬馬「にしても流れ星なんて珍しいな。街の中では初めて見た気がするぜ」


冬馬「さて、夜遅いし寝るか」



1 : ◆r4YlsvTytPW9[sage] 2016/08/26 01:55:04.97 ID:+ATN49Gz0

・非公認戦隊アキバレンジャー(Season1・痛ごちゃ混ぜ)とアイドルマスターSideM(劇☆星戦隊ドラスターズ)のクロスSSです


1 : 1[saga] 2016/07/10 20:23:44.55 ID:GNJb+Vfy0

山村「前に『天ヶ瀬冬馬にぜひ歌ってもらいたい曲プロジェクト』というのを行ったのは覚えていますね?」


冬馬「あ、ああ。そういえばそんなのあったな」


山村「その冬馬さんにぜひ歌ってもらいたい曲でNo.1に選ばれたのがハイファイ☆デイズだってプロデューサーさんが言ってました!」


冬馬「えっ?」


北斗「凄いじゃないか冬馬!まさかあのハイファイ☆デイズをカバーすることになるなんて!」


冬馬「えっ?」


翔太「これは責任重大だね♪生半可な気持ちで歌ったらせっかく選んでくれたファンのみんなが悲しんじゃうよ!」


冬馬「えっ?」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/08 02:36:03.97 ID:EMO2PlK5o


デレミリエム越境もの


鷺沢文香
http://imgur.com/yi3wRe5.jpg

七尾百合子
http://imgur.com/aiQxU6F.jpg

九十九一希
http://imgur.com/ObbgfKB.jpg


今回はこの三人で



1 : ◆r4YlsvTytPW9[saga] 2016/05/20 23:54:10.82 ID:KPJiGsM90

アイドルマスターシンデレラガールズ(アニメ)とアイドルマスターSideMのクロスSSです


1 : ◆r4YlsvTytPW9[saga] 2016/04/25 16:21:12.12 ID:iOhyo4yM0

アイドルマスターシンデレラガールズ(アニメ)とアイドルマスターSideMのクロスSSです



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/04/24 19:11:53.51 ID:iK5MaOlp0

アイドルマスターシリーズのキャラクターを用いたソードマスターヤマトのパロディです

注意事項
・作品ごちゃ混ぜでキャラクターが登場します
・原作に沿っている&ネタのためキャラ崩壊が含まれます
・口調がおかしい?気にしないで!

それではよろしくお願いします


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP